眠そうな目をメイクで改善する方法!もう眠そうとは言われない!

眠そうな目をメイクで改善する方法!もう眠そうとは言われない!

目は人に好印象を与えるかどうかの決め手となるパーツの一つです。眠そうな目に見えるために仕事の面接などでは「やる気がなさそう」と面接官に思われてしまうこともあります。マイナスのイメージを人に与えてしまう眠そうな目。今回はこの眠そうな目の改善策をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.眠そうな目を改善する方法は…
  2. 2.眠そうな目の改善策1:マスカラを活用する
  3. 3.眠そうな目の改善策2:ビューラーでまつ毛をカールする
  4. 4.眠そうな目の改善策3:アイラインで目元をはっきりさせる
  5. 5.眠そうな目の改善策4:アイシャドーの色合いを考える
  6. 6.眠そうな目の改善策5:二重マッサージする
  7. 7.眠そうな目の改善策6:つけまつ毛をつける
  8. 8.眠そうな目の改善策7:まつ毛エクステをする
  9. 9.眠そうな目の改善策8:アイプチしてみる
  10. 10.眠そうな目の改善策9:二重の整形をする
  11. 11.眠そうな目の改善策10:アイクリームでまぶたの保湿
  12. 12.眠そうな目の改善策11:頭皮を持ち上げる
  13. 13.眠そうな目の改善策12:冷温タオルでまぶたの血行をよくする
  14. 14.眠そうな目の改善策13:まぶたの筋肉を鍛える
  15. 15.眠そうな目を改善しよう!

眠そうな目を改善する方法は…

眠そうな目をしていると可愛くないとか色気がないとかやる気がないように思われてしまいがちです。目元は人に好印象を与えるポイントの一つです。

目元が眠そうだとマイナスイメージを与えがち!今回は眠そうな目を改善する方法をご紹介します。メイクのちょっとした工夫や二重の整形術まで、こんな方法で眠そうな目を改善してみてください。

眠そうな目の改善策1:マスカラを活用する

眠そうな目はまずメイクで改善してみましょう。マスカラは人工的な繊維をまつ毛につけてまつ毛を伸ばし、まつ毛にボリューム感を与えます。そうすることでまぶたを大きく見せることができ、目のサイズを広げて目を大きく見せる効果があります。

眠そうな目の原因はまぶたが腫れぼったく見えたり、細く小さく見える場合がほとんどなので、まぶたを大きく見せることは眠そうな目の改善策になり、目元を可愛く見せること、塗り方によっては色気を出すこともできます。

まつ毛の細い方はマスカラを付ける前に、マスカラの下地を使うことがおすすめです。マスカラの下地をまつ毛に付けた後、マスカラを塗ります。

マスカラのブラシについているダマは毎回ティッシュで綺麗にふき取ってから新たにマスカラ液を付けてください。まつ毛の中央の根元にブラシを押し付け軽く左右に振りながら塗っていきます。

上まつ毛を塗ったら、マスカラをタテに持ち下まつ毛にもつけます。目が大きくなり可愛い感じにみえます。マスカラがだまになってしまわないように、乾かないうちにコームで溶かします。

マスカラがにじんでしまったときは綿棒に化粧水を軽くつけてにじんでしまった部分をふき取りましょう。

眠そうな目の改善策2:ビューラーでまつ毛をカールする

まつ毛がクリンと上がっていると目が大きく可愛い感じになり、眠そうな目を改善することができます。まつ毛がカールされていると目元を可愛い感じに演出できます。まつ毛の根元からビューラーでまつ毛をしっかりと立ち上げてまつ毛をカールさせます。

ビューラーの使い方はまつ毛の根元にビューラーをあてて少し強めにまつ毛を押し上げたらまつ毛の中間に移動しては一度ぐっと挟み、そしてまつ毛の先は優しい強さで持ち上げてカールを付けると可愛い感じが出ます。

ビューラーは人気のあるものが必ずしもいいビューラーだとは限りません。自分のまぶたのラインにビューラーのカーブがあったものが最適です。またゴムの部分が硬めのものを選びましょう。長くカールをキープしたいときはホットビューラーも可愛い感じにまつ毛があがりおすすめです。

眼尻や目頭のまつ毛のあがりにくい部分は部分用のビューラーを使ってみましょう。また劣化したビューラーのゴムを使っているとまつ毛が抜けやすくなったり傷んでしまいます。1カ月を目安にゴムの交換を心がけてください。クルンと可愛い感じにカールしたまつ毛は眠たい目から可愛い感じや色気も感じさせる目の印象に変えてくれる方法の一つです。

眠そうな目の改善策3:アイラインで目元をはっきりさせる

メイクで眠たい目を改善するにはアイラインは必要不可欠です。アイラインの引き方はヘタに引くとパンダ目になってしまったり、いかにもラインを引いていますという印象を出してしまいます。基本はまつ毛とまつ毛の間を埋めるように引くと自然な感じに引くことができ、眠そうな目の印象も変えることができます。反対側の手でまぶたを引き上げるようにして、まつ毛の生え際にひくこと。はみ出してしまった部分やにじんでしまったときは、綿棒に乳液などを軽くつけてはみ出した部分を落とします。

持って生まれた目のタイプによって引き方にポイントがあります。一重まぶたの人は目じり向かって太目に引くのがポイントです。リキッドタイプのアイライナーは先が筆のようになっているので繊細な細い線からくっきりはっきりした線を引きことができます。一重まぶたの人のように目じり部分にポイントを置いた方いい場合はリキッドタイプがおすすめです。

二重まぶたの人はまつ毛の生え際に沿って細めのラインをひくと自然に目をはっきりと強調することができます。太く引くと目元が濃くなり重たくなってしまいます。ペンシルタイプのアイライナーはまつ毛の生え際を埋めるように引くにはおすすめのアイライナーのタイプです。


◆関連記事:目力をアップさせたいならこちらもチェック

目力が強い人の特徴!目力をアップさせるには? | Lovely[ラブリー]のイメージ
目力が強い人の特徴!目力をアップさせるには? | Lovely[ラブリー]
目力のある人になりたいと思ったことは誰しも一度はあるのではないでしょうか。 目力がないから自分なんてもうだめだ…。目力がないからモテない…。 しかし、目力がなくても落ち込無必要はありません! 目力は簡単なトレーニングによって鍛えることが出来るんです。

眠そうな目の改善策4:アイシャドーの色合いを考える

メイクで眠そうな目を改善するにはアイシャドウの色合いを考えましょう。眠そうな目はその大半が腫れぼったい目をしています。腫れぼったい目のメイクのアイシャドーには暖色系のものより寒色系がおすすめです。

たとえば暖色系とはピンク、パープル、ベージュなど、寒色系ではターコイスやネイビー、グレー、こげ茶などです。眠そうな目に見せないメイクのテクニックとして、ハイライトにパール入りのものを使うとも、目元が明るくなり華やかさを演出できます。

寒色系のアイシャドーは目力をだします。寒色系はクールなイメージを持たれてしまうこともありますが、目をはっきりさせてくれるので、一重まぶたの人や腫れぼったい目の人にはおすすめです。

はっきりとした二重の人は暗くクールな感じになりすぎてしまう場合があるので、そんな時は目の中央に刺し色で黄色やオレンジ色を少し足すと華やかになり、色気のある目を演出することができます。目頭よりも眼尻にポイントを置くと眠そうな目をはっきりした目にメイクで見せることができます。

眠そうな目の改善策5:二重マッサージする

メイクで眠そうな目を改善できますが、眠そうな目そのものを改善することも大切です。眠そうな目の人は一重まぶたの人や目が腫れぼったく二重がはっきりとしていない人、目にクマがあり眼尻がさがりがちの人が多いです。こんな人は目のマッサージを日ごろから自分で行い、綺麗な二重になるようなマッサージをしてみましょう。

次のページ

眠そうな目の改善策6:つけまつ毛をつける

関連記事

人気の記事