下まつげのエクステを長持ちさせる方法7選!メリットは?

上まつげのマツエクが良いかんじだから、下まつげにもエクステをつけてみたいけど、すぐに取れてしまわないか心配。でもまつげのバランスを考えたら、上まつげと下まつげの両方にマツエクをしたいですよね。今回は、下まつげのエクステを長持ちさせる方法をご紹介します。

下まつげのエクステを長持ちさせる方法7選!メリットは?のイメージ

目次

  1. 下まつげにもエクステ!マツエクとは
  2. 下まつげにもエクステ!マツエクのメリット◎美しく自然な目元
  3. 下まつげにもエクステ!マツエクのメリット◎若々しく見える
  4. 下まつげにもエクステ!マツエクのメリット◎メイクの時間が短縮
  5. 下まつげにもエクステ!マツエクのメリット◎アイメイクが滲みにくい
  6. 下まつげにもエクステ!マツエクのデメリット
  7. 下まつげにもエクステ!マツエクのデザイン
  8. 下まつげのエクステ(マツエク)を長持ちさせる方法①コーティング剤
  9. 下まつげのエクステ(マツエク)を長持ちさせる方法②濡らさない
  10. 下まつげのエクステ(マツエク)を長持ちさせる方法③冷風をあてる
  11. 下まつげのエクステ(マツエク)を長持ちさせる方法④オイルフリー
  12. 下まつげのエクステ(マツエク)を長持ちさせる方法⑤洗顔の仕方
  13. 下まつげのエクステ(マツエク)を長持ちさせる方法⑥メイクの仕方
  14. 下まつげのエクステ(マツエク)を長持ちさせる方法⑦まつげ美容液
  15. 下まつげのエクステを長持ちさせる方法!まとめ

下まつげにもエクステ!マツエクとは

マツエクをする女性が増えています。
上まつげを長くするだけではなく、下まつげにもエクステをつける人が増えてきたそうです。
マツエクとは、自分のまつげに人工のまつげであるエクステをくっつけてボリュームを出していくことです。
エクステの付け方はまぶたにつけるのではなく、自分のまつげにグルーという専用の接着剤をつけて、エクステをつけていくという方法になります。

アイメイクの時間を短縮できて、ナチュラルメイクをセルフでする人なら、アイメイクは必要ないというのも人気の秘密です。
ただし注意をしなくてはいけないのは、マツエクをつけた当日、まつげにエクステを付けたその日は、アイメイクだけでなく、普通のメイクをしないほうが良いという点です。
メイクについてはまた後程、改めてまとめていきましょう。

上まつげに関しては、なんとなくのイメージがあると思いますが、下まつげのマツエク、下まつげにエクステをつけるときには、どれくらいのエクステをつけるといいのでしょうか。
マツエクをする時には、上まつげと下まつげの付け方のデザインのバランスが大切です。
本数だけで言えば、上まつげにつけた半分の本数のエクステを下まつげにつける付け方がデザインとして良さそうです。
エクステの本数は、まつげ1本に付き1本のエクステをつける、という付け方ではありません。
まつげの全体のデザインやバランスをみながら、まばらにエクステをつける付け方をしていきます。
下まつげのエクステのデザインについては、目の大きさなどの個人差があります。
まずは20本の本数をつけてみて、デザインや付け方を考えながら、足らなければ本数を増やしていく、という付け方をおすすめします。

下まつげにもエクステ!マツエクのメリット◎美しく自然な目元

下まつげのエクステをつけることのメリットにはどんなことがあるのでしょうか。
下まつ毛のエクステ、マツエクをすることで、美しく自然な目元が演出できると言われています。
上まつげのみにエクステをつけたデザインの場合、目が上に向かってぱっちりと開いた印象になります。
上まつげのエクステをつける付け方だけでも十分にかわいいのですが、下まつげにもエクステを付けてあげることで、上下のデザインのバランスが良くなって、目へのイメージが安定するのだそうです。

マツエクは、付け根から先端に向かって細くなっているデザインです。
普通のまつげにマスカラを付けた場合は、マスカラの付け方にもよりますが、根本からでぼっとしたまつげのデザインになるのに対して、マツエクは自然な美しいまつげのデザインをつくることができます。
そのため、マツエクの本数や長さに関わらず、上まつげと下まつげの両方にマツエクをする付け方は、美しく自然な目元を演出できるのです。

下まつげにもエクステ!マツエクのメリット◎若々しく見える

下まつげにもエクステをつけるというデザインは、マツエクをしている人を若々しく魅せる効果もあります。
幼く見える顔の特徴に、顔の重心が下の方にある、という点がありますよね。
下まつげもマツエクをすることで、目を大きくみせることができれば、目は顔の重心からみて下に大きくデザインされていることになります。

目の面積が縦に大きくなることで、小顔効果が期待できるともいわれています。
下まつげのエクステの付け方や本数、長さにもよりますが、下まつげのエクステが長いほど、目の縦の大きさが大きくなることになります。
そして目を大きくみせることができれば、若々しく、小顔にみせられる効果が期待できるのです。

下まつげにもエクステ!マツエクのメリット◎メイクの時間が短縮

下まつげにエクステをつけることで、メイクの時間をぐっと短縮することもできます。
セルフメイクで一番時間がかかるのが、アイメイクですよね。
上まつげはもちろん、下まつげにもマツエクをつけておくことで、この時間のかかるアイメイクをする手間を省くことができるのです。

マツエクの付け方や本数、長さにもよりますが、ほとんどの場合マスカラをつける必要が無くなると思います。
アイメイクもアイライナーすら必要がない場合もあるでしょう。
セルフメイクはベースのみでOKなんて人もいると思います。
下まつげにもエクステをつける付け方をしておくことで、朝のメイク時間を短縮することができそうですね。

下まつげにもエクステ!マツエクのメリット◎アイメイクが滲みにくい

アイメイクが滲んで、パンダになってしまった、なんて悲惨な経験をした人がいるかもしれませんね。
このパンダ現象は、アイメイクが原因で起こってしまうことです。
マスカラがとれてしまったり、滲んでしまうことで起こります。
泣いたり、汗をかいたり、アイメイクにとっては、通常の生活の中でも滲んでしまうかもしれない場面は多いですよね。

上まつげも下まつげにもエクステをつけておくデザインであれば、アイメイクが滲んでしまうかもしれないと心配をする必要がありません。
マツエクの付け方や長さ、本数にもよりますが、アイメイクをしなくても目元が華やかなので、アイメイクをする必要が無くなっていくのです。


◆関連記事:マツエクのあれこれをもっと知りたい

アイプチしたままマツエクは可能?【一重さん必見】
マツエク(まつげエクステ)のメリット・デメリットを解説!

下まつげにもエクステ!マツエクのデメリット

下まつげのエクステ、マツエクにはメリットばかりではなくデメリットもあります。
下まつげのエクステでの一番の問題点は、長持ちしないというところです。
下まつげのエクステは、上まつげのエクステに比べてエクステとの接着面が少ないという問題点があります。
下まつ毛は上まつげより、細くて短いのが一般的です。
ですから、どうしても接着面が少なくなってしまいます。
これはどんなデザインのエクステであっても、付け方が同じなので変わりません。
下まつげのエクステの本数や長さを変えても、接着面が少ないというデメリットは変えることができません。

また、下まつげのエクステは上まつげのエクステよりもまぶたに触れることが多いため取れやすいと言われています。
上まつげが上のまぶたにふれることはほとんどありません。
しっかりとカールがかかっているデザインで、しっかりとした付け方がしてあれば、長さや本数に関係なく、上まつげが上まぶたに触れる事はまずないでしょう。
しかし下まつげはしっかりとカールしたデザインであるほど、長いエクステであるほど、下まぶたに触れてしまう可能性は高いのです。
マツエクの長持ちする基本は触れないことです。
触れる機会がどうしても多い下まつげのエクステは、そんな理由からも取れやすいと言われています。

マツエクは水に弱いという特徴があります。
上まつげも下まつげも洗顔をすれば濡れてしまいますよね。
下まつげは、そんな上まつげよりも濡れている時間が多いと言われています。
例えば感動して涙を流したり、感動していなくてもあくびをして涙が出てしまったり。
ちょっとしたことで、下まつげは濡れやすいのです。
そんな涙やちょっとした水分を、こまめに乾燥させていればいいのですが、たいていの場合、指で拭ったり、ハンカチで水分を吸い取るくらいで終わってしまいますよね。
この地味に濡れる時間が長いという点が、下まつげのエクステを長持ちさせない要因になっているのです。

下まつげにもエクステ!マツエクのデザイン

下まつげのマツエクについてのメリット・デメリットをみたところで、一度マツエクのデザインをみていきましょう。
上まつげと下まつげの両方にマツエクをしているデザインを紹介させていただきます。
下の写真は、上まつげには本数140本、0.2mmの細さで、長さが9.1mmのエクステをつけています。
下まつげには本数60本、0.15mmの細さで、長さが6mmのエクステを付けているようです。
上まつげの半分くらいの本数を、下まつげにつける付け方がバランスがいいそうなので、下の写真のほうがバランスは良いのだと思います。

下の写真では、上まつげには本数150本、長さが14mmのエクステをつけています。
下まつげには、本数20本、長さが8mmのエクステをつけています。
上の写真と比べると、下まつげのボリュームは少なく感じますね。
下まつげのエクステを上まつげの半分以下にすると、このようなデザインになるようです。

下の写真では、上まつげには本数170本、0.15mmの細さで、長さが10mmから12mmのエクステをつけています。
長さの違うエクステをつけるデザインのようです。
下まつげには、本数70本、0.12mmの細さで、長さが6mmのエクステをつけています。
長さが違うエクステを使っているので、さらに目がぱっちりとしているように見えますね。
上まつげと下まつげのデザインのバランスも良いように思います。

下まつげのエクステ(マツエク)を長持ちさせる方法①コーティング剤

マツエクのデザインをみたら、ちょっと下まつげのマツエクもしてみようかな、という気持ちになったのではないでしょうか。
ここからは、下まつげのエクステをセルフで長持ちさせる方法をご紹介していきます。
家でセルフでできることばかりなので、下まつげにエクステをつけた時には、ぜひ参考にしてくださいね。

下まつげにマツエクをつけた後は、マツエク用のコーティング剤を重ねることで、マツエクが長持ちします。
サロンでマツエクをつけた場合は、サロンでコーティング剤をお願いすることもできます。
コーティング剤をお願いするのも有料になってしまうことがあるので、高いなと思ったら自宅でセルフコーティングを試してみてください。
コーティング剤は、マスカラを塗るのと同じように塗るだけなので、セルフでも簡単にできますよ。

下まつげのエクステ(マツエク)を長持ちさせる方法②濡らさない

下まつげにエクステをつけた場合、上まつげのマツエクと同様に、サロンで指定されて時間の間はマツエクを濡らさないように気をつけましょう。
できれば24時間は、触れない濡らさないようにすることがおすすめです。
これは、マツエクの接着剤であるグルーが乾くまでの時間は濡らしてはいけないという、マツエクの常識になります。

マツエクを濡らさないようにするためには、24時間はお風呂もセルフでの洗顔も我慢をする必要があります。
うっかりグルーが乾く前に濡らしてしまうと、せっかくのマツエクが取れてしまうことがあります。
下まつげは特に接着面が少ないので、グルーが乾く前に濡らしてしまったら、ほとんど全滅となってしまうでしょう。
マツエクを長持ちさせるためにも、マツエクをしたすぐは、濡らさないように注意をしてください。

下まつげのエクステ(マツエク)を長持ちさせる方法③冷風をあてる

下まつげのマツエクも、上まつげのマツエクと同じように、お風呂の後や洗顔の後には、ドライヤーの冷風を使って乾かすことがおすすめです。
これもセルフでマツエクを長持ちさせる方法のひとつです。

ドライヤーは温風のほうが早く乾くのでは、と考える人がいるかもしれませんが、温風を目の近くにあてるのは危険です。
目が乾燥してしまうかもしれませんし、あてすぎると人工毛であるエクステが伸びたり、溶けたりすることもあります。
ドライヤーは冷風で、しっかりと水分をとばすようにしましょう。

下まつげのエクステ(マツエク)を長持ちさせる方法④オイルフリー

上まつげのエクステも、下まつげのエクステも、マツエクは油分に弱いという特徴があります。
メイク落としを使う場合は、オイルフリーのものを選ぶのも、マツエクをセルフで長持ちさせる方法です。
一番良いのは、洗顔はお湯だけで済ますことができることです。
メイク用品をお湯でオフできるタイプのものを、選んで購入するのが理想的ですね。

ベースメイクはオイルクレンジングで落としたいという人は、オイルクレンジングをコットンなどにしみ込ませて拭き取るように落として、マツエクに付かないように工夫をすることも大切です。
マツエクに油分は大敵です。
マツエクを長持ちさせたい場合は、オイルフリーのメイク落としを使うように心がけましょう。

下まつげのエクステ(マツエク)を長持ちさせる方法⑤洗顔の仕方

マツエクをつけた時には、上まつげであっても下まつげであっても、洗顔の仕方には注意が必要です。
洗顔は毎日行うものですから、特に注意をして、マツエクが1日でも長持ちするように気をつけていきましょう。
それでは、マツエクをしているときの洗顔の仕方についてまとめていきます。
まずは、メイクを落としていきましょう。

まぶたをこすらないようにしながら、アイメイクを落としていきます。
コットンなどを利用すると、マツエクに気をつけながらアイメイクを落とすことができます。
アイラインは綿棒やガーゼなどを使って落としていきます。
この時下まつげのアイラインも落とすのですが、マツエクが取れてしまいそうで怖いですよね。
マツエクが取れそうで怖いという人は、下のアイラインはひかないという選択肢を考えることも大切です。

コットンでのクレンジングが終わったら、洗顔を行います。
できるかぎり、泡で洗うタイプの洗顔料で、優しく包み込むように洗顔を行ってください。
メイクを落として、洗顔をした後にはマツエクが濡れっぱなしにならないように、タオルやガーゼで水分を拭き取り、ドライヤーの冷風を使ってマツエクを乾かすようにしましょう。

下まつげのエクステ(マツエク)を長持ちさせる方法⑥メイクの仕方

下まつげにエクステをしているときには、メイクの仕方にも注意が必要です。
上まつげにもマツエクをしている人は、さらに注意が必要です。
ポイントは、アイメイクになってきます。
ベースメイクは、マツエクをしていてもしていなくてもそれほど変わらないとは思いますが、アイメイクには注意が必要です。

アイライナーはリキッドタイプのアイライナーを使って、極力目の際に触らないようにすることが大切です。
マスカラはビューラーは使わないことをおすすめします。
先ほども書いた通り、マツエクは油分に弱いものです。
セルフで長持ちをさせるためには、化粧品自体もオイルの使っていないものを選ぶことも大切になってきます。

下まつげのエクステ(マツエク)を長持ちさせる方法⑦まつげ美容液

下まつげのエクステをセルフで長持ちさせるためには、まつげ美容液をつけるということも意識しておきたいポイントです。
自分のまつげが健康でキレイに保てることは、その自分のまつげについているエクステにとっても良いことなのです。

自分のまつげがダメージによって弱ってしまったりして、細くヒョロヒョロになってしまうと、そのまつげについているエクステも取れていってしまいます。
まつげ美容液で、自分のまつげを健康に保っておくことも、マツエクを長持ちさせるために大切なことです。

下まつげのエクステを長持ちさせる方法!まとめ

今回は下まつげのエクステを長持ちさせる方法を厳選してご紹介しました。
上まつげだけでなく、下まつげのエクステもつけて、さらに自然でキレイになった目元になって楽しんでみるのもよさそうですね。
もしも下まつげにエクステをつけたら、しっかりとまつげのケアをして、エクステを長持ちさせてくださいね。

マツエクについてもっと情報を知りたいアナタに!

まつげエクステ(マツエク)を長持ちさせる方法17選!
マツエク(まつげエクステ)にビューラーを使ってもいい?【必見】
マツエクのリペアとは?頻度や期間はどのくらい?【要注意】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ