コンビニの野菜・サラダは安全?栄養や添加物はどうなってる?

コンビニの野菜・サラダの栄養と添加物の内容を解説! コンビニの野菜・サラダの安全性を不安に思っている方にも分かりやすく、各コンビニの栄養バランスや添加物の有無などの特色を順にまとめてみました♪ これからコンビニでサラダを購入しようという方は特に必見です!

コンビニの野菜・サラダは安全?栄養や添加物はどうなってる?のイメージ

目次

  1. コンビニの野菜・サラダは安全?
  2. コンビニの野菜・サラダは体に悪いという噂は本当か
  3. コンビニの野菜・サラダの安全性を検証してみよう
  4. コンビニの野菜・サラダへのこだわり ローソン編
  5. コンビニの野菜・サラダを作る為のローソンファームを全国展開
  6. ローソンのコンビニの野菜・サラダの製造方法は?
  7. ローソンの野菜・サラダに使う野菜の製造方法
  8. ローソンのコンビニの野菜・サラダに使われている洗浄方法は?
  9. コンビニの野菜・サラダへのこだわり セブンイレブン編
  10. セブンイレブンのコンビニの野菜・サラダの製造方法は?
  11. コンビニの野菜・サラダをコールドチェーン輸送で温度管理
  12. コンビニ商品のトランス脂肪酸の低減
  13. リン酸塩の不使用
  14. 保存料、合成着色料を使わない
  15. セブンイレブン独自の専用工場
  16. コンビニの野菜・サラダへのこだわり ファミリーマート編
  17. ファミリーマートのコンビニの野菜・サラダの製造方法は?
  18. コンビニの野菜・サラダへのこだわり サークルKサンクス編
  19. コンビニの野菜・サラダはとても安全♪
  20. コンビニの野菜・サラダを購入しよう♪

コンビニの野菜・サラダは安全?

今や全国どこにでもある私達にとってかなり身近な存在と言っても過言ではないコンビニエンスストア。

最近ではコンビニとは思えない外食で食べるような、誰もがおすすめしたくなる、グルメな方も大満足のパスタやオムライスなど、様々なこだわりを感じるコンビニのおすすめグルメ商品が沢山並んでいますよね。

そして、そこで気になるのが、店内でおすすめされているメインのおかずだけでなく、健康や栄養バランス、カロリーを考えての野菜・サラダの購入です!

メインのおかずと一緒に、コンビニの店内でおすすめされているサラダや野菜スティックなどを購入したことがある方も多いと思います。

今回は、そのコンビニで購入したサラダや野菜スティックは安全なのか?栄養や添加物などは問題ないのか?安全性に優れたおすすめのコンビニエンスストアは?という数々の疑問を解消していければと思います。

コンビニのサラダは、日頃から口にする機会が多いものですので、そう言われると何だか気になってしまいますよね。

と、言うことで、早速この記事内でおすすめのコンビニエンスストアで販売されているサラダや野菜スティックの野菜の安全性について、色々と解説や今後のおすすめの方法を交えつつ検証していきたいと思います!

コンビニの野菜・サラダは体に悪いという噂は本当か

コンビニのサラダや野菜スティックというのは、カロリーや栄養のバランスを考えての食事をしたくても、仕事などでなかなか時間が取れず、慌ただしい毎日を送っていらっしゃる方々にとっては特に、毎日の生活において必要不可欠なものですよね。

比較的リーズナブルな価格で、食材を一から揃えてサラダを調理する手間を考えれば、とても簡単に短時間で栄養とカロリーバランスの取れたサラダが手に入るので、これ程有り難い商品もありません。

時間はなくても栄養化が高く、カロリーバランスの取れた、それぞれのコンビニおすすめの美味しいサラダを食べたいというグルメな気持ちは誰にでもあります。

しかし誰でも一度はネットやグルメ口コミサイトなどで耳にしたことがあるのではないでしょうか?

「コンビニのサラダや野菜スティックは長期保存などを優先するイメージがあるので、添加物などが多く含まれており、体に悪影響を及ぼすのでは?」という意見です。

そんな口コミが多くあることから、「コンビニのサラダや野菜スティックは添加物があり、栄養バランス、カロリーを気にして購入した割には体に悪いので、コンビニのサラダや野菜は買わない」という考えを持たれている方も多いでしょう。

コンビニの野菜・サラダの安全性を検証してみよう

このままでは、サラダや野菜スティックに留まらず、メインのパスタやおにぎりにさえも手が伸びず、折角グルメおすすめの栄養バランスの取れたコンビニの商品を見ても心が弾まないなどということになりかねません。

そればかりかコンビニ事態に不信感を持ってしまい、日々に追われてサラダを作る時間もないので、結果的に野菜不足でカロリーや添加物を大量摂取してしまい本末転倒…などという最悪のケースを避ける為にも、実際のところコンビニのサラダや野菜は安全なのか検証してみる必要がありそうです!

コンビニの野菜・サラダへのこだわり ローソン編

今までの説明から、コンビニのサラダや野菜スティックに含まれている野菜について、何だか不安を煽ってしまうようなことばかり言ってしまいましたが、ここからはどんどん前向きなお話をしましょう♪

まずはコンビニエンスストアの定番「ローソン」のサラダや野菜スティックの野菜についてのグルメなこだわりを見ていきましょう!

気になる方は「ローソン」「サラダ」と検索して頂くと、ローソンさんの野菜へのこだわりを知ることが出来ます。

「カット野菜へのこだわり」というタイトルと共に、「忙しい毎日でも気軽に、手軽に。ひとつひとつ、大切にお届けしています。」というメッセージが書かれています。

こうやって公式ホームページに食品についての項目を書いてくださっているところは、とても安心ですね。

と言っても、重要なのは書いてある内容です!
コンビニのサラダや野菜について、どのようなことが書かれているのか早速見ていきましょう♪

コンビニの野菜・サラダを作る為のローソンファームを全国展開

ローソンは、「ローソンファーム」という農場を、北は北海道から南は鹿児島まで、ほぼ全国的に展開されていて、美味しく、より新鮮な野菜をお客様にお届け出来るように土づくりから本気で取り組まれているようです。
(公式ホームページによると、一部、ローソンファーム以外の契約農家の野菜を使用しているそうです。)


公式ホームページでは、生産者の方のメッセージなども拝見することが出来、サラダに使う野菜に対しての想いが伝わってきます。

ローソンのコンビニの野菜・サラダの製造方法は?

これでローソンの野菜そのものの安全性は何となく理解出来たと思うのですが、肝心のその野菜を使ったサラダや野菜スティックの製造方法はどのように行うのでしょうか。
早速見ていきましょう。

公式ホームページを見ていくと、「カット野菜が洗わずそのまま食べられる秘密」という文と共に、コンビニで作られるサラダや野菜スティックの製造方法が書かれています。

ローソンの野菜・サラダに使う野菜の製造方法

ローソンの公式ホームページによると、ローソンの野菜・サラダに使う野菜の製造方法はこのようになっています♪

①工場に届いた野菜をカット

②丁寧に汚れや雑菌を取り除く

③最後に冷水で徹底洗浄

④洗わずそのまま食べられます!

とあります。
では、どのような食品添加物を使用してコンビニのサラダや野菜スティックの洗浄を行っているのでしょうか。

食品の添加物は実際に私達が口の中に入れる物になるので、とても重要な項目です!
是非見てみることをおすすめします!

ローソンのコンビニの野菜・サラダに使われている洗浄方法は?

ローソンでは、保存料、合成着色料を使用せず、「ph調整剤」という食品添加物を使用しているようです。
「ph調整剤」とは、リン酸やクエン酸などを用いたもので、酸性度とアルカリ度を調整し、野菜の腐敗や変色を防ぐ為の食品添加物です。

野菜の洗浄には「次亜塩酸ナトリウム」という食品添加物を使っているようです。
こちらはプールなどで使われている塩素と同じ物です。

インフルエンザやノロウイルスへの対策にも使われる消毒液で、普通のお水にも使われているものなので、当然ではありますが、人体には害のない食品添加物になっています。

これで安心してコンビニのサラダが食べられますね♪

コンビニの野菜・サラダへのこだわり セブンイレブン編

ローソンのコンビニのサラダや野菜スティックへのこだわりは充分理解出来たかと思うので、次は、ローソンと同じくらいには私達にとって身近なコンビニである、「セブンイレブン」のコンビニのサラダや野菜スティックの製造方法や食品添加物を同じように見ていきましょう♪

セブンイレブンのコンビニの野菜・サラダの製造方法は?

こちらも先程と同様に「セブンイレブン」「サラダ」と検索していただくことで、いち早くセブンイレブンのサラダや野菜スティックのおすすめ商品のラインナップを知ることが出来るので、より詳しく知りたいというグルメな方はそちらをチェックしてみてください♪

ページを拝見すると、「野菜をもっと手軽に、身近に。」というタイトルで、現在販売されているサラダや野菜スティックの商品一覧がずらりと並んでいます。

商品のみラインナップされているページには野菜の安全性についての記述がなかったので、セブンイレブンジャパン公式サイト内の「安全・安心な商品の提供」のページ、又は、セブンイレブン公式サイト内の、「食の安全・安心への取り組み」という項目に飛んで頂くことで、野菜の安全性についての内容を詳しく知ることが出来ます。

セブンイレブンでは、「デイリー商品の原料の90%以上が国産野菜」を使用しており、サラダや野菜スティックだけでなく、米類、サンドイッチ、調理パン、惣菜、麺類などに使われている全ての野菜の9割に国内野菜を使用し、なるべく新鮮で安全な野菜を提供したいという想いから、消費地であるコンビニに極力近い所で収穫された野菜を使用しているそうです。


◆関連記事:気になるコンビニ弁当の添加物

「コンビニ弁当は危険」は嘘?本当?添加物には要注意!【必見】

コンビニの野菜・サラダをコールドチェーン輸送で温度管理

さらに、「コールドチェーン輸送(低温物流網)」という仕組みを用いての輸送を採用しているようです。

「コールドチェーン輸送(低温物流網)」とは、2005年より導入された、畑で収穫した野菜を低温のまま保管、輸送、加工することを徹底するシステムのことで、これによって一貫した温度管理を保っています。

配送車、仕分けセンター、生産工場、店舗の売り場の棚に至る全ての段階で、野菜の温度が一定に保たれているということのようです。

これも上記でお話させていただいた、消費地のコンビニにより近い場所で生産された野菜だからこそ可能な方法と言えるでしょう。

こういった手法を用いた野菜で作られたサラダだったら食べられるかもしれない…と思われた方も多いのではないでしょうか?

コンビニ商品のトランス脂肪酸の低減

「トランス脂肪酸の低減」にも力を入れているようで、栄養の偏りやカロリーを気にされている方にも安心して食事を楽しんで頂けれる配慮がなされています。

「トランス脂肪酸」とは、血液中の悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らしてしまうというとても厄介なもので、摂り過ぎると心臓病のリスクが高まり、体に大きな負担を強いることになってしまいます。

トランス脂肪酸の種類は、牛乳やお肉などに含まれている天然のトランス脂肪酸と、マーガリン、ショートニングなどの加工食品に含まれているトランス脂肪酸があるようです。
マーガリンやショートニングを使用して作られたパンなどもこれに当てはまります。

セブンイレブンで販売されているお弁当やお惣菜の調味油や練り込みの油脂、パン、サンドイッチなどに使われているクリームに、トランス脂肪酸を抑えた専用の原材料を使用しているそうです。
カロリーや食品添加物を気にされているグルメな方にも優しい配慮がなされていますね。

これにより、定番商品であるメロンパンの2008年100gあたり平均0.18gあったトランス脂肪酸が、2017年では平均0.14gまで低減されたと書かれています。

0.04gと言えど、これも塵も積もればとても大きな変化に繋がると思います。
こういった細やかな配慮の積み重ねによって、私達が口にする食への安全性が確保されていくと思うと、とても有り難いことですよね♪

リン酸塩の不使用

「リン酸塩」とは、ジューシーな触感を得る為に、食品の保水力や結着力を強める添加物のことで、摂取し過ぎてしまうと、カルシウムの吸収が出来なくなり、骨粗しょう症などのリスクも高まってしまう危険なもののようです。

セブンイレブンでは、2006年以降、このリン酸塩を食品に使用していないと書かれています。

こちらはサラダや野菜スティックではなく、オリジナル商品であるパンやサンドイッチに使用しているハムやソーセージに対して言われているようですが、セブンイレブンの食の安全性に対してのこだわりを更に詳しく知ることが出来ると思ったので、一緒に載せておきます!

保存料、合成着色料を使わない

2001年に、セブンイレブンでは保存料、合成着色料を、おにぎりやお弁当、サンドイッチ、お惣菜、麺類のオリジナル商品全てに使用しないという取り組みを開始したそうです。

カロリーや添加物を気にされる健康志向のグルメなお客様の要望に応える為、全国の原材料メーカやデイリーメイカーと協力し、材料調達、温度管理、品質管理を徹底することで、素材の味により近い商品を提供出来るように取り組んでいらっしゃるようです。

セブンイレブン独自の専用工場

セブンイレブンには、オリジナル商品を生産する為の専用の工場があり、専用の設備、レシピ、安全基準を用いて商品を生産しているそうです。

全国のデイリーメーカーと契約もされているようです。
それによって、より理想的な環境の元に安全性の高い商品が生産されているということですね♪

公式サイトによると、140項目に渡る独自の安全基準を用いているとあります。

「HACCP」という、宇宙食の安全性を確保する為に開発されたという食品衛生管理法を用いて、安全基準が守られているかどうかを、140項目全てクリアしているかどうかを定期的にチェックしているそうです。

更に、「レシピマスターシステム」という、どの工場で、どのような原料がどれだけ使用されているか、原料産地、加工方法、管理状況などの全てをデータベース化し、履歴を確認出来るようにしているそうです。

食への安全性や、添加物、カロリーへの不安などに、これでもかと答えてくださるグルメなこだわりを感じることが出来ましたね♪

これで、カロリーなどを気にせず、セブンイレブンで商品を安心して購入、おすすめが出来そうな気がします!

コンビニの野菜・サラダへのこだわり ファミリーマート編

さて、次はいよいよコンビニと言えばここ!と言われる方も多いのではないでしょうか?
「ファミリーマート」です!

ファミリーマートのパスタやサラダは特に外食のような凝った見た目や味のグルメなラインナップが多く、お好きなグルメな方も多いと思うのですが、果たしてサラダや野菜スティックを始めとした、全ての商品の栄養バランスや添加物はどうなっているのでしょうか。
早速見ていきましょう♪

ファミリーマートのコンビニの野菜・サラダの製造方法は?

ファミリーマートの公式ホームページの「安全・安心な原材料の調達」という項目に、原材料の品質管理体制について書かれています。

中食商品に使用している原材料は、検査証明書の確認と工場点検によって、合格したメーカーの食材だけを使用しているとあります。

品質衛生管理基準をクリアしたもののみ製造委託中食工場に供給しており、各工場で仕入れの受け入れ検査を行っているそうです。

次はファミリーマートの「食品添加物」についてのお話をしていきたいと思います!

2002年3月以降、食品添加物総量の削減に進めてきたとあり、惣菜、サラダ、調理パン、調理麺、スナック麺、おむすび、寿司、弁当の、合成着色料、合成保存料、合成甘味料、天然保存料、天然甘味料の使用を2002年3月から2005年1月にかけて、段階的に使用を中止したと記載されています。


品質の確保と商品の美味しさを持続させながら、これらの実現の為に研究をしてきたそうです。

栄養バランスとカロリー、添加物などのバランスを常に考えながら、より良い安全な商品開発を行ってきたということですね。

ここまでカロリーや栄養バランスを考えて食品を製造してくださっていると思うと、より多くのコンビニフード好きのグルメな方々に積極的におすすめしたくなってしまいますね♪

コンビニの野菜・サラダへのこだわり サークルKサンクス編

サークルKサンクスで使用されているサラダや野菜スティックは、サークルKサンクスの公式ホームページによると、一部商品を除いて、ファミリーマートと同じ商品を取り扱っているそうです。

サークルKサンクスの公式ホームページ内には、野菜の品質管理や栄養バランス、カロリー、添加物になどの詳しい説明がなかったので、少し不安だったのですが、調べてみると、サークルKサンクスとファミリーマートは、商品の統合を2017年2月末に、物流拠点の統合を2017年6月末に完了したとあります。

と、いうことは、商品の栄養バランスやカロリー、添加物などの基準も、先程ファミリーマートの項目でお話したものと同じ結果ということでいいでしょう。

こうして調べてみることで、様々なコンビニのカラーが見えてきて面白いですね♪

コンビニの野菜・サラダはとても安全♪

今までの項目を全て読まれた方はもうお気づきでしょう♪

コンビニのサラダや食品に使われている野菜はとても安全です!

今までお話した項目の復習になりますが、上記のローソン編でお話させていただたいた「ph調整剤」という食品添加物も、野菜の腐敗や変色を防ぐ為に使用するもので、リン酸、クエン酸を、酸性度とアルカリ度を調整したものなので、体に害はないものです。

同じくローソンの野菜の洗浄に使われた「時次亜塩素酸ナトリウム」という食品添加物も、プールで使われている塩素と同じもので、インフルエンザやノロウイルスの対策にも使われ、私達が普段使用するお水にも普通に使用されているものですので、人体に害は全くありません。

どうしても、「野菜を長期保存する為に使う薬品は体に悪い」というイメージだけが先行してしまいがちですが、その薬品がどのような役割を持ち、人体にどういった影響があるのかを明確に知ることで、その疑問や不安からは解消されます!

むしろ今回の記事を見た方は、逆に薬品が一切使われていない無農薬野菜と、コンビニで販売されている殺菌している野菜のメリット、デメリットがよく理解出来たのではないでしょうか。

この記事を読まれた方の「薬品」=「悪いもの」という考えが少しでも無くなれば幸いです♪
安全と健康の為の添加物もあるということですね!

コンビニの野菜・サラダを購入しよう♪

いかがだったでしょうか。

この記事内でご紹介したおすすめのコンビニの野菜やサラダの安全性が充分に理解出来たということは、これからも美味しいコンビニのパスタやオムライス、おにぎり、サンドイッチ、チキンなどを存分に満喫しつつ、栄養バランスやカロリーも考えてサラダや野菜スティックを買うといったような、コンビニの旬のおすすめグルメを楽しむことが今後も出来るということです♪

この記事を読んで下さった野菜・サラダ好きのグルメな方々の多くが、これからも楽しく前向きに、コンビニの野菜やサラダなどの食品の製造に関わった全ての方のお陰で、今の商品の安全性が保障されているということに感謝をしつつ、これからも前向きに楽しくコンビニのおすすめグルメを食べれる日々が続くよう祈っています♪

もっと健康に気を遣いたい方へ

ファミマのおすすめまとめ!お菓子・スイーツからご飯まで!
分割睡眠とは?危険?健康に効果がある?
野菜を食べ過ぎると良くない?太る・病気になる可能性も?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ