マツエクの太さのおすすめは?人気のデザインはこれ!【後悔しない】

マツエクには太さやデザインによってすっぴん美人に見せたり、メイク効果を生み出します。マツエクのデザインにはカールだけでも様々な種類があり、それぞれのデザインによって印象が変わります。今回は人気のマツエクデザインや、太さや長さの比較についてご紹介します。

マツエクの太さのおすすめは?人気のデザインはこれ!【後悔しない】のイメージ

目次

  1. 自分に似合うマツエクの太さが分からない!
  2. マツエクの太さは?
  3. マツエクに太さがあると長持ちしにくい
  4. マツエクの太さを細くするとボリュームが減る
  5. おすすめのマツエクの太さは?
  6. すっぴん顔に見せたい人におすすめの太さは?
  7. メイク顔に見せたい人におすすめの太さは?
  8. マツエクの太さでまつげは濃く見える?
  9. マツエクの本数は?
  10. 60本のマツエクの印象は?
  11. 80本のマツエクの印象は?
  12. 100本のマツエクの印象は?
  13. 120本のマツエクの印象は?
  14. 150本のマツエクの印象は?
  15. マツエクの長さの選び方は?
  16. マツエクの人気の長さは?
  17. 9mmの長さのマツエクの特徴は?
  18. 10mmの長さのマツエクの特徴は?
  19. 11mmの長さのマツエクの特徴は?
  20. マツエクのカールデザインは?
  21. Jカールのマツエクデザインの特徴は?
  22. Cカールのマツエクデザインの特徴は?
  23. その他のマツエクデザインの特徴は?
  24. マツエクの人気デザインは?
  25. ナチュラルのデザインの特徴は?
  26. キュートのデザインの特徴は?
  27. ゴージャスのデザインの特徴は?
  28. マツエクの毛質は?
  29. セーブルの毛質の特徴は?
  30. ミンクの毛質の特徴は?
  31. シルクの毛質の特徴は?
  32. カラーエクステの使い方は?
  33. ブラウンのカラーエクステは?
  34. ブルーのカラーエクステは?
  35. レッドのカラーエクステは?
  36. その他のカラーエクステは?
  37. 自分に似合うマツエクの太さ・長さを選ぼう

自分に似合うマツエクの太さが分からない!

マツエクを付けてみたいけれど、自分に似合うマツエクの太さや長さが分からないとお悩みではありませんか?マツエクサロンでは、まつげをどんな仕上がりにしたいか相談しながらマツエクを付けていきます。

マツエクサロンでのカウンセリングでは、マツエクの太さ、長さ、本数、カール、毛質によって、自分に似合うマツエクのデザインを比較しながら決めていきます。

初めてマツエクを付ける際は、マツエクのデザインの比較がよく分からずに適当に選んでしまうという人がいますが、自分に似合うマツエクが分からないと、かえって目が小さく見えてしまい、マツエクの効果が出ない場合があります。

そこで、事前に自分に似合うマツエクデザインを知るために、マツエクのデザインの選び方についてご説明したいと思います。

マツエクの太さは?

マツエクの太さはサロンによって置いている種類も異なりますが、一般的に0.1mm、0.12mm、0.15mm、0.18mm、0.2mm、0.22mm、0.25mm、0.28mmの8種類の太さがあります。

それぞれの太さの特徴は?

0.1mmタイプ:細目のまつげで、非常にナチュラルな仕上がりになります。
0.12mmタイプ:一般的な日本人女性のまつげの太さになります。
0.15mmタイプ:ナチュラルな仕上がりながら、少し華やかな目元になります。
0.18mmタイプ:マスカラを薄く塗ったような印象のまつげになります。
0.2mmタイプ:ロングタイプのマスカラを塗ったような、華やかな仕上がりになります。
0.22mmタイプ:ボリュームタイプのマスカラを塗ったように、まつげにボリューム感が出ます。
0.25mmタイプ:つけまつげを付けたようなボリューム感が出ます。
0.28mmタイプ:ボリューム感の強いつけまつげを付けたようなインパクトが出ます。

日本人女性の平均的なまつげの太さは?

日本人女性の平均的なまつげの太さは0.12mmと言われているので、自分のまつげと馴染ませたい場合は0.12mmの太さがおすすめです。

マツエクでボリュームを出したい場合は太めのものを選びたいと思われるかもしれませんが、マツエクでまつげを太く見せるのであれば、太めの種類のマツエクを選ぶよりも、マツエクの本数を増やすのがおすすめです。

マツエクに太さがあると長持ちしにくい

マツエクはつけまつげと比較すると自分のまつげに対してのダメージは少ないですが、マツエク一本一本が太めだと、重みがあるためにまつげや目の周辺に負担がかかってきます。

その結果、マツエクの重みで自分のまつげが下がって抜けやすくなる原因になります。太めの種類のマツエクを使いたい場合は、太さは0.15mmまでのマツエクを使うのがおすすめです。

マツエクの太さを細くするとボリュームが減る

マツエクの太さの種類には、細いもので0.1mmのマツエクがあります。細いデザインのマツエクを使うと自然な仕上がりになりますが、その分ボリュームは減ります。そのため0.1mmの太さのマツエクは、自分のまつげが0.12mm以下の人におすすめです。

おすすめのマツエクの太さは?

日本人女性の平均的なまつげの太さは0.12mmのため、0.12mmに近い種類の太さのマツエクを付けることで違和感のない仕上がりになります。また、他の太さの種類のマツエクと比較すると、0.12mmは長持ちしやすい特徴があります。

すっぴん顔に見せたい人におすすめの太さは?

すっぴん顔に見せたい人におすすめの太さは、0.12mm~0.18mm程度の太さから、自分のまつげと同じ太さのマツエクを選ぶか、やや太め程度のマツエクを付けることで、目元を華やかに見せる効果があります。

メイク顔に見せたい人におすすめの太さは?

メイク顔に見せたい人は、0.2mm以下で自分のまつげに近い太さのマツエクを選ぶのがおすすめです。一般的に0.2mm以上の太さのマツエクを付けると、自分のまつげと比較したときに、マツエクを付けていることが分かりやすいです。

そのため、違和感なくマツエクでメイク顔に見せるには、0.2mm以下の太さのマツエクがおすすめです。

マツエクの太さでまつげは濃く見える?

太めの種類のマツエクを選ぶことで、まつげは濃く見せることができます。ただし、まつげに濃さを出すために太めのマツエクを選ぶと、自分のまつげと比較したときにマツエクを付けていることが分かりやすいデメリットがあります。

マツエクを太くするよりも本数を増やすのがおすすめ!

そこで、まつげを自然に濃く見せたいのであれば、マツエクの太さにこだわるよりも、自分のまつげに近い太さのマツエクの本数を多めに付ける方が、違和感無くまつげにボリューム感を出すことができます。

■参考記事:マツエクがコーティング剤で長持ち!

マツエクをコーティング剤で長持ち!おすすめ人気ランキング13選!

マツエクの本数は?

自分のまつげは、多い人で200本あると言われています。では、マツエクは200本全てに付けなければいけないのかというと、そうではありません。

マツエクは付ける本数によって、目元の印象が変わって来ます。そこで、おすすめの本数とそれぞれの特徴について比較したいと思います。

60本のマツエクの印象は?

両目で60本マツエクを付けると、たれ目のように見えるため、目元が優しい印象になります。マツエクにカールを付けたいのであれば、更に本数を増やすのがおすすめです。

60本のマツエクは、目付きが悪いとお悩みの人、マツエクで目元をたれ目に見せたい人におすすめの本数です。

80本のマツエクの印象は?

両目で80本のマツエクは、まつげにボリューム感が出ますが、自然な仕上がりで、マツエクを付けていることがバレにくいです。

80本のマツエクは、すっぴんでも違和感を感じることがない本数のため、初めてマツエクを付ける人や、すっぴん美人になりたい人におすすめの本数です。

100本のマツエクの印象は?

両目で100本のマツエクは、マツエクサロンで最も人気の本数と言われています。100本のマツエクは目尻にアイラインを引いたような効果が生まれるため、アイメイクをしなくても目力が生まれます。

100本のマツエクは、目元をパッチリ見せたい人、アイメイクをせず目力を出したい人におすすめの本数です。

120本のマツエクの印象は?

両目で120本のマツエクは、一重や奥二重の人におすすめの本数です。一重や奥二重の場合はマツエクが瞼で埋もれやすくなるため、マツエクは本数を多くすると目元が小さく見えてしまう場合がありますが、一重や奥二重の人の場合は、100本よりも10〜20本プラスした方が、目元が綺麗に仕上がります。

150本のマツエクの印象は?

両目で150本のマツエクは、目元をガッツリと盛りたい人におすすめの本数です。150本付けるとまつげにボリュームが出るため、瞬きをしたときに目元が綺麗に見えやすくなります。ただし、すっぴんになるとまつげだけが濃く見えやすいため、違和感が出やすくなってしまいます。

マツエクの長さの選び方は?

マツエクの長さの選び方は、全て同じ長さのデザインのマツエクを付けると不自然な仕上がりになるので、「目頭・黒目・目尻」の3か所で長さを変えます。

長さのバランスの調整はサロンのスタッフがサポートしてくれるため、長さを決める際は1番長くしたい部分のマツエクの長さを決めておくだけで良いです。

マツエクの長さの種類は、一般的に「6mm~15mm」くらいまでの長さがありますが、毛質やカールの具合いよっても選べるマツエクの長さが変わってきます。

マツエクでまつげを濃く見せたい方は長めのデザインを選びがりですが、自分のまつげよりもマツエクが長すぎると、その重みで自分のまつげが下がってしまい、逆に目が小さく見えてしまうデメリットがあります。

長さのあるマツエクは、重みで目の周囲に負担がかかるため、自分のまつげが抜けやすくなるデメリットもあるため、長さのあるマツエクを使うよりも、エクステと自分のまつげの長さのバランスを見て、自分に似合う長さを選ぶのがおすすめです。

マツエクの人気の長さは?

マツエクの人気の長さは、9mm、10mm、11mmの3つの長さです。9mm、10mm、11mmの長さは自然な長さに見えやすく、カールをつけたときも目元が可愛く見える効果があります。

たった1mmの違いですが、それぞれの長さのマツエクには特徴があるので、自分に合った長さのマツエクをお選びください。

9mmの長さのマツエクの特徴は?

日本人女性のまつげの長さは平均6.8mmのため、自分のまつげに負担をかけず、マツエクを自然に見せる長さは、長くても+2mmまでがおすすめです。

9mmの長さのマツエクの特徴は、自分のまつげと馴染みやすく、まつげが増えて仕上がりに違和感がないメリットがあります。

そのため、9mmの長さのマツエクは、マツエクを付けていることがバレたくない人、すっぴん美人になりたい人におすすめの長さです。

10mmの長さのマツエクの特徴は?

10mmの長さのマツエクは、カールを使うとどの角度から見ても綺麗なまつげに見えやすい特徴があります。マツエクを付けていることもバレにくいため、人気の長さでもあります。

10mmの長さのマツエクは、9mmの長さでは物足りない方、様々な角度で目元を綺麗に見せたい方におすすめの長さです。

11mmの長さのマツエクの特徴は?

11mmの長さのマツエクは、カールを付けることで目をぱっちり見せる効果があります。11mmの長さを黒目部分に付けて、目頭と目尻に9mmと10mmをバランス良く付けることで、人形のような目元になります。

11mmの長さのマツエクは、全て同じ長さでマツエクを付けるのではなく、目尻や黒目部分に付けることで、まつげの長さやボリューム感を強調することができます。

11mmの長さのマツエクは、メイクなしでも目をパッチリ見せたい方や、まつげを長く見せたい人におすすめの長さです。

マツエクのカールデザインは?

マツエクのカールのデザインは、サロンによっても若干デザインが異なりますが、「Jカール」と「Cカール」のデザインがメジャーとなっています。そこで、それぞれのカールの特徴についてご紹介したいと思います。

Jカールのマツエクデザインの特徴は?

Jカールのマツエクのデザインは、どのマツエクサロンでも取り扱われている定番のカールデザインです。Jカールは、マツエクが「J」のようにカールがかかっているデザインが特徴で、違和感なく自然な仕上がりになります。

Jカールは自分のまつげに付ける接着面が広いため、他のカールデザインと比較しても、1番長持ちしやすい特徴があります。基本的にマツエクは2〜4週間くらい持ちますが、Jカールは4週間程は持つと言われています。

そのためJカールは、自然に目元を美しく見せたい人、マツエクを長持ちさたい人におすすめのカールデザインです。

Cカールのマツエクデザインの特徴は?

Cカールも、どのマツエクサロンでも取り扱われている定番のカールデザインです。Cカールは、「C」のようにクルンとしたカールがかかっているのが特徴で、目元を大きく、可愛らしく見せたい人におすすめのデザインです。

Cカールにすることで、マツエクだけで黒目を強調させたり、目を大きく見せる効果があるため、カラコンやマスカラなどのアイメイクが不要になり、メイク時間も短縮できるメリットがあります。

その他のマツエクデザインの特徴は?

Jカール、Cカールの定番デザイン以外にも、CCカール、SCカール、Dカールなどの種類がありますが、カールの強さによって呼び方が変わってきます。カールの強さは、CCカール<SCカール<Dカールという順にカールが強くなっています。

CCカールはCカールよりもカールを強調させているデザインのため、Cカールよりもボリューム感を出したい人におすすめのデザインです。

SCカールは、マツエクでまつげにボリューム感を出したい人や、濃いメイクをするのが好きな人におすすめのデザインです。

Dカールは、カールが強いため、一重・奥二重の人におすすめのデザインです。

また、自分のまつげが短くてマツエクができない、自分のまつげがストレートで、カール感のあるマツエクができないという人のために、Lカールというマツエクもあります。

Lカールは、マツエクの根本はストレートで、毛先だけがカールしているデザインになっているため、まつげがストレートの人や、まつげが短い人にも馴染みやすい特徴があります。

Lカールは、サロンによっては毛先のカールのデザインを変えることができ、Cカールの「LCカール」、Dカールの「LDカール」などもあります。

■参考記事:マツエクのDカールについてはコチラも参照!

マツエクDカールのデザインのおすすめと持ちは?一重・奥二重さん必見!

マツエクの人気デザインは?

マツエクサロンに行くと、カウンセリングで「どういった目元にしたいか?」と聞かれます。しかし、初めてマツエクをする場合は、仕上がりのイメージをどういった風に伝えれば良いか分かりにくいです。

マツエクサロンでは、主にナチュラル、キュート、ゴージャスというデザインの種類があるため、それぞれのマツエクデザインの特徴についてご紹介します。

ナチュラルのデザインの特徴は?

ナチュラルデザインにすることで、自分のまつげが伸びたようになり、すっぴんでも違和感のない仕上がりになります。ナチュラルデザインは、マツエクをしていることがバレたくない人におすすめで、人気のデザインです。

ナチュラルのおすすめの太さ・長さ・カール・本数は?

ナチュラルのおすすめの太さと長さは、自分のまつげと同じ太さに合わせるのがおすすめです。ナチュラルはJカールで、60〜80本の本数にするのがおすすめです。

キュートのデザインの特徴は?

キュートはぱっちりとした目元にしたい人におすすめのデザインです。マツエクに長さを出すことで黒目が強調されて、目力のある印象になります。キュートにすることでアイライン・ビューラー・マスカラの効果が出るため、メイクの時間の時短にもなります。

キュートのおすすめの太さ・長さ・カール・本数は?

キュートのおすすめの太さと長さは、自分のまつげと同じ太さに合わせるのがおすすめです。キュートはCカールで、100〜120本の本数にするのがおすすめです。

ゴージャスのデザインの特徴は?

ゴージャスはまつげにボリュームを出す効果があり、盛りメイクのような派手なメイクが似合う目元になります。

ナチュラルメイクが好きな人の場合は、目元だけが強調されてしまうため、ゴージャスはカラコンを付ける人や下まつげにもボリューム感を出したい人におすすめです。

ゴージャスのおすすめの太さ・長さ・カール・本数は?

ゴージャスのおすすめの太さと長さは、自分のまつげと同じ太さに合わせるのがおすすめです。ゴージャスはSCカールで、130〜150本の本数にするのがおすすめです。

マツエクの毛質は?

マツエクの毛質には、主にシルク・ミンク・セーブルの3種類があります。細かく分けると「プラチナシルク」、「ベルベットミンク」などの名前のマツエクもありますが、マツエクの素材は全てナイロン素材で出来ています。

マツエクの毛質によって、まつげの仕上がりの印象が変わってきますので、それぞれの毛質の特徴についてご紹介したいと思います。

セーブルの毛質の特徴は?

セーブルのマツエクは、他の毛質と比較すると、最も自分のまつげに近いマツエクになります。セーブルはマツエクの本数を増やしても目元が軽く、自然な仕上がりになります。

ただしセーブルはマツエクが軽いためにマツエクを付けていることを忘れやすく、そのまま目を擦ってしまうなどのデメリットがあります。目を擦るとその分マツエクは取れやすくなるため、マツエクが長持ちしにくくなります。

セーブルのマツエクは、他の毛質と比較すると金額も高いため、目を擦るクセのある人やプチプラでマツエクを付けたい人には不向きですが、値段が高い分長持ちしやすいメリットもあります。

そのためセーブルのマツエクは、まつげを自然な仕上がりで長持ちさせたい人におすすめの毛質です。

ミンクの毛質の特徴は?

ミンクは、シルクと比較すると柔らかい付け心地のため、ナチュラルメイクのような仕上がりになります。

ミンクのマツエクを付ける場合はJカールのようなナチュラルなデザインがおすすめですが、Cカールなどカールの強いデザインにすれば、上品で華やかな仕上がりになります。

ミンクはマツエクの付け心地の良さや、まつげのツヤ感を重視したい人におすすめの毛質です。

シルクの毛質の特徴は?

シルクは他の毛質と比較すると太く、見た目にツヤがあります。シルクでマツエクの本数を多くすることで、人形のような目元になります。そのため、派手なメイクが好きな人におすすめの毛質です。

シルクはマツエクが太いため、他の毛質と比較すると持続期間が短いデメリットがあります。しかし、他の毛質と比較すると、シルクは値段が安いメリットがあります。

そのため、シルクは派手なメイクが好きな人、お金をかけずにマツエクをしたい人におすすめの毛質です。

■参考記事:マツエクの毛質をさらに比較!

マツエクのミンク・セーブル・シルクの違いは?毛質を比較!

カラーエクステの使い方は?

マツエクを付けている人でも、カラーエクステを付ける人はあまり多くはありませんが、カラーエクステを付けると色の種類によっては自然な仕上がりになります。カラーエクステで人気の色は、ブラウン、ブルー、レッドのカラーエクステです。

カラーエクステは髪の色に合わせて付けたり、アイシャドウのメイク代わりとして使うとまつげに馴染みやすくなります。カラーエクステは目尻の上下にワンポイントとして付けることで、目力を強く見せる効果を発揮します。

ブラウンのカラーエクステは?

ブラウンのカラーエクステは、カラーエクステの中でも一番人気のマツエクで、マツエク全てにブラウンを付けたとしても、自分のまつげに馴染みやすく、黒いマツエクよりも優しい印象になります。

ブラウンのカラーエクステは、カーキブラウン、オレンジブラウン、イエローブラウン、チェリーブラウン、ダークブラウンなど様々な種類があるため、自分の髪色に合わせてカラーエクステを選ぶことをおすすめします。

ブラウンのカラーエクステの人気の太さの種類は?

ブラウンのカラーエクステの人気の太さは、0.15mmの太さの種類になります。0.2mmだと太さがあるため、カラーエクステに抵抗のある人には付けにくいですが、0.15mmは自分のまつげの太さに近いため、自然で優しい印象になります。

ブルーのカラーエクステは?

ブルーのカラーエクステを目尻に付けると、白目を綺麗に見せる効果があり、目元がクールな印象になります。ブルー系のアイシャドウを塗ると目元が派手になりやすい人は、ブルーのカラーエクステで自然なクール感を生み出すことができます。

ブルーのカラーエクステの人気の太さの種類は?

ブルーのカラーエクステの人気の太さは、0.15mmの太さの種類になります。0.15mmは自分のまつげと自然にミックスさせつつ、青色を見せる効果があります。自分のまつげにさりげなくブルーを馴染ませたい場合は、更に細い0.1mmを選ぶのもおすすめです。

レッドのカラーエクステは?

レッドのカラーエクステは顔色を明るく見せる効果があり、目元を華やかに見せてくれます。そのため、レッドのカラーエクステは目元を強調したいときや、顔色を明るく元気に見せたいときにおすすめの色です。

レッドのカラーエクステの人気の太さの種類は?

レッドのカラーエクステの人気の太さは、0.15mmの太さの種類になります。自分のまつげにレッドを自然に馴染ませたい場合は、ワインレッドのカラーエクステを付けると、カラーエクステを付けていても自然で華やかな目元になります。

その他のカラーエクステは?

ブラウン、ブルー、レッドなど人気のカラーエクステの他にも、グリーン、パープル、イエローなどのカラーエクステもあります。

グリーンのカラーエクステはまつげにツヤ感が出るため、目元を若々しい印象にしたい人におすすめです。

パープルは薄紫は上品で優雅な印象になり、濃い紫はミステリアスな印象になるので、大人っぽさを出したい人におすすめです。

イエローは顔色を明るく見せる効果があるので、赤色よりも自然に顔色を健康的に見せたい人におすすめです。

自分に似合うマツエクの太さ・長さを選ぼう

マツエクの太さ、長さ、本数、カール、毛質の比較についてご紹介しました。事前にマツエクについて詳しく知っておけば、マツエクを選ぶときも失敗しにくくなります。

今回の記事を参考に、自分に似合うマツエクのデザインや、やってみたいデザインを決めておき、サロンで相談しながら、自分に似合うマツエクのデザインを見つけてください。

マツエクについてもっと情報を知りたいアナタに!

マツエクを長持ちさせる方法17選!これでマツエクがとれにくくなる!
マツエクでタレ目に!デザインのおすすめ紹介!【必見】
マツエクにマスカラするならこれ!市販のおすすめまとめ!【大人気】

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ