産後の骨盤ベルトはいつからいつまでつけるべき?

出産後の腰痛対策や下半身太り解消に、骨盤ベルトを使う人は多いですよね。骨盤ベルトは種類が豊富です。正しく使えると、産後の生活がとても楽になるので、いつから準備し始めて、産後いつから使えるのか、使い方などもしっかり確認してから使いましょう。

産後の骨盤ベルトはいつからいつまでつけるべき?のイメージ

目次

  1. 産前産後に骨盤ベルトを使う目的とは?
  2. 産前産後の骨盤はどうなっているの?
  3. 骨盤ベルトは、いつからいつまでに準備するの?
  4. 骨盤ベルトは、産前産後いつから使うの?
  5. 骨盤ベルトは、産後いつまで使えるの?
  6. 寝る時も骨盤ベルトを使う?
  7. 骨盤ベルトは、帝王切開だと産後いつから使えるの?
  8. 産前産後も使用可能!昔ながらの骨盤ベルト「さらし」とは?
  9. 「さらし」はいつからいつまで使えるの?
  10. 病院でもおすすめの骨盤ベルト、「とこちゃんベルト」とは?
  11. 「とこちゃんベルト」はいつから使えるの?
  12. 産前産後で骨盤ベルトの代わりにできることは?
  13. 産後ショーツはいつからいつまで使える?
  14. マタニティヨガや体操はいつから始められる?
  15. マタニティ整体はいつから受けられる?
  16. 【まとめ】自身に合った産後のケアを!

産前産後に骨盤ベルトを使う目的とは?

お腹が大きくなった妊娠後期から出産後しばらくの間に使用する骨盤ベルト。「産後ベルト」とか「産褥(さんじょく)ベルト」と、呼ばれることも有ります。

骨盤ベルトは、出産前や産後に付けることで、腰や骨盤まわりにかかる負担を軽くし、また産後の下腹部のサイズダウンにも効果を発揮してくれますね。でも、つける方法を間違えると着け心地が悪いだけでなく、逆に疲れてしまったり、腰痛が悪化したり、骨盤が歪んだままサイズダウンする時期を逃す可能性もあるので、注意が必要です。

産前産後の骨盤はどうなっているの?

妊娠中、お腹にいる赤ちゃんが大きくなるにつれて、ママのお腹も大きくなっていきますね。また、ママの体内では出産へ向けて、その他にも様々な変化があります。

妊娠3ヶ月くらいから、ママの体内では「リラキシン」という出産に必要なホルモンを分泌します。このリラキシンは、赤ちゃんの頭が産道を通り抜けられるように、骨盤周りを緩める仕事をしています。特に恥骨当たりの靭帯を緩めるのですが、身体中の靭帯をゆるめるため、筋肉や関節の負担が大きくなり、痛みが出ると言われています。

また、出産前にゆるんだ骨盤は、出産後赤ちゃんがいなくなった分、さらにゆるゆる&グラグラに。出産で最大限に広がった骨盤は、基本的には半年くらいかけて、自力で元に戻っていきますが、元々歪んだ姿勢で生活していたり、筋力が弱かったりすると、歪みが治らないことも多々あります。

歪んだまま骨盤が締まると、腰痛や後陣痛の長期化にもつながります。そして、出産後に骨盤が歪まずに締まることで、下腹部のサイズダウンにもつながるのです。

骨盤ベルトは、いつからいつまでに準備するの?

まず骨盤ベルトは、いつから準備したら良いのでしょうか。妊娠したら病院から準備するものをあらかじめ教えてもらいますが、骨盤ベルトについては、病院によっても意見が分かれます。もし、病院でおすすめされない場合は、お腹が大きくなり腰痛が出てきたら、お医者さんに相談してみましょう。

マタニティ用品を扱う各メーカーで様々な骨盤ベルトを販売していますが、商品によって妊娠初期・中期から使えるもの、出産後すぐつけることができるもの、出産後1週間くらい後からつけることができるものなど、バラバラです。

ちなみに私の病院では、臨月近くなるまでは、サイズ調整がしやすい「さらし」を一番おすすめされました。一番早くから使い始めることができ、最後まで使え、しかも安上がりなのが「さらし」ではないでしょうか。

「さらし」だと、病院でもらうお産セットなどに入っている場合もありますし、私の地元では戌の日の安産祈願をした際に、神社からもらう人も多いようです。戌の日でだいたい妊娠5ヶ月。よほど腰痛持ち出ない限りは、その頃もらう「さらし」で使用感を試してから、他の骨盤ベルトを準備しても遅くはありません。

特に出産前に使うことができず、産後に特化しているものについては、お腹の出方などによって着け心地の相性があるので、出産ギリギリの方が良いでしょう。

骨盤ベルトは、産前産後いつから使うの?

出産経験があるママさんでは、骨盤ベルトはいつから使い始めたでしょうか?

もともと腰痛がある人や、筋力が弱い人、肥満気味な人などは、安定期に入りだしたらつける人も多いようですが、体力のある若いママさんだと、出産後だけつけるという人も多いです。また、産前産後問わず、冷え対策に付ける人もいます。ただし出産後はともかく、妊娠中については、腰痛などが辛くなるころからで十分です。

骨盤ベルトは、産後いつまで使えるの?

骨盤ベルトはいつまでつけるかというのも、わかりづらいですよね。一般的には、下腹部のサイズが妊娠前くらいまでに戻り腰痛が軽くなる、出産後半年くらいまでつける人が多いようです。

ただし骨盤ベルトによって、つける時期のおすすめが違いますので、まずは骨盤ベルトを購入する前にチェックしましょう。

寝る時も骨盤ベルトを使う?

新米ママさんだと「骨盤ベルトは、寝るときもつける?」と、疑問に思うかもしれません。寝るときについては、お医者さんや助産師さんでも意見が分かれるところで、同じ病院内でも意見が分かれてました。

でも共通していることは、寝るときかどうかに関係なく「ズレた骨盤ベルトは、かえって逆効果」であり、「骨盤を締め付けることで眠れないくらいなら、寝るときは外しても良い」ということです。

寝るときにどんなにピッタリ調整してから寝ても、寝返りをうったりするうちに骨盤ベルトは歪んだり外れたりします。また、結構かたい素材が多いので、寝るときにゴロゴロして眠れないときはかなり不快だったこともあります。

逆に、出産後まもなくは、寝るときもしっかりつけて寝て、授乳でちょくちょく起きるときに直すと、つけない時よりも楽だったりすることもありました。

結局のところは、寝るときだからとあまり神経質にならずに、「頑張れる時に頑張る&寝るときはしっかり寝る」くらいが、リラックスできて良いのではないでしょうか。

骨盤ベルトは、帝王切開だと産後いつから使えるの?

ここでは基本的に、通常分娩で出産する(した)ママへ向けての話になりますが、最近では5人に一人の赤ちゃんが帝王出産で産まれてくると言われています。

たとえ帝王切開による出産だとしても、妊娠中にお腹が大きくなり、骨盤が開くことには変わりありません。帝王切開をしているママさん、赤ちゃんの状態によりお医者さんに確認が必要ですが、出産前は通常分娩のママさんと同じようにつける人が多いようです。

帝王切開だと赤ちゃんは産道を通過していませんが、それでも妊娠中には骨盤は広がっています。しかも通常の分娩に比べ、脳が出産をしたという認識をしづらく、骨盤の戻りが遅いと言われています。

しかしながら、帝王切開で出産したママさんのお腹には大きな傷があり、ためらいがちにはなりますが、やはり出産前の状態に戻すためには、骨盤ベルトが有効です。出産後しばらくは寝るときも起きている時も傷が痛くつけることはできないと思います。そこは焦らなくても大丈夫です。

帝王切開した多くのママさんは、1か月検診でお医者さんに確認してから産後の骨盤ベルトを付けることを始めるようです。ただし、帝王切開用という骨盤ベルトはほとんど販売されていないようで、通常の出産用の骨盤ベルトを使用することになります。

また、傷の状態が軽く、早いうちから骨盤をしめたいと考えているママさんには、柔らかく収縮性の高い骨盤ベルトを使用したり、産後用のガードルをつけることでお腹をすっぽり包んでいるママさんもいらっしゃいます。同じ女性として焦る気持ちは理解できますが、くれぐれも痛みをこらえて始めないように注意してくださいね。

産前産後も使用可能!昔ながらの骨盤ベルト「さらし」とは?

妊娠5ヶ月の戌の日に、安産祈願で「さらし」をつける人も多いと思いますが、この「さらし」、その後どうしていますか?

私の場合は、出産する病院であらかじめ「さらし」の話は聞いており、戌の日の安産祈願をした際に神社でいただきましたが、実際にもらってきた時には正直なところ驚きました。ケガをした時に使うガーゼのような、手ぬぐいのような、真っ白で長い布が入っているだけなのです。何も知らないと、これはどのように使うのかわからないと思います。ましてや骨盤ベルトとしてつけるなんて、考えられないはず(笑)

「さらし」については、最もおすすめする骨盤ベルトとして紹介されることが多い一方で、年配者におすすめされることの抵抗感だったり、つける方法が独特だったりで、結局使わなかった…というママさんも少なくありません。

でも、さすが昔ながら今でも根強い人気を誇る「さらし」、好みはありますが、妊婦さん向けの講習などで紹介されることも多いので、お医者さんや助産師さんなど経験のあるプロの方に一度「さらし」をつけてもらいましょう。見よう見まねで着け心地が悪かった人も、一度しっくりつけることができると、もう他の骨盤ベルトは付けられない…なんてママさんも沢山います。

もし、「さらし」との相性が良ければ、1セット(約10m)1,000円ちょっとで購入できます。
また「さらし」の付け方は、いくつかあります。何回か試してみて、自分に合う付け方が見つかるとイイですね。

「さらし」はいつからいつまで使えるの?

骨盤ベルトとして使用する「さらし」、驚くことに、いつでも使えます。産前産後いつからいつまでというより、妊娠していなくても骨盤矯正につける人が実際にいるくらいです。ちなみに私も、いまだに腰痛がひどい時に、時々使用しています。よく、「難しそう」という声を聴きますが、慣れるまでは数回練習が必要なものの、着物を着るほど難しくはなく、慣れるとさほど時間もかからずつけることができます。

また、つけ方の他に、「さらし」の太さも色々です。細くするときは、切らずに縫い付けると、再利用が可能です。

あえて再利用と言いましたが、産後使い終わっても、そのまま捨てることはありません。ダッコ紐にする人もいますし、切ってガーゼのように使ったり、布おむつに使用したり、骨盤ベルトとしてつけることができなくても、産後も大活躍しますよ。

病院でもおすすめの骨盤ベルト、「とこちゃんベルト」とは?

私の病院では、骨盤ベルトとして「さらし」ともう一つ「とこちゃんベルト」をおすすめされました。「とこちゃんベルト」も「さらし」と同じく、妊娠初期から出産後下腹部のサイズが戻るまで使用可能です。

「とこちゃんベルト」も他の骨盤ベルトとは違うタイプで、ガードルタイプなどはウエストを直接締め付けるタイプが多い中、足の付け根部分をしめるタイプになります。ガードルタイプなどで、本来ある程度は自力で戻るはずの子宮や骨盤を無理やりしめると、歪みや腰痛につながりやすいのですが、「とこちゃんベルト」だとその心配が少ない、と言われています。

身体に優しく、効果も抜群の「とこちゃんベルト」ですが、価格が6,000円前後と割高です。「とこちゃんベルト」と言ってもいくつかタイプがあり、またサイズにより価格も変わりますが、他の商品に比べると割高である事は否定できません。さらに単品では使用しにくく、より快適さを求めるなら腹巻やサイド商品が必要だったりします。

骨盤ベルトは1セットだけではなく、洗い替えも必要なので、その費用をどう見るか。マタニティ整体などと併用する方が安く、確実にメンテナンスできるかもしれません。

「とこちゃんベルト」はいつから使えるの?

とこちゃんベルトⅠ・Ⅱともに、妊娠初期から使えます。病院でとこちゃんベルトを指定される場合は、Ⅰ・Ⅱどちらがおすすめか、つける方法なども病院で教えてもらえます。自分で購入する場合は、とこちゃんベルトのWEBショップへ行くと、チャート式で確認することも可能です。

ただ、途中でサイズが小さくなる可能性もあるので、あとで使う分を買いだめするのはおすすめしません。ただ、サイズさえ合えば、そのまま出産後も使用するこが可能です。

産前産後で骨盤ベルトの代わりにできることは?

産前産後の腰痛対策や下腹部のサイズダウン対策として、最もよく知られているのが骨盤ベルトだと思います。しかし、最近では骨盤ベルト以外にも様々な対策が知られているので一緒にご紹介しておきます。

骨盤ベルトはどうも身体に合わないというママさんは、こちらも合わせてお試しくださいね。

産後ショーツはいつからいつまで使える?

産後ショーツは、骨盤ベルトや産後ガードルほど、しめつける力は弱いものの、普段のショーツよりは少し深めで、サポート機能が付いています。

骨盤ベルトや産後ガードルで、サイズがしっくりこなかった人や、骨盤ベルトや産後ガードルを付けた時の素材の硬さやゴロゴロ感が苦手な人には、サポート力も弱く、ゴロつかず、また1枚で履けるので人気があります。

帝王切開して傷が痛いママさんでも、産後ガードルなら出来るという人も多いです。また、寝るときだけ産後ショーツに切り替えるというママさんもいました。

ちなみにいつからいつまで使えるというと、オムツみたいな形の産褥ショーツだと、かなり絞めつける力が弱いものの、出産後すぐから使うことができます。悪露が落ち着いたら産褥ショーツから産後ショーツへ切り替えると良いでしょう。

マタニティヨガや体操はいつから始められる?

病院によっては、骨盤ベルトよりもマタニティヨガや体操などをおすすめしてくれるところもあります。妊娠するとどうしても運動不足になりがち。太りすぎないためにも身体を動かすことは大切です。

最近では、CDつきの本を購入し自宅でもできますが、時期に適した身体の動かし方があるので、やはり正しい姿勢を確認してもらうためにも、近くに教室があるなら通う方がベストです。病院や役所の管轄で、無料だったり安く受講できる機会もありますので、受講してみましょう。

マタニティヨガや体操は、時期によっておすすめの体位が違うものの、いつまでという制限はありません。産後は産後に適したものがありますし、子供と一緒にできる親子ヨガもとっても楽しいです♪

■関連記事:マタニティヨガについて知りたい方はこちらもチェック!

マタニティヨガを自宅で!効果的なポーズはこれ!注意点は?

マタニティ整体はいつから受けられる?

普通の整体だと、ケアする道具が揃っていない場合も多く、妊婦さんの対応はお断りされる場合もありますので、妊娠がわかったら、少し割高になる場合もありますが、マタニティの整体へ切り替えましょう。また、マタニティ整体でもきちんと対応してくれるところなら、妊娠の期間をあらかじめ確認してくれますが、産後しか取り扱いが無いところもありますので、注意が必要です。

マタニティ専門の整体だと、いつまで通えるかも重要です。腰痛は骨盤の矯正が終わった後もダッコのし過ぎなどで続く場合があります。そういった場合に通えるかどうかも考えておきたいですね。

【まとめ】自身に合った産後のケアを!

以上、「産後の骨盤ベルトはいつからいつまでつけるべき?」についてご紹介しました。

骨盤ベルトの種類や使用時期、さらにその他の産後のケアについてもご紹介しましたがいかがでしたか?

産後は赤ちゃんのお世話で忙しく、ご自身のことに構っていられない場合もあるかもしれません。
しかし、早く妊娠前の体調に戻すためにも、お身体をいたわり、自身に合った産後のケアを見つけてくださいね!

もっと産後のケアについて知りたいあなたへ!

産後の体型戻しにおすすめの方法は?体型が戻らない原因は?
産後の肌荒れがひどい!かゆみ・ニキビへの対処法解説!
産後の抜け毛はいつからいつまで?原因と対策・予防方法解説!
妊娠線は消える?産後に妊娠線を消す方法5選!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ