ハーバリウムの作り方のコツ!材料は?液体はオイルでいいの?

ハーバリウムは液体オイルの中にお花を入れるインテリアのことです。ハーバリウムを手作りしてみたいけれど、必要な材料や作り方が分からないとお悩みではありませんか?今回はハーバリウムの製作に必要な材料や液体オイルを使った手作りのハーバリウムの作り方をご紹介します。

ハーバリウムの作り方のコツ!材料は?液体はオイルでいいの?のイメージ

目次

  1. 手作りのハーバリウムに必要な材料や作り方が分からない!
  2. 手作りのハーバリウムの作り方に必要な材料は?
  3. ハーバリウムの作り方に必要な材料①瓶
  4. ハーバリウムの作り方に必要な材料②プリザーブドフラワー
  5. ハーバリウムの作り方に必要な材料③ドライフラワー
  6. ハーバリウムの作り方に必要な材料ー④造花
  7. ハーバリウムの作り方に必要な材料③液体オイル
  8. ハーバリウムの作り方に必要な材料④液体オイルの容器
  9. ハーバリウムの作り方に必要な材料④ハサミ、竹串、ピンセット
  10. ハーバリウムの作り方に必要な材料⑤デコレーションパーツ
  11. 手作りのハーバリウムにおすすめのデコレーションパーツは?
  12. 手作りハーバリウムに使う液体オイル材料の購入方法は?
  13. 手作りのハーバリウムにおすすめの液体オイルは?
  14. 手作りハーバリウム専用の液体オイル材料①
  15. 手作りハーバリウム専用の液体オイル材料②
  16. 手作りハーバリウム専用の液体オイル材料③
  17. 手作りハーバリウム専用の液体オイル材料④
  18. 手作りハーバリウム専用の液体オイル材料⑤
  19. 液体オイルでハーバリウムを手作りする前に準備することは?
  20. ハーバリウムに使う花材の下準備の作り方は?
  21. 液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方は?
  22. 液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方①
  23. 液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方②
  24. 液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方③
  25. 液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方④
  26. 液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方③
  27. 液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方⑥
  28. 液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方⑦
  29. 手作りハーバリウムを長持ちさせる作り方は?
  30. ハーバリウム作りにおすすめのデザインは?
  31. セリアではハーバリウムが販売されています!
  32. 液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方まとめ

手作りのハーバリウムに必要な材料や作り方が分からない!

ハーバリウムは植物標本という意味で、元々は植物学の研究のために植物を標本として集積しておくためのものですが、ハーバリウムの見た目がおしゃれなことから、現在インテリアやプレゼントに喜ばれるアイテムとして話題になっています。
お部屋のインテリアとして飾ることが出来るキレイなデザインのハーバリウムですが、「手作りのハーバリウムに必要な材料や作り方が分からない!」と思われる方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、手作りのハーバリウムに必要な材料やハーバリウムの作り方のコツをご説明したいと思います。

手作りのハーバリウムの作り方に必要な材料は?

見た目もキレイなハーバリウムを手作りするには、それだけたくさんの材料が必要になるのでは?と思われるかもしれませんが、手作りのハーバリウムを作るときに最低限必要な材料は、造花を入れる瓶とハーバリウム専用の液体オイルだけで、それほど多くはありません。
ハーバリウムの製作にあまり強いこだわりがなければ、材料一式を100均ショップで揃えることも出来ます。
それでは、手作りのハーバリウムに必要な材料についてご説明したいと思います。

ハーバリウムの作り方に必要な材料①瓶

プリザーブドフラワーやドライフラワー、造花と液体オイルを入れるための器です。
瓶はハーバリウムの中身が見えやすい透明なデザインのものがおすすめです。

ハーバリウム作りによく使われるデザインの瓶は細長い瓶のものや丸い形の瓶です。

ハーバリウム作りに使う瓶は100均ショップで様々なデザインの瓶が販売されているので、100均ショップで購入するのがおすすめです。

ハーバリウムの作り方に必要な材料②プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは生花を脱水してから保存液と着色料で加工したお花のことです。プリザーブドフラワーは生花の柔らかさや瑞々しさを保ち、長く楽しめるように作られたお花になっています。
プリザーブドフラワーは花屋や通販サイトで購入することが出来ます。

ハーバリウムの作り方に必要な材料③ドライフラワー

ドライフラワーは乾燥させた生花のことです。
ドライフラワーというと乾燥して枯れた花をイメージされる方がいらっしゃいますが、ドライフラワーは生花を一番綺麗な状態のときに乾燥させることで長持ちさせるものなので、ドライフラワーだけでも色鮮やかなハーバリウムを手作りすることが出来ます。

ドライフラワーは生花を風通しの良い場所に置いて自然乾燥させて手作りすることも出来ますが、ドライフラワーを長持ちさせるためのおすすめのコツはドライフラワー用の乾燥剤を使って花を乾燥させることです。乾燥剤を使うことでより花の水分が抜けやすくなるので、ドライフラワーを液体オイルの中に入れたときに長持ちしやすくなります。

ドライフラワーを購入する場合は花屋やネット通販で購入することも出来ますが、100均ショップでも販売されています。
100均ショップのダイソーにはネイルアートやレジン作品のパーツに使われるドライフラワーが販売されていますが、もちろんハーバリウムにも使用することが出来ます。
また、100均ショップダイソーでは、装飾用の大きなサイズのドライフラワーも販売されています。

また、100均ショップダイソーではポプリとして販売されている乾燥植物がありますが、こちらもハーバリウムとして使用することが出来ます。

ハーバリウムの作り方に必要な材料ー④造花

造花はアーティシャルフラワーとも呼ばれ、花屋やネット通販で購入することが出来ます。

手軽に造花でハーバリウムを手作りしてみたいときには、100均ショップの造花を使うのもおすすめです。
特に100均ショップセリアのフェイクフラワーは、見た目が本物のようでクオリティが高いと評判の造花です。
画像は100均ショップセリアのフェイクフラワー、フェイクグリーンを使用して作られた鉢植えですが、フェイクには見えないクオリティですね。

100均ショップセリアにはガーベラやバラ、スプレーマム、紫陽花など様々な種類の造花が販売されています。

ハーバリウムの作り方に必要な材料③液体オイル

ハーバリウムの中に入れる液体オイルです。ハーバリウム専用の液体オイルを使うとハーバリウムが長持ちしやすいので、出来ればハーバリウム専用オイルを使うのがおすすめですが、ハーバリウム専用の液体オイルが見当たらない場合はベビーオイルなどで代用することも出来ます。

ハーバリウムの作り方に必要な材料④液体オイルの容器

液体オイルが入っている容器に注ぎ口がない場合は、画像のように注ぎ口のある容器に液体オイルを移し替えることで、ハーバリウムの瓶の中に液体オイルを入れるときに液体オイルが入れやすくなります。

ハーバリウムの作り方に必要な材料④ハサミ、竹串、ピンセット

ハサミは瓶の中に入れる造花の長さを調整するために使います。
ハサミは普通のものでも構いませんが、造花の切り口をキレイにカットしたいのであれば植物用の剪定ハサミを使用することをおすすめします。

竹串やピンセットは瓶の中に入れる造花のデザインを微調整するために使います。

ハーバリウムの作り方に必要な材料⑤デコレーションパーツ

プリザーブドフラワーやドライフラワー、造花以外にハーバリウムの中にデコレーションパーツを入れることで、より見映えの良いオリジナルのハーバリウムを製作することが出来ます。
デコレーションパーツは手芸店や100均ショップで購入することが出来ます。
ハーバリウム製作に役立つデコレーションパーツの選び方のコツは、ハーバリウムの主役であるお花を引き立てるようなデコレーションパーツを使うことです。

もしくは置物のようなワンポイントを瓶の中に入れて、背景としてお花や植物を入れる方法もあります。
ハーバリウムのデザインを考えるときのポイントは、瓶の中のデザインの主役を決めて、その主役を引き立てるように他のお花やパーツを加えていくと、キレイな仕上がりに完成しやすくなります。

手作りのハーバリウムにおすすめのデコレーションパーツは?

ラメ

100均ショップで購入出来るネイル専用のラメを使うことで、ハーバリウムが光に当たったときにキラキラと光るので、ハーバリウムがキレイな見映えになります。

ビーズ

100均ショップで購入出来るビーズをデコパーツとしてハーバリウムに入れるのもおすすめです。ビーズの選び方のコツは、色が透けているタイプのビーズを使うと、光に当たったときに透けるので、ハーバリウムがクリア感のあるキレイな仕上がりになります。

ドロップクリスタル

ドロップクリスタルは発泡ガラスを作ることが出来るアイテムで、手芸店やネット通販で手に入れることが出来ます。
ドロップクリスタルで作ったガラスをハーバリウムの中に入れることで、光に当たったときにドロップクリスタルが反射してハーバリウムがキレイに見えます。

置物

ハーバリウムにワンポイントとして置物を入れることで可愛らしいハーバリウムを手作りすることが出来ます。
100均ショップでは画像のような可愛らしい柴犬の置物も販売されています。

手作りハーバリウムに使う液体オイル材料の購入方法は?

手作りのハーバリウムを作るときに必要な液体オイルですが、ハーバリウム専用の液体オイルを使うことがハーバリウムを上手に作るコツでもあります。特に初心者の方はハーバリウム専用の液体オイルを使うことで、ハーバリウムの手作りが失敗しにくくなります。
ハーバリウム専用の液体オイルは手芸店や花屋などで購入することが出来ますが、見当たらない場合はインターネット販売で購入する方が早く入手することが出来ます。

手作りのハーバリウムにおすすめの液体オイルは?

手作りのハーバリウムを作るときに必要なハーバリウム専用の液体オイルですが、ハーバリウム専用のものだけでも様々な種類のものが販売されています。
そこで、初心者にも扱いやすいハーバリウム専用の液体オイルをご紹介します。

手作りハーバリウム専用の液体オイル材料①

ハーバリウムオイル hanaoil 300mlパック

株式会社そらーるから販売されているハーバリウム専用の液体オイルです。プリザーブドフラワー、ドライフラワー専用のハーバリウム液体オイルです。容量は300mlなので、ハーバリウムを1、2本手作りしたい場合におすすめのハーバリウム液体オイルです。

手作りハーバリウム専用の液体オイル材料②

ガラス瓶(丸)入り ハーバリウムオイル hanaoil

株式会社そらーるから販売されているハーバリウム専用の液体オイルです。こちらのハーバリウム専用液体オイルは既に瓶の中にオイル材料が入っているので、後はプリザーブドフラワーやドライフラワー、造花などの材料を入れるだけでハーバリウムが完成します。

手作りハーバリウム専用の液体オイル材料③

東京堂 ハーバリオ 1L ハーバリウム専用オイル

プリザーブドフラワーやドライフラワー、造花などの専門販売、卸問屋の東京堂から販売されているハーバリウム専用のオイル材料です。
花を専門的に扱う企業から販売されていることから、大人気となっているハーバリウム専用のオイル材料になっています。
東京堂のハーバリウムのオイル材料は光の屈折率を考えて、ハーバリウムの中に入れた造花が一番美しく見えるようにオイルが配合されて作られているそうです。

手作りハーバリウム専用の液体オイル材料④

ハーバリウムオイル 2000ml 浮遊花オイル

グリーンインダストリー株式会社から販売されている浮遊花オイルというハーバリウム専用のオイル材料です。
浮遊花オイルの特徴は、オイルが乾きにくいことと、オイルが酸化しにくく、オイル特有の臭いがしないことです。

手作りハーバリウム専用の液体オイル材料⑤

ハーバリウム専用オイル SuiRenCa オイル 1000ml

株式会社Advanceから販売されているスイレンカオイルも手作りハーバリウムのオイル材料として使用することが出来ます。スイレンカオイルは食品添加物にも使用される高度に精製された安全性の高い液体オイルです。

液体オイルでハーバリウムを手作りする前に準備することは?

ハーバリウムを手作りする前に必要な準備は、ハーバリウムを入れる瓶を殺菌消毒しておくことです。ハーバリウムを手作りする前に瓶を消毒しておかないと、ハーバリウムの中にカビや藻が発生しやすくなってしまいます。

ハーバリウムを出来るだけ長持ちさせるためにも、ハーバリウムに使う瓶はエタノールで消毒します。消毒のやり方はエタノールを染み込ませたコットンをピンセットで掴み、瓶の内部をキレイに拭き取ります。
エタノールがない場合は熱湯で煮沸消毒するか、キッチン用ハイターを使用しても良いです。
またハーバリウムを手作りするときには、エタノールが完全に乾燥してからハーバリウムの製作を始めることが、よりハーバリウムを長持ちさせるコツになります。

ハーバリウムに使う花材の下準備の作り方は?

ハーバリウムをキレイに製作するコツとしては、ハーバリウム作りを始める前にある程度花材の剪定をしておくことです。
花材の葉っぱの部分をを切り揃えておくだけでも見映えが良くなります。
また、大きなサイズの花材は瓶の入口が小さいと入りにくい場合もあるので、無理矢理瓶の中に押し込むよりも、花材をばらす方がハーバリウムがキレイな仕上がりになりやすいです。

液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方は?

液体オイルを使ったハーバリウムに必要な材料やハーバリウムをキレイに作る下準備のコツについてご説明しましたが、それでは液体オイルを使ったハーバリウムの作り方やコツをご説明したいと思います。

液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方①

①あらかじめキレイに剪定しておいたプリザーブドフラワーやドライフラワー、造花などの花材をハーバリウムを入れる瓶の長さに合わせてカットします。
茎全体に葉っぱが付いている花材の場合は、茎の下から1㎝ほど葉っぱを取り除くと見た目がキレイな花材になります。

液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方②

②①でカットした花材を組み合わせて、瓶の中に入れたときの造花の姿をイメージしながらデザインを決めていきます。
デザインを決めるときのコツは瓶の下の部分から何の花材を入れていくか決めていくことです。花材は瓶の下から上へと順番に入れて行くので、下の部分からデザインを考えると、花材を入れるときもデザインがイメージしやすくなります。

液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方③

あらかじめ殺菌消毒した瓶の中に瓶の3分の1から半分程度の長さまで花材を入れていきます。プリザーブドフラワーやドライフラワー、造花を入れるときは、短い花材から入れていくと造花がきれいに瓶の中に入りやすくなります。
竹串やピンセットがあると花材を微調整するときに便利です。

液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方④

液体オイルを用意します。注ぎ口がない液体オイル材料を使う場合は、そのままハーバリウムの瓶の中に入れようとするとうまく瓶の中にオイルが入らない場合があるので、殺菌消毒した注ぎ口のある容器にオイルを移してからオイルを注ぐのがおすすめです。

造花が入った瓶を持ち、もう片方の手で液体オイルを入れた容器を持って瓶の3分の1から半分程度まで液体オイルを注ぎます。液体オイルを注ぐときは、一気に瓶の中に入れるのではなく、瓶の中の造花の様子を見ながら少しずつ液体オイルを注ぐようにしてください。

液体オイルの重みで花材が底に沈むことがありますが、瓶の中に空間を作りたい場合は竹串やピンセットを使って花材を引っ張り上げます。花材を引っ張るときは強く引っ張ると花材が切れてしまうので、ゆっくり優しく引っ張り上げるようにしましょう。

液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方③

ある程度花材の位置が整ったら、瓶の上の方まで花材を入れていきます。
プリザーブドフラワーやドライフラワー、造花などの花材を全て入れ終わったら、液体オイルを瓶のねじの下辺りまで注ぎ入れます。

液体オイルを瓶の中に満タンに入れてしまうと液体オイルが室温で高温になったときに膨張し、オイル漏れが起こる原因になるので、液体オイルは空気を残すために瓶のねじの下辺りまで入れます。

液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方⑥

液体オイルを注ぎ終えたら瓶の中の造花の様子を見ます。
液体オイルを注いだときに造花がずれていた場合は、造花のデザインを竹串で微調整します。造花の微調整を終えたら瓶のフタをしっかりと閉めます。

液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方⑦

ハーバリウムの完成です。ハーバリウムを入れた瓶にリボンを結んだりシールを貼ってもおしゃれな仕上がりになります。
完成したハーバリウムをキレイに飾るコツは光に当てて飾ることですが、ハーバリウムに直射日光を当てるとオイルが膨張してビンから漏れたり、花材の色が褪せてしまうので、ハーバリウムを長持ちさせたい場合はなるべく直射日光には当てないようにしてください。

ハーバリウムに光を当てたいのであれば、ライトアップしてくれるハーバリウム専用のLEDコースターが販売されているので、LEDコースターのようなライトアップのアイテムを使ってインテリアとして飾ることをおすすめします。

手作りハーバリウムを長持ちさせる作り方は?

液体オイルを使った手作りハーバリウムを長持ちさせるコツは、瓶や造花は完全に乾燥したものを使うことです。瓶や造花に少しでも水分が残っていると、そこからカビや藻が発生する原因になります。
また、プリザーブドフラワーやドライフラワーを使う場合はハーバリウム専用オイルを使うことで植物が枯れにくくなり、3か月~1年は持つと言われています。

またハーバリウムのデザインをキレイに見せるコツは、花材を詰め込み過ぎずに余白を出してクリア感を演出することです。ハーバリウムの瓶の中に余白があると、光が当たったときに瓶の中に光が入り込むので、ハーバリウム全体がキレイな見映えになりやすいです。

ハーバリウム作りにおすすめのデザインは?

ハーバリウムのデザインの決め方が分からない、イメージが湧きにくいという方のために、キレイな手作りハーバリウムの作品の一例をご紹介したいと思います。

おすすめの手作りハーバリウムデザイン①

色染めされた7色のかすみ草だけで作られたハーバリウムです。
色のコントラストやらせん模様のデザインがキレイに作られているので、シンプルでありながらとても見映えのあるハーバリウムに仕上がっています。

おすすめの手作りハーバリウムデザイン②

花材の色の組み合わせを決めるのが難しい場合は、花材の色を統一して2~3種類の花材を組み合わせるコツを使えば、初心者の方でもおしゃれな仕上がりのハーバリウムが作りやすいです。

おすすめの手作りハーバリウムデザイン③

イチゴのドライフルーツが入ったデザインのハーバリウムです。
イチゴのドライフルーツがハーバリウムのアクセントになり、ピンク色のお花がイチゴを引き立ててくれる春らしいデザインになっています。

おすすめの手作りハーバリウムデザイン④

ハーバリウムのフタ部分にバラの花を飾ることで、よりハーバリウムがおしゃれで華やかな仕上がりになっています。
プレゼントにも喜ばれそうなデザインのハーバリウムです。

おすすめの手作りハーバリウムデザイン⑤

電球型ボトルでハーバリウムを製作すれば、ユニークなデザインのハーバリウムを作ることも出来ます。電球型のボトルをライトアップすれば、よりオリジナル性の高いハーバリウム作品になります。

おすすめの手作りハーバリウムデザイン⑥

球体ガラスの中にドライフラワーを入れたハーバリウムです。このままストラップやキーホルダーとして使うことも出来ますが、イヤリングやネックレス、ペンダントトップなどのアクセサリーのワンポイントとして使用することも出来ます。

おすすめの手作りハーバリウムデザイン⑦

押し花にしたビオラのドライフラワーがアクセントになっているハーバリウムです。
ハーバリウムのデザインを決めるのが難しい場合は、画像のように前と後ろの区別が付くデザインの瓶を選ぶのがおすすめです。
特に初心者の方は360度見回すことが出来る瓶を使って、どこから見てもキレイに見えるハーバリウムのデザインを考えるのはなかなか難しいですが、前後の区別が付く瓶であれば、絵を描くときのように平面的なデザインをイメージすれば良いので、ハーバリウムのデザインが考えやすくなります。

セリアではハーバリウムが販売されています!

100均ショップセリアでは、瓶の中に造花が入ったデザインのハーバリウムがそのまま販売されています。
ハーバリウムのデザインを考えるのがどうしても難しい、面倒くさいという方は、あらかじめ100均ショップで販売されているハーバリウムを購入して、自分なりにハーバリウムをアレンジするのもおすすめの方法です。
ただし100均ショップのハーバリウムには液体オイルは入っていないので、オイルは別途購入する必要があります。

液体オイルを使った手作りハーバリウムの作り方まとめ

ハーバリウム作りに必要な材料やハーバリウムの作り方、上手に作るコツについてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
ハーバリウムは玄関やトイレ、寝室などお部屋の色々な場所のワンポイントになるインテリアアイテムです。
初心者の方はたくさんの花を瓶の中に詰め込もうとせず、余白を残したデザインをイメージすることがハーバリウムをキレイに製作するコツなので、ぜひ余白を意識しながら素敵なオリジナルデザインのハーバリウムを製作してみてくださいね!

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ