映画館に持ち込み禁止のものは?ペットボトルはセーフ?

映画館に行く時に、いつも悩んでしまうのが、持ち込みしてもいいのだろうか、ということです。映画館で飲み物や食べ物を買うと、高くついてしまいます。そのためできれば持ち込みをしたいものですが、何だったら持込をしても良いのでしょうか。

映画館に持ち込み禁止のものは?ペットボトルはセーフ?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】映画館での持ち込みってOKなの?
  2. 映画館に持ち込み禁止のものは?これってNG?
  3. 映画館が持ち込み禁止なのはなぜ?
  4. 人気&おすすめの映画館のフードメニューは?
  5. 【まとめ】映画館への持ち込みは迷惑をかけないものを

【はじめに】映画館での持ち込みってOKなの?

休みの日に映画館に友達と一緒に行くという人もいれば、恋人とのデートで映画館に行くことが多いという人もいるでしょう。映画館であれば退屈することもないですし、高額というわけでもないため、暮らしの中で自然に利用できます。

暮らしの中で映画館に行く人は多いと思いますが、当たり前の暮らしの中にある映画であるからこそ、少し納得がいかないところがあります。

映画館には様々なルールがあるものですが、あるルールが、私たちの普段の暮らしのルールとはかけ離れており、あまり納得できるようなものではないのです。

その納得できないルールとは、映画館への持込禁止というルールです。映画館では飲食物などが多く、持ち込み禁止となっています。

普通の暮らしの中で、あまりこのように厳格なルールで仕切られているような場所は少ないでしょう。レストランでもある程度、大目に見てくれます。

映画館の持ち込み禁止のルールを知らないという人はいないでしょう。実際に持ち込をしようとして、スタッフに注意されたことがある人も多いはずです。そこで今回は、いまいち納得できない映画館の持ち込み禁止のルールについて紹介していきたいと思います。

映画館での飲食物は高い!

暮らしの中で映画館に行くことは多いものです。それだけ私たちの暮らしに映画というものは根付いており、映画館は誰でも遊びにいける場所の一つとなっています。多くの人の暮らしと密接な関係になっているものなのです。

しかしそれだけ暮らしの身近な映画館ですが、特殊な飲食物が持ち込み禁止というルールがあります。単純に持ち込み禁止というだけであればまだ納得できるのですが、一番納得できないのは、映画館で飲食物を買おうとすると、高くつくということです。

映画館で飲み物や食べ物を買おうとすると、コンビニや自販機で買うときよりも、割高な料金となっています。大人であればそれなりにお金をもらえる暮らしをしているので大丈夫かもしれませんが、学生の場合、これはかなりの痛手です。

それを考えれば、ルールを破ってでも、持ち込みをしたいと思ってしまっても仕方がありません。映画館の中では買いたいと思っても買えないのです。学生ほど、持ち込みをしたいと思ってしまいます。

映画館に持ち込みのOKラインは?禁止のものは?

映画館に持ち込み禁止のルールがあるのは、普通の暮らしを送っていれば、誰もが知っていることでしょう。しかしどこまでのものが持ち込み禁止なのかということは知らない人が多いのではないでしょうか。

普通の暮らしの中で映画館に行く機会は多いと思いますが、ある程度のルールはわかっても、細かい持ち込み禁止のルールはわからないものです。もしかしたら、持ち込み禁止であるにも関わらず、気付かずに持ち込んでしまったこともあるかもしれません。

映画館への持ち込みは基本的に禁止…!映画館によって異なることもある

また、持ち込みと飲食のルールは映画館によっても異なる場合もあります。あの映画館でOKだったから、と持っていったら別の映画館で注意された、となる場合も…。

さて、ここからは映画館に持ち込み禁止なものを紹介していきたいと思います。

映画館に持ち込み禁止なものは様々なものがあります。全てを完全に覚えるのは難しいかもしれませんが、ある程度、間違えやすいものを紹介していくため、最低限、これから紹介するものは覚えておくようにしましょう。

本記事では多いパターンを例に説明していきますので、あくまで目安として考え、それぞれの映画館のルールも確認するようにお願いします。

映画館に持ち込み禁止のものは?これってNG?

ここからは、映画館に持ち込んでいいものなのか禁止されているものなのか、気になるものをチェックしていきましょう。

持ち込みOKなアイテムもありますが、マナーを守って、他のお客さんにも迷惑がかからないようにしたいですね。

①ポップコーンやチュロスは?

映画館の持ち込み禁止に関して、まずはポップコーンやチュロスについて考えてみましょう。ポップコーンなどのお菓子を映画館で食べたことがある人も多いでしょう。映画といえばポップコーンですので、当然、ポップコーンは映画館の中に持ち込んでもOKということになります。

ただ当然の話ですが、このポップコーンやチュロスは映画館で買ったものに限った話です。家からポップコーンを持ってくる人はいないと思いますが、あくまで映画館で購入したフードは持ち込みOKということですので、間違えないようにしましょう。

ポップコーンやチュロスは噛んでもあまり音がでない食べ物です。だからこそこれらが映画館ではよく売られています。映画を見るのと相性が良い食べ物はポップコーンとさえ言われているのです。

ポップコーンを食べると、喉が渇いてしまうため、できればあわせてドリンクも買っておきたいものです。ドリンクに関する注意も後から紹介していくため、そこもしっかり読んでおきましょう。

②おにぎりは?

映画館に持ち込み禁止の食べ物としては、おにぎりもNGです。ポップコーンはよくておにぎりはダメという意味がよくわからないと思うかもしれませんが、多くの映画館ではこのようなものは禁止されています。

おにぎりというと、コンビニで買ってきたものや、家から持ってきたものなどがあるかと思います。しかしそれらは両方共、映画館に持ち込むことが禁止されています。

とはいえ、映画館におにぎりを持ち込んで食べていたとしても、大きな音が出るわけでもないため、スタッフの人は見逃してくれるかもしれません。厳密に言えばNGなのですが、おにぎりくらいであれば、持ち込んでよいとはいえませんが、注意されるまで至らないことが多いものです。

ただ、他のお客さんに迷惑になるくらい、パリっという音やムシャムシャという音を立てながら、食べているようだと、さすがに迷惑ですよね。そのようなことはしないようにしましょう。

③ペットボトルは?

映画館に持ち込み禁止のものとしては、ペットボトルも挙げられます。コンビニなどでペットボトルを購入して館内に持ち込むのは禁止なのです。

映画館でドリンクを買うと、それなりの金額がしてしまいます。しかしペットボトルでドリンクを買えば、かなり安く抑えることができるでしょう。しかし基本的に映画館でペットボトルは禁止されています。映画館の中にペットボトルが売られていれば良いですが、基本的にペットボトルを持ち込みするのはNGなのです。

ただ、ドリンクとしてペットボトルを映画館の中に持ち込んでいる人は多く存在します。実際スタッフが、ペットボトルを発見することもあるでしょう。しかし入り口でそのペットボトルを露出していない限りは、注意されることはありません。

ペットボトルは持ち込み禁止ですが、どこか黙認されているところもあります、入場ゲートのみ隠しておけばOKのような、暗黙の了解です。さすがにペットボトルを手に持っていると注意されるため、そういう時はペットボトルをバッグの中に隠すなどの対策をしましょう。

④お酒は?

映画館に持ち込み禁止のものとしてはお酒も挙げられます。お酒などはドリンクと違いアルコールが入っています。そのため、ペットボトルのドリンクと同じだと考えてはいけません。お酒は見逃してもらえるということがないため、注意しておきましょう。

お酒を飲んでいると、酔っ払ってしまい、他のお客さんに迷惑をかける可能性があります。また、お酒を飲んでいると、臭いもしてしまうものです。そのような理由からお酒は禁止されています。

映画館によっては、お酒を売ってあることも多くあります。しかしお酒の飲みすぎによってトラブルを起こせば追い出されてしまうものです。お酒が売っているからといって、お酒を飲んでべろべろになってよいというわけではないため、注意しておきましょう。

お酒を映画館内にこっそりと持ち込み、それがばれてしまえば、その時点で追い出されてしまうこともあります。お酒は映画館では基本的にNGですし、厳しく対処されます。お酒には注意しておきましょう。

⑤カメラなどの撮影機器は?

映画館に持ち込み禁止のものとしては、カメラも挙げられます。これはカメラによって、映画を撮影されないためです。

カメラで映画を撮影され、それをネットに挙げるような人間が存在します。そのため、映画館ではカメラの持ち込みは絶対にNGです。カメラで撮影などしていたら、絶対に声をかけられるでしょう。

カメラで撮影し、ネットにそれをアップするというのは犯罪です。カメラでの撮影には、映画館もかなり厳しく対処するため、絶対に撮影はしないようにしましょう。持ち込むのもできるだけやめておいてください。

カメラといえばスマホにもついていますが、これに関しては、仕方がありません。スマホにカメラがついているからダメ、という映画館はないでしょう。ただ、スマホのカメラで撮影をしたら、これはダメな行為となるため、そのようなことはしないようにしましょう。基本的にカメラで撮影しなければスルーされます。

⑥クッションは?

カメラやドリンクの場合、持ち込みはNGですが、クッションなどの場合、持ち込みしても大丈夫です。

映画館でずっと座っていると、ドリンクなども欲しくなりますが、それ以上に腰が痛くなってしまうことがあります。もともと腰が悪い人や腰痛持ちの方もいるでしょう。

一度腰が痛くなってくると、こうなってくると、映画の内容もドリンクが欲しいという気持ちも、どうでもよくなってしまうものです。

ただあまりにもクッションが大きく、他のお客さんに迷惑をかけるようなことがあると、ドリンクと同様、持ち込み禁止の対象となってしまうかもしれません。人に迷惑をかけない範囲の大きさのクッションを持っていくようにしましょう。

映画館が持ち込み禁止なのはなぜ?

映画館に持ち込み禁止なものについて紹介してきましたが、そもそも持ち込み禁止な理由は何なのでしょうか。これを知らないと、持ち込み禁止ということに納得できないこともあるでしょう。そこでここからは、映画館に様々なものが持ち込み禁止な理由を紹介していきたいと思います。

映画を見るときには、おやつなどを持ち込んで、友達とそのおやつを食べながら、楽しく映画を見たいものです。映画館には特定にものしか売られていないため、映画館で買うと好きなおやつを食べることはできません。それを考えれば、おやつを別の場所で買い、映画館に持ち込みしたいものです。

映画館に持ち込みが禁止な理由には、様々な理由があります。何もその理由は一つというわけではないのです。それらの複合的な理由によって、映画館にはおやつを含めた、多くのものが持ち込み禁止となっています。納得したい人は、しっかりと読んでおきましょう。

ではさっそく、映画館に多くのものが持ち込み禁止な理由について紹介していきたいと思います。


◆関連記事:映画デートを成功させよう!

映画デートで成功するおすすめの方法17選!注意するポイントは?
映画デートを成功させるコツ!女性が気をつけるべき17のポイント!

①収益の問題

映画館に持ち込み禁止なものがある理由としては、まず収益の問題が挙げられます。

ドリンクやおやつなどを、映画館の中で買おうとすると、かなり値段が高いものです。だからこそ、多くの人はおやつなどを外で買い、映画館の中に持ち込もうとするのです。

映画館の中のおやつなどが高額なのを、それで儲けを出そうとしているからです。そしてその収益がなければ、映画館は営業を継続させることができません。それほど、映画にとって、ポップコーンなどの売り上げは大事なものなのです。

映画館以外からの持ち込みをOKにしてしまったら、映画館で売ってあるおやつの売上げは下がってしまうでしょう。そのため映画館ではおやつなどの持ち込みが禁止されているのです。

②他の客への迷惑

映画館に持ち込み禁止なものがある理由としてあげられるのは、他のお客さんに迷惑がかかるからという理由です。おやつなどでも物によっては、臭いや食べる時の音によって、他のお客さんに迷惑がかかってしまいます。お酒などは言うまでもありません。

このような理由によって、映画館には様々なものを持ち込み禁止とされているのです。何も闇雲に禁止しているというわけではないため、そこだけは理解しておきましょう。

③犯罪抑止

映画館に持ち込み禁止なものがある理由としては犯罪抑止のためという理由もあります。お酒の場合は、喧嘩やトラブルを防ぐためとなりますし、カメラはネットなどへのアップロードを防ぐためとなります。

このようにして、映画館では犯罪が発生することもあるため、それを防止する目的で、持ち込み禁止となっているものもあるのです。覚えておきましょう。

映画館への持ち込み禁止なのは海外も同じ…!

映画館におやつなどのような持ち込み禁止なものがあるのは、何も日本だけではありません。海外でも、同じようなルールがあり、多くの人がそれを守っています。

そのためこれは日本だけでなく、世界中で守られているルールだということです。映画館を存続させるためにも大切なことですので、ルールはしっかりと守るようにしましょう。

人気&おすすめの映画館のフードメニューは?

持ち込み禁止のものが多いとはいえ、「映画館でフードを買うのは高い!」と思っている方も多いはず。しかし現在は、映画館フードも以前よりクオリティが上がっており、「買って損した…」ということも少なくなっていますよ。

ここでは、おすすめの映画館フードメニューを紹介します。フードも映画も楽しめれば、デートや友達とのお出かけも盛り上がります!

TOHOシネマズ:「ホットドック」「ホットサンド」が人気!

全国各地にある映画館、TOHOシネマズは、ホットドッグとホットサンドが人気です。「ジョンソンヴィル ホットドッグ」はボリューム感あるソーセージがジューシーで食べごたえあり。単品で500円ですが、ドリンクやポップコーンとのセットやコンボがお得です。

ホットサンドも食べごたえ十分。あっさりめに食べるならハム&チーズ、がっつりいきたいならメキシカンポークがおすすめです。

ポップコーンもいろいろなフレーバーを楽しめる♪

TOHOシネマズのポップコーンはフレーバーが豊富です。オーソドックスな塩味とキャラメル味はバケツ型の器で食べることができて、映画中もポップコーンを絶やさず食べられます。

シネマイクポップコーンは「北海道バターしょうゆ味」「コンソメWパンチ味」など4種類から選べます。

もっとリッチなフレーバーを楽しむなら、プレミアムシネマイクポップコーンがおすすめ。「プレミアムキャラメル」または「リッチチョコレート味」から選べます。「これがポップコーン?」と思ってしまうほどの味わい深さですよ。

【女性に人気】フード&ドリンクも楽しめる「恵比寿ガーデンシネマ」

フードやドリンクが充実しているおしゃれな映画館。女性に特に人気なのが、「恵比寿ガーデンシネマ」です。シネマに併設されたカフェは大人な空間。デートにもおすすめです!

カジュアルにポップコーン片手に、といった雰囲気とはまた違い、落ち着いたスポット。ドリンクやフードを上映中の館内に持ち込むこともできます。

【恵比寿ガーデンシネマ】
住所:東京都渋谷区恵比寿4丁目20−2
電話番号:0570-783-715

本格アメリカンダイナー「MOTION DINER KYOTO」が併設の映画館もある…!

京都の新京極エリアにある映画館「MOVIX京都南館」には、本格アメリカンダイナー「MOTION DINER KYOTO」が併設されています。グルメバーガーやホットサンドで映画を楽しめますよ。

イートインフロアはモダンでスタイリッシュな空間。大人がくつろげる雰囲気で、こちらもデートにおすすめできる映画館です。今後もこういった楽しみ方のできる映画館が増えるかもしれませんね。

【MOTION DINER KYOTO】
住所:京都府京都市中京区桜之町415 MOVIX 京都南館二階
電話番号:075-254-3277


◆関連記事:映画デートは男ウケのいいコーデで♪

映画デートのコーデで男ウケ抜群なのはこれだ!服装を季節別解説!

【まとめ】映画館への持ち込みは迷惑をかけないものを

映画館に持ち込み禁止なものを紹介してきましたが、映画館に持ち込み禁止なものは数多くあるとはいえ、人に迷惑をかけなければ、スタッフの人もある程度、黙認してくれることも少なくないようです。

持ち込み以前の問題として、人に迷惑をかけないというのは、最低限のマナーですので、そこだけはしっかりと守るようにしましょう。

もっと映画に関する情報を知りたいアナタへ!

初デートに映画はおすすめ?成功させるための17の秘訣とは?
バレンタインにおすすめの映画21選!彼とのおうちデートで見たい♡
泣ける恋愛映画ランキング35選!日本・海外別のオススメ作品は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ