クラッシックコンサートの服装は?男性・女性別にマナーを解説!

みなさん、クラシックコンサートの会場へ足を運んだ経験はありますでしょうか?清楚な服装に身を包み、優雅なクラシック音楽を堪能するという、少し敷居の高そうなクラシックコンサート。実際にクラシックコンサートの服装はどのようなものが良いのかをご紹介します!

クラッシックコンサートの服装は?男性・女性別にマナーを解説!のイメージ

目次

  1. 憧れのクラシックコンサートへ!服装やマナーは?
  2. クラシックコンサート、服装のマナーはこんな感じ!
  3. クラシックコンサートの服装として、基本的なもの
  4. 春のクラシックコンサートの服装〜女性編〜
  5. 春のクラシックコンサートの服装〜男性編〜
  6. 夏のクラシックコンサートの服装〜女性編〜
  7. 夏のクラシックコンサートの服装〜男性編〜
  8. 秋のクラシックコンサートの服装〜女性編〜
  9. 秋のクラシックコンサートの服装〜男性編〜
  10. 冬のクラシックコンサートの服装〜女性編〜
  11. 冬のクラシックコンサートの服装〜男性編〜
  12. クラシックコンサートの服装に合う、メイクの方法♪
  13. クラシックコンサートを楽しむコツ!チケットの買い方に注意?
  14. クラシックコンサート、服装以外のマナー①拍手はダメ?!
  15. クラシックコンサート、服装以外のマナー②”音”に注意しよう
  16. クラシックコンサート、服装以外のマナー③携帯電話の扱い方
  17. クラシックコンサート、服装以外のマナー④トイレは事前に
  18. クラシックコンサート、服装以外のマナー⑤ゴソゴソしない
  19. クラシックコンサート、服装以外のマナー⑥前日はしっかり睡眠
  20. 最低限のマナーで、クラシックコンサートを身近に♪

憧れのクラシックコンサートへ!服装やマナーは?

クラシックコンサートというものに、皆さん行った経験はありますでしょうか?もし行ったことのないという人であれば、クラシックコンサートにはどのようなイメージをお持ちでしょうか?クラシックコンサートというと清楚な服装をして、お上品な雰囲気の漂うお嬢様、スーツ身を包んで革靴を履いたリッチなジェントルマンなどが楽しむようなもの。というイメージのある人も多いのではないでしょうか?

確かにクラシックコンサートには正装に身を包むような人も多くいますが、実はクラシックコンサート自体には特別ドレスコードなどというようなものは存在しておらず、何をどのように着るかというのは個人個人の自由なのです。クラシックコンサートの会場に行ってみると、スニーカーなどのラフな格好で来場されている人もいますし、意外と着飾って来場するような人って少ないこともあるのですよ。

ですから、「クラシックコンサート、興味はあるけど敷居が高そうで自分には行けないかな…」なんて悩む必要はなく、誰でも気軽に楽しむことのできる身近なコンサートなのです。

しかし!クラシックの音楽は気品が溢れる優雅なもの。その空気感を阻害するような服装だったり、行動は慎むというのはクラシック音楽を愛する人たちのなかでの暗黙のルール。いくらドレスコードがないからといっても、さすがに近所のコンビニに行くような格好でコンサート会場に入るわけにはいきませんね。

そこで今回は、クラシックコンサートに行くときの服装として、春、夏、秋、冬それぞれの季節に参考にしたいものを男性女性別にご紹介したいと思います!

春夏秋冬の季節が異なれば服装も変わりますので、気になるコンサートがどの季節でも気軽に行けるように、参考にしてみて下さいね!

クラシックコンサート、服装のマナーはこんな感じ!

まずは、クラシックコンサートの服装のマナーに関してですが、冒頭でも少し述べました通りにクラシックコンサートにはドレスコードというのは殆ど設けられていません。

ドレスコードとは?という点ですが、ドレスコードというのは、来場するのに満たしていなければならない服装のルールのようなものです。スニーカー禁止だったり、デニムパンツ禁止だったり、指定の色の服装は禁止だったり。ドレスコードにはイベントや会場、お店などによって様々なものがあります。

このドレスコードというのが、クラシックコンサートには実はないのです。ですから、基本的に着てはいけない服というのはルールとしてはありません。しかし、クラシックの優雅が気品溢れる雰囲気を乱すようなあまりにもラフすぎるスウェットだったり、くたびれたTシャツ、あるいは周囲の目を引くようなあまりにも派手すぎるものは、マナーとして暗黙の了解なのです。

おしゃれな街へちょっとお出かけ♪というときに選ぶ服装に、ちょっと清楚感を意識するくらいが丁度良いかもしれませんね。

クラシックコンサートの服装として、基本的なもの

では、クラシックコンサートに行くとなった場合に、その服装に選ぶものとして基本的にどのようなアイテムが揃っているとクラシックコンサート向けのコーディネートが組みやすいのかみてみましょう。

クラシックコンサートの服装に相応しいアイテムとして、女性であれば春夏シーズンにかわいいデザインのものがたくさん販売される、派手すぎないワンピースに薄手のカーディガンやストール。秋冬でしたらさっと羽織れるブラウスなんかが1着あると助かりますね。


男性でしたら、チノパンなんかの色味が派手すぎないカジュアルなパンツを持っていると良いですね。チノパンは春夏秋冬どの季節にも活用できますから、1本持っていると便利です。あとはカジュアルなものでも構いませんので、ジャケットをさらっと羽織ってみるとおしゃれですね。

春のクラシックコンサートの服装〜女性編〜

ではここからは、クラシックコンサートに相応しい服装の例となるものを、春夏秋冬そして男性女性別にご紹介していきたいと思います!まずは春のクラシックコンサートの、女性の服装から見ていきましょう。

春は天候に恵まれる日が多く、気温も丁度よくて少し薄着でも過ごしやすい季節ですよね。華やかで優雅なイメージのある春のクラシックコンサートに相応しい服装として、ひざ下丈のスカートに白いシャツ、薄手のカーディガンなんかが良いですよ。

春は穏やかな季節ですから、そんな春の季節にぴったりのパステルカラーなど淡めの色味のものをチョイスすると、クラシック音楽だけなく季節そのものも感じられて良いかもしれませんね。

春のクラシックコンサートの服装として、春らしくエレガントな花柄のスカートやカーディガンなんかを取り入れるのもグッドですよ。

春のクラシックコンサートの服装〜男性編〜

春のクラシックコンサート、お次は男性の服装について見ていきましょう。

男性が春のクラシックコンサートに選ぶ服装として相応しいものに、クラシックコンサートの基本的な服装アイテムでもご紹介したチノパンが挙げられます。あまり堅苦しい雰囲気や服装は得意ではない…と感じるような男性でも、チノパンならラフな気持ちで過ごしやすいですよね。

春のイメージに会うような服装も意識したいですので、トップスはカジュアルな白Tシャツなんかで爽やかにコーディネートしてみましょう。首元がVネックになっているものだと、少しキリッとして見えますのでクラシックコンサートにも相応しい服装になりそうです。可能であれば、簡単なベストやジャケットなんかもさらっと羽織ってみましょう。

夏のクラシックコンサートの服装〜女性編〜

ではお次は、夏のクラシックコンサートの服装について見ていきましょう!夏のクラシックコンサートの服装、まずは女性の服装についてです。

夏の女性のおしゃれ着の定番としても取り入れられるワンピースは、夏のクラシックコンサートにもぴったりな服装です。ワンピースは、夏のような暑い季節なら薄手のものを一枚で外に出歩きたくなりますよね。しかし、いくら外は夏の猛暑であるとはいえクラシックコンサートの会場中は比較的涼しく、場所によっては寒いと感じるほどのところもあります。

そのような場所で薄手のワンピース一枚では、せっかくのクラシックコンサートの音色に集中できませんね。ですので、夏のクラシックコンサートに訪れる際は、薄手のカーディガンやストールなどの冷房対策アイテムも持ち歩くようにしましょう。

ワンピースの色味は、夏の暑い日も爽快に感じるブルー系のものが爽やかで良いですね!

夏のクラシックコンサートの服装〜男性編〜

夏のクラシックコンサートの服装、お次は男性の服装について見ていきましょう。

男性の夏のクラシックコンサートの服装にも、やはりチノパンは大活躍します。カジュアル過ぎないシンプルなデザインのTシャツに、チノパンをさらっと着こなして夏のクラシックコンサートに出かけてみましょう。もちろんチノパンでなくても、あまり色むらのないきれい目のデニムなんかでも良いですね。


夏の暑い日には、足首まで丈のあるパンツよりもやはりハーフパンツなどで涼しく過ごしたい。そう思う方も多いかと思いますが、ハーフパンツだとあまりにもカジュアルすぎる印象になってしまいますので避けておきたいところですね。

夏のクラシックコンサートの服装として、薄手のスラックスなんかもクラシックコンサートの雰囲気にぴったりでおすすめですよ!

秋のクラシックコンサートの服装〜女性編〜

続いては、夏の暑さも落ち着いた秋のクラシックコンサートの服装のご紹介です。まずは、女性の秋のクラシックコンサートの服装から!

秋のクラシックコンサートも、やはり定番のワンピースコーディネートは欠かせませんね。ですが、夏物のワンピースだと寒いですから、秋冬仕様のワンピースもしくはロングスカートなんかだと、防寒もできる上にエレガントさもあって秋のクラシックコンサートの雰囲気にもぴったりです。


トップスはお上品なフォルムであればニットなどのカジュアルなものでもOK!シンプルなロングTシャツでも問題ありません。

秋のクラシックコンサートということですので、秋らしいボルドーの洋服や、マスタード色の洋服などをチョイスすることで、クラシックの音色とともに秋の雰囲気も楽しむことが出来そうです♪

秋のクラシックコンサートの服装〜男性編〜

秋のクラシックコンサートの服装、続いては男性の服装です!

男性の秋のクラシックコンサートとして、ジャケットがかなり活躍してくれるアイテムになります。ジャケットは秋のファッションアイテムとして普段使いしてもおしゃれな洋服ですが、それを秋のクラシックコンサートの服装に選べば、クラシックの優雅な雰囲気ともマッチして良いですね。

ジャケットの中の服装は、カチッとしたシャツなどでなくてもラフにTシャツなどでも大丈夫ですよ。ジャケットの織りなすクラシックな雰囲気を保つためにも、中に着る服装はできるだけシンプルなものを選びたいですね。

ボトムスはチノパンやデニムでも良いですし、品高くスラックスで決めてみるコーディネートも、秋のクラシックコンサートに是非挑戦してみたい服装です!

冬のクラシックコンサートの服装〜女性編〜

では、季節別のクラシックコンサートの服装として最後に、冬のクラシックコンサートの服装について見ていきましょう。まずは女性の冬の服装です!

冬は寒さの厳しい季節ですから、当然のことながら厚着をして外へお出かけしますよね。しかしクラシックコンサートの会場内では、夏には冷房が効いていたように冬には会場内では暖房が効いています。ですので、冬のさむさのためにあまり着込み過ぎてしまって厚着でコンサート会場へ行ってしまうと、いくら冬でも会場内では暑く感じてしまう可能性も。


理想としては、外の冬の寒さをしのぐためにぶ厚めのコートを羽織っておいて、中の服装はあまり厚着にし過ぎないというのがポイントになってきますね。ニットの中にシャツ一枚くらいにとどめておくと良いでしょう。冬の気温で足元が冷えないように、足回りの防寒はしっかりと努めておいて下さいね!

冬のクラシックコンサートの服装〜男性編〜

冬のクラシックコンサートの服装、お次は男性の冬の服装を見ていきましょう。

男性の冬のクラシックコンサートの服装は、他の季節のよりも比較的簡単かつ気軽にコーディネートを組みやすいと言えるでしょう。冬の寒さもしのげるジャケットは秋と同じものを使用することが出来ますし、カジュアルだけどお上品な色合いのものならニットなんかでも問題ありません。

もしもあまり品のあるイメージのニットがない…という場合でしたら、ニットのしたにカッターシャツなどを重ね着として活躍し、カジュアルだけどフォーマルな雰囲気もあるコーディネートにしあげると、冬のクラシックコンサートの服装もバッチリですね!

ボトムスもこれまで通りチノパンやスラックスでOKですが、薄くて寒ければ防寒タイツなどを重ねるといいでしょう。

クラシックコンサートの服装に合う、メイクの方法♪

ここまで男性女性の各季節ごとにおすすめなクラシックコンサートの服装についてご紹介してきましたが、ここで女性におすすめしたいクラシックコンサートの服装に合うメイクの方法やコツも少しご紹介しておきたいと思います♪

女性は服装だけでなくメイクも施さなければならいのですが、女性がクラシックコンサートにお出かけするときにするメイクのやり方として、出来るだけ色数を抑えるというメイクの方法がおすすめです。

アイシャドウを塗るならば、ゴールドやブラウンなどのナチュラル系のものを。チークは淡めにふんわりと乗せて、ナチュラルで品のある印象に仕上げたいですね。

色数を抑えているぶん、アイラインをしっかり目に引いて凛としたイメージにしあげるというメイクも、クラシックコンサートに合いますよ!


◆関連記事:意外と知らない!?マナーのおさらい

結婚式と披露宴の違いとは?服装などのマナーも解説します!
フィンガーボールの美しい使い方解説!【大人のマナー】

クラシックコンサートを楽しむコツ!チケットの買い方に注意?

クラシックコンサートの服装について、なんとなくイメージを持つことが出来ましたでしょうか?クラシックコンサートに行くなら、チケットが無ければ何も始まりませんよね。そこで、クラシックコンサートのチケットを購入する際に注意したいポイントをご紹介しておきたいと思います。

やはりコンサートともなれば、前の方の座席が空いていると「ラッキー!」と思ってついつい前の座席を選んでしまいがちですが、クラシックコンサートの場合は、最低でも前から10列目以降の座席を選ぶことをおすすめします。

というのも、クラシックコンサートは演奏者の人数がとても多いですよね。その大人数でときには大迫力な力強い演奏も行います。そうなった時に前すぎる座席を選んでしまうと、楽器全体がバランス良く聴こえない可能性があるのですね。

ですからいくら前の方が空いていたとしても、お目当の奏者や指揮者に注目したいということでもない限りは真ん中のほうの座席を確保しましょう!

クラシックコンサート、服装以外のマナー①拍手はダメ?!

では最後に、クラシックコンサートにお出かけする際に気をつけたいことや、守るべきマナーについてご紹介しておきたいと思います。せっかくのクラシックコンサートで赤っ恥をかいてしまわないためにも、しっかりと把握しておいて下さいね!

クラシックコンサートでのマナーとして、拍手のタイミングには注意が必要です。シンガーやバンドなどのライブでしたら、曲が終わるたびに拍手や歓声を贈るのが一般的ですが、クラシックコンサートの場合は拍手をするのは暗黙の了解で避けたいタイミングがあります。

れは、交響曲の演奏の際です。一見すると曲が終わったように感じる場合でも、交響曲である場合はその曲と曲の間には拍手をしないというのが一般的なマナーになっています。

うっかり拍手をしてしましそうですが、シーンとした空気のなか自分だけ拍手をして恥ずかしい思いをしないようにするために、迷ったら指揮者の動きに注目してみましょう。指揮者が観客側を向いてお辞儀をしたときなどは拍手を贈るタイミングになります!

クラシックコンサート、服装以外のマナー②”音”に注意しよう

クラシックコンサートで気をつけたい注意点やマナーに関して。お次は音に関する注意点やマナーにをご紹介したいと思います。

クラシックコンサートというのは、当然のことながらクラシック音楽を楽しむために多くのお客さんが集まる催しものですよね。音楽を楽しむという意味ではバンドなどのライブなどとも同じかもしれませんが、少しニュアンスが異なります。

お客さんと一体となってみんなで盛り上がる。というよりは、その一音一音に集中して楽しみたい人、そしてそのハーモニーを楽しみたいという通なクラシックファンの人も多いのです。ですから、少しの雑音でも敏感になってしまい、不快だと感じる人も多くいるという認識をしておくべきです。

配慮として、カツカツとなるヒールは避ける。シャカシャカと音のなるようなチェーンのバッグなどは避ける。傘の扱いに気をつけるといったことを心がけましょう!

クラシックコンサート、服装以外のマナー③携帯電話の扱い方

クラシックコンサートでの注意点やマナーに関して、お次は携帯電話の扱い方についてご紹介します。

先ほどクラシックコンサートでの音に関する注意点やマナーについてご紹介しましたが、音が鳴るものといえば携帯電話も注意して扱うべきものだと言えますね。

携帯電話はマナーモードにしておくのがコンサートやライブ会場においての常識ですよね。しかし、マナーモードだけではアラームがなってしまったり、何かしらの通知音が鳴ってしまう可能性もゼロではありません。演奏が静かでシリアスなシーンの時などに携帯電話が鳴ってしまっては、かなり恥ずかしいですよね。

ですので、携帯電話はマナーモードではなく、電源を元から切っておくようにしましょう!

クラシックコンサート、服装以外のマナー④トイレは事前に

クラシックコンサートで気をつけたい注意点やマナーに関して。お次はトイレについてです。

クラシックコンサートというのは、通常のライブやコンサートと同じように長時間にわたりますが、途中で一度休憩を挟みます。その時にトイレに行けば良いのですが、みんながいっせいにトイレに並びますから、休憩時間内にトイレに必ず行けるとも限りません。


かといって、コンサート上演中にトイレで席を立つなんていうのは以ての外ですよね。ですから、トイレはコンサートが始まる前に済ませておく。そしてトイレの後は出来るだけ水分を余分に取りすぎないようにも心がけたいですね。

トイレ対策として、利尿作用のあるコーヒーなどはコンサート前やコンサート休憩中のドリンクには避けるようにしましょう。

クラシックコンサート、服装以外のマナー⑤ゴソゴソしない

クラシックコンサートで気をつけたい注意点やマナーに関して。お次はコンサート上演中の態度についてです。

クラシックコンサートはというのは、他のライブやコンサートとは違って、体を揺らしながら楽しむといったようなものとは異なり、数時間じっとしたまま音楽を聴いているというスタイルになりますね。

っとしているのは苦痛だと感じるかもしれませんが、だからといって小刻みにゴソゴソとしてしまうと周りのお客さんが不快に感じてしまう可能性が高いです。クラシックコンサートには、かなり通なお客さんも多いというのは先ほどもご紹介させていただきましたが、そのような方には周りの人のゴソゴソとした動きも気になってしまうもの。

ですので、長時間じっとしても耐えられるような、締め付けの少ない服装を心がけるようにしましょう。

クラシックコンサート、服装以外のマナー⑥前日はしっかり睡眠

クラシックコンサートで気をつけたい注意点やマナーに関して。最後に睡眠についてもご紹介したいと思います。

クラシックが本当に大好きでいつまで聴いていられるというような通な方でしたら大丈夫かもしれませんが、初めてクラシックコンサートに訪れるという方にとっては、もしかしたらじっと座って聴いているのに耐えられなくなって眠気を感じてしまうかもしれませんね。

クラシックコンサートの会場で眠ってしまっている人は時々見かけますが、眠ると何が迷惑なのかというと、いびきです。眠っている間のいびきは自分ではコントロールできませんので、ただただ周りの人に不快感を与え続けるということにもなりかねません。

このような状態になることを避けるために、コンサート前日はしっかりと睡眠をとっておきましょうね。

最低限のマナーで、クラシックコンサートを身近に♪

いかがでしたでしょうか?

クラシックコンサートに訪れる際の服装に関するマナーや、鑑賞中のマナーに関して、参考になるものはありましたでしょうか?クラシックコンサートは敷居の高いものだと思っていた人も、最低限のマナーや常識さえ守っていれば身近に楽しめるものですので、マナーを守ってクラシックコンサートを気軽に楽しんでみて下さいね。

もっといろんなマナーについて知りたい方はこちらもチェック

神社参拝の作法:願い事を叶えるお参り方法とマナー
内定者懇親会の服装は私服でもいい?マナーを男女別に解説!
結婚式にポニーテールはマナー違反?アレンジのやり方解説!【お呼ばれ】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ