マスカラの落とし方!簡単で正しい落とし方を知ろう

マスカラの落とし方は女性にとって明日のメイクのノリやマスカラのノリを良くするために極めたい部分。 そんなマスカラを簡単に落とせるその落とし方について今回は紹介していきます。でも、簡単だけど正しいマスカラの落とし方ですから、安心して取り組んでくださいね!

マスカラの落とし方!簡単で正しい落とし方を知ろうのイメージ

目次

  1. 女性の魅力をさらに引き出すマスカラ
  2. そもそもなんでマスカラは生まれたの?
  3. マスカラの綺麗で簡単な落とし方の種類
  4. マスカラの簡単な落とし方その①ワセリン 効果
  5. マスカラの簡単な落とし方その①ワセリン その落とし方  
  6. マスカラの簡単な落とし方その②お湯 効果
  7. マスカラの簡単な落とし方その②お湯 その落とし方
  8. マスカラの簡単な落とし方その③クレンジング剤 効果
  9. マスカラの簡単な落とし方その③クレンジング剤 その落とし方
  10. マスカラの簡単な落とし方その④オリーブオイル 効果
  11. マスカラの簡単な落とし方その④オリーブオイル その落とし方
  12. マスカラの簡単な落とし方その⑤ウォータープルーフマスカラを落とすには? 
  13. マスカラの簡単な落とし方その⑥メイクの時点で落としやすく
  14. マスカラを落とすときは優しく!落とし方のコツ
  15. マスカラを落とすときは優しく!落とす時に使わない方がよいもの
  16. マスカラの落とし方の組み合わせの話
  17. マスカラの落とし方の余談その①
  18. マスカラの落とし方の余談その②
  19. 痛んだまつげのケアにはこれ
  20. マスカラの簡単な落とし方のまとめ

女性の魅力をさらに引き出すマスカラ

自分の輪郭やそれぞれのパーツを引き立てるためのメイク道具の1つにマスカラがありますが、そのマスカラの威力は男性の性欲をかき立てる程の効果を持つ場合もあります。

そんなマスカラですが、綺麗に落とさないと目のアレルギーの原因や皮膚の病気を引き起こす恐れがあります。

それを防ぐために、今回のこの記事が少しでも力になればいいなと思い、私なりに様々なマスカラの落とし方を紹介していきますね。

きっとみなさん自信に独自のマスカラの落とし方があると思うので、それと比較したり友達や雑誌で実践しているマスカラの落とし方と比較して、自分にあったマスカラを見つけ出してみてください!

そもそもなんでマスカラは生まれたの?

マスカラの歴史には様々な説がありますが、その中でも一番有力な説は「1913年にアメリカのメンフィスで生まれた」説です。

19歳の薬剤師トーマス・L・ウィリアムズが片想いに悩んでいる妹のためにまつげを濃くみせるためにはどうしたら良いかと開発したものが、ワセリンとゼリーと石灰粉を混ぜたもので、それがマスカラの起源と言われています。

さて、その威力はどうだったかというと、なんとその妹の片思いは無事実ったそう!

んー開発したトーマスはどうしてまつげに何か装飾をすれば妹の恋が実るのだと予測したかが気になるところですが、結果妹の恋が実ったので良かったですよね。

さて、話は戻りまして、この話にでてくるまつげ化粧品(ワセリンとゼリーを石灰粉)が女性達に話題を呼び、トーマス・L・ウィリアムズは妹の名前「メイベル」とワセリンを合わせた社名をつけて化粧品会社を立ち上げました。

それがあの有名な「メイベリン」。

ということは、メイベリンこそまつげに特化した化粧品を扱っている化粧品会社と謳ってよさそうです!

マスカラの綺麗で簡単な落とし方の種類

さて、そんなマスカラの起源をお話したところで、さっそくお次はマスカラの綺麗で簡単な落とし方について説明していきますね。

マスカラの綺麗で簡単な落とし方には種類がいくつかありますので、その種類別に紹介していきます。

まずマスカラの綺麗で簡単な落とし方には、
①ワセリン
②お湯
③クレンジング剤
④オリーブオイル
の4種類があります。

また、この落とし方を組み合わせることで綺麗にマスカラを落とすことができるので、その組み合わせに付いてもお伝えしていきますね。


マスカラの簡単な落とし方その①ワセリン 効果

ではまず最初にワセリンから。

このワセリンは乾燥を防ぐことで広く一般的にその効果は知られていると思います。

ということは乾燥しがちな目元にとって、その効果はとっても嬉しいですよね。

そしてワセリンはポイントメイク落としとしても効果が高いので、マスカラ落とし以外にも活用できそうですね!

マスカラの簡単な落とし方その①ワセリン その落とし方  

では、ワセリンを使ったマスカラの落とし方を。


①適量を指先に取り、アイメイクの上にワセリンを乗せます。
②指先でくるくると目元にあるワセリンを馴染ませて、そのまましばらく放置。
③2~3分程たったらコットン等の肌に優しい拭き取り材でワセリンを軽く拭き取ってください。

マスカラの簡単な落とし方その②お湯 効果

では次にお湯を使ったマスカラの効果をお伝えします。

お湯で落とすだけになりますので、まずお湯で落ちるタイプのマスカラを使用している場合はその商品名の通りお湯で落ちます。

ですが、そうでないタイプのマスカラは少し話が違ってきますよね。

でも、お湯を使って落としやすくすることは可能ですので、一度読み進めてみていただければなと感じます。

マスカラの簡単な落とし方その②お湯 その落とし方

では次にお湯をつかったマスカラの落とし方から!

①お湯を洗面器にため、タオルを入れ温タオルを作ります。
②温タオルを目元にのせ2~3分程待ちます。
③最後に目元周辺についたマスカラをお湯で落とすように優しくお湯で洗い流します。

お湯だけでささっと洗い流すだけではなく、きちんと温タオルで目元を蒸らしてあげるとしっかりと落ちてくれるのでおすすめですよ。

マスカラの簡単な落とし方その③クレンジング剤 効果

お次は定番のクレンジング材。

クリームタイプのものやオイルタイプのもの、様々な種類のものがありますがクレンジング剤にはほぼ界面活性剤というお肌を老化させてしまいかねない材料が入っていることが多いです。

ですがその分メイクを落とす力は強いので、使いどころを見極めて使っていくと良いかと思います。

マスカラの簡単な落とし方その③クレンジング剤 その落とし方

ではそのクレンジング剤を使った落とし方を記載しますね。
クレンジング剤を使ったマスカラの落とし方は、それぞれのクレンジング剤に記載されていると思いますが一通り定番の流れを以下に並べます。

①クレンジング剤をコットンに馴染ませ、目元になじませた部分を貼付けるイメージで置きます。
②2~3分たったらコットンで目の周りのマスカラやアイメイクを取るイメージで拭き取っていきます。


もちろん、コットンを使わなくても掌にクレンジング剤を直接つけてマスカラを落としていくというやり方もありますね。

マスカラの簡単な落とし方その④オリーブオイル 効果

次に紹介するのはオリーブオイルです。

オリーブオイルは食用の物をつかっても大丈夫です。
食べても安心なオリーブオイルを肌に塗るわけですから安心感がありますよね。

オリーブオイルには人の皮膚の成分に近いとされているオレイン酸が含まれているので、肌なじみがとても良いですし、肌を乾燥から守ってくれます。

ですので、敏感肌で乾燥肌の人にとっては最適なのではないでしょうか。

マスカラの簡単な落とし方その④オリーブオイル その落とし方

ではそのオリーブオイルを使ったマスカラの落とし方の順序を説明しますね。

①オリーブオイルを掌に落とし、指先に適量を摂ってまぶたにのせます。
②そのまま優しく指先でくるくると円を描くようにアイメイクを落として行きます。
③しばらくたったらコットンで優しく拭き取ります。

コットンにオリーブオイルをなじませ、それをまぶたにのせてからアイメイクを取るというやり方もありますが、それよりも指でやる方が掌の温度でちょうどいい具合にオリーブオイルが温まりその分メイクも落ちやすくなるのでそちらの方がおすすめです。

マスカラの簡単な落とし方その⑤ウォータープルーフマスカラを落とすには? 

さて、水に強いため落ちにくく長時間メイクをする機会のある女性にとっては重宝するアイテムのマスカラであるウォータープルーフですが、なかなか落ちにくいという欠点もありますよね。


そんなウォータープルーフですが、コツをしっかりおさえればしっかりと綺麗に落とす事ができるとのこと。

ワセリン、お湯、クレンジング剤、オリーブオイル、どんな方法をつかって落とすのが一番良いのでしょうか?

そちらについてお話していきますね。

ウォータープルーフマスカラを落とすには?

一番おすすめの落とし方は、お湯で絞った温タオルでしっかりとまつげを蒸らしてその後に指先でオリーブオイルを使って落としていくやり方です。

ウォータープルーフは中々落ちにくいので、念入りにやりましょう。

ウォータープルーフは落ちにくいからといってごしごしこすっておとすことは控えてくださいね!

マスカラの簡単な落とし方その⑥メイクの時点で落としやすく

では次にお話するのは、マスカラを落としやすくする為にメイクをする時点で何かできることはないか?という角度でのお話。


私はたまに、思いっきりべっとりとマスカラをまつげにつけてしまうのですが、やはりそれだけつけてしまった日のメイク落とし時には、だまになったマスカラが固まっているのでその分落としにくいんですよね。

ですのでそんな時はちゃんと、マスカラを付けすぎた分コットンで軽く拭き取ってあげるようにしています。

また、マスカラをまぶたにいざ付ける前に、マスカラの先に付ける液の量を少なめにして、毛束よりも毛の長さを意識するようにまぶたに先端をのせていくようにしています。

マスカラを落とすときは優しく!落とし方のコツ

さて、ではマスカラを落とすときはどのようにして優しく落とすのが良いでしょうか。

落とし方のコツはいくつかあるのですが、落とすときに使う道具もポイントになってきます。

とくにウォータープルーフのマスカラなんかでは大活躍する道具だと思いますので、このまま是非チェックしてみてくださいね!

コットン

この記事の中にもいくつかでてきていますが、まずコットンがあげられますね。

麺でできているので繊維が細く柔らかく肌に優しいです。

でも、肌に優しいからといって強くごしごしと肌にこすりつけては駄目ですよ。

綿棒(白)

続いては綿棒の白です。

黒よりも白の包が汚れがとれていると実感できるので使いやすいですね。

綿棒の先にワセリンやオリーブオイルやクレンジング剤をつけて、指やコットンを使った時には落ちなかった狭かったり際どかったりする部分の汚れをきっちりと取ってあげてくださいね。


◆関連記事:落ちないマスカラが欲しい人へ

落ちないマスカラ人気おすすめ25選!絶対落ちないメイク方法も!

マスカラを落とすときは優しく!落とす時に使わない方がよいもの

では次に、マスカラを落とすときに使わない方が良いものは何があるでしょうか?

ティッシュ

ティッシュは鼻を噛む時に使っているので割と当たり前にメイクを落とす時にでも使えそうですが、ティッシュは原料が木でできているのでその時点で肌には中々使いにくそうなことがわかりますよね。

タオル(直接肌への摩擦がある時のみ)

温タオルとして肌の上にのせていく分にはとくに問題はないですね。

ですが、そのままゴシゴシとこすってしまうと当たり前ですが肌は傷ついてしまうので、そのように肌への摩擦が多い動作はタオルでは控えてくださいね。

マスカラの落とし方の組み合わせの話

ではマスカラをより落としやすくするために、①〜④の落とし方を組み合わせて肌に負担のないように優しく綺麗に落としていきましょう。

お湯とオリーブオイル

ウォータープルーフの時にもお話しましたが、お湯でしっかりとまぶたを蒸らしてマスカラを浮かせた後に、オリーブオイルと指をつかってまぶたのマスカラを念入りに落としてあげると片方だけで落とす時よりも綺麗に落ちてくれます。

説明不要とは思いますが、お湯でしっかり蒸らされたマスカラはふやかされているので、油分であるオリーブオイルがしっかりとマスカラを粘着しまつげから引き離してくれるんですね。

お湯とクレンジング剤

このお湯とクレンジング剤の組み合わせも良いです。

クレンジング剤は肌に負担が大きいので、お湯で落としやすくしてあげておくとその分摩擦しなくてもマスカラがまつげからはがれやすくなっているのでおすすめなんです。

マスカラの落とし方の余談その①

ちなみに、マスカラを落とす時に一番良い時間帯はあるのでしょうか。

恐らくもうお分かりかもしれませんが、お風呂から上がる緑然が一番良いです。

なぜかというと、湯船に浸かった時の蒸気が顔の毛穴を開くと同時にまつげについたマスカラも一緒に蒸らして落としやすくしてくれますので、おすすめなんですね。

まだ逆に、お風呂に入る前にお湯に浸したタオルで蒸らしてオリーブオイルで先にとってしまった後に、お風呂に入って湯船の蒸気でさらにマスカラをまつげから浮かすという2段使用での対策もぬかりがなくておすすめなのではないかと思います。

シャワーよりもしっかりと湯船に浸かる方がメイクもマスカラも落ちやすいので、そこはマスカラを落としやすくするためのポイントのひとつとして押さえておいても良いですよね。



マスカラの落とし方の余談その②

そもそも、マスカラを落とすのがめんどくさいという方は「つけまつげ」という対策もありますので、是非一度試しに取り入れてみるのが良いかなとも思います。

でも、つけまつげはマスカラよりもまつげに負担がかかりやすいみたいですのでそこは知識として頭に入れておいてもらえればなと思います。

痛んだまつげのケアにはこれ

せっかくまつげについたマスカラを綺麗に落とせたのですから、その後のケアも大切にしたいと思いませんか?

ウォータープルーフのマスカラはとくにまつげが痛みやすくなります。

ですのでもうこの記事も終わりに近づいていますが、最後にまつげのケアができる「まつげ美容液」についてのお話をしたいと思います!

しっかりとまつげについたマスカラを落としてあげた後は、このまつげ美容液できちんとケアをしてあげると良いですね。

そうすれば、しないよりも次の日のマスカラのノリ具合も良かったり、まつげが抜けるのを防げるのではないでしょうか。

上記の画像以外のまつげ美容液にもたくさん種類はありますので、是非ご自分でもチェックされてみてくださいね!

マスカラの簡単な落とし方のまとめ

そんなわけで、マスカラの簡単な落とし方についてまとめました。

とくにウォータープルーフのマスカラは落としにくいので、①〜④のどれかを組み合わせてみるのが良いですね。

お湯を使ったタオルでの蒸らし効果はかなりの威力でマスカラ落としに貢献してくれますので、是非ともワセリン使用の前にも活躍させてみてください。

それから是非、まつげ美容液もマスカラ落としの後に取り入れて、日頃のケアの習慣としてあげてくださいね。

そして落とす時はどうか優しく丁寧に、あなたのまつげを扱ってあげてくださいね〜♩

もっとクレンジングについて知りたいあなたはこちらもチェック

オイルクレンジングのおすすめランキング!上手な使い方も解説!
ホホバオイルを使った頭皮ケア!クレンジングと保湿のやり方は?
ホホバオイルでクレンジングの正しいやり方!メイクは落ちないの?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ