初めてのマツエクはすっぴんでいい?時間はどれくらいかかる?

マツエクは初めてだとすっぴんでも良いのか時間はどれくらいかかるのか考えることが山積みです。初めてと言えど、失敗をして恥ずかしい思いをするのは避けたいところですから、本ページではマツエクにかかる時間やすっぴんで行っても良いのかという点について解説していきます。

初めてのマツエクはすっぴんでいい?時間はどれくらいかかる?のイメージ

目次

  1. 初めてでもすっぴんを美しくする大流行中のマツエク
  2. 時間をかけてすっぴんを綺麗に!でも初めてのマツエクは恐怖…
  3. 初めてのマツエク・すっぴんと時間について①
  4. 初めてのマツエク・すっぴんと時間について②
  5. 初めてのマツエク・すっぴんと時間について③
  6. 初めてのマツエク・すっぴんと時間について④
  7. 初めてのマツエク・すっぴんと時間について⑤
  8. 時間がかからない初めてのマツエクは何本がおすすめ?
  9. すっぴんでも可!初めてのマツエクでおすすめのデザイン
  10. 時間もかからないすっぴん映えするセクシーデザイン
  11. すっぴんよりもメイクに合う!時間がかかるグラマラス
  12. 時間がかかる?マツエク初めてさんが一重の場合
  13. マツエクが初めてなら時間をかけたカウンセリングを
  14. すっぴんで行く人必見!初めてのマツエクに持っていくもの
  15. 【まとめ】すっぴんでもOK!時間を把握してマツエクを楽しもう

初めてでもすっぴんを美しくする大流行中のマツエク

大流行中のマツエクは現在多くの女性から支持を得ている美容技術です。細やかな作業であるマツエクはセルフで行うのは非常に大変で危険なため、プロの下で安心した技術提供が可能なサロンに足を運ぶ女性が大半でしょう。実際にマツエクを付けている女性は目元が華やかで現代の女性らしい印象を受けます。しかし、実際に何本付いているのか分からない点などもあり、初めてマツエクを行う人は緊張ものでしょう。

そんなマツエクは女性の目元を華やかに飾り、すっぴんでメイクが乗っていない状態でも美しく、女性らしい顔付きを保ってくれる優秀な技術でもあります。多少の注意点はありますが、マツエクをしていればすっぴんで外出することもできるほどです。

マツエクは何本付けるかによっても目元の印象がガラリと変わります。しかし、「何本付けたから必ずしも理想として描いていた目元になる」ということではありません。もちろん何本付けるかという点も重要視したい項目ですが、デザインなども含めると何本付けることが大切ということは一概には言えないのです。多めに付けたいという人も当然いますし、学校や職場でバレたくないという人は自然に見えるマツエクで仕上げる人もいます。しかし、マツエクを何本付けるかこだわりのある人はアイリストと相談して決めていきましょう。

■参考記事:マツエクのビフォーアフター、こんなに変身できちゃう?

マツエク(まつげエクステ)のビフォーアフター画像まとめ!【衝撃】

時間をかけてすっぴんを綺麗に!でも初めてのマツエクは恐怖…

定期的にマツエクを行っている女性でも初めての頃は恐怖感を抱いていた人もいるでしょう。きらびやかな場所ですから恐怖感も煽られます。また、初めてであっても何も知らないと思われたくない部分もありますから、女心は大変ですよね。時間はどれくらいかかるのか、本数はどれくらい付ければ良いのかなどの最低限の知識は事前に頭に入れておきたいところです。

マツエクは時間がどれくらいかかるのかはっきりしなければその後の予定も入れられませんから非常に気になるところです。技術者やサロンの混み具合などによっても時間が変わるため、確実なことが分からないマツエク初めてさんは困惑してしまうでしょう。そんなマツエク初めての人にも分かるように時間はどれくらいかかるのか、そしてすっぴんやメイクに関するマツエクの情報を早速見ていきましょう!

初めてのマツエク・すっぴんと時間について①

初めてのマツエクは分からないことだらけですよね。特に時間はどれくらいかかるのかといった点や、メイクはしていかなくても良いのかという点は本当に迷うところです。普段すっぴんでいることの方が多い人にとってはメイクをしていくのも億劫でしょう。また、肝心のマツエクは何本付けたら理想の目元になれるのかも分からないことだらけですよね。

すっぴんでサロンに来店するのが嫌という人もいると感じますが、マツエクをする際はどれくらいの範囲でメイクをして良いのか分かりません。そんなマツエクは範囲が確実にしっかりと決まっているという訳ではないですが、目安としてサロンに行く時のメイクはファンデやアイシャドウ、そしてアイラインまでにしておきましょう。マツエクは自まつ毛に対して専用の接着剤で装着していくため、マスカラやつけまつ毛などをしていくと施術中の邪魔になってしまいます。また、何本付けるかなどに関わらずつけまつ毛やマスカラは必ず取らなければいけないものなので時間はどれくらいかかるのか不安に感じている人は尚更控えておきましょう。

初めてのマツエク・すっぴんと時間について②

女性によってもメイクする範囲は異なりますが、マツエクする前のメイクはアイシャドウのみの方が確実です。先ほどはアイラインまでと触れましたが、アイラインをして行っても場合によっては施術後に取れて再度アイラインのお直しをしなければならないこともあります。また、自まつ毛にマスカラを塗るとサロンでオフしなければならず、施術時間が大幅にかかってしまいます。

ビューラーについても自まつ毛のカールを極端に上げてしまうため、上手くマツエクがつけられなくなってしまうのでNGです。ビューラーは自まつ毛に負担をかけるだけではなく、強くやりすぎてしまうと毛が抜け落ちるのを早めてしまったり、毛の流れが悪くなってしまうのでマツエク前はしないようにしましょう。ビューラーを行うとマツエクとの接着面が狭くなり、施術したとしてもその後の持ちが大幅に悪くなってしまいます。

初めてのマツエク・すっぴんと時間について③

マツエク前は実際にサロンで施術準備に入ると分かりますが、細い綿棒などで自まつ毛の汚れを専用の液体で綺麗にしていきます。この工程を行うと自まつ毛に汚れがついていない状態のため、マツエクが綺麗に装着されます。

そのため、時間がどれくらいかかるのか不安に感じている人はマツエクをする前にはなるべくメイクは多く、そして厚く塗りすぎてはいけません。まつ毛にはメイク汚れや皮脂などが知らない間に付着していますから、そんな状態でマツエクをつけていっても時間が経てばすぐに取れてしまいます。マツエクをしてから取れるまでにどれくらいかかるのかという点も気になるところですが、マツエクが終わった後は大半のサロンでメイク直しが行えますので、すっぴんやメイク崩れが気になる人はアイリストにメイク直しを行いたい旨を申し出るようにしましょう。

初めてのマツエク・すっぴんと時間について④

マツエクを行う際に気になることは時間ですよね。何本付けてどれくらいかかるのかという点もそうですが、長引いてしまっては次の予定も入れられませんし、腰が悪い人はずっと同じ態勢でいても大丈夫か不安になってしまうでしょう。しかし、予約する際に時間はどれくらいかかるのか具合を事前に訊いておけばそこまで心配することはありません。

マツエクに時間がどれくらいかかるのかは当然装着する本数によっても前後します。何本付けようか分からない人は自まつ毛に可能な限り装着ができる付け放題などのメニューを選択する場合もあるかもしれません。しかし、付け放題は時間も非常にかかります。どれくらいかかるか予想できない場合は1時間程度で終わらせたい場合、60~100本程度の本数、2時間程度かかっても問題ないようであれば120本程度の本数を目安にしておくと良いでしょう。

しかし、アイリストの中には時間をあまり気にしないタイプもいます。そのため、そういったアイリストが担当の場合は予約を入れていても多少待つ時間が長い可能性もあります。しかし、多くのサロンではカウンセリング込みで120本で2時間程度の枠で納めるように進行しているので早めに終わらせたい場合はアイリストに伝えておきましょう。

初めてのマツエク・すっぴんと時間について⑤

マツエクに関して目元のメイクにスポットを当てましたが、ファンデはして良いのか悩む人もいるでしょう。結論から述べると何本装着してもマツエクの施術中にファンデが支障をきたすことは少ないと言えます。しかし、目元のファンデを厚くしすぎると自まつ毛を綺麗にする工程に時間がかかる場合があるため、頬やおでこ部分はいつも通りにし、目元付近は普段よりも薄付けにしていくとより良いでしょう。完全にすっぴんは抵抗があるという人もいますから、ファンデぐらいであればアイリストからも何か言われることはありません。

また、目元のファンデを厚くしすぎるとマツエクの下準備に必要なテープワークが思うようにいかない場合があります。上まつ毛にマツエクを装着する際はまつ毛同士がくっ付いて絡まらないように何本装着するか関係なく、必ず下まつ毛にテープを張ります。この時、下まつ毛が一度でテープ内に収まれば問題ありませんが、何度も付けたり剥がしたりを行うと粘着力がなくなってしまうため、時間が少しかかる可能性もあります。

また、マツエク終了後にテープを剥がした後はファンデの落ちが気になる場合もあります。長時間マツエクの施術が終わるまでテープを付け続けている状態ですから、メイクの落ちが普段から強い人はファンデの落ちも目につくかもしれません。しかし、ファンデについてはそこまで問題になることはないため、目元付近のファンデは薄目にする程度の認識でファンデを付けていけば支障になることはありません。例えファンデが落ちて気になったとしてもサロン内にはドレッサーなどの完備がしてあるのでファンデのお直しをすることができます。

時間がかからない初めてのマツエクは何本がおすすめ?

マツエクが初めての人はマツエクのメニューやシステムなどといった細かい部分も曖昧ですよね。マツエクには少ないところで40本から始まり、60本、120本、180本、付け放題などのメニューがあります。サロンによってはメニューが多すぎて何本付けたら良いのか分からないということもありますが、初めての人には丁寧に説明をしてくれるので身を任せましょう。また、サロンによっては下まつ毛に装着するメニューもありますので時間に余裕がある人は上下にマツエクを装着しても綺麗な目元にできますね。

このマツエクで必ず選ぶ本数は両目で合わせた本数です。そのため、40本であれば片方の目に20本ずつ、60本なら片目で30本ずつという仕組みになります。しかし、初めてマツエクをする人は40本や60本程度でも何となく多く感じますよね。ぎっちりと隙間なく装着したら濃くなってしまうと感じる人もいるかもしれませんが、本数が多くてもナチュラルで自然なまつ毛に見せることは可能です。

反対に装着する本数が少なすぎると自まつ毛の生え変わり周期が関係してマツエクの取れが気になるようになります。そのため、希望が自然に仕上げることだったら担当のアイリストに相談してみましょう。

すっぴんでも可!初めてのマツエクでおすすめのデザイン

マツエクをいざしようとアイリストに相談している際、デザインの全体像が把握できるデザイン表を提示されますが、正直どれが自分に合うか分からないという人も多いですよね。そんなマツエクは多くの女性が日常生活に支障がないようにセクシーやキュートなどのデザインにすることが多いです。

すっぴんでもそこまで強い違和感がない、そしてメイクをした後もメイクをより際立てるようなデザインにする人が多いです。キュートというマツエクのデザインは目頭と目尻は短めで、目の中央部分が最も長い全体像になります。真ん中が一番長いと目全体が縦に大きく見えるため、お人形のような目元になることができます。初めてのマツエクでどんなデザインが良いのか分からない人はアイリストと相談しながらまずはキュートを選んでみるのもおすすめです。

■参考記事:マツエクの長さ、どれくらいがおすすめ?

マツエクの長さのおすすめは?人気のデザインはこれ!

時間もかからないすっぴん映えするセクシーデザイン

マツエクのデザインの中にあるセクシーは、目頭から目尻までの長さが段々長くなっていくスタイルです。人によってはマツエクの長さが異なることもありますが、セクシーデザインは切れ長で大人の女性を演出することが可能です。

セクシーというデザインでも目尻の長さをそこまで長くしたくないと感じたらほどほどに抑えた長さにしてくれますし、目尻に合わせて目頭も違和感ないようにアイリストがデザイン設計を行ってくれるでしょう。セクシーデザインは女性らしい中にもクールな印象を与えることができるため、そんな女性が理想としている人におすすめのデザインです。

すっぴんよりもメイクに合う!時間がかかるグラマラス

マツエクのデザインで次にご紹介するのはグラマラスです。他の基本となるデザインよりも縦にも横にも広がりがある贅沢さを感じられるデザインです。グラマラスは他のデザインと比較すると少しだけ時間がかかる可能性がありますが、もともとメイクが濃いという人にはぴったりのデザインと言えるでしょう。

ただし、グラマラスは全体的にボリュームが大きいデザインですのですっぴんよりもメイクした時の方が違和感なく感じられるかもしれません。今までマスカラやつけまつ毛をごっそりと厚く塗っていた人はグラマラスにすることによって輝かしい目元がいつまでも続くようになりますよ。

時間がかかる?マツエク初めてさんが一重の場合

もともと目の幅が綺麗なくっきり二重などであれば、どういったデザインでも本数を選ぶこともないですが、一重の人の場合のマツエクも気になるところですよね。綺麗な二重幅の女性でなければマツエクは似合わないと感じている人も多いですが、本数を多くせず、カールが強いマツエクでなければ十分に目元の華やかさを演出することができます。

また、一重の人は切れ長のセクシーデザインよりも目中央の部分に長さを出すキュートなデザインの方が合っています。一重の人は目が腫れぼったく見えてしまうことも少なくないので一重の人にも違和感がないようにその腫れぼったさを生かしてデザインをキュートにし、目全体に丸みを持たせてあげるとより可愛く仕上がるでしょう。一重の人は特に何本付けて良いのか悩む人が多いですから、何本付けて良いのか不明な場合は進行を見てもらいながら似合う形にしていきましょう。

一重の女性はメイク一つ取っても中々綺麗な目元にならないことが多く、一重だからとマツエクに対しても消極的で似合わなかったらどうしようと考えることが多いです。しかし、二重の人には二重の良さが出るように、一重の人にも一重の人にしか出せない魅力がありますので、一重と相性の良いデザインと本数を提案してもらいましょう。

また、近年では一重でもまぶたの皮が薄い人も多いようですので、そんな人はつけまつ毛などをつけると一時的に二重になることもあるそうです。つけまつ毛ほどは圧がかからないマツエクですが、一重の人がマツエクをつけた後に二重になったという話もありますので、デザインや何本付けるのかによってはもしかしたら二重になれる可能性もあるかもしれませんね。

■参考記事:マツエクが似合わない顔って?コチラも参照!

マツエクが似合わない顔の特徴13選!

マツエクが初めてなら時間をかけたカウンセリングを

マツエクが初めての人はサロンに足を運んだ際に担当のアイリストから様々なことを訊かれます。まつ毛パーマなどを6ヶ月以内にしていないかや、目の充血などは見られないか、そして本題のマツエクのデザインや何本付けるのかなどありとあらゆる目に関する情報を共有することになります。

マツエクを受ける側は「日々同じことを行っているのだから理想のデザインを分かってくれるだろう」と何本装着するのかという点だけを重点的に、他は簡潔に終わらせたいという人がいますが、人によって自まつ毛の生え方一つ異なるため、必ずしも理想のデザインに仕上がらないということも考えられます。マツエクは本数にもより、何本付けるかによっても異なりますが、安い美容技術ではないためやはり最終的には納得のいく施術をしてもらいたいですよね。

アイリストも一人一人が希望するデザインに持っていこうとしていますから、理想のマツエクに限りなく近づけるように、どういった雰囲気が良いのかや、マツエクを行う意味、目にすぐトラブルが出る人はそういったことも事細かくアイリストと情報を共有することで後々のトラブルを避け、理想のマツエクに仕上がる確率が上がります。

すっぴんで行く人必見!初めてのマツエクに持っていくもの

マツエクは初めて来店の場合は電話などで注意事項などの詳細を説明されますが、さらに細かいことを挟むと持っていった方が良いものなど様々にあります。裸眼などでコンタクト類を普段常用していない人なら良いですが、施術中は開始から終了まで長時間目をつぶる態勢になるため、コンタクト類を使っている人はコンタクトケースなどを持っていきましょう。

ソフトコンタクトレンズなどの柔らかい素材のレンズであればアイリストから外しても外さなくてもどちらでも良いと言われることが多いですが、ハードコンタクトレンズの場合は必ず外すことを提示してくるサロンも多いため、ハードタイプを使っている人はケースの持ち込みは必須です。

また。コンタクトをしたまま施術を受けようと思っている人や、もともとドライアイを感じている人などは施術が終わってから目を開くと乾燥を強く感じる場合もあります。そのため、いざという時の乾燥に備えて目薬なども一緒に持っていくとさらに安心して快適な施術を受けられるでしょう。

【まとめ】すっぴんでもOK!時間を把握してマツエクを楽しもう

すっぴんでも目元を華やかにしてくれる万能なマツエクの時間や何本付ければ良いのか、そして初めてのことについてご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。美容室と違い、女性特有の雰囲気は行き慣れていない人では中々入りづらいと感じます。初めてでは思うように勝手が分からず、恥ずかしい思いをするのではないかと不安に感じる人もいるかもしれませんが、アイリストと一緒に丁寧なカウンセリングを受ければスムーズに事が進みますので積極的にあなた好みのマツエクを楽しんでくださいね!

マツエクについてもっと情報を知りたいアナタに!

マツエクの頻度!オフとリペアはどのくらいの周期でやる?
マツエクモデル募集の注意点!無料でマツエクしたい人必見!
まつげパーマとマツエクはどっちがいいの?徹底解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ