マツエク当日にお風呂に入れる?入り方と注意事項まとめ!

メイクが楽になるからとマツエクをしようか考えているあなた!マツエクをした後に心配なのは、いつからお風呂に入ってもいいのかということではないでしょうか。今回はマツエクの施術後当日にお風呂に入れるのか、お風呂に入る時にはどんな注意事項があるのかをまとめてみました。

マツエク当日にお風呂に入れる?入り方と注意事項まとめ!のイメージ

目次

  1. マツエクとは?
  2. マツエクで注意しなくてはいけないことは?メイクやお風呂は?
  3. マツエクした日のお風呂は何時間後からOK?
  4. マツエクした後のお風呂、シャワーを直接はNG
  5. マツエクした後のお風呂、オイルクレンジングはNG
  6. マツエクした後のお風呂、力任せはNG
  7. マツエクした後のお風呂、長風呂はNG
  8. マツエクをお風呂の水につけてはいけない理由は?
  9. マツエクをお風呂の水はNG!ではゴーグルは?
  10. マツエクをした日にお風呂?洗顔は?
  11. マツエクをした後にお風呂?洗顔の順番は?
  12. マツエクをした後にお風呂?洗顔の時の注意
  13. マツエクをした後のお風呂後のケア・タオルで優しく
  14. マツエクをした後のお風呂後のケア・まつげコームでとかす
  15. マツエクをした後のお風呂後のケア・ドライヤーは冷風
  16. マツエクをした後のお風呂後のケア・まつげ美容液
  17. マツエクをした後にお風呂?メイクは?
  18. マツエクをした後のメイクでの注意点
  19. マツエクをした後のメイクを落とす時も注意
  20. マツエクをした後のケア・目に異変を感じたら
  21. マツエク当日にお風呂に入れる?まとめ

マツエクとは?

マツエクとは、まつげのエクステのことです。
まつげエクステンションを略して、マツエクと呼ばれています。
価格はお値打ちいになってきたので、マツエクが気軽にできるようになりました。
マツエクは、エクステンションというくらいですから、まつげを皮膚に移植するものではありません。
今あるまつげに毛をつけていくというのが、マツエクになります。

自然なカールが付いている人工毛をつけることで、まつげにボリュームを与えたり、長さをアップさせたりしています。
マツエクは費用も安く済み、施術に痛みも感じないそうです。
マツエクをするだけで、メイクをするのが簡単になるということで、女性の間では人気になっています。
しかしマツエクをした後のケアに関しては、あまり知られていないようです。
先ほども書いたように、まつげを皮膚に移植しているわけではなく、くっつけているだけなので、ケアの仕方を間違えると、せっかくお金をかけてもすぐに取れてしまうこともあります。
しっかりとケアする方法を確認して、長くマツエクをもたせるようにしましょう。

マツエクで注意しなくてはいけないことは?メイクやお風呂は?

マツエクの注意事項のポイントは9つあります。
注意事項①施術後すぐの当日はメイクはしないこと
注意事項②サウナには行かないこと
注意事項③お風呂や半身浴は注意をして入ること
注意事項④洗顔の時には注意をすること
注意事項⑤オイルクレンジングはしないこと
注意事項⑥うつ伏せで寝ないこと
注意事項⑦目をこすらないこと
注意事項⑧汗をかかないこと
注意事項⑨基礎化粧品でもオイルはNG

細かくはこれから書いていきますが、基本的にマツエクは水やオイルに弱いものです。
またマツエクはくっついているだけだということも忘れてはいけません。
こっすたり、ひっぱったりするのはマツエク当日でなくてもNGです。
ともかくマツエクを長持ちさせたいと考えているのであれば、「触らない・構わない・こすらない」の「3ない」が大切です。


◆関連記事:マツエクのメリットデメリットをご紹介!

マツエク(まつげエクステ)のメリット・デメリットを解説!

マツエクした日のお風呂は何時間後からOK?

マツエクは、グルーという接着剤でくっついています。
このグルーが乾いた後であれば、施術後の当日にお風呂に入ることは可能です。
半身浴も乾いたあとであれば、大丈夫なようです。
グルーの乾く時間は、マツエクをするサロンによってばらつきがあります。
4時間で乾くというサロンもあれば、24時間かかるサロンもあるようです。
マツエクをしたサロンに、どれくらいでグルーが乾くのかを確認しておきましょう。

可能であれば、マツエクの施術後当日は、お風呂や半身浴を我慢できるといいようです。
グルーが乾いていない状態で、ちょっとでも水が付いてしまうと、せっかくのマツエクが取れてしまうこともあります。
ちょっとの我慢でマツエクが長持ちするのであれば、施術後当日のお風呂はやめておくという選択肢もありますよね。

マツエクした後のお風呂、シャワーを直接はNG

マツエクは水に弱いものですが、シャワーはさらに水圧があるために、直接顔から浴びるのはNGです。
水でマツエクが弱ったところに、シャワーの水圧がかかって、マツエクが取れてしまうことがあります。
目をこすっているわけではありませんが、シャワーを直接浴びることで目をこするのと同じような刺激をマツエクに与えてしまうのですね。

シャワーを直接顔にかけないようにするのは、施術後当時だけでなく、マツエクをつけている間は気を付けなくてはいけない注意事項です。
お風呂への入り方としては、シャワーを使うのではなく湯舟に浸かって、顔をお湯で洗いたい場合は、お湯をすくってから優しく顔にかけるようにしましょう。

マツエクした後のお風呂、オイルクレンジングはNG

お風呂の入り方はイロイロあると思いますが、中にはお風呂に入ったときにメイクを落とすという人もいると思います。
この時につかうクレンジング剤にも注意事項があります。
マツエクで使われる接着剤のグルーは、油分に弱いという特徴があります。
そのためオイルクレンジングを使うと、マツエクはキレイに落ちてしまいます。

マツエクをした後は、施術後すぐの当日でない日でも、オイルフリーのクレンジング剤を使いましょう。
オイルクレンジングを使用すると、マツエクが落ちないまでも、マツエクが変色してしまうこともあるようです。
しっかりメイクをしている人は、オイルクレンジングを使っている人も多いと思いますが、マツエクをした後は違うクレンジング剤を利用するという注意事項を忘れてはいけません。

マツエクした後のお風呂、力任せはNG

オイルクレンジングを使っていないとしても、メイクをゴシゴシと力任せに落とすのはNGです。
注意事項でも書きましたが、目をこするのはやってはいけないことです。
マツエクを長くもたせたいと思っているのであれば、優しく洗顔をしてあげましょう。

力任せにゴシゴシとしないというのは、まぶたや眼球を守るためでもあります。
マツエクで使われている人工毛は、人間のまつげに誓いものですが、人工でつくられたものであることに変わりはありません。
多少地毛よりは強い素材でできています。
その素材で皮膚がこすられることで、まぶたや眼球が傷ついてしまう恐れもあります。

マツエクした後のお風呂、長風呂はNG

お風呂の入り方としての注意事項には、長風呂をしないということがあります。
マツエクの施術後、当日はお風呂を避けて24時間経っていれば、グルーは乾いているのでお風呂に入ることは問題ありません。
しかしあまりにも長くお風呂に入っているとマツエクのもちが悪くなります。

お風呂の入り方は、普通の入り方でも半身浴でもどちらでも問題ありません。
冷え性の人であれれば、半身浴はおすすめです。
半身浴でダイエットをしている人もいるかもしれませんよね。
半身浴でのお風呂の入り方自体には問題がないのですが、半身浴の場合、入浴の時間が長くなってしまうことが問題です。
また半身浴で汗をかく入り方の場合は、あまりおすすめはできません。
それでも半身浴をしたいという人もいますよね。
半身浴でのお風呂の入り方をする場合には、週に2回程度にとどめておいた方が良いようです。

マツエクをお風呂の水につけてはいけない理由は?

マツエクの施術後、当日にお風呂の水につけてはいけないのは、グルーが完全に乾いたかどうかがわからないからです。
誰かが見張っていて、「はい乾きました!」と言ってくれればいいのですが、初めてマツエクをした場合はどういう状態になればグルーが乾いているのかがわからないと思います。
半乾きの状態で、水分がついてしまえば当然乾くのが遅くなりますし、場合によってはマツエクが取れてしまう原因にもなります。

また、マツエクが乾いていない状態で水がかかってしまうと、つけたマツエクが変な方向を向いてしまうことがあります。
真っすぐに前に向かってカールそして欲しいのに、右に左にと向いてしまったら大変ですよね。
ですからマツエク施術後の当日は、お風呂の入り方はどうするかではなく、入浴自体を控えたほうが良いのです。

マツエクをお風呂の水はNG!ではゴーグルは?

マツエク施術後、どうしても当日にお風呂に入りたいと思う人もいるかもしれませんね。
そんな時のお風呂の入り方には、イロイロなアイデアが出ているようです。
その1つがゴーグルをしてお風呂に入ればいいというものです。
お風呂の入り方として、あっているか間違っているかはわかりませんが、ゴーグルを使えば確かにマツエクに水がかかるという心配は少なくなるかもしれません。
でもゴーグルを使うのも、良しあしがあることも理解をしておきましょう。

ゴーグルに慣れてない人が、ゴーグルをつけてお風呂にはいると、いつの間にかゴーグルの中にお湯が入ってきているということもありますので、ゴーグルの使い方はあらかじめ勉強しておきましょう。
それ以外にも、ゴーグルを使ってのお風呂の入り方にはイロイロな注意事項があります。

先ほども書いたように、ゴーグルの中に稀にお湯が入ってしまうこと、ゴーグルが小さすぎて、ゴーグルの中のマツエクの形が変わってしまう恐れがあること、半私浴の時などはお風呂に入って汗をかいてしまいゴーグルの中に湿気が溜まってしまって、結局マツエクを濡らしてしまうことがあること、ゴーグルを外す時にゴーグルがマツエクに引っかかってしまい、マツエクが取れてしまうことがあること、などです。
ゴーグルをしているからといって、必ず安心だとは言い切れないですね。
ゴーグルを使う前に、そこまでのリスクをおかしてお風呂に入りたいか、入り方を考えてみましょう。

マツエクをした日にお風呂?洗顔は?

洗顔もマツエクを濡らしてしまう行為になりますので、マツエクの施術後すぐや当日は、洗顔をしないほうが良さそうです。
ですからマツエクの施術のためにサロンへ行くとも、できればノーメイクで行くのが望ましいですね。
どうしても洗顔が必要である場合は、洗顔もお風呂と同じように、接着剤であるグルーが乾いた後であれば問題ありません。
マツエクの施術をしたサロンによって時間は違いますが、施術後4時間から24時間、サロンがしていした時間が経過していれば、洗顔をするのは問題ありません。

グルーが乾いた後であっても、マツエクの施術後の洗顔は、当日であっても当日でなくても注意事項が何点かあります。
まつげですから、特に洗顔をする時には注意が必要になってくるのですね。
マツエクが取れてしまったり、マツエクが変な方向に向いてしまわないように、注意をしながら洗顔をするようにしてください。

マツエクをした後にお風呂?洗顔の順番は?

先ほども書きましたが、お風呂の入り方によっては、お風呂でクレンジングや洗顔をしている人もいると思います。
お風呂に入る時に、クレンジングや洗顔をする人は、クレンジングや洗顔をする順番を最後にするようにしてください。
お風呂の入り方としては、できるかぎりマツエクの水分を軽く拭き取るようにしながら入浴を楽しめるといいと思います。

クレンジングの前には、タオルで軽く顔の水分をとります。
ゴシゴシ拭き取るのではなく、タオルを押し当てるようにして水分をタオルに吸わせるような感覚で水分をとります。
マツエクの施術後のクレンジングや洗顔に、綿棒やコットンを使うという方法もあるようですが、綿棒やコットンの細かい繊維がマツエクについてしまうと、それをとるためにひっぱることで、マツエクを取ってしまう恐れがあります。
綿棒やコットンではなく、タオルやガーゼのハンカチを使うとマツエクに優しく、汚れがとりやすいかもしれません。
できるかぎり優しく、優しくクレンジングと洗顔を行ってください。


◆関連記事:マツエクって高いの?安いの?相場をチェック!

マツエクの値段の相場は?平均するとどのくらいなの?

マツエクをした後にお風呂?洗顔の時の注意

マツエクの施術後、当日であっても当日でなくても、洗顔をするときに特に注意が必要なのが目元の洗顔です。
目元を洗顔するときには、優しく。
どこまでも優しく洗うようにしてください。
アイメイクをしっかりしている人は、アイメイクをとるために、指先でぐりぐりと洗顔をしてしまう人がいますが、マツエクの施術後はそういうメイクの落とし方はNGです。

またクレンジング剤や、洗顔に使う石鹸はオイルフリーのものを選びましょう。
できればアイメイクも、お湯で落ちるタイプのメイク用品を選ぶといいですね。
マツエクの施術後であれば、それほどアイメイクに力を入れる必要もなくなるはずです。
目元のメイクはナチュラルに、優しい洗顔で落ちるようなものを選ぶと良さそうです。

マツエクをした後のお風呂後のケア・タオルで優しく

マツエクの施術後のお風呂に入った後は、タオルで優しく水分を拭き取ることが大切です。
もちろんゴシゴシとふきとるのではなく、タオルに水を吸わせるような感覚で、拭き取るようにしてください。
マツエクはたとえグルーが乾いても、水分に弱いことに変わりはありません。

お風呂の後や、洗顔の後など、顔に水をつけた後は、必ず水分を拭き取るようにしてください。
決してそのままほったらかしにしておいてはいけません。
場合によっては、その水分が乾燥したグルーに水分を与えてしまい、ふやけてマツエクが取れてしまうなんてことが起こるかもしれません。
顔が濡れた時は、目元に優しくタオルをあてて、よく水分を拭き取りましょう。
この時、マツエクがタオルの繊維に絡んでしまわないようにすることも大切です。

マツエクをした後のお風呂後のケア・まつげコームでとかす

タオルでしっかりと水分を拭き取ったあとは、まつげコームと呼ばれる、まつげ専用のクシでマツエクをとかしてあげることも大切です。
水分を拭き取ったといっても、乾く前なので、まつげがあっちをむいたりこっちをむいたり。
場合によっては、絡んでしまっていることもあるかもしれません。
乾かす前に、しっかりととかしてあげることで、キレイなマツエクを長く保つことができます。

まつげコームでとかすときも、力任せにとかすのではなく、やさしくとかしてあげてください。
絡まっているからと引っ張ってしまっては本末転倒です。
時間がかかっても、ゆっくりと丁寧にまつげコームを使ってマツエクをキレイにといてあげてください。

マツエクをした後のお風呂後のケア・ドライヤーは冷風

まつげコームでマツエクをしっかりとといたら、その後はしっかりと乾かしましょう。
この時、ドライヤーは冷風にしてください。
マツエクは人工毛です。
どういう素材で作られているかは、サロンによってもことなるとは思いますが、中には熱に弱い素材を使っているところもあります。
ドライヤーの温風をあててしまうと、燃えてしまったり、変色してしまうものがあります。

ドライヤーは冷風にして、顔から離して、直接風圧がかからないように気を付けながら乾かしましょう。
シャワーの時と同じく、風圧でマツエクが取れてしまったり、せっかくといたのにマツエクが変な方向を向いてしまったりすることがあります。
ドライヤーで乾かす時にも注意が必要ですね。

マツエクをした後のお風呂後のケア・まつげ美容液

必ずしも必要なわけではありませんが、マツエクは地まつげにくっついているものです。
ですから、地まつげをキレイに健康にしておくというのは、結果的にマツエクをケアすることにつながります。
まつげ美容液もオイルフリーのものを選んで、必要以上に水分を残さないようにすれば、これからのマツエクの入り方も良くなると思います。

マツエクをした後にお風呂?メイクは?

マツエクの施術後、当日すぐのメイクはしないほうがいいようです。
ですから、マツエク施術後にはあまり予定は入れないほうが良さそうですね。
どうしてもメイクをしなくてはいけない場合は、アイメイク以外の部分だけメイクをするようにしましょう。

メイクをすると、クレンジングも必ずしなくてはいけなくなります。
そうなるとグルーが乾くまで眠ることができなくなってしまいます。
できるかぎりマツエクの施術後、当日すぐのメイクはやめておくようにしましょう。

マツエクをした後のメイクでの注意点

マツエクの施術後、当日ではなくても気を付けなくてはいけない注意事項があります。
まずはアイラインです。
マツエクの施術後もアイラインはひくという人は多いようです。
マツエクをする前から、ペンシルを使っているという人は、リキットかジェルに変更するようにしてください。
ペンシルには油分が含まれています。
油分はマツエクの天敵です。
またウォーターループのアイラインも、アイメイクを落とすのが大変になるので避けたほうが良さそうです。

マスカラをつける時にも注意事項があります。
マツエクの施術後は、マスカラは必要ないだろう、と思うでしょう。
マツエク施術後すぐは、もちろん必要ありません。
ふさふさとしたまつげがあるので、マスカラいらずというのがマツエクの良いところです。
しかしどんなに気をつけていても、少しずつマツエクは取れてしまいます。
そうなると、マスカラの力に頼ることになります。

もちろんマスカラを使うのは控えてほうが良いのですが、使用する場合は、ウォーターループのマスカラは使わないようにすることです。
クリアマスカラであれば、簡単にマスカラを落とすことができるのでおすすめです。
マスカラはまつげに直接塗るものなので、特に慎重に選ぶようにしてください。

マツエクをした後のメイクを落とす時も注意

洗顔の時にも書きましたが、お風呂に入ったり半身浴をする時にクレンジングをする場合には、最後にクレンジングをするようにしてください。
そしてクレンジング剤には、オイルフリーのものを選ぶようにしましょう。
オイルフリー、アルコールフリーの刺激が弱いものの方がいいそうです。
おすすめはジェルクレンジングです。
メイクの落ちも良く、刺激も少ないと言われています。

マツエクの施術後のクレンジングは、極力「3ない」を守ることが大切です。
できれば、ガーゼなどにクレンジング剤を含ませて貼り付けるようにしておいて、お湯で洗い流せばメイクが落ちるというのが理想です。
どうしてもこすらなければいけない場合は、ガーゼなどで優しく拭き取るようにしましょう。
メイクが残っていると肌荒れの原因になってしまうので、メイクが残らないように、丁寧に落とす必要はあります。
しかしあまりこすりすぎてもいけません。
ゴシゴシを洗わなければいけないほどのしっかりメイクは、マツエク後は控えることができるのが望ましいですね。

マツエクをした後のケア・目に異変を感じたら

マツエクの施術後、お風呂に入ってしまったり、半身浴をしたりして顔が濡れてしまうことで、マツエクが取れて目の中に入ってしまう、ということが稀にあります。
なんだか目が痛い、しみる、と感じた場合は、お風呂や半身浴をやめて、すぐに鏡をみながら目にマツエクが入っていないかどうか確認してください。
もしマツエクが取れてしまい目に入ったことでの痛みなのであれば、しばらくすればおさまると思います。

マツエクの施術後、マツエクが取れて目に入った痛みではない痛みや、なんだ目が腫れてきたような気がするなど、異変を感じたら、すぐに眼科を受診してください。
場合によっては、接着剤であるグルーがあなたの肌に合っていないことで皮膚が過剰に反応してしまい、痛みや腫れを引き起こしてしまうことがあります。
ほかっておくと、目にとって良くありません。

マツエク当日にお風呂に入れる?まとめ

今回はマツエクの施術後当日にお風呂に入れるのかどうかをまとめてみました。
施術後の当日は、お風呂も半身浴も、洗顔さえもあまりしないほうがいいのですね。
マツエクをした日は、家でおとなしくしていたほうが良さそうです。
でも1日我慢するだけで、次の日からのメイクはとても楽になります。
半身浴やサウナも、毎日でなければ行っていいようなので、マツエクをして楽しく美しくなっていけそうですね。

もっと「マツエク」についての情報が知りたいアナタへ!

マツエクのミンク・セーブル・シルクの違いは?毛質を比較!
マツエクはブラウンがおすすめ!お洒落なブラウンのデザインまとめ!
マツエクのグルーの人気おすすめランキング!【必見】

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ