お金の使い方の上手な人と下手な人の違いは?賢い使い方を解説!

上手なお金の使い方と下手なお金の使い方の特徴をそれぞれまとめてみました。お金を使うのが下手な人は、お金の使い方がわからない人。お金の使い方が上手な人は、賢いお金の使い方を知っている人と区別できます。わからないなら知れば良いだけ!賢い使い方も学んでみましょう♪

お金の使い方の上手な人と下手な人の違いは?賢い使い方を解説!のイメージ

目次

  1. お金の使い方次第でお金が集まってくるってホント?!
  2. (1)目先に囚われがちな「下手なお金の使い方」
  3. 【下手なお金の使い方】1.ギャンブルにハマる
  4. 【下手なお金の使い方】2.虚勢を張るためにお金を使う
  5. 【下手なお金の使い方】3.ストレス解消のためにお金を使う
  6. 【下手なお金の使い方】4.ケチすぎて”必要”なものが買えない
  7. 【下手なお金の使い方】5.お金の計算を人任せにしてしまう
  8. (2)お金持ちに学ぶ「上手なお金の使い方」
  9. 【上手なお金の使い方】1.人生設計ができている
  10. 【上手なお金の使い方】2.必要なものだけにお金を使う
  11. 【上手なお金の使い方】3.じっくり吟味してからお金を使う
  12. 【上手なお金の使い方】4.良質なものにお金を使う
  13. 【上手なお金の使い方】5.時間をお金で買う
  14. (3)賢いお金の使い方とは?
  15. 【賢いお金の使い方】1.投資と浪費を明確にする
  16. 【賢いお金の使い方】2.大切な人間関係にお金を使う
  17. 【賢いお金の使い方】3.本当に必要なものにお金を使う
  18. 【まとめ】綺麗なお金の使い方を心がけよう♡

お金の使い方次第でお金が集まってくるってホント?!

収入が同じだったとしても、お金の使い方の上手下手で暮らしぶりが全く違うものになるって話、よく聞きますよね。

同じ世代、同じ収入、よく似た家族構成のAさん一家とBさん一家。

正しいお金の使い方を知っているAさんは、特に節約しまくっている様子もないのに、毎年旅行に行くし普段から身綺麗な服装をしている。
一方、お金の賢い使い方がわからないBさんは、毎月の支払に追われる始末で、毛玉のついた数年越しのセーターを引き続き着続ける暮らしぶり…。

同じ収入なのに、使い方次第でどうしてこんなにも暮らしに差が出てしまうのか。

不思議でたまりませんよね。

ちなみに私は、Bさん一家タイプのお金の使い方が下手な人種です。
これでは、お金に嫌われてしまいそうで、お金に好かれる方法、つまりは賢いお金と使い方を知りたいと思いましたよ。

(1)まずは、お金の下手な使い方の特徴を。
(2)続いては、お金の上手な使い方のお見本を。
(3)そして、具体的な賢いお金の使い方について。

と、こんな流れでまとめていきたいと思います。

お金の使い方次第で、お金が集まってくるのは本当なのでしょうか!
要検証ですね♪


◆関連記事:お金の上手な使い方を探している人はコチラもオススメ♪

お金のかからない趣味160選まとめ!コスパよく楽しめる!
節約デートアイデア30選!お金のかからないデートを楽しもう!

(1)目先に囚われがちな「下手なお金の使い方」

まずは、目先なことにしか反応できない人にありがちな、下手なお金の使い方についてまとめていきます。
こんな風だからお金が嫌気さして逃げて行ってしまうのでしょうか。

自分自身のやりがちな行動と照らし合わせてみると、がっくり肩を落としてしまいそうです。
ですが、自分自身の現状をしっかり把握することもまた、正しいお金の使い方を知る上でとても大切なことですからね。

【下手なお金の使い方】1.ギャンブルにハマる

とにかくお金を使うのが下手な人は、無駄が多い。
ギャンブルにお金を使うことは、無駄な行動以外に何ものでもありませんよね。

「夢を買う」「一攫千金を狙う」「一発逆転」と、うたい文句は色々と思いつきますが、どれも堅実とはかけ離れた発想でしかなさそうです。

特に湯水のようにお金を使えない暮らしをしている人は、ギャンブルには手を出さない方が賢いでしょう。
ギャンブルは「投資」ではなく、「娯楽」です。
自分が遊んでいるという意識でギャンブルを捉えると、お金を支払って当然だという考えまで到達できますよね。

【下手なお金の使い方】2.虚勢を張るためにお金を使う

自分を大きく見せたいためだけの欲求を満たすため、お金を使うのは下手なやり方でしょう。
お金持ちの友達に合わせてブランドを買い漁ったり、好みでもない高級品をお店の人に勧められるままに購入してしまったり。

等身大の自分は、「こんなものあっても何の役にも立たないのに…」と感じているくせに、つい虚勢を張るためにお金を使ってしまうケース、ありますよね。

たまにしか会わない人に、良い人と思われたい願望だけで奢っちゃうような行動も、下手なお金の使い方です。
限られた大切なお金をどのように使うのかは、もっと慎重に選びたいですよね。

【下手なお金の使い方】3.ストレス解消のためにお金を使う

最も下手なお金の使い方、それがストレス解消のために散財することです。

衝動買いや、爆食い、何軒もお店をはしごするようなお酒の飲み方など、ストレスを発散したいという欲求を叶えるためにお金を使おうとすると、歯止めが利かなくなりやすいし、その場の勢いに任せて無茶な使い方をしがちです。

後悔しても後の祭りなわけで、まともな判断ができない心理状態でお金を使うのは極力避けた方が良いでしょうね。

【下手なお金の使い方】4.ケチすぎて”必要”なものが買えない

お金を出し渋り過ぎるのもまた、お金の使い方が下手ですよね。

「必要なのに買わない」のは、暮らしの質を下げる結果になり、無駄なストレスを感じる生活を余儀なくされて結局は、ストレス解消のための無駄遣いをしてしまう可能性を高めます。

さらに、値段の安さだけを追求した結果、「安物買いの銭失い」という悲しい状態になるケースも。

お金の使い方がわからない人の典型的な行動ですね。
ええ、私自身のことを申しておりますよ。得なお買い物をしたいがために、値引き率の高さで商品を選んだ結果、保証もない、使用して数日で壊れるような電化製品を買った経験、何度もあります・・・。

【下手なお金の使い方】5.お金の計算を人任せにしてしまう

物を購入する時に、面倒な計算ができない、説明されてもわからない。
結局はお店の人の言いなりになったり、契約時や支払い時の取り決めを適当に流してしまう人は、下手なお金の使い方をしている可能性がありますよ。

自分なりに「この商品に惚れたから購入する価値がある」と思えない買い物をするのは、正しい買い物の仕方とは言いにくいですね。

また、一括で支払いできずに分割で購入する際に、強引なローン返済方法を組んでしまい、後の返済がきつくて後の暮らしが圧迫されたとしても、その時にちゃんとシュミレーションしなかった自分が悪いとしか言いようがないわけで…。

使っても良い金額を自分の中で明確にしていない人は、正しいお金の使い方をしていないと言えそうです。

(2)お金持ちに学ぶ「上手なお金の使い方」

先に下手なお金の使い方の特徴を書いていて、少しどんよりとした気分になってしまいました。
自分自身のことを書くのは、なかなか辛いものです!

ここからは、正しいお金の使い方、上手な暮らし方がどんなものかをご紹介していきましょう。
気分を変えて、ここからが本番ですよ♪

【上手なお金の使い方】1.人生設計ができている

お金の使い方が下手な人にはわからない、見えないものがお金持ちには見えているものです。

例え収入が同じであったとしても、正しいお金の使い方ができる人は、最終的にお金持ちと呼ばれる人種に育っていきます。

まさに、お金がお金を呼ぶ生き方をするということになりますね。

さて、そんな上手なお金の使い方をするためには、しっかりとした人生設計ができるかどうかにかかってきますよ。

一人の人が一生分にどれぐらいのお金を使うものなのか、子供を育てるのにはどれぐらいお金が必要なのか、家を買うには?車を持つには?と、あらゆるシュミレーションを重ね、自分だけのオリジナル設計をしっかり持っている人は、暮らしが安定するし、迷いが無くなります。

結果的に、自分の人生に必要なものと無駄なものが明確になりやすくなるんですね。

【上手なお金の使い方】2.必要なものだけにお金を使う

上手なお金の使い方として、賢い買い物ができるかどうかはとても重要なポイントとなります。

賢い買い物とは、自分の必要なものを足りる分だけ買うこと、ですよね。

気分転換にお金を使う、とか、自分には必要がないけれど、人が勧めてくれたものだからなんて理由で物を買うことは、賢い買い物とは言えません。

自分に必要なのかどうかを明確に判断できる人は、正しいお金の使い方をしています。

【上手なお金の使い方】3.じっくり吟味してからお金を使う

上手なお金の使い方をする人は、衝動的に決めたり、適当に判断することはほぼありません。よしんば深く思案せずに購入しているように見えるものは、最初からその商品を求めて買い物をしている場合です。

賢い買い物をする人は、念入りな調査や、的の得た質問をしっかりと用意してから行動に移します。
目に付いたからとか、デザインに一目惚れしたと言っても、値段も見ずにレジに進むことはまずないでしょう。

自分の必要なものであり、尚且つ自分が買える範囲のものというルールからはみ出るものは、即決では買わないようにしています。

【上手なお金の使い方】4.良質なものにお金を使う

お金持ちは、やはり質の良いものを身につけ、食材にも高級志向が目立ちます。ですがそれはただ見栄のためでもなく、お金が邪魔だからわざと高い物を選んでいるわけでもありません。

良質なものは、やはり高価であったとしてもそれだけの価値があるものだと知っているからこそ、高価なものでも迷わずに購入できるのです。

一見節約しているように見える、粗末な食事も、質の悪いものばかりで済ませていては、後に健康を害することになり、結局は医療費がかかってしまう結果になることもあるでしょう。

その点、良質なものを日頃から食していると、健康的に暮らすことができ、結果的には経済にゆとりが持てるようになるという考えを持っているのですね。

【上手なお金の使い方】5.時間をお金で買う

お金持ちの人は、時間をお金で買う選択をします。
「自分でこなす作業を人に一時間1000円で代わりにやってもらう」という感じですね。

逆にお金がない人は、時間を売ってお金を得ます。「一時間1000円でバイトをする」と言ったニュアンスになります。

お金の価値と時間の価値が同等なのが、お金に好かれる暮らし方。
時間よりもお金の価値が大きいと感じるのが、お金に逃げられる暮らし方ということでしょうか。

一人の人間が一日に持つ時間は24時間と平等なのに、どうしてかお金に縁のない人の時間は無駄に使われがちですね。
無駄にスマホを眺める時間や、こたつに入ってボーッとしている時間を有効利用できれば、もう少し賢いお金の使い方ができるようになるのかもしれません。

(3)賢いお金の使い方とは?

さて、お金に好かれる暮らし方がどういうものなのか、わからないことはまだまだありますよね。
具体的に、正しいお金の使い方を学ぶヒントをご紹介しましょう。

賢いお金の使い方には、いくつかのコツがあるようです。
人が生きる上で、お金はなくてはならない存在。少しでも友好な関係を築いていきたいですよね。

【賢いお金の使い方】1.投資と浪費を明確にする

賢く正しいお金の使い方を意識しましょう。
まず、正しいかどうかの判断は、「未来への投資のためのお金」なのか、「今を楽しむための浪費のお金」なのかを判断するところから始めます。

ギャンブルを投資だと捉える人もいますが、あれほど勝てる確率が低く、運の要素が強い勝負をするのは、賢いお金の使い方とは判断し辛いですね。

正しい投資とは、「自分の未来に必要になるもの」や「自信やステータスアップ」にお金をかけるというもの。

ただ欲しいから買うは「浪費」、将来に役立つであろう体験に対してのお金は「投資」になりますよ。
そのものを購入してからの自分のビジョンが見えない、わからないものについては、「浪費」と考えていいでしょう。

【賢いお金の使い方】2.大切な人間関係にお金を使う

賢く正しいお金の使い方とは、大切な人に対してはできる限りのおもてなしをすることです。

自分の見栄のために、親しくもない知り合いをご馳走するであるとか、風の噂で聞いた「どこぞの偉い人」に見初められたい一心で、金銭をばらまくようなお金の使い方、無駄だと思いますよね。

本当に自分のことを思ってくれている人々や家族、感謝できる人々には惜しみなく自分のできる精一杯の気持ちとして、お金を使える人こそ、正しいお金の使い方をしています。

距離感がわからない人は、路頭に迷う可能性大

お金の使い方がわからない人は、つい自分から遠い人にお金をばらまき、近い人をないがしろにしてしまう傾向があります。自分に近い人ほど優しく許してくれる存在なのを知っているからこその行動ですね。

ですが、自分から遠い存在の人にいくら貢いでも、目に留まるかどうかは怪しいものです。それよりも今もあなたを愛し続けてくれる存在に、お金を使う方がどれだけ見返りがあるのかをしっかり判断してみましょう。

【賢いお金の使い方】3.本当に必要なものにお金を使う

お金を浪費してしまう人にありがちなのが、「本当に必要なものがわからない」ということです。
「あると便利かも」とか、「いつか使うかもしれない」といった曖昧な理由でお金を使うと、概ね「無駄な出費」に繋がることが多いですね。

賢く正しいお金の使い方をする人は、自分にとって本当に必要なものかどうかをしっかりと判断していますよ。

「喉が渇いたら、とりあえず自販機でジュースを買う」
「必要もないのに気晴らしにコンビニに行く」
「ショップの雰囲気に負けて衝動買いをしてしまう」

こんな行動はまず取りませんね。

お金に好かれる人の行動

「喉が渇いたら、持参したお茶を飲む」
「滅多なことでコンビニに立ち寄ることはない」
「自分の身なりを整えることで、人に信用を与えるとわかっているから服装には気をつかう」

といった感じで、自分に必要なものを予測したり、準備する。不必要なものは無駄には買わないなど、徹底したポリシーがあります。

【まとめ】綺麗なお金の使い方を心がけよう♡

お金に好かれる暮らし方をしたい人は、まずは綺麗なお金の使い方を意識してみて下さいね。

お金持ちになる人の大半は、若いうちから金銭感覚がしっかりしており、人生に適当さが少ないと言われています。もちろんお金の使い方も上手で、必要な所には惜しみなく使い、不必要な部分にはびた一文使わないという姿勢を崩しません。

「自分に投資する」というルールは、自分の都合よくも解釈できるので難しく、「投資と浪費」のボーダーラインがわからないという人も多いでしょうね。

このお金の使い道は、未来へ投資することになるのかという判断をする場合、

(1)見栄や虚勢のためではない
(2)人の価値観に左右されていない
(3)感情だけで突き進んでいない

という観点で見つめ直し、自分の心の中で「大丈夫」と信じれたものだけにしてみましょう。
難しく考えすぎないで、わからない場合はシンプルに捉えるのが一番です。

さらに、自分に近い人達への感謝を忘れず、綺麗なお金の使い方を意識することで、必ずお金に好かれる暮らし方が身につくはずですよ。

頑張りましょうね。
素敵な人生を応援しています♪

お金にまつわる情報はコチラにもたくさんありますよ♪

金銭感覚がおかしい人5選!金銭感覚を身につける方法は?
お金がない時の対処法15選!困っている人必見!
金運アップ方法15選!金運を上げる簡単な方法紹介!
金運がアップする風水まとめ。お金が増える部屋の9つの特徴

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ