ベビーオイルでマッサージができる?顔・足・リンパに効果的!

ベビーオイルは赤ちゃんの保湿や耳掃除などだけでなく、大人のお肌にも保湿ケアをすることができます。さらに気になる部分のマッサージとしても使うことができるのです。今回はベビーオイルを使ったマッサージの効果的な使い方についてまとめました。敏感肌の人にもおすすめです。

ベビーオイルでマッサージができる?顔・足・リンパに効果的!のイメージ

目次

  1. ベビーオイルは万能オイル!マッサージにもピッタリ
  2. ベビーオイルでマッサージができる?美容効果
  3. ベビーオイルでマッサージができる?乾燥対策
  4. ベビーオイルでマッサージができる?クレンジングにも
  5. ベビーオイルでマッサージにいいのは?鉱物油のベビーオイル
  6. ベビーオイルでマッサージにいいのは?植物油のベビーオイル
  7. ベビーオイルでマッサージができる?頭皮マッサージ
  8. ベビーオイルで頭皮マッサージをする方法
  9. ベビーオイルでマッサージができる?体のマッサージ
  10. ベビーオイルで足のマッサージをする方法
  11. ベビーオイルで手のマッサージをする方法
  12. ベビーオイルでマッサージができる?リンパマッサージ
  13. ベビーオイルでリンパマッサージをする方法
  14. ベビーオイルでマッサージができる?もちろんベビーマッサージも
  15. ベビーオイルでマッサージができる?赤ちゃんの肌トラブル対策
  16. ベビーオイルでマッサージができる?赤ちゃん&ママによいこと
  17. ベビーオイルでマッサージができる?おすすめのベビーオイルとは?
  18. おすすめのベビーオイル◎ヴェレダ
  19. おすすめのベビーオイル◎アロベビー
  20. ベビーオイルでマッサージができる?まとめ

ベビーオイルは万能オイル!マッサージにもピッタリ

ベビーオイルというと、赤ちゃんの体や顔にも使える優しいオイルのことですが、大人になってからは使うこともないし、関係ないと思っている人も多いと思います。
でもそんな赤ちゃんにも使える優しいベビーオイルであれば、敏感肌の人や肌の弱い人にも使えると思いませんか?

ベビーオイルは赤ちゃんにも使えるオイルですが、赤ちゃん専用のオイルではありません。
優しいベビーオイルだからこそ大人の肌にも優しく、イロイロな使い方ができるのです。
今回はベビーオイルの使い方の中でも人気の、ベビーオイルを使ったマッサージについてまとめてみたいと思います。

ベビーオイルでマッサージができる?美容効果

ベビーオイルを大人が使う方法は、本当にイロイロとあります。
効果として期待できるのが、美容効果です。
ベビーオイルを洗顔の前に使用するだけで、お肌がぷるぷるになるという美容法もあります。
忙しい朝にスキンケアを簡単にできるのは、女性には嬉しいことですよね。

スキンケア以外にもベビーオイルを使ったヘアケアや、ベビーオイルを使った頭皮マッサージも人気です。
ベビーオイル1本でヘアケアと頭皮マッサージができれば、コスパもいいですね。
スキンケア商品もヘアケア商品も、1つずつ購入するとそれなりの価格になるので、安くスキンケアやヘアケアをしたという人にもおすすめです。

ボディケアやかかとのケアにもベビーオイルを使うことができます。
大人のお肌にもいいのが、ベビーオイルなのですね。
ベビーオイルには保湿効果があるので、お肌をつるつるにしっとりとさせてくれるのだそうです。

ベビーオイルでマッサージができる?乾燥対策

ベビーオイルにはお肌の乾燥対策にもぴったりです。
赤ちゃんのお肌だけでなく、大人のお肌の乾燥対策にも、ベビーオイルが活躍してくれます。
大人のお肌への乾燥対策には、ベビーオイルにスキンケアやボディーローションなどとあわせて使うとさらに効果が出そうです。

ベビーオイルが乾燥対策になるのは、ベビーオイルがお肌の表面に膜をはってくれることで感想を防いで、保湿の効果を保ってくれるからです。
乾燥が気になる季節には、お風呂の後などお肌を清潔にした後に、保湿効果の高いスキンケアをしてお肌に潤いを与えた後にベビーオイルを重ね塗りしておくと、より保湿の効果が期待できそうですよ。

ベビーオイルでマッサージができる?クレンジングにも

ベビーオイルは、洗顔などのスキンケアだけでなくクレンジングとしても効果が期待できます。
ベビーオイルに使われている油は、メイク用品に含まれる油性成分を溶かす効果があるそうです。
そのため優しいベビーオイルだけれど、しっかりとメイクを落とすことができるようです。

ベビーオイルには、クレンジングをしながら顔のマッサージをするというスキンケアの効果も期待できます。
洗浄力が強すぎずに、お肌への刺激も少ないベビーオイルならではですね。
ベビーオイルを使ってクレンジングをした場合、ベビーオイルにメイクの油分がついて簡単には落とすことができないことがあります。
ベビーオイルでクレンジングをした後は、石鹸や洗顔料でのスキンケアもしっかりとしてくださいね。

ベビーオイルでマッサージにいいのは?鉱物油のベビーオイル

一言でベビーオイルといっても、ベビーオイルの成分にはイロイロなものがあるようです。
ここでは主な成分を紹介させていただきます。
まず1つめのベビーオイルは、鉱物油のベビーオイルです。
鉱物油のベビーオイルは、ミネラルオイルとも呼ばれているベビーオイルで、通常に販売されているスキンケア商品や化粧品などにも幅広く使われているオイルです。

鉱物油のベビーオイルというとなんだか体に良くなさそうですが、ミネラルオイルと言われるとちょっとほっとしますね。
ミネラルオイルには、保湿で有名なワセリンやスクワランというものもあります。
ベビーオイルに使われている鉱物油は、不純物を取り除いた純度の高いものを使っているので、赤ちゃんのお肌にも大人のお肌にも優しいオイルになっています。

鉱物油のベビーオイルは、成分が安定しているのが特徴です。
ベビーオイルが劣化しにくく、赤ちゃんだけでなく大人のお肌を守るために使うには最適です。
鉱物油のベビーオイルは、大量に生産できるために、安く手に入るメリットがあります。
しかし鉱物油のベビーオイルはお肌に浸透しにくいというデメリットもあります。

ベビーオイルでマッサージにいいのは?植物油のベビーオイル

ベビーオイルのもう一つの成分は、植物油のベビーオイルです。
植物油のベビーオイルは、植物から採れる油を原料にしています。
保湿の効果はもちろんですが、ビタミンやミネラルが含まれることも特徴です。
ベビーオイルに使われる植物油には、オリーブオイルやホホバオイル、アーモンドオイル、ココナッツオイルなどがあります。
大人が使うスキンケアにも使われるような、植物油がベビーオイルにも使われているのですね。

植物油のベビーオイルは天然の成分なので、オイルを抽出する手間がかかる分、金額が高いものが多いようです。
しかし天然の油なので、赤ちゃんのお肌にも大人のお肌にも、しっかりと浸透してお肌の滑りを良くしてくるというスキンケアの効果が期待できます。
赤ちゃんと大人、両方のお肌に使いたい、という人は植物油のベビーオイルの方がよりお肌には優しいのでおすすめです。
しかし鉱物油のベビーオイルに比べて酸化しやすいので、長期間の保存をすることができません。
植物油のベビーオイルは開封後、遅くても2ヶ月の間には使い切る必要があるようです。

ベビーオイルでマッサージができる?頭皮マッサージ

ベビーオイルでマッサージをする使い方でおすすめなのが、頭皮マッサージです。
赤ちゃんも大人も、頭皮マッサージをすることができます。
頭皮をベビーオイルでマッサージをするという使い方の効果は、ベビーオイルの保湿効果が頭皮の乾燥を防いでくれるというところにあります。
さらにベビーオイルで頭皮をマッサージすることで、頭皮を柔らかく良い状態に保ってくれるという効果も期待できます。
頭皮の乾燥を防いでくれる効果は、フケやかゆみなどの頭皮のトラブルも防いでくれる効果があります。

ベビーオイルを頭皮マッサージに使う使い方は、髪へも良い効果があります。
頭皮をマッサージすることで、頭皮の結構が良くなり、健康な髪を保つのに必要な栄養素を頭皮全体にいきわたらせるという効果があるのです。
大人の場合は、ベビーオイルで固くなってしまった頭皮をもみほぐしてあげることで、抜け毛や白髪を防ぐ効果も期待できるのですね。
もみもみと強くマッサージしてしまうと、逆に頭皮や毛根にダメージを与えてしまうことがあります。
ベビーオイルを使って、優しく頭皮マッサージをしてあげましょう。

ベビーオイルで頭皮マッサージをする方法

ベビーオイルを使って頭皮マッサージをする時は、まずは頭皮を清潔にしておきましょう。
シャンプーをする前に、ベビーオイルを使う使い方がおすすめです。
お風呂に入って、少し頭皮が柔らかくなっている状態だと、ベビーオイルもしっかりと浸透できてより効果がでるかもしれません。

まずはベビーオイルを適量手にとります。
だいたいシャンプーと同じくらいの量を目安に手にとります。
髪の毛の生え際から、頭頂部に向かって、ベビーオイルを馴染ませるように、くしゃくしゃとマッサージをしていきます。
シャンプーをする感覚より、少し優しいマッサージを心掛けてください。
ベビーオイルは髪に馴染ませるのではなく、頭皮に馴染ませるようにしていくことがポイントです。
赤ちゃんの場合は見ながらできますが、大人の場合は鏡などをみながら丁寧に馴染ませてくださいね。
マッサージは毎日ではなく、週1回から2回を目安に行うのがおすすめです。


◆関連記事:ホホバオイルでマッサージ

ホホバオイルを使った頭皮ケア!クレンジングと保湿のやり方は?

ベビーオイルでマッサージができる?体のマッサージ

マッサージにベビーオイルを使う使い方に、体のマッサージがあります。
体のマッサージにベビーオイルを使うのは、大人のお肌にもおすすめの使い方です。
ベビーオイルで体をマッサージすることで、体全体がしっかりと保湿されて、お肌がしっとり潤い、乾燥によるお肌のトラブルから守ってくれる効果が期待できます。
乾燥する季節や、季節の変わり目など、お肌が乾燥しやすい時期には、その時期だけでも体のマッサージをベビーオイルで行うのも良さそうです。

ベビーオイルで体をマッサージする使い方は、体全体の血行を良くする効果も期待できます。
冷え性の人や、ダイエットをしている人にも嬉しい効果ですね。
大人にも嬉しい効果がいっぱいあるベビーオイルでのマッサージになります。
顔や手足、体など、お肌のマッサージには、摩擦を少なくしてくれるベビーオイルはおすすめです。
お肌へのストレスを最小限にしてくれる効果があります。
オイルに香りがついているものであれば、リラックス効果も期待できそうですね。

ベビーオイルで足のマッサージをする方法

ベビーオイルを使った足のマッサージの方法は、まずはベビーオイルを手に取ります。
広範囲に塗っていくので、もしもベビーオイルが冷たくなっていたら、少し手のひらで温めましょう。
両手を使って、足全体にオイルを伸ばしていきます。
足にベビーオイルを塗っていく時は、足裏から足の付け根に向かってベビーオイルを塗っていきます。
足裏からもみもみとマッサージをしながらオイルを伸ばしていきます。
ひざの裏にはリンパが通っているので、じっくりとベビーオイルを使ってマッサージをすると良さそうです。

さらに太もも、足の付け根まできたら、足の付け根にもリンパが通っているので、ベビーオイルでしっかりと足の付け根もマッサージをしましょう。
マッサージはお風呂の後が望ましいですが、ベッドに入る前の落ち着いてマッサージができるタイミングのほうが良さそうです。
足のマッサージは血行を良くしますが、体調が悪い時には、体に良くないこともあります。
風邪気味の時などは無理をしないで、ベビーオイルでの足のマッサージはやめておきましょう。

ベビーオイルで足のマッサージをした後、かかとのガサガサが気になる人は、一緒にベビーオイルでケアをしてしまいましょう。
大人になると、かかとのガサガサは気になりますよね。
足のかかとケアはとても簡単で、かかとに保湿クリームを塗った後に、ベビーオイルを重ねて塗るだけです。
ベビーオイルを塗った後は、かかとの保湿効果を高めるために靴下を履くと良さそうです。

ベビーオイルで手のマッサージをする方法

ベビーオイルを使った手のマッサージの使い方は、ベビーオイルを手に取って、手全体にベビーオイルが馴染むように伸ばしていきます。
ベビーオイルを伸ばしたら、親指の付け根から手のひらの中心部分に向かってマッサージをしていきます。
その後、爪や爪の周りにベビーオイルを塗りこむようにもみもみとマッサージをしていきましょう。
出かける前にもできるマッサージですが、ベビーオイルをたくさん使い過ぎたら、タオルなどで軽く拭き取ってください。
せっかくベビーオイルを塗っても、スキンケアをしたり洗ってしまっては意味が無くなってしまうので注意をしてください。

ベビーオイルで手のマッサージの後、大人のケアの使い方にネイルケアがあります。
ネイルで弱った爪や乾燥で割れやすくなっている爪のケアも、ベビーオイルを使って行うことができます。
入浴後が望ましいのですが、清潔な状態の爪に、適量のベビーオイルを塗りこみます。
ベビーオイルには保湿の効果も期待できるので、爪を健康に保つことができるようです。


◆関連記事:マッサージしてみませんか?

涙袋はマッサージで作れる?自力で涙袋を作る方法まとめ【効果あり】
フェイスマッサージのやり方は?これで小顔を手にいれる!

ベビーオイルでマッサージができる?リンパマッサージ

ベビーオイルを使ったリンパマッサージの使い方もおすすめです。
全身のリンパの流れが良くなると、老廃物の排出を促してくれるので、疲労回復にもなります。
リンパの流れがいいと、免疫力も上がると言われています。
赤ちゃんはもちろん大人の体にも、健康な体を作るために、ベビーオイルと使ったリンパマッサージは効果が高いようです。

大人にとっての嬉しい効果には、むくみ解消があります。
ベビーオイルでリンパの流れを良くすることで、余分な水分を老廃物と一緒に排出してくれます。
足やお腹周りなど、気になる部分のリンパの流れをすっきりとさせましょう。
リンパ自体もともと流れがゆっくりで、ちょっとしたことで流れが遅くなってしまうものなのだそうです。
ベビーオイルを使ったマッサージで、体全体のリンパの流れを促してあげましょう。

ベビーオイルでリンパマッサージをする方法

ベビーオイルの使い方で有名なリンパマッサージの方法です。
まずは、鎖骨をほぐすことから始めていきます。
ベビーオイルを適量手に取り、鎖骨をぐりぐりとほぐすようにマッサージをします。
顔や足など、どこの部分のリンパマッサージをする時も、まずは鎖骨をマッサージしておくといいそうです。
鎖骨がリンパの最終的な出口になっているからなのだそうです。

顔のむくみを解消したい、顔のリンパマッサージをしたいという場合は、ベビーオイルを耳の下から馴染ませていきます。
耳の下から鎖骨に向けてマッサージをします。
さらに顔のラインを、あごから耳の下にむけてマッサージをしていきます。
唇の上から頬骨へ向けて指を動かして、最終的には耳の下まで持って行きます。
顔の気になる部分から、耳の下まで指を動かします。
ベビーオイルはたっぷりと、オイルを足しながら顔のリンパマッサージをしてください。

顔だけでなく、足や腕もリンパマッサージをすると良さそうです。
足や腕の場合も、まずは鎖骨をぐりぐりとマッサージしてから、足先から足の付け根、指先から腕の付け根に向かってマッサージをしていきます。
ベビーオイルはタップりと、無理やり伸ばすのではなく、お肌にしみ込ませるようにベビーオイルを足しながらマッサージをしていくのがポイントです。

ベビーオイルでマッサージができる?もちろんベビーマッサージも

これまで赤ちゃんだけでなく、大人にも使えるベビーオイルの使い方を紹介してきましたが、もちろん赤ちゃんのマッサージにも、ベビーオイルを使う使い方があります。
ベビーオイルは保湿力が高いので、赤ちゃんの乾燥肌対策におすすめです。
赤ちゃんの顔を見ながらマッサージができるので、赤ちゃんとのコミュニケーションにも良い効果があるといわれています。
赤ちゃんへのマッサージ、ベビーマッサージにもベビーオイルは最適なアイテムになります。

ベビーオイルでマッサージができる?赤ちゃんの肌トラブル対策

赤ちゃんのお肌は、大人のお肌の半分ほどの薄さしかありません。
そのため赤ちゃんは、大人よりもお肌のトラブルが多いと言われています。
そんな赤ちゃんのお肌のトラブルの予防に効果があるのがベビーオイルなのです。

ベビーオイルには、赤ちゃんのお肌に優しい高保湿の成分が含まれています。
特にお肌を保護するという効果に優れています。
だから大人のスキンケアにもベビーオイルは使えるのですね。
ベビーオイルは、赤ちゃんのお肌を守りながら、お肌の表面のバリア機能の効果も高めてくれています。

ベビーオイルでマッサージができる?赤ちゃん&ママによいこと

ベビーオイルを使ったベビーマッサージは、赤ちゃんのお肌の乾燥肌対策や保湿効果を高める使い方だけではありません。
赤ちゃんとの絆を深めるために、必要なコミュニケーションも取ることができます。
その効果を高めるためにも、ベビーマッサージは毎日行うことがおすすめです。

ベビーマッサージは良いことがたくさんありますが、一番は赤ちゃんとママの信頼関係ができることです。
毎日顔を見ながら、ベビーオイルでマッサージをしてあげることで、安心できる人であることを伝える効果があります。
また赤ちゃんのお肌に毎日触れることで、赤ちゃんのお肌の変化に気が付きやすいというメリットもあります。
ベビーオイルを使ってマッサージをすることで、お肌から脳へ刺激をうけて、脳の発達を助ける効果も期待できます。

赤ちゃんの脳が刺激を受けるということは、運動機能や筋肉へも良い効果が期待できますよね。
赤ちゃんの全身をマッサージしてあげることで、内臓にも良い刺激になります。
そして、ベビーオイルでのマッサージはリンパマッサージにもなるため、大人への効果と同じで新陳代謝や免疫力を高める効果があります。
マッサージをすることで、赤ちゃんがリラックスするので、よく眠る子になる、というメリットもありそうですね。

ベビーオイルでマッサージができる?おすすめのベビーオイルとは?

スキンケアにも使うことができるベビーオイルですが、赤ちゃんに使う時には、どんなベビーオイルを選ぶとよいのでしょうか。
赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなので、ベビーオイルの成分にはこだわって選びたいですね。
まず一番大切なポイントは、保湿力が高いベビーオイルを選ぶことです。
赤ちゃんのお肌を守ってくれる保湿力の高いベビーオイルがおすすめです。
赤ちゃんのお肌には、植物性のベビーオイルのほうが安心だと言われています。

天然油を使ったオーガニックなベビーオイルは、アトピー性皮膚炎のお肌にも使えるほど優しいベビーオイルなのだそうです。
赤ちゃんの顔や全身にも安心して使えるベビーオイルを選んであげたいですね。
植物性のベビーオイルは、酸化しやすいので、大人のスキンケアのオイルにも使っても良さそうです。
ベビーオイルは国産かどうか、ベビーオイルの伸びはどうかなど、赤ちゃんのことを考えたベビーオイルを探すことができると良さそうです。

おすすめのベビーオイル◎ヴェレダ

赤ちゃんにも大人のお肌にも使えるおすすめのベビーオイルはヴェルダのベビーオイルです。
オーガニックのベビーオイルで、合成香料や合成着色料などは一切配合されていません。
お肌への刺激が少なくて、お肌を滑らかにするアーモンド油や、お肌を健康にしてくれるごま油が配合されています。
マッサージにも、スキンケアにも幅広く使えるベビーオイルになりそうです。

ヴェレダ カレンドラ ベビーオイル

おすすめのベビーオイル◎アロベビー

アロベビーのベビーオイルも、赤ちゃんにも大人にもおすすめです。
チャイルド・ボディー・セラピストの蛯原英里さんがプロデュースしたベビーオイルとしても有名です。
このベビーオイルも植物油のベビーオイルになります。
マルーラと呼ばれる木の実から抽出した希少な「スクロレアカリアビレア種子油」や、お肌を健康にしてくれるヒマワリ種子油、ホホバ種子油が配合されているそうです。
合成着色料や香料は入っていません。
赤ちゃんのお肌だけでなく、敏感肌の人にもおすすめのベビーオイルです。


【公式】アロベビー アンジュ マッサージオイル 100%天然由来 送料無料 ベビーオイル マッサージオイル ベビーマッサージオイル ベビー 赤ちゃん 新生児 オーガニック 国産 無添加 保湿 無香 ALOBABY alobaby baby

ベビーオイルでマッサージができる?まとめ

今回はベビーオイルでマッサージをする、効果的な使い方についてまとめてみました。
赤ちゃんのお肌にも優しいベビーオイルは、大人のお肌も優しく守ってくれるオイルなのですね。
赤ちゃんがいる人であれば、1瓶を赤ちゃんのためだけに使い切るのが難しいときには、自分も一緒に使うことができるのが嬉しいですね。

もっとベビーオイルについて知りたい方はこちら

ダイソーのベビーオイルが優秀!ヘアケアやスキンケアにも使える!
ベビーオイルで髪をウェットヘアに!やりすぎると髪が痛むリスクも?
人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ