ダブルラインメイク!引き方・書き方を一重、二重別に解説します!

みなさんダブルラインというものをご存知ですか? その名の通り2本のアイラインでアイメイクを完成させます。 そのダブルラインの引き方は、一重・奥二重・二重のまぶたの形によって変わってきますので、別々にご紹介していきたいと思います。

ダブルラインメイク!引き方・書き方を一重、二重別に解説します!のイメージ

目次

  1. 【ダブルライン】初めに
  2. 【ダブルライン】良い点
  3. 【ダブルライン】注意する点
  4. 【ダブルライン】悪い点
  5. 【ダブルライン】引き方の前に
  6. 【ダブルライン】引き方①
  7. 【ダブルライン】引き方②
  8. 【ダブルライン】引き方③
  9. 【ダブルライン】抵抗がある
  10. 【ダブルライン】アイライナー
  11. 【ダブルライン】ハロウィン
  12. 【ダブルライン】ダブルラインフェイカー
  13. 【ダブルライン】コスプレイヤー
  14. 【ダブルライン】失敗した時は…
  15. 【ダブルライン】最後に

【ダブルライン】初めに

みなさんダブルラインというものはご存知ですか?
耳にしたことがある人もない人もいると思います。
普段の化粧でアイラインはアイライナーで引きますよね。
その時ってどのようにしてアイラインを引いていますか?

ダブルラインとはその名の通りアイラインを2本引きます。
2本目のラインを描く場所は、通常のメイクで描いたアイラインの上に描きます。
二重幅のある人は、二重幅から延長線として描くメイクです。

【ダブルライン】良い点

ダブルラインの良い点は、眼球のくぼみが強調されるということです。
眼球のくぼみが強調されるということは、掘りが深く見え、デカ目効果効果があります。

また、外人のような二重幅に見えるため、外国人風メイクが好きな方や、コスプレイヤーなどから人気のメイクです。

初めに二重幅を強調するのがダブルラインだという言い方をしましたが、奥二重や一重の方でもできるのがこのメイクのいいところです。

【ダブルライン】注意する点

簡単そうにみえて意外と難しいのがダブルラインメイクの注意しなければいけない点です。
ただ単にラインを引けばいいというわけではありません。
ぼかしたり、陰影をつけたりなどをする必要があります。
ぼかす工程があるので、筆タイプのアイライナーはコスプレでない限り控えた方が良いでしょう。

自然に見せたいのなら、ぼかすことのできるアイライナーのペンシルタイプやジェルタイプのアイライナーを選びましょう。
できればペンシルタイプが好ましいです。
また、色は黒ではなくブラウンやライトブラウンなどの自然な陰影をつけられるものにしましょう。

【ダブルライン】悪い点

ダブルラインの悪い点とは、メイク初心者の人だと失敗する確率が高いということです。
その場合は練習することで上達しますので、たくさん練習をしましょう!!!
また、かなり大胆にアイラインを引くため、躊躇してしまってうまくダブルラインメイクができない場合があります。
この問題も、練習することでどのくらいまで大胆にアイラインを引いて大丈夫なのわかってくるでしょう。
すこしこれが問題なのですが、遠目で見ると一重の方でも二重に見えるのがダブルラインの良い所です。

しかし、あくまで陰影をつけただけのまぶたですので、近くで見ると一重だということが分かってしまいます。

ただ、うまくダブルラインを引くことで目の大きさが、普段しているメイクよりも大きく見えますので、近くで見ると一重だとわかるのは、マイナスな点ばかりというわけではありません。

【ダブルライン】引き方の前に

それでは、ダブルラインの引き方をご説明していきたいと思います。
ダブルラインの引き方は、一重・奥二重・二重と引き方が違いますので注意してください。
特に奥二重の場合はすこしダブルラインメイクしにくいです。
一重の場合は陰影がつけやすいのですが、奥二重の場合はすこしくぼみがありますので、それ注意して見てください。

それぞれのダブルラインの描き方をマスターすることで、今までよりももっとメイクの幅が広がるでしょう。

【ダブルライン】引き方①

まずはじめに二重の場合のダブルラインの描き方をご説明していきます。
二重の場合は、ダブルラインを引くというよりはすでにある二重幅に陰影をつける感じです。
すでに二重の幅がありますので、下手にラインを描いてしまうと不自然に見えてしまいます。


【ダブルラインの描き方】

二重の場合の描き方は、まずもともとある二重の線よりすこし上にブラウン系のアイシャドウをのせます。
感覚としては、目を閉じたときにダブルラインの線ができるようにです。
軽く目を開けて確認しながら、二重の線を確認しながら少しずつ描くと失敗が少なく、描きやすいでしょう。

次に、さきほどよりも濃い色のブラウンのアイシャドウで、さきほど描いたラインの上に重ねます。
このときのポイントは、目尻側を太くし、目頭側を細めにするといい感じのダブルラインになります。

二重の場合は、このような描き方をすることでもともとあった二重が強調されて、目がクッキリ見えますし、その後のメイクも映えます。

【ダブルライン】引き方②

次に一重の場合のダブルラインの引き方をご紹介していきたと思います。
一重の場合は、二重の場合とダブルラインの引き方が変わってきますので注意してください。


【ダブルラインの描き方】

一重の場合のダブルラインの描き方は、まずペンシルタイプのアイラインで目を開けた時に描いたダブルラインが見えるまでラインを太く描きます。

二重の場合と違って、もともとの二重の幅がないので自分二重に見える幅を決めなければいけません。
この時に注意していただきたいのが、二重に見える部分を太くしすぎれば不自然に見えますし、細すぎるとダブルラインなのか分からず、二重に見えないので注意してください。

微調整しながら描くと失敗が少ないので、初めは細く描き始めて少しずつラインを太くしていきましょう。

次に、いま描いていたラインをぼかしていきます。
ここでラインをぼかすのであまりにも太すぎると不自然になってしまいます。
また、アイラインを濃く描きすぎているとうまくぼかせないので注意してください。
ぼかす時は、綿棒でぼかすのが良いでしょう。
ぼかす時のイメージは、初めに描いたアイラインを周りに広げていくイメージです。

アイラインをぼかすと、まつげの生え際とアイラインの間に白い部分ができます。
この部分にベージュ系のハイライトを乗せるとよりその部分が強調されて、二重に見えやすくなります。

【ダブルライン】引き方③

最後に奥二重の場合の、ダブルラインの引き方をご紹介していきたいと思います。
奥二重が一番ダブルラインメイクをするのは難しいと思います。
二重のように二重の線に合わせてアイラインを引いてしまうと、二重の幅ができず逆に埋もれてしまいます。
また、一重のように自由に二重の幅を描くこともできません。

奥二重の人の場合は、無理に奥二重のラインの上には描かないで、なおかつ目を開いたときにラインが見える位置にアイラインを描きます。
すこし上すぎるような気がすると思いますが、目を開いたときに隠れてしまうのでその位置で大丈夫です。

奥二重の場合、ダブルラインを太くしすぎてしまうと不自然になってしまうので、自然に見える太さを探してみてください。

【ダブルライン】抵抗がある

ここまでで、一重・奥二重・二重別にダブルラインの描き方についてご説明をしてきました。

しかし、そもそもダブルライン自体に抵抗がある人も多いと思います。
人によっては、目を閉じた時にがっつりとダブルラインを引いているのがわかってしまい、それがいやな場合もありますよね。

そんな場合は、ラインを全体的に引くのではなく目尻側にちょこんとラインを引いてあげる描き方にすると、自然に見えます。
描き方は、通常のダブルラインの描き方と同じですが、目尻側に1センチほどにだけラインを引きます。

そうすることで、アイシャドウを塗っているように見えるので自然になりますよ。

【ダブルライン】アイライナー

ダブルラインの描き方をご説明しましたが、アイライナーの種類でも印象が変わってきます。
筆タイプのアイライナー・ペンシルタイプのアイライナー・ジェルタイプのアイライナーとたくさんあります。

自然に、ダブルラインを描いていないように見せたい場合は、ペンシルタイプのアイライナーを使いましょう。
一番自然で、ぼかすことでアイシャドウのような曖昧なアイラインを引くことができ、アイシャドウよりもしっかりとラインを描けるアイライナーです。

個性をだしつつ、ダブルラインを楽しみたいという人にはジェルタイプのアイライナーや、筆タイプのアイライナーをおすすめします。
しっかりとラインを引くことができるため個性を出すことができます。
また、カラーアイシャドウを合わせるとアートメイクのようになり、かわいいですよ。

【ダブルライン】ハロウィン

ダブルラインメイクはコスプレをするときにも使うことができます。
ハロウィンなどで、アイラインで目元に絵を描いたりしますよね??
それと今回ご紹介しているダブルラインを組み合わせることで、他の人とは一味ちがったメイクを楽しむことができます。

また、ダブルラインと下のアイラインとを組み合わせても目元の印象が強くなるため、ハロウィンなどのコスプレをするときにおすすめです。

■参考記事:ハロウィンのセクシーなメイク術、コチラも参照♪

ハロウィンは魔女の仮装・メイクを!セクシーで可愛いコスプレ解説!
ハロウィン猫メイクの簡単な方法!セクシーで可愛い!

【ダブルライン】ダブルラインフェイカー

ダブルラインを描くのに苦戦している人はいませんか??
アイライナーだとどうしてもうまくダブルラインが引けない場合があります。

そんなときに役に立つのがケイトから販売されている、「ダブルラインフェイカー」です。
そんな名前のアイテム、聞いたことがない、という方にご説明したいと思います。

ダブルラインフェイカーとは、まさしくダブルラインメイクのための化粧品です。
色尾は極薄のブラウンで、二重をリメイクしてくれます。
もともとある二重の線に重ねて描いたり、目尻にラインを引くことで二重の線が強調され、目を大きく見せてくれる効果があります。

色が極薄ブラウンなのでどんな二重のラインにもなじんでくれます。
筆の細さも描きやすい極細筆ペンタイプです。
なので、徐々にダブルラインを描いていくことも可能ですし、好きな幅で描くこともできます。

また、@cosmeベストコスメアワード2017ベストアイライナー第2位と、@cosmeベストコスメアワード2016ベストアイライナー第3位に選ばれています。

そして、現在では@cosmeのリキッドアイライナーランキングで2位にランクインしています。

■参考記事:ダブルラインフェイカーとは?コチラも参照!

ダブルラインフェイカー(KATE)で整形級メイク!使い方教えます!

【ダブルライン】コスプレイヤー

コスプレイヤーでなくても、ハロウィンならみなさんコスプレしますよね。
そういうときにこのダブルラインを使ってみてください。

コスプレですとものによって、メイクがコスプレに負けてしまう場合があります。
そういう場合に、このダブルラインの引き方によってはコスプレとすごくマッチするはずです。
また、ダブルラインの使い方として普段アイプチやメザイクをしているけれど、目が腫れてうまく二重にならなかったり、そもそもアイプチやメザイクが合っていない場合にもお使いいただけます。

そのほかにも、アイプチやメザイクだとどうしても皮膚を埋め込んでいますので、近くで見るとばれてしまいます。
ダブルラインも近くで見ればわかる点は同じなのですが、やはり皮膚を食い込ませていたりするものと、自然に色を付けているものとでは全く印象が変わります。

【ダブルライン】失敗した時は…

やはり失敗の多いダブルラインメイクですので、手直しをしなければいけない場合があります。
例えば、にじんでしまったり左右の二重の幅が明らかに違ってしまった場合など、いちいちメイクを落としていられませんよね。
なので、そんなトラブルが起きた時の対処法をご紹介します。
使うのもは綿棒です。
綿棒に水で濡らして、左右が違って嫌だった方やにじんでしまたところをこすります。
それでも落ちない場合は、綿棒のさきにメイク落としを垂らして、にじんでしまったり修整したいところをなぞって消しましょう。

【ダブルライン】最後に

いかがでしたでしょうか。
ダブルラインの描き方を、一重・奥二重・二重別にご紹介してきました。
奥二重が一番ダブルラインメイクをするのには難しいまぶたの形だと説明したのですが、初めてダブルラインメイクをする場合は、二重でも一重でも難しいメイクです。

なので、初めはダブルラインメイクを練習することをおすすめします。
また、アイラインの太さやアイライナーの色、アイライナーの種類、アイラインの描く位置で全く印象が変わってきます。
顔のパーツは、1㎜でも動けば別人に見えると言われているほどです。
なので、ダブルラインをするということはかなり印象に影響があるでしょう。

ダブルラインは最近ではかなり浸透してきているメイクです。
特にコスプレイヤーの中では定番中の定番だと言っても過言ではありません。
コスプレをする場合は、アニメのキャラクターなどの架空の人になり切る場合が多いですよね。
そうすると、どんなに二重幅が広くてもアニメのような目にはなれません。
なので、ダブルラインを描いてコスプレをすることで、キャラクターに近づくことができます。

コスプレの場合は、ダブルラインを大胆に引いてぼかす時も大胆にするとが特徴です。
そうすることで遠目から見ると、きれいな二重幅に見えます。

みなさんの自分に合ったダブルラインの引き方を探してみてください。

アイラインについてもっと情報を知りたいアナタに!

アイラインの引き方!奥二重・一重・二重のポイントは?【初心者OK】
アイラインを目尻だけにするとデカ目に?引き方を解説します!
アイラインがにじむ原因は?にじまない引き方を解説します!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ