まつげが短いのが悩み?まつげを長くする方法5選解説!【効果的】

まつげが短いことで悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。まつげが短いと目が小さく見えてしまうため、女性としては短いことが悩みの一つとなってしまいます。そこで今回は、まつげが短い原因と、長くする方法を紹介していきたいと思います。

まつげが短いのが悩み?まつげを長くする方法5選解説!【効果的】のイメージ

目次

  1. 【はじめに】まつげが短いことが悩み
  2. まつげが短い原因を知ろう
  3. 【まつげが短い原因①】マスカラの塗りすぎ
  4. 【まつげが短い原因②】ビューラーの劣化
  5. 【まつげが短い原因③】ホットビューラー
  6. 【まつげが短い原因④】パーマによるダメージ
  7. 【まつげが短い原因⑤】クレンジング
  8. 【まつげが短い原因⑥】目を擦る
  9. 【まつげが短い原因⑦】涙や汗が乾燥を
  10. 【まつげが短い原因⑧】栄養バランス
  11. 【まつげが短い原因⑨】睡眠不足
  12. 【まつげが短い原因⑩】ストレス
  13. 【まつげが短い原因⑪】うつぶせで眠る
  14. 短いまつげ!長くする方法を知ろう
  15. 【短いまつげ!長くする方法①】美容液を使う
  16. 【短いまつげ!長くする方法②】ビューラーの使い方
  17. 【短いまつげ!長くする方法③】パーマを適切に
  18. 【短いまつげ!長くする方法④】クレンジングに注意
  19. 【短いまつげ!長くする方法⑤】生活習慣を正す
  20. 【まとめ】短いまつげでも改善できる

【はじめに】まつげが短いことが悩み

メイクでもっとキレイになることができるというのは、女性の特権のようなところがあります。ある程度はメイクで自分のコンプレックスな部分を隠すことができるため、コンプレックスのある女性ほどメイクに力が入るものです。

しかしそのようにしてメイクをして、毎日、自分の顔と向き合っていると、ふとした時に気付くことがあります。たとえば、まつげが短い、もしくは少ないということです。メイクの仕方が悪いせいなのか、以前はたくさんあったまつげが、いつの間にか少ない状態になっていることもあります。

長いまつげをビューラーでカールさせることにより、女性の目は大きく見せることができます。シャドーなどのメイクでなんとか大きく見せることもできますが、自然に大きく見せるメイクとしては、やはりまつげに手を入れたほうが良いため、まつげが短いというのは、女性にとって大きな悩みです。

まつげが短いとメイクをどれだけ頑張っても、限界があります。そもそもメイクするべきまつげが短い状態だったり、少ないという状態だと、メイクすることすらできないため、困ってしまうものです。なんとかまつげが短い状態を改善したいものですが、まつげはなかなか伸びてくれません。大きなため息と共に、メイクをするモチベーションも失われてしまいます。

まつげが短い原因を知ろう

まつげが短いとメイクをするモチベーションすら湧かなくなってしまいますが、そもそもなぜまつげが短くなってしまうのでしょうか。最初はまつげが長かったということであれば、まつげが途中から短くなったり、少なくなってしまったということです。

そこでここからは、短いまつげになってしまう原因や、まつげが少ない状態になってしまう原因を紹介していきたいと思います。

メイク中にまつげが短いことに気付いた時、勘違いかな、と思ってしまう人も多いですが、様々なことが原因でまつげが短い状態、つまりは伸びにくい状態になってしまうことがあります。メイク中に感じるまつげの異変は、勘違いではないのです。

短いまつげになってしまう原因がわかれば、まつげを長くする方法もおのずとわかるようになってくるでしょう。まつげを少ない状態のまま放置すれば悪化するだけですので、その原因を知り、しっかりと改善していくようにしましょう。

【まつげが短い原因①】マスカラの塗りすぎ

まつげが短い原因としては、メイクの際に、マスカラを塗りすぎていることが原因という場合があります。

メイクの際にマスカラを塗ることで、まつげを太く見せることができるものです。そのためマスカラが必須アイテムだという女子も多いでしょう。マスカラを使用すれば、マスカラを塗った分だけ、目を強調させることができるため、メイクには欠かせません。

しかしあまりにもマスカラを塗り過ぎてしまっているような女子も中にはいます。何度もマスカラを塗るという、本来のマスカラの使い方としては、NGな行為をしてしまっているのです。このようなことをすると、マスカラによって、まつげがダメージを受けてしまいます。

マスカラは基本的に一度だけ塗るものです。そして家に帰ったら、すぐにマスカラを落とすというのも大切なことです。若いうちはいいですが、大人になるとマスカラによるダメージが響いてきて、まつげが少ない状態になってしまい、大きな悩みとなってしまうことがあります。

【まつげが短い原因②】ビューラーの劣化

まつげが少ない原因としては、ビューラーが劣化していることが原因という場合もあります。

ビューラーはまつげをうまくカールさせるためには、欠かせない道具です。ビューラーがなければ外に出れないという人もいるでしょう。それほどビューラーはメイクをする上では欠かせない道具となるのですが、そのビューラーのせいでまつげが少ないという状態になっている可能性もあります。

ビューラーは劣化してしまうと、まつげを掴む、ゴムの部分にまつげが張り付いてしまいます。そのようなことになると、ビューラーを使用した際に、まつげがビューラーにくっつき、抜けてしまうことがあるのです。

1日だけであれば影響はありませんが、毎日のようにビューラーを使って、まつげが抜けていくということになれば、まつげが少ない状態になって当然でしょう。そのため、ビューラーの劣化が原因で、まつげが少ない状態になってしまうことも多いのです。

【まつげが短い原因③】ホットビューラー

まつげが少ない原因としては、ホットビューラーを使用していることが原因という場合もあります。

ホットビューラーは熱の力を使って、まつげをカールさせることができるビューラーです。普通のビューラーよりも、手軽に行うことができるため、女性に人気のアイテムとなっています。

しかし、ホットビューラーを使うと、当然、まつげに熱が伝わることになります。毛というものは、熱に対して弱く、ダメージを受けてしまうものです。ダメージを受けると、毛の内部が乾燥してしまい、本来のまつげよりも薄いまつげであったり、弱いまつげができてしまい、すぐに抜けてしまうようになります。

そのため、ホットビューラーにより、まつげに熱を与え過ぎると、それが原因でまつげが少ない状態となってしまうのです。使い方には、十分に注意しておきましょう。

【まつげが短い原因④】パーマによるダメージ

まつげが少ない原因としては、パーマによるダメージが原因となっていることもあります。

まつげパーマを行えば、自然なカールを保つことができるため、多くの人がまつげパーマを行っています。まつげパーマは手間も少なくなるため、便利といえば便利なのですが、その反動もあるということを忘れてはいけません。パーマをかけたせいで、まつげが少ない状態となったり、チリチリになってしまうこともあるのです。

髪の毛をパーマする時も同じですが、薬剤を使用してパーマをあてると、毛は間違いなく痛みます。一度のパーマであれば、それほど影響が出ることはありませんが、パーマをあてればあてるほど、まつげは痛んでしまうのです。

パーマによってまつげが痛めば、当然、まつげが少ない状態となってしまいます。また、新たにまつげが生えてこなくなるということもあるため、まつげのパーマには注意が必要です。

【まつげが短い原因⑤】クレンジング

まつげが少ない原因としては、クレンジングが原因となっていることもあります。

クレンジングはメイクやマスカラなどをした時、それを落とすために行うものです。マスカラなどはしっかりと落とさないと、短いまつげになってしまう原因となってしまうため、そういう意味ではクレンジングはしっかりと行わなければならないこととなります。

しかしこのクレンジングがあまりにも激しいものだと、クレンジングが原因でまつげが少ない状態となってしまうものです。マスカラをしっかりと落とそうとするあまり、強くクレンジングをしてしまうと、まつげは抜けてしまうため、それが原因でまつげが短い状態となってしまうことがあります。

悩みを改善するためにクレンジングを行い、新たな悩みを発生させてしまえば何の意味もありません。クレンジングを行う際には充分注意しておきましょう。

【まつげが短い原因⑥】目を擦る

まつげが短い原因としては、目を擦ることが原因という場合もあります。

目を擦ることが多いという人もいると思いますが、目を擦ると、まつげが摩擦によって抜けてしまうことがあります。そのようなことが原因で、まつげがたくさん抜けてしまい、まつげが短い状態になってしまうこともあるのです。

目を擦る回数が多い人は、花粉症などの悩みを持つ人が多いです。花粉症だと目がかゆくなり、思わず目を擦ってしまいます。

そのような悩みが原因で、まつげが短いという悩みが発生してしまうこともあるため、特に花粉症の人は注意しておきましょう。

【まつげが短い原因⑦】涙や汗が乾燥を

まつげが短いという悩みを持つ人は、涙や汗をよく流す人であることも多いです。

涙や汗によってまつげが濡れてしまうと、それが乾燥した際に、まつげの中の水分が一緒に蒸発してしまったり、まつげが生えている地肌が乾燥してしまったりします。まつげが乾燥すれば、まつげの痛みにも繋がりますし、地肌の乾燥はまつげが成長する環境としてはマイナスです。

そのためよく涙を流す人や汗を流す人は、まつげが短いという悩みを持っていることが多いのです。

涙を毎日のように流しているという人は少ないでしょうが、汗であれば心当たりがある人も多いでしょう。汗を拭う際に、まつげに摩擦を与えてしまうということも、短いまつげになってしまう原因となりますので、充分に注意しておきましょう。

【まつげが短い原因⑧】栄養バランス

まつげが短いという悩みを持つ人は、栄養バランスが崩れているという場合も多いです。

まつげは髪の毛と同じような毛の一種です。生成するためには、食事から得た栄養が必要となります。しかしこの栄養がしっかりと摂取できていないと、まつげは成長することができません。その結果、まつげが短いという悩みが発生してしまうのです。

まつげも髪の毛も同じ成分でできているため、栄養バランスが崩れていることでまつげが短いという悩みを持っている人は、薄毛という悩みを持っていることも多いです。逆に言えば、薄毛でありながらまつげが短いということであれば、栄養バランスがその原因ということにもなります。

女性には様々な体の悩みがありますが、その多くは食事で改善できるものが多いです。食事を正しく摂取することで、様々な悩みを解決できるようになるため、まつげのためにもしっかりとした食事を摂るようにしましょう。

【まつげが短い原因⑨】睡眠不足

まつげが短いという悩みを持つ人は、睡眠不足であることも多いです。

まつげが成長するのは夜です。食事から得た栄養素によって、眠っている間に体内でまつげは生成されていくことになります。

しかしもしも眠っている時間が短かったり、睡眠が浅かったりすると、正しくまつげを作ることができません。その結果、睡眠不足や睡眠の質が悪いせいで、短いまつげしか生えてこないということになってしまうのです。

睡眠は人間の基礎です。睡眠不足や睡眠の質が悪いという状態は、単純にまつげが短いということだけでなく、疲労感を残したり、ストレスを溜め込んでしまう原因にもなります。美容とは切っても切り離せないものが睡眠ですので、特に女性は注意しておきましょう。

【まつげが短い原因⑩】ストレス

まつげが短い原因としては、ストレスが溜まっていることが原因という場合もあります。

ストレスが溜まっていると肌が荒れてしまったり、血行不良などが発生してしまうものです。肌が荒れてしまえば、まつげが生える環境が悪くなってしまうことになりますし、血行不良が発生すれば、まつげは血液から栄養を受け取り成長しているため、まつげが短いという状態になってしまいます。

そのため、ストレスが原因でまつげが短い状態になってしまうこともあるのです。

ストレスが溜まると、夜眠れなくなったりなどして、さらにまつげが短くなる原因を生み出してしまうこともあります。女性の大敵とも言える存在ですので、ストレスには注意しておきましょう。

■参考記事:まつげを抜く癖、原因と対策は?

まつげを抜く癖の原因・心理!デメリット5つと対策も解説!

【まつげが短い原因⑪】うつぶせで眠る

まつげが短い原因としては、うつぶせで眠ることが原因となっていることもあります。

夜眠る時、仰向けで眠らず、なぜかうつぶせになってしまっているという人も多いでしょう。そのような眠り方をしてしまうと、まつげに摩擦がかかってしまうことがあります。結局、それが原因でまつげが短くなってしまうのです。

うつぶせで眠ることによりまつげが短くなってしまうと、片一方だけがまつげが短い状態になってしまったり、少なくなってしまうようになります。せめて少ないのであれば、両方共そうであったほうがバランスとしては良いでしょう。

このようにして、片側のまつげだけに摩擦がかかると、かなり不恰好な状態となってしまいます。普通にまつげが短くなるよりも、大きな悩みとなってしまうため、いつもうつぶせで眠っているという人は注意しておきましょう。

短いまつげ!長くする方法を知ろう

短いまつげになってしまう原因を紹介してきましたが、その原因だけがわかっても意味がありません。そこでここからは、短いまつげを長くする方法を紹介していきたいと思います。

短いまつげを長くする方法がわかれば、短いまつげに悩まされることもなくなるでしょう。ただ、実行したからといって、すぐに効果が出るというわけではないため、そこは根気と我慢が必要です。今後の生活で、まつげを長くする方法を実行しながら生活していけば、まつげを長くできる人がほとんどですので、諦めずに実行していきましょう。

まつげを長くする方法には様々な方法がありますが、自分がどのような原因によって、まつげが短いのかということにより、どのまつげを長くする方法を実行するべきなのかということは変わってきます。なにも全員が全員、同じ方法でまつげを長くできるわけではないのです。

そのため、自分のまつげが短い原因を特定し、それに対応したまつげを長くする方法を見つけ、実行していくようにしましょう。ではさっそく、まつげを長くする方法を紹介していきたいと思います。

【短いまつげ!長くする方法①】美容液を使う

短いまつげを長くする方法としては、美容液を使用するという方法があります。

実はまつげを効率よく育てるための、美容液が市販されています。このようなものを利用することで、トリートメントをつけたような効果が得られるため、まつげを長くすることができるのです。また、まつげ専用の育毛剤のようなものもあります。

まつげを長くするためには、そのための製品が様々な販売されています。まつげが短いことで悩んでいるのは、自分だけというわけではなく、多くの人の悩みでもあるのです。

マスカラやまつげのパーマなどを多くの人がやる時代ですので、まつげに関する悩みを持つ人は多くいます。それに伴い、それをカバーするための製品もたくさん売られているため、興味がある人は試してみてください。

スカルプD まつげ美容液 ピュアフリーアイラッシュセラム
1,730円
楽天で詳細を見る

■参考記事:まつげを伸ばす方法と、おすすめ美容液をチェック!

まつげを伸ばす方法11選!効果的な美容液はどれ?

【短いまつげ!長くする方法②】ビューラーの使い方

短いまつげを長くする方法としては、ビューラーの使い方に注意するという方法もあります。

まつげをカールさせるために、ビューラーを使用している人も多いと思いますが、ビューラーは使い方を間違えると、まつげを一気に引き抜くことになってしまいます。そのため、まつげをしっかりと育てたい人は、ビューラーの使い方に注意しておくべきなのです。

ビューラーは基本的に引っ張らないということを心がけておきましょう。誤ってまつげを引っ張ってしまうと、それだけでまつげは抜けてしまいます。そしてホットビューラーを使用する際は、長時間、同じ場所に熱を与えすぎないということも意識しておいてください。

さらに、ビューラーの劣化には要注意です。ビューラーの劣化により、まつげが抜けてしまうこともあるため、ビューラーは定期的に買い換えるようにしてください。

【短いまつげ!長くする方法③】パーマを適切に

短いまつげを長くする方法としてが、パーマを適切にあてるということも大切です。

パーマはかなり便利ですが、何度もあててしまうと、まつげがダメージを受けてしまい、まつげが育たなくなってしまいます。定期的にパーマをあてることで、まつげがなかなか育たないという人は、まつげが復活するまで、パーマを控えるようにしましょう。

パーマが原因でまつげが短いということであれば、パーマを控えるだけで、まつげは以前のように復活するようになります。

パーマを控えた上で、美容液などを使用することにより、まつげはしっかりと成長してくれるものです。他のまつげを長くする方法と併用して、まつげを長くするようにしましょう。

【短いまつげ!長くする方法④】クレンジングに注意

短いまつげを長くする方法としては、クレンジングに注意するという方法もあります。

まつげを長くする方法としては、クレンジングにはかなり注意が必要です。クレンジングは行わなければならないものですが、やり方を間違えてしまうと、まつげにとってマイナスとなってしまうこともあります。

まつげを長くする方法としては、クレンジングでマスカラを落とす際には、摩擦が発生しないように、優しく丁寧に行うようにするということが大切です。マスカラが残っていると、まつげに悪影響となるため、優しくしながらも、しっかりマスカラを落とすということも大切になってきます。

もしもこれが難しいということであれば、いっときはマスカラを使用しないというのも一つの手です。あくまでまつげが復活するまでですので、早くまつげを長くしたいということであれば、マスカラは使用しないようにしましょう。

【短いまつげ!長くする方法⑤】生活習慣を正す

短いまつげを長くする方法としては、生活習慣を正すという方法もあります。

まつげは生活習慣が乱れることにより、短くなったり、少なくなったりしてしまうものです。そのため、まつげを長くする方法としては、食生活を整えたり、睡眠をしっかりとったりということも大切になってきます。

また、運動を行ったり、お酒を飲みすぎないということも大切なことです。

運動はストレス解消や血行不良の改善などの効果がありますし、お酒を飲みすぎないことは栄養バランスや睡眠の質に影響します。そのため、短いまつげを長くする方法としては、生活習慣全体に注意しておく必要があるのです。

【まとめ】短いまつげでも改善できる

短いまつげであっても、それを解決する方法はいくつもあります。生まれつき短いまつげだったとしても、マスカラやつけまつげを利用することで、何とか対処できるでしょう。改善できないことはないため、様々な方法で短いまつげを長くしましょう。

もっとまつげに関する情報を知りたいアナタへ!

まつ毛が長い男の特徴は?なんでまつげが長いの?
まつげパーマのもちはお手入れでよくなる!メリット・デメリットは?
まつげパーマとマツエクはどっちがいいの?徹底解説!
マツエク愛用者必見!まつげ美容液おすすめランキング9選と塗り方!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ