プリクラの保存方法解説!無料でプリ画保存できるアプリがあるの?

プリクラの保存方法解説!無料でプリ画保存できるアプリがあるの?

プリクラを保存する方法について具体的にご紹介していきます。プリクラの保存方法として、無料アプリで保存する方法が人気を呼んでいます。友達や恋人との大切なプリクラを、無料アプリで大切に保存しておきましょう。ぜひ、参考にしてください。

記事の目次

  1. 1.無料アプリを活用するとプリクラ保存が楽になる♪
  2. 2.無料アプリのプリクラ保存方法【手順】
  3. 3.無料アプリ【ピクトリンク】でプリクラを保存しよう
  4. 4.無料アプリ以外にもプリクラの保存方法はある
  5. 5.無料アプリを活用したプリクラ保存方法を覚えておこう

無料アプリを活用するとプリクラ保存が楽になる♪

中学生や高校生といった年代に絶大な人気を誇るプリクラですが、暮らしに役立つアイテムとして、いろいろな保存方法で楽しむ女子中学生や、女子高校生も多いでしょう。

せっかくとったプリクラを、プリ画として大切に保存していくためにも、その方法を考える必要がありますよね。

保存方法としては、アナログ的な手法もありますし、アプリを活用するというデジタル的な手法もあるので、どちらかやりやすい方法を選択していくと良いでしょう。

プリクラを保存するための無料アプリの登場によって、保存方法も大きく変わってきました。

一昔前であれば、プリ帳と呼ばれるようなアイテムを持ち歩いていた、女子中学生や女子高校生も多かったですが、現在ではスマートフォンの無料アプリを活用して、プリ画保存を楽しむ人が増えてきています、

プリ画の保存ができないということもなく、安心して大切なプリクラを保存できる方法として、多くの人たちに利用されています。

無料アプリのプリクラ保存方法【手順】

日々の暮らしを象徴するようなアイテムであるプリクラですが、プリ画として無料アプリに保存していくためには、一定の手順を踏む必要がありますね。

プリント機械で撮影を終えたら、撮影した写真に落書きをしていき、その後プリントアウトするという流れになっています。

①「携帯に送信」で保存する画像を選ぶ

プリクラの撮影機の機種によって異なりますが、撮影前か、落書き中か、印刷中に携帯やスマホにプリ画を送信するかどうかの選択をする時間がありますので、そのタイミングで必ず【携帯に送信する】ボタンを押すようにしましょう。

このタイミングを逃すと、携帯にプリ画が送られてこず、無料アプリに保存できないという事態になってしまいますので、注意が必要です。

落書き中に選択権がある場合には、落書きに夢中になって、送信ボタンを押し忘れないように気をつけてくださいね。

基本的に、プリクラ機で撮影したプリ画を送信できるのは1人1枚まで(計2枚)となっています。

プリクラはもともと2人で撮影することを想定されて作られているものなので、プリ画の送信も2人分送ることができます。それぞれ違うプリ画を選択すると良いでしょう。

同じプリ画を選択しても同じ画像が送られてきてしまいますので、別々の画像を選択して、後で共有する方が賢明でしょう。

②自分のメールアドレスを入力する

そういった中でプリクラ送信を選択するとメールアドレスの入力を求められますが、慌てて入力する必要はありません。

基本的にはプリクラ機と提携している無料アプリにアクセスすることで、自分たちが撮影したプリ画像を保存していくことができるからです。

プリクラ機に登録したメールアドレス宛てにプリクラが送られてくるのではなく、プリクラメーカーが運営しているサイトのURLが送られてくるのでそこにアクセスすることでプリクラの保存が可能となります。

この点を覚えておくと、すんなりプリクラ撮影後のアクションを起こせるでしょう。

③プリクラを携帯に保存する

携帯端末にプリクラを保存するにはプリクラの機種にもよっていくつかのパターンがあります。
1.プリクラ撮影時に入力したアドレスに送られたメールからサイト・アプリにアクセスする。
2.プリクラに印字されているサイトにアクセスする または 印字されているQRコードを読み取る

いずれにせよ、サイトやアプリに移動したらプリクラに書かれているIDを入力してからプリクラの画像が表示されます。

iPhoneの場合は表示されたプリクラ画像を長押しすると表示される「イメージを保存」からカメラロールに保存することができます。

androidの場合は、プリクラ画像画面内に「画像をダウンロードする」ボタンが表示されます。iPhoneのようにプリクラ画像を長押しし「画像保存」ボタンを表示することもできます。

無料アプリ【ピクトリンク】でプリクラを保存しよう

プリクラを保存してくれる無料アプリとして代表的なのは、フリューやメイクソフト、タツミやアイエムエスといったアプリになりますね。

各プリクラメーカーが提携しているアプリに会員登録しておくことで、簡単に撮影したプリクラを保存していくことができます。

会員には、無料会員と有料会員の2種類があり、無料会員の場合は、選択した1枚の画像のみを取得することが可能となっています。

有料会員の場合には、撮影したプリクラを全部取得することができるので、必要に応じて有料会員登録も視野に入れておくと良いでしょう。

いずれのケースでも画像取得の有効期限は、プリクラ撮影後から1週間までとなっているので、期限切れにならないように注意しておきましょう。

有料会員登録することで全部のプリ画を取得することができますが、無料会員の場合は全部のプリ画は取得できません。現段階では無料ですべてのプリクラ画像を保存する方法はないようです。

全部欲しいのか、全部取得できないケースでも問題ないのか、判断して有料会員登録するアプリと無料会員で済ませるアプリを分けておいても良いでしょう。

次のページ

無料アプリ以外にもプリクラの保存方法はある

関連記事

人気の記事