マツエク(まつげエクステ)のメリット・デメリットを解説!

女性が化粧で力を入れる部分にまつげがあります。とても簡単なので、マツエクを使っている女性も多いでしょう。しかし、マツエクにはメリットだけでなく、デメリットもあります。マツエクのデメリットに関する知識を身に付けて、本当のマツエク美人を目指しましょう!

マツエク(まつげエクステ)のメリット・デメリットを解説!のイメージ

目次

  1. マツエクにもデメリットがあるの?
  2. 【マツエクデメリット】マツエクと目元のたるみ
  3. 【マツエクデメリット】紫外線に注意!
  4. 【マツエクデメリット】皮膚のたるみは気のたるみ!?
  5. 【マツエクデメリット】つけまとコージー本舗
  6. つけま(つけまつげ)のメリットを紹介!
  7. つけまは、誰でもつけられる
  8. つけま(つけまつげ)のデメリットを解説!
  9. デメリットは濃いメイク!?
  10. 【マツエクデメリット】アイテープで”つけま”をよりきれいに!
  11. 【マツエクデメリット】つけまつげの簡単な付け方
  12. 1.必要なアイテム
  13. 2.つけまつげをつける前に…
  14. 3.つけまつげの装着
  15. 4.台紙から、はがす
  16. 5.一度、目元に乗せる
  17. 6.つけまつげのサイドをカットする
  18. 7.ベースを柔らかくする
  19. 8.アイラッシュフィックス(のり)をつける
  20. 9.乗せるようにつける
  21. 10.角度の調整
  22. 11.微調整
  23. マツエク(まつげエクステ)のメリットとは?
  24. マツエク(まつげエクステ)のデメリットって?
  25. 【マツエクデメリット】男性用のマツエクも!?
  26. たるみというデメリットを改善して、マツエクをきれいに!
  27. 紫外線によるデメリット
  28. 乾燥によるデメリット
  29. 【マツエクデメリット】トレーニングでマツエクも魅力的に!?
  30. 【マツエクデメリット】マツエクをきれいに見せるトレーニング
  31. マツエクまとめ

マツエクにもデメリットがあるの?

「あー、電車に乗り遅れそうー!」となる月曜の朝。メイクをする時間はないけど、なんとかしてきれいに見せたい、という時があるのではないでしょうか?
そこで、便利で簡単なアイテムがマツエク(まつげエクステ)です。メイク時間を大幅に短縮できる上に自まつげに盛ることができます。
一見すると便利なマツエクですが、自まつげが抜けるなどのデメリットはあるのでしょうか?

【マツエクデメリット】マツエクと目元のたるみ

身体の中で、皮膚が一番うすい部分が目元です。スマホやパソコンで目を使いすぎたり、油分の多い化粧品を多用する箇所でもあるため、たるみやシワが出やすいゾーンです。
マツエク(まつげエクステ)をつけるときに目元のたるみが気になる女性もいるのではないでしょうか?

◆加齢によるたるみ
年齢や季節の移り変わりなどによる肌への影響もありますが、目の周囲にある皮膚や筋肉、肌の原子が加齢によって衰えることで、目元にシワやたるみが出ます。
気が抜けると筋力も低下します。

【マツエクデメリット】紫外線に注意!

◆コラーゲンやヒアルロン酸が減る
コラーゲンとヒアルロン酸は真皮層(皮膚の奥にある層)の肌に影響を与える成分です。これらの成分が減ると、肌にハリがなくなります。
しかしながら、太陽光による紫外線や加齢が原因で、コラーゲンとヒアルロン酸が減るのです。他にも、睡眠時間が減るとたるみの原因にもなります。

◆筋肉の老化
皮膚は筋肉によって支えられています。ところが、加齢により顔の表情筋(鼠やクマなどの動物にはない)の筋肉が減ると目の周囲にたるみができます。
目元の筋肉は、オフィスワーカーのように日々パソコンやスマホに接する時間の長い職業では、衰えが早くなります。マツエク(まつげエクステ)でまぶたが重くなり、筋力が減ることも考えられます。

【マツエクデメリット】皮膚のたるみは気のたるみ!?

◆眼窩脂肪(目の下)のふくらみ
筋力が減ると、眼窩脂肪(がんかしぼう)がふくらみ、目の下の皮膚にたるみができます。マツエクが抜ける心配はありませんが、血流をよくする運動をするといいでしょう。

◆化粧品や洗顔・クレンジングによる摩擦
皮膚の薄い目元は、マツエク(まつげエクステ)やつけまのように顔の印象を決めるメイクを施しますね。また、メイク落としや洗顔によって、目の周囲への摩擦が多くなります。
必然的に、目元の表情筋に負荷がかかり、シワやたるみの原因となります。
マツエクの抜ける原因でもあるので、洗顔のしすぎには注意したいですね。

【マツエクデメリット】つけまとコージー本舗

つけまを簡単に説明すると、自まつげの生えぎわにつける”人工のまつげ”です。日本での発売は「コージー本舗」で、1974年のことでした。
日本では、初めて”つけま”を販売したコージー本舗は、さまざまなメイク関連のグッズを販売してきました。

つけま(つけまつげ)のメリットを紹介!

1.値段が安価で種類が豊富
普段使いのつけまから、たくさん盛れるつけまなど、左右のセットで100円ほどで買えるのが特徴です。女子高生や女子大生には助かりますね。

2.何度も使える
つけまは使い捨てではなく、接着した部分を丁寧に洗って乾燥させれば、くり返し使うことができます。自まつげが抜けることもありません。

つけまは、誰でもつけられる

3.自まつげの形を問わない
自まつげに1本ずつつける”マツエク(まつげエクステ)”とは違って、つけまは軸の部分を目のきわに直接貼り付ける方式をとっています。マツエクは人によって、装着できないというデメリットもあります。

4.つけ外しが楽
お湯に浸したコットンを使えば、楽につけまを外せるので、学校ではつけられなくても、休日やイベント限定で装着することが可能です。

■参考記事:まつげパーマ後はマスカラNG?コチラも参照!

まつげパーマしたらマスカラ禁止?それともしていい?【必見】

つけま(つけまつげ)のデメリットを解説!

・とれやすい
つけまの接着剤は、汗に弱いというデメリットがあります。特に汗の多い夏場はとれやすくなります。つけまをしたまま、プールや温泉に入るのがやめましょう。

・器用さが必要
つけまは、目のきわのほんの少しの皮膚にそっと貼り付けるものです。アンバランスになったり、接着部分がずれることも多々あります。そのため、慣れるまでには時間がかかります。手先の器用さに自信がない人は、イライラしてしまうかもしれません。

デメリットは濃いメイク!?

・メイクが濃くなりやすい
つけまにすると黒く目立つため、それを隠そうとする心理が働いて、アイシャドウなどのメイクが濃くなるりやすいというデメリットがあります。
自分ではあまり濃いと感じなくても、彼氏から見たらかなり濃いアイメイクになっているかもしれませんよ。

■参考記事:マツエクのビフォーアフター画像!だいぶ印象が変わる?

マツエク(まつげエクステ)のビフォーアフター画像まとめ!【衝撃】

【マツエクデメリット】アイテープで”つけま”をよりきれいに!

つけまで目にアクセントをつけたいときにアイテープで二重にする女性もいるでしょう。うまくメイクすれば、二重でまつ毛のきれいな女性に変身できます。
ここでは、おすすめのアイテープと使い方を紹介しておきます。

1.埋没式のアイテープ

せっかく二重になってもアイテープが見えていたら、台無しですね。大切なのはナチュラルな仕上がりですね。
参考までにコージー本舗の「アイトーク ストロングアイテープ」を使うと、幅1ミリの極細テープによって、まぶたを接着できます。
接着部分が溝に隠れるタイプなので、たくさんまばたきをしてもアイテープが目立ちにくいというメリットがあります。

2.二重まぶたを1日キープ!

目立たないのはいいけれども、細すぎるから取れるか心配という声もあります。
しかし、さきほど紹介したストロングアイテープは、医療衛生材料の両面テープを使っています。そのため、幅1ミリという極細でも、二重まぶたを1日中キープすることが可能です。

3.ゆるやかなカーブがポイント

ストロングアイテープには目の丸みに沿ったカーブがついています。指でいじらなくても、楽に自然な二重まぶたを作れます。自まつげが抜けることもありません。
せっかく、アイテープをつけられたのにアイラインが不自然という事態にはなりにくいです。また、アイテープに持ち手があり、つけやすく工夫されています。

■参考記事:メイクポーチに最低限のアイテムって?コチラもチェック!

メイクポーチの中身の最低限は?持ち歩きに必要なアイテムはこれ!

【マツエクデメリット】つけまつげの簡単な付け方

つけまつげには、「不自然にならないか?」、「つけたことはあるけれども、全くイメージ通りにいかなかった」、「試しにつけてみたいけど、難しそう」という意見をお持ちの方もいるでしょう。
ここでは、初めてのつけまつげでも楽にできるように、つけまつげのつけ方をアドバイスします。

1.必要なアイテム

1.つけまつげ
好きなデザインのつけまつげを準備しましょう。

2.鏡
手鏡ではなく、テーブルに置けるタイプが便利です。つけまつげを片手でつけるのは至難の業です。
さらに、角度調整機能がついていると、より楽に装着できます。

3.アイラッシュフィックス(のり)
商品によっては、つけまつげに付属している場合もあります。
別売りの場合は、チューブタイプと筆タイプがありますが、初心者は”筆タイプ”にするといいでしょう。

4.眉用のハサミ
つけまつげの幅を調整(カット)するために使います。

5.アイラッシュカーラー
つけまつげのカール(曲線)と自まつげがなじむように、カールさせるために使います。

6.ピンセット(あれば便利)
自分の指でもつけられますが、ピンセットを使ってもいでしょう。
特に下まつげ用のつけまつげは、極細でとりにくいので、ピンセットがあると簡単に取れます。
毛抜きを使う場合は、先端が平らな毛抜きの方が楽です。

7.アイメイク道具
マスカラ、アイシャドウ、ペンシルアイライナー、リキッドアイライナーなどがあると装着後の微調整に役立ちますよ。

2.つけまつげをつける前に…

つけまつげの装着前には、必ずアイメイクをしておきます。つけまつげは、アイメイク後につけるといいでしょう。

・自まつげをカールさせる
つけまつげには、最初からカールしているため、自まつげも同じようにカールしておくと、ナチュラルな仕上がりになります。
一方で、タイトにカールさせてしまうと、つけまつげを装着しづらくなるため、軽めにカールさせるといいでしょう。
好みによっては、マスカラをつけます。普段、自まつげが下がりめの方は、カールキープタイプがおすすめです。

・アイメイク
つけまつげは、アイラインにつけるので、アイラインを先に引いておくとなじみやすくなります。軽くぼかせるペンシルアイライナーを使うと自然にメイクできます。

3.つけまつげの装着

つけまつげをつける際は、利き手で両側をつけるのではなく、右の目には右手、左の目には左手で、つけます。
また、最初は、利き手と反対の手から始めます。
理由としては、苦手な方から着手して、より扱いやすい利き手で後から付ける方が、調整がしやすいからです。

先に利き手の方から実行すると最後の微調整でイメージ通りにいかずイライラしてしまいます。楽につけるためにも利き手の反対側から始めるのがコツです。

4.台紙から、はがす

つけまつげは、極細です。台紙からはがす時に雑にとると、すぐに壊れてしまいます。そっと触れましょう。
つけまつげは台紙にのりで固定されています。きれいに外すには、親指の腹を使って、押し下げるイメージで外すことです。丁寧さの中にも大胆さが必要とされます。

なお、外しにくいときは、土台をピンセットで抑え、端の方からそっと外すといいでしょう。まつげの部分を持って外すと、すぐにつけまつげが壊れます。

5.一度、目元に乗せる

つけまつげはシュミレーションが大事です。運動でいうイメージトレーニングのようなものです。
つけまつげには、台紙に固定するための”のり”がついているため、目元に乗せることで、完成後のイメージをチェックできますよ。

目を軽くふせるようなイメージで、アイラインが見えるように位置を調整します。つける箇所は、つけまつげの目尻と自分の目尻がぴったりと合うところです。

目頭部分は、ギリギリに付けず、少しずらしてつけます。ちょうど黒目の始まるあたりがいいでしょう
このシミュレーションの段階で、角度や位置を調整します。

6.つけまつげのサイドをカットする

想定より、つけまつげの幅が広いときは、眉用のハサミでカットしましょう。目尻の方から少しずつカットします。

なお、目尻のデザインを活かしたい場合は、目頭から切ります。
目頭の部分は目元になじむよう、薄く造られているため、目頭側を切ることで、華やかなイメージに仕上がります。

7.ベースを柔らかくする

つけまつげのベースの端を持ち、曲げたり伸ばしたりを10回ほど繰り返します。初めてつけるときは、ベースの部分がやや固くなっている状態です。
もし、そのままつけてしまうと、反発によって、自まつげのカーブに合わせにくくなることがあるため、事前に柔らかくすることで、目元に沿いやすいよう自まつげに合ったつけまつげにします。

次に、指にそっと巻きつけて、曲線に整えます。美しく曲線をイメージしましょう。この一手間で、つけ心地とキープ力が変わってきますよ。

8.アイラッシュフィックス(のり)をつける

ベース部分にアイラッシュフィックスをつけます。チューブタイプと筆タイプがありますが、最初は平らに塗りやすい筆タイプがいいでしょう。

チューブタイプは、手の甲に少し出してから、量を調整します。
次に、1ミリほど出した状態で、つけまつげのベースに等間隔に点を打ち、その点をつなげて線を描くイメージで塗ります。分量は、ベースの糸が少し隠れるくらいがいいでしょう。

9.乗せるようにつける

軽く伏し目がちにして、アイラインを引いているところに、目尻を合わせるイメージで、真ん中に乗せます。
目は開いたままにします。

目を完全に開いたら、つけまつげの位置を確認します。そして、目尻から目頭にかけて自まつげのカーブに合うように接着しましょう!

目は曲線を描いています。そのため、全ての部分を同時には、付けられません。中央に置いて、位置を決めてから、そっと目尻の方から接着していきましょう。

接着が完了したら、自まつげとつけまつげを指で一緒につまみ、ベース部分をまぶたに押し当てます。押し当てることでキープ力が高まり、つけまつげと自まつげの間の隙間がなくなります。

10.角度の調整

つけまつげの位置を決めたら、角度を調整します。よりくっきりした目にしたい場合は、指で持ち上げるように上方向に角度をつけましょう!
ナチュラル感を出したい場合は、指で押し下げるイメージで調節します。

11.微調整

鏡で仕上がりを見て、つけまつげと自まつげの間に空間ができていたり、つけまつげの根元や目頭部分が気になる場合は、リキッドアイライナーを使って、ラインを付け足すと美しくみえます。
慣れるまでは時間がかかりますが、一度慣れてしまえば、楽に装着できるようになります。商品も数多く出ているので、うまくいかない場合は、他の製品も試してみるといいでしょう。

マツエク(まつげエクステ)のメリットとは?

1.自然にまつげを増やせる
施術によって、まつげの根元部分に植毛する形で接着するので、見た目も自然な感じで、まつげの毛量を増やせます。

2.長さ・毛量・カールを選べる
施術によって、1本ずつつけるため、自分のイメージした理想のまつげになります。

3.汗に強い
つけまつげは、夏場に取れやすいですが、マツエクは汗や水分に強い接着剤を使うため、お風呂やプールでも抜けることは稀です。少なくとも二週間は、問題ないでしょう。

4.ノーメイクでもOK
マツエクは、自まつげが減る・抜けるという心配はありますが、ビューラーとマスカラが不要になります。つまり、メイク時間が減るのです。

マツエク(まつげエクステ)のデメリットって?

1.施術代が高い
マツエク(まつげエクステ)の1回あたりの施術は、5,000円以上かかるケース(2017年12月現在)もあります。自まつげが抜けるとマツエクもとれるため、三週間に一度はメンテナンスが必要です。銀行の残高がどんどん減る原因となります。

2.スキンケアに注意がいる
マツエクの接着剤がとれることから、オイルクレンジングは使えません。洗顔やスキンケアでも、目元に注意しなくてはいけません。自まつげに直接つけているので、自まつげが抜けるとマツエクも一緒に抜けるという欠点があります。

3.誰でもマツエクができるわけではない
自まつげが傷んでいたり、自まつげに隙間があると、施術できないケースもあります。自まつげが抜けるとマツエクも一緒に抜けるからです。ある程度のまつ毛の数が必要なのです。

4.目元のトラブル
マツエクに使っている接着剤が肌に合わず、かゆみやかぶれの原因になったり、マツエクがよく目に入ることで結膜炎や角膜炎になる可能性もあります。
特に肌の弱い方は注意した方がいいでしょう。
健康はメイクに勝る美しさです。化粧を施した芸能人より毎日運動するスポーツ選手の肌の方がきれいです。

【マツエクデメリット】男性用のマツエクも!?

まつげエクステは、自まつ毛1本に対して、人工のまつ毛(まつげエクステ)1本を専用の接着剤でつけるメイク技術です。
つけまつげと違う点は、取り外しができず、施術には美容師免許が必要です。よく調べずに美容師免許のないお店で施術をすることのないように気を付けましょう。すぐにマツエクが抜けることでしょう。

また、男性の間でも、まつげエクステをするケースがあり、男性の美容への高まりが感じられます。メイクをする習慣のない男性は、2,3週間に一回のメンテナンスで済む、まつげエクステの方が楽なのでしょう。また、まつ毛が抜けることもあまり気にしません。
また、彼氏の家につけまつげがあったら、新しい彼女ができたと思う女性もいるでしょう。いらぬ心配を彼女に抱かれないようにする男性心理がまつげエクステにも働いているのかもしれませんね。

たるみというデメリットを改善して、マツエクをきれいに!

誕生日を迎えるたびに気になるシワやたるみですが、少しでもハリのある肌を維持したいのが女性の願いです。
できれば、改善策を考えたいですね。
ここでは、日常生活で実践できる簡単トレーニングを紹介していきます。

紫外線によるデメリット

目元のたるみやシワの原因は複数ありますが、一番影響が大きい原因が”紫外線”です。
紫外線にはいくつかの波長があり、肌の奥にある真皮層まで届く「紫外線A波(UV-A)」量が減るように努力する必要があります。

対策としては、日焼け止めクリームや日傘、帽子などが挙げられます。紫外線の量が特に多い春から夏は言うまでもなく、曇りがちな日や秋から冬も紫外線は減ることなく、地表に降り注いでいます。
それぐらい太陽の力は偉大なのです。基本的に紫外線対策は通年で行うものと考えるといいでしょう。面倒な方は帽子をファッションに取り入れるといいかもしれませんね。

乾燥によるデメリット

シワやたるみの原因のひとつに”乾燥”もあります。
肌というのは、紫外線や急激な温度変化に長時間、さらされると、乾燥しやすくなります。冬場の保湿ケアをしなかったり、間違ったスキンケアをしていると、肌が元々持っているバリア機能が減るのです。
すると、最も影響のある紫外線や外部からの刺激を直に受けやすい肌になってしまいます。真皮層にある線維芽細胞が減ると、肌を支えているコラーゲンやヒアルロン酸が作られる量も当然、減るのです。

つまり、紫外線から肌を守るためには、肌に十分な水分をキープさせることがポイントなってきます。汚れているからといって、一日に何度も風呂に入ったり、二回以上シャンプーすると肌の脂分が減るので、乾燥しやすい状態になります。
長風呂の傾向がある女性は15分以内に出るように心掛けましょう。

【マツエクデメリット】トレーニングでマツエクも魅力的に!?

目の下(涙袋)のたるみをとるには、目の周りを囲んでいる筋肉を鍛えるエクササイズがおすすめです。
顔の表情を決める筋肉を”表情筋”と言い、人間にしか存在しません。
クマが怖く感じるのは、この表情筋がなく、笑っているのか、怒っているのか判断しづらいからです。
また、ネズミは表情筋の代わりにヒゲ(触毛)が発達し、触毛が壁に当たると行き止まりだと感じて、方向を変えることができます。だから、ネズミは暗いところでも問題なく、動けるのです。

目の周りの表情筋は、目元に表情を作り出すほか、涙袋を押したり、緩めたりして、目の周りの血行を促進する働きがあります。

表情筋を鍛えることで、重力に引っ張られた皮膚を戻すことができるようになります。年齢に関わらず、この表情筋は鍛えられるので、今日から実践できます。

ポイントは様々な方向から鍛えることです。以下の3つのトレーニングを朝・晩に5回ずつ行うといいでしょう。

【マツエクデメリット】マツエクをきれいに見せるトレーニング

a.全体トレーニング
目を軽くつぶります。徐々に強く目を閉じ、そのまま5秒間数えます。
次に、目の力を徐々に抜いていきます。
そして、眉を上げて目を大きく見開きます。5秒数え、ゆっくりと元の状態に戻します。

b.上まぶたトレーニング
人差し指を眉の中央に置きます(目の上ではない)。
眉をゆっくり上げていき、人差し指で上がってくる眉を下に押さつけるイメージで固定します。上まぶたが伸びきったところで5秒数えます。
ゆっくりと元に戻します。

c.下まぶたトレーニング
口を「お」の字にして、鼻の下を伸ばします。
次に、目線を上に向け、目の下を伸ばします。
下まぶたを引き上げるイメージで、5秒数えます。
ゆっくりと元に戻します。

マツエクまとめ

つけまつげとマツエク(まつげエクステ)を対比させながら、それぞれのメリットをデメリットを例示しました。
つけまつげは装着の簡単さが魅力ですが、お風呂やプールでは使えません。まつげが抜けるとマツエクも抜ける欠点もあります。
マツエクは、施術費用もかかり、定期的なメンテナンスが必要な一方で、お風呂やプールも気にせずに入れます。ただし、マツエクが抜けるので、洗顔には注意が必要です。

マツエクは施術をしても、接着剤が肌に合わないこともあるので、肌が弱い女性は、つけまつげにするといいでしょう。
また、多少、施術やメンテナンスが必要でも、普段のメイク時間が減る方がいい女性は、マツエクがいいでしょう。

いずれにしろ、専門的なアドバイスを聞いて、正しい知識を身につけることが必要です。美容に関心の高い女性をターゲットにした悪質な業者はわんさかいます。決して減ることはありません。
自分が事前に調べなかったことが原因でトラブルに巻き込まれることがないように注意しましょう。また、こうした悪質な業者は後を絶ちません。
美容のために高いお金を払って、健康を害してしまっては元も子もありません。安いコストできれいに見せることはいくらでもできます。
お金がありすぎると本当に必要かどうかもよく考えずに浪費しがちです。そして、銀行から残高が減るのです。しかし、ちょっと考えるだけで、効率がよく安い費用でできる美容やメイクがあるものです。
適度な運動をして、真の美を手に入れましょう。

マツエクについてもっと情報を知りたいアナタに!

マツエクの値段の相場は?平均するとどのくらいなの?
マツエクのお手入れ方法!長持ちさせるためのポイントは?
まつげパーマとマツエクはどっちがいいの?徹底解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ