肌を白くする方法11選!毎日の基本ケアで色白美人に【必見】

肌を白くするには具体的にどうすれば良いか気になりますよね。肌が黒くなってしまう原因を知って予防することができればよいですが、肌を白くする方法は基本的な事さえちゃんとしていれば誰でも肌を白くする事ができます。肌を白くする方法をマスターして美しい肌を目指しましょう。

肌を白くする方法11選!毎日の基本ケアで色白美人に【必見】のイメージ

目次

  1. 肌を白くするには:基本
  2. 肌を白くする方法①お手入方法を見直す
  3. 肌を白くする方法②基礎をきちんとする
  4. 肌を白くする方法③クレンジングと洗顔が特に大事
  5. 肌を白くする方法④食べ物に気をつける
  6. 肌を白くする方法⑤サプリを取り入れる
  7. 肌を白くする方法⑥スペシャルケアをする
  8. 肌を白くする方法⑦サンプルなどでしっかり試す
  9. 肌を白くする方法⑧エステに行く
  10. 肌を白くする方法⑨1年中UV対策をする
  11. 肌を白くする方法⑩皮膚科に行く
  12. 肌を白くする方法⑪メイクで隠す
  13. 肌が黒くなってしまう3つの原因
  14. 肌を白くするには:まとめ

肌を白くするには:基本

肌を白くする基本ですが、難しく考えず簡単に考えて行っていただくのが、美しい肌の近道になるでしょう。どんなお肌の悩みでも「外側からのケア」と「内側からのケア」があります。

「外側からのケア」とは基礎と呼ばれる、化粧水や乳液など外側から栄養を与えてあげる事です。

「内側からのケア」とは、サプリや食べ物で体の内側から栄養を与えてあげるケアです。

どちらも両方同時にするのがいちばん理想的ですが、どちらをどの程度するのがやりやすいかで、ケア方法が変わっていきます。

外側・内側、始めやすい内容のものから取り入れていくことが、長続きする秘訣になります。

肌を白くする方法①お手入方法を見直す

普段しているお手入の方法をまず見直してあげてください。昨今、環境の変化により、中学生位からお手入が必要となっています。

ネットや口コミなどで様々なお手入方法が飛び交っていますが、正しいお手入をしてあげるのがいちばんの基本になります。

【肌を白くするには】お手入方法はこうするのがベスト

まず、お顔へのタッチは優しくしてあげることが、肌を白くするポイントです。

叩く、つまむなど下手に刺激を与えると、シミや色素沈着などの原因をもたらします。優しいタッチでお手入をしてあげましょう。

肌を白くする方法②基礎をきちんとする

基礎とは、クレンジング・洗顔・化粧水・乳液・クリームと、メイク以外のいちばんスタンダードなアイテムをいいます。

中学生位から基礎化粧品は使っていった方が良いでしょう。

【肌を白くするには】最低でも使ってほしい基礎品

先ほど、クレンジング・洗顔・化粧水・乳液・クリームの5点を挙げましたが、どうしても面倒くさい場合は、クレンジング・洗顔・化粧水・乳液の4点だけでも良いので、使ってあげるよう心掛けましょう。


▼関連記事:まずは自分に合った基礎化粧品を見つけましょう!

おすすめのスキンケアは?年代別に人気のブランドまとめ!

肌を白くする方法③クレンジングと洗顔が特に大事

肌を白くしたいという人は、クレンジングや洗顔など、洗い流す作業が特に大事です。

「え?化粧水や美容液じゃないの?」と思われがちですが、まず、肌に残った汚れをしっかり落としてあげないと、その汚れが肌の奥に染み込んで、結果肌が黒くなってしまいます。

クレンジング=メイク落としと理解されている方が多いと思いますが、メイクをしていない日でも実はクレンジングは必要です。

油汚れはクレンジングで落とさないと、実は汚れが落ちていないので、夜はクレンジングと洗顔をしっかりとしてあげましょう。

中学生位から習慣付けておく必要があります。

累計販売個数がなんと1,000万個を突破。Lovely編集部がおすすめするクレンジング商品はこちら!

1つで「クレンジング」「洗顔」「角質ケア」「トリートメント」「マッサージケア」 の5役をこなしてくれる優れもの。【DUO ザ クレンジングバーム クリア】

【肌を白くするには】クレンジングと洗顔の重要性

実はスキンケアの中でいちばん大事なのが、クレンジングと洗顔です。綺麗な女優さんやモデルさんも同じようなことを言っています。

クレンジングと洗顔は、ひとつで二役といったものではなく、別々に使ってあげることによって、その効果を発揮してくれます。

白くなりたい方こそ、クレンジングと洗顔をしっかりしてあげましょう。

草花木果の美白ラインがおすすめ!

白い花を咲かせる植物成分などの美白有効成分でシミを抑制し肌の透明感をアップ!自然派なので肌にも優しい♡

肌を白くする方法④食べ物に気をつける

油ものが好きな人は要注意!油物を常習的に食べることによって、シミを作る成分が体の中から作られてしまいます。肌を白くするには、ビタミン類をしっかり摂ってあげることが大事になってきます。

また、バランスの良い食事を心掛けることも大事です。お肌だけでなく、体のためにも食べ物に気をつけてみましょう!

【肌を白くするには】効果のある食べ物

肌を白くする効果のある食べ物の代表がビタミンCです。レモンや柑橘類の食べ物が効果的です。

また、ヨーグルトなど乳酸菌を含んだ食べ物も、体内を浄化して、美白につながります。

肌を白くする方法⑤サプリを取り入れる

④で食べ物に気をつけることについて述べましたが、食べ物だけではどうしても摂取が難しい場合もあります。そういったときはサプリを取り入れ、補うようにしてあげましょう。

美白系サプリについては、健康食品といった部類から医薬品といった部類まで種類も様々です。特に医薬品といった物になると、副作用の可能性もあるかもしれないので、ちゃんと処方してもらう必要があります。

【肌を白くするには】美白サプリメントの選び方

3ヶ月以上続けられるものが良いです。1ヶ月だけでは、効果を感じられないこともあります。そうなると、価格も重要になってきますよね。2,000円未満のものから、20,000円位のものまで価格も様々です。

ふだん常用的に飲んでいる薬などがある場合は、それとの併用ができるかどうか、不安な場合は医療機関で相談してみてください。

効果と価格でしっかり選んでいくことが大事になります。


福岡大の中山教授推奨!リブランコートがおすすめ

ビタミンCの600倍の抗酸化作用を持つフラバンジェノールに美容成分も配合し、紫外線ケア+美白を実現!オールインワン日傘サプリ【リブランコート】

▼関連記事:飲む日焼け止めで完全対策を始めよう!

飲む日焼け止めのおすすめランキングTOP11!効果や成分もご紹介

肌を白くする方法⑥スペシャルケアをする

美容液やパックなど基礎品にプラスして、ケアをすることをスペシャルケアといいます。特に、夏の火照った肌にはひんやりとしたパックなどが簡単で気持ち良いですよね。

美白の美容液も実に種類が様々です。価格と効果で、見合ったものを探したいですね。

▶▶即効性ビタミンC誘導体「VCエチル」配合!【フレイスラボホワイトVCセラム】(医薬部外品)

ここでひとつ、中学生でも試すことのできる非常に簡単なパックを紹介いたします。

小麦粉を使ったパックです。

え?小麦粉?と、思われた方もいるでしょうが、実は小麦粉は肌に非常に良く、毛穴の汚れをしっかりと落としてくれる効果があるのです。

但し、食べる方の小麦粉は、摂り過ぎることによりシミを作る原因にもなってしまいますので、気をつけましょう。

小麦粉のパックだとコスパも非常に良く、中学生頃から試すことができるケアなので化粧水など色々つけるのが面倒くさい人は簡単にケアができます。

【肌を白くするには】小麦粉パックの作り方

小麦粉大さじ2杯に水を少しずつ足して、できるだけダマにならないように混ぜていきます。顔に乗せたときに垂れると不便で効果も薄れるので、ちょうどよい粘り具合に調節をします。

おでこや鼻など脂っこくなりやすい部位を優先的に、そして目や口を避け、顔全体に小麦粉パックを塗っていきます。約10分後に、水で洗い流すだけでOKです。

但し、小麦粉アレルギーのある方は絶対にしないようにしてください。また、小麦粉は新鮮なものを使うようにしてくださいね。

肌を白くする方法⑦サンプルなどでしっかり試す

⑥で簡単なパックを紹介いたしましたが、それに加え基礎品もできれば使っていただける方が、肌を白くする効果が上がっていきます。

必ずサンプルなどでしっかり試してから、化粧水などスキンケア品を購入するようにしましょう。特に肌が敏感かもしれないと思っている人は、パッチテストなどを行ってから購入する方が良いです。

化粧水など購入してみたけど何となくイマイチ…、効果があるのかどうかも分からないし、肌触りも好きじゃないし…と、次から次へと買い足すのをやめるためにも、サンプルで試すことは大事です。

■シミとくすみの原因を同時ケア!プラチナVCセラムがおすすめ◎

お肌の影となる点(メラニン)と面(コラーゲン老化・くすみ)にWアプローチして「抜けるような透明感」美肌へ♡【イデアアクト】プラチナVCセラム1

肌を白くする方法⑧エステに行く


【ふるさと納税】瀬戸内の恵みエステチケット 【体験チケット・チケット】

エステは、ふだん自分では絶対にとり切れない汚れをしっかりと取り除いてくれます。また、美白効果のあるメニューなどで、肌を白くしてもらうのもひとつの手段です。

中学生位の年齢の方にエステは…と思う方もいるかもしれませんが、最近では母親と一緒にお店に行くといった姿が見られるので、中学生でも早すぎることはありません。

エステについては月イチで行けるのがいちばん理想ですが、何かお呼ばれなどイベント事がある前に、早く白くしたい方にはおすすめです。

肌を白くする方法⑨1年中UV対策をする

UV対策とは簡単にいうと、日焼け止を使うことです。1年中、日焼け止めを使用して、肌をこれ以上黒くさせないという方法です。

近年、紫外線量がだんだん酷くなってきていますので、赤ちゃんでも使える日焼け止めがあるくらいです。

特にスキンケアが必要になってくる中学生には必須アイテムです。メイクをしなくても日中外に出るときは、化粧水・乳液・日焼け止めと、この3アイテムは必須です。

また、夏だけでなく、春や秋や冬も日焼け止めを使うようにしましょう。年中UVは降り注いでいますので、季節関係なく肌を白くするための対策をしていきましょう。

■SPF50+ / PA+++ なのに日常使いできる超低刺激!【ロベクチン プレミアムUVディフェンス】

シミ・しわ・たるみの原因となるロングUVAのブロックに対応しSPF50+ / PA+++なのに、がん患者にも使えるほどお肌にやさしい超低刺激!クレンジング不要・天然美容成分配合「日常使いのできる日焼け止めクリームです。

日常使いのできる日焼け止めクリーム 【ロベクチン プレミアムUVディフェンス】

■関連記事:自分に合った日焼け止めを使おう♪

おすすめの日焼け止めランキングTOP35!敏感肌用やメンズタイプも!

肌を白くする方法⑩皮膚科に行く

肌にトラブルがある場合は自分で判断をせずに皮膚科に行くことをおすすめします。塗り薬や飲み薬といったかたちで、薬を処方してくれますので、いちばん安心です。

例えば、日焼けをし過ぎてしまい、肌が火照って痛みや痒みを感じる場合も皮膚科に行くことをおすすめします。こういうときは、処方してくれる薬のみにし、様子を見てみましょう。

■美容クリニックでの治療も効果抜群!

ダーマペン

肌を白くする方法⑪メイクで隠す

基礎品やパック、食べ物に気を付け、サプリで頑張ってみても、すぐには結果が出るわけではありません。日中は外出をしますよね。肌を白く見せるいちばん簡単な方法は、メイクで隠すことです!

メイクは黒くなった肌を白くするだけでなく、シミなど部分的なお悩みを隠すこともできます。メイクがいちばん、ビフォーアフターとして早く白くなれます。

但し、首の色と顔の色が全く違うなど白くなりすぎるとアンバランスな印象になってしまいますので、自然に見えるようメイクの研究をしてみるのも良いですね!

■関連記事:メイク方法を詳しく知りたい方はコチラも参照!

色白メイクの方法解説!色白は作れます!

肌が黒くなってしまう3つの原因

そもそも肌が黒くなってしまう原因とは何なのでしょう?

肌の色が濃くなってしまう原因を知ることは予防にも繋がります。

①日焼けによるメラニン色素の生成・沈着

日焼けの根本的な原因である「紫外線」は肌に炎症を引き起こすB波が含まれています。

この炎症、つまりやけどをした皮膚を守ろうと人間の体はメラニン色素を分泌し始めますが、このメラニン色素が肌に溜まってしまうことでシミとなってしまうのです。

②肌のターンオーバーがされないことによるくすみ

肌は本来新しい細胞を作り出し、古い細胞をどんどん排出しようと定期的にターンオーバーが起こっています。

これによりメラニン色素や透明感を失った古い角質はなくなり白く潤いに満ちた角質が肌に露われます。

しかし、そのターンオーバーの周期の乱れによって古い角質残ったままになったり、多量のメラニン色素が生成されたりすると肌がくすんで見えてしまうのです。

②血行不良による肌の乾燥・不調

肌がみずみずしく透明感を保つためには血液によって栄養素や水分が与えられることが大切です。

しかし血行が悪くなると肌は力を失い、ターンオーバーの周期が乱れたり、乾燥して肌に隙間ができてしまい、肌のくすみへと繋がります。

③コラーゲンの糖化によるくすみ

肌の7割を構成するとされているコラーゲンはタンパク質です。

このタンパク質と人間の体内で余った糖室が結び付き化学反応(メイラード反応)を引き起こすことでコラーゲンは黄色く変色し、肌のくすみへと繋がります。

肌を白くするには:まとめ

肌を白くする、つまり、美白はいちばん時間と労力が必要なケアです。ある程度の時間を要しますが、簡単に考えると、そんなに難しいことをしなくても良いケアでもあります。

化粧水や乳液などの基礎品に加えて、パックなどスペシャル品で外側からケアをし、食べ物やサプリで内側からもケアをしてこそ、少しずつ効果を発揮してくれます。

なるべく高い効果が欲しい方は、それなりにお金も必要になっていきます。

スキンケア品もそうですが、食べ物やサプリ、もしくは医薬品のように内側からのケアもお金をかけてあげることになります。

どの程度白くするのか、予防するのか、のゴールを意識してケアしてあげると、途方もないケアの旅にならなくて済むとはずです。

いちばん大事なことは、正しい知識で正しいケアをしてあげることです。口コミなどで下手に医薬品などに手を出してトラブルにならないよう、正しい情報を得られるようにしましょう。

もっとキレイになりたい人はコチラもチェック!

綺麗になりたい人がすべき11のこと!キレイになる方法教えます
美人顔の特徴と条件11選!バランス・比率が大事?メイクで美人に!
肌綺麗になりたい女性必見♡美肌になる25の方法とは?
美人の髪型!ボブやショートがおすすめ?大人スタイルで勝負!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ