乾燥肌におすすめの洗顔料21選!洗顔フォームはこれできまり!

乾燥肌のスキンケアには洗顔がとても大切になりますが、どんな洗顔料を選べばいいのでしょうか?!洗顔フォームや洗顔石鹸や、市販のものでもいろいろと乾燥肌用の洗顔料は売っていますよね。この記事では乾燥肌におすすめの洗顔料についてお伝えします。

乾燥肌におすすめの洗顔料21選!洗顔フォームはこれできまり!のイメージ

目次

  1. 乾燥肌におすすめの洗顔料にはどんなものがある?!
  2. 乾燥肌の洗顔には注意しなくてはいけない点が!
  3. 【乾燥肌の洗顔の注意点1】ぬるま湯で洗う
  4. 【乾燥肌の洗顔の注意点2】ごしごしこすらない
  5. 【乾燥肌の洗顔の注意点3】タオルでこすらない
  6. 【乾燥肌の洗顔の注意点4】時間をかけない
  7. 【乾燥肌の洗顔の注意点5】朝晩だけにする
  8. 【乾燥肌の洗顔の注意点6】マイルドなタイプの洗顔料を!
  9. 乾燥肌の人におすすめの洗顔料はこれだ!
  10. 【乾燥肌の洗顔料1】ノブIII ウォッシングクリーム
  11. 【乾燥肌の洗顔料2】バルクオム THE FACE WASH(メンズ)
  12. 【乾燥肌の洗顔料3】つつむ ジェントル クリームウォッシュ
  13. 【乾燥肌の洗顔料4】然 よかせっけん
  14. 【乾燥肌の洗顔料5】コンディショニングウォッシュ
  15. 【乾燥肌の洗顔料6】パルクレール クリーミュー
  16. 【乾燥肌の洗顔料7】ビーグレン クレイウォッシュ
  17. 【乾燥肌の洗顔料8】ちふれ 洗顔フォームしっとりタイプ
  18. 【乾燥肌の洗顔料9】キュレル 泡洗顔料
  19. 【乾燥肌の洗顔料10】VCOマイルドソープ
  20. 【乾燥肌の洗顔料11】素あわ 洗顔フォーム
  21. 【乾燥肌の洗顔料12】どろあわわ
  22. 【乾燥肌洗顔料13】オルビスアクアフォースマイルドウォッシュ
  23. 【乾燥肌の洗顔料14】草花木果 整肌洗顔石けん どくだみ
  24. 【乾燥肌の洗顔料15】ねば塾 白雪の詩
  25. 【乾燥肌の洗顔料16】無添加 素材こだわり 泡の洗顔せっけん
  26. 【乾燥肌の洗顔料17】ミヨシ 無添加 白いせっけん
  27. 【乾燥肌の洗顔料18】無印良品 マイルド洗顔フォーム
  28. 【乾燥肌の洗顔料19】Non.A(ノンエー)
  29. 【乾燥肌の洗顔料20】米肌 肌潤石鹸
  30. 【乾燥肌の洗顔料21】ヒフミド ソープ
  31. 自分に合った洗顔料と正しい洗顔で乾燥肌のケアをしっかりと!

乾燥肌におすすめの洗顔料にはどんなものがある?!

乾燥肌の人というのは、どのような基礎化粧品や化粧品を使えば良いのか、どのようにスキンケアをしたらいいのか、毎日のスキンケアにいろいろと悩むものですよね。

特に、乾燥肌のスキンケアで大切だと言われるのは、洗顔だと言われています。

乾燥肌向けの洗顔料には、洗顔フォームも洗顔石鹸もいろいろとありますが、自分にはどのような洗顔料がいいのかわからないという人もいますよね。

この記事では、乾燥肌に悩む人のために、スキンケアの中でも洗顔のやり方や、おすすめの洗顔料についてお伝えしていきたいと思います。

乾燥肌の洗顔には注意しなくてはいけない点が!

乾燥肌の洗顔では、洗顔料の選び方というのも大切なのですが、それ以上に洗顔の仕方というのもとても気を付けなければならないものです。

洗顔というのは、顔の汚れだけを洗い流すのではなくて、肌の保湿に必要になる皮脂までこそげ取ってしまうこともあります。

肌のうるおいを保つのに必要なものはしっかりと残しながら、メイクや汚れだけをしっかりと落としきるための洗顔の方法にはどのようなことが大切なのか、ここから乾燥肌の人の洗顔のポイントについてみていきたいと思います。

【乾燥肌の洗顔の注意点1】ぬるま湯で洗う

乾燥肌の人は、ぬるま湯で洗顔をすることが大切です。

冷たい水では毛穴が開かずに、毛穴の奥の汚れを落とすことが出来ませんが、熱いお湯の方では肌に必要な皮脂が溶けて流れ落ちてしまいます。

皮脂が流れてしまうと、洗いたての肌はさっぱりとした感じがしますが、水分が乾くとお肌の潤いを守ることができずに、突っ張ったりカサカサした感じになってしまいます。

必要な皮脂を残すためには、ぬるま湯で洗顔をすることが大切になります。

【乾燥肌の洗顔の注意点2】ごしごしこすらない

乾燥肌の人の洗顔で大切なことには、いくら洗顔料をしっかりとあわ立てていたとしても、ゴシゴシとこすらないことが大切になります。

洗顔料を泡立てて滑らかになっていたとしても、ゴシゴシと擦ってしまうと、摩擦の力でお肌を傷つけてしまうこともあります。お肌のキメが崩れてしまい、そこからお肌に必要な潤いが流れてしまいます。

特に乾燥肌の人は、洗顔をする時には必要以上にこすらないようにして、良く洗顔料を泡立てて泡で汚れを包むようにして洗うようにしましょう。

【乾燥肌の洗顔の注意点3】タオルでこすらない

洗顔料をお湯で流した後には、タオルで水気を拭き取りますが、この時にもタオルで顔の皮膚をゴシゴシとこすらないことが大切になります。

タオルでゴシゴシとこすってしまうと、それが摩擦になってしまい、お肌の表面を傷つけてしまうことになります。

特に乾燥肌の人の肌というのは、健康なお肌に比べると少しの刺激で傷つきやすくなっているものです。

洗顔後のタオルドライはタオルを軽く押し付けるようにして、水気を拭き取るようにしましょう。

【乾燥肌の洗顔の注意点4】時間をかけない

特に乾燥肌の人が洗顔をするときには、時間をかけすぎないで、短い時間でさっと洗顔を済ませるということも大切になります。

洗顔料には水と油をなじませるための界面活性剤という成分が含まれていますが、この界面活性剤がお肌への刺激になってしまい、肌荒れの原因となってしまいます。

洗顔に時間をかけるということは、この界面活性剤が長くお肌へ刺激を与えるということになってしまうので、洗顔をするときには短い時間でさっと済ませることで、特に荒れやすい乾燥肌の人の肌荒れを防ぐことが出来ます。

【乾燥肌の洗顔の注意点5】朝晩だけにする

一日当たりの洗顔の回数は、朝晩の2回だけにしておきましょう。

1日に3回以上洗顔をしてはいけません。

お肌のうるおいを保つために必要な皮脂というのは、完全に回復するためには洗顔から約12時間かかると言われています。

一日3回以上洗顔をしてしまうと、お肌の皮脂が回復する前に洗い流してしまうことになり、お肌のうるおいを保つのに必要なものまで洗い流してしまうことになります。

乾燥肌や敏感肌の人は、余計に肌荒れが進んでしまうので、洗顔の回数は朝晩の2回だけにするようにしましょう。

【乾燥肌の洗顔の注意点6】マイルドなタイプの洗顔料を!

洗顔料にはオイリー肌がひどかったり、ガッツリとしたメイクをする人のために、汚れをガッツリと落とすタイプの洗顔料もあれば、敏感肌や乾燥肌の人のためのマイルドに汚れを落としてくれる成分が入っている洗顔料もあります。

乾燥肌の人が洗顔料を選ぶ時には、しっかりと汚れを落とすタイプのものではなくて、マイルドな成分が入っているものを選ぶことをおすすめします。

乾燥肌の人が汚れをしっかり落とすタイプの洗顔料を使ってしまうと、お肌のうるおいを保つのに必要な皮脂まで洗い流すれてしまい、乾燥肌がますますひどくなってしまいます。

そのようなことがないように、洗顔料を選ぶ時にはマイルドなタイプのものを選ぶようにしましょう。

乾燥肌の人におすすめの洗顔料はこれだ!

乾燥肌の人が洗顔をする時の注意点について見てきたところで、ここからは乾燥肌の人におすすめの市販の洗顔料をご紹介していきます。

ここからおすすめする市販の洗顔料の中には、乾燥肌の人のために開発された洗顔料もありますが、特に乾燥肌の人のために作られたというわけではない、マイルドタイプの洗顔料もあります。

スキンケアというのは、クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、美容液といった一連の流れの中でトータルで考えて行うものです。

洗顔料もそのスキンケアの流れの中の1つだと考えて選んでみることをおすすめします。

【乾燥肌の洗顔料1】ノブIII ウォッシングクリーム

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、ノブIII ウォッシングクリームがあります。

価格は120gで3500円です。

お肌にやさしいスキンケア用品の販売で知られている、常盤薬品工業のノブシリーズの洗顔フォームですが、ノブⅢは特に刺激や乾燥への対策を考えて作られているシリーズなので、乾燥肌の人には特におすすめです。

こちらの洗顔フォームは、肌のバリア機能をサポートする成分を配合しながら、きめ細かい泡立ちでお肌のうるおいをしっかりと保ちながら、いらない汚れは落としてくれる洗顔フォームになります。

【乾燥肌の洗顔料2】バルクオム THE FACE WASH(メンズ)

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、男性用のバルクオムのTHE FACE WASHがあります。

価格は100gで2000円です。

男性用の乾燥肌対策の洗顔フォームというのは、少し違和感を感じる人もいるかもしれませんが、実は男性でも肌トラブルに悩んでスキンケアをどうしたらいいのか困っている人も沢山いるものです。

そんな中で、男性用でも、しっかりとしたうるおいを守ってくれるこちらの洗顔フォームは、女性でも肌荒れをしないのに、うるおいを守りながらすべすべのお肌になれると使っている人がいるようです。

乾燥肌用の普通の洗顔フォームではちょっと物足りないという人は、一度試してみるのもいいかもしれませんね。

【乾燥肌の洗顔料3】つつむ ジェントル クリームウォッシュ

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、ディセンシア)のつつむジェントルクリームウォッシュがあります。

価格は100gで1800円です。

8種類ものうるおい成分を配合している洗顔フォームになります。刺激を緩和する成分が入っているので、乾燥が進んで敏感になってしまったお肌も、きめの細かい弾力のある泡でしっかりと守りながら洗い上げてくれるのが嬉しいですね!

【乾燥肌の洗顔料4】然 よかせっけん

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、長寿の里の然 よかせっけんがあります。

価格は80gで1800円です。

石鹸タイプの洗顔料になります。超微粒子化した火山灰シラスが配合されており、きめ細かい泡立ちで毛穴の奥の汚れをしっかりと吸着してくれるタイプの洗顔石鹸になります。

特に乾燥肌の人向けの保湿効果が高い石鹸というわけではありませんが、お肌に優しい天然成分が主成分なので、肌への優しさは他の商品よりもあるようです。

洗顔後のスキンケアをきっちりとやれば乾燥肌の人でもキレイなお肌にできる洗顔石鹸になります。

【乾燥肌の洗顔料5】コンディショニングウォッシュ

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、d プログラムのコンディショニングウォッシュがあります。

価格は150gで2500円です。

しっかりとお肌の汚れを落としながらも、肌のうるおいを守る成分が配合されていて、乾燥肌の人に起こりがちな洗顔後のお肌の突っ張りやカサ付きからお肌をしっかりと守ってくれる洗顔フォームになります。

乾燥肌の人だけではなくて、敏感肌の人でも安心のお肌に気になる成分が無処方なのはうれしいですね。

【乾燥肌の洗顔料6】パルクレール クリーミュー

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、パルクレールクリーミューがあります。

お肌にたっぷりと天然の栄養分を与えながら、しっかりと汚れを吸着してくれる効果が高いと言われている泥石鹸になります。

多くの泥石鹸には石油系の界面活性剤や防腐剤が配合されていますが、こちらの洗顔料の成分には、そのようなものは含まれておらずに、50%以上が美容成分とお肌をいたわりながらしっかりと肌をキレイにスキンケアする効果も高い洗顔料になります。

【乾燥肌の洗顔料7】ビーグレン クレイウォッシュ

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、ビーグレンのクレイウォッシュがあります。

価格は150gで3900円です。

普通の洗顔料はしっかりと泡立ててから使うものですが、こちらの洗顔料は泡立て不要なので、忙しい人には嬉しいですね!

お肌のうるおいを守るための皮脂はしっかりと残しながら、泥石鹸の泥の吸着力で毛穴の汚れや古い角質をしっかりと吸い取って落としてくれるので、キレイさっぱりしながらしっとりすべすべのお肌になるのがうれしい洗顔料になります。

洗っている時にはすっきりした感じはしないものの、洗い終わるとさっぱりと気持ち良い感じが嬉しいという声が沢山挙がっています。

【乾燥肌の洗顔料8】ちふれ 洗顔フォームしっとりタイプ

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、ちふれの洗顔フォームしっとりタイプがあります。

価格は150gで450円のプチプラ価格です。

プチプラ化粧品で有名なちふれから発売されている洗顔フォームのしっとりタイプになります。

プチプラですが、必要なうるおいはしっかりと残しながら、汚れはちゃんと落としてくれる実力がきちんとある洗顔フォームになります。

乾燥肌がひどい人の中には、これを使ってもどうしても肌が突っ張ってしまおうという人もいますが、他のうるおいタイプの洗顔料使ってもダメだったという敏感肌の人が、こちらの洗顔フォームに変えたところ、乾燥がひどい冬を何とか乗り切れたという声もあります。

プチプラなので試供品はありませんが、このプチプラ価格は失敗しても惜しくはありません!一度試してみる価値はあるかもしれません。

【乾燥肌の洗顔料9】キュレル 泡洗顔料

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、キュレルの泡洗顔料があります。

価格は150gで1200円です。

ちふれなどに比べると少し高いですが、それでもプチプラ価格と言える価格かもしれませんね。

花王の敏感肌用の基礎化粧品のブランド、キュレルから発売されている洗顔料になります。

肌のうるおいを守るのに大切なセラミドは、洗顔のたびに流れ出てしまうものですが、このセラミドを守ってやわらかいきめ細かい泡で包みながら汚れをしっかりと落としてくれる洗顔料になります。

消炎剤を配合しているので、ニキビなどにも効いて、肌荒れを防いでくれる効果もあります。


◆関連記事:洗顔についてもっと知りたい方はこちら

クレンジングと洗顔の違いとは?それぞれの意味を解説!

【乾燥肌の洗顔料10】VCOマイルドソープ

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、VCOマイルドソープがあります。

価格は85gで2847円です。

VOCというのは「ヴァージン・ココナッツ・オイル」になります。VOCをたっぷりと配合したこちらの洗顔石鹸は、よく泡立てるともっちりとした濃密な泡になります。

このもっちり泡をたっぷりと使って洗顔をすると、肌に必要なうるおいは残しながら、汚れをしっかりと落としてくれて、洗い上がりのお肌は赤ちゃんのようなモチモチ肌に仕上げてくれます。

石油系界面活性剤や、鉱物油、合成香料、着色料などを肌に気になる成分が配合されていない低刺激処方が嬉しいですね。

【乾燥肌の洗顔料11】素あわ 洗顔フォーム

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、マックスの素あわ洗顔フォームがあります。

価格は150gで1500円です。

配合している成分に独自のこだわりを持って開発した洗顔フォームで、弾力のある泡がしっかりと汚れを落としながらも、洗顔によって生じがちなお肌のトラブルを防いでくれる効果が高い洗顔料になります。

使っている人の声では、とてもやさしい泡がしっかりと顔を包んで汚れを落としながら、洗い上がりにはしっとりとしたお肌に整えてくれると喜びの声が上がっています。

【乾燥肌の洗顔料12】どろあわわ

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、健康コーポレーションのどろ豆乳石鹸どろあわわがあります。

価格は110gで2980円です。

栄養分たっぷりの沖縄の泥クチャから作られたミネラル分豊富な洗顔料になります。

泥成分がお肌の隅々までしっかりと入り込んで汚れや古い角質を吸着して落としてくれる効果がありながら、豆乳発酵エキスが突っ張らずもちもちのしっとりふっくらとした洗い上がりに仕上げてくれます。

また、保湿成分のヒアルロン酸やコラーゲンを配合しているので、保湿効果もバッチリです。

【乾燥肌洗顔料13】オルビスアクアフォースマイルドウォッシュ

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、オルビスのアクアフォースマイルドウォッシュがあります。

価格は120gで1300円です。

よく泡立てると、モコモコの濃密な泡になり、しっかりと汚れや古い角質を包み込んで落としてくれます。

その一方で、お肌の調子を整えるポイントは角層の水分量であるということに着目して、角層の水分量を調節することで調子の良いよ肌を整えていく効果が高い洗顔料になります。

乾燥肌や敏感肌の人の声を見ても、お肌がやわらかくもっちりとした仕上がりになると評判が高い洗顔料になります。

【乾燥肌の洗顔料14】草花木果 整肌洗顔石けん どくだみ

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、草花木果の整肌洗顔石けん・どくだみがあります。

価格は100gで1200円です。

20gで300円でも発売されているので、このような自然派の洗顔料としてはプチプラといえるかもしれませんね。

ニキビ肌にも負担をかけないほどクリーミーでやわらかい泡立ちで汚れを落としながら、過剰な皮脂や不要な角質を優しく取り除いてくれる洗顔石鹸になります。

洗顔後のスキンケアまで考えて、化粧水が浸透しやすいお肌に整えてくれるのは、乾燥肌の人には嬉しい心遣いですね。

【乾燥肌の洗顔料15】ねば塾 白雪の詩

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、ねば塾の白雪の詩があります。

価格は180gが2個で280円という超プチプラ価格です。

超プチプラ石鹸ですが、洗顔にも体にも使うことができる石鹸になります。

特に保湿効果はありませんが、パームバージンオイルをじっくりと時間をかけて不純物をしっかりと洗い落として作られたこちらの石鹸は、添加物を一切使用していない自然由来の優しさと安心感が高い石鹸です。

この石鹸自体にスキンケア効果は期待出来ませんが、洗顔後のスキンケアをしっかりと行えば、しっかりとした肌ケアができるという声がたくさん上がっています。

【乾燥肌の洗顔料16】無添加 素材こだわり 泡の洗顔せっけん

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、ミヨシの無添加泡の洗顔せっけんがあります。

価格は200mlで620円というプチプラ価格です。

無添加の優しさと安心感に加えて、石鹸なのにたっぷりのモコモコの泡で洗顔することができるというのが嬉しい泡の洗顔石鹸になります。

無添加のプチプラ石鹸ですが、落とすべき汚れをしっかりと落としながら、お肌に残すべき皮脂はしっかりと残してくれる石鹸になります。

洗い上がりがしっとり、とはいかないのはプチプラ無添加せっけんなので仕方がないでしょうが、やさしい洗い上がりに安心感を感じている人が多くいるようです。

【乾燥肌の洗顔料17】ミヨシ 無添加 白いせっけん

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、ミヨシの無添加白いせっけんがあります。

価格は108gが3個で420.円というプチプラ価格です。

こちらは泡の石鹸と同じメーカーから発売されている固形石鹸になります。

洗顔石鹸としても身体用の石鹸としても使うことができて、プチプラのこれ1つで全身をキレイにすることができるのは、経済性を考えると嬉しいですね!

原料は食べることもできる油脂を使っているので、身体への安心感は他の洗顔料の追随を許しません。

スキンケアの前のお肌に優しい洗顔にいかがですか?!

【乾燥肌の洗顔料18】無印良品 マイルド洗顔フォーム

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、無印良品 マイルド洗顔フォームがあります。

価格は200gで629.円というプチプラ価格です。

シンプルライフを目指している人たちに大きな支持を得ている無印良品から発売されている、マイルドタイプの洗顔フォームになります。

こちらの洗顔フォームは、天然うるおい成分にオレンジ果汁を配合していて、プチプラでもうるおいをしっかりと保ちながらキレイに洗い上げてくれる洗顔フォームになります。

【乾燥肌の洗顔料19】Non.A(ノンエー)

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、プライマリーのNon Aがあります。

価格は100gで2800円です。

皮脂の抑制のためのダイズエキスと、消炎剤として甘草エキスを配合しているニキビ用の薬用洗顔石鹸になります。

皮脂は抑制するとはいっても、必要な皮脂はしっかりと残してくれるので、乾燥肌だけれどもニキビに悩んでいるという人におすすめです。

【乾燥肌の洗顔料20】米肌 肌潤石鹸

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、米肌の肌潤石鹸があります。

価格は80gで3500円です。

洗顔のあとに使う化粧品の肌なじみを考えて開発された洗顔料になります。

クリーミーで優しく泡立つ石鹸が、しっかりと毛穴の汚れや角質を落としつつも、必要なうるおいはしっかりと守って、透明感のあるすべすべとしたお肌に導いてくれます。

【乾燥肌の洗顔料21】ヒフミド ソープ

乾燥肌の人のためのスキンケアで市販のおすすめの洗顔料には、ヒフミドのソープがあります。

価格は80gで3000円です。

小林製薬のエイジングケア化粧品ブランドのヒフミドから発売されている石鹸になります。

その後のスキンケアを考えて、一連の流れの中で化粧水やクリームが浸透しやすいお肌に整えてくれる洗顔石鹸になります。

自分に合った洗顔料と正しい洗顔で乾燥肌のケアをしっかりと!

この記事では、乾燥肌の人におすすめの洗顔料について見てきましたがいかがでしたか。

乾燥肌の人のスキンケアにとっては、クレンジングと洗顔をどのように行うかということが一番大切なポイントになると言われています。

クレンジングと洗顔を正しく行うことで、乾燥肌でもうるおいのあるお肌を保つことができるようになるのです。

乾燥肌の人にとっては、洗顔料の選び方というのはそれほど大切なものになります。

いろいろと試行錯誤することはあるでしょうが、ぜひあなたの肌に合った洗顔料を見つけてください!

もっとスキンケアについて知りたい方はこちら

すっぴん美人になる方法!スキンケアが大事!NGなことは?
インナードライ肌の改善方法9選!スキンケアをしっかりしよう!
小原正子の肌がきれい!スキンケア・メイクの秘訣はあるの?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ