• lovely
女の子座り(アヒル座り)ができない理由とは?男でできる人はかなり少ない?

女の子座り(アヒル座り)ができない理由とは?男でできる人はかなり少ない?

女の子座りとはペタン座りやおばあちゃん座り、アヒル座りと呼ばれる座り方のことです。あなたは女の子座りができるでしょうか。女の子座りができる人もいれば、できない人もいるようです。その違いはどこにあるのでしょうか。今回は女の子座りができない理由についてまとめます。

6552View

記事の目次

  1. 1.女の子座り、良いの?悪いの?
  2. 2.女の子座りって、どんな座り方なの?
  3. 3.男性の女の子座りは骨盤や股関節の骨格の違いにより難しい!
  4. 4.外国人も女の子座りができない?
  5. 5.骨盤の大きさや股関節の硬さによっては女の子座りが出来ない女性も
  6. 6.女の子座りができない場合は?股関節を柔軟にするストレッチでほぐそう!
  7. 7.やりすぎはNG?女の子座りの5つのデメリット
  8. 8.女の子座りで注意!骨盤が開いていないか自己チェック!
  9. 9.骨盤の開きすぎは要注意!自分でできる骨盤矯正ストレッチ
  10. 10.女の子座りのメリット◎血行が良くなる
  11. 11.結局のところ、女の子座りは良いの?

女の子座り、良いの?悪いの?

女の子ならやったことがある女の子座り。実は筆者は、女の子座りが痛いと思う苦手な人です。できないわけではありませんが、痛いので5分と座っていることができません。

男性はあまりやったことのない女の子座りについて、今回は女の子座りができない理由をまとめていきたいと思います。

女の子座りとは、ペタン座りやおばあちゃん座り、アヒル座りと呼ばれることもあります。この女の子座りは、あまり良くない座り方だと言われたり、逆に良い座り方だと言われることもあるのです。

女の子座りは良いと言われたり、悪いと言われるのは何故でしょうか。女の子座りができない理由と一緒にみていきましょう。

女の子座りって、どんな座り方なの?

女の子座りはどのような座り方かご存知でしょうか。椅子などがないところでの女性の座り方に多いようです。

女の子座りは、正座をくずしたような状態の座り方です。正座をした状態は、足の上にお尻がのっていますが、そのまま足を左右に開いて、お尻をぺたんと床につけた状態の座り方です。

女の子座りと呼ばれている理由は諸説あるようですが、女性がこのポーズで座ることが多いからのようです。女性が女の子座りのポーズで座るのは、正座をしたときのように足がしびれないというメリットのためです。正座のポーズを長い時間座っていると、ヒリヒリと足先から痛んできますよね。

またスカートをはくことが多い女性は、正座のポーズだと下着が見えてしまうことがあるので、お尻をつけるポーズである女の子座りのポーズを好むという考え方もあるようです。

正座以外の座り方のポーズでも、体操座りのポーズなど、うっかりしていると下着が見えてしまうという座り方のポーズがありますよね。

見せるつもりがないのに誰かに見られてしまうのは、女性も嫌ですが見てしまったほうも嫌でしょう。そういうトラブルを避けるためにも女の子座りのポーズをする人がいるようです。

男性の女の子座りは骨盤や股関節の骨格の違いにより難しい!

女の子座りのポーズは、男にはできない座り方だと言われています。男性は痛いので女の子座りはできないのだそうです。女性と男性でできることとできないことの違いはイロイロありますが、座るポーズにまで違いがあるなんて、ビックリですよね。

女の子座りを男性ができない理由は、骨格や股関節の筋肉の違い。

特に骨盤の違いから、女の子座りができないのです。

男性と女性の骨盤が違うのは、男性は妊娠できないからです。女性は妊娠した時に、骨盤で子宮を支えます。そのため女性の骨盤は男性の骨盤よりも大きく広がっている骨盤になっています。

女の子座りは、骨盤を開いて座る座り方なので、骨盤が大きくないと女の子座りができないのです。

また、男性は筋肉量やホルモンの影響で股関節の筋肉が硬くなってしまい、股関節を広げる動作を伴う女の子座りが痛いと感じる男性が多いようです。

外国人も女の子座りができない?

男性だけではなく、外国人のなかにも女の子座りができない国の人がいます。日本のように、床や畳の上に直接座る文化のない国の人です。

人の股関節(こかんせつ)というのは、骨格の構造からいうと、内側よりも外側にむけて動くようにできています。そのため、床や畳に直接座る文化の無い人が、正座以外で座る場合には、女の子座りではなく、あぐらで座るという可能性が高いのです。

膝を内側ではなく、外側に向けて座るという座り方ですね。

外国人の女性であっても、同じように女の子座りではなく、あぐらで座る人の方が多いと考えられます。

つまり女の子座りというのは、人間の骨格から考えると、とっても座りにくい座り方ということが言えそうですね。座りにくい座り方ということは、それだけ股関節や膝に負担をかけている座り方なのかもしれません。

次のページ

骨盤の大きさや股関節の硬さによっては女の子座りが出来ない女性も

関連記事

人気記事

Copyright (C) Lovely