ジェルネイルの落とし方!自宅で簡単オフしちゃえ!

ジェルネイルを楽しんだ後、ジェルネイルをオフしなければなりません。 自宅で簡単にジェルネイルのオフ・取り方や落とし方がわかることで、わざわざサロンに行かなくて済むかもしれません。 今回はジェルネイルの取り方・落とし方についてご紹介していきます。

ジェルネイルの落とし方!自宅で簡単オフしちゃえ!のイメージ

目次

  1. ジェルネイルのオフ、取り方、落とし方は間違えると大変危険!
  2. ジェルネイルの間違ったオフ、落とし方、取り方①剥がす
  3. ジェルネイルの間違ったオフ、落とし方、取り方②削る
  4. ジェルネイルの間違ったオフ、落とし方、取り方③除光液
  5. 正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方とは?
  6. 正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方①道具をそろえる
  7. 正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:ネイルファイル
  8. 正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:コットン
  9. 正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:リムーバー
  10. 正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:アルミホイル
  11. 正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:②手順
  12. 正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:1
  13. 正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:2
  14. 正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:3
  15. 正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:4
  16. 正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:5
  17. 正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:6
  18. 正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:7
  19. 正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方は爪を大切に
  20. まとめ

ジェルネイルのオフ、取り方、落とし方は間違えると大変危険!

ジェルネイルのオフは自宅で行えることでサロンに行かなくても、簡単にジェルネイルの落とし方や取り方ができると思っていませんか?
確かに、自宅でジェルネイルを簡単にオフしたり、正しい落とし方や取り方を身に付けることで危険にはなりません。
しかし、間違ったジェルネイルのオフ手順をしてしまうことで爪に負担がかかるだけでなく、爪自体が剥がれてしまう事も考えられるのです。

こちらの記事では、そんな自宅でジェルネイルをオフしたいと考えている方にぜひ読んで正しいジェルのオフのやり方を学んでいただきたいと思います。
知識がないからこそ、爪に負担のかかるオフのやり方をしてしまったり危険なジェルネイルの剥がし方をしていることも考えられます。

爪に負担がかかってしまうことで爪が薄くなるだけでなく変形したり爪が守る機能を果たさなくなることも考えられるのです。
正しい知識を身に付け、できるだけ自爪に負担がかからないジェルネイルのオフをしていきましょう。

ジェルネイルの間違ったオフ、落とし方、取り方①剥がす

少しジェルが浮いてきたからと言って、自分で無理やり剥がしてしまってはいませんか?
それは爪に 負担がかかるだけでなく爪の表面が一緒に剥がれ落ちてしまっていることが考えられるのです。
もし、表面をはぎ取られてしまい爪が弱くなってしまったら、爪がぺらぺらに薄くなってしまい、もろくなってしまう事が考えられます。

ジェルネイルを無理やり剥がした時に、爪に白い横線が出来たり、ジェルが乗っていた部分が白っぽくなってしまったり...。
症状は様々ですが、無理やりに剥がしてしまう事で爪に負担がかかってしまうばかりではなく剥がれた部分が深ければネイルプレートが痛みしみる原因になったりします。
さらに、爪がペラペラに薄くなることでどこかに引っかかり爪が割れたりはがれやすくなることも考えられるのです。

ジェルネイルの間違ったオフ、落とし方、取り方②削る

確かに、爪を削る方法は間違いではありませんが、専門家でない人が自分の付けを削ることで削り過ぎたりどこまで削ればいいのかわからない場合があります。
知識のあるネイリストが行う分には、心配あありませんが全くの知識のない人がジェルネイルを削ってしまうのは非常に危険な行為になる事も考えられるのです。

削りすぎてしまう事で爪が薄くなってしまう事と、削らなくてもいい部分まで削ってしまうことが考えられるのです。
このように、自分の感覚で行ってしまう事により自爪が悪くなってしまい、しばらくの間ネイルを楽しむ事が出来なくなるという事にならないように注意したいものですね。
また、爪が弱くなることで爪に負担がかかり剥がれてしまう原因にもなりかねません。


◆関連記事:おススメジェルネイルキットはこちら

ジェルネイルキットのおすすめランキングTOP9!セルフならこれ!

ジェルネイルの間違ったオフ、落とし方、取り方③除光液

いまだにジェルネイルが除光液で落ちると考えている方もいるようです。
ジェルネイルは除光液では落とすことができません。
そのため、ジェルネイル用のリムーバーが必要になります。

市販されている物からプロが使用するジェルネイルリムーバーにはアセトンなどが含まれているため使用したことのない方は、専門家と一緒に正しい使い方を身に付けるといいでしょう。

このように除光液ではジェルネイルがオフすることができないため、ジェルネイルがオフすることのできる「ジェルリムーバー」を購入するようにして下さい。

自宅で簡単にジェルをオフできると思っていた方は、自分の思っていた知識と違いが大きい可能性があるため、ジェルネイルのオフの手順をしっかりと覚えながら進めていきましょう。

正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方とは?

それではここからは、ジェルネイルのオフに必要な知識とできるだけサロンに近い形で情報を提供していきます。
ジェルネイルのオフに必要な道具と知識があれば、ジェルネイルのオフも自宅でできることでしょう。
また、100均グッズにもジェルネイルに使える道具がいくつか販売しています。

ぜひ100均のジェルネイルグッズも確認するようにしてみましょう。

ここで、100均で手に入るジェルネイルをオフするための道具をちらっとご紹介していきます。
この後に詳しい道具の説明が入りますので、100均へ行く予定がある場合やお金をかけずに100均などで道具wそろえる場合の参考にしてみて下さいね。

≪100均で揃えられるジェルネイルオフグッズ≫
100均で揃えられるジェルネイルオフグッズ①ネイルファイル
少し薄い感じがしますが、100均のセリアやダイソーにも販売しています。

100均で揃えられるジェルネイルオフグッズ②ウッドスティック
ジェルネイルが剥がれてきたときにウッドスティックという木の棒が販売しています。

100均で揃えられるジェルネイルオフグッズ③コットン
化粧用のコットンでできます。

100均で揃えられるジェルネイルオフグッズ④アルミホイル
100均でなくても大丈夫ですが、100均にも販売しています。

100均で揃えられるジェルネイルオフグッズ⑤コットンを浸す器(ガラスや陶器など)
100均で販売している調理用のガラスや陶器が使用することができます。

いかがでしたか?
以外に100均グッズで揃えられる道具は沢山あるんです♪

またアセトンやジェル用リムーバーはジェルネイル専用のものを使う事をおすすめします。
市販されている除光液などはジェルには対応していないだけでなく爪に負担をかけ、時間もかかってしまうためおすすめ出来ません。


◆関連記事:それでもオフをサロンでやりたいと言う方へ

ジェルネイルオフのみが安いサロン!料金無料のところもある?

正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方①道具をそろえる

自宅で簡単にジェルネイルをオフしたいト考えている場合、ジェルネイルをオフするための道具をきちんとそろえていきましょう。

何度もお伝えしますが、除光液でジェルネイルをオフすることはできません。
除光液はネイルラッカー(マニキュア)にしか使用することができませんので、ジェルをオフする場合には除光液ではなくジェルネイル用リムーバーを用意するようにして下さいね。
マニキュアが落ちるからと言って、除光液を使用してみることもおすすめしません。

このように除光液でジュエルネイルをオフすることはできませんので注意しておきましょう。
また、友達が除光液でジェルネイルをオフしようと考えていた場合、除光液でジェルネイルがオフできないことを教えてあげてくださいね。

自宅で簡単にジェルネイルをオフするためには、ジェルネイルをオフするのに正しい道具を買いそろえる必要があるとお伝えしてきましたが、特にブランドにはこだわる必要はありません。

Amazonや楽天などでもプロが使用しているジェルネイルオフの道具も購入することができますが、頻繁に使用することもありませんので、100均などで買いそろえた道具でも問題はありません。
しかし、ネイルファイルなどは少しいいものを使うことで爪の削りすぎを防いだり、爪に負担をかける心配が少なくなります。

もし予算に余裕がある場合、ネットなどでネイルファイルを購入しておいてもよさそうです。

正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:ネイルファイル

ネイルファイルもメーカーやブランドによりピンキリになるでしょう。
80~150グリッド(目の粗さ)くらいのネイルファイルがおすすめです。
種類も、ガラス製やスポンジタイプなどは自爪を削るのに向いていません。

固いタイプのネイルファイルを使うことで爪に負担をかけてしまい、爪が薄くなってしまう事が考えられます。
爪が薄くなってしまうことで爪が守る機能をしなくなり、爪が割れる原因や剥がれてしまう事につながってしまいます。

このように、硬いネイルファイルや逆にスポンジファイルのように柔らかすぎるネイルファイルを使用することで全く削れなかったり削りすぎてしまったりすることが考えられるのです。
ジェルネイルのオフに合ったネイルファイルを選ぶようにして下さいね。

自爪の形を変えるためのネイルファイルを使用してしまうことで削りすぎたり、爪や皮膚を損傷してしまう事につながります。
安全な方法で自宅で簡単にジェルネイルをオフする場合、ネイルファイルは一番大切なポイントになります。
もし予算に余裕がある場合ネットなどで購入する方がいいですね。

正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:コットン

化粧用のコットンでも構いませんが、水分を多く含むことのできるコットンがおすすめです。
また周りが固いコットンの場合、中の綿だけを取り出し、使用するようにして下さい。
(普段化粧をしているコットンでも構いません。)

自宅で簡単にジェルネイルをオフしたい場合、コットンは四角い形で柔らかいものを使用しましょう。
たっぷり水分を含みやすいコットンを選ぶことで、ジェルネイルをオフするときにジェルりむばーが爪に浸透しやすくなります。

正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:リムーバー

リムーバーとは除光液の事ではありません。
除光液の事ではなく、ジェルネイル用のリムーバーを意味します。
買い物をするときにも、除光液ではなくきちんと「ジェルネイル用リムーバー」を選ぶようにして下さい。

ジェルネイルもオフすることができる除光液というものが売られていても、ジェル専用に比べて弱いことが考えられます。
ジェルをオフする場合、商品名をきちんとチェックしておきましょうね。

ジェルネイル用のリムーバーは一回のオフで結構使用しますので、何本か買いだめしておくのもいいかもしれません。
また、家にある除光液と成分自体が違いますので決して混ぜたりしないようにしましょうね。
あなた独自のルールにしてしまうことで危険なジェルネイルオフ方法になってしまう事が考えられます。
きちんと説明書に書かれたとおりに、作業をしていくように行っていきましょう。

正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:アルミホイル

アルミホイルは、普段家庭で使用しているようなロールタイプのものが良いでしょう。
時々弁当用の丸い形の、軽くて薄いアルミホイルを使用している人もいますが、薄いことで指に巻き付けた時に破れてしまう事が考えられます。

破れてしまってはアセトンやジェルリムーバーが揮発してしまい、リムーバーの効果が期待できません。
アルミホイルは柔らかいものを選ぶのではなく、家庭用の少し硬めのアルミホイルを選ぶようにしましょうね。

そのようなことを考えても、ロールタイプのキチンで使用するようなロールタイプのアルミホイルが少々強度もありオススメになります。
ご家庭にアルミホイルがある場合、そちらのホイルで十分しようすることができます。

正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:②手順

それでは、ここからは自宅でも簡単にジェルネイルがオフできる手順についてお伝えしていきます。
きちんと手順を追って進めていきましょう。
また、下準備をしっかりしておくことでスムーズに手順をやり進めていくことができるので、下準備も含めて手順を追っていきましょう。

自宅で簡単にジェルネイルをオフしたい場合、正しいジェルネイルのオフの手順と道具をきちんと確認しておくようにしましょう。
道具をそろえていないにも関わらず、オフを実行しないようにしましょう。

また、オリジナルの手順になってしまわないようにきちんと正しい手順を進めていきましょう。
きちんと正しい手順と知識を学んでおくことで、間違ったジェルネイルのオフの手順をすることはありません。
はじめてジェルネイルをオフする場合、きちんとした正しい手順を踏んで覚えていくことで、爪を痛めることがなくケアとオフをしていけるのです。

正しい知識を身に付け、爪に負担のかからないジェルネイルのオフをしていきましょう。

正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:1

ネイルファイルで削る

ネイルファイルで爪の上面を削り、傷を付けジェルリムーバーが爪に浸透しやすくします。
また削りすぎることで、自爪を傷付けてしまう事が考えられます。
ネイルファイルで爪の全体を傷付け、爪の表面が白っぽくなればOKです。

あまり力を入れすぎて削りすぎないように気を付けましょう。
また、力を入れすぎたり、早くネイルファイルを動かすことで熱を持ち爪の表面が熱くなることもあります。
十分に注意しながら爪の表面を傷付けるようにしていきましょう。

正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:2

コットンを爪の大きさにカットしていく

コットンを爪の大きさに合わせてカットしていきましょう。
四角い形で構いません。
親指や小指など大きさが違いますが、コットンが爪にちょうどいい大きさにある事でジェルリムーバーができるだけ指の皮膚につかないように気を付けましょう。

自宅で簡単にジェルネイルをオフしたい場合、コットンをカットしストックしておいてもよさそうですね。
ジェルネイルをオフする時に何度かコットンを使用する場合もありますのでカットしたコットンがいくつかあってもよさそうです。

正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:3

アルミホイルを指が巻ける大きさにカットしていく

アルミホイルは、指の第一関節がしっかり巻けるサイズの大きさにカットしておきましょう。
少し大きいくらいのサイズで十分です。
具体的なサイズであれば、8~10cmの正方形くらいの大きさで十分間に合うサイズになります。

上の画像のように、第一関節までアルミホイルが負ける大きさであれば、ジェルネイルをオフするのに十分な大きさになります。
あなたの指と相談してアルミホイルの大きさを決めてもいいですね。

正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:4

先ほどカットしたコットンをリムーバーに浸す

先ほど爪のサイズにカットしたコットンをジェル用リムーバーに浸していきます。
浸す方法としては、下の画像のように小さな器にコットンを浸すようにしていきましょう。
さらに、リムーバーにアセトンを使用する場合、容器は陶器かガラス製が適しています。

アセトンの成分の中には、プラスチックを溶かす成分も含まれているためプラスチックやすぐに捨てる事ができるからと言って紙コップなどにアセトンを入れたりすることはやめておきましょう。
きちんと適した使用方法を行うことで、安全にジェルネイルをオフすることができるのです。

正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:5

爪にコットンを置きアルミホイルで巻いていく

アルミホイルを巻いたら10分程放置しましょう。
また、ビニール手袋をはめてお湯に浸すことでさらに早くリムーバー液が浸透しジェルネイルが剥がれやすくなりますので、お家に道具がある場合、試してみてはいかがでしょう?

ここでのポイントは、コットンが中で動かないよう、密着させながらアルミホイルを巻いていきましょう。
ぎゅっと絞るようにアルミホイルを巻けたら、リムーバーの液体が垂れてこないようにしましょう。
リムーバーは温められることで最大限に効果を発揮しやすくなり、リムーバーが爪に浸透しやすくなります。
また指サックをはめる事で、さらに密着度が増しネイルがはがれやすくなります。

正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:6

浮いてきたジェルを除去

指サックやビニール手袋などを使用しお湯に浸して温めた場合、ジェルのオフ時間が短縮できるだけでなくアセトンやジェルリムーバーの浸透も早くなりますので、10分待たずにオフすることができるかもしれません。
そんな場合、一本指だけを見てオフできそうか判断するといいでしょう。

上の画像のように、上手くジェルリムーバーがよく浸透し捲れたり、はがれたりしていればいよいよ剥がれた部分を落としていきましょう。
また、少し様子を見て、まったく剥がれてきていない場合、もう一度アルミホイルを巻いて剥がれるように様子を見ていきましょう。

またジェルが剥がれてきた部分はウッドスティックかネイルファイルで削るようにしてオフしていきましょう。
ウッドスティックを使用する場合、無理やり剥がしてしまう事が無いように注意しながらジェルをオフしていきましょう。

正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方:7

ネイルケアをしてオフ終了

全ての指のネイルオフが終われば、いよいよジェルネイルのオフが終了します。
アセトンやジェルリムーバーをしみこませたコットンを乗せてから、ジェルネイルが剥がれてきていないにも関わらず無理やり剥がしてしまう事はやめておきましょう。

さらに、アセトンが皮膚にしみこむことで乾燥してしまう原因になってしまう事が考えられます。
オフして終わりでなく、きちんとハンドクリームを塗っておくなど手のケアも忘れずにしておきましょう。
また、一度使用した道具は一度切りで処分するようにすることで、清潔を保つことができます。

正しいジェルネイルのオフ、落とし方、取り方は爪を大切に

自宅で簡単にジェルネイルをオフする場合、無理やりジェルを剥がしてしまう事がないよう、爪を傷付けてしまう事がないように、爪を大切に扱うようにしていきましょう。
また、自宅で簡単にジェルネイルをオフする場合道具をきちんと揃えることと手順をおさらいしておきましょう。

≪ジェルネイルをオフするときのおさらい≫

【道具の準備】
①ネイルファイル(80~150G)
②コットン
③アルミホイル
④ジェルリムーバー
⑤リムーバーを入れる容器
あれば、ウッドスティック、指サック、ビニール手袋、お湯

【ジェルネイルをオフするときの手順】
①下準備
コットン、アルミホイルをカットしておく。
コットンはジェルリムーバーに浸しておきましょう。

②爪の表面をネイルファイルで削る
③下準備しておいたコットンを爪に置き、アルミホイルでくるむ。
④10分程放置して、液が浸透するまで待つ。
⑤浮いてきたジェルネイルを剥がす。
⑥ハンドクリームなどを塗りオフ終了。

以上の事をしっかりと頭に覚えておくことでスムーズにジェルネイルをオフすることができるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
自宅で簡単にジェルネイルをオフできるのも、きちんとした下調べと道具、手順をきちんと正しいやり方で行う事が大切です。

自宅でのジェルネイルオフをしてみることで、簡単にできると感じる人であれば、次回から自宅でジェルネイルをオフすることができそうです。
しかし、今回のジェルネイルをオフしてみて簡単ではないと感じる場合、やはり専門家にお願いした方がよさそうですね。

もっとジェルネイルについて知りたいアナタはこちら

ジェルネイルとは?マニキュアとの違いは何?
ジェルネイルの持ちの平均は?剥がれる原因と持ちを良くする方法は?
ピンクのネイル・ジェルネイルのデザインまとめ!【超可愛い】
新着一覧
最近公開されたまとめ