濡れやすい女の特徴15選!【必見】

濡れにくい体質であることを悩みにしている女性は多いです。パートナーも女性が濡れやすい、濡れにくい、どちらの体質かによって、セックスの流れを考えるときもあります。この体質を事前に知りたいとき、濡れやすい体質の女性には判断できるような特徴などはあるのでしょうか?

濡れやすい女の特徴15選!【必見】のイメージ

目次

  1. 濡れやすい女性とは?
  2. 女性にとって濡れるとは?
  3. 濡れやすい女性の特徴はわかる?
  4. 濡れやすい女性の特徴 (1)恥ずかしがり屋
  5. 濡れやすい女性の特徴 (2)羞恥心が取り除ける
  6. 濡れやすい女性の特徴 (3)没頭できる
  7. 濡れやすい女性の特徴 (4)水をよく飲む
  8. 濡れやすい女性の特徴 (5)紅茶を飲む
  9. 濡れやすい女性の特徴 (6)お酒好き
  10. 濡れやすい女性の特徴 (7)健康的
  11. 濡れやすい女性の特徴 (8)セックス慣れしている
  12. 濡れやすい女性の特徴 (9)セックス好き
  13. 濡れやすい女性の特徴 (10)排卵日の前後
  14. 濡れやすい女性の特徴 (11)手が潤っている
  15. 濡れやすい女性の特徴 (12)運動している
  16. 濡れやすい女性の特徴 (13)卵料理が好き
  17. 濡れやすい女性の特徴 (14)欲求不満
  18. 濡れやすい女性の特徴 (15)好奇心が強い
  19. セックスは楽しむことが大事

濡れやすい女性とは?

大好きな彼氏との幸せなセックスのときに、いざ挿入という場面で意外とおまんこが愛液で濡れていなくて、彼氏が挿入に苦労したり、女性がおまんこに激しい痛みを感じてしまうことなどがあります。

決して、彼氏とのセックスが嫌なわけでもなければ、気持ちよくないわけでもないはずなのに、なぜかおまんこが思うように濡れてくれない、と悩む女性は多いです。

なかなか愛液でおまんこが濡れてくれないことで悩む一方で、感じやすい体質で、すぐにおまんこが濡れてしまうという女性もいます。この差は一体どのようなことが理由なのでしょうか?また、濡れやすい女性にはどのような特徴があるのでしょうか?

女性にとって濡れるとは?

男性は性的興奮が起これば勃起します。女性は性的な興奮がきっかけでおまんこが愛液で濡れます。しかし、女性は男性が簡単に勃起してしまうように、おまんこが愛液で濡れたりはしません。女性のおまんこが愛液で濡れるためには、脳が性的な興奮をしないといけません。

愛液は女性のいろいろな分泌液が混じり合ったものです。これらは脳が興奮の信号を受け取らないと分泌されません。なので、単純な刺激だけでは愛液は分泌されず、刺激によって、しっかりと女性は興奮する必要があります。


◆関連記事:女性は何故濡れる!?

女性が濡れる仕組みと原因とは?メリットはあるの?

濡れやすい女性の特徴はわかる?

男性は女性にセックスのときには、できるだけ濡れてもらいたいと思っています。おまんこが愛液で十分に濡れていないと、女性に痛い思いをさせてしまうためです。

また、おまんこの濡れ具合によって、女性がどの程度の気持ち良さを感じているのか?、などの判断材料にもなります。また、単純におまんこがすごく濡れている方が挿入したときに、気持ち良いという理由を持つ男性もいます。

どのような理由であっても、女性は感じやすい体質で、すぐ濡れてくれる方が、お互いに嫌な思いをすることがありません。ですが、体質的にすぐに濡れない女性もいます。

男性は女性が濡れにくい体質か?すぐ濡れる体質か?、先に知ることができれば、女性とセックスをするときにできるだけ痛みを感じないように愛撫に時間をかけたり、感じやすい、すぐ濡れる体質であれば、ほどほどの愛撫にしないと女性が疲れてしまうなど、配慮することができます。では、セックスの前に女性が濡れにくい体質か?すぐ濡れる体質か?、先に知ることはできるのでしょうか?

濡れやすい女性の特徴 (1)恥ずかしがり屋

恥ずかしいという感情は興奮と紙一重の感情です。セックスで羞恥プレイというジャンルがあるほど、恥ずかしいという感情は興奮と結びつきやすいです。普段から恥ずかしがり屋な性格をしている女性であれば、セックスのときにも恥ずかしいという感情を持ちます。恥ずかしいという感情は興奮と結びつき、どんどんおまんこを濡らす要素となります。

濡れやすい女性の特徴 (2)羞恥心が取り除ける

恥ずかしいと思っているということは、我慢している感情があるということです。セックスのときに「こんなことをされると恥ずかしい」、「このようにして欲しいけど恥ずかしくて言えない」など恥ずかしさから、我慢している部分があります。セックスのときにこの我慢をうまく解放してあげると、女性はセックスの気持ちよさに身を委ねることができるようになります。

セックスの快楽に素直になれることで感じやすい状況になり、すぐ濡れるおまんこに変化する可能性があります。

濡れやすい女性の特徴 (3)没頭できる

趣味や仕事など好きなことになると周囲が見えなくなるほど集中する女性は濡れやすい体質の可能性を秘めています。セックスの最中には、恥ずかしいと思うタイミングが多々あります。それはパートナーに見られているから起こる感情です。

しかし、何かに没頭できるタイプの女性は、周囲が見えなくなることがあります。もし、セックスに集中して、パートナーに見られていることを忘れてしまえるのであれば、快楽のみに集中することができます。快楽に集中すると感度が上がり、感じやすい体になります。

濡れやすい女性の特徴 (4)水をよく飲む

水をたくさん飲むと、汗や尿などの体液が出やすくなります。これは愛液でも同様です。愛液も水分が不足していると、分泌されにくくなってしまいます。なので、普段からよく水分を摂る女性は、体に多くの水分を蓄えている可能性があり、濡れやすいおまんこをしている可能性があります。


◆関連記事:キスのテクニックを磨きましょう!

キスで濡れるのってどんな時?女性が濡れるとろけるキスの仕方!

濡れやすい女性の特徴 (5)紅茶を飲む

水分を摂るときに紅茶を好んで飲んでいるのであれば、さらに濡れやすい体になっている可能性があります。紅茶には体に良い成分もいろいろと含まれています。その成分の中には感じやすい体質を作ったり、濡れやすい体質を作ったりしてくれる成分もあります。

例えば、ジャスミンティーには興奮作用があります。興奮作用を起こす成分が少量でも、日常的に飲んでいれば蓄積されていきます。興奮しやすい体が作られていれば、セックスのときに興奮のスイッチが入りやすくなり、すぐ濡れる、感じやすい体になります。

濡れやすい女性の特徴 (6)お酒好き

お酒に酔うと、エッチな気分になってしまう女性は多いです。お酒による失敗を経験している女性も多いです。アルコールには理性を無くす効果があります。また、それだけではなく、アルコールは血流の促進させます。当然、女性器周辺の血流も良くなります。血流が良くなると、感度も良くなります。

濡れやすい女性の特徴 (7)健康的

体調が悪いと、濡れにくい体になってしまいます。そもそも体調が悪ければ、セックスをしようという制欲すらわかないはずです。逆に言うと、健康的な体であれば、しっかりと子供を作る準備が体の中で行われているということです。また、規則正しい生活はホルモンの分泌を促してくれます。これら健康的な体は濡れやすい体質を作ってくれます。

濡れやすい女性の特徴 (8)セックス慣れしている

セックスに慣れている女性は、どのようにしてもらうと気持ち良いか、自分で良くわかっています。また、パートナーもその女性とのセックスに慣れていれば、どのようにされると気持ち良いと思ってくれるかを理解しています。つまり、お互いがセックスに慣れていると、気持ち良いポイントがわかっているので、すぐ濡れる状況を作ることができます。

濡れやすい女性の特徴 (9)セックス好き

単純にセックス好きの女性は感じやすく、すぐ濡れる体質をしている可能性は高いです。もしも、濡れにくい体質であれば、セックスのときに痛い思いを何度もしているはずです。感じやすい体質であるからこそ、セックスの快感を味わいやすく、癖になっている可能性があります。

濡れやすい女性の特徴 (10)排卵日の前後

これは体質ではなく、女性が濡れやすいサイクルになります。特に、排卵日の5日前後は濡れやすいです。排卵日の前後は、いわゆる危険日です。女性も生き物なので、本能的に子供ができやすいときには、さらに子供ができやすいように体の環境を寄せていきます。子供ができやすいようにする体の反応の1つに濡れやすくなることも含まれています。

濡れやすい女性の特徴 (11)手が潤っている

常に手が潤っている女性は、すぐ濡れる体質である可能性があります。チェックするタイミングは手を洗ったり、ハンドクリームなど塗ったりしていない状況のときです。このようなケアをする前から手に潤いがある女性は、女性ホルモンが多く分泌されています。女性ホルモンが分泌されていると、濡れやすい体質になりやすいです。

濡れやすい女性の特徴 (12)運動している

先に述べた通り、健康的な女性は濡れやすい体質になりやすいです。健康的な体を作るためにはいくつか方法があります。その方法の中には運動も入っています。運動をすれば代謝が良くなります。代謝が良くなると、感度も良くなります。なので、健康のために、生活リズムを作って、毎朝ウォーキングや、ジョギングなどをしている女性は濡れやすい可能性があります。

濡れやすい女性の特徴 (13)卵料理が好き

卵には性欲を上げる亜鉛が含まれています。亜鉛と言えば牡蠣ですが、牡蠣は日常的に食べる人か少ないです。しかし、卵であれば毎日のように食べ続けることができます。卵料理を頻繁に食べることで、性欲が少しずつ強くなっていきます。性欲を満たすためにはその欲求を満たさないといけません。性欲が満たされるために、感度が上がったり、濡れやすくなったりします。

濡れやすい女性の特徴 (14)欲求不満

性欲が強い女性が欲求不満になってくると、セックスへの欲求が強くなっていきます。オナニーなどで性欲を抑えようとしても、やはりセックスほど満たされることはありません。そのような欲求不満である女性がセックスできるとなると、我慢していた感情が溢れ出します。我慢していた分、快楽に集中することができ、濡れやすい状態になっています。

濡れやすい女性の特徴 (15)好奇心が強い

好奇心が強い女性がセックスに対して興味を持つと、いろいろなセックスを試したくなります。いろいろなプレイを楽しみながらするので、セックスのマンネリ化が起こりにくく、女性の体もセックスを受け入れているので、濡れやすくなっています。

セックスは楽しむことが大事

セックスのときに濡れにくい体質であることを悩む女性もいます。しかし、セックスはお互いの愛情を確認し合うための大切な行為です。パートナーは濡れない体質のことも理解してくれています。また、濡れにくいことによってセックスの内容も配慮してくれます。セックスによる快楽も大事ですが、その優しさも感じるようにしましょう。

もっとセックスについて知りたいアナタはこちら

優しいセックスをする男性の見抜き方7選!エッチ中の行動の特徴とは?
女友達とセックスする方法と注意点まとめ!簡単にセフレにできる!
オーラルセックスは好き?しない理由とは?男女別に本音を調査!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ