タレ目メイクはアイラインで決める!つけまなしでナチュラルに!

みなさん奥二重や一重できつく見られることはありませんか? 今回はつけまなしで、タレ目にみせるアイラインの引き方やメイク方法を紹介します。 アイラインの引き方やメイクのやり方ひとつでタレ目に見せることができますのでご参考にしてみてください。

タレ目メイクはアイラインで決める!つけまなしでナチュラルに!のイメージ

目次

  1. 【タレ目×メイク×アイライン】初めに
  2. 【タレ目×メイク×アイライン】印象
  3. 【タレ目×メイク×アイライン】方法
  4. 【タレ目×メイク×アイライン】引き方
  5. 【タレ目×メイク×アイライン】影
  6. 【タレ目×メイク×アイライン】涙袋
  7. 【タレ目×メイク×アイライン】一重
  8. 【タレ目×メイク×アイライン】奥二重
  9. 【タレ目×メイク×アイライン】マッサージ
  10. 【タレ目×メイク×アイライン】最後に

【タレ目×メイク×アイライン】初めに

みなさんはいつもアイメイクは、どのようにしていますか???
つり目で悩んでいたりしませんか???
実は、アイメイクだけでもタレ目に見せることができます。
今回はそんな方のために、つけまなしでタレ目に見せたい場合のアイメイクの方法をご紹介していきたいと思います。

【関連記事】タレ目について気になるあなたはこちら!

タレ目にする方法!マッサージやメイクでつり目をタレ目に!

【タレ目×メイク×アイライン】印象

周りに与える印象

みなさんが思うタレ目の人が周りに与える印象とは何でしょうか。
タレ目の人の場合は、おっとりしていたり優しいという印象を与えていませんか??
そのほかにも男性からすれば、可愛らしいや守ってあげたい、小動物のようなどの雰囲気を与えます。
逆につり目の場合は、性格がきつく見えてしまったり冷たい印象や、しっかしりている、自立しているというイメージを与えてしまいます。
そういうイメージを与えるのが大丈夫だと思える人と、そんな性格じゃないのに違った印象を与えるのが嫌だと考えている人もいます。

【タレ目×メイク×アイライン】方法

タレ目に見せる方法

さきほどは、タレ目やつり目が与える印象についてご紹介しました。
次は、タレ目に見せる方法をご紹介します。
簡単にタレ目に方法は、アイメイクを変えることです。
アイメイクのやり方をいつもと違うやり方ですることで、タレ目に見せることができます。
アイメイクでタレ目に見せるというと、つけまつげでタレ目に見せる方法もあります。
しかし、今回はつけまなしでタレ目に見せるアイメイクの方法をご紹介していきたいと思います。

【タレ目×メイク×アイライン】引き方

アイラインの引き方

タレ目に見せるアイラインの引き方をご紹介します

【用意するもの】
・ブラウンの筆タイプのアイライナー
・ブラウンのペンシルタイプのアイライナー

①まず初めに、ペンシルタイプのアイライナーで目の粘膜とまつ毛の間を埋めていきます。
※アイライナーはブラックでもいいのですが、ブラックだときつい印象になってしまいます。
今回はつけまなしで、やさしくて可愛らしい印象にしたいのでブラックよりもブラウンを使いましょう。

②次に、筆タイプのブラウンカラーのアイライナーでアイラインを引いていきます。
アイラインの引くやり方は、目尻の端から少し下に向かってアイラインを引きます。
※この時のコツは、目頭のラインをまっすぐ引いてきた延長線上に、アイラインの端が来るように描きます。

③目尻のアイラインが引けたら次は、目尻の端の部分まで瞳の上の部分から筆タイプのアイライナーでつなげます。
※このとき、一番端の部分のアイラインが太くならないように気をつけてください。

④瞳の上から、端までアイラインが繋げれたら今度は瞳の上から目頭側にさきほど描いたアイラインを馴染ませます。


アイラインを目頭から目尻側につないだ延長線上に、アイラインの端を持ってくるこのやり方でタレ目に見せることができます。
奥二重でも一重でもこのやり方で、タレ目に見せることができます。

【タレ目×メイク×アイライン】影

タレ目に見せるアイシャドウの塗り方

さきほどはタレ目に見せるアイラインの方法についてご説明しました。
つぎは、タレ目に見せることができるアイシャドウのやり方をご紹介していきたいと思います。


【用意するもの】
・ブラウン系のアイシャドウ(2、3色)

①まず初めに、アイホール全体に一番薄いブラウン系のアイシャドウを乗せます。
※このときに、ラメの細かいアイシャドウを使うことをおすすめします。
あまりラメが大きすぎると、変に目立ってしまいますので注意しましょう。

②次に、2番目に薄い色のブラウン系のアイシャドウを二重の幅にのせます。
※このとき、濃くアイシャドウを乗せるのではなくぼかすようにアイシャドウを乗せましょう。

③つづけて、2番目に薄い色のブラウン系のアイシャドウを、下まぶたにのせるのですが、目尻から目の1/3の部分までアイシャドウを乗せます。
※こうすることで、目の下に陰影をつけることができ、タレ目に見せることができます。

④目尻のアイシャドウの一番端のところに、一番濃い色のブラウン系のアイシャドウを乗せます。
アイシャドウを乗せる部分は、下まぶたの目の1/4ほどの部分までのせます。
※さきほどつけた影をより自然に見せるため、2色のアイシャドウを使います。

【タレ目×メイク×アイライン】涙袋

涙袋

さきほどはアイラインとアイシャドウで、タレ目に見せるやり方をご紹介しました。
つぎは涙袋の作り方です。
涙袋には、目をいまよりもナチュラルに大きく見せる効果があります。
目を大きく見せることで、目の下の部分が広がりナチュラルなタレ目に見せることも可能です。

【用意するもの】
・薄い色のシャドウ
・綿棒
・ハイライト

①まずはじめに、薄い色のアイシャドウやシャドウで涙袋の影を描いていきます。
涙袋の影は笑った時に、影ができるはずです。
影ができない場合は、頬を少し持ち上げると目の下にシワができるのでそこを目安にしましょう。

②目の下に影がかけたらその影を綿棒や、アイシャドウのチップなどでぼかしていきます。
初めに描いたラインをぼかすことでより自然でナチュラルな涙袋に見せることができます。

③涙袋の陰影をつけるために、描いた影の上、つまり涙袋のぷっくりしている部分にハイライトを乗せます。
※このとき、ハイライトのラメは少ないものを選ぶようにしてください。
そうすることで、粗いラメのハイライトよりもナチュラルな涙袋に見せることができます。




【関連記事】涙袋についてもっと気になるあなたはこちら!

涙袋はテープ・絆創膏で作れる!やり方完全解説

【タレ目×メイク×アイライン】一重

一重の場合は、二重や奥二重よりもつり目だと余計にきつく見られてしまう場合が多いです。
また、二重のように二重幅がないので、自分で二重の幅を作る必要があります。
二重の幅はアイシャドウで疑似的に作ることもできますし、アイラインの引き方でダブルラインというものがあります。
ダブルラインは、アイラインを2本引いて二重の幅があるように見せるやり方です。
ダブルラインやアイシャドウで
二重幅をナチュラルに見せたい場合は、ぼかしたりしながらメイクをするとナチュラルに見せることができます。

【タレ目×メイク×アイライン】奥二重

奥二重の場合は、一重のように自由に二重幅を作ることは難しいです。
なので、メイクは二重の場合の同じようなタレ目メイクをしましょう。
まぶたが重いと感じる場合は、暖色系のアイシャドウはさけて寒色系のアイシャドウを使うなど、なるべく腫れぼったく見えないように工夫してみてください。
赤やピンクなどの暖色は肌を膨張させて見せてしまいますので、余計に腫れぼったく見せてしまいます。

普段からまぶたをマッサージするなどして、奥二重のまぶたのむくみを取り除いてあげることも重要です。

【タレ目×メイク×アイライン】マッサージ

今回はメイクによってタレ目に見せる方法をご紹介しました。
しかし今回紹介したもの以外にもマッサージなどでタレ目にする方法もあります。
マッサージをすることによって、一重や二重のまぶたをすっきり見せることもできますし、目尻の位置をいまよりも下にすることもできます。
根本的に、つり目を治したい場合はマッサージなどの方法がおすすめです。

【タレ目×メイク×アイライン】最後に

いかがでしたでしょうか。
こんなは、つけまなしでのナチュラルにタレ目に見せるやり方をご紹介してきました。
二重の場合は比較的簡単にタレ目に見せることができますが、一重や奥二重の場合は二重の場合よりもすこし難しいです。
ダブルラインやアイシャドウで疑似的に、二重幅を作る方法もあります。
そういうようなメイクを加えることで、二重の場合のメイクと近づけることができます。
一重や奥二重の場合は、重たいまぶたが余計に目の印象をきつく見せている場合があります。
なので、そういう時は二重幅を自分で作ってみてはどうでしょうか。

今回は、つけまなしでのナチュラルメイクをご紹介しています。
つけまつげを使えば簡単に目尻の位置を下に見せることができます。
しかし、つけまつげは取れてしまう危険性がありますし、すこしメイクが濃い印象があります。
なので、大人になるにつれてつけまなしのナチュラルメイクをする方が増えてきています。
また、つけまつげはTPOを選んでしまいます。
つけまなしのナチュラルメイクなら、場所を選ばずにずっとメイクし続けることができますよ。
やはり、つり目だと印象がきつく見られたり怖いというイメージを与えてしまうのが嫌な人もいます。
そういう場合に便利なのが今回ご紹介した、タレ目に見せるナチュラルメイクです。

【関連記事】目のメイクに関して気になるあなたはこちら!

ダブルラインメイク!引き方・書き方を一重、二重別に解説します!
キャンメイクのまつげ美容液口コミ・効果・副作用!正しい使い方は?
アイプチとアイシャドウの順番は?メイクでアイプチをより綺麗に!
ハーフ顔メイクのやり方!カラコンやアイシャドウ・眉毛で外人風に!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ