ディズニーの再入場は回数制限はある?スタンプは消えないの?

ディズニーランドとディズニーシーでは、スタンプを押してもらえば再入場ができます。再入場を経験した人は多いかと思いますが、この再入場スタンプについて、ルールや仕組みを詳しく知らない人も多いはず。今回は、雑学を含めディズニーの再入場についてご紹介します。

ディズニーの再入場は回数制限はある?スタンプは消えないの?のイメージ

目次

  1. 【ディズニーで再入場】再入場スタンプって何?
  2. 【ディズニーで再入場】どこで押してもらえる?
  3. 【ディズニーで再入場】入るときはどうする?
  4. 【ディズニーで再入場】回数制限は?
  5. 【ディズニーで再入場】入場制限がかかってしまったら?
  6. 【ディズニーで再入場】どんな仕組み?
  7. 【ディズニーで再入場】柄は?
  8. 【ディズニーで再入場】消えない?
  9. 【ディズニーで再入場】ディズニーランド内で見えるところは?
  10. 【ディズニーで再入場】ディズニーシー内で見えるところは?
  11. 【ディズニーで再入場】どんなときに便利?
  12. 【ディズニーで再入場】まとめ

【ディズニーで再入場】再入場スタンプって何?

遊園地や水族館、イベントなどで使われる「再入場スタンプ」を利用したことはありますか?

再入場スタンプというのは、入場したものの、何らかの理由で外に出たいときに押してもらうスタンプで、再入場の際に見せれば入場料を再び払わなくても済むものです。

こちらのシステムは、大人気のデート&レジャースポット・ディズニーランドやディズニーシーでも採用されています。

ディズニーランドやディズニーシーのワンデーパスポートは高額なので、例えば入場直後に「車の中にスマホを忘れた!」などというハプニングが起きた際に、再びワンデーパスポートを購入するのは避けたいですよね。

ディズニー側も、できるだけそういった事情を考慮したい、でも不正は防ぎたいという理由から、再入場スタンプを導入したのだと思います。

最近は、卒業旅行などで団体でディズニーを訪れ、バスで地元まで送り届けられてから、電車でディズニーまで戻り、友達同士と再入場するという学生も増えています。
一つでも多くのアトラクションに乗りたい、もっとお土産を買いたい、夜のショーだけでも楽しみたい、とにかく最大限に遊びたい!と思わせてくれるディズニーは、さすがとしか言えません。

それでは、再入場スタンプのルールや雑学をご紹介しましょう。

【ディズニーで再入場】どこで押してもらえる?

ディズニーランドやディズニーシーで再入場スタンプを押してもらえるのは、エントランスの左右にある出口です。
出口を通る前にキャストに声をかけ、どちらかの手の甲にスタンプを押してもらいましょう。
完全に出てしまい、ふと思い出して舞浜駅から戻って押してもらう…ということはできませんので、必ずゲートを出る前に押してもらいましょう。

最初から途中退場する予定があるならば、入場してすぐに押してもらい、パークで遊んでから一時退場し、再入場する、ということも可能です。
遅い時間でなければ出口が混み合うことはあまりありませんが、出るときに並びたくないという場合や、スタンプを押してもらうのを忘れてしまいそうな場合には、おすすめの方法です。

ちなみに、押してもらえるのは閉園30分前までですので、ご注意ください。

【ディズニーで再入場】入るときはどうする?

再入場の際には、必ずキャストに再入場であることを伝えましょう。
エントランスにいるキャストなら、すぐに対応してくれます。

再入場の際に必要なのは、押してもらったスタンプの確認、パスポートの提示、そして手荷物検査です。
パスポートには日付が記載されているため、過去のパスポートを持っていても入場はできません。
必ず当日のパスポートを提示しましょう。

■参考記事:ディズニーランドにベビーカー、持参する?レンタルする?

ディズニーランドにベビーカーは持参?レンタルできる?盗難に注意!

【ディズニーで再入場】回数制限は?

ディズニーの再入場に、回数制限はあるのでしょうか?
答えは、ディズニーランドにもディズニーシーも回数制限は設けていません。
何度でも一時退場&再入場ができます。
一時退場には様々な理由や事情があると思いますので、遠慮なくこのシステムを利用しましょう。

再入場に回数制限のないディズニーランドおよびディズニーシーですが、パークは広いので、時間がもったいないという理由で、実際のところはよほどの理由がないと一時退場&再入場を繰り返さないことが考えられます。
一時退場や再入場の手間はそれほどかかりませんが、効率よく時間を使ってパークを楽しみたい方は、なるべく一時退場の必要がないよう、忘れ物などにはご注意ください。

再入場に回数制限がないのは、ディズニーの思いやりです。
回数制限がないからと言って、何度もスタンプを押してもらったり意味もなく出入りすることはやめましょう。
再入場の回数制限に限らず、パークで遊ぶ際は、できるだけキャストに迷惑をかけないように過ごしたいですね。

【ディズニーで再入場】入場制限がかかってしまったら?

軽い気持ちで一時退場して、戻ってきたら混雑が理由で入場制限がかかっていた…!
そんな場合に、再入場は可能なのでしょうか?

答えは、当日の再入場なら、もちろん可能です。
ただし、エントランスはひどく混雑しているので、少し時間がかかるかもしれません。
焦って忘れ物をしたり、小さな子が迷子にならないよう、気をつけてください。

ここ数年で、ディズニーランドとディズニーシーの混雑は、他の遊園地や動物園などとは比べものにならないレベルになりました。
のんびり再入場してみたら、午前中よりも混雑していて、思ったように楽しめなかった、乗りたいアトラクションに乗れなかった…となれば、残念です。
あらかじめ混雑予想カレンダーでチェックしておき、混雑が予想されるようなら、最初から予定している場合を除き、なるべく一時退場は避けるのが無難です。

【ディズニーで再入場】どんな仕組み?

ところで、再入場スタンプとは、どのようなものなのでしょうか?
一度でも押してもらったことがある方ならおわかりでしょうが、押してもらっても、最初は薄ぼんやり見えていた柄も、すぐに目に見えなくなってしまいます。

ここからは特に知っている必要のない雑学ですが、ディズニーランドやディズニーシーで使われている再入場スタンプは、特殊なインクを使用しており、肉眼では見えません。
それでも消えたわけではなく、キャストが専用のライトを当てるとくっきりと浮かび上がるのです。
当てているのは、ブラックライトで、暗いところで当てるとインクが見える仕組みになっています。

スタンプの仕組みは知っている必要のない雑学ではありますが、知っていればお子様をより楽しませることができるかもしれませんね。

【ディズニーで再入場】柄は?

ディズニーランドとディズニーシーの再入場スタンプは、どんな柄なのでしょうか。
こちらも雑学ですが、実は、不正を防ぐために毎日絵柄が違うのだそうです。
当然、ディズニーランドとディズニーシーとで柄も異なるため、ディズニーランドで再入場スタンプを押してもらって、その後ディズニーシーに入場する、ということも不可能です。

現在は数種類のキャラクターやアルファベットと言われており、今後変わる可能性もありますが、ディズニーが公表しているわけではありません。
実際に何度も通い、その度にスタンプを押してもらい、ご自身で柄を確認してみてくださいね。
どんなキャラクターや柄に出会えるかは、その日にしかわかりません。

【ディズニーで再入場】消えない?

再入場スタンプを押してもらったあとに、手を洗うことはよくあると思います。
石けんで手を洗ったり、暑い日に汗をだらだらかいたり、あるいはシャワーを浴びたりしても、スタンプは消えないのでしょうか?

答えは、手を洗うなどしても、簡単には消えない、ということです。
押してもらったあと、すぐに手を洗ってしまった!汗をかいて拭ってしまった!ということがあっても、問題ありません。
普段通りに過ごせるので、そこは安心ですね。

消えないなら消えないで、次の日から仕事なのにどうしよう…!と思われるかもしれませんが、ブラックライトで当てなければ浮かび上がらないので、暗いところでブラックライトの下という特殊な職場でない限りは、特に気にしなくても大丈夫です。

【ディズニーで再入場】ディズニーランド内で見えるところは?

この再入場スタンプ、本当に消えずに残っているのか、押してもらったのがどんな柄なのか、ちょっと気になりますよね?
そんなときは、パーク内で見える場所があります。

雑学ではありますが、せっかく押してもらったスタンプが気になるという方にご紹介します。

ディズニーランドなら、暗いところでおなじみのアトラクション「ホーンテッドマンション」で見ることができます。

また、小さなお子様から楽しめるファンタジーランドのアトラクション「ピーターパンと空の旅」でもスタンプを見ることができます。
こちらは時間も短いので、見逃さないようにしてくださいね。

さらには、「スプラッシュマウンテン」でも見ることができます。
スタンプが浮かび上がるのは、スプラッシュマウンテンの中でも限られた場所だけです。
「暗くなった」と思ったらまずスタンプを確認してみてください。

【ディズニーで再入場】ディズニーシー内で見えるところは?

ディズニーシーにも、スタンプが見える場所があります。

人気アトラクション「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー クリスタルスカルの魔宮」内です。
こちらは激しいアトラクションなので、スタンプを確認する余裕のある方におすすめします。
突然、煌々と照らし出されるスタンプとアトラクションの内容が相まって、神秘的な体験ができますよ。

【ディズニーで再入場】どんなときに便利?

ところで、再入場スタンプは、どのような場合に便利なのでしょうか?
帰るつもりで出口に行き、なんとなくスタンプを押してもらったけど、結局そのまま帰った…という経験も、多くの方にあると思います。

再入場スタンプの便利な使い方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ホテルで休憩をとる

ディズニーホテルやディズニーオフィシャルホテルなど、パークや舞浜駅周辺にホテルを予約している方は、一度休憩をとるという使い方があります。
小さなお子様のお昼寝のためだったり、汗をかいてシャワーを浴びたり着替えるためだったり、夏場の一番暑い時間帯を避けるためだったり、疲れたけど夜のショーを観るためだったり、様々な使い方ができます。

イクスピアリで食事やショッピングを楽しむ

パーク内のレストランが混雑している場合、イクスピアリのレストランやフードコートで食事をとるという使い方ができます。
イクスピアリ内に飲食店は多いので、パーク内ほど並ばずに、落ち着いて食事をすることができます。
また、パーク内では買えない、普段着や雑貨など、ちょっとしたものを買いたい場合にもおすすめです。
人混みに疲れたときの気分転換にもなります。

シェフ・ミッキーで食事をする

あらかじめ予約が取れている場合、アンバサダー・ホテルのレストラン「シェフ・ミッキー」で食事をするという使い方もできます。
宿泊者でないとなかなか予約はできませんが、運良く予約ができたら、迷わずその時間にパークを一時退場してシェフ・ミッキーに向かいましょう。
キャラクターが会いに来てくれるシェフ・ミッキーは、お子様も喜びますし、最高の記念になります。

忘れ物を取りに帰る

駐車場に忘れ物をして取りに戻る、家が近い方なら、思いきって取りに帰ることも可能です。
忘れ物をしたままでは十分に楽しめない場合は、再入場スタンプを押してもらって取りに戻りましょう。

閉園間際に戻り、人気アトラクションに乗る

人気アトラクションは、常に待ち時間が長く、ファストパスも午前中にはなくなってしまうことがあります。
ですが、どんなに人気のアトラクションでも、閉園間際には列は短くなります。
なるべく待ちたくないという方は、一時退場してどこかで休憩したあと、最後に再入場してアトラクションに乗るという楽しみ方もあるのです。

■参考記事:お土産をボンボヤージュで買おう♪

ボン・ボヤージュの営業時間や買えるディズニーグッズまとめ!

【ディズニーで再入場】まとめ

再入場の経験がある方でも、回数制限などの細かいルールや、柄などの雑学はあまり知られていないのではないでしょうか?
次に利用した際は、スタンプにまつわる雑学を披露して、ディズニーマニアぶりを発揮してくださいね。

もっとディズニーについて知りたいアナタへ!

ディズニーランド・シーの入場制限の確認方法!入れるチケットはどれ?
ディズニーランド・シーの駐車場!時間や料金・混雑しない場所は?
ディズニーは食べ物飲み物の持ち込み禁止?水筒やペットボトルは?
ディズニーランドの貸切の値段は?一般人でも貸切にできるの?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ