目を大きく見せるメイク方法!ナチュラルなデカ目をゲット!

メイクの中でもアイメイクは最も時間をかけるという人が多いのではないでしょうか。目を大きくするために目を大きく見せるメイク術などを身に付け、努力を重ねている人もいるでしょう。そこで今回は目を大きくするための目を大きく見せるメイクを解説していきます。

目を大きく見せるメイク方法!ナチュラルなデカ目をゲット!のイメージ

目次

  1. 目が小さいとメイクが楽しくない
  2. 目を大きく見せるメイクをしてみよう
  3. 目を大きくするor目を大きく見せるメイク①まつ毛に関して
  4. 目を大きくするor目を大きく見せるメイク②アイライン
  5. 目を大きくするor目を大きく見せるメイク③アイシャドウ
  6. 目を大きくするor目を大きく見せるメイク④ホワイトライン
  7. 目を大きくするor目を大きく見せるメイク⑤涙袋
  8. 目を大きくするor目を大きく見せるメイク⑥眉毛
  9. 目を大きくするor目を大きく見せるメイク⑦二重を作る
  10. メイク以外で目を大きくするには目を大きく見せるマッサージを
  11. 目を大きく見せるためにうるうる瞳メイクで目を大きくする
  12. 目を大きくするためには目を酷使しないこと
  13. メイクで目を大きく見せるor目を大きくするにはナチュラルめに
  14. 目を大きくする&目を大きく見せるポイント
  15. 目を大きくする方法を知って目を大きく見せる顔になろう

目が小さいとメイクが楽しくない

メイクは女性の日頃のマナーであり、別人に化ける必須アイテムです。メイクがなければ外出できないという人もいるほど便利な使い方ができる道具ですが、目がもともと小さい人はメイクしても楽しくないと感じてしまいますよね。目を大きくすることができればさらにメイクも楽しくできるはずです。

しかし、もともと目が小さいのは生まれ持ったものですのでそう簡単に変えることはできません。目の大きさにも大きく見える人とそうでない人がおり、目が大きく見えるかどうかはその人の顔全体のバランスによっても異なります。

目を大きく見せるメイクをしてみよう

目が小さいからと言っても諦めることはありません。目を大きく見せるためには日頃から愛用しているそのメイク用品で補っていくことができます。やり方によっては目が二倍にも見えるほど大きくすることができるため、目の小ささに悩んでいる人はメイク方法を少し変えてみましょう。

目が小さいことは整形でもしない限りどうすることもできませんが、その上からカバーという目的として使っていくことならできます。自分自身で目を大きくできたと感じれば周りからも自然と目が大きく見えるものです。

しかし、日頃から行うすでに定着してしまっているメイクを変えていくのは大変です。メイクには下地からファンデーション、アイライン、アイシャドウ、マスカラなど至るアイテムが盛りだくさんのため、どれをどういう風に変えていけば分かりませんよね。では次にそんな目を大きく見せるためにできるメイク術をお伝えしていきます。

目を大きくするor目を大きく見せるメイク①まつ毛に関して

目を大きくするor目を大きく見せるためにできるメイク法でまず触れていきたいのがまつ毛です。あんなに小さく、存在感のないまつ毛には施せるメイク術がたくさんあります。まつ毛にできる最も一般的なメイク術はマスカラですが、美容に特化した現代ではマツエクをしている人もいるでしょう。

マツエクを行うのであればアイリストにどんな風にまつ毛を付けたら目を大きく見せることができるのか相談しながら装着していけるため、自身で悩むことはあまりありません。しかし、マスカラなどのセルフで行えるものには慎重に注意していきたいところです。

まつ毛にはマスカラの他にもつけまつ毛などもありますよね。バサバサとした毛量MAXの濃いつけまつ毛をしている人もいるでしょう。しかし、つけまつ毛はあまりに濃く、重いものをつけると目がしっかりと開かなくなり、目の上だけに印象が強く見えてしまうため、選ぶつけまつ毛はナチュラルで目がしっかりと開くものを選びましょう。

また、マスカラをつける際は重ね塗りすることです。まつ毛一本一本に重みをつけるタイプのマスカラではなく、長さを出せるマスカラで目の印象をアップさせると目を大きく見せることができます。マスカラをつける際は前段階のビューラーもしっかりかけてから行うようにすると尚良しです。

目を大きくするor目を大きく見せるメイク②アイライン

目を大きくするためにできるメイク術は他にもアイラインが挙げられます。何となく引いているそのアイラインは一歩間違えるとパンダになったり、アイラインを引く意味がなくなってしまう場合もあるので注意したいところです。アイラインは不慣れな人にとってただでさえ扱いが難しいメイク用品ですが、手をしっかりと固定しながら真っ直ぐに引いて描いていけば失敗することもそのうちなくなってきます。

そんなアイラインで大切なことは、目尻からアイラインを少しだけはみ出させることです。目を大きく見せるためには目の幅をメイクアイテムで確保しなくてはいけません。目尻の端部分までしかアイラインを引かない場合、もともとの目から拡張したようには見えません。

そのため、アイラインを引く際は目尻から2~3ミリ程度長く引くと良いでしょう。引いたアイラインをやや下目に持っていけばタレ目にすることもできますし、やや吊り上げればクールな目元に仕上げることができます。

しかし、目尻のアイラインを長く引きすぎてしまうと今度は目の位置が長くなりすぎておかしく見えてしまうため、アイラインを引く際はあくまで少しという意識が大切です。また、目頭の部分にも細い短い線でアイライン、いわゆる切開ラインを引くこともできますが、この場合も長くしすぎるのは厳禁です。

目頭にアイラインを引いてさらに目を大きくする場合は、目の形や流れに沿って線と線が繋がるように1~2ミリの長さで足していきましょう。

目を大きくするor目を大きく見せるメイク③アイシャドウ

目を大きく見せるメイクは他にもアイシャドウも重要ですよね。アイシャドウの入れ方にも様々にあり、人によって異なりますが、ラメが入ったアイシャドウ一色を瞼全体に乗せることもあれば、細かく色を使い分けてグラデーションに入れていく人もいます。そんな何気ないアイシャドウですが、目を大きく見せるためにはラメやパール入りのアイシャドウは避けましょう。おすすめの色はピンク系やホワイト系などの明るく見えるカラーです。

アイシャドウにパールやラメが入っていると、メイク映えしにくい奥二重や一重の人はまぶたが重いイメージになってしまいます。そのため、マットなピンク系やホワイト系のアイシャドウを使うようにしましょう。そんなアイシャドウを使って目を大きく見せるためには、まぶた全体に薄めの色を乗せた後、目の際部分に締めの濃いカラーを細く乗せていきます。

しかし、奥二重や一重の人は締めの色を乗せても綺麗に目が大きくならないこともあります。奥二重や一重の人はアイシャドウを乗せるときに濃い目のブラウン系の色を使ってまぶたにラインを入れていきましょう。まぶたにダブルラインを乗せることによって目を開いたときにもぱっちりと見せることができます。

奥二重の人や一重の目を持つ人は真っ直ぐと正面を見たときに線が隠れてしまうので、目を大きく見せるためには存在感のあるアイシャドウを入れることが重要です。また、目の下の部分にも目の形に沿うようにアイシャドウを入れていきましょう。上下にアイシャドウを入れることによって目の大きさが大きく見えるようになります。

目を大きくするor目を大きく見せるメイク④ホワイトライン

目を大きくするためにはどの部分に手を加えれば目を大きく見せることができるのか考える必要があります。例えば目が大きいものと言えば子どもや赤ちゃんですよね。顔をパッと見ただけで大きい目をしていると感じることができます。そんな赤ちゃんや子どものように目が大きいと感じる部分はうるうるとした瞳にも秘密が眠っています。

赤ちゃんのようなうるうるとした瞳は、女性らしさや少女のような顔つきに見せることができます。そのため、目を大きくするために使うメイク道具はラメ入りのアイシャドウやペンシルタイプのアイラインなどを使ってみましょう。

目頭の下部分にホワイトを入れることによってうるうるの瞳になるだけではなく、白目の幅を広く見せてくれるため、ナチュラルに目を大きく見せることができます。ペンシルタイプのものであればそのまま乗せることができますし、アイシャドウなどのさらさらとしたテクスチャーのものを使う場合は様子を見ながら重ねて乗せていくと良いでしょう。

目を大きくするor目を大きく見せるメイク⑤涙袋

目が大きく見える人の特徴は涙袋も欠かせません。近年急激に注目されている涙袋は美人やイケメンにしかないものとまで言われているほど偉大な存在になっています。そんな涙袋は生まれながらに持っている人とそうでない人がいるため、涙袋をセルフで描くメイク術も流行り始めています。涙袋をメイクで作る際は難易度が高そうだと感じる人もいますが、慣れてくれば簡単に行うことができるので奥二重や一重の人にはぜひ取り入れて欲しいメイクです。

まず涙袋をナチュラルに見せるためには、ラメやパールなどが入っていない比較的濃いブラウン系のアイシャドウなどを用意しましょう。お手元にない場合はノーズシャドウに使っているものでも構いません。それらのものを目の下から2~3ミリ下の部分に横に流れるように薄くラインを入れていきます。このとき濃く乗せすぎてしまったということもあるかもしれませんが、綿棒などでぼかしていけば涙袋に見えるので問題ありません。

涙袋を入れるときのポイントは、目の下2~3ミリ程度の箇所から目の真ん中辺りにまで引き、その間徐々に下に下がるようにラインを入れていくことです。一重の人も奥二重の人も目の下に指を食い込ませるとうっすら涙袋の線が浮かび上がります。どの位置にラインを入れたら良いのか分からない場合は指で確認してからその辺りを意識して色を乗せてぼかしていくと良いでしょう。描いた涙袋の上に先ほど触れた目頭辺りのアイシャドウを乗せるとさらに綺麗な目元に仕上がります。

■参考記事:涙袋メイクの仕方はコチラも参照!

涙袋メイクの作り方!ナチュラルで自然なやり方解説!

目を大きくするor目を大きく見せるメイク⑥眉毛

目を大きくするためには目ばかりに手をかければ良いと考えていませんか?実は目が大きく見えるポイントには他にも眉毛にも着目したいところです。眉毛は目の位置に最も近い部分にあるため、眉毛の描き方によっても目の大きさを倍に見せる手立てをしてくれます。そんな眉毛は目から近づけ、太く、短めに描いていきましょう。

せっかく目を大きく見せるメイクをしても、眉毛が長すぎたり細すぎるというのは良くありません。眉毛が長すぎたり短すぎる、そして目の位置から遠い箇所になってしまうと全体を見たときに目が小さく見えてしまいます。

そのため、眉毛を描くときは今よりも少し下にくるように意識し、太さもある程度出すようにしていきます。太さがどの程度あれば良いか分からないという人は眉毛が生えている部分を覆い隠すように上から描いていきましょう。また、長さですが、眉毛の理想の長さは瞳の外側と内側が眉頭と眉尻に交互するように重なって描くことです。つまり、眉毛の頭部分は瞳の内側に線で繋がるように。そして眉毛の尻部分は瞳の外側の線に繋がるように描いていくということです。

目が大きい対象で良い例なのが外国人の目元です。良く見てみると外国人の目は目と眉毛の距離が近い位置にありますよね。目元と眉毛をセットに考え、ギュッと一点に収めるイメージでメイクしていくことで目を大きくすることができるのです。

目を大きくするor目を大きく見せるメイク⑦二重を作る

アイシャドウやアイライン、そしてマスカラやつけまつ毛などありとあらゆる目を大きくするメイクをしてもまだ目を大きくしたいと考える人もいますよね。特にメイクが難しい奥二重や一重の人は前述したメイクをしてもあまり目の大きさに違いを感じないかもしれません。そんな奥二重や一重の人はアイプチやアイテープなどのぱっちり二重にするメイクグッズを取り入れてみても良いでしょう。

奥二重の人も一重の人もまぶたの上のラインがないことによって目の大きさが小さいと感じます。しかし、まぶたにしっかりと二重のラインがあればナチュラルにメイクをしたい人にとっても簡単に目を大きく見せることができます。アイプチやアイテープ、そしてメザイクなどは使用したことがない人には少々扱いが難しいですが、練習していくにつれて上達してきます。

奥二重の人も一重の人も目を大きくするメイクに限界を感じることもあるでしょう。アイシャドウやアイラインはあるだけで目元を大きくしてくれますが、まぶたに関しては二重のラインがあることによってさらに目を大きく見せてくれます。

メイク以外で目を大きくするには目を大きく見せるマッサージを

メイクでナチュラルに仕上げながら目を大きく見せたいという人もいれば、反対にメイク以外のもので目を大きく見せたいという人もいるでしょう。メイクのみで目が大きくなれば良いですが、それだけでは何とかできない場合は目元のマッサージを試してみるのもありです。

目を大きくするマッサージは簡単なもので構いません。例えば両方のこめかみを指で痛気持ちいい程度の強さでギュッと押してみたり、額全体を指の出っ張っているところを使ってグリグリとします。刺激を良くすることで目の周りのむくみなどが取れるので奥二重や一重の人も定期的に行うと良いでしょう。

■参考記事:涙袋やタレ目もマッサージで作れる!

涙袋はマッサージで作れる?自力で涙袋を作る方法まとめ【効果あり】
タレ目にする方法!マッサージやメイクでつり目をタレ目に!

目を大きく見せるためにうるうる瞳メイクで目を大きくする

目を大きく見せるためにはうるうるとした瞳であることが欠かせません。上記でお伝えしたアイシャドウやペンシルを乗せることなども目を大きく見せることに役立ちますが、その他にもカラーコンタクトなども併用するとより大きな目になれるでしょう。

特に一重や奥二重の人は瞳が見える範囲が狭いため、余計に目の小ささを感じてしまいます。そんな人にもカラコンはナチュラルメイクを叶えてくれるアイテムです。

現代の女性はカラコンをしていない人を探すのが大変なほど多くの人が常用しているものですから、すでに使っているという人もいるかもしれません。しかし、カラコンには様々な種類のものがあり、大きさなども微妙に異なります。

しかし、大きいサイズのものをつけているからといって目が大きく見える訳ではありません。あまりにサイズの大きいカラコンは白目の部分を狭くしてしまい、反対に目が小さく見えてしまうこともあるので元の瞳のサイズからはみ出しすぎないカラコンを選びましょう。

また、ナチュラルな目元にするためにはグレーやピンク、紫などの奇抜なカラーは控え、濃いブラウンや黒い色などの日本人の瞳の色に合ったカラコンをつけることも意識していきましょう。

目を大きくするためには目を酷使しないこと

目を大きくするにはメイクを幅広く活用していくことももちろん大切です。メイクほど簡単に整形なしでも目の大きさを変えられるものは中々ありません。しかし、さらに重視したい点は他にも目を酷使しすぎないことも挙げられるでしょう。

デスクワークを日頃からしている人、寝る前に何時間もスマホの画面を見続けている人など、ライフスタイルは違っても目に悪影響を与える生活を送っていては目はむくみ、充血して血流の流れが悪くなってしまいます。むくみが目に発生すると目を大きく見せることは例えメイクを施しても難しくなってしまいます。そのため、目を大きくするということは目の健康も考えなくてはならないことを頭に入れておきましょう。

メイクで目を大きく見せるor目を大きくするにはナチュラルめに

メイクで目を大きく見せたい奥二重や一重の女性は比例してメイクが濃くなることと考えている人もいるようです。バサバサのまつ毛に濃いアイシャドウや太いアイラインをがっつりと…まるで舞台メイクなのかと疑いたくなるほどの濃いメイクは足せば足すほど目力が増すと感じますが、実はそんな濃いメイクは目全体が重たく見えてしまいます。

そのため、メイクをする際に着目したい点は「ナチュラル」です。濃いメイクが好みの人にはあまり慣れないかもしれませんが、ナチュラルに仕上げることで反対に目が大きくなるため、施すメイクの一つ一つを薄目にしていくようにしましょう。濃いメイクでは目の大半が埋まってしまい、表情も感じられなくなりますが、メイクを薄くすることによって元の目がしっかりと見えるようになり、女性らしい清楚でナチュラルな顔になることができます。

目を大きくする&目を大きく見せるポイント

目を大きく見せるメイクを施すに当たってしっかりと注目したいポイントがあります。それは個々に合ったナチュラルなメイクをすることです。奥二重や一重、そして二重の人がいるように、一人一人持つパーツは違います。

ナチュラルに仕上げようとただメイクをしていても全ての目に合い、大きく見える訳ではありません。むしろ個々に合った目が大きく見えるメイクを探す方が大変と言えますから、メイク一つ取っても地道な試行錯誤が必要になってくるでしょう。

顔の輪郭や頭部の大きさなどによっても見え方が違えば目が小さく見えてしまう原因になっているかもしれません。鏡で目を見たときにどうしたら目が大きく見えるか自分に合ったメイク法を試していくことが大切です。

目を大きくする方法を知って目を大きく見せる顔になろう

目を大きくするメイク方法などをご紹介していきました。奥二重や一重、二重などそれぞれに合った呼び方はあれど、同じ目をしている人はいないと言えるほど目には様々な大きさや形があります。そんな目は人間にとって非常に大切なものでもありますよね。人と対話するときは気になるものですから上手に目が大きく見えるメイク法などを取り入れてみてくださいね。

目を大きくする方法についてもっと情報を知りたいアナタに!

アイラインを目尻だけにするとデカ目に?引き方を解説します!
目を大きくする方法【中学生編】可愛くなる方法を教えます!
丸目メイクのやり方解説!まんまるおめめで可愛くなろう!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ