パンダ目の原因は?パンダ目にならないメイク方法・予防方法解説!

朝ばっちりメイクしても時間が経つにつれパンダ目になる経験をしたことがある人は多いですよね。メイク直しを試みるも一度パンダ目になってしまったら最後、中々綺麗に修正することはできません。そこでそんなパンダ目になってしまう原因や防止対策についてご紹介します。

パンダ目の原因は?パンダ目にならないメイク方法・予防方法解説!のイメージ

目次

  1. パンダ目でメイクが台無し!
  2. クマに見えるパンダ目
  3. パンダ目になる原因①マスカラの使用期限が過ぎている
  4. パンダ目になる原因②まつげの油分&汗
  5. パンダ目になる原因③マスカラの付け過ぎ
  6. パンダ目になる原因④摩擦
  7. パンダ目になる原因⑤前髪がまぶたに当たる
  8. 涙袋でもパンダ目になる!?
  9. 目の形によってもパンダ目の心配がある
  10. パンダ目から解放される防止方法①油分を取る
  11. パンダ目から解放される防止方法②マスカラの使用期限を厳守
  12. パンダ目から解放される防止方法③メイクのコツを知る
  13. パンダ目から解放される防止方法④アイシャドウをパウダーに
  14. パンダ目から解放される防止方法⑤アイライナー上にバリアを
  15. パンダ目から解放される防止方法⑥スキンケア
  16. パンダ目から解放される防止方法⑦ビューラーをしっかり
  17. パンダ目から解放される防止方法⑧アイライナーはリキッドに
  18. パンダ目になったときのメイク直し①綿棒を使う
  19. パンダ目になったときのメイク直し②コンシーラーを使う
  20. これでもうパンダ目は怖くない!

パンダ目でメイクが台無し!

朝起きて入念にメイクをし、ぱっちり決まったのに時間が経つにつれて目の下が黒くなっていく…そんな経験をしたことがある人は多いですよね。女性なら一度はパンダ目に悩まされたことがあるでしょう。パンダ目になるとメイク直しをしようにも早く直さなければという一心でパニックになってしまいます。

しかし、中にはパンダ目にならないように朝からきっちりとメイクを完璧に仕上げている人もいるでしょう。一度パンダ目を経験するとパンダ目にならないようにメイクの仕方にも気を配るはずです。しかし、現実はそんなパンダ目にならないという意気込みとは裏腹に、丁寧に施したメイクは広がっていき、パンダ目にならないというモチベーションを破壊していきます。

しかし、パンダ目から朝の綺麗なメイクした状態に戻すには相当な労力や手先の器用さが必要になります。目の下に落ちにくく、滲みやすいアイメイクが広がっていては水を付けて擦っても滲んだ上からファンデーションを付けても全く意味なしと言うようにカバーできず、挙句の果てにさらにパンダ目を加速させてしまう事態になることも少なくありません。

せっかく綺麗にメイクしてもパンダ目になってしまってはメイクが台無しです。パンダ目になると簡単にメイクを直しをすることも難しいですし、何よりもそんなパンダ目を人の目に晒したくないですよね。しかし、パンダ目は思った以上に経験する女性が多いようです。

クマに見えるパンダ目

パンダ目になってしまうと見た目が悪いだけではなく、全体的に疲れているようにも見えてしまいます。特に夕方になるとばっちり乗せた目元のメイクが崩れてきてパンダ目になるという人が多いのではないでしょうか。

一度パンダ目になってしまうとメイク直しを行ってもパンダの部分が広がっていくばかりでどんどんパンダに近づいていくだけです。ナチュラルメイク思考の人であっても、マスカラやアイライナーを使っている限り、パンダ目になる可能性は十分あります。パンダ目を阻止するためにはなぜパンダ目になるのか原因などを追究し、早急に環境を整えていく必要があるでしょう。

パンダ目になる原因①マスカラの使用期限が過ぎている

ではまずなぜパンダ目が起きるのかというと、考えられる原因はマスカラの使用期限が過ぎていることが挙げられます。意外と意識して使っている人が少ないマスカラはきちんと目安とされている使用期限があります。マスカラの使用期限は購入してから約3ヶ月程度なので感じているよりも短く感じられます。

そのため、一度購入したマスカラを半年や一年と使い続けてしまう人も多いのですが、使用期限が過ぎたマスカラはまつげに乗せたときに空気と絡み合ってマスカラの液が固まりやすくなっている状態です。そんな劣化した状態のマスカラを使っていては固まってダマになったまつげが目の下に付着してしまうため、パンダ目になってしまうのです。

パンダ目になる原因②まつげの油分&汗

目元は意外にも油分や汗が溜まりやすい場所です。パンダ目になる原因は他にもこの油分や汗といったものが目元に溜まっているため、マスカラやアイライナー、アイシャドウまでもが目の下に付着してしまいます。パンダ目にならないようにするためにはまぶた付近の油分や水分にも着目する必要があります。

夕方の時間帯は特にTゾーンなどに油が発生しているのを感じますよね。人によっては指で触ってみると皮脂が浮き出ているのを確認できるかもしれません。皮脂や汗といったものはアイメイクには大敵です。これらのものが発生しているにも関わらず、放置していてはアイメイクを直すこともできませんし、時間が経つほど悪化していくばかりです。そのため、パンダ目にならないためには油分や水分といったものが顔に発生するということを踏まえて読み進めていきましょう。

パンダ目になる原因③マスカラの付け過ぎ

パンダ目になる原因はマスカラの使用期限が過ぎているものを使っていることも問題ですが、他にもマスカラの付け過ぎもパンダ目になる原因です。パンダ目になる原因とされるマスカラの付け過ぎは、何度も何度もまつげに塗ることによってマスカラの密着度が上がっていき、パンダ目になってしまいます。

そんな状態になるとまつげに乗り切らないマスカラなどが要領オーバーを起こし、結果的にパンダ目になってしまうのです。一度や二度程度ではマスカラが十分に乗っていると感じられない人も多いため、そんなマスカラを重ね塗りする人はパンダ目になる可能性も高いと言えます。


◆関連記事:落ちないリップが欲しい方へ

マットリップ人気17選!おすすめブランド&落ちない塗り方も紹介♡
韓国コスメのリップ人気おすすめ17選!落ちないティントはこれ!

パンダ目になる原因④摩擦

デリケートな目元はメイクしている女性にとって非常に繊細に扱わなければいけません。目がかゆくても指の先端でゆっくり小さい動きで対処するという人も多いのではないでしょうか。しかし、パンダ目になる原因とされる「摩擦」はそれだけではありません。

何らかの原因で目にかゆみが起こった際は当然かきたい気持ちでいっぱいになりますよね。指の先端で小さい動きだからといってもそれは目にとって十分摩擦と認識されます。また、冬場は服を着込んだり首元にマフラーなどを巻きますからそんなファッションアイテムも目元にとっては摩擦になります。目元に触れる回数が多ければ多いほど、完璧に仕上げたメイクをパンダ目にしてしまい、台無しにしてしまうのです。

パンダ目になる原因⑤前髪がまぶたに当たる

上記では摩擦がパンダ目になる原因だとお伝えしましたが、摩擦と呼べる部類にはまだ他にも前髪が挙げられます。パンダ目に頻繁になるという人は前髪の長さが目元にかかる長さではありませんか。動くとまぶたに触れてしまう前髪は目元にとって摩擦なのです。

前髪がまぶたに当たることによってパンダ目になるとは信じがたいですが、メイクに気を配りすぎるほど気を配っているのにパンダ目が一向に改善されない場合はこういった前髪が原因となっていることも考えられます。前髪が長く、まぶたに触れる機会が多いという人はまぶたに当たらないようにもう少し短めにカットするか、まぶたに触れないようにしっかりとピンなどで固定しておきましょう。

涙袋でもパンダ目になる!?

アイシャドウやアイライナーなどのメイクアイテムと同様に、上手に使いこなせるようになれば涙袋がない人にも疑似の涙袋が作れます。現代女子に欠かせないパーツとなった涙袋は元々持っていない人でも今は作れてしまう世の中です。涙袋があるとアイメイクが更に際立ちますが、実はその涙袋もパンダ目の原因になるのです。涙袋が生まれながらに備わっている人にとっては驚きですが、涙袋は形がぷっくりとしていればいるほどパンダ目の原因を作っています。

涙袋がある人はご存じの通り、アイメイクをすると瞬きなどの動作でまつげなどが目の下に当たります。このとき、涙袋がない人は瞬きをしても何の支障もありませんが、涙袋がある人はまつげに乗ったマスカラなどが目元の皮脂や汗に交じって目の下に付着してしまうのです。涙袋がない人と比較すると瞬きしたときに当たる範囲が広くなるということですから涙袋が原因でパンダ目が発生することもあるのです。

目の形によってもパンダ目の心配がある

目の形。人によって様々ですよね。目頭のラインがある人ない人、一重や奥二重、そして二重など様々な形が個々にある目ですが、目のタイプによってもパンダ目になるってご存じですか?例えば奥二重と二重の目はどちらも二重のラインがありますよね。この二重のラインの溝にアイメイクが入ってしまったり、二重のラインの皮膚部分が重なるため、マスカラやアイライナーが崩れてしまいます。

そういった箇所が崩れてしまうとパンダ目になってしまい、一重の人であっても上まぶたが厚いことで目の下の皮膚に付着してしまうのです。また、一重の目は奥二重と二重よりも上まぶたが厚いことが多いため、よりパンダ目になってしまうと言えます。しかし、奥二重の目も二重よりまぶたや目の下に触れる箇所が多いため、一概に一重の目だけがパンダ目になる目の形とは言えません。

パンダ目から解放される防止方法①油分を取る

パンダ目になってしまう原因をお伝えしましたが、気を付けたいことはパンダ目にならないための防止策ですよね。日頃からパンダ目に悩まされているという人はまずアイメイクに取り掛かる前に目の回りの油分や水分をきちんとなくすことから始めましょう。

上記の原因でお伝えした通り、目元に油分や水分がある状態でアイメイクしてしまうとパンダ目になる可能性が上がってしまうのでアイメイク前にはフェイスパウダーでしっかりと目元の周りをサラサラの状態にしておくことが防止に繋がります。フェイスパウダーを付ける際は、目の下のギリギリのラインまでしっかりと付け、まつげの上からもきちんとフェイスパウダーを馴染ませるようにしましょう。こうすることによってパンダ目を拡大させない方法に繋がります。

パンダ目から解放される防止方法②マスカラの使用期限を厳守

上記でも触れた通り、マスカラは使用期限を守らないとまつげに塗ったときにダマになりやすいです。ダマになってまつげに乗ったままのマスカラは瞬きをしたり、小さい動きなどを感じることによってパンダ目の進行を早めていきます。

マスカラは購入してから約3ヶ月です。中々その期間内では全てのマスカラ液を使い切るのは難しいですが、なるべく早めに使い切ってしまうようにしましょう。また、もし3ヶ月経っていなくてもダマになる頻度が多いようであればお湯などに入れて温めてから使うというのもアリです。マスカラの容器を温めてあげると中の固まっていた液がほぐれてくるため、その後はスルスルと使うことができるでしょう。

マスカラは何度も重ね塗りするとこれもパンダ目の進行を早めてしまうので一回ずつ少量のマスカラをブラシに取ることが大切です。容器の出入り口部分に取ったマスカラの液をこそげるようにして適量を取ってからまつげに塗っていくと良いでしょう。

パンダ目から解放される防止方法③メイクのコツを知る

パンダ目を防止するためにはメイクの一つ一つの小さなコツを把握しておくこともパンダ目防止に繋がる方法です。パンダ目にならないようにするためには前述したようなフェイスパウダーを目の際ギリギリまで塗ることもそうですが、他にもフェイスパウダーを薄く塗るということもパンダ目にならないためのポイントです。

目元をサラサラの状態にしたからといっても、フェイスパウダーにも油分が含まれています。そんなメイクアイテムを目元にも関係なく厚塗りしていてはパンダ目を防止することはできませんから、サラサラな状態の皮膚にするためには薄く塗るということも頭に入れておきましょう。

また、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使っている人は特にサラサラの目元にするのは大変なので、そういったタイプを愛用している人は余計薄付きで塗るようにすると良いでしょう。

パンダ目から解放される防止方法④アイシャドウをパウダーに

アイシャドウには皮膚にしっかりと固定して固いテクスチャーとなるクリームタイプや、サラサラとしたテクスチャーのパウダータイプなどがありますが、パンダ目でお悩みの人は選ぶアイシャドウをパウダータイプにしてみましょう。クリームタイプのアイシャドウでは油分が多いため、パンダ目をより悪化させてしまいます。

アイシャドウをパウダータイプにすることによってムダな油分をまぶたに与えることもなくなりますし、例えアイシャドウが目の下に落ちてきてもアイシャドウの中に含まれるラメ程度になるでしょう。アイシャドウは特に色が濃いものが目の下に落ちてくるとパンダ目が目立ちますから、アイシャドウもフェイスパウダーと同様に薄付きでまぶたに乗せるとパンダ目にならない防止対策の方法ができます。

お気に入りのアイシャドウは女子なら一つはありますよね。そんなお気に入りのアイシャドウを生かせるようにしていきましょう!

パンダ目から解放される防止方法⑤アイライナー上にバリアを

アイメイクにインパクトを与えるアイライナーは必需品ですよね。固い質感のペンシルタイプと液体状のリキッドタイプとに分かれますが、パンダ目を防止したい場合はそれぞれに関係なくアイライナーを描いた上からアイシャドウパウダーなどでバリアを作りましょう。

サラサラな皮膚にするといっても、ファンデーションにも油分は含まれています。より目元の油分をなくためにはアイライナーを描いたその上から再度アイシャドウパウダーを乗せていきましょう。こうすることによってファンデーションに含まれる油分を抑えるだけではなく、目元から浮き出る油分も防止することもできます。

パンダ目から解放される防止方法⑥スキンケア

パンダ目にならないためにはスキンケアを見直すこともパンダ目を防止する策です。スキンケア用品は化粧水や乳液、美容液など多種多様で肌質やトラブルに合ったものがあります。個々で使用しているスキンケアアイテムは異なると感じますが、メイク前のスキンケアは総じてそのままの状態から始めるとパンダ目を悪化させます。

特に乳液は油分が多く、そのままの状態からメイクを始めてしまうと油分の上からメイクをしているのと同じです。顔から発生する皮脂や汗なども相まればそこはパンダ目の巣とも言えるほどパンダ目が発生しやすい目の環境です。そのため、パンダ目にならないためにはスキンケアを行ったあとティッシュやコットンなどで大まかな顔の濡れを取り除いておきましょう。綺麗にメイクを施すためにはある程度のスキンケアは必要ですから、余分な分だけはきちんとふき取りましょう。

パンダ目から解放される防止方法⑦ビューラーをしっかり

パンダ目にならないようにするための防止策は他にもビューラーでしかっりとまつげをカールさせることも挙げられます。ビューラーは初歩的な方法ですが、初歩的な故にまず必要な防止方法でもあります。目の形やまつげの長さなどによってはビューラーを綺麗に当てられないということが意外にも多々あります。目中央のまつげはくるんと綺麗なカールを当てられたのに、目尻や目頭のまつげは下向きのまま…というのもありがちです。

実際にビューラーを当ててみたあと、まつげのカール具合を見てみるとカールし切っていない箇所がまだらにあったり、一ヵ所のみカールがかかっていないということもあります。人によってビューラーの形に合わないまつげを持っている人もいますから、その場合はビューラーが当てられない箇所を重点的に当てていき、綺麗な上向きのカールを与えてあげるようにしましょう。

初歩的で簡単な見方をされているビューラーですが、このビューラーをしっかりまつげに当てられていないと塗ったマスカラが目の下に付着してしまいます。それは瞬きするほどにどんどん目の下に広がっていき、ここにプラスして皮脂や汗などが混ざればマスカラはさらに滲んでいきます。滲んだマスカラが目の下にくっきりと付いてしまうとパンダ目が加速するだけではなく、パッと見パンクメイクに見えてしまうこともあるのでビューラーをしっかりと当てることがパンダ目にならないために重要な防止方法となります。

パンダ目から解放される防止方法⑧アイライナーはリキッドに

マスカラの使用期限を守り、重ね塗りもしていなく、メイク前は皮膚をサラサラの状態にしてから始めるなどの事前の防止策を講じてもまだパンダ目が解消されない場合は、使っているアイライナーをリキッドタイプにしてみましょう。アイライナーの用途は同じでもリキッドよりペンシルタイプの方がどうしても滲みやすい性質を持っています。

また、ペンシルを愛用している人でパンダ目になってしまっている人は使っているペンシルとの相性が悪いということもあります。しかし、自分の目に合ったペンシルアイライナーを見つけるのは大変ですから、まずリキッドアイライナーに変更してみてから自分に合ったペンシルを探すべきか考えましょう。

ペンシルタイプのアイライナーは使い勝手も良く、馴染ませると非常にナチュラルに仕上げることに長けています。粘膜に引くこともできる優秀なアイライナーですが、パンダ目になっては仕方ないので滲みにくい線がはっきりと見えるリキッドタイプのアイライナーに変更してみましょう。

パンダ目になったときのメイク直し①綿棒を使う

パンダ目にならないための防止方法をここまでご紹介しましたが時すでに遅し、もうパンダ目になってしまっているという人もいるでしょう。ふとした瞬間にはもうパンダ目である場合が多いため、次はそんな既になってしまったパンダ目のメイク直しについて触れていきます。

そんな憎きパンダ目になり、化粧室で悪戦苦闘している人はまず綿棒を使ってみてください。綿棒があれば目元の細かい部分のメイクにも手を加えることができます。

今後ももしパンダ目になってしまったところに出くわしたら対処ができるように綿棒をメイクポーチなどに入れて持ち歩きましょう。また、綿棒には乳液などの油分が多いものでメイク
崩れした部分をオフしたいので乳液も一緒に持ち歩くと良いですね。

綿棒に乳液を少量付け、パンダ目になっている箇所のメイクをオフします。細かい部分もきちんとオフして取り除くことによってその後のメイク直しがより綺麗に行えます。

パンダ目になったときのメイク直し②コンシーラーを使う

パンダ目になってしまった箇所を乳液が付いた綿棒で綺麗にふき取ったら、メイクオフした箇所にコンシーラーを使って皮膚に馴染ませていきましょう。気になる肌トラブルなどの部分をカバーしてくれるコンシーラーですが、パンダ目のメイク直しにも大いに役立ってくれます。

パンダ目になってしまった箇所にコンシーラーを丁寧に塗りつけていきます。しかし、このときも厚く塗りすぎると再度パンダ目になる恐れがあるため、あくまで意識は薄く塗ることです。コンシーラーを丁寧に塗り終えたあとは上からフェイスパウダーを使って油分をなくしていきましょう。また、アイシャドウに取り掛かる際は目の下にまでパウダーアイシャドウを乗せるとよりパンダ目になりにくくしてくれますよ。

これでもうパンダ目は怖くない!

パンダ目の原因やならないための防止策などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。パンダ目になってしまうとメイクが台無しなだけではなく、気持ち的にも沈んでしまいますよね。しかし、パンダ目には皮脂や汗といったものを始め、他にも様々な原因が隠れていますので、原因を把握して防止方法と共にパンダ目にならないアイメイクを目指していきましょう!

落ちないアイメイクがしたい方はこちら

落ちないマスカラ人気おすすめ25選!絶対落ちないメイク方法も!
落ちないアイライナーおすすめ11選!優秀で大人気!
マスカラのトップコートおすすめランキングTOP9!【必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ