産後の骨盤矯正はいつからいつまで?効果はあるの?【ママ必見】

出産後には骨盤矯正をするようにとよく言われますが、どうして出産後には骨盤矯正が必要になるのでしょうか?!もしも骨盤矯正をしなければ何か悪いことがあるの?この記事では骨盤矯正の効果ややらなかった場合のトラブル、効果的な骨盤矯正についてお伝えします。

産後の骨盤矯正はいつからいつまで?効果はあるの?【ママ必見】のイメージ

目次

  1. 産後の骨盤矯正って必要なの?!
  2. 産後に骨盤矯正が必要な理由 その効果とは?
  3. 産後に骨盤矯正をしないとどうなる?!
  4. 【産後に骨盤矯正をしないと①】骨盤が歪んだままになる
  5. 【産後に骨盤矯正をしないと②】腰痛や肩こりの原因となる
  6. 【産後に骨盤矯正をしないと③】便秘・冷え症・尿漏れが!
  7. 【産後に骨盤矯正をしないと④】婦人科系トラブルの原因にも!
  8. 【産後に骨盤矯正をしないと⑤】ぽっこりお腹の原因にも!!
  9. 帝王切開でも産後の骨盤矯正って必要なの?!
  10. 産後の骨盤矯正はいつまでに始めたらいい?
  11. 産後の骨盤矯正はいつまで続けたらいい?
  12. 産後の骨盤矯正は正しい方法で!!
  13. 【産後の骨盤矯正の方法①】骨盤体操をやろう!
  14. 【産後の骨盤矯正の方法②】骨盤ベルトを着けよう!
  15. 【産後の骨盤矯正の方法③】骨盤ガードルもおすすめ!
  16. 【産後の骨盤矯正の方法④】整体に行こう!
  17. 【産後の骨盤矯正の方法⑤】ヨガやピラティス!ストレッチ!
  18. 【産後の骨盤矯正の方法⑥】良い姿勢を心がけよう!
  19. 東京でお勧めの産後の骨盤矯正は?!
  20. 産後の骨盤矯正は正しい方法で行いましょう!!

産後の骨盤矯正って必要なの?!

出産後には骨盤矯正が必要になるとよく言われますね。本当に骨盤矯正をしないといけないのでしょうか?!

結論から言いますと、出産後に骨盤矯正をした場合としなかった場合とでは、出産後の母体のダメージからの回復が大きく違ってくるといえます。産後に骨盤矯正をした場合としなかった場合とでは、一体どういったことが変わってくるのでしょうか。

また、正しい産後の骨盤矯正の方法とは一体どのようなことをすればいいのでしょうか。

この記事では、産後に絶対にママたちにやって欲しい骨盤矯正のあれこれについてお伝えします。

■参考記事:産後に体型が戻らない…!そんな時はコチラをチェック

産後の体型戻しにおすすめの方法は?体型が戻らない原因は?

産後に骨盤矯正が必要な理由 その効果とは?

出産後に骨盤矯正が必要になるのは一体どうしてなのでしょうか。まずはその理由についてみていきましょう。

妊娠後期から出産にかけては、ママのお腹周りというのは大きくなるお腹の赤ちゃんに諸々の臓器が押しつぶされた状態となります。

それと同時に、大きくなる子宮をお腹に納める空間を作り、赤ちゃんの大きな頭を産道に通すために、骨盤周りの筋肉や靭帯が緩んで、骨盤がグラグラとした状態になっていきます。


出産が終わるとすぐに子宮の収縮とともに、開いてグラグラになってしまっている骨盤も締り始めるのですが、骨盤が妊娠前の状態に戻るまでには、約1年間かかると言われています。

この1年間の間に、正しい位置に骨盤が戻ってくれればいいのですが、妊娠中にはお腹周りの筋肉が落ちてしまう上に、赤ちゃんを抱いたりおろしたりする動作を繰り返す中で、骨盤に歪みが生じてしまいやすくなります。

骨盤が正しい位置に戻らずに歪みがある状態で固まってしまうと、様々な体調の不調やトラブルを引き起こす原因となってしまうことがあります。

それを避けるために、出産後1年間の間に正しい骨盤矯正をすることが大切になるのです。

■参考記事:産後の骨盤ベルトはいつつけるべき?コチラも参照!

産後の骨盤ベルトはいつからいつまでつけるべき?

産後に骨盤矯正をしないとどうなる?!

産後に骨盤矯正をしないと、骨盤が正しい位置に戻らずに、ゆがんだまま固まってしまうことになります。すると様々な体調不良を引き起こしやすくなるものですが、一体どのようなトラブルが起こるのでしょうか。骨盤矯正をしないと起こりやすいトラブルについてみていきましょう。

【産後に骨盤矯正をしないと①】骨盤が歪んだままになる

出産後に正しい骨盤矯正をしないと、骨盤がゆがんだまま固まってしまうことになります。骨盤というのは上半身を支えるための土台の根っこのような役割をしている骨になります。

土台の根っこがゆがんでしまうということは、そこから上の方に伸びている背骨にも歪みが生じてしまうことになります。

骨盤から背骨の歪みが原因となり、様々な体調不良を引き起こす大元の原因となってしまうのです。

【産後に骨盤矯正をしないと②】腰痛や肩こりの原因となる

骨盤矯正をしないで起こるトラブルには、腰痛や肩こりがあります。出産後に腰痛や肩こりに悩む女性は少なくありません。

腰痛や肩こりは普段の生活にも大きく影響をするトラブルになってしまいます。

産後の腰痛や肩こりの原因の多くが、出産後にきちんと骨盤矯正をしなったことにあります。

骨盤矯正をしなかったことで骨盤が正しい位置に戻らずに開きっぱなしになっていると、その骨盤や背骨の歪みから、周りの筋肉に大きな負担を掛けるようになります。筋肉に余計な力がかかり続けて緊張状態が続くために、血行が悪くなります。

きちんと骨盤矯正をして骨盤や背骨にゆがみが出ないようにすることが大切です。

【産後に骨盤矯正をしないと③】便秘・冷え症・尿漏れが!

出産後に骨盤矯正をしないと起こりやすいトラブルには、便秘や冷え性、尿漏れといったトラブルがあります。

骨盤の中には子宮だけでなく、他にも内臓が入ってます。子宮が歪んだままで正しい位置に戻らないと、子宮の中に入っている下腹部にある内臓も、正しい位置に収まることができませんし、内臓の形も本来あるべき形で治まることができません。

本来納まるべき位置に、正しい形で収まることができなければ、何らかのトラブルが発生してもおかしくはありません。

骨盤の中には下腹部にある腸や膀胱などがあるので、便秘や尿漏れといったトラブルを起こしやすくなってしまうのです。

また、冷え性の原因には骨盤の歪みからくる内臓の不調によって、内臓の血流が滞り、身体の芯の温度が下がることからも起きます。

産後に冷え性や便秘に悩む女性が増えるのは、骨盤ケアをしなかったからだということができるでしょう。

【産後に骨盤矯正をしないと④】婦人科系トラブルの原因にも!

また、骨盤の中には子宮と卵巣という、女性の特有の臓器も入っています。骨盤にゆがみが生じることで、子宮や卵巣も正しい位置に戻ることができずに、形がゆがめられたままになってしまいます。すると、本来は他の臓器や筋肉から圧迫されないところが圧迫されてしまったりして、血流が悪くなる部分が出てきてしまいます。

長年圧迫されて血流が滞ってしまう部分があると、そこが何らかのトラブルを起こしやすくなり、将来の婦人病の原因となることがあります。

骨盤のゆがみが大元の原因となる婦人科系のトラブルというのは、今すぐ、数年以内に出るものでもありませんが、ある程度年齢を重ねた時のトラブルの遠因となるものなので、産後の骨盤ケアをしっかりと行って、今からいらないトラブルの芽を摘み取っていった方がいいでしょう。

【産後に骨盤矯正をしないと⑤】ぽっこりお腹の原因にも!!

出産後に骨盤矯正をしないと、ぽっこりお腹の原因にもなります。

妊娠中はお腹周りの筋肉がなくなってしまうので、どうしてもお腹がぽっこりとしやすいものです。


出産後に骨盤を正しい位置に戻してあげることで、お腹周りの筋肉もあるべき場所にあるべき筋肉がついて、引き締まったお腹に戻っていきやすくなるのです。

しかし骨盤ケアをしないと、下腹部や腰回りを支える筋肉や骨盤の靭帯も正しい位置に戻ることができなくなります。

その結果、下腹部の筋肉のバランスが大きく崩れてしまい、ぽっこりお腹の原因となってしまうのです。

■参考記事:産後のお腹ぽっこり、どう解消する?コチラも参照!

産後のお腹のたるみを引き締める!ぽっこりがへこまないのはなぜ?

帝王切開でも産後の骨盤矯正って必要なの?!

赤ちゃんの大きな頭を産道に通す自然分娩をした人が、骨盤矯正が必要になる理由はよくわかりますが、赤ちゃんの頭が産道を通っていない帝王切開をした人にも産後の骨盤矯正って必要なのでしょうか?!

帝王切開の人は、骨盤矯正が必要ないと思っている人もいるようですが、それは大きな間違いです。

というのは、帝王切開をした人でも、妊娠後期には骨盤が大きくなった子宮で圧迫されて変形してしまうのと、変形するためには自然分娩をした人と変わらず、お腹周りの筋肉や靭帯がゆるむので、出産後の骨盤の不安定さというのは、自然分娩をした人と何も変わらないからです。

ただし、帝王切開をした人は傷が回復してから骨盤ケアを始めなくてはいけません。自然分娩をした人よりも1か月ほど遅く始めるようにしましょう。

産後の骨盤矯正はいつまでに始めたらいい?

産後の骨盤矯正はいつまでに始めたらいいのでしょうか?!産後の骨盤矯正はいつまでに始めたらいいのかというと、産褥体操以外の骨盤矯正は産後1ヶ月以上たってから始めるようにしましょう。

産後の骨盤矯正をいつまでに始めたらいいのか考えている人の中には、産後すぐにでも始めたい、という人もいることでしょう。しかし、出産直後のまだまだ本当に骨盤がグラグラしているような状態で、身体に負担を掛ける運動をしてしまったり、骨盤ベルトや骨盤矯正ガードルで強く締め付けてしまうと、骨盤が間違った位置で定着しやすくなってしまいます。

骨盤ベルトや骨盤矯正ガードルをいつまでに付けはじめればいいのか、いろいろな説があります。骨盤ベルトや骨盤矯正ガードルいつからつけても良いのか、出産直後からつけても良いという人もいるようですが、産後直後に骨盤回りを強く締め付けてしまうと悪露の排出を妨げてしまいます。

骨盤ベルトや骨盤矯正ガードルもいつからというと、産後1ヶ月の検診でお医者さんから許可が出てからにしましょう!

また骨盤体操や骨盤ベルトなどはいつまでに始めるのか迷っている場合には、始める時期は産後2ヶ月から3か月くらいには始めましょう。骨盤が安定し始めるのが産後6か月くらいで、産後1年を過ぎるとほぼ骨盤が固まってしまい矯正するのが難しくなります。それまでにある程度しっかりと矯正することが大切です。

産後の骨盤矯正はいつまで続けたらいい?

次に産後の骨盤矯正はいつまで続けるのがいいのでしょうか。産後の骨盤矯正はいつまで続けたらいいのか、いろいろと迷っているママさんたちも多い事でしょう。

産後の骨盤矯正はいつまで続けたらいいのかというと、おおよそ産後1年くらいまでは続けることをおすすめします。

出産後にグラグラと不安定だった骨盤も、いつまでもグラグラとはしていません。出産後6ヶ月ぐらいになるとかなり固まってきます。

そして、産後1年になると妊娠前と同じ状態にまで筋肉や靭帯の状態が戻ってきます。産後1年まで骨盤矯正を続けて正しい位置に骨盤を戻すことができれば、その後の骨盤の歪みによるトラブルを大幅に回避することができるでしょう。

産後の骨盤矯正は正しい方法で!!

出産後に骨盤矯正をすることがとても大切な事は、ここまでお伝えしてきたことで理解していただけたことかと思います。

産後には骨盤矯正をやるべき時期に正しい方法でやることが、その後の骨盤の歪みからくる様々な健康上のトラブルを回避するためにとても大切なことです。

しかし、骨盤矯正は正しい方法でやらないと効果がありません。間違えた方法でやってしまったために、却って骨盤のゆがみがひどくなってしまったり、骨盤を必要以上に締め付けすぎてしまい、内臓のトラブルや冷え性の原因となってしまうこともあります。

一体どんな方法が骨盤矯正の正しい方法になるのか、ここからみていきましょう。

【産後の骨盤矯正の方法①】骨盤体操をやろう!

出産後に骨盤矯正をするために、赤ちゃんのお世話をしながら家でも自分でできるものには、骨盤体操があります。

出産直後の産褥期は産褥体操で骨盤体操の準備運動をしておきましょう。

そして本格的な骨盤体操は、自然分娩をした人は1ヶ月検診で医師の許可が降りてから、帝王切開をした人は傷がおおよそ回復してくる産後2か月を過ぎてから始めるようにしましょう。

家で簡単にできる骨盤体操には、足を肩幅に広げて腰を左右10回ずつ回すものや、仰向けに寝て膝を立てて左右に膝を倒すというものがあります。

また尿漏れを予防するためには、背筋を伸ばして膣と尿道を意識しながら股からお尻にかけての筋肉にキュッと力を入れて5秒ほどキープするのを、10秒のインターバルを入れながら繰り返す、というものもあります。

またYouTube には整体師やジムのトレーナーが骨盤体操を紹介した動画が沢山上がっています。そういったものを参考にしても良いでしょう。

骨盤体操をすると、妊娠中に弱ってしまった腹筋も戻りやすくなります。一日10分ほどで十分な効果が得られるので、ぜひ毎日時間を見つけてやってみましょう。

【産後の骨盤矯正の方法②】骨盤ベルトを着けよう!

家で簡単にできる効果的な産後の骨盤矯正の方法には、骨盤ベルトや骨盤矯正コルセットを使うというものがあります。骨盤ベルトや骨盤矯正コルセットというのは、簡単に骨盤を正しい位置に効果的に固定することができるのがいいところですね。

ただし、骨盤ベルトは正しい位置に自分で適切な力でまかなければいけない手間がかかります。また、骨盤矯正コルセットは体にぴったりと合ったものを使わないと、締めすぎて下半身の血流を悪くしてしまったり、ゆるすぎて効果が全くなくなってしまいます。

骨盤ベルトやコルセットはいつまで煮付けはじめればいいのでしょうか?!

いつまでに付ければいいのかと、早く着けすぎてしまい産後すぐに骨盤ベルトや骨盤コルセットを使ってしまうと、子宮が圧迫されすぎて悪露の排出を妨げることもあります。

骨盤ベルトや骨盤矯正コルセットはいつまでに始めたらいいのかというと、早くても産後1ヶ月を過ぎてから。自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

【産後の骨盤矯正の方法③】骨盤ガードルもおすすめ!

骨盤ベルトや骨盤コルセットがきつすぎるとか、身につけるのに手間がかかりすぎると感じる人にはもう少し緩い骨盤ガードルがあります。骨盤ガードルもおすすめです。

骨盤ベルトや骨盤コルセットほど強く腰回りを締め付ける効果はガードルでは期待できません。

しかしガードルはベルトやコルセットの締め付け感が苦手だという人に向いています。

またガードルは下着感覚で身に着けることもできます。

ベルトやコルセットのようにつけたり外したりする手間がかかるのが面倒くさいというの人には、下着感覚で身につけることができるガードルの効果もぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?!

骨盤ガードルはベルトやコルセットほど締め付ける力はありませんが、適度な力で腰周りを締め付けてくれます。だから自分に合ったサイズのガードルをきちんと身につけていれば、産後に緩くなった骨盤をしっかりと効果的に支えてくれます。

また、骨盤ガードルには体を温める機能を持ったものがあります。

身体を温めるガードルは冷えを予防するとともに、基礎代謝を高めて脂肪の燃焼をサポートしてくれるので、産後ダイエットをサポートしてくれますね!

家にいる時にはベルトできちっと締めておいて、外出する時にはアウターに響きにくいがガードルに履き替えるというのもいいですね!!

【産後の骨盤矯正の方法④】整体に行こう!

骨盤ベルトや骨盤体操をしていても、どこかしっくりこないと感じる時には、骨盤矯正を行っている整体に行ってみるのも効果的でおすすめです。

エステでも骨盤矯正をやってくれるところがありますが、整体の方が効果が高いでしょう。

整体院には国家資格を持った整体師さんがいます。国家資格のある整体師なら身体の構造や機能について熟知しているもの。プロの整体師さんに骨盤矯正の施術をしてもらった方が効果が高いと言われています。

1回の施術で5000円以上かかることが多く、何回か通う必要があることも多いのですが、その後の様々な健康トラブルを回避できると考えたら、高いお金ではないでしょう。

【産後の骨盤矯正の方法⑤】ヨガやピラティス!ストレッチ!

子供と一緒に楽しみながら、気持ちよく効果的に骨盤矯正をしたいなら、ストレッチやストレッチ系の体操もお勧めです。

ストレッチ系の体操と言えば、ヨガやピラティスがありますよね。身体を心地よくストレッチしながら、全身をくまなく伸ばすことができきます。

産後の骨盤矯正を考えているのならば、産後の親子連れのヨガやピラティスなどのストレッチ系の体操の教室に通ってみることもお勧めします。

骨盤体操は骨盤まわりをグリグリと動かすことで骨盤のゆがみを自分で改善させる方法ですが、ヨガやピラティスなどのストレッチ系の体操というのは、全身を気持ちよく伸ばしながら、ストレッチをしていくことで体全体のゆがみを治すことができるので、骨盤の歪みの改善にも役立ちます。

ストレッチ系の体操というのは全身をくまなくストレッチさせるので、カロリー消費を促すこともできます。家で自分1人でやるのもいいのですが、産後のヨガやピラティスなどのストレッチ系の体操の教室というのは、各地で開かれています。

子供を介したお付き合いができる友人も増やすことができるので、そういったストレッチ系の体操の教室に通ってみるのもお勧めですね!!

【産後の骨盤矯正の方法⑥】良い姿勢を心がけよう!

産後に骨盤矯正をしたいと思うのでしたら、良い姿勢を心がけるということも大切になります。

出産後に子育てをしていると、どうしても赤ちゃんをだっこして前かがみの猫背になりがちになります。

しかし、猫背の姿勢をずっと取っていると内臓が圧迫されて骨盤が開いていってしまいます。

常に上半身を骨盤の上に正しい位置で置いている事を意識しながら、背筋を伸ばすように心がけるだけで、日常生活の中で体の必要な筋肉のストレッチができて、骨盤の感覚に役立ちます。

ヨガやピラティスをすることだけが産後のストレッチではありません!体操のストレッチを日常生活に取り入れることも大切ですが、良い姿勢を保つことは、日常生活の中で自然にできるストレッチ!そう思って猫背にならないように気をつけましょう。

東京でお勧めの産後の骨盤矯正は?!

東京で特に骨盤矯正の腕のいい整体院を探している人が多いようなので、ここからは東京で評判のいい、骨盤矯正をしてくれる整体院をいくつかご紹介します。東京近郊の方で、整体での骨盤矯正を考えている人は、ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか。毎日いつまでやっているのか、休診日はいつなのかは、それぞれ問い合わせてみて下さいね!

【東京でお勧めの産後の骨盤矯正①】iCure鍼灸接骨院 平和島

京浜急行平和島駅から徒歩2分の美原商店街の中にあるiCure鍼灸接骨院 平和島はとても清潔な院内に、アットホームなリラックスできる優雅な雰囲気の中で、骨盤矯正をしてくれます。治療もわかりやすく納得できるように説明しながらやってくれるので、初めての人でも安心して通うことができます。

住所 :東京都大田区大森東1-5-2 吉野ビル1F
電話 :03-3766-6778

【東京でお勧めの産後の骨盤矯正②】ひかり整体院

骨盤矯正だけではなく、何年にもわたって取れなかった頑固な肩こりや前過ぎの疲れも瞬く間に取ってしまうと、口コミがものすごいのが、大塚にあるひかり整体院です。大塚駅からすぐのところにあるので、アクセスも良いのが嬉しいですね!!

住所 :東京都豊島区北大塚2-16-9 ライオンズマンション大塚 904
電話 :03-3916-1157

【東京でお勧めの産後の骨盤矯正③】武蔵小金井駅前整体院

骨盤矯正をしてもらいたくて行ったはずなのに、気が付けば全身のゆがみを治してくれていたと評判なのが、JR中央本線武蔵小金井駅から徒歩1分のところにある武蔵小金井駅前整体院です。ネット上に寄せられている口コミには、「ゴットハンド」と先生の腕前を呼ぶ人もいるほどの確かな腕前は、産後の骨盤の歪みに苦しむあなたのお悩みも確かに解決してくれることでしょう!!

住所 :東京都小金井市本町5丁目12-14 スプリングビル2F
電話 :042-316-6904

【東京でお勧めの産後の骨盤矯正④】なかのぶ整体院

東京で骨盤整体をしてくれる整体院で評判がいいところには、大川カイロプラクティックセンター なかのぶ整体院もあります。このなかのぶ整体院のいいところは、施術の前にしっかりとカウンセリングをしてくれることです。身体の悩みをしっかりと聞いた上で、治療法を納得いくまで説明してくれて、その上質問もしやすいので、納得した上で治療に入ることができます。子供を連れていくこともできるので、子育て中のお母さんにはぜひお勧めです!!

住所 :東京都品川区戸越6丁目20-16 戸越公園マンション1F
電話 :03-3785-0985

【東京でお勧めの産後の骨盤矯正⑤】荻窪接骨院・荻窪治療室

37人もの整体などの治療に関する専門家を擁している恐るべき東京の整体治療院が荻窪接骨院・荻窪治療室になります。治療の幅も整体だけではなく、ハリ、灸、カイロと幅広い施術を扱っているので、その人に本当に必要なのはどんな治療なのかを見極めたうえで、治療をしてくれるのがいいところですね!骨盤だけではなく、体調全般に不安を感じているようであれば、こちらの治療院はいかがでしょうか?!

住所 :東京都杉並区荻窪5丁目22-8
電話 :03-3392-2541

産後の骨盤矯正は正しい方法で行いましょう!!

ここまで産後の骨盤矯正の必要性と方法について見てきましたがいかがでしたか。

出産後に体質が変わって体調を崩しがちになる女性はとても多いものですが、その原因に出産後に骨盤をケアしなかったことがあることは理解していただけたでしょうか。

産後の骨盤ケアはとても大切なものですが、正しい方法で行わないと却ってトラブルを起こしてしまうこともあります。

何か調子が悪いなと思ったら、産婦人科や整形外科、整体院などで迷わずに相談してみることをおすすめします。

産後のお悩みに関してもっと情報を知りたいアナタに!

産後に痩せない原因は?ダイエットや母乳育児で痩せられるの?
産後の便秘の原因と解消法7選!【便秘が辛いママ必見】
産後の尿漏れはいつまで?原因と対策は?体操や運動で改善できる?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ