マツエクの値段の相場は?平均するとどのくらいなの?

マツエクってやってみたいけれど、値段の相場がわからない!なんて人も多いはず。今回はマツエクの値段の相場についてご紹介します!ちょっと高いかな?思ったより安かったかも!ぜひ、マツエクへ行く際の参考にしてくださいね。セルフマツエクの方法についてもご紹介してます!

マツエクの値段の相場は?平均するとどのくらいなの?のイメージ

目次

  1. マツエクって?
  2. マツエクの値段は安易に決められない!
  3. 【マツエクの値段相場・平均】毛質
  4. 【マツエクの値段相場・平均】国産?輸入品?
  5. 【マツエクの値段相場・平均】本数
  6. 【マツエクの値段相場・平均】着け方
  7. 【マツエクの値段相場・平均】デザイン
  8. 【マツエクの値段相場・平均】初回orリピーター
  9. 初回の場合
  10. リペアの場合
  11. 【マツエクの値段相場・平均】都心に近いほどお得
  12. 【マツエクの値段相場・平均】アイリストの経験年数
  13. 【マツエクの値段相場・平均】シルク・60~80本の場合
  14. 【マツエクの値段相場・平均】シルク・80本〜100本
  15. 【マツエクの値段相場・平均】シルク・100本〜120本
  16. 【マツエクの値段相場・平均】シルク・120本〜140本
  17. 【マツエクの値段相場・平均】シルク・つけ放題
  18. 【マツエクの値段相場・平均】ミンクの場合は?
  19. 【マツエクの値段相場・平均】セーブルの場合は?
  20. 【マツエクの値段相場・平均】セルフマツエクという手もあり
  21. 【マツエクの値段相場・平均】セルフマツエクに用意するもの
  22. 【マツエクの値段相場・平均】セルフマツエク:カールを選ぶ
  23. 【マツエクの値段相場・平均】セルフマツエク:太さを選ぶ
  24. 【マツエクの値段相場・平均】セルフマツエク:長さを選ぶ
  25. 【マツエクの値段相場・平均】セルフマツエク:つけかた
  26. 【マツエクの値段相場・平均】セルフマツエク:コツ
  27. 【マツエクの値段相場・平均】マツエクには資格が必要!
  28. 【マツエクの値段相場・平均】メイクで何とかならない?
  29. 【マツエクの値段相場・平均】つけまつげ
  30. 【マツエクの値段相場・平均】つけまつげは衛生的に使おう
  31. 【マツエクの値段相場・平均】まつ毛パーマ
  32. 【おわりに】

マツエクって?

マツエクとは、まつ毛エクステの略。簡単に言ってしまえばまつ毛のかつらのことです。
少ないな…もっとカールさせたいな。もっと太くしたい、もっと長くしたい…。そんな要望に応えて生まれました!

マツエクは、グルーと呼ばれる接着剤を使ってまつ毛を1本1本くっつけていく施術です。このグルーは強力で、普通にお風呂に入るくらいでは取れません。年月が経つと、自然と取れていきます。
今回は、そんなマツエクの値段の相場をご紹介していきます!マツエクしようかな?と思っている人は、ぜひ参考にしてくださいね!

マツエクの値段は安易に決められない!

マツエクの相場といってもマツエクには様々な種類があるので、一概には言えません。
というのも、どんなまつ毛に今あなたがなっていて、そこからどういったまつ毛になりたいのか。ということによって全く値段が変わってくるからです。しかも、全くまつ毛に何もしていない両目にマツエクをするのと、両目にマツエクをしていたところへマツエクをするのとでは全く値段が変わってきます。
まずはどのようなことがマツエクの値段に影響を及ぼすのか見て行ってみましょう!


◆関連記事:マツエクをする前に知っておいて欲しいこと

マツエクでアレルギー症状がでることも?そしたらどうする?

【マツエクの値段相場・平均】毛質

シルクとセーブル、ミンクの3種類があります。シルクが一番硬く、値段もリーズナブルにはなりますが、その分着け心地が悪くなってしまいます。安さ重視!という人はシルクが一番おすすめできますね。
セーブルはシルクよりちょっと着け心地が良くなります。値段はシルクより高くなる所が多いようですが、サロンによってはシルクと同値段で行っているところもあるようです。どっちがいいかな?と、試してみてくださいね。

最後にミンクです。ミンクは一番きれいに見えるマツエクで、さらに着け心地も良いものです。ただその分シルクやセーブルよりも高くなってしまいます。着け心地が一番!という方はミンクがおすすめです。

【マツエクの値段相場・平均】国産?輸入品?

国産か輸入品かにもよって値段は変わってきます。大抵質は国産の方が良いので、国産の方が高い傾向にあるようです。
また、輸入品は怖い!絶対いや!という人は両目国産のマツエクを選んだ方が良いでしょう。サロンによっては明記していないところもあるので、国産ですか?輸入品ですか?と聞いてみた方が良いかもしれません。気にならない!という人はそのまま施術を受けて良いでしょう。

【マツエクの値段相場・平均】本数

大抵マツエクで表示されている本数は、両目合わせての本数です。大抵のサロンでは80本からマツエクをすることが出来るようになっています。これは両目合わせて80本なので、実際には40本ずつマツエクをすることになります。
よく、両目合わせての本数だとわからずに頼んでしまって失敗した!なんてことがあるので、確認はしっかりとるようにしましょう。両目の本数だと知らずに頼んだら、予想していた値段の倍かかった!なんてこともあるので、気を付けてくださいね。


◆関連記事:マツエクモデルなら無料だけどこんな注意点も!

マツエクモデル募集の注意点!無料でマツエクしたい人必見!

【マツエクの値段相場・平均】着け方

シングルラッシュとボリュームラッシュがあります。これはマツエクの付け方の違いで、自分がどのように見られたいか、どのような目元にしたいのかということがかかってきます。
どちらも目元が素敵になるには変わりありませんので、好みの問題です。
しいて言えば可愛いのとキュートなのどっちが好きなの?といった感じでしょうか。

【マツエクの値段相場・平均】デザイン

デザインも値段にかなり関係してきます。凝ったデザインのものはやはり高いですし、シンプルなデザインのものは安くなります。大抵の場合デザインはメニューに書いてあることがほとんどですが、時に自分でオリジナルの形のマツエクをしてほしいという人もいます。そうした人は、デザインが凝っている分、またお金がかかることになるでしょう。

【マツエクの値段相場・平均】初回orリピーター

初めてマツエクをするのか、それともリペアとも言われるリピーターかによって料金は変わってきます。リペアにすると料金は初回よりも下がることがほとんどなので、継続がしやすいと人気です。
リペアは同じデザインのまつ毛にしていたい!という人にはとても好評のようなので挑戦するのも良いかもしれませんね。

初回の場合

利用料金は、平均して両目合わせて5000円~6000円のようです。どのようなカールにするか、本数をどれくらいにするのかなどなどによって料金は変わってきますが、大抵の場合初回はこの辺りの価格帯でしょう。
特に初回は安く済むことが多いです。というのも、初回の場合には、前に着けたマツエクを外す作業が必要ないからです。リペアでない限り、外す作業には別途料金がかかってきます。
また、2回目以降に来店し、外れたマツエクを足していくことはリペアと呼ばれ、前回のまつ毛をオフにする代金が必要ないので、リペアの方が安く済むことが多いです。多くのリピーターはこのリペアを良く使います。

リペアの場合

リペアは2回目以降来店の人が多くしている施術です。本当は前回のマツエクを両目とも全て外した方がまつ毛への負担が少なくて済むのですが、それよりも安く済むということで人気になっているようです。
大抵新しいデザインのまつ毛にしたいときには両目とも全てオフにし、ちょっと付け足したい時にはリペアを使うようです。
リペア後は、大抵1か月ほどきれいな状態のまつ毛を保つことが出来ます。

【マツエクの値段相場・平均】都心に近いほどお得

マツエクが盛んにされているのはどこでしょうか?もちろん都心です。人の多い都心を中心に、マツエクは広まりを見せています。地方でマツエクをしているところもありますが、そうした地方はまずマツエクをしているお店が限られてしまうので、自然と値段も高くなる傾向にあります。
一方で都心に近くなればなるほど、人もマツエクのお店も増え、価格競争が起こります。すると、あの店よりも安い!この店よりも安い!となりやすく、お得にマツエクができるようになるんですね。

【マツエクの値段相場・平均】アイリストの経験年数

スタイリストと同じように、アイリストも経験年数によって値段が変わって着ます。もちろん経験年数が長い人ほどきれいに速くマツエクをすることが出来ますし、経験年数が少ない人ほどたどたどしくなります。
美容院でも経験年数の少ない美容師さんより、10年来の腕のある美容師さんに頼むほうが綺麗にしあがることってありませんか?それと同じです。
どうしても10年来のベテランに頼みたい!という人は、電話で問い合わせて指名料などを支払う必要が出てくるでしょう。

【マツエクの値段相場・平均】シルク・60~80本の場合

先ほど毛質で話をしましたが、シルクの毛質についてより詳しく値段をご紹介します。
シルク・60~80本の場合の場合、どこのサロンも、大抵3000円〜5000円で施術を行っているようです。ちょっと高いかな?と感じられた方が居るかもしれませんね。ただ、これが大抵の場合の平均金額です。
シルク・60~80本の場合を選ぶとこのくらいの値段がかかります。しかし両目でこの値段ならそれほど高くは無いのかもしれません。最も人気のあるシルクは、ナチュラルにも毛量が増えるので、ナチュラルに見られたい!という人に特におすすめです。

【マツエクの値段相場・平均】シルク・80本〜100本

次はシルク・80本〜100本についてより詳しく値段をご紹介します。
シルク・80本〜100本の場合、どこのサロンも、大抵4500円〜6000円で施術を行っているようです。やはりシルク・80本〜100本よりも値段は高くなりますね。ただ、それほど跳ね上がらないのが良い所です。中には60本〜100本、同料金でしているところもありますので探してみても良いでしょう。
ちょっと高くなったセーブルは、ちょっと大人っぽい感じの目元にすることが出来ます。落ち着いた雰囲気を出したい!という方におすすめです。

【マツエクの値段相場・平均】シルク・100本〜120本

シルク・100本〜120本の毛質についてより詳しく値段をご紹介します。
シルク・100本〜120本の場合、どこのサロンも、大抵5000円〜6500円で施術を行っているようです。やはり値段は高くなりますね。かなり毛量を増やしたい!絶対にばっちりおめめになりたい!という方はシルク・100本〜120本一択でしょう。
かなりパッチリおめめになることが期待できます。

【マツエクの値段相場・平均】シルク・120本〜140本

シルク・120本〜140本の毛質についてより詳しく値段をご紹介します。
シルク・120本〜140本の場合、どこのサロンも、大抵5500円〜7000円で施術を行っているようです。やはり値段は高くなりますね。かなり毛量を増やしたい!バサッと沢山増やしたい!という方はシルク・120本〜140本一択でしょう。
かなりパッチリおめめになることが期待できます。ゴージャスな雰囲気ですね。

【マツエクの値段相場・平均】シルク・つけ放題

つけ放題というコースを設けているサロンもあります。いくらつけても足りない!という方にはこのコースがおすすめです。
つけ放題の場合、どこのサロンも、大抵6500円〜8000円で施術を行っているようです。やはり値段は高くなりますね。かなり毛量を増やしたい!もうまつ毛を山ほど増やしたい!という方はつけ放題に挑戦するのも手です。

【マツエクの値段相場・平均】ミンクの場合は?

ちなみにミンクの場合、シルクよりも少し値段が高くなります。大体500円前後上がると考えて置いた方が良いでしょう。ですから、ミンク80本〜100本の場合、5000円〜6500円。ミンク100本〜120本の場合5500円〜7000円。ミンク120本〜140本の場合、6000円〜7500円。つけ放題の場合は7000円〜8500円といった感じです。

【マツエクの値段相場・平均】セーブルの場合は?

また、セーブルの場合、ミンクの場合より更に値段が上がります。こちらも大体500円前後上がると考えて置いた方が良いでしょう。ですから、セーブル80本〜100本の場合、5500円〜7000円。ミンク100本〜120本の場合6000円〜7500円。ミンク120本〜140本の場合、6500円〜8000円。つけ放題の場合は7500円〜9000円といった感じです。

【マツエクの値段相場・平均】セルフマツエクという手もあり

自分でやる分には値段も安く、すぐに自宅でできるのがセルフマツエクです。
ただ、自分でやる分には慣れが必要ですが、自分でやっている内になれている人も沢山いるようなので、挑戦してみるのも良いでしょう。
ちょっとサロンに行くには高いな…なんて人にはとてもおすすめできます。

【マツエクの値段相場・平均】セルフマツエクに用意するもの

セルフマツエクに用意するものは以下の通りです。
鏡、まつ毛エクステ、グルー、リムーバー、ツイーザー、置き石、サージカルテープ、取り扱い説明書、まつ毛用コーム、綿棒、キッチンペーパーまたはティッシュ
これだけあればとりあえずはまつ毛エクステが始められます。はじめにしっかりと説明書を読んでくださいね。

今ではネット通販で簡単にキットなどが買えるので、それを買ってもいいですね。ただし、信頼できない会社のものや個人のものはあまりおすすめできません。目という大切な部分に関わるものですから、信頼できるものを買いましょう。
また、セルフでする際にはしっかり注意書きを読み、間違った使用方法をしないように気を付けましょう。

【マツエクの値段相場・平均】セルフマツエク:カールを選ぶ

カールにも様々な種類があります。
くるんっとぱっちりカールさせたい人はCカールと呼ばれるカールの種類を選ぶと良いでしょう。
また、くるんっという感じではなく、ちょっと伏し目がちなカールがいい!という人はJカールと呼ばれるものを選ぶと良いでしょう。

その他にも、JSCカールやDカールといったものがあります。カールの強さとしては、一番弱いカールがJカール、次に強いのが Cカール、その次がSCカール、最も強いカールがDカール となっているようです。
また、このカールはメーカーによって変わっているので、見本をよく見て選んだ方が良いですね。

【マツエクの値段相場・平均】セルフマツエク:太さを選ぶ

マツエクの太さは、0.1mm、0.15mm、0.2mmなどなど、多数の種類があります。
だいたい0.15mmで、マスカラを塗った状態のまつ毛と同じくらいの太さです。結構太いですね。
ですから、普段からつけたいマスカラがある!という人はちょっと細めのものを選ぶと普段通りの太さになれそうですね。

ただ、太いまつ毛を選べば選ぶほどまつ毛にかかる負担は高くなっていきます。まつ毛にマスカラを塗ったり、マツエクをするのはずっとまつ毛が数十キロの重さの重りを持ち上げているのとおなじようなものです。
ちょっとまつ毛の負担を考えながら選んだ方がいいかもしれませんね。まつ毛美容液などでまつ毛を労わってあげるのも良いでしょう。

【マツエクの値段相場・平均】セルフマツエク:長さを選ぶ

日本人の平均的なまつ毛の長さを知っていますか?日本人は平均して6.8mmの長さのまつ毛を持っているとされています。
マツエクに使うまつ毛は、それよりも少し長めにすることをおすすめします。現在のまつ毛よりも1mmから、3mm長いまつ毛を着けると良いでしょう。
多くの場合、10mmから12mmのまつ毛を選ぶ人が多いようです。

【マツエクの値段相場・平均】セルフマツエク:つけかた

つけまつげをツイーザーで摘んで、少量のグルーをつけます。
そうして、しっかりと鏡を見据えてそっと付けましょう。
また、何本か付けたのちにはそっとコームで梳かして方向を整えた方が良いでしょう。その方が1本だけ変な方向を向いている!なんてことがありません。
どのときも慎重に、目を傷つけないようにしましょう。

【マツエクの値段相場・平均】セルフマツエク:コツ

なかなかうまくつけられない!という人は、リペアだけ、まずは自分で試してみるというのも手です。
初めからセルフでするマツエクだと、どこへどう付けたらよいのか?という道しるべが無いため、両目不ぞろいなまつ毛になってしまったり、なかなか付け方がわからなくなってしまいます。
そうした時に、頼りになるのがサロンでやってもらっておいたマツエク。
マツエクは大抵数か月で取れてしまうので、リペアが必要になります。そのリペアをする際には前にサロンでした時の名残が残っているので、それに合わせて付ければ良いのです。

両目となるとはじめは1人でするのも難しいので、やはりプロにやり方などを聞いて学んでから、リペアにチャレンジするのが無難でしょう。

そうはいってもやはり自分で着けるのは怖い!という人は無理せずサロンに行くか、メイクにすることをおすすめします。マツエクはリペアが必要で、まつ毛のかつらのようなものなので、お金がかかります。メイクの方が結果的にお買い得なのは言うまでもないでしょう。

【マツエクの値段相場・平均】マツエクには資格が必要!

美容師になる為に資格が必要なように、マツエクをするのにも資格が必要です。その資格は美容師資格。美容に関して試験を突破したことを示すものです。
これが無いとマツエクの施術によってお金を取ってはならないということになっています。
しかし、マツエクが人気になり始めたということを知った人が、無資格のまま営業していることもあります。こうしたお店に入らないように口コミや実績、資格の有無はしっかり確認しておいた方が良いでしょう。

ただ、美容師資格にはマツエクを勉強する必要がありません。ですから、有資格者よりも無資格で沢山の経験を積んでいる人の方が上手だったりもします。
どっちを選ぶかはあなた次第です。

【マツエクの値段相場・平均】メイクで何とかならない?

さて、ここまでマツエクについてみてきましたが、中にはマツエクをつけていいですよ~という資格も持っていないのにマツエクの施術をしている悪質な業者もいます!
危ないですよね…。しかも目というとても繊細な部分の近くにあるものなので、その施術が失敗すると失明してしまう危険性も…。
そうした危険が怖い!という人は、メイクをするのが断然おすすめです!メイクの中でも代表的なものはやはりつけまつげでしょう。

【マツエクの値段相場・平均】つけまつげ

マツエクはしなくてもつけまつげを使ってメイクするだけでちゃんとボリュームのある素敵なまつげが手に入ります。
ただ、そのつけまつげも毎日取り換えるのが面倒だという人はマツエクの方がいいかもしれませんね。
また、まつげの形やデザインを良く変えたくなるという人は、つけまつげで調整した方が良いのかもしれません。そこがメイクの良い所でもありますよね。

【マツエクの値段相場・平均】つけまつげは衛生的に使おう

全てのメイク道具に対して言えることですが、こと目の粘膜に近いところにあるつけまつげは衛生的に使わなけらばならないメイク道具の一つです。
つけまつげも色々な種類があり、そのすべてが使い捨てですが、中にはずっと繰り返し同じつけまつげをメイクに使っているなんて人も…。絶対にやめてください!
つけまつげは衛生的に使わないと失明してしまう恐れもある危険なものです!両目がパッチリになるメイク道具としてただしく使いましょう。

【マツエクの値段相場・平均】まつ毛パーマ

メイクで何とかしたいけど、サロンにも行ってみたい。けど、初めて行って、マツエクに失敗したら嫌だし、マツエクってなんだか抵抗がある。でもメイクでは我慢しきれない…。
そんな人におすすめなのがまつ毛パーマです。
まつ毛パーマならメイクをして毎日まつ毛をカールさせる必要もありませんし、両目ともパッチリのまま24時間過ごせます。
もちろんこのまつ毛パーマもかけなおすのが必要ですが、毎日のメイクする手間に比べれば楽でしょう。

ただし。まつ毛パーマはかなりまつ毛に負担がかかるので、あまりかけすぎるとまつ毛を痛めてしまうことも…。まつ毛がいつの間にか細く、抜けやすくなっている!なんてことにならないように、適度にまつ毛美容液を塗ったりまつ毛を休ませてあげたりしてくださいね。

【おわりに】

以上「マツエクの値段の相場は?平均するとどのくらいなの?」でした!
メイクをする手間に比べてとても楽なマツエク。想像よりも高かったですか?安かったですか?
メイクの方がいいやと思った人もいるかもしれませんね。大切な目なので、衛生面の大切さと危険性だけはしっかりと知っておきましょう。
ご自分の好きな方の両目をお選びください。

もっとマツエクについて知りたいアナタはこちらもチェック

マツエク(まつげエクステ)のビフォーアフター画像まとめ!【衝撃】
まつげパーマとマツエクはどっちがいいの?徹底解説!
マツエクのグルーの人気おすすめランキング!【必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ