好きな人にLineするきっかけ♡【中学生・高校生編】

好きな人にLineするきっかけ♡【中学生・高校生編】

好きな人とlineしたい。でもきっかけもないのに急にlineしたら変に思われるかも。そんな悩みを持つ中高生のために、好きな人にlineするきっかけになるネタを集めました。これなら好きな人と自然な形でlineをスタートできるかも?参考にしてみてくださいね。

記事の目次

  1. 1.「Line」は好きな人と仲良くなるための重要なツール
  2. 2.「身体的なつながり」と「精神的なつながり」
  3. 3.好きな人にlineするきっかけ11個
  4. 4.1「とても自然な正統派」きっかけ
  5. 5.好きな人にline♡きっかけ①「お礼のことば」
  6. 6.好きな人にline♡きっかけ②「学校や塾の確認事項」
  7. 7.好きな人にline♡きっかけ③「画像や動画を送る」
  8. 8.2「相談と質問」のきっかけ
  9. 9.好きな人にline♡きっかけ④「ライトな相談」
  10. 10.好きな人にline♡きっかけ⑤「身近な人について相談」
  11. 11.好きな人にline♡きっかけ⑥「得意分野の質問」
  12. 12.3「ライン機能を有効活用」するきっかけ
  13. 13.好きな人にline♡きっかけ⑦「タイムライン」
  14. 14.好きな人にline♡きっかけ⑧「グループ機能」
  15. 15.好きな人にline♡きっかけ⑨「ラインゲーム」
  16. 16.好きな人にline♡きっかけ⑩「スタンプ」
  17. 17.4「切り札」的なきっかけ
  18. 18.好きな人にline♡きっかけ⑪「間違い電話風」
  19. 19.好きな人とってあなたはどの位置にいる?
  20. 20.うまくlineを利用して好きな人に急接近♡

「Line」は好きな人と仲良くなるための重要なツール

中学生・高校生の皆さんは1日のほとんどを学校で過ごしていますよね。でも、学校は授業にテストに部活にと忙しくて、好きな人との距離を詰めるには時間が足りない!と感じる中学生・高校生の方も多いはず。

片想いの段階で周りの友達にバレてしまうはちょっと恥ずかしいと思っている方には、特に学校の中で好きな人と親密になろうとするのは大変です。

「line」を使えば万事解決

そんなときに活躍するのが皆さんご存知の「line」。中学生では、スマートフォンを持っている人と持っていない人がいると思いますが、高校生になるとほとんどの人がスマートフォンを持つようになります。


スマホの便利アプリの1つであるlineでのやり取りは、忙しい毎日を送っている中学生・高校生の方にとって、好きな人と仲良くなるためのツールとして欠かせないものになっています。

直接顔を合わせているときは、緊張してつい無愛想になってしまったり、誤魔化すために変な空気にしてしまったり…とうまく好きな人と関わることができないってことありますよね。しかしlineでなら冷静になれるし、素直な気持ちで好きな人と会話することができます。Lineの良いところです。

Lineから始まる恋というのもよく耳にしますし、利用しない手はありません。

きっかけがない?でも使わなきゃ損

しかし、好きな人とlineがしたくても、lineをするきっかけがない!とスマホを片手にlineするのを断念してしまう方も多いのではないでしょうか?確かに、特にlineのきっかけもないのに唐突に女の子からlineがきたら、気味が悪いとまでは思わなくても、「何なんだろう…?」と少し不思議に思われてしまうかもしれません。

とはいえ相手に変に思われることを恐れてlineができないというのは、やっぱりもったいないです。恋を発展させるためには、普段の生活とlineでの関わりが2つ同時進行していることが重要。

好きな相手に自分のことを印象付けて「なんか最近あの子が気になるな」と思わせるためには、普段の生活とlineの2つでメリハリをつけることが最短ルートです。皆さんにはぜひどちらも頑張ってもらいたいものです。


【参考記事】好きな人とのLINEのきっかけ作りはこちらから!

好きな人にLineするきっかけになる11個のネタ見せます!のイメージ
好きな人にLineするきっかけになる11個のネタ見せます!
好きな人にlineするきっかけは人によって様々です。男性から女性、女性から男性へと色々なパターンに対応して、lineのやり取りを行っていくと思います。今回は好きな人にlineするきっかけに繋がる11個のネタを紹介していくので、最後まで読んでください。

好きな人には日常生活とlineの両方でアプローチ

学校生活では、同じ年頃の中学生・高校生がたくさんいます。自分にとっては「好きな人」であっても、向こうからしたら、「たくさんいる女子」のうちの1人に過ぎないかもしれません。

学校生活の中で、男子にとって「たくさんいる女子」のうちの1人から、「比較的仲の良い女子」のうちの1人になることはそんなに難しいものではありません。しかし、さらに上の彼にとって「気になる女子」ただ1人になるためには、比べられる対象が身近に多くいる学校生活の中では至難の業です。中学生や高校生の皆さんには、人と人を比較する指標が日常に散りばめられていますから、余計に大変だと思います。

そんなときにlineをうまく使えば、「よくlineする女子」という、他の女子に対してはない特別感のある印象が彼の中で芽生えます。男子中学生や男子高校生は、よくlineする女子がいるだけで、ちょっと自慢というか、得意げな気分になるもの。異性に対して、男子は女子よりも単純に物事を考えてくれます。

Lineを通して、自分の印象を彼にどんどん植え付けて興味を持ってもらえるようになれば、きっと彼にとって、たった1人の「気になる女子」になれるはずです。

「身体的なつながり」と「精神的なつながり」

そもそも恋愛や友情とは、身体的なつながりと精神的なつながりが1つになって完成するものです。恋愛を発展させるためには、この2つの距離を縮めていく必要があります。

恋愛前における中学生や高校生にとっての身体的なつながりとは、「大雑把に言えば一緒にいること」、「物理的な距離感」のことです。これらは学校にいる間に縮めていってください。

毎朝目を合わせて笑顔で挨拶するとか、班ごとに分かれる行事があれば一緒の班になるようにするとか、そんな日々の些細な積み重ねが身体的なつながりを作っていきます。

次のページ

好きな人にlineするきっかけ11個

人気の記事