まつげのカールをキープ!長持ちさせる方法を解説します!

朝はしっかりくるんとしたまつげのカールだったのに、いつの間にか残念なまつげカールになっている、という悩みがある人も多いようです。まつげのカールをキープさせるのって大変ですよね。今回はまつげのカールを長くキープさせる方法をまとめてみました。メイクの参考にどうぞ。

まつげのカールをキープ!長持ちさせる方法を解説します!のイメージ

目次

  1. 朝から夜までまつげをカールをキープさせたい
  2. まつげのカールをキープ!日本人はカールしにくい?
  3. まつげのカールをキープ!キープできない理由①まつげが傷んでいる
  4. まつげのカールをキープ!キープできない理由②ビューラーが古い
  5. まつげのカールをキープ!キープできない理由③マスカラとの相性
  6. まつげのカールをキープ!まつげの下準備を
  7. まつげのカールをキープ!ベース作りから
  8. まつげのカールをキープ!マスカラ下地を選ぶ
  9. まつげのカールをキープ!ビューラーを正しく使おう
  10. まつげのカールをキープ!ビューラーは定期的にチェック
  11. まつげのカールをキープ!ホットビューラー
  12. まつげのカールをキープ!マスカラを選ぶ
  13. まつげのカールをキープするコツ!フェイスパウダー
  14. まつげのカールをキープするコツ!ベビーパウダー
  15. まつげのカールをキープするコツ!ドライヤーを使ってみる
  16. まつげのカールをキープするコツ!ビューラーをホットに
  17. まつげのカールをキープするコツ!仕上げにもドライヤー
  18. まつげのカールをキープするコツ!透明クリアマスカラ
  19. まつげのカールをキープ!まつげに与えるダメージも知っておこう
  20. まつげのカールをキープ?スプレーは?
  21. まつげのカールをキープ!まとめ

朝から夜までまつげをカールをキープさせたい

くるんとまつげがカールしていると、目が大きく見えていつもよりも可愛く見えるものですよね。
目が大きく見える女性はかわいくみえますし、まつげがキレイにカールしているとまつげも長く見えます。
朝はしっかりとまつげがくるんとカールしていたのに、夜になると下向きに。

だんだんともとのまつげに戻っていってしまう、なんて人も多いと思います。
このくるんとカールのまつげは、ちょっとしたコツさえつかんでしまえば、長時間くるんとカールをキープすることができるのだそうです。
今回はまつげのくるんとカールをキープする、長持ちさせる方法を解説します。

まつげのカールをキープ!日本人はカールしにくい?

くるんとカールのまつげをつくるときに、「外国人のようなカールしたまつげ」なんて言葉が出てくることがあります。
外国の人のまつげは長くてキレイなイメージがありますよね。
そもそも日本人のまつげは、外国の人のまつげより、3mmは短いと言われています。
しかも量も外国の人より少ないのです。
その上日本人の毛の特徴ともいえますが、まつげも直毛でカールがしにくいといわれています。

細かい数字で見てみると、外国の人は10.2度ほどもともとまつげがカールしています。
それに比べて、日本人は80.9度のカール。
ほとんど90度のカールしかないのです。
目にはかろうじて当たりませんが、上には向いていないことがわかります。
だからこそ、日本人はまつげをくるんとカールさせるためにビューラーが必要になってくるのです。

では外国人のようなくるんとカールしたまつげをキープすることができないのか、というとそう簡単にあきらめる必要もありません。
外国の人のようなくるんとしたカールのまつげは女性の憧れです。
多くの化粧品メーカーは、その憧れを叶えるべく、切磋琢磨してビューラーやマスカラ、マスカラ下地などを発売してくれています。
それらの商品を正しく使うことで、まつげにボリュームをつけたり、可愛くくるんとカールしたまつげをキープさせることができるのです。

まつげのカールをキープ!キープできない理由①まつげが傷んでいる

そもそもまつげがくるんとカールしない、もしくはカールがキープできないのはどうしてでしょうか。
日本人のまつげの質以外にも、まつげが傷んでしまったことで、くるんとカールしたまつげがキープできないという場合があります。
まつげが傷む原因はイロイロとあります。
まつげの保湿不足、まつげパーマ、つけまつげなどが主な原因ではないかと言われています。
まつげパーマやつけまつげに関しては、使用している間や使用後のケア不足ですね。

ケア不足で傷んでしまったまつげは、栄養がなくなってハリやコシがなくなります。
お肌が荒れた状態と同じような状態が、まつげにも起こっていると考えてください。
健康なまつげと比べてみると、触ると細くひょろひょろとしているまつげがあると思います。
それが傷んで弱り切ったまつげなのです。
ビューラーで引っ張って伸びちゃったかな、と抜いている人もいるかもしれませんが、それは弱ったまつげなのです。
そんなまつげでも、無理やり引っ張り抜くことで、さらにまつげを傷つけて、ボリュームを無くさせてしまいます。
まさに悪循環ですね。

そんな傷んだまつげを、くるんとカールさせようとしても、ハリやコシがないので上手にカールできません。
こんな弱り切ったまつげの対処方法は、メイクをお休みさせることです。
しばらくはつけまつげもビューラーもやめて、まつげ美容液でしっかりとケアをしてあげてください。
栄養をたっぷりとあげて、健康的なまつげが増えてきたら、あらためてケアをしながら、くるんとカールのまつげをキープさせる方法を試してみてください。

■参考記事:まつげが抜ける時、どんな対策をしたらいい?

まつげが抜ける原因まとめ!メイクの仕方が悪い?対策は?

まつげのカールをキープ!キープできない理由②ビューラーが古い

まつげをくるんとカールした状態をキープできないのは、まつげのせいだけではないかもしれません。
くるんとカールを作るビューラーに問題がある場合でも、まつげのカールをキープさせることはできないからです。
ビューラーが古いというのは、長く使っているものという意味ではありません。
長く使っているビューラーであっても、使い終わった後にしっかりと汚れを落として、ビューラーのゴムが弱くなったら取り換えるなどのケアをしている場合であれば問題ありません。

しかしそれらのケアがされていないビューラーを長い間使っているのであれば、ビューラーに問題があるために、くるんとカールがキープできないと考えるべきでしょう。
実はマスカラを塗った時に、まつげに油分や汚れが付いていると、カールをキープすることができなくなってしまうのです。
ビューラーが汚れていたり、ゴムが弱くなっていた場合、そんなビューラーをまつげにあてたら油分や汚れがまつげについてしまいます。
そして、マスカラを塗ってもカールがキープできなくなってしまいます。
最悪な場合、汚れたビューラーから雑菌が繁殖して、目にトラブルを起こしてしまうこともあります。
古いビューラーを使うのは衛生面でもよくありませんね。

弱ったゴムのビューラーは、ゴムが弱いために、カールさせたあとに溝にまつげが抜けて挟まってしまうことがあります。
ゴムの弾力が弱いので、まつげを上手にカールさせるととができずに、ただ引っ張るだけで、まつげを抜いてしまっているのです。
上手にくるんとカールができないだけではなく、まつげを抜いてしまうのは最悪ですね。
対処方法としては、新しいビューラーに取り換えることです。
新しいビューラーに変えたら、今度はビューラーのケアも忘れずにするようにしましょう。

まつげのカールをキープ!キープできない理由③マスカラとの相性

まつげのくるんとカールがキープしない原因には、メイクに使うマスカラとまつげの相性が悪い場合もカールをキープすることができないそうです。
またマスカラによってはカールのキープに向いていないものもあるようです。
例えばお湯で落ちるタイプのマスカラは、まつげのカールをキープさせる力が弱いのだそうです。
薬剤を使わずに落とすことができるマスカラなので、キープさせるほどの力はないのかもしれませんね。

カールをキープさせることのできるマスカラかどうかを判断するのは難しいようですが、自分のまつげにあうかどうかは、そのマスカラを使ってみるまでわかりません。
カールのキープができても、地まつげを傷つけてしまうようなマスカラであれば、最終的にはまつげを痛める原因になってしまい、カールをキープすることができないまつげになってしまいます。
マスカラとの相性をみる方法は、とりあえず使ってみるしかありませんが、まつげに良い成分が配合されているかどうかを確認しながら使用すると良さそうです。

■参考記事:マスカラの正しいクレンジング方法は?

マスカラの落とし方!正しいクレンジングの仕方を知ろう!

まつげのカールをキープ!まつげの下準備を

まつげをくるんとキレイにカールさせて、さらにそれを長くキープさせるには、しっかりとしたまつげの下準備が大切です。
まつげの下準備といっても、とても簡単な方法です。
ビューラーを使う前に、しっかりとまつげを乾かす、ということです。

なんだそんなことか、と思うかもしれませんが、このひと手間をするかどうかで、くるんとカールが長い時間キープできるかどうかが変わってくるのです。
スキンケアで使う化粧品や乳液など、ベースメイクで使うリキッドファンデーションでまつげが濡れてしまっていると、くるんとカールをキープさせにくくなってしまいます。
軽く水分や油分を拭き取って、さらにしっかりと乾燥させてからビューラーを使うようにしましょう。

まつげのカールをキープ!ベース作りから

まつげのくるんとカールをキレイにキープするには、ベースを作ることも大切です。
まつげのカールをキープするベースとは、マスカラ下地を使う方法です。
マスカラ下地とはその名の通り、マスカラを使う前に下地として使うものです。
マスカラ下地の効果には、まつげのカールをキープするだけでなく、まつげのボリュームを多く見せたり、マスカラのつきがよくなったり、マスカラが落ちるのも防ぐ働きもあるのです。

さらにこのマスカラ下地には、まつげを保護する効果も期待できます。
マスカラ下地とマスカラを合わせて使うことで、キレイなまつげとキレイなカールをキープすることが可能になるのです。
マスカラ下地を使うという方法も、ちょっとしたひと手間ではありますが、このひと手間が長い時間キープをさせるのにとても大切な方法なのです。

まつげのカールをキープ!マスカラ下地を選ぶ

マスカラ下地を使うひと手間で、まつげのくるんとカールは長い時間キープできるとわかりましたが、マスカラ下地にはどんなものを選ぶのがいいのでしょうか。
マスカラ下地には、効果が書かれているものが多いようです。
まつげのカールキープの効果があるものを使えば、当然くるんとカールを長い時間キープすることができます。
マスカラ下地自体は、マスカラと同じように塗るものなので心配はいりませんがそのブラシの形状もイロイロなものがあるようです。

まずはブラシ型のマスカラ下地です。
このブラシタイプのマスカラ下地は、本当にマスカラと同じなので、塗るのは難しくありません。
しかしマスカラを塗っている人ならわかると思いますが、まつげ同士がくっついてしまうこともあります。
くっついたままにしておくと、カールが上手にできませんし、キープもできません。
くっつかないように注意をしながら塗っていく必要があります。
もう1つはコーム型のマスカラ下地です。
まつげコームというまつげのクシと同じ作りになっているので、まつげ1本1本にしっかりと塗れるというのがメリットです。
しかしクシになっているので、まつげの本数が少ない下まつげに塗る時には少し苦戦すると思います。

マスカラ下地には、色のついたものと透明なものもあります。
マスカラ下地の色は、白、黒、そして透明です。
白いマスカラ下地は、マスカラ下地が付いているのか付いていないのかを確認しやすいメリットがあります。
しかしその上からしっかりとマスカラを塗らないと、白い色が目立ってしまいます。
マスカラ下地に慣れていない人は、目立たない黒や透明のものを選んだほうが良さそうです。
透明なマスカラ下地には、透明クリアマスカラというものもあるようです。

まつげのカールをキープ!ビューラーを正しく使おう

まつげのくるんとカールを長持ちさせる方法は、ビューラーを正しく使うことです。
まずはビューラーを正しく選ぶことも大切です。
自分の目にぴったりのビューラーを選んでください。
自分の目にあうビューラーを選ぶことができたら、次はまつげをビューラーでカールさせていきます。
この時根元から先端に向かって、何回かに分けて細かく挟んでカールをさせていきましょう。
1か所だけをぐっと挟んで、えいっと力任せにカールをさせようとしてはいけません。

基本はまつげの根本・真ん中・毛先の3回に分けてビューラーで挟んでカールさせていきます。
ビューラーのゴムをしっかりとお手入れしていれば、それほど強く引っ張る必要はないはずです。
まつげの全てを挟もうとせずに、少しずつビューラーに挟んで、3回に分けてカールさせていってください。
力ではなく、回数でくるんとカールを作っていく方法が、カールを長持ちさせるコツです。

まつげのカールをキープ!ビューラーは定期的にチェック

まつげカールをキープできない理由でも書きましたが、ビューラーの定期的なチェックはとても大切です。
特にビューラーを化粧ポーチなどに入れて持ち歩いている人は、汚れやゴムだけではなく、ビューラー自体の形が変形してしまっていないかのチェックも忘れてはいけません。

購入した時は、あなたの目の形にあったものを選んでいても、持ち歩いたりどこかにぶつけたりしたことで、ビューラーの形が変わってしまっていたら意味がありません。
くるんとカールのまつげを長持ちさせるには、ビューラーはとても重要です。
ビューラーは定期的に、必ずチェックをするようにしましょう。

まつげのカールをキープ!ホットビューラー

くるんとまつげのカールを効率よく長持ちさせる方法に、ホットビューラーを併用するという方法があります。
ビューラーでまつげをカールさせた後に、ホットビューラーでカールをなぞるという方法です。
たったこれだけの方法で、くるんとキレイなカールを長持ちさせることができるのだそうです。
下まつ毛も、もちろんこの方法でカールを長持ちさせることができます。

ただしホットビューラーのみで、まつげをカールさせようとするのはおすすめできません。
あったかいビューラーというよりは、熱いビューラーをまつげに押し当ててカールを作ることになります。
あまり長時間まつげにホットビューラーをあて続けると、まつげが傷む原因にもなってしまいます。
普通のビューラーである程度カールを作っておいてから、それを補強するためにホットビューラーを使うという方法が望ましいでしょう。

まつげのカールをキープ!マスカラを選ぶ

いよいよまつげにメイクをしていくわけですが、まつげのカールを長持ちさせるためには、マスカラの種類を選ぶことも大切です。
マスカラにもイロイロな種類がありますよね。
まつげの長さをだすもの、まつげのボリュームを増やすもの、まつげのカールを長持ちさせるもの。
今回はまつげのくるんとカールを長持ちさせたいので、カールを長持ちさせるマスカラを選ぶようにしましょう。

マスカラ下地は、しっかりと基礎化粧品などがしっかりと乾いた状態で塗っていきます。
マスカラは、このマスカラ下地が乾いてしまう前にメイクしていくのがポイントになります。
マスカラでまつげをちょっと持ち上げるように、根本から毛先に向かって塗っていきます。
注意をしなくてはいけないのが、塗るマスカラの量です。

まつげを長くみせたかったり、まつげのボリュームをつけたくて、たっぷりとマスカラを塗ってしまう人もいますが、まつげのくるんとカールを長持ちさせたいのであれば、マスカラの塗りすぎはNGです。
まつげが重くなってしまって、結果的にカールがとれてしまいます。
まつげのメイク化粧をするときは、マスカラは適量に塗る方法がおすすめです。

まつげのカールをキープするコツ!フェイスパウダー

まつげのくるんとカールを長い時間キープさせるコツの1つは、ビューラー前にフェイスパウダーを使う方法です。
まつげが濡れている時は、カールができなかったり、カールが長持ちしないと書きましたが、水分や油分がしっかりととれたかどうかを確認するのは難しいですよね。

まつげは短いし、それほど量も多くないから髪の毛のようにしけっているかどうかなんてすぐには判断できないこともあるでしょう。
そんな時は、フェイスパウダーをまつげに軽くつけることで、水分や油分をフェイスパウダーに吸わせてしまうという方法です。
このひと手間も、まつげのくるんとカールを長い時間キープさせるコツになります。

まつげのカールをキープするコツ!ベビーパウダー

マスカラでメイクした後のひと手間でまつげのくるんとカールを長持ちさせる方法があります。
そのうちの1つがベビーパウダーを使う方法です。
マスカラでメイクをした後に、綿棒につけたベビーパウダーを塗っていきます。

まつげの外側と内側、下まつげにもベビーパウダーを塗ったら、もう一度マスカラでメイクをします。
ただし、最初につけるマスカラと2回目につけるマスカラの量には注意をしてください。
あまり多く付けすぎてしまうと、まつげが重たくなってしまって、カールが長持ちしなくなってしまいます。

まつげのカールをキープするコツ!ドライヤーを使ってみる

家にホットビューラーがない場合でも、ドライヤーを使うことでホットビューラーの代わりにすることができます。
まつげにドライヤーをあてる方法です。
まつげを直接温めるのであまりよい方法ではありませんが、ホットビューラーが無い場合は効果的です。

普通のビューラーでカールをつくったら、顔を90度くらい、ほぼ真上にあげてください。
ドライヤーを温風にして、まつげに10秒ほどあてます。
こうすることで、カールをキープさせることができます。
ただし角度を間違えると、かえってカールを落としてしまうこともあるので注意をしてください。

まつげのカールをキープするコツ!ビューラーをホットに

ホットビューラーがない場合、普通のビューラーをホットビューラーにする方法もあります。
これは、ビューラーにドライヤーをあてる方法です。
普通のビューラーのまつげにあたる部分を、ドライヤーの温風で10秒ほど温めます。
たったこれだけで、ホットビューラーの代用となります。
まつげに直接温風をあてるよりは、良い方法だと思います。
ただしビューラーの温めすぎには注意をしてください。
あまりにも熱いと、目の周りに火傷をしてしまうこともあります。

まつげのカールをキープするコツ!仕上げにもドライヤー

マスカラでのメイクまで終わったら、最後にドライヤーをつかってまつげのくるんとカールをキレイにキープさせる方法もあります。
マスカラのメイクが終わったら、ドライヤーの冷風をまつげにあてます。
冷たい風があたることで、カールはしっかりとキープされていくのです。

このひと手間をするかしないかは、とても大きな差になります。
マスカラでのメイクが終わったら、マスカラが乾く前に、ドライヤーの冷風でまつげのカールをキープさせましょう。

まつげのカールをキープするコツ!透明クリアマスカラ

マスカラでまつげをメイクした後の、もうひと手間として、透明のクリアマスカラを使うことで、まつげのくるんとカールを長い時間キープさせることができます。
透明のクリアマスカラとは、まつげにツヤを出してコーティングさせる働きがあります。
透明クリアマスカラは、マスカラ下地として使う人もいるそうです。
マスカラ下地として、透明クリアマスカラを使う方法は、問題がありません。
マスカラでメイクをした後に、透明クリアマスカラを使うと、マスカラがダマになっている部分をとることもできるので、透明クリアマスカラは、マスカラ下地としてよりも、マスカラでメイクをした後に使う方が効率が良さそうです。

デメリットとしては、メイクで使用したマスカラと、透明クリアマスカラには相性があることです。
マスカラと透明クリアマスカラの相性が悪いと、まつげのくるんとカールはキープできないどころか、まつげが重たくなってしまいカールが落ちてしまうようです。
また透明クリアマスカラには、コーティングの効果は期待できますが、メイクが落ちにくくなる効果までは期待できないという点にも、透明クリアマスカラを使う時には注意が必要です。

まつげのカールをキープ!まつげに与えるダメージも知っておこう

まつげのくるんとカールをキープするためにつかう道具は、まつげのカールをキープするためには必要不可欠なものですが、必ずしもまつげにいいものばかりではありません。
例えば、ビューラーはまつげに物理的なダメージを与えています。
多少とはいえ、引っ張ったりするわけですから、まつげにはそれなりの負担がかかっています。
ホットビューラーは、熱によってまつげにダメージを与えています。
まつげに熱をくわえることで、まつげが乾燥しやすくなってしまうこともあります。

まつげをカールさせる方法として、その他にもまつげパーマなどもありますが、パーマは化学薬品を使ってまつげをカールさせています。
大ダメージを与えることはないかもしれませんが、多少はダメージを受けているのです。
まつげを可愛くくるんとカールさせることは、まつげに負担をかけているということも忘れてはいけません。
メイクを落とした後は、しっかりとまつげのケアをしてあげるようにしましょう。

まつげのカールをキープ?スプレーは?

まつげカールをキープさせる裏技に、ヘアスプレーを使うという方法があるようです。
あの髪の毛を固めるヘアスプレーです。
個人的には、ヘアスプレーでまつげのカールをキープさせるのは危険だと思います。
スプレーは髪の毛に悪いものではないので、まつげにもスプレーは悪いものではないでしょう。
しかし万が一にでも、スプレーが目の中に入ってしまったら大問題です。
スプレーは手軽に、広範囲に噴射できるというメリットがあります。
まつげにとってはそのスプレーのメリットが、デメリットになってしまうと思います。

ただスプレーのキープ力は確かなので、どうしても今日はまつげのカールを1日キープさせておきたいという場合は、危険をしっかりと認識した上でスプレーを使うのもいいかもしれません。
実際にスプレーを使ってみた人の乾燥としては、まつげのカールは確かにキープできていたが、スプレーの薬剤でべたべたしていて臭いもするので不快だった、とのことでした。

まつげカールのキープにスプレーを使用した場合は、クレンジングの方法にも注意が必要です。
もともとヘア用のスプレーなので、普通の洗顔料では落ちません。
スプレーを使った後はオイルクレンジングやウォータープールのクレンジングを使って、しっかりと落とすようにしてください。

まつげのカールをキープ!まとめ

今回はまつげのカールをキープする方法をまとめてみました。
日本人はまつげが短くて少ないからといって、嘆く必要はないようですね。
ちょっとしたコツで、可愛くくるんとしたまつげのカールをキープすることができそうです。
つけまつげや、まつげパーマに頼るだけでなく、今回まとめさせていただいた方法で、くるんとまつげカールを長くキープさせてくださいね。

まつげケアについてもっと情報を知りたいアナタに!

まつげを伸ばす方法13選!効果的な美容液はどれ?【おすすめ】
まつ毛を濃くする方法まとめ!簡単に伸ばしてまつげ美人に!
まつげが短いのが悩み?まつげを長くする方法5選解説!【効果的】
まつげを増やす・伸ばす方法11選!美容液が効果的?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング