ユニクロのリサイクル活動に参加しよう!ボックスに入れるだけ!

デイリー使いに着やすい大人気ファッションであるユニクロ。そんなユニクロでは服のリサイクル活動を積極的にすすめているのをご存知でしょうか?今回はユニクロで実施しているリサイクル活動について詳しくまとめてみました。興味のある人はぜひご覧ください!

ユニクロのリサイクル活動に参加しよう!ボックスに入れるだけ!のイメージ

目次

  1. ユニクロのリサイクル活動とは?特典などはあるの?
  2. とっても簡単!ユニクロのリサイクル活動に参加する方法
  3. ユニクロのリサイクル活動の対象商品とは?
  4. ユニクロのリサイクル対象商品(1)ユニクロの全商品
  5. ユニクロのリサイクル対象商品(2)GUの全商品
  6. 注意!ユニクロのリサイクル活動の対象外となるものとは?
  7. ユニクロのリサイクル対象外(1)ユニクロとgu以外の商品
  8. ユニクロのリサイクル対象外(2)破れてしまっているもの
  9. ユニクロのリサイクル対象外(3)濡れているもの
  10. ユニクロのリサイクル対象外(4)シミや汚れがひどいもの
  11. ユニクロのリサイクル対象外(5)使用済みの下着類
  12. まとめ

ユニクロのリサイクル活動とは?特典などはあるの?

ユニクロのリサイクル活動とはユニクロの商品でもう着なくなった服を集め、それを難民キャンプや被災地などの服を必要としている人たちの元へ届ける活動のことです。

2006年から始められたユニクロのリサイクル活動は、開始当初は不要となった服を集めて工業用繊維として活用をすることを目的としていました。

しかし集められる服がとても綺麗な状態のものが多くまだまだ着られる服がたくさんあったことから、世界中の困っている人たちに服の状態のまま届けるという活動が開始されることになりました。

リサイクルで集められる服はユニクロでもちろん無償で回収しています。たくさんの服を持ち込んでも特に特典などは何もなく、商品券がもらえる特典やクーポンが発行されるという特典もありませんが、自分の着ていた服が世界の困っている人の役に立っていると思うと特典をもらう以上に嬉しい気持ちになりますね。

自宅で眠っているユニクロ商品がたくさんある人はぜひユニクロのリサイクル活動に参加してみてはいかがでしょうか。

とっても簡単!ユニクロのリサイクル活動に参加する方法

ユニクロのリサイクル活動に参加する方法はとっても簡単です♪

まず自宅にあるもう着なくなったユニクロの商品を綺麗に洗濯します。そしてその商品をユニクロの店頭に持っていき、レジで店員に渡すかレジ横に置いてある回収ボックスの中に入れるだけでリサイクルが完了します。

ユニクロとGUは同じ会社の子会社であるという関係性からユニクロの店頭だけでなくGUの店頭でもユニクロの服やGUの服の回収をしています。GUの店頭のレジの近くにもリサイクルの回収ボックスがありますので、近くのお店を探してみてくださいね。

レジで店員に渡したり回収ボックスに入れた服などは、バックヤードでユニクロの商品とGUの商品であるかしっかり確認され、問題なければ世界中の困っている人たちの元へと届けられることになります。

リサイクル活動で服を回収できるのはレジで渡すかリサイクルボックスに入れるかの2通りになります。郵送で送りつけることはできませんので注意が必要です。

ユニクロのリサイクル活動に参加したい方は、どんなものがリサイクル活動の対象となっているのかについて次でしっかりチェックしてみましょう!

ユニクロのリサイクル活動の対象商品とは?

それでは次はユニクロのリサイクル活動の対象となっているものについて詳しく解説していきます。ユニクロのリサイクル活動では何でもボックスで回収しているわけではありません。

ユニクロの商品の中でも一部は回収できないものもありますので、リサイクルボックスに入れる前にしっかりと確認しておく必要がありますね。

ユニクロのリサイクル活動でボランティアに参加するつもりが、逆にお店に迷惑をかけてしまうことにならないようによく確認しておきましょう!

ユニクロのリサイクル対象商品(1)ユニクロの全商品

ユニクロのリサイクル対象商品の1つめは、ユニクロの全商品です。最近買った服でなくても、何年も前に購入した服でもユニクロの商品であれば大丈夫です。

大人の服はもちろん子供の服やベビー服、ズボンやセーターにコートなども対象になります。冬に夏の服、夏に冬の服も回収していますので、クローゼットの整理をして不要な服出てきたらリサイクルに回してみてはいかがでしょうか。

少しくらいデザインが古いものや多少色あせているものでもリサイクルの対象になりますので、どんどんユニクロの店頭のリサイクル回収ボックスの中に入れていきましょう!

ゴミとして捨てるよりもはるかに有意義な処分の仕方ですよ♪

■参考記事:ユニクロ商品を裾上げする流れは?

ユニクロの裾上げの流れ!持ち込みは可?料金はいくら?

ユニクロのリサイクル対象商品(2)GUの全商品

ユニクロのリサイクル対象商品の2つめは、GUの全商品です。

上記でも少しご紹介しましたが、ユニクロとGUは同じ会社の子会社という関係性にあります。そのためユニクロのリサイクル活動ではGUの不要になった服も合わせて回収をしています。

ユニクロのリサイクル活動ではそれぞれユニクロの店舗にある回収ボックスにGUの商品を入れたり、またはGUの店舗の回収ボックスにユニクロの商品を入れることも可能です。

おしゃれに敏感な人であれば服をワンシーズンしか着ないという人もいるかもしれませんが、元値が安価であるユニクロやGUの服は古着ショップなどに売ってもあまり良い値がつかないこともあります。

今は物を捨てるにもお金のかかる時代ですので、リサイクルの回収を行っているのはとても助かる一面もありますね。

■参考記事:ユニクロとGUの違いって?

ユニクロとGUの違いとは?どっちが人気なの?

注意!ユニクロのリサイクル活動の対象外となるものとは?

上記ではユニクロとguの商品ならどんなものでも回収ボックスに入れることができると紹介しましたが、実はユニクロやguの商品でもリサイクル活動の対象外となるものはいくつかあります。

次はユニクロのリサイクル対象外のものについてもご紹介致します。

ユニクロのリサイクル対象外(1)ユニクロとgu以外の商品

ユニクロのリサイクル対象外のものの1つめは、ユニクロとgu以外の商品です。

ユニクロのリサイクルでは古着ならどんなものでもOKというわけではありません。ユニクロとgu以外のお店で買った服は回収ボックスに入れることはできません。

ユニクロでは回収した服を1つずつ丁寧にブランドを確認していますので、ユニクロとgu以外の商品が入っていればすぐに分かります。

ただしユニクロやguの商品であればネット通販で買った物や、フリマやネットオークションで手に入れた服も回収の対象になります。人から譲ってもらった商品などももちろん回収OKです。リサイクルに回す時はしっかりとどこのブランドのものか確認してからにしましょう。

■参考記事:服を断捨離してみよう!

服を断捨離しよう!クローゼットの服を上手に捨てる方法解説!

ユニクロのリサイクル対象外(2)破れてしまっているもの

ユニクロのリサイクル対象外のものの2つめは、破れてしまっているものです。

ユニクロではリサイクルボックスで回収した服をその形のまま全世界の困っている人に届けています。破れてしまった服やひどく擦りきれてしまっている服はやはりリサイクルの対象外となる場合があります。

破れがひどいものは回収されたあとリサイクルに回されることはなく、工業用繊維として生まれ変わることになります。

子供服など破れてしまった後に自宅で縫い直したものや、破れた上に当て布をしているものもリサイクルの対象外となります。破れた服は古着買取業者でも引き取りを拒否されることが多いため、自宅で古布として雑巾代わりに再利用したりして処分するのが望ましいですね。

また破れていなくても服に自分でワッペンやアップリケ、刺繍などを施したものについてはボックスに入れる前に一度お店の店員に確認した方が無難です。

ユニクロのリサイクル対象外(3)濡れているもの

ユニクロのリサイクル対象外のものの3つめは、濡れているものです。

ユニクロでは毎日たくさんの服がリサイクル回収されます。その中に1つでも濡れた服があると他の服まで湿ってしまい、カビてしまう原因になることも!衣類は濡れた状態を長く放置しているととても生地が傷んでしまうものです。

そのため服をリサイクルする時は、一度洗濯した後に完全に乾かした状態でお店に持ち込むように注意書きがされています。

生乾きの状態の服をリサイクルボックスに入れないように十分注意しましょう。

ユニクロのリサイクル対象外(4)シミや汚れがひどいもの

ユニクロのリサイクル対象外のものの4つめは、シミ汚れがひどいものです。

ユニクロのリサイクルとは不用になった服を困っている人に届けるための活動ですが、あまりにシミや汚れがひどいものはやはり他の人に回すことはできないため回収の対象外になる場合があります。

泥や汗のシミ、食べこぼしのシミ、口紅や墨のシミなどがついてしまっているものなど明らかに汚れが目立つものは自宅で適切に処分するようにしましょう。

ユニクロのリサイクル対象外(5)使用済みの下着類

ユニクロのリサイクル対象外の5つめは、使用済みの下着類です。

これも当然といえば当然なのですが、ユニクロのリサイクル活動では衛生面を配慮して使用済みの下着類の回収は行っていません。下着は直接肌に身に着けるもので他人と使い回しするものではありませんので、これは仕方ないことですね。

ただし靴下については回収を行っている場合もありますが、トイレカバーや枕カバーなどもリサイクルの対象外になる場合があります。

よく分からないものは回収ボックスに入れる前に店員に確認することをおすすめします!

まとめ

ユニクロのリサイクル活動について詳しくご紹介しました!

ユニクロのリサイクル活動が気になりつつもよく知らないため参加していなかったという人は、ぜひ参加しようという気持ちになったのではないでしょうか?

ユニクロのリサイクル活動は商品券の特典や割引クーポンの特典などは何もありません。しかし何も特典がない代わりに、ユニクロやguでは1年中どこの店舗でも不要になった服の回収を行っています。

現在では世界中のユニクロユーザーがその活動内容に賛同して参加している規模の大きな活動になっています。質の良い服を世界の困っている人たちに届けるために、皆さんもぜひユニクロのリサイクル活動に参加してみてくださいね♪

ユニクロについてもっと情報を知りたいアナタに!

ユニクロのLINE登録のメリットは?クーポンなどの特典がある?
ユニクロボーダーボートネックTコーデ特集!【おしゃれ】
ユニクロデニム・ジーンズのコーデ特集!【メンズ必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ