シンク下収納アイデア特集!100均グッズでキッチンをすっきり!

シンク下の収納はなかなかうまく片付かないものですよね!でも100均グッズで工夫をすれば驚くほどスッキリと使いやすい収納にすることができるんです!この記事では100均グッズを使ってシンク下収納をすっきりさせるアイデアについてお伝えします。

シンク下収納アイデア特集!100均グッズでキッチンをすっきり!のイメージ

目次

  1. シンク下の収納は100均グッズでスッキリ!!
  2. シンク下をすっきり収納させるためにはどんな工夫ができる?!
  3. 【シンク下をすっきり1】色を揃える!
  4. 【シンク下をすっきり2】立てる工夫を!
  5. 【シンク下をすっきり3】棚を作る
  6. 【シンク下をすっきり4】取り出しやすさを考える
  7. 【シンク下をすっきり5】小物類はまとめるように!
  8. 【シンク下をすっきり6】食品は入れない!
  9. シンク下を100均グッズでスッキリ!どんなアイデアが?!
  10. 【シンク下収納を100均で1】積み重ねラックを使う
  11. 【シンク下収納を100均ではA4ファイルケースを横に!
  12. 【シンク下収納を100均で3】折り畳みラック!
  13. 【シンク下収納を100均で4】扉の裏にはワイヤーネットに?!
  14. 【シンク下収納を100均で5】スチールラックの組み合わせで!
  15. 【シンク下収納を100均で6】ごみ箱を入れてしまう!
  16. 【シンク下収納を100均で7】木材でサイズ自由にDIY!
  17. 【シンク下収納を100均で8】突っ張り棒とワイヤーネットで!
  18. 【シンク下収納を100均で9】カゴを使い倒そう!
  19. 【シンク下収納を100均で10】バインダーにゴミ袋を!
  20. 100均グッズでもシンク下はキレイすっきりできます!

シンク下の収納は100均グッズでスッキリ!!

キッチンのシンク下の収納は上手に活用できていますか?!キッチンは毎日家族の楽しい時間を楽しみながら、健康を守っていくために大切な料理を作るための大切な空間です。

キッチンには食材や調味料、食器や調理器具など様々なものが所狭しと並んでいるので、収納というのが大きなポイントになりますよね。特に、シンク下の収納というのは容量も大きいので、ここをどのように活用できるかで、効率よく料理ができるかどうか、という分かれ目になってきます。

シンク下には、大きな空間がドンと広がる観音開きタイプの収納と、引き出し型の収納がありますが、特に観音開きタイプの収納は、整理するのが難しいものですよね!

そこで活用したいので、さまざまなグッズを選べる100均です。100均グッズでも、上手に活用すれば、シンク下の収納が見違えるほど整理できて、フライパンや食器などが驚くほどキレイに収納できるようになります。

100均グッズを使ったシンク下の収納アイデアにはいったいどんなものがあるのか、ここからみていきましょう!

シンク下をすっきり収納させるためにはどんな工夫ができる?!

まずは、シンク下の収納をすっきりさせるためには、どのようなアイデアが必要になるのか、具体的に100均グッズについてみていく前に、シンク下の収納で執拗になるアイデアのポイントについてみていきましょう。

シンク下の収納、特に観音開きタイプのシンク下で考えなくてはいけないのは、排水管があるために、空間が小分けされていないということです。引き出しタイプも、他の引き出しと比べると大きすぎて使いにくいというのがありますが、観音開きタイプのシンク下の場合には、排水管があるために棚を作りにくいという欠点があります。

しかし、しっかりとアイデアを駆使すれば、その欠点も長所に変えることもできるので、どんなアイデアがあるのか、ここからみていきましょう!

【シンク下をすっきり1】色を揃える!

シンク下の収納をすっきりとおしゃれに収めたい、という人もいますよね。あまりこだわらない人は、ここはこだわりを持たなくても全く構わないですが、見えないところだからこそ、きちんとおしゃれに統一感を持った収納にしたい、と考えるのであれば、収納に使うラックやカゴなどは色を揃えることをおすすめします。

スチールのラックを使うのであれば、カゴ類もスチールを使う、カゴを白で統一するのであれば、ラックも白を基調と下ラックにしてみる、カゴは茶色の籐のカゴで揃える、といった感じで色や素材を統一してみると、シンク下の収納を開けた時の印象に統一感が生まれて、キレイに見えます。

玄関やリビングのようにお客さんが来る場所ではありませんが、毎日自分が使って心地よく感じられることが大切ですよね。自分が使って心地よく感じられるように、色に統一感を出してみるのもいいのではないでしょうか?!

【シンク下をすっきり2】立てる工夫を!

シンク下の収納を整理するときに、考えた方がいい収納アイデアのポイントには、立てる収納をする工夫をしてみる、ということがあります。立てる収納は知らない人にとってはあまりなじみがないものかもしれませんが、近年の収納ブームの中ではある意味常識になってきている収納アイデアです。

お皿やフライパン、鍋のふたなど平べったいものを収納するときに、同じ大きさのものを重ねて収納することが多いと思いますが、そうすると食器もフライパンも、上のモノだけを使って、下のものは全く使わないことになってしまいます。そうならないようにするために、フライパン立てやファイルボックスなどを上手に活用して、立てて収納することで、どのお皿もまんべんなく使うことができるようになるのです。

特にシンク下の収納は引き出しでも観音開きでも空間が広いので、立てる収納を作るのにちょうどいい場所になります。立てる収納アイデアを考えてみましょう!

【シンク下をすっきり3】棚を作る

引き出し方のシンク下収納の場合には、あまり考えなくても良い事ですが、引き出し型ではなくて観音開きタイプのシンク下収納の場合には、高さを区切って活かすために、棚を作ることを考えることも、収納アイディアとしては大切になっていきます。

普通は押入れでもクローゼットでも、高さがある空間の場合には、2段や3段の棚にするものです。観音開きタイプのシンク下収納も床からシンクの底までかなりの高さがあるので、2段か3段に区切ってもおかしくありませんが、排水パイプがあるために、棚が作られていません。

でもそのままだと使いにくいので、自分でラックなどを設置して棚を作りましょう。棚を作ることで高さを生かした収納ができるようになり、細かいものでもたくさん収納できるようになります。

【シンク下をすっきり4】取り出しやすさを考える

シンク下の収納アイデアを考えるときには、収納するものの取り出しやすさや使い勝手、ということを考えて収納するようにしましょう。キッチングッズの中には、毎日のように頻繁に使うものもあれば、滅多に使わない大きな鍋や食器、ストックしている洗剤や調味料、スポンジやごみ袋などもあります。

シンク下に奥行きがある場合には、奥の方にストックや滅多に使わない鍋や食器を入れて、すぐに取り出せる手前に毎日使う調理器具やお皿を入れるようにしましょう。

そうすることで毎日の料理の効率が上がって、料理がしやすくなります。これを逆にしてしまうと、毎回料理をするたびに手前のストックや大きな鍋を取り出してから、奥のものを引っ張り出して、またしまうという無駄な手間を掛けてしまうことになり、時間も体力も大きくロスしてしまいます。

そうならないようにするためにも、効率よい料理の動線を考えながら、必要なものを取り出しやすいようにするにはどうしたらいいのかを考えてシンク下の収納を整理するようにしましょう!


◆関連記事:もっとシンク下の収納について知りたい方はこちら

キッチンのシンク下収納術!簡単アイデア45選解説!【便利】
シンク下の収納はニトリグッズで!便利アイデアまとめ!

【シンク下をすっきり5】小物類はまとめるように!

シンク下の収納で収納の仕方に意外と困るのが、小物類です。キッチンではスポンジやたわし、洗剤、ゴミ袋などの小物の消耗品がたくさんありますよね。1つ1つは大したことが無いように思っても、ストックもある程度ないと困るものばかりで、意外に場所を取る上に、気が付くとシンク下がゴチャゴチャになってしまう原因にもなるものです。

こういったシンク下がゴチャゴチャになってしまう原因になる小物類は、100均のカゴなどに種類別にまとめて仕分けてして収納するようにしましょう。

ゴミ袋の類はゴミ袋で、スポンジやたわし類はスポンジ類で、洗剤類は洗剤類で、同じ場所にまとめて収納することで、ゴチャゴチャしていたシンク下もすっきりと収納できるようになります。ぜひ同じ種類のものは同じ場所に収納する様にしてみましょう!

【シンク下をすっきり6】食品は入れない!

シンク下の収納を整える上でとても大切なことには、シンク下には調味料を含めて、食品は一切置かないことが大切です。シンク下に調味料のストックやお米を置いている人も多いのですが、シンク下にこういったものを置くのは実はNGなのです。

というのは、シンク下には、排水管が通っているために、水漏れなどはしなくてもどうしても湿気がたまりやすいという欠点があります。湿気が多いところに食品を置いていると、どうしても食品の傷みが早くなってしまいますよね。

食器や調理器具、ラップ類などを置くのは全く構わないのですが、調味料を含めて食品そのものを置いてしまうと、カビが発生するリスクが高くなってしまいます。排水管があるシンク下には調味料などは置かないようにしましょう!

どうしても調味料などを収納したいときには、シンク下ではなくてガス台下を利用すれば大丈夫です。ガス台下とシンク下は区切られているので、シンク下の湿気はそれほどガス台下までは行きません。調味料などを収納してもガス台下ならOKです!

シンク下を100均グッズでスッキリ!どんなアイデアが?!

それではここから、100均のグッズを使ったシンク下の収納アイデアを具体的にみていきましょう。100均には様々なグッズがあるので、それを上手に使えば、いろいろなアイデアで、フライパンや食器などをシンク下に収納するアイデアを広げていくことができますよね!それではいったいどんな収納アイデアがあるのか、ここからみてきましょう!

【シンク下収納を100均で1】積み重ねラックを使う

100均グッズでシンク下収納をスッキリさせるには積み重ねラックを!

引き出しタイプのシンク下収納には必要ありませんが、観音開きタイプのシンク下収納の場合には、高さを区切った収納を作ることが、収納力アップには大切になります。

そこで、100均グッズで活用できるのが、積み重ねラックです。積み重ねラックは何段でも積み重ねて使うことができる、折り畳み式のラックです。シンク下の高さなら2つ積み重ねて、収納の底と合わせると3段の棚にすることができます。

1つだけにしておいて、上に背の高いものを置くようにしても良いですね!100の積み重ねラックはちょっと小さいのですが、横に並べて置いくとある程度の面積を作ることもできます。

耐荷重も、あまりお皿をたくさん乗せ過ぎなければ、食器やフライパンを乗せても全く問題ない程度にはあります。積み重ねラックのいい点は組み立てる手間がいらない、というのがいいですね!

【シンク下収納を100均ではA4ファイルケースを横に!

100均グッズでシンク下収納をスッキリさせるにはファイルケースを!

観音開きタイプのシンク下収納でも、引き出しタイプのシンク下収納でも、食器やフライパンを立てて収納するために活躍するのが、A4のファイルケースです。100均に売っているA4ファイルケースを横にして引き出しの中にいくつか並べると、食器やフライパンを立てて収納するための仕切として活用することができます。

またファイルケースなら食器やフライパンの立てる収納以外にも、スポンジやごみ袋をまとめて収納しておくためのケースとして利用することもできますよね!シンク下以外の引き出しにも使えば、調味料や乾物の整理などにも活用することができます。

A4ファイルケースは文房具なので、キッチンの整理に使うとは思ってもみなかったという人が多いようですが、整理収納の達人たちの間では、ファイルケースを活用した収納アイデアというのは当たり前のことになっています。

【シンク下収納を100均で3】折り畳みラック!

100均グッズでシンク下収納をスッキリさせるには折り畳みラックが!

ダイソー等の100均に行くと、積み重ねラックの他に、折り畳みラックというものも売っています。こちらはキッチンコーナーで販売されていることが多く、どうやらシンク下の収納を想定して作られているグッズの模様。

脚はスチールですが、天板はプラスチックのネット上になっているので、汚れても拭くだけで簡単に掃除ができる手軽さがうれしいですね!こちらは積み重ねて使うことができないようですが、奥行や横幅のサイズが選べるので、シンク下の状況に応じておくことで、シンク下収納のデッドスペースを失くすこともできますね!

幅が狭いものも販売されているので、どうしても活用できない隙間をこれで埋めると、シンク下の空間全体を上手に生かすことができて、収納力アップできそうです!

色々なアイデア次第でシンク下が生きてくるこちらの折り畳みラックをぜひ活用してみてはいかがでしょうか?!

【シンク下収納を100均で4】扉の裏にはワイヤーネットに?!

100均グッズでシンク下収納をスッキリさせるにはワイヤーネットを!

シンク下収納の意外な盲点には、扉の内側にワイヤーネットを設置して、ワイヤーネット収納で小物を収納するという裏技があります。ワイヤーネット収納とは、ワイヤーネットを壁などにつるして、そこにS字フックなどを活用したり、カゴを掛けて収納力を増やす、という収納方法ですが、それをシンク下収納の扉の内側に作ってしまう、というのです。

引き出しでも観音扉でも、ワイヤーネットを扉の内側に付けて、そこに小さなカゴや袋を掛けてみると、ゴミ袋などが簡単に取り出せるようになって、とても便利になります。また料理やちょっとしたモノをしまう時によく使う、小さなビニール袋なども、扉の内側に収納しておくと、いつでも取り出せて、とても便利になります。

ワイヤーネットにはいろいろなサイズがあるので、あらかじめ扉の内側のサイズを測ってからお店へ行くようにしましょう!

【シンク下収納を100均で5】スチールラックの組み合わせで!

100均グッズでシンク下収納をスッキリさせるにはスチールラック!

100均グッズでシンク下の収納をすっきりとさせるためには、100均のスチールラックを活用する、という方法もあります。100均のスチールラックは、ホームセンターなどで売っているものと比べると、天板の大きさが比較的小さいですよね。ということは、狭いシンク下の収納のための棚を作るのに、ちょうどいい大きさだと言うことができます。

小さいとはいえ、天板の大きさはある程度選ぶことができるので、シンク下で必要になるサイズを測ってから、お店で購入すると良いでしょう。高さも自由自在に設定することができるので、たとえばフライパンを1つずつおける高さの棚を作ってしまう、などという手もありますよね。

ガス台の下に設置すれば、調味料や油類の収納台として活用することもできそうです。高さを狭く取れば小さな調味料を置く場所に、高さを広く取れば調味料や脂の大きなボトルを置ける場所に、といった具合で使い分けができますね!

【シンク下収納を100均で6】ごみ箱を入れてしまう!

100均グッズでシンク下収納をスッキリさせるにはゴミ箱も鍵!

100均グッズとはちょっと関係ないかもしれませんが、なかなか使いにくく、湿気もこもりがちになってしまうシンク下を有効活用するためのアイデアには、ゴミ箱をシンク下に入れてしまう、というアイデアもあります。

特に引出しタイプで、2段になっていなくて、大きな1段の引き出ししかないシンク下収納の場合には、食器やフライパン、小物の整理ということに、シンク下を使いにくい、というのが現実…

かといって、収納に活かさなくては、狭いキッチンスペースを有効活用できません。そんな時には、思い切ってシンク下にゴミ箱を入れてしまいましょう。100均にもいろいろなタイプのごみ箱が売っていますし、ホームセンターやニトリなどにもさまざまなサイズのゴミ箱があります。

シンク下の引き出しに収まるちょうどいいサイズのごみ箱をシンク下の引き出しに入れて、今までゴミ箱に使っていたスペースに新しい収納を考えてみる、というのも1つの手ですね!

【シンク下収納を100均で7】木材でサイズ自由にDIY!

100均グッズでシンク下をスッキリさせるには木材も活用しよう!

積み重ねラックやスチールラックなど、100均にはシンク下収納に棚を作るためのグッズがいくつもありますが、なかなかサイズがいいものがなかったり、デザインや使い勝手が気に入らない、ということもありますよね。

そんな時には、100均で販売している木材を使って、お家のシンク下にちょうど合う大きさの棚をDIYしてしまう、というのはいかがでしょうか?!木材なら好きな大きさにカットして、棚の大きさも自分で自由に決めて作ることができます。また自分が作った棚を使っている、という満足感も他のグッズを使った時と比べるとはるかに大きいですよね!

またフライパンや食器、調味料など、置くものの大きさに合わせた棚を作ることができるのも良いものです。ガス台の下の棚も自分で作れればいいですね!

【シンク下収納を100均で8】突っ張り棒とワイヤーネットで!

100均グッズでシンク下をスッキリさせるには棚の高さも自由自在!

シンク下の横幅に、突っ張り棒を渡せるのであれば、突っ張り棒を2本渡した上に、ワイヤーネットを置いて、棚を作る、というアイデアもあります。突っ張り棒とワイヤーネットの棚というのは、高さを自由に設定できるのがいいですね!ガス台の下に作れば、調味料のボトルの高さに合わせた棚を手軽に作ることができる、というのも魅力的です。

突っ張り棒なので、重い食器やフライパンを乗せるのには、ちょっと不安がありますが、小物類などの整理には十分活用できそうです!

【シンク下収納を100均で9】カゴを使い倒そう!

100均グッズでシンク下をスッキリさせるには100均カゴは重要!

引き出し方のシンク下収納でも、観音開き方の収納でも、どちらの収納タイプであっても、シンク下の収納をキレイに整理するためには、100均グッズのカゴを思う存分活用する必要があります。

100均のカゴには、大小さまざまなタイプがあります。ゴチャゴチャとしてしまいがちなゴミ袋やスポンジやたわし類、ガス台の下に収納する細かい調味料などは、全てカゴごとに種類に分けて収納すると、シンク下やガス台の下がキレイにすっきりと収納されます。

また大きめのカゴを使うと、食器類やフライパンなどの収納にも活用することができます。ぜひカゴは必要に応じて使うようにしましょう!

【シンク下収納を100均で10】バインダーにゴミ袋を!

100均グッズでシンク下をスッキリさせるにはゴミ袋の行方も!

あまり一般の人が知らないけれども、整理収納の達人たちは必ず実践していることに、バインダーの真ん中に穴を空けて、ごみ袋の収納ケースを作っている、ということです。100均に行けば、文房具売り場にバインダーケースがたくさん並んでいますよね。

普段はノートや書類を入れて整理するための文房具として活用している人が多いと思いますが、このバインダーに穴を空けて、真ん中からゴミ袋を引き出せるようにすると、とても便利なごみ袋収納ケースが出来てしまうのです。

これをシンク下の収納の一番取り出しやすい位置にセットすれば、ゴミ袋を取り出すのがとても簡単になるんですよ!最近ではゴミ袋の種類も、いろいろと分別しなくてはいけなくて、増えてきた、というお家も多いですよね!

ゴミ袋ごとに収納ケースを作って、必ずその袋からゴミ袋は取り出す、ということを決めておくと、毎日のゴミ袋の取り出しの手間がとても楽になります。まだこの技を実践していないという人は、ぜひ今すぐに実践してみましょう!

100均グッズでもシンク下はキレイすっきりできます!

この記事では100均グッズを活用した、シンク下の収納アイデアについていろいろと見てきましたがいかがでしたか?引き出しタイプも観音開きタイプも、100均グッズをいろいろと活用すると、シンク下やガス台の下の食器やフライパン、調味料やごみ袋の収納のアイデアの幅が広がる、ということがわかっていただけたでしょうか?!

なかなかキッチンのシンク下やガス台の下の収納がゴチャゴチャしがちで、行き場を失くした食器やフライパンの収納場所に困っている、という人や、キッチンがゴチャゴチャし過ぎて、買ってきたはずの調味料がどこかへ行ってしまう、なんて人は、ぜひ100均グッズを上手に使って、整理してみてください!

もっと収納に関して知りたい方はこちら

シンク下の臭いの対策は?臭い取りの方法を解説します!
キッチンのゴミ箱はシンク下に置くべき理由5選!
キッチンのシンク下・コンロ下収納術!引き出しを活用しよう!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ