もし10億円あったら何に使う?10億円の夢のような使い道

あなたも10億円を手にれることができるかも!?今回は10億円の使い道や、10億円のチャンスに近づくための宝くじのコツ、実際に10億円を手にした時、さらに金額を増やす方法などをまとめていきます。あなたはもし10億円が手に入ったら何をしますか?

もし10億円あったら何に使う?10億円の夢のような使い道のイメージ

目次

  1. 10億円あったら何に使う?10万円で買えるもの・できること10選
  2. 10億円をさらに増やす3つの方法
  3. 宝くじで10億円の当選率を上げる3つの方法
  4. 【おまけ】実際10億円を持っていそうな有名人は?
  5. 10億円あったらどうするか?頭の中でシュミレーションしてみよう!

10億円あったら何に使う?10万円で買えるもの・できること10選

もしあなたが10億円を手に入れたとするならば、あなたは何をしますか?そんな想像を誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。そもそも10億円というお金が現実離れしている金額のため、なかなか想像することすら難しい金額です。

今回はまず初めにそんな10億円という金額において、何ができるのか、何が買えるのか。といったことを10つまとめていきたいと思います。

①筆頭株主になる

10億円を利用して地位を手に入れたい!というあなたは筆頭株主になってみてはどうでしょうか。株式会社と呼ばれる会社は自社の株を買ってもらうことで、その資金を元手に会社を経営しています。

そんな株式会社の株を買うということは、その会社に対してお金を払っているということになり、その会社の売り上げと株の保有率に応じて報酬を受けることができるとともに、会社の方針に対して意見を言うことができます。

そんな株主の中でも最も多くの株を所有している人物を筆頭株主と呼びます。ぜひお金の力であなたの地位を高めてみてください。

②外国に行ってカジノで遊ぶ

10億円は派手に使いたい!と言う方は外国でカジノをやってみましょう。大きなお金が常に動いているカジノという場所はとても華やかであると同時にお金がなければ思い切り楽しむことができません。

そんなカジノも10億円を手に入れたあなたなら存分に楽しむことができるでしょう。

③発展途上国に学校を建てる

10億円で世界を救いたい!というあなたは発展途上国で学校を建ててみてはどうでしょうか。教育もままならない子供達は世界中にたくさんいます。そんな子供達の未来に対して投資するということは素晴らしく価値のある行動ではないでしょうか。

④パンダを買う

10億円で癒されたい!というあなたはパンダを買ってみるのはいかがでしょうか。パンダは実際には絶滅危惧種として商業としての販売は行われていませんが、買うとなるとその値段は1億円は超えるそうです。

ちなみに動物園のパンダは中国からレンタルという形になっており、レンタル料は年間1億円だそうです。

⑤宇宙旅行に何回も行く

10億円あったらこれまでにない体験をしたい!という方には宇宙旅行がおすすめです。「趣味は旅行です。年に2回は月に行っています。」なんて言ってみたいですね。

⑥マンションを一棟丸ごと買う

10億円あったら今後につながる買い物をしたい!という方はマンションを1棟買ってみるのがいいでしょう。マンションを買えばその後に家賃収入で少しずつお金が戻ってきますし、マンションを一括現金払いなんて、とても気持ちがいいでしょうね。

⑦無人島を買う

10億円あったら自分だけの贅沢な時間が欲しい!というあなたは無人島を買いましょう。10億円の力で無人島が一気にあなただけのプライベートビーチならぬプライベートアイランドに早変わりです。

⑧宝石を買う

10億円あったら自分の価値を高めたい!という人は宝石を買ってみるというのもアリではないでしょうか。一般人には決して身につけることを許されないとても豪華な宝石があなたのものになるだけであなたはその自信から輝きを増していくでしょう。

⑨専用ジェットを買う

10億円あったら大胆に使いたい!という人は専用ジェット機を買ってみてはどうでしょうか。セレブといったら専用ジェット機です。大胆にプライベートな空の旅を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

⑩高級スポーツカーを好きなだけ買う

10億円あったらもっとスマートに振舞いたい!という人はぜひ高級スポーツカーを好きなだけ買ってください。スマートに街中を走り抜ける姿はとてもクールで魅力的でしょう。日によって車を変えてみるなんて贅沢もしてみてはいかがでしょうか。

10億円をさらに増やす3つの方法

あなたが10億円を手に入れたときに、さらにその10億円を増やすこともできます。それが「投資」という方法です。10億円をただ手にするのではなく、その10億円を元手にし投資していくことでさらなる稼ぎを捻出することができます。

「投資」と一言でいってもその種類は様々であり、闇雲に投資をするだけではお金は増えてはいきません。その1つ1つにそれぞれの知識が必要であり、その投資に関して勉強していく必要があるでしょう。

今回は、そんな投資ということに関して、その代表的なものをざっと紹介していきます。もし興味があればそれぞれを深く学んでみてください。将来大金を手にした時に役に立つことがあるかもしれません。

①不動産投資

まずご紹介するのは「不動産投資」という投資方法です。この投資はマンションなどを買うことで、そこからの家賃収入や不動産売買での利益を目的としています。一般人にはそもそも不動産を購入するということ自体が難しいので中々手を出せない投資でもあります。

不動産投資においてはお金の知識はもちろん、不動産に関する知識も必要な場合があります。また建物だけでなく土地も関わってくるので、そういった知識を蓄える、またはそういったジャンルのスペシャリストをパートナーに加える必要があるでしょう。

②ヘッジファンド

投資の種類として代表的な2つ目の投資が「ヘッジファンド」です。名前はなんとなく聞いたことがあるという方もいるのではないでしょうか。

ヘッジファンドという言葉には投資家から資金を集めて投資することを意味するファンド(Fund)と、資産運用におけるリスクを回避していくという意味のヘッジ(hedge)という言葉からその名がついています。

つまり投資家から集めた資金を元手に投資を行い、その投資はリスクを避けるため、複数の対象に対して投資することでそれぞれの市場の影響でのダメージを回避して収益を獲得していくという投資になっています。

10億円を手に入れた場合にヘッジファンドをやってみるというのは、ヘッジファンドを行う運用担当者にお金を預けるには、投資額が高く、最低でも日本円で約1億円が必要というハードルの高さからその対象者が限られているおり一般人では投資ができないからです。

また自分で行う場合も、投資者からの信頼のために自身がまず大きな金額を投資する必要があります。なので数億円単位の資産を持たない人物はヘッジファンドに参加することができせん。

ちなみにヘッジファンドではよく「絶対収益」との言葉が使われますが、これは「絶対に儲かる」というわけではなく、投資対象の市場が上昇していた場合も下降していた場合でもどちらの状況においてもやり方次第では収益を上げることができるという意味の「絶対」です。

③投資信託

次にご紹介するのが「投資信託」です。投資信託という名前は知っていてもそれがなんなのかは知らな人の方が多いのではないでしょうか。

投資信託とは投資家たちから集められたお金を資金として、運用の専門家や株式などがその資金を運用している商品のことを言います。その運用で得た収益の結果を資金を投資した投資家達に投資額に合わせ分配していくという仕組みになっています。

投資信託で集められた資金の運用範囲はその投資先次第であり、投資先が限られた範囲で運用を行っていきます。なので投資先のジャンルの市場が下落してしまったら投資家達にも投資額に応じた損害が発生してきます。

宝くじで10億円の当選率を上げる3つの方法

さて、それでは実際に10億円を手に入れるためにはどうしたらいいのでしょうか。10億円を手に入れるための方法として私たちに最も身近なものといえば宝くじです。

現在宝くじは様々な種類の宝くじが行われていますが、その中でもメジャーな宝くじとは年に5回行われるジャンボ宝くじではないでしょうか。

ジャンボ宝くじには10万通りの数字の組み合わせが存在しており、その宝くじが当たる確率は1000万分の1の確率とされています。これは約200kgの米の中から1粒を取り出すくらいの確率とされています。

とても気の遠くなるような確率ですが、ここではそんな宝くじで10億円を手に入れるための確率をアップさせるための方法をご紹介していきたいと思います。

①宝くじで有名な神社にお参りに行く

まず最初にご紹介するのが、宝くじ当選で有名な神社へお参りに行くということです。神社はパワースポットとも呼ばれる場所があり、金運をアップさせてくれる神社も存在しています。神様に祈りを捧げることで金運アップや開運のきっかけを作りましょう。

しかし、神社において「宝くじが当たりますように」といった生々しいお願いは控えた方がいいでしょう。日頃の感謝の気持ちを伝えることに専念し、その見返りとして金運のアップや海運のきっかけを与えてもらうということがいいでしょう。

それではそんな金運アップや開運に効果的と言われる神社はどこの神社なのかをご紹介していきます。

【金運アップに効果的な神社】
・新屋山神社(山梨県)
・御金神社(京都府)
・金持神社(鳥取県)
・宝当神社(佐賀県)

②高額当選が多く出た場所で買う

次にご紹介する宝くじを当てるためのコツは「高額当選者が多く出た場所で買う」ということです。全国的に販売されている宝くじにおいて一箇所に集中して高額当選者が出ているということは風水や金運、開運的にも好条件である確率が高いです。

これまでに低い確率の当選金額を当選してきた方達は、少し離れていたとしても、そういったお店があれば買いに行っていたという情報もあります。そのお店で高額当選者が多く出ていることはもしかすると偶然ではないのかもしれないということになります。

めんどくさいという気持ちを抑えながら、少し遠出してでもその店舗に足を運んでみる価値はあるのではないでしょうか。

③バラで出来るだけ多く買う

次にご紹介する宝くじを当てるためのコツは「バラでできるだけ買う」と言うことです。これはユニットにつき必ず1枚は1等が含まれているということからです。つまり1ユニットにつき2枚の前後賞も存在しているということになります。

仮にあなたが1等と前後賞全てを手に入れたいのなら連番で買った方がいいですが、欲をかきすぎると運気は逃げていきます。前後賞だけでも当てにいくならば、単純に1等の2倍の確率があるので、バラで買うことをおすすめします。

また購入枚数も多いだけ確率は上がっていきます。しかし1等が当たる確率は限りなく少ないので当たるまで買い続けたとしても元が取れそうにありません。自分の余裕のある範囲での購入に抑えましょう。

【おまけ】実際10億円を持っていそうな有名人は?

実際に10億円を持っていそうな方も世の中にはいますよね。そこで実際10億円を持っていそうな人物を私たちにも馴染みのある人物で紹介していきましょう。

①【実業家】前澤友作

見ているこちらが気持ちよくなるようなお金の使い方をしているゾゾタウンの社長である前澤友作さん。思い切りのいい金銭感覚は10億円クラスと予想します。

②【タレント】ビートたけし

ビートたけしさんといえば芸能人ビッグ4の一人です。芸能人で売れるということはたくさんのお金が手に入るイメージがあります。そんな芸能界においてトップの座に君臨している人が10億円を持っていないはずがない!と予想します。

③【お笑い芸人】松本人志

同じく芸能界で活躍しているダウンタウンの松本人志さん。芸能界で最も目にする人物であり、芸能界での活躍やこれまでのエピソードを考えると10億円は持っているのではないかと予想します。

10億円あったらどうするか?頭の中でシュミレーションしてみよう!

実際現実は10億円なんてそうそう手に入る金額ではありません。しかし、実際に手に入った時にあなたはその10億円を有効に使うことができますが?

もしもということがあるかもしれません。もしもあなたが10億円を手にしたら何をするのか、どう使っていくのか。考えるだけでもワクワクしてきますよね。

その他お金に関する記事はこちら

お金の使い方の上手な人と下手な人の違いは?賢い使い方を解説!
お金を払う夢の意味13選|支払方法・飲食・買い物・封筒など徹底解説!
【夢占い】お金を盗まれる夢の意味16選|問題が解決するサイン?
もし1000万円あったどうする?有意義な使い道やお金を増やす資産運用

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ