マツエク(まつげエクステ)の資格の取り方!美容師免許がいるの?

華やかな目元のまつげエクステ(マツエク)は輝かしい世界で仕事をしたい人にピッタリです。細かい作業ですが、マツエクの出来は素晴らしいものがあります。しかし、そんなまつげエクステをするためには資格が必要かどうか気になるところなので資格取得についてご紹介します。

マツエク(まつげエクステ)の資格の取り方!美容師免許がいるの?のイメージ

目次

  1. まつげエクステ(マツエク)を施術したい女性たち
  2. まつげエクステ(マツエク)とは
  3. まつげエクステ(マツエク)は資格が必要なの?
  4. まつげエクステ(マツエク)は資格が必要なほど危険
  5. ①まつげエクステ(マツエク)の資格【美容師免許】
  6. ②まつげエクステ(マツエク)の資格【日本アイリスト協会】
  7. ③まつげエクステ(マツエク)の資格【アイラッシュ美容協会】
  8. ④まつげエクステ(マツエク)の資格【日本まつげエクステ協会】
  9. ⑤まつげエクステ(マツエク)の資格【エクステンション協会】
  10. まつげエクステ(マツエク)は雇用でも開業でも美容師免許が必要
  11. まつげエクステ(マツエク)資格取得の費用は?【スクール編】
  12. まつげエクステ(マツエク)資格取得の費用は?【通信】
  13. まつげエクステ(マツエク)資格取得の費用は?【受験費用】
  14. まつげエクステ(マツエク)の資格取得後もスキルアップが可能
  15. 合った取り方でまつげエクステ(マツエク)の資格を取得しよう!

まつげエクステ(マツエク)を施術したい女性たち

メイクなしでもすっぴん美人に目元を仕上げてくれるまつげエクステ。通称マツエクと呼ばれる技術は非常に繊細で細やかです。実際にまつげエクステ(マツエク)を受けたことがあるという人もいるでしょう。受ける側は施術中目を閉じたままなので状況は掴みにくいですが、メイクなしでも華やかな目元にしてもらった感動から自身もまつげエクステを付けられるようになりたいと考える人もいます。

また、メイク時間を短縮したい、でもサロンに行くのはお金がかかるからとセルフでまつげエクステ(マツエク)を付けているツワモノもいるようです。メイクに関してもコスパを気にする現代女子たちは、わざわざサロンに足を運ぶことなく自身の手でできるようになりたい部分もアイリストになりたい動機なのかもしれません。それだけまつげエクステ(マツエク)という技術は美容の中でも女性たちの間で広く浸透し、メイクと同様に必要不可欠な行為だと認識されているようです。

まつげエクステ(マツエク)とは

まつげエクステ(マツエク)と言っても分からない人もいますよね。まつげエクステ(マツエク)という美容技術は、メイクとは異なり、自分のまつげに対して人工のまつげを一本ずつ専用の接着剤(グルー)を使って装着していきます。

普段行うメイクのようにある程度の期間は取れることがないため、メイク時間の短縮に大活躍しています。また、メイクは自身で身に付けていかなければいけませんが、まつげエクステ(マツエク)はプロが付けてくれるため、メイクのように変に仕上がる心配もありません。

人工のエクステにはスタンダードな黒色もあれば、ナチュラルに見えるブラウンやカラーバリエーション豊富なピンクや紫、青などの色も存在します。まつげエクステはグルーで装着してから平均で2~3週間は持ち、全体的な見栄えでは約1ヶ月程度は継続して華やかな目元を続けていくことが可能です。

面倒なことは一切なく、プロのアイリスト(またはアイデザイナー)によってデザインと共に完成していくため、気を付けていくのは施術後のケアや過ごし方のみです。使う道具も少ないことから自らまつげエクステ(マツエク)用の道具を揃えてセルフまつげエクステを行う人もいます。

また、まつげエクステ(マツエク)に使われる人工エクステの種類は実に様々で、太さや長さ、カールの違いなど様々です。太さは0.1から始まり、中間の太さとなる0.15、そして最も太いエクステとなる0.20があります。メイクに馴染むのもまつげエクステ(マツエク)の良いところでしょう。

また、カールの種類も最もカールが緩やかなJカールから始まり、自まつげと自然に馴染むCカールやカール感の強いDカールなどが存在します。長さについても短いものもあればバサバサとした目元になれるような長さのものもあるため、まつげエクステ(マツエク)は多くの女性たちの要望を事細かく実現できる技術でもあります。

太さ及び長さ、そしてカールの度合いなどを組み合わせていけば数えきれないほどバリエーション豊富なデザインが仕上がるため、メイク方法が違う一人一人に合ったまつげエクステ(マツエク)を楽しむことができます。

まつげエクステ(マツエク)は資格が必要なの?

華やかな美容技術であるまつげエクステ(マツエク)ですが、施術する側になろうと考えている人は資格が必要なのかといった点について曖昧なままの状態なのではないでしょうか。まつげエクステ(マツエク)はお金をもらうかもらわないかによっても必要な資格は異なります。

ただの趣味として身近な人間に施術する程度でお金はもらわないとするのであれば資格は要りませんが、店舗を持ったり雇用される立場としてお金をもらうのであれば資格が必要になります。まつげエクステ(マツエク)を施術し、お金をもらう場合に必要となる資格は美容師免許です。

まつげエクステ(マツエク)をやりたいと考えている人にとっては基礎となる資格でもあるため、周知されている資格でもあるかもしれませんね。

まつげエクステ(マツエク)は資格が必要なほど危険

目元を綺麗に飾るそんなまつげエクステ(マツエク)ですが、安易に考えて良い技術ではありません。まつげエクステ(マツエク)は手先が器用であることを始め、様々な衛生的な知識なども収集しておく必要があります。一時期ではまつげエクステ(マツエク)をする際は民間の資格のみで良かったのですが、無資格者から受けた施術によってあまりに健康被害が多発したため、国家資格である美容師免許を取得することが義務付けられました。

まつげエクステ(マツエク)に使用するグルーもそうですが、人工のエクステに関しても慎重な取り扱いが必要になります。まつげエクステ(マツエク)に使用するグルーは揮発性で人によっては施術中目に沁みて痛みを伴う場合があります。

また、通常自まつげに対して一本のエクステを付けるところを自まつげ2~3本に対しエクステを一本つけるなどの誤った装着のやり方も目の健康被害を及ぼす重大な原因です。取り扱うもの全てに対して正しい扱いをしなければ最悪の場合失明するなどの取り返しのつかない事態を回避するために資格取得が義務付けられたのです。

①まつげエクステ(マツエク)の資格【美容師免許】

まつげエクステ(マツエク)を施術するに当たって必要となる資格はまず美容師免許です。むしろアイリストになってお金をもらうのであればこの美容師免許がなければお客に触ることさえ許されません。アイリストになるためになぜ美容師免許かと疑問に感じる人も多いようですが、過去にまつげエクステ(マツエク)の健康被害が多発したために専門の知識を持つことが義務化されたというわけです。

美容師免許を取得するということはアイリストだけではなく、やろうと思えば美容師にもなれるということです。美容師免許は「毛のスペシャリスト」のいわば証明を受けている証になるため、危険を伴うまつげエクステ(マツエク)にも必要と考えられました。厳密に言えばまつげエクステ(マツエク)を施術する場合、必要な資格になるのは美容師免許だけです。

他にも民間の資格がありますが、営業するためには取得してもしなくてもできます。しかし、この美容師免許を取得せず、民間の資格だけで営業をすることはできないのでアイリストになるためにはまず国家資格となる美容師免許を取得することが第一の課題であり、最大の難関です。しかし、民間の資格も実際に営業に入るとなるとお客の安心をもたらす武器となるため、アイリストとして食べていくためにはスキルアップの意味も込めて取得しておくに越したことはありません。

②まつげエクステ(マツエク)の資格【日本アイリスト協会】

まつげエクステ(マツエク)にあれば安心材料となる資格、日本アイリスト協会が実地している「まつ毛エクステンション技能検定試験」は日本で受けられるアイリストになるための試験として最も知名度の高い試験です。知名度が高いということはそれだけ受験する人が多いということですからアイリストになるための方法を調べている人はご存じかもしれません。

もともとの名前は「アイリスト技能検定試験」とされていましたが、2015年の1月から名前が変更され、試験内容や受験資格についても改正されました。この資格は民間ですが、試験に合格するとディプロマとライセンス証を受け取ることができます。

資格の内容については3級、2級、1級と分類されており、3級がアイリストとして基本となる衛生面などについての試験内容、2級が実際にお客に営業ができる試験内容、そして1級が高度で高い技術と知識を持つ試験内容となります。ちなみに3級の受験資格は満18歳以上であること、そして受験費用は会員で4000円、一般で6000円です。2級は営業ができるレベルになるため、受験資格が満18歳以上であることと、美容師免許取得者であること(または美容師養成課程の在学者・卒業者)のどれかに当てはまる者が受験資格を持つ人です。2級の試験を受けるために必要となる費用は会員で16000円、一般で22000円になります。

また、高度な技術及び知識が必要となる1級に至っては受験資格が現JEA個人正会員で2級の試験に合格した者となっています。1級の試験にかかる費用は会員が16000円ですが、一般は不可となっています。

③まつげエクステ(マツエク)の資格【アイラッシュ美容協会】

次の民間の資格となるところは一般社団法人日本アイラッシュ美容協会が開催している「アイスタイリスト資格検定試験」です。上記したまつ毛エクステンション技能検定試験と同様に知名度が高いのですが、公式のサイトはないようです。詳しいことは問い合わせをする必要がありますが、アイスタイリスト資格検定試験では筆記試験及び実技試験の両方が行われます。

階級は3級、2級、1級、そして認定インストラクターの計4つ存在し、認定インストラクターに至っては1級よりも高い知識と実技が必須になるようです。アイリストの試験では1級でも非常にレベルが高いものとなっていますが、そのさらに上をいく認定インストラクターがあるということはレベルアップしていく過程を辿れそうです。

④まつげエクステ(マツエク)の資格【日本まつげエクステ協会】

次にご紹介するのは一般社団法人NEA日本まつげエクステ協会が展開している「プロアイリスト検定」です。上記した検定を含めて日本で受けられるものなのですが、このプロアイリスト検定だけは内閣総理大臣認証法人職業技能評価機構認定を受けている検定でもあるため、いわば国から認められた検定でもあります。まつげエクステ(マツエク)の技術はまさにトップとも言える厳しい試験ですが、受験資格は基本的にありません。しかし、プロアイリスト認定講師だけは1級を合格していることが条件となるようです。

試験の階級はそれぞれ3級、2級、1級、そしてプロアイリスト認定講師があり、合格者には認定証が渡されます。受験にかかる費用は3級で8000円、3級以外の試験は総じて12000円になります。また、試験内容は実技と筆記なのですが、プロアイリスト認定講師の試験に至っては実技と筆記に加えて面接試験もあるようです。

⑤まつげエクステ(マツエク)の資格【エクステンション協会】

民間のアイリスト資格として最後にご紹介するのは日本まつ毛エクステンション認定機構が展開している「アイデザイナー技能検定」です。この民間の資格はサロンで使われる技術に沿ったアイデザイナーという資格とどこにでも通用するトップアイデザイナーの資格が存在します。受験資格はアイデザイナーが日本まつ毛エクステンション認定機構で開かれる安全、衛生管理士認定の資格が必要となり、トップアイデザイナーはアイデザイナー資格を取得している且つ、JLA個人正会員であることが前提となります。

受験費用についてもそれぞれに異なり、アイデザイナーは15000円で実技と筆記試験を受けることができます。一方でトップアイデザイナーは受験費用が20000円で実技試験、筆記試験、そしてカウンセリングの試験を受ける必要があるようです。このアイデザイナー技能試験に関しては非常に時間と労力がかかる試験と考えて良いでしょう。

まつげエクステ(マツエク)は雇用でも開業でも美容師免許が必要

まつげエクステ(マツエク)を早急に職としたい人にとっては民間の資格だけあれば良いと考える人が非常に多いです。もちろん民間の資格だけで営業ができるのであればそんな簡単な話はないのですが、残念ながらアイリストになるためには美容師免許を取得するのは義務であり、美容師免許がなければお金をもらって施術することができないのです。

もちろんそれは雇用側として働くのも自身で店舗を持って開業する形でも変わりません。開業するとなると店長レベルの技術が必要ですから、民間の1級は合格しておきたいところです。しかし、2級の試験からは美容師免許が必須になってくるため、どちらにしても美容師免許取得はついて回ることになるでしょう。そのため、まつげエクステ(マツエク)に活用できる資格はまず美容師免許を取得した後に考えても遅くはありません。

まつげエクステ(マツエク)資格取得の費用は?【スクール編】

まつげエクステ(マツエク)の資格を取得するためには、知識や実技を教えてくれる学校に通う必要があります。美容学校と呼ばれる専門学校では美容師免許が取得できるため、選択肢に入れておくと良いでしょう。美容専門学校では一般的な学校と同様に昼間スクールに通える分類と夜間に通えるスクールの分類があります。

どちらも講師が直接美容師免許取得のために座学や実技を教えてくれます。分からないことは何度でも丁寧に合格に向けて教えてくれるため、短時間で資格取得したい人に向いています。そんなスクールとしての形で資格を取得するために必要となる費用は昼間の二年間で約200万円前後です。非常に高い値段ではありますが、教材費など全て込みなので都度かかる費用は少なめと言えます。

また、夜間のスクールは昼間のスクールと比較すると費用をかなり抑えられます。学校によっては二年間にかかる費用が100万円前後というところもあるため、費用をなるべく抑えたいという人は夜間のスクールが適しているでしょう。

まつげエクステ(マツエク)資格取得の費用は?【通信】

昼間や夜間のスクールはまとまった時間を取って資格取得まで目指していくため、比較的費用が高めです。昼間のスクールに関しては美容師免許に必要な知識の他にも着付けやネイル、メイクにエステなどといった技術を教わることもあるため、尚高めの費用です。しかし、昼間や夜間といったスクールの他にも美容師免許を取得できる取り方は通信という取り方もあります。あまり聞き慣れない通信というスタイルは意外と利用している人が多いようです。

通信スタイルの資格の取り方は昼間や夜間と何が違うかというと、「通わない」点にあります。スクールとして学校に通うスタンスではなく、一年のうちに決められた日数とレポートを提出していれば美容師免許を受験する資格が与えられます。生活の形を崩さず資格が取れる通信は様々な人に合った取り方と言えるでしょう。通信での美容師免許の取り方は社会人で働いていても取れるため、まとまった時間があまり取れないという人には通信での取得がおすすめの取り方です。

また、通信で取得する取り方にかかる費用はスクールと比較してもずば抜けて費用を抑えられます。平均で70万円前後で取れるところが多いため、費用を工面するのが大変な人にも通信という取り方は役出ってくれるでしょう。しかし、通信で取得する取り方は授業にかける時間が極端に少ないため、試験を合格するためには並大抵ではない努力が必要です。合格率が年を通して低いのも通信ですから良く考えてから選びたい取り方でもあるでしょう。

まつげエクステ(マツエク)資格取得の費用は?【受験費用】

まつげエクステ(マツエク)に必要な資格は前述した民間で行っている試験にかかる費用をご紹介しましたが、美容師免許にかかる受験費用がいくら程度なのかも気になるところです。日本では試験を受けるために受験費用というものが必要になってきますから、知らないと思わぬ出費になってしまうこともあるでしょう。

そんな美容師免許の試験を受けるために必要となる受験費用は実技、筆記共に両方を受ける場合は25000円。過去に実技か筆記どちらかを合格している場合はそれぞれに12500円が受験費用としてかかります。美容師免許試験は一度や二度落ちても再度挑戦することができ、過去に合格した方は省くことができます。

受験費用はそれほど高額とは言えないですが、やはり学費としての費用がかかるのは言うまでもないでしょう。

まつげエクステ(マツエク)の資格取得後もスキルアップが可能

まつげエクステ(マツエク)を施術として行うためには美容師免許が必須だと申しましたが、実際にまつげエクステ(マツエク)が行われている現場では美容師免許のみの資格よりもお客の立場に立ち、考える力がある民間の資格を取得しておくと良いでしょう。必須ではないものの、
やはり目元は自分で触るのも怖い箇所です。そんな危険な箇所に危険なことをするわけですからディプロマや証書などの目で見て安心できる材料が欲しいのも確かです。

また、前述したアイリストになるための試験や検定はレベルアップとしての意味で挑戦していくためには非常に有効な取り方となります。アイリストになるための基本として資格を取った後は営業に向けて資格を取得し、次は営業のために、そしてゆくゆくは店長レベルや店長レベルの人間にも知識や技術を教えられる立場になるための認定講師などにレベルアップし、技術や知識に磨きをかけることができるため、スキルアップしたい人にとってもこういった民間の試験は大切と言えます。

合った取り方でまつげエクステ(マツエク)の資格を取得しよう!

まつげエクステ(マツエク)の資格取得についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。アイリストになるためにはまず国家資格である美容師免許を取得しないことには始まりませんので、想像していたよりも時間やお金がかかります。昼間や夜間、そして通信などのスタイルがありますが、長い目で見れば民間の資格取得などのことも視野に入れていく必要がありますから、どこで資格を取得するのか良く吟味しながらあなたに合った資格の取り方を探してみてはいかがでしょうか。

もっとマツエクに関する情報について知りたいあなたへ!

マツエクを長持ちさせる方法17選!これでマツエクがとれにくくなる!
マツエクのリペアとは?頻度や期間はどのくらい?【要注意】
マツエク(まつげエクステ)にビューラーを使ってもいい?【必見】
マツエクの取り方・オフの仕方!オイルを使ってセルフでできる!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ