結婚式でロングドレスはあり?お呼ばれのマナーを解説します!

華やかな席にお呼ばれしたなら、一度は素敵なロングドレスが着てみたい!そう思う女性もいますよね?結婚式のドレスをロングドレスにしてみたいけど、どんなドレスなら良いのかわからない。そんな方のために結婚式でのロングドレスのマナーについてご紹介しようと思います!

結婚式でロングドレスはあり?お呼ばれのマナーを解説します!のイメージ

目次

  1. 結婚式のドレスのマナーってあるの?
  2. 結婚式にロングドレスを着たい時には
  3. 結婚式のロングドレスには種類がある
  4. 昼の結婚式には「アフタヌーンドレス」
  5. 夜の結婚式には「イブニングドレス」
  6. ロングドレスでいい?アフタヌーンドレスの注意点
  7. 【結婚式のロングドレス】NGなドレスって?
  8. 【結婚式のロングドレス】黒のワンピースは着こなし次第
  9. 【結婚式のロングドレス】総レースはNG
  10. 【結婚式のロングドレス】毛皮やファーはNG
  11. 【結婚式のロングドレス】全身白のコーデはNG
  12. 【結婚式のロングドレス】昼に露出の多いものはNG
  13. おすすめワンピースはどんなデザイン?
  14. 【結婚式のロングドレスおすすめ】①シフォン素材
  15. 【結婚式のロングドレスおすすめ】②シンプル+部分レース
  16. 【結婚式のロングドレスおすすめ】③Aラインワンピース
  17. 【結婚式のロングドレスおすすめ】④Iラインのワンピース
  18. 結婚式のロングドレスに合う【アクセサリーのマナー】
  19. 結婚式のロングドレスはレンタルもできる
  20. 【まとめ】結婚式のロングドレスはマナーのある装いで♡

結婚式のドレスのマナーってあるの?

結婚式というお呼ばれの席にはきっとマナーがあるに違いないし

どんな服装やワンピースで行けばいいのか決まらない、そんな時もあるかもしれません。

ロングドレスもエレガントで素敵ですが

そんなドレッシーな服装はNG?と迷ってしまいますよね。

結婚式での服装マナーを知っていれば

お呼ばれに場違いのワンピースを着ていってしまうという悲劇もふせげます。

昼の結婚式に着ていけるロングドレスのマナーをご説明しますので

ふさわしい服装で、お洒落してお呼ばれの席を楽しんでくださいね。

結婚式にロングドレスを着たい時には

どちらかというと、昼の結婚式に「ロングドレス」を着ている人は少ない

そんな印象を持っている方が多いでしょう。

ですが、ロングドレスを結婚式のお呼ばれで着ていけないということはありません。

そのかわり、結婚式でのロングドレスには服装マナーがありますので

ここからは、結婚式のロングドレスのマナーをご説明していきます。

ドレスコードに反しない服装マナーが大切

正装でロングドレスを着る場合には

結婚式でのドレスコードというマナーを守ったワンピースを選びます。

言われなくてもわかっている方も多いかもしれませんが

奇抜な色のワンピースや、ヒョウ柄などのアニマル柄はNGです。

またどんなドレスがダメなのか、黒でもドレッシーならいいのか

色々と気になると思いますので、マナー例も紹介していきます。

結婚式のロングドレスには種類がある

一口に【ロングドレス】といっても、そのデザインや丈は様々です。

昼の結婚式なのか、夜の結婚式なのかでもマナーは変わってくるのです。

もし、お呼ばれが昼の結婚式でロングドレスが着たい場合

どんなワンピースを選べば、お呼ばれにふさわしいのでしょうか。

昼の結婚式には「アフタヌーンドレス」

一般的に結婚式の服装マナーでは

昼の結婚式の正装は「アフタヌーンドレス」と呼ばれています。

アフタヌーンドレスは、昼間に着る服装の中で

いちばんきちんとした「フォーマルドレス」の一つです。

意外なのが、本当の正装であるフォーマルドレスは

ロング丈であることが多いということです。

正式なお呼ばれには、袖も長いというのが条件です。

王室などの行事では、このようなロング丈のアフタヌーンドレスを

着る事が本当の「正装」ということになるのです。

現代の結婚式ワンピースは「セミフォーマル」だった

昼間のフォーマルな服装である、アフタヌーンドレスは

肌の露出をしない、くるぶし丈~ロング丈とされています。

素材は、光沢のないものを選ぶのですが

私達が、普段お呼ばれや結婚式で見かけるひざ丈くらいのワンピースは

実はフォーマルでなくセミフォーマル用ということが分かります。

マナーさえ守れば、昼の結婚式にロングドレスを着てもOKということです。

夜の結婚式には「イブニングドレス」

夜の正装やお呼ばれの正式な服装は「イブニングドレス」と呼ばれます。

こちらのワンピースの特徴は、ロング丈が正式なものとなっているほか

腕や、背中、胸元が露出していて、舞踏会などではかなりのロングドレスになることも。

もちろん、この服装は公式の行事やヨーロッパなどでのマナーなので

もしロングドレスを着たとしても、新婦より目立つことないように心がけます。

セミフォーマルな「セミイブニングドレス」とは

夜の結婚式などのお呼ばれに、もう一つのワンピースタイプがあります。

それは『セミイブニングドレス』で、腕や背中

胸元を露出するのはイブニングドレスと同じマナーです。

ただし、丈は特に決まったマナーがないのが特徴です。

こちらは、夜の結婚式に着ていくワンピースになります。

結婚式に「ロングドレス」は、やはりOKなのですね。

ロングドレスでいい?アフタヌーンドレスの注意点

では、昼の結婚式でロングドレスを着ていきたいときに

気をつける事はあるのでしょうか?

その一つは、昼にロングドレスを着ている時に

「イブニングドレス」に見えないようにすることです。

丈は、くるぶしより少し上を心がけましょう!

靴が隠れてしまったり、ひきずるようなロング丈はNGです。

イブニングドレスは、ロング丈が多いので

同じように見えないような工夫をしましょう。

昼の結婚式で「ロングドレス」を着るなら

また過剰な装飾やラメなどのキラキラなど

新婦に見えてしまうようなデザインのワンピースは控えたほうがいいでしょう。

また、昼のフォーマルな服装「アフタヌーンドレス」は

【肌の露出はしない】ことになっていますので

ロング丈でも、肌の露出は控えめがマナーです。

そして、最低限のマナーとして【上品】に見えるかも重要ですね。

【結婚式のロングドレス】NGなドレスって?

ここまで、大まかに結婚式での服装マナーをご紹介しました。

結婚式などのお呼ばれには、やはり最適なワンピースを選びたいものです。

ここからは、結婚式などのお呼ばれにはNGになってしまう

ワンピースのデザインや黒のワンピースについてなど

ふさわしい服装ができるようにアドバイスしていこうと思います。

【結婚式のロングドレス】黒のワンピースは着こなし次第

黒のワンピースは、デザイン次第で色々な印象になりますよね。

もし昼の結婚式に黒のワンピースを着ていきたいときは

服装の工夫次第で、NGではなくなることもあります。

しかし、ワンピースは単色の黒だけ、靴もタイツも黒など

全身【黒色】が目立つ服装は、縁起の悪いイメージになってしまい

結婚式というおめでたい席にはふさわしくありません。

とはいっても、黒のワンピースは色々なシーンで使えたり

コーディネートに役立つので便利ですよね?

結婚式に黒のワンピースを着る時は、羽織ものやアクセサリー

小物などを明るい色にして、全体のイメージを緩和すればOKです。

明るい色のボレロやバッグ、ピアスなどでアレンジ

できれば、結婚式などの「祝いの席」では真っ黒なワンピース

真っ黒なタイツなどは避けたいところですが

どうしても着たい方は、花嫁のドレスとかぶらないような

明るいイメージのデザインのボレロなどを必ず羽織りましょう。

黒のワンピースのおすすめはこんなデザイン

真っ黒なワンピースを結婚式に着ていくのは

ちょっと考えてしまうという方には

このように、黒とアイボリーの配色がエレガントなワンピースがおすすめです。

靴も明るい色にまとめた服装なら、お呼ばれにぴったりですね。

黒のロングドレスは単調にならないように

エレガントな黒のデザインのワンピースなら

悲壮感がでずに昼の結婚式のお呼ばれにもふさわしいです。

黒でも、ウエストラインにリボンがついていたり

花の形の刺繍や白いパールがついているなど

お祝いの席に合う黒ロングドレスにしましょう。

夜の結婚式ならこんなデザインも素敵

黒といっても、アシンメトリーな裾のデザインや

胸元のレースがとても華やかで大人なワンピースです。

夜の結婚式には、こんな黒のロングドレスに

アイボリーや白、淡いピンクの小物などを合わせてみましょう。

【結婚式のロングドレス】総レースはNG

昼の結婚式に着ていくようなロングドレスでも

レースを使用したデザインはけっこう多いですよね?

そのことからも、絶対に着ていってはいけないというルールはありません。

しかし、ウエディングドレスは多くが白っぽい総レースのデザインです。

レースのドレスを昼の結婚式に着ていきたいなら

新婦とイメージがかぶってしまわないように

できれば「総レース」デザインは避けたいものです。

総レースは昼の結婚式にはあまり向かない

繊細な総レースのドレスでも

写真のデザインのようにネイビーのリボンがポイントでついていたり

工夫のあるドレスならいいかなとも思いますが

やはり、白系の総レースは着たとしても二次会などカジュアルな

場所でのみ着るようにしたほうがベストです。

【結婚式のロングドレス】毛皮やファーはNG

結婚式などのお呼ばれやパーティーで

よく、ドレスに「毛皮やファー」の小物を着ていたり

持っている方もみかけますよね?

でも、アニマル柄と同様の意味として

毛皮やファーは「動物・生き物の殺生」を連想させる物です。

祝いの場でなく、不祝儀で根付いたものとも言われますが

結婚式という「祝福の日」に殺生をイメージするドレスは不適切でしょう。

ドレスは勿論小物も「毛皮・ファー」は避けましょう

結婚式ではなく、ノーマルでカジュアルなパーティーでは

ファーのピアスやバッグなどは華やかな印象に魅せてくれるアイテムです。

しかし、昼の結婚式では「殺生」を意味するファーは

マナーに反すると言われているのです。

フェイクファーもリアルファーもそうですが

お食事をする結婚式・披露宴の席では

毛が抜けて飛び散り、辺りを汚したり

埃などがつきやすい性質上、食べ物に落ちたりして不衛生なものです。

ショップでの買い物には気をつけて!

初めて結婚式にお呼ばれした方は特に

デパートなどで突然、結婚式用のアイテムを揃えたりするかもしれません。

ショップの店員さんというのは

やはり、セールストークが上手なので

その時の流行であったり、華やかに見えるなどという理由で

ファー小物をすすめられることもあるかもしれませんが

結婚式でのマナーをきちんと知った上で、ファーの小物は避けるようにしましょう。

【結婚式のロングドレス】全身白のコーデはNG

総レースのところでも少しご説明しましたが

「白・純白」は晴れの日を迎える花嫁の特権でもあります。

レース素材の白いロングドレスはもちろんNGです。

花嫁の白いドレスの美しさを邪魔しないような色にしましょう。

レースでなくても、全身を白でまとめるのは

花嫁をイメージさせてしまいます。

白を着たいならドレスは避けて、小物やアクセサリーなどで

適度に取り入れるように工夫しましょう!

【結婚式のロングドレス】昼に露出の多いものはNG

昼と夜とでは、正装のマナーは違ってくるように

昼に着るアフタヌーンドレスに肌の露出はNGです。

結婚式に着ていくなら尚更、エレガントで

花嫁の純白のドレスの上品さをひきたてるようなロングドレスにしましょう。

足にスリットがはいっていたり、極端に胸元が開いているなど

カジュアルすぎたり、下品なデザインは避ける事です。

おすすめワンピースはどんなデザイン?

洋服というものは、シルエットや長さ

デザインや色などで印象は千差万別です。

結婚式のロングドレスにもそれは言える事ですので

おすすめのロングドレスをご紹介していこうと思います。

あなたの体形やイメージに合った、上品なロングドレスを選び

お呼ばれの席にふさわしい服装で参加しましょう。

ちょっとドレッシーに装いたい方や

日本では結婚式にロングドレスはどうなのかなと抵抗のある方には

装飾が華美にならないようなシンプルなものがおすすめです。

【結婚式のロングドレスおすすめ】①シフォン素材

柔らかく女性らしい素材感が美しいシフォンワンピースは

エレガントで控えめな印象も与えてくれるでしょう。

デザインによっては、華やかすぎる印象にもなるので

あくまで控えめに、装飾はあまりないものがおすすめです。

また、色によってはプリンセスのようなイメージもでますので

ロングドレスとはいっても、膝より少し長いくらいのロング丈がおすすめです。

【結婚式のロングドレスおすすめ】②シンプル+部分レース

結婚式のロングドレスは、やはりシンプルなものが上品に見えます。

かといって、何のアクセントもないのは寂しい印象になるので

ワンピース全体の腕の部分であったり、裾の部分であったり

どこかにワンポイントで控えめなレースが入っていると素敵です。

【結婚式のロングドレスおすすめ】③Aラインワンピース

Aラインのワンピースは、着るだけでレディライクな上品さがあります。

長すぎないドレスなら、20代の若い女性におすすめのシルエットです。

シンプルなロングドレスでもAラインなら、シルエットが綺麗なので

単品で着るだけでも、コーデが決まりやすく上品に見えます。

ウェスト部分が絞ってあるAラインワンピースで

ロング丈すぎないシルエットだと

こんな風にかわいらしい雰囲気にもなります。

年齢によっても、Aラインロングドレスのチョイスは豊富です。

◆関連記事 年代別のお呼ばれドレスの記事はコチラから!

【30代向け】結婚式のお呼ばれドレスを選ぶコツ!大人可愛い!
【40代向け】結婚式のドレス・服装解説!お呼ばれさんにおすすめ!

【結婚式のロングドレスおすすめ】④Iラインのワンピース

Iラインのロングドレスはとてもクールで大人の印象です。

露出が少ないものだと、本当の意味での正装のイメージですね。

昼間の結婚式でIラインロングドレスを着るのは

新郎新婦のお母さまなどにも、おすすめしたいデザインです。

身長がない方は、ひきずってしまわないようにしたり

髪をアップにしたりして上の方に視線が集まるよう工夫をしてみましょう。

◆関連記事 親族のドレス選びに迷ったら!こちらの記事から

50代向け結婚式ドレス!フォーマルもパーティーも!親族はこれ

結婚式のロングドレスに合う【アクセサリーのマナー】

昼の結婚式の服装マナーは、ドレス(ワンピース)だけではありません。

ファッションは全身のコーディネートで印象が決まります。

せっかく、お呼ばれにふさわしいワンピースを選んでも

アクセサリーや小物でマナーを破ってしまっては残念ですよね。

昼の結婚式【光りすぎるアクセサリーは避ける】

昼の結婚式につけるのなら、上品な光沢のものがおすすめです。

鏡のように光を反射してしまうような、金属系のアクセサリーは

太陽の光をうけるとピカッとひかり、集合写真の邪魔にもなってしまいます。

イメージとしても、宝石類の輝きやゴールドなども昼ではなく

夜の結婚式や二次会などカジュアルな席向けですね。

どんなアクセサリーが良いの?

昼のロングドレスに合わせるアクセサリーは

上品な光沢を放つ繊細な【パール】などがおすすめです。

パールでも、コットンパールなどはより光沢が少なくお洒落です。

コットンパール素材の場合は、カジュアルすぎないデザインをえらびましょう。

上品な輝きならビーズやラインストーンでも

昼の結婚式で、パール以外のアクセサリーを選ぶのなら

ビーズやラインストーンでもOKですが

上品で落ち着いた色やデザインを選ぶようにしましょう。

やはりゴールドよりはシルバーのほうが好ましいです。

ラインストーンは、キラキラした輝きがダイヤのように見えるものもあるので

昼につけたいときには、十分吟味してくださいね。

夜の結婚式はドレスと同様「華やかに」

夜の結婚式には、イブニングドレスの華やかさと同様に

輝きのあるラインストーンやゴールド、小さ目の宝石を使った

ネックレスなどを合わせましょう。

ピアスも揺れるタイプのものをつけると華やかですね。

靴もバッグも結婚式にふさわしいものをチョイス!

昼の結婚式の小物は全て「光りすぎないもの」が前提です。

キラキラしたラメやグリッター素材、ビジュー付きの物は避けましょう。

アイボリーやパステル調の優しい色合いで、小ぶりなバッグを選びます。

柄も派手なものは避けて、無地を選ぶのが失敗がないです。

アニマル柄、ファーのバッグは避ける

小物も「殺生」を連想させてしまうアニマル柄や

ファー、毛皮、クロコダイルの型押しなど

たとえフェイクであっても、祝福の日には適切ではないのでNGです。

荷物入れには注意しよう!

結婚式で、荷物がたくさんになってしまったり

ちょっと暑くなったからといってショールを入れたり

メインのバッグ以外に、トートバッグや紙バッグを持ってはNGです。

上品で上質なものであっても、結婚式のマナーでは避けましょう。

荷物は、クロークなどの預り所にあずけておくのが望ましいです。

結婚式にふさわしい靴

小物やドレスを一式そろえたら次は靴の出番です。

靴も結婚式に最適なマナーがありますので

他の人にマナーが悪いなと思われないようにきちんと選んでいきましょう。

結婚式にふさわしい靴を知っていますか?

パンプスなら何でもいいんでしょ?そう思う方もいるかもしれません。

ですが、結婚式のマナーにはもう少し細かいルールがあるんです。

パンプスでも、足の肌の露出面が多いものはNGとされています。

上品なデザインのパンプスであってもオープントゥという

つま先がパンプスからのぞいてしまうタイプの靴は選ばないようにしましょう。

また、ストラップタイプなどで足の甲が大きく露出している靴・サンダル・ミュール

アニマル柄のパンプスも、たとえつま先がでていなくてもNGです。

もちろん、スニーカーやブーツなどのラフすぎる靴をドレスに合わせるのも

普段のファッションとは違い、お呼ばれの場には適応できないコーデです。

結婚式用のパンプスは、できればヒールは3cm程度で高すぎず低すぎず

ヒールも太めのタイプより細いほうがエレガントでフォーマルな印象です。

色はアイボリーや、ベージュ、薄ピンクなど控えめな色で

デザインも奇抜なものは避けましょう。

プレーンでなくてもシルバーの飾りや、ひかえめなポイントデザインのものがいいです。

黒のストッキングやタイツは避けましょう

ありがちな失敗コーデが、上品なお呼ばれドレスに

黒のタイツやストッキングを合わせてしまうケースです。

フォーマルな結婚式では、暑い時でも

生足ではなくベージュのストッキングを着用します。

黒はカジュアルなイメージになる上に、不祝儀をイメージさせるためNGです。

結婚式のロングドレスはレンタルもできる

たった一度の結婚式のために、わざわざドレスを購入するのが嫌な方には

結婚式やパーティー用のワンピース、小物などのレンタルサービスがあります。

ドレスのレンタルショップで探してみてもいいでしょう。

また、中古の洋服を安く買えるアプリなどを活用するのも便利ですよ。

一度しか着ないのに、新品を買うのは勿体ないと思う方におすすめです。

「Cariru」というショップでは、結婚式・パーティー用のドレスや

靴、アクセサリー、バッグなどをレンタルすることができます。

グレースコンチネンタルやイランイランなどのブランド服を扱っているようです。

種類がとても多いので、お気に入りのアイテムが見つかりそうですね。

レンタルの価格がお手頃プライスなのも魅力ですよ。

【まとめ】結婚式のロングドレスはマナーのある装いで♡

昼の結婚式での、ロングドレスはマナー違反ではないことが分かりました。

それでも、丈はくるぶしより上を選んだり、露出が少ないものを選ぶなど

マナーをきちんと守って選べば、スマートな印象を与えれます。

ドレスだけではなく、靴やアクセサリー、バッグ選びも慎重に。

ヘアスタイルは、ロングドレスに合うように、まとめ髪にしたり

全体を上品に装って、だらしなく見えないようにすることが大切です。

もっと結婚式の記事を読みたい方はコチラから!

結婚式の服装(親族)マナー解説!【兄弟・両親・親戚】
結婚式スーツ・ネクタイの常識!男性ゲストの服装マナー解説!
結婚式に呼ぶ友達がいない場合の対処法は?普通は何人呼ぶ?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ