アイメイクの基本!アイシャドウの塗り方から化粧品の選び方まで

アイメイクといのは、メイク初心者の方なら誰もが最初に迎える難関ポイント。だけど、今時アイメイクの基本なんて誰にも聞けない…そんな方に是非読んでみて欲しい、アイメイクの基本をご紹介します!化粧品のシーン別の選び方や、塗り方までを徹底解説します♪

アイメイクの基本!アイシャドウの塗り方から化粧品の選び方までのイメージ

目次

  1. メイク初心者も大丈夫!アイメイクの基本をご紹介♪
  2. アイメイクの基本!アイシャドウの選び方【ナチュラル】
  3. アイメイクの基本!ナチュラルアイシャドウの塗り方
  4. アイメイクの基本!アイシャドウの選び方【血色系】
  5. アイメイクの基本!血色系アイシャドウの塗り方
  6. アイメイクの基本!アイシャドウ選び方【個性派カラー系】
  7. アイメイクの基本!個性派カラー系アイシャドウの塗り方
  8. アイメイクの基本!発色と持ちを維持するなら、コレを使おう!
  9. アイメイクの基本!アイラインの選び方【ナチュラル】
  10. アイメイクの基本!ナチュラルメイクのアイラインの塗り方
  11. アイメイクの基本!アイラインの選び方【しっかりメイク】
  12. アイメイクの基本!しっかりメイクのアイラインの塗り方
  13. アイメイクの基本!マスカラの選び方【ナチュラル】
  14. アイメイクの基本!ナチュラルマスカラの塗り方
  15. アイメイクの基本!マスカラの選び方【しっかりメイク】
  16. アイメイクの基本!しっかりメイクのマスカラの塗り方
  17. アイメイクの基本!つけまつげの選び方【ナチュラル】
  18. アイメイクの基本!つけまつげの選び方【しっかりメイク】
  19. アイメイクの基本!つけまつげの付け方
  20. アイメイクの基本、まとめ

メイク初心者も大丈夫!アイメイクの基本をご紹介♪

アイメイクというのは、メイクのなかでも出来栄えの良し悪しに大きく関わる大事なポイントですよね。

”顔の印象を変えるパーツ”と言っても過言ではないアイメイクというのは、メイク初心者が最初に乗り越えるべきパーツだとも言えるのではないでしょうか?

それだけに、きちんと基礎からしっかりとアイメイクの方法を勉強したいけど、若い年齢層でも当たり前のように自分でメイクを施す時代になった今、「アイメイクの基本を教えて!」とはなかなか良い出しにくいですよね。

今さら人には聞けないけれど、しっかりと基本は抑えておきたいアイメイク。

そんなアイメイクの基本を、今回はご紹介していきたいと思います!

オフィスや学校など用の、ナチュラルなアイメイクに使用する化粧品の選び方や塗り方、そしてパーティやお出かけなど用の、しっかりと施すアイメイクに使用する化粧品の選び方や塗り方などなど、シーン別にアイメイクの基本をご紹介!

アイメイクをしっかりと基本から手順をふんで、初心者でも簡単且つ綺麗なアイメイクに仕上げてみましょう♪

アイメイクの基本!アイシャドウの選び方【ナチュラル】

アイメイクの基本として、まずはアイシャドウのやり方から入っていきましょう!

目元の印象を雰囲気から演出するのに重要なアイテムであるアイシャドウは、やり方の前に自分に合うアイシャドウを選ぶことから気をつけるのがポイント。

まずは、オフィスなどでも気軽につけることのできるナチュラルアイメイクにぴったりのアイシャドウから見ていきましょう!

ナチュラルアイメイクの際におすすめのアイシャドウは、やはりブラウン!ですが、ブラウンと言っても種類は様々にありますよね。

どのブラウンアイシャドウにするか迷ったら、明るい色のブラウン!という選び方をするようにしてみましょう。

特にオフィスなどのメイクですと、あまりキラキラとしたラメ入りのものはつけられないですよね。

ですので、ラメが無い分明るいブラウンで雰囲気も明るくするのがポイントですよ!

アイメイクの基本!ナチュラルアイシャドウの塗り方

ナチュラルなアイメイクの際のアイシャドウを手に入れることができたら、ナチュラルメイクのアイシャドウの手順ややり方を確認していきましょう。

ナチュラルメイクのアイシャドウの手順として、まずはアイホール(まぶたのくぼみ全体)に一番明るい色のアイシャドウを広げていきます。

この時の塗り方として、付属のチップで塗るよりもアイシャドウブラシで施していくのがおすすめです。

チップでアイシャドウを施すといううやり方は、どうしてもアイシャドウが濃くついてしまいがちですから、特に一重さんの場合なんかは時間が経った時にメイクのヨレが目立ちやすくなってしまいます。

余分なアイシャドウをのせてしまわないようにする為にも、アイシャドウブラシで塗るというやり方を選びましょう。

明るい色の後は、暗めのブラウンを細いチップで目の極にのせて、境目をブラシでぼかす。この手順を踏めば、綺麗なグラデーションのアイシャドウになりますよ!

アイメイクの基本!アイシャドウの選び方【血色系】

続いてはナチュラルだけど血色感のある、健康的で可愛いらしく見えるメイクの際のアイシャドウの選び方をご紹介します!

血色感のある色というとその選び方は難しいような気がしてしまいますが、ベーシックな色さえ覚えてしまえば大丈夫です。

血色感のある目元を演出したい時には、ピンクやオレンジのアイシャドウがナチュラルでおすすめ!

ですが、この血色系のアイシャドウを選び方として注意して欲しいのが、できるだけラメ入りのものを選ぶということです。

血色系のアイシャドウは、特ににマットなピンクなどの場合やり方や手順を間違えると、ただ腫れぼったく見えるだけのアイメイクになってしまうのです。

一重さんの場合は特に腫れぼったメイクに仕上がってしまいやすいですので、ラメ入りのアイシャドウを選んで光を飛ばしやすいものを選んでみて下さいね。

アイメイクの基本!血色系アイシャドウの塗り方

では、血色系アイシャドウの塗り方をご紹介していきます!

血色系メイクのやり方としてまず注意して欲しいのが、ベースとなる明るいピンクやオレンジなどのアイシャドウをあまり広範囲に広げないということ。

ナチュラルメイクのやり方と同じようなアイシャドウの塗り方をしてしまうと、一気に腫れぼったメイクになってしまうのです。

ですので、血色系のアイシャドウはできるだけアイホールより一回り内側に施すという手順を踏んで下さいね。

一重さんの場合は、小指の指の腹部分くらいの幅にベースの明るい血色系アイシャドウを入れるのがおすすめですよ。

ベースを塗ったら、濃いピンクやオレンジを目尻の3分の1に入れて、ナチュラルメイクの手順と同じようにぼかして下さいね。

この濃い血色系アイシャドウは、下まぶたの目尻の3分の1に入れても可愛いですよ。一重まぶたさんは、この下まぶたに濃い色を入れるというやり方がおすすめ!

アイメイクの基本!アイシャドウ選び方【個性派カラー系】

アイシャドウの選び方として、次はちょっと個性的に仕上げてみたいという方におすすめのカラー系アイシャドウの選び方をご紹介します!

カラ系ーアイシャドウは、ちょこっと入れるだけで普段のメイクや他の人とも差をつけられるメイクですので、個性派ルックが好きだという方におすすめです。

そんなカラー系アイシャドウは、濃い色から淡い色までが揃っているパレットタイプのもの売っていますが、はじめのうちは単色売りしているものを選ぶのが理想です。

カラー系の個性的な色は、パレットを購入しても全色を活用するのは初心者にはちょっと難しく、パレットを買ったのに結局1色しか使用しないということもよくあります。

それはもったいないですので、自分の好きな色を単色で購入できるタイプのカラーアイシャドウをゲットしてみましょう!

アイメイクの基本!個性派カラー系アイシャドウの塗り方

では、カラー系の個性的なアイシャドウの塗り方や手順をご紹介!

カラー系のアイシャドウを使うときは、ベースは無色のラメシャドウなどを使用するのがおすすめです。

個性の強いカラー系シャドウは、ベースとして下手に他の色をもってきてしまうと色同士が喧嘩してしまう可能性がありますので、扱い方に慣れるまではラメシャドウの上にカラーシャドウの手順がベター。

カラーシャドウのやり方は、ナチュラルメイクの時の暗めのアイシャドウを入れるときのように、チップなどにとって目尻側にさり気なく入れてあげるのがポイントです!

一重まぶたさんの場合は、血色系アイシャドウのやり方と同じように、下まぶたの目尻側に入れてあげるとヨレにくいですよ。

もしも個性的具合を調節したい場合は、チップでカラーシャドウを入れたあとにブラシで少しぼかしてもOK!

このカラー系アイシャドウは、ペンシルタイプのアイシャドウもとても便利です。

アイメイクの基本!発色と持ちを維持するなら、コレを使おう!

ここまで様々なテイストのアイシャドウのやり方をご紹介してきましたが、綺麗な塗り方をすることができても、それを持続させてあげなければ意味がありませんよね。

特に一重まぶたさんの場合は、アイシャドウのヨレが比較的目立ちやすくなってしまいますから、メイクを施している時点からメイクヨレは防いでおきたいもの。

そんなメイクヨレのお悩みを解決してくれるメイクアイテムが、アイシャドウベースです!

アイシャドウベースをアイシャドウを塗る前のアイホールになじませておくことによって、時間が経ってもアイシャドウがヨレにくく、また発色もよくなりますので、初心者には特におすすめしたいアイテムです♪

アイシャドウベースの塗り方として、塗りすぎるとそれもまたメイクヨレの原因となってしまいますから、なじませる程度に少量を指の腹で優しくアイホール全体に広げましょう。

アイメイクの基本!アイラインの選び方【ナチュラル】

では次に、アイラインの工程に移っていきましょう!アイラインも、オフィス使用のナチュラルなテイストからしっかりメイクまでありますので、自分のやりたいアイメイクを想像しながら読んでみて下さいね。

まずは、ナチュラルなアイメイクをするときのアイラインの選び方です。

ナチュラルメイクをするときには、いかにアイラインをさり気なくしつつも目力を強調させられるかがポイント。

ですので、ここではリキッドタイプの濃密なアイラインは避けておきましょう。

その代わり、ペンシルタイプのアイラインや、ジェルタイプのアイラインなど、濃さを調節しやすいものを選んでみて下さいね。

一重さんの場合は、繰り出しタイプでラインが太くなってしまいにくいペンシルアイラインがおすすめです!

アクセントとしてリキッドアイラインを使用したい場合は、極細タイプのものを選びましょう。

アイメイクの基本!ナチュラルメイクのアイラインの塗り方

ナチュラルメイクに最適なアイラインをゲットしたら、ナチュラルメイクの際のアイラインのやり方をマスターしましょう。

ナチュラルにアイメイクを仕上げたいときの手順は、まずは上まぶたのまつげの生え際を埋めるように、ペンシルアイラインやジェルラインを入れていきます。

このやり方を、インサイドラインと言います。

インサイドラインなら、一重さんでもやりやすいアイラインのやり方ですね!

インサイドラインが出来たら、次に上まぶたの目尻からまぶたの中央くらいにまでペンシルでアイラインを入れます。

このとき、まつげの際に沿ってペンシルを細かく動かしながらラインを入れると、失敗しにくいですよ!

お好みで、下まぶたの目尻側3分の1くらいにもアイラインを入れてあげるとデカ目効果アリ!

一重まぶたさんは、上まぶたよりも下まぶたのアイラインを丁寧に施してあげると、仕上がりも綺麗になりやすく、ヨレにくいですよ。

アイメイクの基本!アイラインの選び方【しっかりメイク】

ナチュラルなアイメイクに続いて、しっかりメイクにぴったりなアイラインの選び方をご紹介!

しっかりと密度のあるラインを引いて、目元の存在感を存分に引き出したい。そんなときに選ぶべきアイラインは、ズバリリキッドタイプのアイラインです。

リキッドタイプのものは、液体ですので1回スッとラインを引くだけで誰でも印象的な目元を演出してくれますよ!

リキッドタイプにも様々な種類がありますが、がっつりとアイラインを引きたいのであれば極細は避けた方が良いでしょう。

極細リキッドアイラインだけでアイラインを仕上げようと思うと、一筆ではなかなか思い通りの仕上がりにならず、何度か重ねて書いてしまいます。

そのうちにだんだんとガタガタとしたアイラインになってしまうことがありますので、ノーマルな太さのものを選びましょう。

一重さんの場合は、アイラインが崩れにくいウォータープルーフタイプがおすすめです!


◆関連記事:もっとアイメイクを極めたい方へ

アーモンドアイメイクの方法!アーモンドアイの作り方解説します!
アイメイクの順番を解説!7つのステップを抑えましょう!

アイメイクの基本!しっかりメイクのアイラインの塗り方

しっかりメイクのアイラインを引くときのやり方は、目頭からまずはまつ毛の極を埋めるように小刻みにアイラインを動かしながらラインを施します。

まつ毛の極を埋めたら、次の手順として一筆でスッと目頭から目尻にかけてラインを引いていきましょう。

このとき目は伏し目がちにしておくと、綺麗なアイラインを引きやすくなりますよ!

伏し目がちな状態に保つためには、手持ち鏡を下の方で持つ。もしくは顎をクイっと上げてあげると、自然に伏し目を保つことが出来て安定します。

しっかりアイラインのやり方の最後の手順は、アイラインの引き終わりの斜め上に点を打ち、その点を結んで三角を作るように目尻側にラインをプラスすれば、パーティなどでも目立つキャットアイラインになりますよ!

アイメイクの基本!マスカラの選び方【ナチュラル】

では、アイラインの次はまつ毛のメイクの工程です。

まつ毛のメイクに欠かせないアイテムといえば、マスカラ!マスカラは基本的にウォータープルーフのものを選べば、一重さんでも瞬きでマスカラが滲んでしまうというトラブルを未然に防ぐことができますので安心ですね。

ナチュラルなメイクをしたい時におすすめのマスカラは、ロングタイプのマスカラを選ぶのがベターです。

ボリュームよりも長さを出すことに重きを置いて作られたロングマスカラは、ナチュラルメイクには十分なボリュームがありながらも長さがでるので、ナチュラルメイクは持ってこい!

まぶたが埋もれてしまいがちな一重さんも、ロングマスカラで長さをだせばしっかりとまつ毛も映えるナチュラルメイクに♪

アイメイクの基本!ナチュラルマスカラの塗り方

では、ロングタイプのマスカラで作るナチュラルアイメイクのやり方を見ていきましょう。

ナチュラルでもしっかりとメイクを施していることがわかるようにするためには、最初の手順として自まつ毛をビューラーでカールさせておく必要があります。

ビューラーのやり方は、アイラインを引くときのように伏し目がちにしながらまつ毛を挟むと、まつ毛と一緒にまぶたを挟んでしまって痛い!という思いをしなくてすみますよ!

特に一重さんの場合は、まつ毛とまぶたを一緒に挟んでしまうことがよくありますので、上記のやり方でもやりにくい場合は部分用ビューラーを使ってみると良いでしょう。

ビューラーで自まつ毛をカールさせたら、次の手順はマスカラを根元からブラシを揺さぶりながら上へと滑らせていきます。

両目にマスカラを塗ったら、もう一回ずつ時間差でマスカラを重ねると、付きも良くナチュラルロングなまつ毛の完成です♪

アイメイクの基本!マスカラの選び方【しっかりメイク】

ナチュラルなアイメイクの際のマスカラに続いて、しっかりメイクをする時のマスカラの選び方を見ていきましょう!

しっかりメイクというくらいですから、やはりロングタイプよりもボリュームタイプ!ボリュームタイプのマスカラで、より太くはっきりとしたまつ毛メイクをすることができますよ。

しかし、一重まぶたさんの場合はロングタイプのマスカラの太いブラシが使いにくいと感じてしまうこともあるかもしれませんね。

そんな時のお助けアイテムが、マスカラ下地です!マスカラ下地を使えば、ロングタイプのものでもボリュームタイプに劣らない濃さのまつ毛に仕上げることができますよ。

長さも手に入れることが出来て一石二鳥ですので、マスカラの手順にマスカラ下地をプラスしてみましょう!

アイメイクの基本!しっかりメイクのマスカラの塗り方

しっかりメイクの際のマスカラの塗り方!まずは、しっかりとビューラーでまつ毛をカールさせ、マスカラ下地を使用する場合は先にマスカラ下地をしっかりと施しておきましょう。

マスカラ下地が乾いたことを確認してから、マスカラを重ねていきます。

この時、マスカラ下地が乾く前にマスカラを重ねてしまわないように注意して下さいね。

ダマの原因となってしまって、アイメイクの見栄えが悪くなってしまいますので、ちゃんと乾ききってからマスカラを塗るようにしましょう!

しっかりメイクの時は、したまつ毛にもマスカラをオンするのがおすすめです。

ビューラーを逆さに持てば、下まつ毛もビューラーで下向きにカールさせることができ、マスカラも綺麗にのりやすくなりますよ!

アイメイクの基本!つけまつげの選び方【ナチュラル】

まつ毛にマスカラを塗って、その時点でメイク完了!でももちろん良いのですが、つけまつげを付けてさらに印象的な目元にさせてみるのにも挑戦してみましょう!

つけまつげは、まるで自まつ毛のようにも見える自然なものからボリューミーなものまでたくさんの種類があります。

つけまつげ初心者の場合は、まずはナチュラルなつけまつげから挑戦してみて下さいね。

つけまつげの選び方として、芯が透明になっているタイプのつけまつげを選ぶことをおすすめします。

芯が透明のつけまつげは、一重や二重に関係なくどのような目の形にもフィットしやすく、付けていても痛くなりにくいですので初心者でも扱いやすいつけまつげだと言えます!

また芯が透明になっていることで、既に施してるメイクにも響かずに、ナチュラルなメイクの雰囲気はしっかりと保つことが出来ますよ。

アイメイクの基本!つけまつげの選び方【しっかりメイク】

パーティーやおでかけなどの時のメイクならば、もっと目立つようなインパクトのある目元にしたい!という時もありますよね。

そんな時は、まつ毛に束感のあるものを選ぶのがおすすめですよ。

束感のあるつけまつげは、いかにもつけまつげ!という感じがする仕上がりですが、それでもインパクトを出すならやっぱりこの束感のあるつけまつげは欠かせません!

束感のあるつけまつげに挑戦したいけど、普段あまり派手なつけまつげを付けないので不安…という場合は、目尻だけが束感のあるまつ毛になっているタイプのものありますので、そちらから試してみると良いでしょう!

目頭側はナチュラルなストレートまつ毛になっていますし、目尻だけなら束感があっても主張しすぎないので、派手なつけまつげの初心者でも馴染みやすいですよ。

アイメイクの基本!つけまつげの付け方

では、つけまつげの付け方も最後にご紹介しておきたいと思います!

つけまつげを付ける際はナチュラルタイプのつけまつげでも、ボリュームタイプのつけまつげでも、必ず自まつ毛のビューラーとマスカラは施しておいて下さいね。

この自まつ毛のメイクを怠ったままつけまつげを付けてしまうと、横から見た時に自まつ毛とつけまつげの境目が見えてしまって残念な仕上がりになってしまいます。

つけまつげの付け方ですが、つけまのりを塗る際のポイントとして、ベタッと全体的に塗るのではなく間隔を置いてのせるように塗ってみましょう。

その方が、全体的にベタっと塗るよりも付きが良くなります♪

一重さんの場合はつけまつげが取れやすいですので、少しでも強度を上げるために、つけまつげを自分の目の幅に合わせてカットするという手順を加えると取れにくくなりますよ!

アイメイクの基本、まとめ

いかがでしたでしょうか?

アイメイクの基本をアイシャドウからマスカラ、つけまつげまでざざっとご紹介しましたた、しっかりと基本をマスターすることが出来ましたでしょうか?

難しいアイメイクも、基本さえ押さえておけばアレンジも効かせてより一層楽しくメイクが出来るようになりますので、まずは基本からマスターすることを意識してみて下さいね♪

もっとアイメイクについて知りたい方はこちら

面長解消メイク!小顔に見せるアイメイク・リップ強調メイク術!
ナチュラルアイメイクのやり方!アイシャドウやアイラインの使い方は?
一重さん向けアイメイク方法韓国オルチャン編!これで韓国美女風に!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ