マスカラの塗り方解説!上手に塗るコツを解説します!

目元を彩るうえで欠かせないメイクアイテム。それはマスカラですよね。しかしマスカラを綺麗に見せる塗り方や負担をかけない塗り方をしている人はどれくらいいるでしょうか。 また、一重や奥二重など目元の形によって変わる塗り方もご紹介します!

マスカラの塗り方解説!上手に塗るコツを解説します!のイメージ

目次

  1. 目元別のマスカラの塗り方をご紹介!
  2. マスカラの基本的な種類① ボリュームマスカラ
  3. マスカラの基本的な種類② ロングマスカラ
  4. マスカラの基本的な種類③ カールマスカラ
  5. マスカラの基本的なブラシ① ワイヤーブラシ 
  6. マスカラの基本的なブラシ② ゴムブラシ
  7. マスカラの基本的なブラシ③ コーム
  8. マスカラの基本的な塗り方① ビューラー
  9. マスカラの基本的な塗り方② まつ毛をとかす
  10. マスカラの基本的な塗り方③ 上まつげ
  11. マスカラの基本的な塗り方④ 目頭・目尻
  12. マスカラの基本的な塗り方⑤ 根本
  13. マスカラの基本的な塗り方⑥ 下まつげ
  14. マスカラの正しい塗り方がナチュラルなまつげを生む
  15. 【一重さん】マスカラの塗り方ポイント①がっつりビューラー
  16. 【一重さん】マスカラの塗り方ポイント②マスカラの下地
  17. 【一重さん】マスカラの塗り方ポイント③カールタイプ
  18. 【奥二重さん】マスカラの塗り方ポイント①根本から持ち上げる
  19. 【奥二重さん】マスカラの塗り方ポイント②ウォータープルーフ
  20. 【奥二重さん】マスカラの塗り方ポイント③ロングタイプ
  21. 【マスカラ】下まつげのアレンジ【塗り方】
  22. マスカラの塗り方をマスターしよう!

目元別のマスカラの塗り方をご紹介!

マスカラが上手に塗れない!私の目元にあったベストなマスカラの塗り方ってなに!?という女性も多いのではないでしょうか。そういった「マスカラジプシーさん」に送るマスカラの塗り方を目元別でご紹介します。

さらに、塗りたくった感のないナチュラルな目元に仕上げたい女性や、一重や奥二重で上手にマスカラを塗れないといった悩みを抱えている女性にもお役立ちなマスカラの塗り方をいろはの「い」から、徹底解説致します!

マスカラを駆使して、できるだけ目元を大きく見せたい、下まつげのマスカラの塗り方ってどうするの?などと言った素朴な疑問にもお答えできる記事なっておりますのでマスカラビギナーさんだけではなくマスカラの知識も深めることが出来るでしょう。

特に悩んでいる人が多い一重や奥二重さんにはより丁寧で細かい塗り方のコツも提案しています。
マスカラをもっと上手に、もっと華やかに塗りたい人は必見です!

マスカラの基本的な種類① ボリュームマスカラ

先ずはマスカラの基本的な種類からご紹介していきましょう!マスカラと一口に言っても実は種類が様々あるのをご存知でしたか?
使う本人の望みどおりの目元を作り出すための様々な種類のマスカラをまずはメジャーな3つの種類にわけてご説明していきます。

一つ目はボリュームマスカラ。ボリュームマスカラはまつ毛自体を太く見せてくれるため、上まつげや下まつ毛に塗ることでふっさふさのまつげを演出してくれます。
塗り方のコツを心得ていたり、工夫したりすることで、とても華やかな目元を作り上げることができるマスカラです。
ただし、ダマになりやすく重ねた塗り方をするマスカラなので、チョイスする時もコツが必要です。
メイクオフしやすいマスカラを選ぶか、アイメイクを綺麗に落としてくれるオイルやクリームを選ぶ必要があるでしょう。

マスカラの基本的な種類② ロングマスカラ

マスカラの基本的な種類の二つ目はロングマスカラです。
名前の通りまつ毛を長く見せてくれるマスカラです。まつ毛が短くて存在感がない。できるだけしなやかで長いまつげが欲しいという女性にうってつけです。
さらに、どうしても短くなりがちな下まつげに塗布すると下まつげの存在感も出すことが出来ます。
ロングマスカラを使うことで、美しく品のある目元。ナチュラルに大人っぽく色気のある目元を作り出すことが出来ます。

ロングマスカラはまつげの一本一本を美しく、長く見せたい人が使うとよりナチュラルで美しいまつげに仕上がります。
さらに、ボリュームマスカラほどがっつりとした塗布にはならないため、目元でにじまずに一重や奥二重の女性でもパンダ目になりにくいメイクアップが可能です。


◆関連記事:眉マスカラの使い方はこちら

眉マスカラの使い方・選び方解説!プチプラ人気ランキングも!

マスカラの基本的な種類③ カールマスカラ

次に紹介するマスカラの基本的な種類は、カールマスカラです。
このマスカラはまつ毛をカールさせることに特化したマスカラなので、どちらかと言えば下まつげよりも上まつげに重点をおいて使用する人が多いでしょう。

カールマスカラの大きな特徴は、ずばりキープ力。
ボリュームマスカラやロングマスカラよりもずっと「くるん」としたキューティーなまつげを作り上げてくれるマスカラの種類です。
特に一重や二重で長さはあるけれどもまつげが下をむいている人。それからボリュームマスカラやロングマスカラだと時間が経つにつれて美しいカールが損なわれてしまう人にはカールマスカラがおすすめです。
ナチュラルで美しいカールをしっかりと維持してくれるでしょう。

マスカラの基本的なブラシ① ワイヤーブラシ 

次に紹介するのはマスカラのブラシの形のいろはです。マスカラをいざつけようとした時に自分の目元にあったマスカラのブラシを使うことが美しい目元を作るコツです。
その為にも、二重・奥二重・一重にあわせて自分にあったブラシのマスカラをチョイスすることが大切です。

一つ目は、ワイヤーブラシです。マスカラの中でも最もメジャーなブラシの形と言っても過言ではないでしょう。
湾曲した形の物が多く、まつげの一本一本にしっかりと塗布することができるマスカラのブラシです。
さらに、ムラがなく均一な塗り方が出来る為、特にマスカラビギナーさんが使うにはもってこいのマスカラブラシと言えるでしょう。
欠点があるとすれば、ワイヤーが元になっているので変形しやすいということ。
強い力を加えると湾曲している部分が曲がってしまい、ブラシの形が変わってしまうことが有ります。
その点にだけ気を付けていればとても扱いやすい、メイクをしやすいブラシです。

マスカラの基本的なブラシ② ゴムブラシ

次に紹介するマスカラのブラシはゴムブラシです。
ゴムブラシ、と聞くと中々みない形ではありますが、実はマスカラを綺麗に塗ることができるブラシです。
さらなる特徴としては、マスカラがダマになり辛く、上まつげだけではなく下まつげに塗る時も美しく仕上げてくれます。
その為ゴテゴテに塗っている感が薄れて、とてもナチュラル目元を作り上げてくれるブラシと言えるでしょう。

ゴムブラシは全体がゴムで仕上がっているので、まつげとの密着度が他のブラシと比べると格段に良いです。
その上ガシガシと摩擦することなく、皇かに塗ることが出来る所も大きな肝です。
ウォータプルーフのマスカラによく使われることが多いゴムブラシですので、一重さんや奥二重さんが使用するときにもパンダ目にならないメイクに仕上げてくれるのです。

マスカラの基本的なブラシ③ コーム

次に紹介するマスカラのブラシはコームブラシです。
コームブラシはダマになりやすい、密着したまつげを持っている女性には救世主的なブラシです。
メイクをするときにどうしてもダマになりやすいのがまつげが短い・太い・密集している目元の女性。
その時のアイメイクの悩みを解決してくれるのがこのブラシ。
上まつげや下まつげを溶かしながらマスカラを塗ってくれるので、最低限ダマになって固まるという難点で悩む必要は全くなくなります。

ゴムブラシのマスカラと同様に一本一本の根元からしっかりと塗ることが出来るので、メイクをした後も美しいまつげを保ってくれます。
コーム型のブラシはアイメイクビギナーには使いづらい印象が持たれがちですが、コツをつかんでナチュラルな目元を作れるようになったらとても使い勝手のよいメイクアップアイテムになるでしょう。
難点があるとすれば、それは細部まで使いこなすのが難しいという点。
例えば目頭や目尻など先端で塗布しなくてはいけない部分にはやや苦戦する形のブラシともいえます。

マスカラの基本的な塗り方① ビューラー

それでは、マスカラの塗り方を順序立ててレクチャーしていきましょう!
まずは土台づくりから。いきなりマスカラを塗ったりアイメイクをしようとしても土台がしっかりとなっていなかったり、まつ育を怠って健やかなまつげが無ければ美しい目元にはなり得ません。
土台作りや美しいまつげ作りは常に意識してできるだけ「ナチュラルでもしっかりとまつげが生えている状態」をつくりあげることが出来るように務めましょう。

順番の一つ目は、ビューラーでまつげをもちあげること。メイクの中でもこれは欠かせない人は多いでしょう。
もし、まつエクなどを付けていてビューラーを使えない人は無理に使う必要はありません。

そしてビューラーをかけるコツとしてはできるだけ温めてから使用しましょう。
ドライヤーの温風でやや温める程度で大丈夫です。あまり温めすぎるとせっかくナチュラルに生えているまつ毛が痛んでしまいます。

そして、上まつ毛を挟みしっかりとカールをつけてあげましょう。もし可能であれば下まつげにもビューラーを施しておくと、より目元が大きく・美しく見えます。

マスカラの基本的な塗り方② まつ毛をとかす

次は、まつげをとかしましょう。
まつ毛を溶かす必要なんてあるのか?と思う人もいるかと思いますが、この「梳かす」という作業はマスカラを美しく乗せるという意味においてもとても重要になってきます。

ここで上まつげ・下まつげをしっかりと梳かすことがコツ。そして埃やこまかいゴミを取り除くだけではなくまつげの絡まりを解消してマスカラが乗りやすい状態を作ることが大切なのです。

まつげを梳くときのコツはしっかりと「コーム」を使うこと。もちろんマスカラ自体がコームブラシの人でもできれば一度コームでまつげをしっかりと梳きましょう。
まつげのコームは100円均一でも購入可能ですし、仕様するのとしないのとでマスカラを塗ったあとの仕上がりに大きな差が出ます。
ひと手間を惜しまずに丁寧にメイクすることを心がけるなら、まつげをコームで梳くことをおすすめします。

マスカラの基本的な塗り方③ 上まつげ

マスカラを美しく塗る土台を仕上げたら、いよいよマスカラの塗り方です。
まず、上まつげからマスカラの塗っていきましょう。
目頭と目尻はあとで丁寧にメイクアップしていくので、中央のまつげからマスカラを塗布していきます。

ここで、まつ毛を長く美しく見せたい方はロングマスカラを使っている前提で中央が一番長くなるように上へ上へと重ね塗りをしていくことがコツです。
よりナチュラルに仕上げていくために、一本一本を美しく延ばすような意識でマスカラを塗り伸ばしていきましょう。

ボリュームマスカラを使う人は、所謂「盛りメイク」になります。そのためダマにならないことに気を付けながらマスカラを塗っていくことがコツになります。とくにボリュームマスカラは根本から塗り上げていくときにダマになりやすいので注意が必要です。

マスカラの基本的な塗り方④ 目頭・目尻

まつげの中央部分をしっかりと塗ったら、今度は目頭と目尻のメイクアップです。
意外と一気に塗り上げていけばいいと思われがちですが、目頭と目尻はブラシの先を使って丁寧な塗り方をすることがコツです。

目頭はまつげが全部蒙古ひだ(目頭の皮膚)の内側に入っていないことを確認しましょう。
入ってしまっているとまつげが目にはいりチカチカすることがあるので、外側に出した上でマスカラのブラシの先で丁寧に塗っていくと良いでしょう。

さらに目尻は美しく伸ばせばチャームポイントとなる部分です。
盛るのか・伸ばすのか。自分のメイクに合った形を作りあげることが出来る部分ですので、ブラシを駆使しながら丁寧に塗っていくとよいでしょう。


◆関連記事:コームのおすすめはこちら!

マスカラコームおすすめ11選と使い方を完全解説!【必見】

マスカラの基本的な塗り方⑤ 根本

続いては、まつげの根元をしっかりと埋めるということです。
このコツはまつげをボリューミーに魅せたい人は特にポイントとなってくる部分です。
反対にまつ毛をあまり盛りたくない・ナチュラルな目元にしておきたいという人は、あえて塗らないという選択肢もあることを忘れないでいてください。

まつげとまつ毛の間を目を開いた状態でしっかりと埋めるように塗ること。
そして、出来ればこの時もコームなどで梳いてあげることがより美しく塗り上げていくコツです。

ただし・一重や奥二重の女性は根元をしっかりと埋めすぎるとパンダ目の原因になりかねないので、アイプチなどを使って二重の土台を作り上げていない時は、塗りすぎに注意しましょう。

マスカラの基本的な塗り方⑥ 下まつげ

続いては下まつげです。下まつげは手塩にかければかけるだけ状態が変わってきます。
反対に手をかけなかったり下まつげ育毛ををしていなかったりすると、下まつげが短くなったり一本一本が細く鳴ったりします。
さらに、下まつげはマスカラでメイクを施せばワンポイントにもなるポイントですので是非丁寧メイクを施していきましょう。

下まつげにつけるマスカラの塗り方も、上まつげの塗り方の順番と同様です。
先ずは中央。それから目頭、最後に目尻の順番でメイクを施していきます。
下まつげは出来るだけ付きすぎないように。そしてダマにならないように気をつけましょう。
ダマになってしまうと、一重や奥二重の目元を持つ女性は特に滲みやすくなってしまいます。
できるだけ、綺麗に。そして伸ばすように塗るように心がけると良いでしょう。

マスカラの正しい塗り方がナチュラルなまつげを生む

まつげの塗り方を工夫したり、自分にあった種類のマスカラを使用することで、違和感のない目元を作り上げることができます。
しかし自分に合っていないマスカラを使ったり、一重さんや二重さんがケアをしないままボリュームマスカラを塗るようなことがあれば美しい目元は生まれません。

自分が望む目元をナチュラルに作り上げる為にも、是非自分にあったマスカラを使い正しい塗り方でメイクアップしていくことを心がけていきましょう。

さらに、マスカラの使用期限にもご注意を。
化粧品だし直接肌に触れるものではないから気にしていないという女性はいらっしゃいませんか。
もし1年以上使用し続けていたり、暫く放置していたマスカラをまた使い始めるような事があるならば、即刻中止して新しいマスカラを買いましょう。
なぜかというと、マスカラの使用期限は最長でも3ヵ月。なぜかといと雑菌が繁殖しやすいからです。
いくらまだ塗れるから、盛れるからといっても目を傷つけない為に、汚さないためにもマスカラは是非3ヵ月周期で交換していきましょう。

【一重さん】マスカラの塗り方ポイント①がっつりビューラー

ここからは特にメイクテクニックを要する一重さんや奥二重さんのマスカラの塗り方やコツをご紹介します。

まず、一重さんの悩みと言えばビューラーで持ち上げてもまつげが下がる。夕方になったらマスカラが滲む!目が小さく見える!といったポイントが挙げられます。
こういった悩みがあっても解決してくれるのが「アイメイク」です。
ぜひ、自分の顔を美しく仕上げていくつもりでしっかりとメイクを施していきましょう。

まず、一重さんがマスカラを綺麗に載せる塗り方のコツはビューラーでしっかりとまつげを持ち上げること。
出来ればビューラーはホットビューラーを使うか、ドライヤーなどで熱してあげましょう。
そうすることでまつげが柔らかくなり美しいカールを描きやすくなります。

無理をしてぐいぐいとまつげを引っ張り上げるのではなく、できるだけビューラーで抑える角度だけで綺麗なカールを作るようにすると、まつげの毛根へのダメージは比較的少なくなります。

【一重さん】マスカラの塗り方ポイント②マスカラの下地

次に一重さんにおすすめするマスカラの塗り方のコツにマスカラ下地を正しくつけるという事。
マスカラ下地の役割はまつげのカールを美しく保つ、マスカラのノリを良くして長く見せるという役割のほかにもナチュラルに長く見せることができるアイテムとしても非常に重宝します。
マスカラ下地を塗る事でマスカラが付きにくいといわれる下まつげもしっかりと塗布することができます。

特に一重の女性はまつげが短く見えがちですし、下まつげも目立ちにくいです。
そのため、ビューラーを施した後にマスカラ下地を塗る事で一重さんを悩ませる「すぐカールが無くなってしまう」という悩みを少しでも軽くしてくれます。

さらに一重さんは、マスカラ下地を遣えばどうしても上にまつげが向きにくかったとしても目尻のまつげをより長く滑らせてあげることができます。

【一重さん】マスカラの塗り方ポイント③カールタイプ

もちろん一重さんにおすすめするのはカールタイプのマスカラです。
一重さんの目のつくりはどうしても皮膚が上から覆いかぶさってきてしまう構造のため、アイプチなどを使わない限りはまつげが下をむいてしまいます。

ビューラーとマスカラ下地に追加してカールタイプのマスカラを使用すれば、しっかりとカールを維持することができます。

【奥二重さん】マスカラの塗り方ポイント①根本から持ち上げる

次に、奥二重さんにおすすめなマスカラの塗り方をご教授します。
まずは奥二重さんの目元の作り自体は目頭がかぶさるようにしてあり後ろにかけて若干二重に見えるような形。
その為アイメイク自体に工夫を凝らさないと目が小さく見えてしまったりアイメイクのしすぎてケバケバした印象を持たれてしまいます。
ナチュラルなメイク、かつ美しい目元を作り上げる為にもマスカラの塗り方のコツやポイントなどはぜひ押さえておきましょう。

奥二重さんがまず気を付けたいことは、まずは根本からしっかりとまつげをもちあげてあげること。
一重さんはまつげの毛根全体が下を向きがちですが、奥二重さんは少なくとも垂直に生えています。
しっかりとマスカラで根元から持ち上げてあげることで太くしっかりとしたまつげ作りをサポートしてくれるのです。

出来れば、コームなどでダマができないように梳いてあげた方がきれいに整えることができます。

【奥二重さん】マスカラの塗り方ポイント②ウォータープルーフ

次に奥二重さんがマスカラを塗る時のコツは、ウォータープルーフマスカラを使うこと。
ウォータープルーフのマスカラは汗や皮脂に強く水にもとけずに滲みません。
このマスカラを使うことの最大のメリットはパンダ目にならないこと。
一重さんはがっつりカールをかけてあげると美しくなりますが、奥二重さんのポイントはなんといっても長さです。

奥二重さんはカールよりもナチュラルで長いまつげがよく似合います。
しかし、カールもつけずにマスカラを塗ってしまったら数時間後にはパンダ目になることは必至…。
ウォータープルーフのマスカラを使えば、まるで隈のように目の下に黒ずみができる確率も低くなります。
もしどうしても愛用のマスカラがウォータプルーフでない場合には一重さんならマスカラ下地をつけていたように、ウォータープルーフ効果のあるマスカラ下地があります。
その下地を前もって塗っておくことで、パンダ目になってしまう前に手を打っておきましょう。

【奥二重さん】マスカラの塗り方ポイント③ロングタイプ

奥二重さんにおすすめするマスカラの種類は、断然ロングマスカラです。
まつげを出来るだけ長く美しく品のあるように作り上げることが目元美人のコツ。
ナチュラルなだけではな艶や色気のある目元を醸し出すことが出来るでしょう。

ロングタイプのマスカラの中でも、出来るだけマットな塗り心地ではなく何度も重ね塗りできるさらっとしたタイプを選びましょう。
まつげを長く長くするためには毛先に何度も重ね塗りをする必要がありますが、重たいマスカラやダマになってすぐ固まりそうなマスカラだと毛先がすぐに落ちてきてしまいます。
その為、出来るだけ軽めのまつげに重さや負担がかからないものを選んでいくことが大切です。

【マスカラ】下まつげのアレンジ【塗り方】

アイメイクでマスカラにアクセントをつけたい、その年の旬のカラーを取り入れて他のひととは一味誓ったメイクを施したいという人は、ぜひカラーマスカラにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
青やオレンジ、赤と言ったカラーマスカラはメイクのアクセントとしてとてもよい仕事をしてくれます。

赤ならガーリーさや大人っぽさを演出してくれますし、青なら知的さや聡明さを醸し出してくれます。
紫なら妖艶さや色気、オレンジなら活発さや華やかさといった風にカラーリングによっても印象が大きく変わります。

上ますげにつけて目立たせたくないという人は舌まつげの目尻にポイントメイクするだけでもその年の旬顔になることが出来ます。ぜひその年の流行カラーでマスカラにも“旬”を乗せてあげましょう。

マスカラの塗り方をマスターしよう!

化粧は女の武器。そしてアイメイクのテクニックを変えるだけでも印象はずいぶん変わります。
マスカラのタイプ、ブラシによっても目元の仕上がりは大分変ってきますので自分が「こういう風に仕上げたい」という明確なビジョンがあるならば、ぜひそのビジョンにあった目元を作り上げてくれるマスカラをチョイスしましょう。

マスカラは、種類が沢山ありすぎてわからない、いちいち選んでいるのが面倒くさいという人も確かにいるでしょう。
しかし、マスカラ一つでメイクの印象・もたれる印象も大きく変わるだけではありません。
より美しく、より魅力的なメイクをするテクニックは誰に奪われないもの。ぜひ今の自分にベストなマスカラを見つけて、美に磨きをかけていきましょう。

もっとマスカラについて知りたい方はこちら

プチプラマスカラコスメおすすめ特集!ロングもボリュームも!
マスカラ人気ランキング17選!【落ちない・にじまない】
お湯で落ちるマスカラ人気15選!上手な落とし方も解説します!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ