まつげパーマのもちはお手入れでよくなる!メリット・デメリットは?

毎朝ビューラーでまつげをカールするのが面倒だと言う人にとても便利なまつげパーマ。でも、まつげパーマはもちが悪いからと敬遠している人も多いはずです。そんな人にお勧めな美容液とお手入れ方法を大紹介!一気にまつげパーマのもちが良くなります☆

まつげパーマのもちはお手入れでよくなる!メリット・デメリットは?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】まつげパーマとは?
  2. まつげパーマのもちと魅力① 手入れが楽
  3. まつげパーマのもちと魅力② 悩みを解決
  4. まつげパーマのもちと魅力③ 短くてもOK
  5. まつげパーマのもちと魅力④ 目をパッチリと
  6. まつげパーマのもちと魅力⑤ メイクが取れてもOK
  7. まつげパーマのもちと魅力⑥ デカ目効果
  8. まつげパーマのもちと魅力⑦ コンタクトも楽チン
  9. まつげパーマのもちと魅力⑧ 涙で濡れてもOK
  10. まつげパーマのもちと魅力⑨ 価格もお手ごろ
  11. まつげパーマの基礎知識① サロンでの施術がおススメ
  12. まつげパーマの基礎知識② もちについて
  13. まつげパーマの基礎知識③ ロット式とビューラー式
  14. まつげパーマの基礎知識④ 自分でも出来る
  15. まつげパーマのデメリット① アレルギーの人もいる
  16. まつげパーマのデメリット② 刺激に注意
  17. まつげパーマのデメリット③ まつげの痛み
  18. まつげパーマのデメリット④ 不揃いになる時も
  19. まつ毛パーマを長もちさせるコツ① 大切に扱う
  20. まつ毛パーマを長もちさせるコツ② ノンビューラー
  21. まつ毛パーマを長もちさせるコツ③ 擦らない
  22. まつ毛パーマを長もちさせるコツ④ クレンジング法
  23. まつ毛パーマを長もちさせるコツ⑤ 美容液
  24. まつ毛パーマを長もちさせるコツ⑥ マスカラ下地
  25. まつ毛パーマを長もちさせるコツ⑦ マスカラを選ぶ
  26. まつ毛パーマを長もちさせるコツ⑧ 抜け毛予防
  27. まつ毛パーマを長もちさせるコツ⑨ マッサージ
  28. まつ毛パーマを長もちさせるコツ⑩ マッサージ2
  29. 【まとめ】まつげパーマで明るい明日を!

【はじめに】まつげパーマとは?

まつげパーマと聞いて、「えっ?まつげにパーマをかけちゃうの?」と驚いた方もいたかもしれません。

まつげパーマとは、文字通り専用のロットやビューラーを使ってまつげにパーマをかけることで、面倒なビューラーでのカールをする手間が省け、長い間、くるんとした魅力的なまつげを維持できるというものです。

どんな化粧品を使ってもデカ目にならないとお悩みの人には、とてもメリットの多い方法です。

まつげパーマのもちと魅力① 手入れが楽

まつげパーマの魅力は、朝のお手入れ時にまつげをカールする手間が省けるうえに、まつげが綺麗に見えると言うことです。

その上、毎朝のビューラーでまつげを痛めることがないので、お手入れ次第では自分のまつげをとても綺麗に保つことが出来ます。

まつげパーマのもちと魅力② 悩みを解決

どんな化粧品を使っても、まつげのボリュームを出すのは大変です。まつげが長い人、またボリュームが多い人というのは、まつげの短い人から見たら本当に理想的で羨ましいですよね。

ところが、そんなまつげが長くてボリュームが多い人にも、逆にお手入れの際にビューラーで上がりにくいという悩みがあるようです。

マスカラを何度も重ね付けし、ホットビューラーを使って上にあげようと頑張っている人も多いようですね。

でも、このホットビューラーも使い方を間違うと、まつげが焦げたり、瞼や目を火傷したりと思わぬケガをするというデメリットがあります。(目に入った時の痛さと言ったら……下手をすると眼帯をして出かける羽目になります。)また、熱刺激で、まつげが不必要に抜けてしまうデメリットもあります。

まつげパーマのもちと魅力③ 短くてもOK

逆にまつげが短すぎても、ビューラーで上手に上にあげるのは結構大変です。いくら頑張っても上手くいかず、まつげが綺麗に見えず、がっかりすることも……。

そんな人にはまつげパーマがお勧めです。毎朝ビューラーとの格闘をしなくても済み、お手入れが楽という大きなメリットがあります。

まつげパーマのもちと魅力④ 目をパッチリと

まつげは瞼の形にも影響を受けます。瞼が一重で下に下がり気味だと、どんなに長くて綺麗なまつげでも、下を向いてしまいます。瞼がむくみやすい人だと、逆にまつげが目の中に向かって生えてしまう『逆さまつ毛』なんていうのもあるぐらいです。

二重でスッキリとした上向きのまつげ……憧れますが、どんな化粧品を使っても、中々そう簡単には行きませんよね。

そういうまつげが下を向きやすい瞼の人にもまつげパーマはお勧めです。

自分の力ではなく、専門のスタッフが上手にまるげをカールしてくれますので、まつげが目に入って苦労する事もなく、スッキリとした印象の瞳になれるメリットがあります。アイプチなどの化粧品を使ったり、二重まぶたの手術をしなくても、目が一回り大きく見えます。

まつげパーマのもちと魅力⑤ メイクが取れてもOK

まつげパーマは、良く汗をかき、どんな化粧品を使っても化粧崩れのしやすい人、スポーツなどをされて、化粧が取れてすっぴんになってしまうような人にお勧めです。

「目は口ほどにものを言う」とも言いますが、それほど目は多くの事を語ります。たくさんの化粧品を使ってアイメイクに時間をかけるのは、目の印象ひとつで、顔全体の印象が大きく左右されてしまうからなのです。

まつげパーマは、まつげのカールがずっと続いているので、それだけでアイメイクをしたように見えるというメリットがあります。化粧崩れのしやすい人、汗をかく人にはお勧めです。


■参考記事:すっぴん美人になるには?

すっぴん美人になる方法!スキンケアが大事!NGなことは?

まつげパーマのもちと魅力⑥ デカ目効果

まつげパーマをしていると、それだけで瞳が自然とパッチリとし、デカ目効果があります。

化粧をしていないすっぴんでも、デカ目効果で顔が明るく見え、ナチュラルメイクをしているような印象になります。そういう意味では、化粧品代の節約にもなります。

まつげパーマのもちと魅力⑦ コンタクトも楽チン

加えてお勧めなのが、コンタクトレンズを使っている人です。
最近では目の悪い人だけではなく、お洒落として化粧品感覚でコンタクトレンズを使用する人が増えました。そんな時にまつげパーマをしていると、コンタクトレンズを装着しやすいので、とても便利です。

まつげが下を向いているままコンタクトレンズを付けようとすると、まつげが邪魔をしてコンタクトレンズが上手く入りません。

何度も入れ直しているうちに、せっかく化粧した顔が涙でグチャグチャになってしまうというデメリットも……。

まつげパーマをしていると、まつげがいつも上を向いているので、邪魔にならずにコンタクトレンズの装着が出来ると言うメリットがあります。

目が悪く、メガネの代わりに毎日コンタクトを使っている人は、特にその便利さを痛感するはずです。朝のお手入れにかかる時間が短くなり、マスカラをしなくても目がぱっちりとするので、時間の節約と同時に、化粧品の節約にもつながります。

まつげパーマのもちと魅力⑧ 涙で濡れてもOK

まつげのお洒落として最近増えているのがまつげのエクステです。自分のまつげよりも本数が増えるので、ボリュームが出てデカ目効果バツグンです。

まつげエクステは、化粧品のように自分の好きなタイプのまつげを選べ、好きなだけの本数を付けられるので、モデル並みの長く印象強いまつげになる事ができます。

しかし、まつげエクステの場合は、そのお手入れが大変です。

目元に手で触れてしまうとエクステがずれたり、取れてしまったり、酷い時には自分のまつげと一緒に抜け落ちるなんて悲惨な事態にもなりかねません。

まつげエクステの場合は、顔のお手入れをする際に、取れないように常に気を付けなければならない点が、大きなデメリットです。

寝起きの時とか、アレルギーが出た時とか、気分の変化で泣いたりした後などは、どうしても目元が涙で濡れてしまいますし、痒くもなりがちです。でも、そんな時まつげエクステは目元に触れることが出来ないのです。……これ、日常的に気を付けていなければならないので、意外にストレスなんですね。

ですが、まつげパーマなら目元にいくら触れても構いません。日常生活をする上で、時に大きく気を使う必要がないのです。私などは寝起きの際に必ず目を擦ってしまうので、まつげエクステは無理だなぁと思いました。

■参考記事:マツエクのメリットとデメリットをチェック!

マツエク(まつげエクステ)のメリット・デメリットを解説!

まつげパーマのもちと魅力⑨ 価格もお手ごろ

また、まつげエクステは、2週間~1カ月毎にサロンに通ってお手入れをしなければなりません。お値段も5,000円~10,000円と高価ですが、まつげパーマならカールが1ヶ月半以上もちます。代金も一回1,500円~3,000円と安価です。お手入れのためにサロンに行く回数も少ない上に、かなりお得ですよね。

まつげエクステの場合は、人口的に作られたまつげを自分のまつげに付けなければならりません。よく付けまつげを付けると、瞼の上が重く感じるようですが、まつげエクステもそれと同様です。

付けまつげは毎日のお手入れに、エクステ以上の時間がかかります。まつげにかかる負担も大きいので、いくら美容液を付けて毎日お手入れをしても、抜け毛や切れ毛は防げません。

まつげエクステの場合も接着剤が強すぎて、取る際に自分のまつげが一緒にぬけてしまう等のデメリットが多いようです。以前は長期でまつげエクステを使用している人のまつげにカビが生えた……なんていう話もあったほどです。

お手入れの手軽さや値段、衛生面から見ても、やはりまつげパーマの方がお得で気軽に出来ると言うメリットがあります。

まつげパーマのデメリットは、あくまでも自分の毛なので、ボリュームが決まっているということです。カールが常にかかっているのでデカ目効果はありますが、量は盛れません。

しかし、化粧品を選び、美容液や繊維入りのマスカラ下地を使用することで、多少は量を増やすことも可能です。

まつげパーマの基礎知識① サロンでの施術がおススメ

最近はまつげパーマを自宅でできるキットなども販売されていますが、時間がかかるうえに上手くカールが出来ないため、あまり浸透はしていないようです。

やはり基本は美容院やエステサロンなどでまつげパーマをかけてもらうほうが、綺麗なカール状態にする事が出来ます。

まつげパーマの金額はサロンによって大きく違いますが、大体2000円~10000円ぐらいです。
1回の施術で1ヵ月から1カ月半もちますので、それを高いと思うかどうかは個人によって違うと思います。

高価な化粧品と比べ、この金額で1ヵ月以上綺麗なカールを維持できるのなら、安いと思えるのではないでしょうか?

まつげパーマの基礎知識② もちについて

まつげパーマは、髪にパーマをかけた時にもちが良い・悪いがあるのと同様に、もちが良い方と悪い方がいます。個人のまつげの質によるものだと言われますが、中にはまつげパーマの液の種類が違うことで、もちが違うとも言われています。

サロンの方によれば、「まつげに優しい高い液を使用してるので、カールのもちが普通よりも少しばかり短いかもしれません」という説明をされる場合もありますが、その場合、まつげパーマをかける回数が増えると言う事ですから、まつげへの負担はあまり変わらないような気もしますね。

まつげパーマの基礎知識③ ロット式とビューラー式

まつげパーマには、その人の目の形やまつげの癖に合わせ、ロットを選んで巻く「ロット式」と、ビューラーで挟んでカールをする「ビューラー式」があります。

まつげのカールに角度を付け、思いっきり上にあげ、デカ目効果を狙いたい人には「ロット式」がお勧めです。少し時間がかかるのと、料金がビューラー式より少しだけ割高になります。(ただ、施術者が下手だと、思ったように上がらない事もありますので、事前のリサーチが必要です。)

そこまでデカ目にしなくても、メイクが楽に出来ればいいという人にはビューラー式がお勧めです。こちらはかなり手軽にできます。

まつげパーマの基礎知識④ 自分でも出来る

前にも少し触れましたが、まつげパーマは、専用のキットを使えば自分でも出来ます。コツは自分に合った太さのロットを見つける事です。最初は中々上手くいかないようですが、何度か挑戦しているとサロンと変わらないパーマをかける事が出来ます。サロンに行く時間がないと言う方にはお勧めです。

まつげパーマのデメリット① アレルギーの人もいる

まつげパーマはとても便利なものですが、気を付けなければ後で色々と困る事も……。そんなまつげパーマのデメリットについてお話しておきましょう。

まず、以前美容院でパーマをしたらかぶれたとか、髪を染めたら皮膚が真っ赤になったり、痒くなったという人は、パーマ液のアレルギーがある可能性があります。

アレルギーの原因になるのは主にシステアミンやシスチオ、チオグリコールなどですが、少しでも心配のある人は、パーマをかける前にパッチテストをするのが一番安全です。

万が一アレルギーが出てしまうと、場所が目だけに大変なことになってしまいます。しばらくはメイクも出来ず、外に出るのも恥ずかしいぐらいに腫れてしまうと言う、恐ろしいデメリットもありますので、ご注意ください。

まつげパーマのデメリット② 刺激に注意

アレルギー絡みで言うと、目がかゆい時とか、花粉症などのアレルギー症状が出ている時はまつげパーマの施術はお勧めしません。

目や瞼が炎症を起こしている時は、普段は大丈夫でもまつげパーマをすることでアレルギー症状が強く出てしまう事があります。特に目に入ってしまうと、目そのものを傷つけてしまいますので気をつけましょう。

まつげパーマのデメリット③ まつげの痛み

まつげパーマというだけあって、当然パーマをかけるためにパーマ液を使いますから、まつげ自体が痛むというデメリットがあります。

もちろん、まつげエクステや付けまつげよりはそれでもダメージが少ないですが、安いサロンなどは短時間で数多くの人に施術をするため、強いパーマ液を使用していることもあります。

パーマ液によっては、まつげに強いダメージを与えてしまうこともありますので、事前にサロンの口コミなどをチェックしておくことも大事です。

まつげパーマのデメリット④ 不揃いになる時も

まつげパーマをかけた後3週間から1ヵ月経つと、新しいまつげが生えてきます。すると、パーマの部分はまだカールが残っているのに、新しく生えてきたまつげは真っ直ぐなままですから、まつげがバラバラになってしまいます。

極端にカールをきつくしすぎると、定期的にまつげパーマをかけ続けないと逆にまつげがバラついてみっともなく見えてしまうのが、まつげパーマのデメリットでもあります。カールをする際は後の事も考えてからしましょうね。

まつ毛パーマを長もちさせるコツ① 大切に扱う

実は、まつげパーマは手入れの方法次第で半月から1ヵ月、カールのもちが違うということをご存知でしたか?

せっかくなら長持ちさせたいですよね。

まつげパーマを長持ちさせる秘訣は、ズバリ!まつげのケアをしっかり行い、『自分のまつげを大事に扱う』ことです。

パーマ液を使用しているので、髪と同じで乱暴に扱うと切れたり抜けたりして、パーマ自体も長持ちしません。

まつ毛パーマを長もちさせるコツ② ノンビューラー

まつげパーマは既にパーマがかかっている状態ですから、ビューラーをかける必要はありません。しかし、どうしても日頃の習慣でビューラーを使ってしまう人もいるでしょう。

でも、その行為はまつげパーマには逆効果です。まつげを痛めてしまう原因になりますので、控えるようにしましょう。

まつ毛パーマを長もちさせるコツ③ 擦らない

普段からついつい癖で目を擦ってしまう人は気を付けて下さい。目を強く擦りすぎるとまつげを痛めてしまったり、パーマのカールを弱める原因になります。

まつ毛パーマを長もちさせるコツ④ クレンジング法

メイクを落とす際にクレンジングでゴシゴシ擦りすぎるのも良くありません。クレンジングは目を閉じた状態で染み込ませると、ちゃんと浸透して落ちやすくなります。まつげへのダメージを少なくするためにも気を付けましょう。

クレンジングはまつげへの負担が少ないリキッドタイプがお勧めです。

まつ毛パーマを長もちさせるコツ⑤ 美容液

普段お顔のお手入れをするのと同様に、まつげもお手入れをしてあげましょう。お手入れは、マスカラタイプのトリートメントやまつげ専用の美容液がお勧めです。

美容液はまつげのダメージを補修し、強くしてくれます。

中には育毛効果のあるまつげ専用美容液もあります。こちらは少し割高になりますが、付け続けるとまつげが長く濃くなってくる美容液もあると口コミで評判です。

まつげの美容液は、今現在の自分のまつげをケアして、保湿しながら血行を良くしてくれるというものです。これから生えてくるまつげの生育を支え、丈夫なまつげが生えてくる手助けをしてくれます。

数ある化粧品の中から効果的なまつげ美容液を選ぶ時は、その中の成分に注目して選ぶことをお勧めします。

まつげにハリやコシを出すための美容液成分としては、センブリエキス、パンテノール、機能性ペプチド、オタネニンジン根エキスなどがあります。

まつげそのものを保湿し、しっとりとした潤いを与える美容液成分としては、コラーゲンにヒアルロン酸、アミノ酸にグリコシル、トレハロースやアロエベラなどがあります。

まつげのカールが落ちやすい人はハリやコシを出すための美容液を、カールは残っていてもパサパサとしていて切れやすい人は、保湿成分の入った美容液を選ぶのがお勧めです。

まつ毛パーマを長もちさせるコツ⑥ マスカラ下地

せっかくまつげパーマをかけたから、マスカラを付けてもっとデカ目効果を狙いたい!と言う時もありますよね。そんな時は、マスカラを付ける前にマスカラ下地を付けることをお勧めします。

最近では、美容液効果のあるマスカラ下地も出ていて、マスカラのもちが良いと評判です。

マスカラ下地は、まつげをコーティングしてくれるので、マスカラによるまつげへのダメージを防いでくれるのと同時に、マスカラを落とす際も落としやすくなります。

最近はマスカラ下地に繊維が含まれていて、マスカラをするとまつげが長く見える効果の下地も出ていますので、デカ目効果を狙うなら、是非トライしてみたいですね。

まつ毛パーマを長もちさせるコツ⑦ マスカラを選ぶ

まつげパーマをしている人がマスカラを使用したい場合は、数ある化粧品の中からどのようなマスカラを選んだら良いのか、悩んでしまいますよね。

そんな人にお勧めのマスカラは、ズバリ!「フィルムタイプマスカラ」です!

涙や水に強いフォータープルーフタイプのマスカラが良いと思っている人もいるかもしれませんが、実はこのウォータープルーフマスカラには水に強い代わりに専用のリムーバーでないと落ちにくいという大きなデメリットがあります。もちろん、まつげへの負担も大きく、クレンジングの際に抜け落ちることもしばしば……。

そこで、ウォータープルーフマスカラに変わって登場したのがフィルムタイプマスカラです。フィルムタイプマスカラは水に強いのに、お湯には落ちやすいという特性があるので、まつげへの負担も少なく簡単に落とすことが出来ます。

■参考記事:マスカラコームでボリュームアップ!

マスカラコームおすすめ11選と使い方を完全解説!【必見】

まつ毛パーマを長もちさせるコツ⑧ 抜け毛予防

若い頃はフサフサとしていたまつげも、30歳を過ぎた頃から、年齢とともにまつげが薄く少なくなってきたという方も少なくありません。

それは髪の毛と同じで、年齢と供に減少する女性ホルモンの影響があります。女性の髪の毛は女性ホルモンのエストロゲンの影響を強く受けていますが、まつげも髪の毛と同様に年齢とともに少なくなったり、薄くてボリュームがなくなってきたりします。

早いうちからしっかりまつげにも美容液を使い、まつげが薄くなることを予防していく事が大切です。

まつ毛パーマを長もちさせるコツ⑨ マッサージ

まつげが薄くなる原因は、目の周りの血行にも関係があります。目の周囲の血行が悪くなることで、まつげがしっかりと育つための栄養が十分に目元に行き渡らなくなるためです。

もちろん、まつげパーマで綺麗にカールがかかったまつげも、目元の血行が悪くなるとすぐに抜け落ちてしまいます。

そんな時、お顔のお手入れと同時に、目元のお手入れもしっかりとしましょう。

顔や目元のマッサージをしっかりとしてあげると、まつげの抜けを防止し、生育を助けてくれます。さらにマッサージは目元や瞼のむくみも取ってくれるため、目がパッチリとして大きく見えるというメリットもあります。

顔をマッサージするする際のクリームは美容液成分の多いものを使用すると、目の周りの保湿を促して、目元のシワの予防にもなりますのでお勧めです。

まつ毛パーマを長もちさせるコツ⑩ マッサージ2

また、最近は自分でお手入れするよりも簡単な、目元マッサージ専用の機械も発売されています。実はコレ……すんごく気持ちいいんですよ!

スチームやめりはりのあるマッサージでじんわりと目元をほぐしてくれますので、ついついウトウトとしてしまいます。
どんな高価な化粧品を使っても、この気持ち良さには敵わないかと……。

個人的なお勧めは、目元美容液をたっぷりと付けた後にこのマッサージをすることです。目の周りのクマも取れ、まつげもいつの間にか増えた気がします。

【まとめ】まつげパーマで明るい明日を!

瞳の大きさはその人の印象を大きく変えてしまいます。まつげが下を向いているだけで、目を伏せているような印象になりがちです。

まつげパーマをするだけで、高価な化粧品でメイクをするよりもぐっと表情が明るくなり、印象が良くなります。

「内気な自分を変えてみたい!」
「もっと自分に自信を持ちたい……」
「他人からの第一印象をアップしたい」

そんな想いがあっても、具体的にどうしたら良いのかと迷っている方も多いはずです。まつげパーマは、そんなあなたの一歩を踏み出すきっかけになるかもしれません。

まつげパーマで、瞳と一緒に明るい明日を過ごしてみませんか?

まつげパーマについてもっと情報を知りたいアナタに!

まつげパーマとマツエクはどっちがいいの?徹底解説!
キャンメイクのまつげ美容液口コミ・効果・副作用!正しい使い方は?
まつげパーマしたらマスカラ禁止?それともしていい?【必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ