涙袋メイクの書き方・作り方!アイシャドウで自然に作れる!

アイシャドウで涙袋メイクをしたいという人も多いでしょう。しかし作り方や書き方がいまいちわからないものです。どのような作り方や書き方をすれば、うまく涙袋を作れるようになるのでしょうか。そこで今回は、アイシャドウで涙袋メイクをするやり方を紹介していきます。

涙袋メイクの書き方・作り方!アイシャドウで自然に作れる!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】アイシャドウで涙袋を作りたい
  2. アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!メリットは?
  3. アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!目が大きく
  4. アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!女性らしさ
  5. アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!若々しさ
  6. アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!明るい印象
  7. アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!くまを利用
  8. アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!道具は?
  9. アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!暗めのシャドウ
  10. アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!明るめのシャドウ
  11. アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!チップとブラシ
  12. アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方を知ろう
  13. アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!外側
  14. アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!内側
  15. アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!綿棒
  16. アイシャドウで涙袋メイク!キャンメイクの涙袋メイク
  17. アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!一筆書き
  18. アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!影作り
  19. アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!方法は色々
  20. 【まとめ】アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方を学ぼう

【はじめに】アイシャドウで涙袋を作りたい

アイシャドウで涙袋を作りたいという人も多いでしょう。涙袋は誰にでもあるものではありません。なかには涙袋がないという人もたくさんいます。美人な女優みたいな涙袋が欲しいと思ってしまうものですが、整形するわけにもいかないため、涙袋を手に入れるためには、それなりの努力をしなければなりません。

涙袋がないという人が涙袋を手に入れることができる方法が一つだけあります。それは涙袋メイクをするということです。簡単に言えば、涙袋をメイクによって作り出していくということになるのですが、少し抵抗を覚える人もいるのではないでしょうか。

メイクで涙袋を作るとなると、どうしても自然な感じにはならないし、くまのように見えてしまうのではと思ってしまうからです。自然な涙袋と比べれば、メイクで作り出した涙袋は、確かに不自然といえるかもしれません。完璧に同じというようにはさすがにできないからです。

しかしそれでも涙袋メイクで自然な涙袋を作り出すことはできます。至近距離から見られたら、不自然だと思われてしまうかもしれませんが、日常生活で不自然さを見抜かれるほど、至近距離にこられることもないでしょう。日常生活の距離感であれば、自然な涙袋をメイクで作り出すことができるため、涙袋が欲しい人は、涙袋メイクで手に入れましょう。

アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!メリットは?

自然な涙袋を手に入れるためのメイクの方法を紹介していくわけですが、その前に、自然な涙袋を作り出すことにより、どのようなメリットがあるのかということを紹介していきたいと思います。

涙袋がない女性の中には、別に涙袋を欲しいと思わないという人もいるでしょう。もちろん、そのような考えであれば、無理に涙袋を作る必要もないのですが、自然な涙袋があれば、様々なメリットが得られます。涙袋は欲しくなくても、そのメリットは欲しいという女性も多いため、メイクの効果を知る意味でも、涙袋のメリットを知っていきましょう。

自然に涙袋があれば良いですが、涙袋もなければ、くまがあるという人もいるでしょう。そのような人は自然な涙袋を手に入れることで、様々なメリットがあります。これを知ることで、涙袋がどれだけ女性にとって大切なものなのかがわかるため、しっかり覚えておいてください。

ではさっそく、自然な涙袋をメイクで作り出すことにより発生するメリットを紹介していきたいと思います。

アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!目が大きく

アイシャドウで自然に見える涙袋メイクをするメリットとしては、目を大きく見せることができるというメリットがあります。

涙袋は目の下にあるふくらみですので、これは目とは別のものなのですが、実はここにふくらみがあることにり、目が大きく見えるという効果があります。目の下にふくらみがあると、目に立体感が生まれるものです。その結果、陰影がはっきりするようになるでしょう。

その結果、目が目立ち、目の大きさも大きく見えるようになるのです。しかしここで考えるのは、どれだけメイクで自然な涙袋を作ったとしても、結局2Dになってしまうため、立体感は出ないのではないかということでしょう。

しかし自然な涙袋メイクというものは、この立体感を2Dで表現するメイクのことを指します。つまり、アイシャドウなどで立体感があるような絵を書いて、自然な涙袋を浮き上がらせていくのです。そのため、このメリットもしっかり得られるようになります。

アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!女性らしさ

アイシャドウで涙袋メイクをすることで発生するメリットとしては、女性らしさを手に入れられるというメリットもあります。

自然な涙袋を様々なメイク道具を使って作り出すことにより、女性としてのかわいらしさというものがそこに表現されるようになります。涙袋で目が大きくなるということもあるのですが、目が大きくなれば、顔の面積はその分、少なくなるため、涙袋には小顔に見せる効果もあり、それも相まって、女性らしさが増すのです。

男性は女性らしい女性が好きなものです。男性にモテる女性といえば、やはりかわいらしい女性となりますので、モテたい女性にこそ、アイシャドウで涙袋メイクをすることがおすすめできます。

もちろん、モテるからおすすめということでもなく、単純に女性として魅力的になれることもあり、涙袋メイクはおすすめです。多くの女性が涙袋をメイクで作り出しているため、試してみましょう。

アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!若々しさ

アイシャドウで涙袋メイクをすることで発生するメリットとしては、若々しさを手に入れることができるというメリットもあります。

これは涙袋をアイシャドウで作り出すことで発生する、最大のメリットといっても良いでしょう。目元にぷっくりとした涙袋があることにより、ハリがある目元を演出することができます。その結果、全体的に若いイメージになり、若々しさというメリットを手に入れることができるのです。

また、涙袋があると、小ジワなども気にならなくなります。ぷっくりとした涙袋によってシワが消えますし、そこに視線が行くことにより、シワが気にならなくなるためです。

若々しいというメリットは多くの女性が欲しがるものでしょう。誰しもが常に若々しい状態でいたいと願うため、涙袋メイクによって、そのメリットを手に入れてみるというのがおすすめです。

アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!明るい印象

アイシャドウで涙袋メイクをするメリットとしては、明るい印象を与えることができるというメリットもあります。

アイシャドウで涙袋メイクをして涙袋があると、それだけで女性としての明るさというものを演出できるようになるものです。涙袋はよく笑う女性に存在するものですので、涙袋から明るさという印象を与えることができるからです。

男性は明るい女性が大好きです。天真爛漫な女性を求める男性というのは、かなり多く存在するため、このようにして明るさを表現することができれば、男性にもモテるようになります。

また、明るい人間だと見られることにより、様々な人間関係もうまくいくようになるでしょう。暗い女性よりも、明るい女性に話しかけたいと多くの人が思うため、仕事もうまくいくようになることもあります。様々な意味で涙袋メイクはおすすめなのです。

アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!くまを利用

アイシャドウで涙袋メイクをするメリットとしては、くまを利用できるというメリットもあります。

女性の中には目の下にあるくまが気になっているという人も多いでしょう。くまができやすい人というのは確かに存在するもので、なかなかくまが消えず悩んでいるという人も多いものです。体質によっては、何をしてもくまが消えないということもあるため、くまは女性の大敵ともいえる存在です。

涙袋を作る際には、アイシャドウを使って、目元を暗くしていきます。それを考えれば元々くまがある人は、そのくまの色を利用して、涙袋を作ることができるということです。くまを利用できる上に、くまを涙袋に変え、様々なメリットを得られるのですから、これほど良い話はないでしょう。

くまは女性の悩みですので、このような涙袋メイクを、くまを消すために利用しているという人もいます。くまがあることで悩んでいる人には、涙袋メイクがおすすめですので、一度試してみましょう。

アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!道具は?

涙袋をアイシャドウで作ることにより、くまを利用できたり、女性として美しくなれたりと様々なメリットを得られることがわかりました。それを知れば、当然、涙袋メイクをしてみたいという考えに行きつくでしょう。

涙袋メイクをするためには、様々な道具が必要となってくるため、ここではまずその用意しておかなければならない道具について紹介していきたいと思います。

涙袋メイクのために便利な道具は様々な道具があります。自分の好きな道具やお気に入りの道具も良いのですが、涙袋メイクを行うのに向いている道具というものもあるため、そのようなものを道具として使うのがおすすめです。おすすめのメイク道具をいくつか紹介していくため、参考にしてみてください。

ではさっそく、涙袋メイクをするために必要なおすすめのメイク道具を紹介していきたいと思います。

アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!暗めのシャドウ

アイシャドウで涙袋を作る際に必要なメイク道具としては、まず暗めのアイシャドウが必要です。

暗めのアイシャドウは涙袋の陰を作る際に必要となっています。暗めのアイシャドウを使うことにより、メイクで使った涙袋に立体感を持たせることができるため、少し暗めのアイシャドウがおすすめとなります。

あまりにも暗いアイシャドウを選んでしまうと、涙袋メイクをしたとき、完成が違和感だらけのものになってしまいます。肌の色よりもやや暗めの色がおすすめです。人によって肌の色は違うため、どのアイシャドウがおすすめということはいえません。自分の肌を基準に選んでください。

自然な涙袋を作るためには、このようなメイク道具をしっかり選ぶということが大切です。ここで自然な涙袋を作れるかというのは、ほぼ決定してしまうため、しっかり選ぶようにしましょう。

アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!明るめのシャドウ

アイシャドウで涙袋を作る際におすすめなメイク道具としては、明るめのアイシャドウというのもおすすめです。

明るめのアイシャドウがおすすめなのは、暗めのアイシャドウと対照的な色のため、より陰影をはっきりさせることができ、立体感を出すことができるからです。この二つのメイク道具はおすすめどころか、必ず必要になってくるものですので、必ず揃えるようにしましょう。

明るめのアイシャドウをメイク道具として購入する必要があるわけですが、自分の肌よりも少し明るめのアイシャドウを選ぶようにしてください。暗めのアイシャドウは自分の肌よりも少し暗いものをおすすめしましたので、この二つにはそれほど色の大差はないということになります。

大差はないといっても、この二つの道具をしっかり使わないと、涙袋をメイクで作り出すことはできません。用意しておきましょう。

アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!チップとブラシ

アイシャドで涙袋メイクをするために必要な道具としては、チップとブラシも挙げられます。

アイシャドウ用のブラシは当然、アイシャドウを塗る際に必要となってくるものです。アイシャドウチップはブラシよりも、しっかり色をのせたい時に使用するため、これも用意しておきましょう。

この二つによって、アイシャドウを塗り、涙袋を作っていくため、この二つは必ず必要となってきます。また、綿棒もあると、かなり便利に使えるため、用意しておいてください。

これらのものは普段からメイクで利用するものですので、持っているという人も多いでしょう。わざわざ新たに購入する必要はないため、すでに持っているのであれば、それをそのまま使ってください。

アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方を知ろう

アイシャドウで涙袋メイクをする際に使う道具もわかったところで、ここからはさっそく、アイシャドウで涙袋メイクをする時の書き方や作り方を紹介していきたいと思います。

アイシャドウで涙袋を作るためには、しっかり涙袋の書き方や作り方を知っておかなければなりません。なんとなくの書き方や作り方で涙袋メイクをすると、雑な涙袋ができてしまい、それがメイクで作られた涙袋だということがすぐにわかってしまいます。

不自然な涙袋メイクほど不恰好なものはありません。書き方や作り方が変だと、ただのくまに見えてしまったり、ピエロのような滑稽な姿に見えてしまうこともあります。そのため、しっかりとした涙袋メイクの書き方や作り方を勉強しておくということが大切になってくるのです。

ではさっそく、アイシャドウで涙袋メイクをする書き方や、涙袋の作り方を紹介していきたいと思います。

アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!外側

アイシャドウで涙袋メイクの書き方や作り方としては、まず外側を書いていくという書き方から始めます。

涙袋をメイクで作る際には、まず涙袋の下部、つまりは外側を暗めのアイシャドウで書いていくという書き方をします。これを行うことにより、涙袋に陰影がつき、立体的になりますので、準備した暗めのアイシャドウをブラシで細くいれていき、馴染ませていってください。

元々、涙袋があるという人や、くまがあるという人の場合、この書き方はしなくても良いです。涙袋があればわざわざ影をつけなくても立体的になりますし、クマがあれば、すでにアイシャドウが塗られている状態になっているからです。

ただ、アイシャドウよりもくまの色が濃い場合は、やはり塗ったほうが良いです。自分の体質によって、様々な書き方や作り方があるため、自分にとって一番良い書き方や作り方を調整して見つけ出しておきましょう。

アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!内側

アイシャドウで涙袋メイクを作る書き方や作り方としては、次に内側を書いていくという書き方が大切になってきます。

先ほどは外側の書き方を紹介しましたが、外側を書いたら、次は内側です。目に近い部分の涙袋の書き方ということになるのですが、目に近い部分は、明るいアイシャドウで書いていくようにしましょう。

自分の肌よりも少し明るい色のアイシャドウを中央から左右に広げていき、馴染ませていってください。

この書き方をすることにより、涙袋の陰影を描くことができ、立体的な涙袋ができるようになります。

アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!綿棒

アイシャドウで涙袋メイクを作る書き方や作り方としては、最後に綿棒で馴染ませるということが大切になってきます。

内側と外側にそれぞれ色の違うアイシャドウを塗っていくという涙袋の作り方をしてきましたが、そのままでは境目がはっきりしている状態となってしまい、不自然な涙袋となってしまいます。

それをうまくなじませるために大切なのが、綿棒を使うということです。綿棒でアイシャドウを軽く馴染ませていくと、自然な仕上がりの涙袋になっていきます。

これでアイシャドウで涙袋を作るための作り方は終わりです。慣れないとこの作り方で完璧な涙袋は作れないですが、この作り方に一度慣れれば後は簡単ですので、何度かこの作り方で練習してみましょう。

アイシャドウで涙袋メイク!キャンメイクの涙袋メイク

アイシャドウで涙袋メイクを作る作り方を紹介してきましたが、実はキャンメイクには、涙袋メイクというコスメ商品が売られています。キャンメイクの涙袋メイクは、涙袋を作るためのコスメ商品です。そのため、キャンメイクの涙袋メイクを使うことで、きれいに涙袋を作ることもできます。

そこでここからは、キャンメイクの涙袋メイクを使った、涙袋の作り方を紹介していきたいと思います。

キャンメイクの涙袋メイクを使えば、慣れていない人でも、簡単に涙袋メイクをすることができます。細かい部分を調整するためには、アイシャドウを使った涙袋メイクも必要となってくるのですが、キャンメイクの涙袋メイクでもきれいな涙袋を作ることもできます。そのため、簡単に涙袋メイクをしたいという人は、キャンメイクの涙袋メイクを使ってメイクしていきましょう。

ではさっそく、キャンメイクの涙袋メイクを使った涙袋の作り方を紹介していきたいと思います。

■関連記事:キャンメイクについて気になる方はこちらもチェック!

キャンメイクのコンシーラーの使い方とおすすめ商品を解説!
キャンメイクのアイシャドウがCHANELに激似で話題に!【新作】

アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!一筆書き

キャンメイクの涙袋メイクで涙袋を作る方法としては、まずは一筆書きでサッと書いていくと良いです。

キャンメイクの涙袋メイクには、ライティングリキッドアイズというリキッドライナーが入っています。涙袋を作りたい場所に、サッと一筆書きで引いていきましょう。

これをしたあと、キャンメイクのライティングリキッドアイズが馴染むように、指で軽く叩いてあげてください。

こうすることでキャンメイクのライティングリキッドアイズがうまく馴染み、涙袋のようなものができます。自然な涙袋が良いという人は、これだけでの涙袋に見えますので、これでメイク終了でも良いです。

アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!影作り

キャンメイクの涙袋メイクを使った涙袋の作り方としては、影作りという工程もあります。

キャンメイクの涙袋メイクを使っただけでも涙袋を作ることはできるのですが、影を作ることによって、もっと大きな涙袋を作ることもできます。ただ、これをやるには、キャンメイクの涙袋メイクだけでは足りません。影を作るための、アイライナーが必要になってきます。

アイライナーは少し肌よりも暗めの色を使うようにしましょう。キャンメイクにも良いアイライナーがたくさんあるため、涙袋メイクと一緒にキャンメイクで購入しても良いです。

アイライナーを用意できたら、キャンメイクの涙袋メイクで作った涙袋の下に、アイライナーをうすく引いていってください。あまり濃くすると、不自然になってしまうため注意しておきましょう。そうしたら、それを指でぼかしていくと、良い感じの涙袋を作ることができます。

アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方!方法は色々

アイシャドウで涙袋メイクをすることもできれば、キャンメイクの涙袋メイクを使った、涙袋の作り方もあります。そしてこれだけでなく、涙袋には様々な作り方があるものです。

今回紹介した方法で涙袋を作るのも良いですが、様々な作り方があるため、そのようなやり方を勉強して、自分に一番合った、涙袋メイクの仕方を学んでいくというのも良いでしょう。自然な涙袋が良い人もいれば、とにかく大きい涙袋が良いという人もいるため、目的に沿ったメイクの方法で、涙袋を作っていくと良いです。

【まとめ】アイシャドウで涙袋メイク!作り方や書き方を学ぼう

アイシャドウで涙袋メイクをする方法を紹介してきましたが、アイシャドウで涙袋メイクをすれば、しっかりとした涙袋を作ることができます。ただそのためには作り方や書き方をしっかり勉強しなければなりません。ちゃんと作り方や書き方を学んで、きれいな涙袋を作っていきましょう。

もっと涙袋に関する情報を知りたいアナタへ!

涙袋メイクにおすすめのコスメランキングTOP9!
涙袋メイクの作り方!ナチュラルで自然なやり方解説!
涙袋はテープ・絆創膏で作れる!やり方完全解説
涙袋はマッサージで作れる?自力で涙袋を作る方法まとめ【効果あり】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ