学会の服装を男女別解説!発表しない場合は?医療系の分野は?

学会の服装を男女別解説!発表しない場合は?医療系の分野は?

仕事で学会に参加する際、心配になるのが服装ですよね。学会と言うと普段あまり話すことがない研究者がいるイメージ。どのような服装で学会に行けばいいのか、女性と男性でどう違うのか、発表しない場合はどうなのか、疑問がたくさん。そこで、学会の服装を徹底解説していきます!

記事の目次

  1. 1.【学会の服装】どんなとき学会に参加するの?
  2. 2.【学会の服装】学会とはこんな所!
  3. 3.【学会の服装】医療系の分野は参加する機会が大
  4. 4.【学会の服装】発表するときの服
  5. 5.【学会の服装】発表しないときの服
  6. 6.【学会の服装】季節ごとに傾向はあるの?
  7. 7.【男性の学会の服装】襟付きのシャツは必須
  8. 8.【男性の学会の服装】若い男性はスーツの方が無難
  9. 9.【男性の学会の服装】分野によってはカジュアルな服もOK
  10. 10.【男性の学会の服装】初参加のときは落ち着きある色合いで
  11. 11.【女性の学会の服装】男性よりは自由度が高いかも!?
  12. 12.【女性の学会の服装】看護師は上司の性格も留意
  13. 13.【女性の学会の服装】清潔感のある服は好印象
  14. 14.【女性の学会の服装】靴は履きなれたものを選ぼう
  15. 15.【学会の服装】雰囲気を理解して服装を選ぼう!

【学会の服装】どんなとき学会に参加するの?

学会というと、研修者の集まりというイメージが大きいため、自分か参加することはないと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、たとえば医療系の学会は、実際に治療にあたっている人同士の、情報交換の場という一面あります。そのため、看護師の人や、医療系の仕事についている人は、上司について学会に参加する機会が意外にもあるものです。

看護師のような医療系の仕事でなくても、学会に関連する業種の人は、営業や情報交換のために、学会に参加することも。

また、ソフトウェアを開発する会社、教科書の卸売りをしている会社などは、販売や宣伝のために学会に出席するという場合もあります。

だから、発表しない立場でも、仕事で学会に参加することが出てきます。そんなとき、どのような服装がいいのか、男性・女性共に気になりますよね。

【学会の服装】学会とはこんな所!

そもそも、学会って、どんなところなのでしょうか。研究者たちがむずかしい発表をする、専門的な知識を披露するというようなイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

実際、多くの場合、学会に参加するのは、大学の教員や研究所の職員など、研究に携わる人たちです。日ごろの研究成果を発表したり、実践内容を報告したり、多くの人にとっては接する機会がないとも言えます。

とはいえ、発表の内容が、自分の仕事に関わっていることも少なくありません。また、上司がお医者さんの場合、勉強をかねて同行を求められることもあるでしょう。

そうでなくても、学会に参加している研究者に自社の商品を知ってもらうために、営業の一環として参加している人も実はとても多いんです。

そのため、発表しない場合でも、学会に参加する可能性は無ではありません。だから、男性、女性でどんな服装がいいのか、知っておくことはとても大切ですね。

【学会の服装】医療系の分野は参加する機会が大

研究者ではなくても、学会に参加する機会がとくに多いのが医療系の分野です。大学や短期大学には、看護師やレントゲン技師だった教員もいたりと、現場の知識や経験が重視されている一面もあるからなんです。

学会は、医療の現場の情報を交換する貴重な場です。そのため、看護師が学会に行くということがあっても、決して不思議ではないんです。

看護師のような医療系の分野働いているとはいえ、やっぱり学会は敷居が高いところ。服装が場違いになってしまうと、男性でも女性でも、上司にも恥ずかしい思いをさせてしまいます。

そのため、看護師として参加することになったら、「発表しないからいいや」と気軽に服を選ばない方が、無難でしょう。


【学会の服装】発表するときの服

研究者というわけではなくても、実践報告の担当者として、発表することも。そんなときは、人前に立って発表するので、どのような服を着ればいいのか、迷ってしまうはずです。

もしあなたが発表するときは、男性・女性問わず、やっぱりスーツを着るのがいちばん無難。発表するのを聞く人はもちろんのこと、ラウンドテーブルで発表する場合は、他の発表者もいるからです。

発表する場に居合わせる人は、細かいことを気にしない人もいますが、なかには、どのような服装をしているのか、それが学会にふさわしいものなのか、こだわる人も。とくに、あなたの年齢が若い場合は、なおさらのことです。

ヘアースタイルも含めて、シンプルで、清潔感がある格好をするのが無難。
多くの人に見られていることを考えて、服装を考えてみましょう。

通話料無料・24時間相談できる「恋ラボ」

・通話料無料!
・キャンセル料一切なし!
・初回限定1,000円オフクーポンあり!

恋ラボはexcite(エキサイト)が運営する恋のカウンセリング専門サービスです。

恋ラボの魅力は相談にかかる費用の安さ。通常、電話相談は通話料+相談料がかかり、約10分電話しただけでも3000~5000円ほどかかってしまいます。

ですが、恋ラボの運営元exciteが提供する「エキサイト通話アプリ」を利用すれば通話料無料で相談可能です。

また、初回のみ使える1,000円クーポンを利用すれば恋愛カウンセラーのプロのアドバイスが受けられます。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談


また、電話相談が苦手な方に向け、チャットやメールでの相談もできるのも恋ラボの特徴です。

料金表(税込)

電話相談 110円~/1分
チャット相談 110円~/1分
メール相談 1,100円~/1通

・友達には相談しづらい悩み
・相談しても思うようなアドバイスを周囲からはもらえず一人で悩んでいる

そんなときは恋ラボの経験豊富な恋愛のカウンセラーに相談してみましょう。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談



次のページ

【学会の服装】発表しないときの服

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely