涙袋はテープ・絆創膏で作れる!やり方完全解説

よく耳にする涙袋。今回はテープを使っての涙袋の作り方をご紹介します。 テープは100均など身近な場所に売っているのでおすすめです。 また、クセ付けの方法もいくつかありますので参考程度にしてみてください。 正しいやり方で理想の涙袋を手に入れましょう。

涙袋はテープ・絆創膏で作れる!やり方完全解説のイメージ

目次

  1. 【テープで涙袋を作るやり方】涙袋とは・・・
  2. 【テープで涙袋を作るやり方】一番身近な100均
  3. 【テープで涙袋を作るやり方】100均の涙袋テープの使い方
  4. 【テープで涙袋を作るやり方】絆創膏
  5. 【テープで涙袋を作るやり方】絆創膏での涙袋の作り方
  6. 【テープで涙袋を作るやり方】アイテープ
  7. 【テープで涙袋を作るやり方】アイテープでの涙袋の作り方
  8. 【テープで涙袋を作るやり方】専用テープ
  9. 【テープで涙袋を作るやり方】専用テープでの涙袋の作り方
  10. 【テープで涙袋を作るやり方】クセ付け
  11. 涙袋の作り方
  12. メイクの仕方
  13. 【テープで涙袋を作るやり方】口コミ
  14. 【テープで涙袋を作るやり方】注意点
  15. 涙袋を作る時のコツ
  16. 【テープで涙袋を作るやり方】最後に・・・

【テープで涙袋を作るやり方】涙袋とは・・・

涙袋とは、目の下にあるぷっくりとした部分のことを言います。
二重幅と同じようにある方が目が大きく見え、どちらかというとたれ目がちに見えて、優しい雰囲気になるので、可愛い系統を目指している方は、どうしてもほしいですよね。

また、芸能人の方を見ていても涙袋がある方の方が可愛らしく、ない方はクールビューティーなイメージです。
目が大きく見えれば顔も小さく見えますし、小動物系のお顔になりたい方には涙袋を作ることをおすすめします。


今回は涙袋のクセ付けの方法も少しご紹介しますので役立ててみてください。
涙袋のクセ付けをすることで、メイクをしやすくなったり、そのクセ付けを続けることで自然な涙袋ができる効果も期待できますのでおすすめです。

【テープで涙袋を作るやり方】一番身近な100均

100均の店舗はよく見かけますよね?
まずは練習だけでもいいですし、日常的にこれを使っても問題ありません。
テクニックを磨けば簡単にできますので練習あるのみです。
100均の商品は税込み108円で17ペア入っているので、練習にももってこいですし、日常的に使うのであれば毎日使っても、1ヶ月210円で済みます。



ただ、100均の商品は粘着がとても弱いため、二重幅用のノリなどで補強すればもちが良くなり、効果が期待できるでしょう。

【テープで涙袋を作るやり方】100均の涙袋テープの使い方

①まずコットンやティッシュなどで涙袋の部分の油分を取ります。この時にアルコールを含んでいる化粧水があればよく油分が取れますので使いましょう。化粧水を使った後はコットンやティッシュで水分を除去するか、乾くまで待ちましょう。油分を引き取ることでより効果がでます。


②初めての方やまだ慣れていない方は茶色のアイシャドウやアイブロウなどで薄く涙袋を作りたい所に線を描くとやりやすいので慣れていない方は描きましょう。


③涙袋テープの台紙からテープを一枚外し、先ほど描いた線の上の目頭側に1/4程度貼ります。
鏡を見ながら、先ほど貼った目頭側を抑えて、目尻側のテープを引っ張ります。
この時、少し涙袋部分を持ち上げる形で引っ張っていきます。


④テープを引っ張ると、伸びますので涙袋の部分に食い込みます。
この時、あまり食い込ませすぎないでください。


⑤テープを引っ張る際に、涙袋の幅よりも少し余分に引っ張って下さい。
その余分な部分は、まゆ毛用のような先の丸いハサミで切れば涙袋の部分を切らないで済みます。


⑥100均のテープは粘着力が弱いのでアイプチなどののりで両端をくっつけてください。
このアイプチは100均の商品でも効果があります。

【テープで涙袋を作るやり方】絆創膏

絆創膏は、二重幅を作る時の方法でよく紹介されています。
方法としてはほとんど同じです。


絆創膏の特徴はとても伸びが良く、100均などで大量に入ったものが購入できるため、今回紹介する方法の中で一番コスパが良いです。


ただ、ほかのテープとは違って細くカットする手間があったり、捨てなければいけない部分があるのが難点です。

【テープで涙袋を作るやり方】絆創膏での涙袋の作り方

①まずコットンやティッシュなどで涙袋の部分の油分を取ります。この時にアルコールを含んでいる化粧水があればよく油分が取れますので使いましょう。化粧水を使った後はコットンやティッシュで水分を除去するか、乾くまで待ちましょう。油分を引き取ることでより効果がでます。


②細い棒などで一度涙袋を作りたい部分をなぞり、クセ付けをします。
クセ付けをすることで涙袋を作りやすくする効果があります。


③絆創膏を幅1ミリ×1.5~2センチ程度にカットします。
テープと違って端が四角になっているので、両端を余分に余らせるようにします。
鏡を見ながら、先ほど描いた線の真ん中と絆創膏の真ん中を引っ付けます。
この時、少し涙袋部分を持ち上げる形で両方に引っ張っていきます。


④少しテープを引っ張っておくと絆創膏が伸びて、貼ったときに目立ちにくくなります。
伸ばし終えたら涙袋に食い込ませます。


⑤テープを引っ張る際に、涙袋の幅よりも少し余分に引っ張って下さい。
その余分な部分は、肌にくっつけずに余らせてください。
余った部分はまゆ毛用のような先の丸いハサミで切れば完成です。
この時、涙袋の部分の皮膚を切りやすいので、切らないようにしてください。

【テープで涙袋を作るやり方】アイテープ

アイテープは、薬局や100均にも売っています。
普段から二重幅をアイテープやメザイクで作っている方は、使い慣れているアイテープやメザイクの方が他の方法よりも効果が出やすいかもしれません。


また、もともとメザイク自体が細いので、目立ちにくくメイクがしやすいです。
アイテープの場合は、ほとんど涙袋専用テープと効果は変わりありません。

【テープで涙袋を作るやり方】アイテープでの涙袋の作り方

①まずコットンやティッシュなどで涙袋の部分の油分を取ります。この時にアルコールを含んでいる化粧水があればよく油分が取れますので使いましょう。化粧水を使った後はコットンやティッシュで水分を除去するか、乾くまで待ちましょう。油分を引き取ることでより効果が持続します。


②ぷっくりさせたい部分にハイライトを入れるか、涙袋を作りたい所の下に影を入れます。


③ケースからアイテープを一本取り出し、両端を持ちます。
両端を持ったら、1センチほど横に引っ張ります。
そうすれば、中のテープの部分が出できますのでそこを先ほど描いた線の真ん中に押し当て
るかハイライトの下に押し当てます。

④真ん中を押し当てたまま両端を引っ張ります。


⑤引っ張っていくと涙袋がうまくできる部分があるのでそこで止めます。
テープの両端を少し残し、先の丸いハサミで肌を傷付けないようにカットします。
端が浮いてしまった場合はアイプチなどで貼り付けます。

【テープで涙袋を作るやり方】専用テープ

実は涙袋専用テープという商品が販売されています。
これを使えば、すぐにキレイでぷっくりした涙袋ができます。
涙袋専用テープということで商品裏の説明や説明書もしっかりしているので、よく確認しながら涙袋を作りたい!!という方には専用テープがおすすめです。

【テープで涙袋を作るやり方】専用テープでの涙袋の作り方

①まずコットンやティッシュなどで涙袋の部分の油分を取ります。油分を引き取ることでより効果がでます。


②一度涙袋を作りたい部分にクセ付けをします。


③涙袋テープの台紙からテープを一枚外し、先ほど描いた線の上の目頭側に1/4程度貼ります。
鏡を見ながら、先ほど貼った目頭側を抑えて、目尻側のテープを引っ張ります。
この時、少し涙袋部分を持ち上げる形で引っ張っていきます。


④テープを引っ張ると、伸びますので涙袋の部分に食い込ませます。


⑤テープを引っ張る際に、涙袋の幅よりも少し余分に引っ張て下さい。
その余分な部分は、肌にくっつけずに余らせてください。
余った部分はまゆ毛用のような先の丸いハサミで切れば完成です。
涙袋の部分を切らないようにしてください。

【テープで涙袋を作るやり方】クセ付け

毎日メイクをするたびにアイテープや絆創膏を使って、涙袋を作るのは疲れませんか?


二重幅と同じように毎日テープでクセ付けをする方法もありますが、涙袋というのは脂肪を寄せてぷっくりさせる方法と、筋肉を鍛える方法があります。
この方法で涙袋を少しでも作っておけば、テープや絆創膏で涙袋を強調する際、しるしを付ける必要が無くなります。
涙袋のクセ付けは続けることで徐々に効果が出てきます。

涙袋の作り方

①中指と人差し指で目頭と目尻を抑え、横に引っ張ります。

その状態で下まぶただけを引き上げ目を細くします、眼球だけ上を見ます。下まぶたや2本指で押さえた部分がぷるぷる震えるのでこの流れを数回繰り返します。

最後に下まぶたを引き上げて、ぎゅっと目を閉じます。


②下まぶただけでまばたきを10回します。

初めはなかなか思うようにいかなくて難しいですが、プルプルと震えを感じられればできている証拠です。


③人差し指と中指2本で目の下の骨の部分のお肉を押し上げます。涙袋を作るイメージで。

涙袋ができるところで押し上げるのをストップし、数秒キープしたら離します。
目尻→目頭の方向に、3秒押して、離す、を繰り返します。



これを数週間から数か月続けることで効果が出てきます。
このマッサージをする際の注意点としては、ワセリンや顔のマッサージ用のクリームなどを付けることです。滑りを良くする効果があり、しわにならず、肌にも優しいので、なるべく付けるようにしてください。


この方法で、少しでもクセ付けをしておけば、テープでの涙袋メイクが簡単になりますよ。

メイクの仕方

テープや絆創膏で涙袋を作った場合、メイクの仕方に注意が必要です。
涙袋をぷっくり見せるためのハイライトなどがテープに引っ付いてしまうと、テープの粘着で粉が取れなくなり、涙袋の下が変にてかってしまって不自然な印象になります。


なので、なるべくテープや絆創膏を使って涙袋メイクをする場合は、涙袋に他のメイクをしないようにしましょう。

ただ、質感がマットなものがあったり、物によれば上から涙袋にメイクをしても目立たなかったり、逆にメイクをする方が目立ちにくい場合もあります。

【テープで涙袋を作るやり方】口コミ

涙袋専用のテープを使った人の口コミでは、いい意見と悪い意見どちらともありましたので、一部をご紹介します。


①使う前にめちゃくちゃ伸ばせば肌になじんで自然に仕上がる。

②コツを掴むまでは大変だが、慣れてしまえばメイクをするより簡単。

③絆創膏で涙袋を作るのは難しい。

④見た目ですぐばれる。

⑤不自然すぎる。

⑥涙袋を作ってみたが似合わなかった。

という口コミがありました。

【テープで涙袋を作るやり方】注意点

口コミの情報から注意しなければいけない点をご説明します。

まず、上手くメイクをできなかった場合、とても不自然で見た目ですぐにばれてしまいますし、クッキリ作りすぎると涙袋が強調されすぎてこれもまた不自然になります。

涙袋の専用テープや絆創膏などを長期的に使い続けることで、クセ付き、テープを使わなくても涙袋ができる・・・という夢のような話があります。

確かにこの方法で涙袋ができたという方もいるのですが、同時にしわになったり、将来目元がたるんでしまう原因にもなり得るので、よく考えて使用してください。
クセ付きを目的として、使用してもよくない結果になってしまっては元も子もないので、注意してください。


また、涙袋専用テープや絆創膏を張る時に、皮膚を巻き込まないように気を付けてください。
クセ付けを早くしたいからと、強めに引っ張ってしまう人がいます。
テープの両端をハサミで切る際も皮膚を切らないように気を付けましょう。


安さから100均の商品を練習用に使う方が多いと思います。
ただ、100均の商品に限る話ではありませんが、肌の弱い方はテープ類で肌が荒れてしまう場合があります。使ってみて肌が荒れてきてしまった場合は合っていないので使用するのをやめてください。

涙袋を作る時のコツ

涙袋を作る時のコツを種類別にご説明していきます。
基本的には、注意点もコツもどの道具を使っても同じなのですが、
少しずつ違ってきます。

絆創膏を使うときのコツ

口コミを見てみると、浮いてくる、目立つ、などの口コミが多数あります。
この問題点を解消するには使う前によく伸ばしてから使うということです
短く切って使おうとすると伸ばしにくい場合があるので、もったいないと思うのはやめて、引っ張りやすい長さに切ってください。
よく引っ張ってから使うことで、絆創膏が細くなるので肌と馴染みやすくなります。

涙袋専用テープを使う時のコツ

こちらの口コミを見てみると、絆創膏と同様によく伸ばすと目立ちにくい、という口コミが多数ありました。


また、テープの両端が浮いてしまう場合が多いので、アイプチをテープの両端に塗って肌になじませると、より一層目立ちにくくなります。
専用テープには、マットな質感の物もあるので上からメイクをすることでほとんど目立たなくなるでしょう。

アイテープ(目細工)を使った時のコツ

アイテープは専用テープを使う要領と同じで、よく伸ばし、両端をアイプチなどで止めてください。


目細工も要領は同じなのですが、もともとの物が細いのであまり伸ばしすぎてしまうと、涙袋メイクをしたときに食い込みすぎてしまい、痛かったり、不自然になる原因になるので注意してください。

【テープで涙袋を作るやり方】最後に・・・

口コミにはいい点と悪い点とどちらも書かれている方がほとんどです。
逆にいい口コミばかり書かれている商品は業者がわざと書いている場合が多いので、買う場合はよく注意してください。


同じ使い方をしても体質や肌質などで変わってきますのであの人の口コミはこう書いてたのに全然違った、ということもあります。
失敗を少なくして、自分に合ったものを探すには肌質や体質が自分と似てる人の口コミを参考にすることで効果が期待できます。

もっと涙袋について知りたいあなたへ!

オロナインで涙袋や二重は作れる?やり方と危険性を解説
涙袋はマッサージで作れる?自力で涙袋を作る方法まとめ【効果あり】
涙袋がない理由とは?涙袋の作り方解説!これですぐに美人に!
涙袋のある男性はモテる?涙袋の作り方5選!【簡単】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ