サイクリングの服装は?カジュアルファッションでもいい?【夏・冬】

買い物ではなく、ちょっと遠出のサイクリングをする場合、季節に合った服装はあるのでしょうか。また、新しい自転車を買ったのだけれども、よく服装がわからないというサイクリング女子もいるのではないでしょうか。ここでは、夏と冬とで分けてサイクリングの服装を紹介します。

サイクリングの服装は?カジュアルファッションでもいい?【夏・冬】のイメージ

目次

  1. サイクリングの服装って、あるの?
  2. サイクリングの目的を決める
  3. ロードバイク
  4. クロスバイク
  5. マウンテンバイク
  6. ママチャリ
  7. サイクリングの服装は普段着でいい?
  8. サイクリングの服装はカジュアルでもOK?
  9. 夏のサイクリングの服装は?
  10. サイクリングの持ち物は?
  11. 【服装】サイクリングの日焼け対策は?
  12. 【服装】グローブの意味は?
  13. 【服装】ソックスにもこだわる?
  14. 女性がサイクリングの服装で気をつける点は?
  15. サングラスはファッションではない!?【服装】
  16. 冬のサイクリングの服装は?
  17. おしゃれなサイクリングの服装は?
  18. サイクリングブランドの服装できめる!
  19. テリー ジャパン【サイクリングの服装】
  20. PANDANI(パンダーニ)【サイクリングの服装】
  21. KAPELMUUR(カペルミュール)【サイクリングの服装】
  22. ルコック スポルティフ【サイクリングの服装】
  23. PEARL iZUMi(パールイズミ)【サイクリングの服装】
  24. サイクリングの服装をおしゃれにアレンジ!

サイクリングの服装って、あるの?

関東地方のように平坦な土地が多い場所では自転車は最高の乗り物です。
普段は買い物や通勤・通学でしか利用しないけど天気のいい休日には、サイクリングしたくなる日もありますよね。
でも、服装が気になるという女子もいるのではないでしょうか。また、冬や夏など季節に合った服装もあるでしょう。
どうせなら、ファッションを楽しみつつサイクリングを楽しみたいですね。

サイクリングの目的を決める

サイクリングする場合に必要な物が自転車です。最初はママチャリや普段、乗っている自転車からサイクリングに挑戦してみましょう。
次にサイクリングの目的を決めます。なぜなら、目的によって自転車の種類が異なってくるからです。実は通勤・通学用の一般的な自転車の他にロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクがあります。
目的やサイクリングしたい場所の環境(地形)によって、自転車の種類を選ぶといいでしょう。

ロードバイク

完全にロードレース用の自転車です。競輪選手が乗る自転車とほぼ同じ形状です。ファッション性はゼロです。
自転車のロードレースの大会に出るような本格派の女子にぴったりです。
その半面、砂利道や山道は適していません。専ら、アスファルトを走る自転車です。サイクリングする環境に砂利道があったり、初めてのサイクリングでどんな道かわからない場合には対応できません。
また、タイヤも非常に細くスピードが出ますが、値段も高いです。
よほど本格的にサイクリングをするのでなければ、購入はやめた方がいいでしょう。

クロスバイク

ママチャリや通勤・通学用の自転車に最も近いのがクロスバイクです。カジュアルな自転車の一つですね。
砂利道やアスファルトも大丈夫なので、急に土手を走っているときにサイクリングロードが砂利道に変わっても安心です。もし、自転車を持っていなくて新しくサイクリングのために購入するのであれば、クロスバイクから入るといいでしょう。
ロードバイクほど高くないので、手に入れやすい自転車です。

マウンテンバイク

その名の通り山道専用の自転車です。
タイヤも太く、スピードもあまり出ません。しかし、小さな山や砂利道を映画「インディージョーンズ」さながらに探検したいという女子に最高の自転車です。
山は自然に囲まれ、人も多くありません。鳥のさえずりを聞きながらペダルをこいでいくのは実に気持ちのいいサイクリングとなるでしょう。

一方で、アスファルトを走るとタイヤの溝が減りやすくなり、マウンテンバイクとしての効果が薄くなります。家の周辺にアスファルトが多く、都会的な場所に暮らしている場合はサイクリングのために山へ移動しなくてはいけません。利便性を考えるとクロスバイクがロードバイクがいいでしょう。

ママチャリ

ホームセンターで買えるのがママチャリです。カジュアルな自転車の代表でしょう。
すでにママチャリを持っているならば、初めてのサイクリングはママチャリで充分でしょう。友達に誘われたからといって1回か2回しか行かないようなサイクリングのためにロードバイクを買う必要はありません。
彼氏と気軽にサイクリングしたり、健康のためにサイクリングを日課にしたいというのであれば、ママチャリがいいでしょう。
ロードバイクは速いですが、それは体力があるからではなく、ギヤがあるからです。使うエネルギー量は同じです。ダイエットやちょっと天気がいいからサイクリングしてみたいなというカジュアルな感覚であれば、ママチャリから始めるといいでしょう。
もし、乗っているうちに自転車に関心を持ち、ロードレースに出てみたいと感じたら、ロードバイクを買うといいでしょう。

ドレスガード

自転車の種類ではありませんが、スカートをはいたまま乗れるようにしたアイテムあります。それがドレスガードです。女性向けにかわいいデザインのドレスガードもあり、定評があります。
ドレスガードは、自転車の後輪に取り付けるタイプが一般的で、ドレスガードがあるとロングスカートでもタイヤに巻き込まれる事故を防げます。
ドレスガードとひとえにいっても、いろんな素材やデザインがあるので、スカートの柄や自転車に合わせてトータルで自転車ファッションを楽しむのもいいですね。


◆関連記事:無印で買える自転車の評判は?

無印良品の自転車の評判や性能は?どんな種類があるの?

サイクリングの服装は普段着でいい?

サイクリングをするとわかるのですが、ペダルをこぐとチェーンのあたりにパンツのすそが当たることがあります。夏や冬など季節に関係なく重要なポイントです。
ボトムスのファッションはスリムタイプのものにするか、サイクリング専用の留め具を用意するといいでしょう。こぐたびチェーンにすそがあたると絡まって事故の原因にもなります。
サイクリングの服装はトップスよりボトムスのファッションに気を使うといいでしょう。

靴のファッションは?

ロードバイク用の本格的な靴はいりませんが、サイクリングをする場合は脱げにくい靴を履くのが基本です。サンダルやヒールのように足の甲がしっかりと覆われていない靴は避けましょう。
スニーカーやウォーキングシューズなど運動しやすい靴を選ぶと快適なサイクリングができますよ。

サイクリングの服装はカジュアルでもOK?

スピードの速い遅いに関わらず自転車は歩いているときより、ずっと風の影響を受けます。
向かい風で自転車が進まないのは、そのためです。特に冬の北風の中をサイクリングするには高い精神力も必要です。
服装はカジュアルで問題ありませんが、袖が広がっていたり、サイズが大きめのカジュアル服は避けた方が楽にサイクリングができますよ。


◆関連記事:ほかのスポーツの服装が気になるならこちら

ウォーキングの服装の選び方!男女別・春夏秋冬別に紹介!
スケートの服装と持ち物は?デートや子供と行く時などの注意点まとめ!

夏のサイクリングの服装は?

サイクリングする場所にもよりますが、夏は冬と違って日陰を探すのが大変です。初めてのサイクリングロードを通る場合は休憩ポイントがわからないので、なおさら苦労することでしょう。女性はサングラスにマスク、長袖があった方がいいかもしれませんね。
夏のサイクリングは思った以上に日焼けします。一見、暑そうに感じますが、帽子をかぶって長袖にした方が体温の上昇が防げます。光が当たらないからです。
夏の日差しの中のサイクリングでヘルメットや帽子はつけた方が快適です。日本人の多くは黒髪なので、体温も上がりやすく、熱中症になりやすいのです。

サイクリングの持ち物は?

どこで飲み物が手に入るかわからない場合は、飲み物を必ず持ってサイクリングをしましょう。夏場でも冬場でもあったほうがいいでしょう。理由としては、飲みたいときにいつでも飲めて、サイクリングの疲れを癒やしてくれるからです。
また、ずっと座りっぱなしなので、ときどき自転車から降りて、態勢を変えることも重要です。飲み物はリュックサックなどに入れて、自転車の前カゴか後ろの荷台にベルトで固定しましょう。
バッグを背負ったままサイクリングすると夏場は背中に大量の汗をかき、疲労も早くなります。太陽の照りつけが激しい真夏でのサイクリングでリュックサックを背負うのはやめた方がいいでしょう。

【服装】サイクリングの日焼け対策は?

グローブやアームカバー、レッグカバーは日焼け対策にぴったりです。日焼けは、サイクリング後の見た目だけでなく、急な体温の上昇や、体力の消耗、熱中症の危険が高まります。
小物の長所は、着脱が簡単なことです。夏は、暑ければ外すこともできるため、はじめから長袖のものを着込むより、応用が効きます。

【服装】グローブの意味は?

アームウォーマーやレッグウォーマーはサイクル用でなく一般に売られているアイテムでもいいでしょう。グローブは夏用と冬用、オールシーズンのグローブが売られています。
自分にとって使いやすいグローブにするとサイクリングも快適になりますよ。グローブはハンドルをしっかり握るためのものなので、普通の手袋はできるだけ避けた方がいいでしょう。

【服装】ソックスにもこだわる?

シューズとソックスもサイクリング用がありますが、基本的にスポーツシューズとソックスで問題ありません。シューズとソックスは、通気性のいいシューズやソックスがいいでしょう。
しかし、もっと大事な点は、フィット感です。シューズと足の間に隙間があると走行中に違和感があります。サイズも足にぴったりくるシューズを選ぶと乗り心地もいいですよ。

女性がサイクリングの服装で気をつける点は?

美白が自慢の女性がサイクリングするときは、マスクとサングラスの着用がおすすめ。
あまり日焼けを気にしない女性でも夏のサイクリング後は自分が思っている以上に日焼けをします。他人が見るとすぐに違いに気付きます。反面、冬は寒さが身にしみます。
顔が分からなくて少し不気味ですが、サングラスとヘルメット、マスクで完全防備すると美白をキープできますよ。

サングラスはファッションではない!?【服装】

サイクリングでのサングラスの役目は目を守ることです。
夏場は日差しが強いので、目を傷めないような紫外線対策としてサングラスを着用します。また、アスファルトの照り返しで、走りづらいケースもあります。
他にも、小さな虫が目に入ることもあります。サングラス一つあれば、簡単に防げるので、用意しておくといいでしょう。
街乗りのサイクリングで、目を気にする必要はあまりないのですが、スポーツとしてのサイクリングの場合は、長時間、高速で走行します。ロードバイクの場合は時速60キロにも達します。

冬のサイクリングの服装は?

冬のサイクリングでむき出しの部分が顔です。
正面からの北風を直に受けるので、とても寒いです。冬は自転車のスピードによる風だけでも寒いので、防寒対策はしっかりとしましょう。
首や胸元を暖めると体の保温力が高まります。首元をしっかりと防寒しておくだけで、冬のサイクリングもずっと快適になるでしょう。

ニット帽でファッション性を高める!

ニット帽は、サイクリングで使えるファッションアイテムの一つ。
特にロングヘアーの女性は、自転車で坂を降りたら、髪の毛がボサボサという女性もいるのではないでしょうか。
そこで、活躍するのがニット帽です。主張しすぎない小物アイテムは、多くのコーデにも合います。さらに、カラフルなニット帽を被れば、コーデのアクセントになり、個性的で目を引く存在になれることでしょう。

ネックウォーマー

首元を暖める場合は、ネックウォーマーが使えます。
首元と襟足を保温すれば、寒さは和らぎます。また、マフラーやスカーフと違って、風にも強いです。ネックウォーマーはリーズナブルで、効果が高いのが特長です。サイクリングで暑くなれば、簡単に外せます。

サイクルグローブ

手はハンドルを握っているので、風をまともに受けます。場合によっては、防寒対策に秋ぐらいからつける人もいます。
また、グリップをしっかり握れるようにと夏でもサイクルグローブをする人もいます。
手袋に近いのですが、本当の使い方は、滑り止めやケガ防止です。サイクルグローブをしていない場合、小さな段差でもハンドルから手が外れることもあります。

トップス

冬のトップスはサイクルジャージとウインドブレーカーのコーデがいいでしょう。
サイクリングウェアは機能性が高く、風を受ける胴体部分は風を通さない素材やゴアテックスで暖かくのに蒸れないという作りです。
そのため、通気性がよく、熱が溜まりやすい背中から熱が逃げる構造になっているので、サイクリングにぴったりです。
また、ウインドウブレーカーはサイクルウェア特有のぴったりとしたスタイルにはなりません。そのまま買い物やカフェでお茶したりもできるので、便利です。

つま先

冬のサイクリングで一番冷える箇所がつま先ですね。1時間もしないうちに足が冷えてきます。
防寒用の靴下やときおり、自転車から降りて歩くなどしたほうがいいでしょう。
また、レッグウォーマーでも防寒対策はできますよ。

色に注意

自動車から見ると、冬の朝や晩の自転車は、本当に目立ちません。一番危ないのが夕暮れ時です。角度や西日の影響で、全く見えないこともあります。
そのため、オーバーに着るウィンドブレーカーやハーフコートのファッションは、目に付き易い、明るい色を選ぶと事故も防げますよ。

おしゃれなサイクリングの服装は?

女性におすすめの街乗り用の自転車には、見た目も可愛らしい”ミニベロ”や、軽量で扱いやすいクロスバイクがあります。
また、スポーティーな女性はロードバイクで街乗りする人も、ちらほら見受けられますね。どんな自転車であれ、スタイリッシュな街乗りなら、服装には強くこだわりたいところです。
可愛いウェアで、サイクリングのおしゃれ度をアップさせて、ハイテンションでサイクリングを満喫しましょう!

ショートパンツで足元スッキリ

膝周りが動きやすいショートパンツは、サイクリングにもぴったりです。
秋の定番スタイル「ショートパンツと黒タイツコーデ」は、アクティブな女性を盛り上げてくれます。また、黒タイツは脚を細く見せてくれます。
冬でも、自転車を漕げば身体が温まるので、この組み合わせがいいかもしれませんね。

ショートパンツ派ではない女性は、ポップで可愛い柄のスニーカーを合わせてみてもいいでしょう。
アクティブ系のコーデでも、足元が可愛ければガーリーな雰囲気に早変わりです。どんな自分を演出したいか、少し考えるだけで、コーデの幅が大きく広がることでしょう。

差し色シャツでアクセントを

カジュアルな色シャツは、コーデのアクセントに使えます。
肩やウエストに巻けば、きれいめ系からストリート系まで多用なファッションを楽しむことができますよ。着脱も楽なので、サイクリング中の体温調節にもいいですね。
色シャツが1枚あるだけで、コーデ全体にメリハリができるので、魅力的なファッションアイテムです!

スカート派にはスウェット生地

スカート派のあなたには、履き心地のよい”ひざ丈スウェット生地タイプのスカート”がおすすめです。カジュアルの代表デニムは運動に適していないため、自転車を漕ぐたびに窮屈さを感じます。
できるだけ柔らかい素材のものを選ぶといいでしょう。生地も重めなので、サイクリング中にスカートがヒラヒラとなびく心配も皆無です。

スウェットスカートとスニーカーのコーディネートは、女性らしいカジュアルなスポーツコーデの一つです。
パンツと合わせるとボーイッシュになりすぎてしまうカジュアル系コーディネートも、スウェットスカートにするだけで、大人びた印象を与えてくれます。
ちょっとセクシーに攻めたいときにスウェットスカートとスニーカーコーデはおすすめですよ。

ロングスカートの場合は?

どうしてもロングスカートが履きたいという女性もいるでしょう。
そんなときは、自転車に”ドレスガード”をつけます。ドレスガートとは、ロングスカートの裾が後輪のチェーンやタイヤに巻き込まれて汚れたり、破れるのを防ぐカバーです。
一般的に後輪タイヤにつけます。

レース生地のドレスガードをつければ、可愛らしくフェミニンな自転車になりますよ。乗っている自分だけではなく、見ている人も乗ってみたいと思われる自転車にカスタムしてみるのもいいかもしれませんね。
さらに、自転車と同色の明るいスニーカーをコーデすれば、簡単に統一感が出せます。自転車もコーデの一部と考える素敵なサイクリングファッションに挑戦してみるのもいいですね。

サイクリングブランドの服装できめる!

おしゃれでサイクリングに適したカジュアルファッションを目指したいなら、サイクリングブランドのお店に行ってみましょう。
かわいいブランドのサイクリングファッションにすれば、やる気も出ますよね。
きっと一ヶ月後にはスリムな体型を手に入れていることでしょう。

テリー ジャパン【サイクリングの服装】

テリージャパンのサイクリングファッションは、小柄、お尻が大きい、ぽっちゃりの女性など様々な体形の人がおしゃれに着られる素敵なサイクルウェアを販売しています。
ワンピースやスカートも機能的に作られており、普段着のゆに気軽に着られるのが特長です。女性の快適なサイクリングをコンセプトに、多彩なデザインのウェアを展開しています。

PANDANI(パンダーニ)【サイクリングの服装】

パンダーニのサイクルウェアは、女性好みのカラーやデザインが豊富。
派手で洗練されたデザインも多く、魅力のひとつと言えるでしょう。どれもキュートで個性的なウェアばかりです。気になる女性は一度、見てみるといいでしょう。
目立つタイプのサイクリングファッションを探している女性には、おすすめのブランドです。メンズもあるので、彼氏と揃えてみるのも良いですね。

KAPELMUUR(カペルミュール)【サイクリングの服装】

可愛いサイクルウェアと言えば、忘れてならないのがカペルミュール。
小物のキャップやサイクルスカートの種類も豊富です。アクセサリーやシューズも、可愛いデザインが豊富に揃っていますので、オンラインショップや店頭でチェックしてみるといいでしょう。

ルコック スポルティフ【サイクリングの服装】

サッカーシューズのメーカーとしても知られるルコック。
いろんなシーンに合わせたラインナップから、お気に入りのサイクリングファッションが見つかるでしょう。動きやすく、スポーティーなサイクリングファッションが多く、快適なサイクリングを望む女性の期待に応えてくれるブランドです。

PEARL iZUMi(パールイズミ)【サイクリングの服装】

サイクルウェアの老舗であるパールイズミは、「FREEASY(フリージー)」というカジュアルウェアのブランドを立ち上げました。
カジュアルなデザイン性だけでなく、機能性や耐久性にも優れた商品を販売しています。どのサイクリングファッションも体にフィットして、肌ざわりもいいのが特色です。本格的なサイクリングから街乗りサイクリングまで、最高の気分で楽しめます。

サイクリングの服装をおしゃれにアレンジ!

最初はカジュアルから入って、必要だと思ったらサイクリング用のショップで買い足すといいでしょう。そもそもサイクリングの習慣が身につくかどうかもわかりませんし、とりあえず買って満足してしまう人もいるでしょう。
しかし、サイクリングを日常的に行い、ダイエットやリフレッシュを目的とすることができるようになったら、サイクリングでおしゃれを楽しむのもいいでしょう。
サイクリング用のブランド服は機能面も考慮されて作られています。一度、身に付けてしまうとカジュアルには戻れないかもしれません。

また、サイクリングをする前に家の周辺がサイクリングしやすい環境であるかも大事です。起伏の激しい地域だったり、サイクリングロードもあまり整備されておらず自動車と並走するような道が多いところでは、サイクリングが長続きする可能性も低いです。
サイクリングはある程度、スピードが出て大通りと交わらない環境が必要です。自動車の排気ガスを吸いながら、サイクリングしても快適には感じません。
やはり、広い景色で見晴らしのいい場所をサイクリングして、初めてサイクリングの楽しさを味わうことができるのです。
それでは、素敵なサイクリングを!

もっと服装について知りたい方はこちらもチェック!

ドライブデートの服装はこれ!男子が惚れるコーデを紹介!
野球観戦デートの必勝法!服装・持ち物は何がいいの?
気温ごとの服装の目安とは?気温ごとに服装を解説します!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ