マツエクのミンク・セーブル・シルクの違いは?毛質を比較!

マツエクには、ミンク・セーブル・シルクという毛質があります。では、その違いを知っていますか?マツエクにおける、ミンク・セーブル・シルクの特徴・メリットなど概要を紹介していきたいと思います!次のマツエクには、毛質を気にしてみるのはどうでしょうか?

マツエクのミンク・セーブル・シルクの違いは?毛質を比較!のイメージ

目次

  1. マツエクは女の子の夢を叶える魔法のメイク
  2. マツエクの毛はなにでできてる?種類の違いを知っていますか?
  3. マツエクの毛質の違い①:ミンク
  4. マツエクの毛質の違い②:セーブル
  5. マツエクの毛質の違い③:シルク
  6. マツエクの種類×本数での効果比較!①:ミンク
  7. マツエクの種類×本数での効果比較!②:セーブル
  8. マツエクの種類×本数での効果比較!③:シルク
  9. マツエクコレクションでデザインを見てみよう!
  10. マツエクコレクション①:しっかりメイクでも馴染むセーブル
  11. マツエクコレクション②:ナチュラルボリュームなミンク
  12. マツエクコレクション③:フェザーミンクでふわっと♪
  13. マツエクコレクション④:セーブルのCカールでぱっちり!
  14. マツエクコレクション⑤:ギャルメイクではセーブルDカール!!
  15. ミンク?セーブル?シルク?どれが1番いいの?
  16. ミンク?セーブル?シルク?…どれが似合うのはその人次第!

マツエクは女の子の夢を叶える魔法のメイク

マツエクは、数年前までほとんど誰もやっていないものでした。
『エクステ』といえば、髪の毛につけるもの…というイメージではなかったですか?

しかし、今や見渡せば誰もがマツエクをしている時代!

あの頃、つけまつげで一生懸命メイクしていたときと違って、クレンジングなどに気を付ければ、常にまつ毛がばさっとある…そんな魔法のようなマツエクですが…。

マツエクの毛はなにでできてる?種類の違いを知っていますか?

マツエクに『種類』があることはご存知ですか?

マツエクをすでにしたことがある人も、詳しいことを知っている人はあまり多くないかもしれません。

多くの店舗ではマツエクの種類として、「シルク」「セーブル」「ミンク」といったものを使用すると思います。
毎回、その中で決まったものを頼んでいるかと思います。

では、その3つの違いとはなんなのでしょうか?
何でできているのでしょうか?

ミンク・セーブル・シルクの違いを、原材料や特徴などの違いを踏まえて紹介していきたいと思います。

もしかしたら、次から違う種類を使う気持ちになるかもしれませんよ♪

「ミンク」って…動物の毛皮でできてるの!?

「ミンク」という言葉は、マツエク用語ではなく、もともとミンクという動物がいるのですが…。

その名前がついている…ということは、マツエクのミンクの毛ってその動物の毛皮からできているの!?と驚いたり、引いてしまう人もいるいかもしれません。
毛皮でできているなんてコワイ…と思うかも?

でも、安心してください!
現在マツエクで使われているミンクエクステは、毛皮からは出来ていません♪

そもそも、毛皮から作ると、長さ・太さなどまばらになってしまいますよね。
わんちゃんや猫ちゃんなど、動物を飼っていると、毛皮(被毛)の太さ・長さがまちまちなことがわかるかと思います。

毛皮ということで、動物愛護の面からはもちろんですが、毛皮を使うことでバラバラになったマツエクは…つけてもなんだか変な感じになってしまいます。
そのため、ミンクの毛皮からマツエクが作られることは、もうめったにないようです。
毛皮のマツエクを見かけたら、逆に超レアなくらい!

すべてのエクステの毛は毛皮ではなく、ナイロン素材でできていますよ♪

毛皮からではないので、安心してくださいね☆

マツエクの毛質の違い①:ミンク

人気の高いミンクは、着けている方も多いと思われる種類です。
よく、「ミンクで100本」「ミンクで120本」のような風につけている人が多いのではないでしょうか?

ミンクという種類は、やわらかく、自まつ毛へのダメージが少ない種類です。

フィットしやすく、軽い着け心地のため、高級な種類だともいわれています。

ミンクのマツエクの主な特徴は?

ミンクのマツエクは、もともとの自分のまつ毛への密着質が高いので、先ほども言った通りフィット感があります。
そのため、近くで見ても違和感のない仕上がりになる種類ともいわれています。

フィット感というのは、着けている心地だけでなく、持ちが良くなる性質もあります。

あまり気になると触ってしまいますし、ポロポロ取れてくるとさらに気になって…という悪循環が、比較的ない種類となっています。

ミンクのマツエクの仕上がり方

ミンクのマツエクは、しっとり、マットな質感に仕上がります。

また、ボリュームがあってふんわりしているので、ふさふさまつ毛になります。
これにあこがれる人は多いですよね♪

しかし、イヤなボリュームさではなく、自然な光沢があります。

マスカラでの仕上がりに似ているので、『ボリュームタイプのマスカラを付けた感じ』というとわかりやすいと思います。

もちろん、マツエクなのでダマにならないので、まったくその様ではないのですが、メイクをすると引き立つという毛質の特徴があります。

マツエクの毛質の違い②:セーブル

セーブルは、3つの種類の中でも1番柔らかく、ふわふわとしています。
かなり軽いので、他の2種類よりもシンプルな印象になります。

すっぴんでつけていても、違和感のないほど(本数によります)です。

セーブルのマツエクの主な特徴は?

セーブルの種類の特徴は、何よりも『自まつ毛に近い』というところです。
また、目元にやさしく、軽くて視界やまばたきの邪魔をしないのも特徴です。

「自まつ毛を増やしたい!」「まつ毛美容液の効果が少ない…」という方向きのマツエクとなっています。

しかし、セーブルは質がいいので、その分価格は高くなっています。

また、カールが長持ちしやすいのもセーブルの種類の特徴です。
他との違いとしては、寝相などでの癖がつきにくいので、選んだカールがよく持ちます。

そのため、セーブルの種類でのマツエクでは保てる時間も比較的長い傾向にあります。

セーブルのマツエクの仕上がり方

セーブルは、自まつ毛により近いので、違和感が少なく仕上がります。

100本、120本着けても、「この人まつ毛フサフサだな~」くらいの印象になります。

ごわつきが少ないので、見ていてもマツエクと分からない時もあります。

こちらは片目140本と非常に多い本数の装着ですが、毛が細くしっとりかつふんわりしているので、自まつ毛の長い人のようにも見えますね。

こうした仕上がり方が、セーブルという種類の特徴のひとつとなります。

マツエクの毛質の違い③:シルク

最後に、マツエクの種類の中でのシルクについて紹介します。

シルクは、1番リーズナブルな毛となっているため、金欠時に助かる毛の種類です。
その値段の安さから、リペアもしやすいので、お財布にやさしいマツエクの種類となっています。

シルクのマツエクの主な特徴は?

シルクの特徴としては、固さがあるのでカールが取れにくいという特徴があります。
どうしても、やわらかいミンクやセーブルのようなものだと、寝相などで癖がついてしまいますが、しっかりとした弾力のあるシルクのマツエクなら、そういったこともありません。

また、ツヤがあり、まとまった印象となるのも特徴です。

しかし、持ちが少し劣るところがデメリットとなっています。

シルクのマツエクの仕上がり方

ツヤがあり、つけまつげのように毛束があるシルクのマツエク。
本数が増えるごとに、ボリューム感が増すようになっています。

人によっては、それが自然に見えることもあり、少ない本数ではケバくならないのでオフィスなどでも使用可能です。

また、目元にツヤっとした雰囲気を与えたい!という人もミンクがシルクエクステがオススメです。

セパレートも他の2種類に比べて少ないので、しっかりとアイラインを引いたような印象になるところもいいところですね!
目尻にJカールを入れれば、もしかしたらアイラインいらず…かもしれません☆

マツエクの種類×本数での効果比較!①:ミンク

ここからは、マツエクの本数で大体どういった仕上がりになるか…ということを検証していきたいと思います。

まずは、大人気のミンクのエクステからご紹介していきます。

やわらかなミンクなため、ふわっと広がる様子をご覧ください♪

①ミンク80本:ナチュラルなデカ目効果

80本からご紹介します。

80本では、とても自然で自まつ毛がふんわりとセパレートして広がったように見えますね!

まつ毛に、クッキリした印象も出ました!

これなら、もともとまつ毛が多い人に見えるので、違和感なく、初心者さんでも無理なく使用できます♪

②ミンク100本:自然ながらもデカアイラインを引いたような目に

次は、一般的な100本のご紹介です。

100本にすると、一気にボリューム感が増しますね。
100本では、ふわふわっと、なおかつセパレートして広がっていることがわかります。

まつ毛が増えた!としっかり実感できるのは、100本くらいからかもしれません。

③ミンク120本:クッキリアイラインでバッチリぱっちりおめめ

こちらも人気の本数である120本をご紹介します。

120本にすると、かなりふさふさになったことがわかりますね♪
密度の高いまつ毛になった~という印象です。

120本のマツエクが人気なのは、その効果の実感の高さからです。
ミンクでは、120本にすると、アイメイク不要なくらいになりますね!


◆関連記事:マツエクをしたらどうお化粧すればいいの?!

マツエク中のアイラインの引き方と化粧の仕方!これでバッチリ!

マツエクの種類×本数での効果比較!②:セーブル

次に、セーブルでの本数で比較をしていきたいと思います。

セーブルの特徴は、その高級感とゴワつきの少なさ、そして自然なまつ毛に近いこと。

では、ボリューム感に欠けるのでは…?と不安なアナタを安心させる、本数ごとの比較を見てみましょう。

①セーブル80本:まるで自まつ毛の長い人?すっぴんでも◎

友達に、「まつ毛長いな~」って子、いましたよね!

セーブル80本では、そういう子になれちゃうのが特徴です♪

すっぴんの状態で、マツエクがばさっとしていると、なんだか違和感…その違和感をなくしたい人には、セーブル80本がオススメです。

②セーブル100本:メイク時短!メイク直後のようなまつ毛に

セーブル100本では、まるでメイク直後のような目元になれるのが特徴です。

アイメイクに時間がかかる!という人におすすめなのが、こちらのセーブル100本。
もとからぱちっとしたおめめになるので、あとは薄くラインを引いたり、アイシャドウを使って色を付けたり…。

アイメイクの時間を他のことをする時間に回せるのがいいですね。

③セーブル120本:360°お任せ!違和感がないのにボリューミー

ふわっとした目元になる、セーブルの120本は、かなりオススメなメニューのひとつです!

黒目の部分のカールを強めにつければ、黒目が大きくなる効果も狙えます☆

なんだか飛べそうな軽さのある雰囲気で、違和感なくボリュームアップできているのが実感できるのがこちらの120本となっています。

目元をシッカリさせたい場合は、120本を選ぶと◎です!

マツエクの種類×本数での効果比較!③:シルク

最後に、シルクでの本数でどれだけ変わるかの効果を比較していきたいと思います!

シルクといえば、ツヤツヤまつ毛!
一体、100本で、120本で…どんな風に仕上がるのか楽しみですね♪

それでは、見ていきたいと思います。

①シルク80本:リペアも楽ちん♪ナチュラルメイク風

シルクの80本は、付け替えも簡単で自然な目元になるのでおススメです。

ナチュラルながらも、しっかりと毛束があるので、ナチュラル系のマスカラをした感じになるのも◎ですね!

マスカラの時間を短縮したい!という人には向いているかもしれません☆

②シルク100本:まるでつけまつげ!ツヤめきたっぷり♡

毛束感があるので、100本でもバサッ!とつけた感じになります!

見てみると、まるでつけまつげのようになっていますね♪

普段からつけまつげを付けていて、毎日やるのは面倒…という人には、シルク100本がオススメです。
100本は、一般的な本数より少ないかちょうどいいくらいですが、シルクの100本は圧倒的にボリュームがあるように見えます。

③シルク120本:ばさっと毛束♡ボリュームまつ毛♡

シルクの120本です。

下を向くと、つやっとしていて、なおかつ毛束多めのつけまつげのような状態になっているのがお分かりいただけると思います☆

メイクが薄くない人にとっては、時短しまくれる魔法のようなシルクの120本のご紹介でした!

マツエクコレクションでデザインを見てみよう!

それでは、大体の本数や種類がわかったところで、マツエクのデザインを紹介していきたいと思います♪

ちなみに、文中に出てくる「Jカール」や「Cカール」などという言葉の意味について説明します。

その名のとおり、カールの角度の種類の名前です。
Jカールはゆるいカール、Cカールはきついカールです。
さらにきついDカール・CCカールや、CとJの間のJCカールなどもあります。

店舗によっても呼び名が違うのですが、Jカール・Cカールはほぼ共通です。


◆関連記事:危険性も知りたい!

マツエクでアレルギー症状がでることも?そしたらどうする?

マツエクコレクション①:しっかりメイクでも馴染むセーブル

こちらは、高級人口毛のセーブルでの施術です。
しっかり並行二重のぱっちりおめめによく似合っていますね♪

本数は110本、太さは0.15ミリのもののようです。
長さは目頭から、11ミリ→12ミリ→11と、黒目を大きく見せる効果アリな配置。

気になるカールは、全体的にD(=CCカール)を入れつつ、目尻は少しカールを落としてCカールにしているようです♪

マツエクコレクション②:ナチュラルボリュームなミンク

こちらの方は、ミンク素材でのマツエクだそうです♡

たれ目メイク風にするには、目尻をゆるいカールにする方法があります。

目頭には、Cカールでくるりんとカールを入れて、目尻にはJカールが入っているようです。
目尻にJカールを入れることで、たれ目メイク風になるのです!

マツエクコレクション③:フェザーミンクでふわっと♪

こちらは、フェザーミンクの付け足しのようです。

100本の付け足しで、全体的にCカールを入れています。
全体的にCカールを入れることで、ぱっちりしつつ、ミンクを使っているのてふわっとした印象も出来上がります!

マツエクコレクション④:セーブルのCカールでぱっちり!

こちらは、セーブルエクステをCカールで施術♪

目の形もあって、Cカールメインなのに、きちんと目尻に向かってしっかりメイクしたような流れが出来ていますよね!

こちらは11ミリの長さのものでCカールをした模様です。
セーブルだけあって、違和感なくぱっちりおめめになっていますね♡

マツエクコレクション⑤:ギャルメイクではセーブルDカール!!

ばさっとボリューミーにしたいときは、Dカール(=CCカール)のセーブルを使うと◎です!
ボリュームの出るセーブルで施術することで、まつ毛もステキに♡

こちらの方はDカールでボリュームアイラッシュになりました!
この方も、真ん中を13ミリ長くすることで、黒目を大きく見せるワザを使っています☆

ミンク?セーブル?シルク?どれが1番いいの?

ここまで見てきて、「じゃあ結局、どれが1番いいの?」と思っている方もいらっしゃいますよね。

友人のアイリストさんに聞くと、「その人の雰囲気と、自まつ毛の雰囲気による」と言っていました。

目によって違いがあるので、ミンクやセーブルのようなふわふわ・ナチュラルなものがいい人もいれば、シルクのようなつややかなものがいい人もいるそうです。

ミンク?セーブル?シルク?…どれが似合うのはその人次第!

アイリストさんの言う通り、デカ目にしたいからこれ、ナチュラルにしたいからこれ…という風に決めるのではないのです。

毛質の違いはあくまで『参考』にして、自分のまつ毛に合ったものを選ぶからこそマツエクでアナタが輝けるのです♪

人によって似合うものの違いがあるのは当たり前。

なので、アイリストさんと相談したり、1度施術してもらって、友人や家族にアドバイスしてもらうのもいいかもしれません。

マツエクの種類の違いは多いですが、マツエクをする人の似合うカタチの違いはもっと多いのですから♡

もっとマツエクについて知りたい方はこちら

マツエクの値段の相場は?平均するとどのくらいなの?
マツエク(まつげエクステ)のメリット・デメリットを解説!
マツエクはブラウンがおすすめ!お洒落なブラウンのデザインまとめ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ