ネイル・ジェルネイルの長さ出しのやり方!セルフでも簡単!

ジェルネイルの長さ出しってどうすればうまくいくの? ジェルネイルで長さ出しをしたい人は必見です! 深爪の方のジェルネイル長さ出しのやり方や、チップを使った長さ出しのやり方、スカルプの長さ出しなど種類も豊富にやり方や工程をお伝えしていきます。

ネイル・ジェルネイルの長さ出しのやり方!セルフでも簡単!のイメージ

目次

  1. セルフジェルネイルでの長さ出しって?
  2. セルフジェルネイルの長さ出しの種類
  3. セルフジェルネイルの長さ出しのやり方①適したジェル選び
  4. セルフジェルネイルの長さ出しの道具
  5. セルフジェルネイルの長さ出しのやり方②チップ・スカルプ
  6. セルフジェルネイルの長さ出しのやり方③フォームを付ける場合
  7. セルフジェルネイルの長さ出しのやり方④フォームの接着方法
  8. セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑤ジェルを塗布していく
  9. セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑥段差を無くす
  10. セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑦ファイルで整形
  11. セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑧4.1cm以上の長さ出し
  12. セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑨チップでの長さ出し
  13. セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑩スカルプでの長さ出し
  14. セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑪スカルプでの長さ出し
  15. セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑫スカルプでの長さ出し
  16. セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑬スカルプでの長さ出し
  17. セルフジェルネイルの長さ出しに失敗しやすいポイント①
  18. セルフジェルネイルの長さ出しに失敗しやすいポイント②
  19. セルフジェルネイルで長さ出しができない爪とは?
  20. まとめ

セルフジェルネイルでの長さ出しって?

セルフジェルネイルの長さ出しとは、ジェルを使い短いネイルを長くすることを言います。
さらに、ジェルを使った長さ出しから、長さ出しの専用チップ、更にスカルプチュアのやり方などについてご紹介していきます。

それぞれの爪の長さの種類によって、使用する材料や道具も変わってきます。
あなたがどの程度強度があり、どのような長さを希望しているのかよく考えてから作業を始めていきましょう。

練習次第で、長さ出しはうまくなります。
まずは、あなたがどのような長さ出しを希望しているのか調べる事から始めていきましょう。
さらにフォームを付ける場合、フォームの装着方法や付け方をきちんと覚えておくことでより綺麗に長さ出しができます。

■参考記事:ジェルネイルをセルフで!コチラも参照♪

セルフジェルネイルのやり方・デザイン!初心者も簡単に自宅でできる!

セルフジェルネイルの長さ出しの種類

長さ出しの種類には、「ジェル」での長さ出しの中にも「ソフトジェル」「セミハードジェル」「ハードジェル」など強度や長さによりジェルの強さを選んでいきます。
以下でさらに詳しく説明していきますので、参考にして下さいね。

さらに長さ出し専用の「チップ」、「アクリルスカルプチャ」の種類があります。

ジェルでの長さ出しと、スカルプチュアの長さ出しには、それぞれ使う材料は違いますが、「ネイルフォーム」という爪の長さ出しに使う強度のあるシールのようなものを使用します。
ネイルフォームの装着方法を失敗してしまうことで、長さ出しを成功させることが難しくなります。

この後に、詳しくネイルフォームの接着方法を記載していきますのでよく確認しながらやり方を覚えていきましょう。

■参考記事:ジェルネイル後の爪切り・オフの仕方は?コチラも参照!

ジェルネイル伸びた爪切りをしたい!正しい切り方・ケアの仕方は?
ジェルネイルの落とし方!自宅で簡単オフしちゃえ!

セルフジェルネイルの長さ出しのやり方①適したジェル選び

先ほど、簡単にジェルの種類についてお伝えいたしましたが、ジェルの種類の中には「ソフトジェル」「セミハードジェル」「ハードジェル」の3種類があります。
それぞれのジェルについてさらに詳しく説明していきます。

【ソフトジェル】
名前の通り、強度が弱いジェルの種類になりますので、一般的にはどれだけ長くても0.3cm程度しか伸ばすことができません。

【セミハードジェル】
ソフトジェルより、少し強度のあるジェルになります。長さ出しも0.5cm程度しか出すことはできません。
さらに自爪が弱い方や薄い方には少し強度のあるジェルがおすすめになります。
強度が高くなるにつれ、オフが大変になります。

【ハードジェル】
長さ出しのジェルの中では一番強度のあるジェルの種類になります。
長さも1cm以上の長さ出しが可能になります。
また、オフする時にネイルファイルで削らなければオフする事ができないため、ソフトジェルをベースにトップにハードジェルを塗布していくことでオフする時間を短縮することができそうです。

セルフジェルネイルの長さ出しの道具

ジェルで長さ出しを行う場合、どのような道具が必要になってくるのでしょうか?
お手元にある道具、ない道具をきちんと割り出し購入しておくことをおすすめします。

【ジェルの長さ出しに必要な道具】
①ネイルファイル(150~180G)※G:グリットの略。ヤスリの目の粗さを表します。
②エメリーボード:爪の形を整えるのに使用します。
③エタノールかジェルクリーナー:未硬化ジェルをふき取るのに使用します。
※ジェルクリーナーの場合、ワイプかキッチンペーパーが必要になり、エタノールの場合はキッチンペーパーでふき取り可能です。
④長さ出し専用ジェル(ソフトジェル・セミハードジェル・ハードジェルなど)
⑤ハサミ:細かい作業になりますので小さなものがベスト。
⑥ダストブラシ:爪の削りカスなどを払うブラシになります。
⑦フォーム:長さ出しに必要な台紙シール。
⑧ジェルネイル用ブラシ:ジェルを乗せるための専用ブラシ。
さらに、ピンチ棒があれば、形を整えやすくなります。

その他、ジェルを硬化するのにUVライトやUVランプが必要になります。

【チップの長さ出しに必要な道具】
①ハーフチップ:爪先の長さ出しに使うハーフ型のチップ。
②チップカッター:チップの長さを手ごろな長さにする爪切り。
③ネイルグルー:チップと自爪を接着する接着剤。
④クリアジェル:チップと自爪の段差や凸凹をなくしてくれます。
⑤ジェルネイル用ブラシ:ジェルを乗せるための専用ブラシ。

その他、ジェルを硬化するのにUVライトやUVランプが必要になります。

【アクリルスカルプチュアに必要な道具】
①アクリルパウダー、アクリルリキッド:長さ出しに使う材料。液体がツンとくる臭いがある。
②アクリル用ネイルブラシ:ジェルのネイルブラシとは違います。
③フォーム:長さ出しに必要な台紙シール。
④ハサミ:細かい作業になりますので小さなものがベスト。
⑤キッチンペーパー:筆についたアクリルリキッドを拭き取る時に使います。

セルフジェルネイルの長さ出しのやり方②チップ・スカルプ

チップの場合、簡単に付けやすい

【チップ】
強度は弱い方ですが、簡単に長さ出しすることができます。
深爪の方にもおすすめな長さ出しになります。

深爪の場合、ジェルやスカルプでの長さ出しができません。
しかし、チップでの長さ出しであれば接着剤を使用しますので、深爪の方でも簡単に長さ出しが出来てしまします。

アクリルスカルプチュアの場合、強度がありおすすめ

【アクリルスカルプチュア】
少々難易度はありますが、強度はあります。
丈夫な長さ出しをやりたい場合、アクリルスカルプチュアがおすすめです。

固まってしまえば、ジェルより強度が強いため爪への衝撃などの負荷がかかりやすくなります。

セルフジェルネイルの長さ出しのやり方③フォームを付ける場合

強度を出したい場合、ネイルフォームを装着するやり方の長さ出しをおすすめします。
ジェルやスカルプの長さ出しに必要なフォームを装着し、長さを出していきましょう。
フォームを装着し、ジェルやアクリルが流れてしまわないように、コツをしっかりとつかんでおくといいですね。

フォームの装着方法をきちんと覚えておくことで、ジェルでの長さ出しやスカルプでの長さ出しに十分使えますので、次の項目にある「フォームの装着方法」をきちんと覚えておきましょう。
さらに、フォームをきちんと装着することができることで、美しい爪の形とカラージェルやマニキュアを乗せた時の美しさが際立ちます。

セルフジェルネイルの長さ出しのやり方④フォームの接着方法

フォームにも沢山の種類があります。様々な種類を使用してみてあなたが使いやすいフォームのデザインや固さ、柔らかさなどメーカーにより随分違いますので、あなたの使いやすいフォームを探すといいでしょう。

【フォームの装着方法】
下準備:中心の穴のシールを外し、強度を持たせるためにジェルやスカルプを乗せる裏側へ貼り付けます。
フォームを柔らかくほぐし、ゆるく丸みを付けておくことで装着しやすくなります。

①フォームが爪の形に似合うか確認し、余分な個所や引っかかる部分をハサミでカットしていきましょう。
②フォームと自爪の間に、隙間が無いように密着させるように装着していきます。
※フォームと自爪に隙間ができてしまう事で、そこからジェルやスカルプチュアが流れだしてしまうため、気を付けて装着するようにしていきましょう。
③上手く書く付ける事がでいれば、フォームにカーブを付けていきましょう。
※Cカーブが綺麗にできる事で、爪の形も綺麗に見せる事ができます。Cカーブスティックを使いながら、綺麗なCカーブを作っていきましょう。

ここでのポイントは、先端を細くしていくことでより丸みのある綺麗なカーブに仕上がり、形も綺麗に整えやすくなります。
さらに、ジェルを塗布した後にもピンチを入れる必要がありませんので、先端を細くすることを意識して形を整えていきましょう。

セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑤ジェルを塗布していく

フォームをきちんと装着することができれば、いよいよジェルを塗布していきます。
きちんとフォームが装着されたことにより、ジェルもはみ出しがなくなります。
しかし、きちんとフォームの装着ができていなかったり、装着が甘いことでジェルが漏れてしまう原因につながります。

下の画像のように、自爪とフォームの隙間が無くぴたりと密着している形が理想になります。

まずは自爪の中央かややや先端にかけて、フォームのサイズに合わせて出したい長さと形のところまでジェルを乗せて硬化していきます。

セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑥段差を無くす

次に、自爪と先ほど長さ出しにジェルを乗せた部分の段差をなくすように、ジェルを塗布していきます。
ジェルを塗布したら、硬化していきます。
柔らかいジェルは流れてしまう事が考えられますので、出来れば慣れるまで固めのジェルを使用するといいですね。

硬化して、未硬化ジェルを拭き取ればジェルの長さ出しの土台は完成します。
このままジェルネイルを施す場合、ダストを払いエタノールやhp調整剤などで余計な油分を除去し、ベースジェル硬化後に、カラージェルを塗布していきましょう。

横から爪を見た時に、綺麗な段差のないアーチ状になっていればうまくジェルを乗せる事が出来ています。
しかし、横から爪を見た時に、下に下がってしまった形になっていたり、自爪と違和感のある形にジェルが乗っていれば失敗していることもあります。

ここで少しいびつな形でも、ファイルやエメリーボードで整形していきますので、様子を見ながら整えていきましょう。

セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑦ファイルで整形

少々いびつな形になっていても、ファイルで形を整える事で案外綺麗な仕上がりになっている事もあります。
エメリーボードで、サイドと先端の形を整えていきます。
この時、自爪とサイドのラインがなだらかにつながっていれば綺麗な仕上がりに見えます。

失敗は、ジェルの下から自爪が見えてしまっている事です。

また、表面がボコボコしている場合ファイルでなだらかな形になるように整えていきましょう。
最後に爪磨きやバッファーなどで仕上げていくことで綺麗な長さ出しの爪が完成します。

爪の形がいびつな場合、正面から爪の形を見て綺麗なCラインになっていれば◎。
さらに薄さもクレジットカードのような厚みが綺麗に見えるコツになります。

ボコボコした表面の場合、正面から爪の形を見る事でどこに沢山のジェルが乗っているかがわかります。
削る所も良くわかりますのでオススメです。

セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑧4.1cm以上の長さ出し

4.1cm以上の長さ出しには、専用のジェルが販売していますがジェルの場合、スカルプチュアに比べると強度が低いため、1cmを超える場合はスカルプチュアで長さ出しをすることがおすすめです。

美しい形や強度を求める場合、かなり長さがあるため自爪に負担がかかりやすく痛めてしまう事も考えられます。
きちんと正しい装着方法と、長さに似合ったジェルやスカルプチュアなどの材料選びを行うようにしていきましょう。

セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑨チップでの長さ出し

まずは、正しいサイズのチップから選んでいきましょう。
あなたに似合うチップの大きさも一本一本違うサイズをしています。
下から自爪に重ねるようにチップのサイズを合わせていきます。

程よいサイズのチップの図り方は、チップを装着した時に隙間なく、カーブに似合うものを、またサイドの爪となじむようにフィットするものを選びましょう。
サイドから見た時に自爪が見えていれば「小さいサイズ」、サイドにチップがはみ出すなら「大きいサイズ」になります。

【チップの装着方法】
下準備:チップのサイズが決まったら、150~180Gネイルファイルでチップの根元を削っておきます。
自爪とチップの段差がなくなるように、チップの根元の尖った部分と装着する根元の約0.5mmくらいの部分まで削ると綺麗に整えることができます。

①自爪の形を整えていきます。チップに段差がある場合、その段差の長さに合わせて自爪の長さを決めていきましょう。

②ネイルグルーをチップに塗布していきます。(チップの根元0.2~0.3cmの部分)
※多くつけすぎるとはみ出してしまいますので薄く延ばすように、グルーを付けていきましょう。

③自爪にチップを隙間なくフィットさせながら装着していきます。

④5秒程度時間を置いて、チップのサイドの尖った部分は浮きやすいため、ネイルグルーが固まるまで押さえておきましょう。

⑤チップカッターでチップをあなたの好みの長さにカットしていきます。

⑥ファイルでチップをあなたの好きな形に整えていきます。

⑦さらに、自爪とチップの段差をなくしていくように150~180Gネイルファイルでチップの根元を削って自爪との段差をなくしていきます。

⑧クリアジェルを塗布し、硬化します。2度クリアジェルを塗布することで凸凹がなくなります。

⑨未硬化ジェルを拭き取り完成です。

この後、デザインを施す場合このままベースジェル硬化後、次いでカラージェルを塗布していきましょう。

セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑩スカルプでの長さ出し

スカルプでの長さ出しは、強度がありおすすめです。
しかし、難易度が高くなるのでそれなりの練習は必要です。
100均などで販売しているスカルプの材料で練習してみてもいいですね。

まずは、hp調整剤、もしくはエタノールで余計な油分を拭き取ります。
次にフォームの装着です。
詳しいフォームの装着方法は、ジェルでの長さ出しと同じです。

参考に読み進めて下さいね♪

セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑪スカルプでの長さ出し

上手くネイルフォームが装着できたら、いよいよアクリルパウダーを乗せ、長さ出しを行っていきます。
まずは、アクリル専用のブラシにリキッドをしみこませた後、軽く容器の淵で軽くブラシをしごいた後、すぐにパウダーの上に軽くブラシを置き、ボールを作ります。

この時、余分なリキッドはキッチンペーパーで軽く拭き取ります。

ボールができたら、自爪とフォームの間に乗せて段差を埋めていきます。
始めは少し大き目のボールを意識していきましょう。
また、リキッドをしみこませすぎると緩いボールになり、流れやすくなりますので必ずキッチンペーパーなどでふき取るようにして下さい。

セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑫スカルプでの長さ出し

後は、あなたの好みの長さのところまでパウダーを乗せていきます。
さらに、ブラシについたリキッドで何度か表面をなでるようにしていくことで、綺麗に形を整えていきましょう。
完全に固まらなければ、どのような形にも変形しますので、アクリルパウダーが乾いてしまうまでが勝負になります。

さらに、リキッドをブラシにしみこませ、パウダーでボールを作っていきます。
自爪の付け根は少し薄めに伸ばしていくことで、完成した時に自爪のような自然な仕上がりになります。

またリキッドの臭いがキツイため、必ず行う時には換気をするようにして下さいね。

セルフジェルネイルの長さ出しのやり方⑬スカルプでの長さ出し

ある程度、形が整ったらフォームを外しピンチを入れていきます。
ピンチとは綺麗なCカーブを作るのに、両サイドを押さえることで綺麗なCカーブになるように形を整えていくことを言います。

アクリルで形を整えたら、柔らかさを確認するのにブラシの持ち手などで軽くつついてみましょう。
カチカチやこんこんと音がしてきたら、ピンチを入れる時です。
あまり柔らかすぎても×、硬くなりすぎても×ですので、見極めがポイントです。

ネイルファイルであなたの好きな形に爪を整えましょう。
表面を削れば、完成です。

そのあと、カラージェルを塗布し好きなデザインを施していきます。

セルフジェルネイルの長さ出しに失敗しやすいポイント①

フォーム装着

フォーム装着には、かなりの練習量が必要になります。
始めのうちは、なかなかフォームをうまく装着することができずに、ジェルが隙間から漏れてしまう事があります。
何度か練習し、コツをつかむようにしていきましょうね。

ジェルの厚さ

ジェルでの長さ出しの時に、分厚くなりすぎたり薄っぺらくなってしまわないように厚さの調節が必要です。
美しく見える薄さは、クレジットカードくらいの分厚さになります。

セルフジェルネイルの長さ出しに失敗しやすいポイント②

フォームのカット

フォームを装着するときに、自爪の形にカットしていきますが、自爪の形にカットしていくのが案外難しいと感じる事があります。
また、自爪の形にカットできていなければジェルが漏れてしまう原因になってしまう事もあります。
フォーム装着だけでなく、フォームのカットにもコツが必要です。

道具選び

あなたに合った道具選びを行いましょう。
初めからプロの使用する道具や材料を買い揃える必要はありません。
あなたが上達するにつれて、合うものを買い揃えていくようにしていけばいいのです。

セルフジェルネイルで長さ出しができない爪とは?

深爪

深爪の場合、やはり長さ出しは難しくなります。
せめて、フォームを装着することのできる長さが欲しいため、深爪ではネイルを楽しむ事ができません。
さらに、深爪は長い爪が嫌な人やくせで爪を噛み深爪になっている人、また無意識に爪を剥いてしまう癖などが原因で深爪になっている人もいるのです。

まずは、美しい爪先から女子力を上げるように、深爪を卒業することから始めましょう。

爪の病気や疾患などある場合

深爪の人と同じように、爪に疾患のある人や爪の病気の人はネイル自体を控えましょう。
ジェルネイルが剥がれてきた部分から水が入りカビなどを発生させてしまう事もあります。
また、爪の周りに傷があり(さかむけなど)酷い場合には、やはり長さ出しやネイルを施せる爪の状態ではありません。

まとめ

深爪の方が勘違いしやすいポイントに、深爪でも長さ出しができると思っている方が多いと感じます。
深爪では、長さ出しをすることができません。
深爪の方にも、せめてフォームを装着できるくらいの爪の長さが必要になるのです。

素敵な爪先は、やはりすらりと綺麗に伸びた爪にネイルが施されている状態になります。
あなたの好みに合わせた長さ出しを行い、素敵なジェルネイルを楽しみましょう。

女子力の高い爪の長さで、沢山のネイルデザインを施すことで周りの人の視線も集まることでしょう。

ジェルネイルについてもっと情報を知りたいアナタに!

ジェルネイルとは?マニキュアとの違いは何?
ジェルネイルキットのおすすめランキングTOP9!セルフならこれ!
【ジェルネイル】フレンチのデザイン・やり方解説!簡単にできる!
新着一覧
最近公開されたまとめ