阿部サダヲ出演映画一覧|公開予定作から大ヒット映画まで総まとめ!

名俳優の阿部サダヲさんが出演した映画について紹介します。阿部サダヲさんの演技は見る人をその作品の中に一気に引き込む何かがありますよね。そんな阿部サダヲさんが演じた役や出演した作品をチェックして、阿部サダヲさんの世界を楽しみませんか?

阿部サダヲ出演映画一覧|公開予定作から大ヒット映画まで総まとめ!のイメージ

目次

  1. 阿部サダヲのプロフィール
  2. 2019年11月公開予定の最新出演映画「決算!忠臣蔵」!
  3. 阿部サダヲの出演映画一覧
  4. 阿部サダヲの華麗なる受賞歴!
  5. 阿部サダヲの演技から目を離せない!

阿部サダヲのプロフィール

名前:阿部サダヲ
本名:阿部隆史
生年月日:1970年4月23日
血液型:A型
出身地:千葉県松戸市
身長:164cm
所属事務所:大人計画

阿部サダヲさんと言えば、名俳優という名にふさわしい俳優ですね。演技力が非常に高く、どんな役をしても目を惹きつける魅力を持っています。たとえ主役でなくとも光るのが阿部サダヲさんですね。

そんな阿部サダヲさんですが、あまりの演技の上手さに、芸能界に入りたての頃は元子役と言われていたこともありました。阿部サダヲさんの演技を見るだけで、心奪われる人というのは本当に多いものです。

今回は、その阿部サダヲさんが出演していた映画について紹介しますね。面白いものや、入り込めるものが多いので、是非チェックしてみてください!

2019年11月公開予定の最新出演映画「決算!忠臣蔵」!

2019年の11月に公開される「決算!忠臣蔵」ですが、約300年前の幕府の話です。赤穂藩の浅野内匠頭が江戸城内に斬りかかるストーリーですが、仇討ちをするためにはお金が必要です。

そのお金がギリギリしかない中で、予算内での仇討ちができるのか?というのがこの映画の見所です。阿部サダヲさんは、浅野内匠頭を演じます。

実はこの映画は、キャストがとても豪華であることでも知られていますよ。演技力が高い堤真一さんに、岡村隆史さん、濱田岳さん、石原さとみさん、竹内結子さんなどのように素晴らしいメンバーでの映画なのです。

とても面白いと感じる映画のはずなので、是非ご覧になられてください。

阿部サダヲの出演映画一覧

阿部サダヲさんが出演した映画について紹介します。阿部サダヲさんは、毎回主役を演じているわけではありません。もちろん、主役を演じてる映画もたくさんあります。

ただ、どんな役でも素晴らしい演技をするので、阿部サダヲさんが出た映画はその演技力に注目してくださいね!

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年)

4オクターブの声を持つ世界的ロックシンガーのシンを演じるのが阿部サダヲさんです。吉岡里帆さんは、声が小さなストリートミュージシャンの役ですが、2人は徐々に距離を縮めていきます。

阿部サダヲさんの役はまるで天才シンガーのようですが、実は声帯ドーピングをしてます。これは、してはいけないことなのですが、その秘密を知ってしまった吉岡里帆さん演じる明日葉ふうかがシンを守るというストーリーです。

阿部サダヲと吉岡里帆のデュエットが話題!

阿部サダヲさんと吉岡里帆さんがデュエットした「体の芯からまだ燃えているんだ」です。2人ともとても緊張したようですが、かなり上手だと思いませんか?

阿部サダヲさんの高音が出る声と、吉岡里帆さんの響く声に上手なギターがとても心に響いてきますよね。また、この曲はすごくいい歌ですね!何回でも聴くことができますよ。

会場も非常に盛り上がったようで、感動した人も多かったのではないでしょうか。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年)

この映画では、蒼井優さん演じる北原十和子と、阿部サダヲさん演じる佐野陣治が主役だったものです。阿部サダヲさんは蒼井優さんが演じる北原十和子の同居人の役でした。

不潔な男で、取り得もない佐野陣治に対して、かなりの不満を持っている北原十和子が昔の恋人のことを思い出したり、新たに出会った男に心を奪われたりするストーリーです。

しかし、佐野陣治は北原十和子のことを思い行動を取るというものですが、阿部サダヲさんの演技も蒼井優さんの演技も素晴らしいと感じる映画です。この映画は、数々の賞も受賞しています。

殿、利息でござる!(2016年)

1766年の吉岡宿が舞台となるこの映画は、お金に困っている吉岡宿がお金をどう使っていくのかを考えて、頭を使って生き抜いていく方法を模索するストーリーです。

阿部サダヲさんは、主役の穀田屋十三郎を演じています。穀田屋の当主の役でした。

アンフェア the end(2015年)

大人気だったアンフェアですが、2015年に放映された「アンフェア the end」に阿部サダヲさんは出演しています。アンフェアは、篠原涼子さんが主演で女刑事を演じていました。

阿部サダヲさんは、小久保祐二の役で、篠原涼子さんの上司を演じていました。警視庁捜査一課の課長というカッコイイ役でしたね、篠原涼子さん演じる雪平夏見の行動にいつも悩まされる役でもありました。

ジヌよさらば〜かむろば村へ〜(2015年)

この映画は、コメディ映画です。コメディと言えば、阿部サダヲさんが得意とするジャンルですね。ジヌというのは、お金のことですが、銀行員なのにお金アレルギーになってしまい東北にやってきた高見武晴という主人公の話です。

お金に直接触れるのを嫌がり、田舎で自給自足をして暮らすことを夢見るのですが、そんなにうまくはいきません。癖のある村人に鍛えられながら生きていくという喜劇です。

阿部サダヲさんは、天野与三郎という世話焼きが好きな役を演じていました。

寄生獣・寄生獣 完結編(2014年)

この映画は、パラサイトではないかと疑われる主人公の泉新一が復讐のために社会にいるパラサイト狩りをするというストーリーです。しかし、新一も狙われてしまい、逃走しながらも戦わなければならなくなります。

この映画で、阿部サダヲさんはミギーという主役の右手に寄生したパラサイトを演じているのですが、声での出演でした。声だけなのにいい味を出していた阿部サダヲさんはさすがです。

ヌイグルマーZ(2014年)

中川翔子さん演じる鮎川夢子が主役の映画です。鮎川響子という姉が誕生日のお祝いにもらったピンクのテディベアにブースケと名付けます。

ゾンビに襲われてしまい、戦っていくのですが、ここで鮎川夢子とブースケは合体し姉の響子を守るというストーリーです。

阿部サダヲさんは、ブースケの声を演じました。

謝罪の王様(2013年)

この映画は、宮藤官九郎さんが脚本で阿部サダヲさんが主演の作品です。この2人がタッグを組んだ映画は好きな人が多いですよね。

謝罪師という職業をしている黒島譲が謝罪のテクニックで色んな事件を解決していくストーリーです。阿部サダヲさんの演技のいいところが現われる映画で見ていて笑える映画でもあります。

奇跡のリンゴ(2013年)

この映画は、実話を元にした感動のストーリーです。絶対にできないと言われていた、無農薬でのりんごの栽培に見事に成功した人物の話で、家族愛を描いている映画でもあります。

阿部サダヲさんは、主役の木村秋則を演じました。

夢売るふたり(2012年)

お店をしていたのに火事になって何もかもを失った夫婦が、再びお店を持つという夢を叶えるために資金集めをするという話なのですが、その資金集めがなんと結婚詐欺というビッグストーリーな映画です。

阿部サダヲさんは、市澤貫也という夫婦の夫役を演じていました。

莫逆家族-バクギャクファミーリア-(2012年)

この映画は、暴走族とかアウトローなどが出てくるものですが、昔不良をしていた子が大人になったときのストーリーでもあります。

友情などを描いたもので、徐々に充実した生活になるのですがある事件をきっかけに殺し合いを繰り広げてしまうストーリーです。

阿部サダヲさんは、横田あつしという電気やを営む人なのですが、キレるとかなり凶暴になるという人物を演じていました。

ぱいかじ南海作戦(2012年)

カメラマンをしていた主人公が、リストラされて家族にも逃げられ沖縄に行くストーリーです。沖縄でもホームレスに全財産を盗られたりと散々な目にあいますが、ホームレスに土下座をさせ、その後人生が変わる出来事があったりと波乱万丈な映画です。

この映画では、阿部サダヲさんはカメラマンの主人公である佐々木を演じています。

Friends もののけ島のナキ(2011年)

もののけ島というところに赤ちゃんが迷い込み、鬼が面倒を見ながら人間の村に返していくというストーリーです。阿部サダヲさんは、ゴーヤンというゴーヤのもののけの声を演じていました。

アンフェア the answer(2011年)

アンフェアシリーズの「アンフェア the answer」にも小久保祐二役で阿部サダヲさんは出演しています。阿部サダヲさんの役は、篠原涼子さん演じる雪平を嫌っていましたね。

1つのUSBメモリを巡って事件が勃発するのですが、人を信じるのも裏切るのも難しいという人間の心理に迫ったストーリーです。

太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-(2011年)

太平洋戦争でのサイパン島で45000人の米軍をたった47人の兵で戦略した陸軍大尉の話です。この陸軍大尉は米軍から「フォックス」と呼ばれていました。実はこの陸軍大尉は実在していた人物です。

8月15日のポツダム宣言で戦争は終ったのですが、その事実を知らない日米軍を描いています。阿部サダヲさんは、元木末吉という役を演じていました。

大奥(2010年)

大奥は、時代劇の映画で、ドラマ化もされて非常に人気が出た作品です。それまでは、男性中心の社会だったのですが、大奥では女性中心の社会になり女性が国を統一するなどのように女性社会を描いた映画です。

阿部サダヲさんは、杉下という大奥での古株を演じていました。

なくもんか(2009年)

人気惣菜店の店主は人がよすぎて困っている人を放置することができません。頼まれごとは何でも引き受けてしまいます。この店主は二代目ですが、ある日初代店主の娘がひょっこり帰ってきます。

その娘と結婚してお店を繁盛させていくのですが、そこで様々な事件が起きてしまいます。阿部サダヲさんは、主役の下井草祐太役を演じています。

ぼくとママの黄色い自転車(2009年)

母親からもらった黄色い自転車を大事にしている大志と母親との絆の物語です。阿部サダヲさんは、大志の父親役である沖田一志を演じていました。

ヤッターマン(2009年)

4つそろえたら願いが叶うドクロストーンを巡るストーリーです。阿部サダヲさんは、海江田博士という考古学者の役を演じていました。

男手一つで子供を育てるのですが、ドクロストーンのせいで娘と離れ離れになってしまうのですが、最後にはまた娘と再会できるという役でした。

252 生存者あり(2008年)

地震や台風などの被害にあった東京が舞台のストーリーです。パニックになった東京で地下鉄に閉じ込められた人々が「252」の信号を送ります。

この信号にきづいたレスキューが助けにいくという話です。阿部サダヲさんは、長坂という主役の上司を演じていました。

ぼくのおばあちゃん(2008年)

仕事が忙しくて家庭を顧みることがなかった主人公が、ある日おばあちゃんのことを思い出し、おばあちゃんがきっかけで家族との絆を築いていくストーリーの映画です。

阿部サダヲさんは、茂田洋一という役を演じていました。主役が関わっていく家族の一員で大事な役でしたね。

パコと魔法の絵本(2008年)

癖のある患者ばかりが集まる病院で一番嫌われていた人物がパコという少女に出会い、変わっていくという話です。阿部サダヲさんは、堀米という空気が読めない患者を演じていましたね。

舞妓Haaaan!!!(2007年)

映画初主演作であり、阿部サダヲさんの代表作の1つでもあるでしょう。宮藤官九郎さんがシナリオを書いています。この映画は、舞妓に情熱をかける人物の話です。

阿部サダヲさんは、鬼塚公彦という役を演じていました。

ユメ十夜(2007年)

ユメ十夜では、第六話のわたしを演じていました。夏目漱石の作品を映画にしたもので、全部で第十話まであるオムニバスに仕上がった映画です。

第六話が一番面白いとも言われています。

アンフェア the movie(2007年)

「アンフェア the movie」にももちろん出演しています。雪平夏見の最愛の娘が爆破事件に巻き込まれる話です。この娘役ですが、現在のAKB48の総監督をしている向井地美音さんが演じていますね。

阿部サダヲさんは小久保祐二役です。ボールペンをカチカチならす男性でしたね。

子ぎつねヘレン(2006年)

北海道で獣医をする男性が、ある日聴覚、視覚、味覚を失った子ぎつねに出会い、その子ぎつねを育てていくストーリーです。

阿部サダヲさんは、警察官役で出演していました。この映画は、実話を元にしているものです。

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ(2006年)

ぶっさんが死んで3年後を描いたストーリーです。ある日ぶっさんの声が聞こえたバンビは、久しぶりにみんなに会ってぶっさんをよみがえらせようとするものです。

阿部サダヲさんは、猫田カヲルというモー子と結婚している人物を演じています。

妖怪大戦争(2005年)

1968年あった妖怪大戦争のリメイク版です。都会っ子の少年が田舎で暮らすことになり、いじめられるのですがある日妖怪と出会うというストーリーです。

阿部サダヲさんは、川太郎というカッパの役を演じていました。

真夜中の弥次さん喜多さん(2005年)

妻がいながらも喜多八という役者と恋人関係になり、妻を死なせてしまったために旅に出る主人公が、いろんな試練を乗り越えていくという話です。

阿部サダヲさんは、金々という役を演じていました。

北の零年(2005年)

明治3年に起きた庚午事変に関する話で、稲田家と家臣を中心にしたストーリーです。とても過酷な運命を辿る人々の姿を映し出しています。

阿部サダヲさんは、中野又十郎という役を演じました。

eiko(2004年)

麻生久美子さん主演の映画で、いろんな人にだまされてしまう疑う心を知らない主人王がある老人に出会い一緒に暮らすというストーリーです。

阿部サダヲさんは、引いた男性の役を演じているのですが、この映画で阿部サダヲさんに惹かれたという人も沢山います。

下妻物語(2004年)

ロリータの深田恭子さんと、ヤンキーの土屋アンナさんが主役を演じた作品です。下妻に住む全く違う2人の女性について描いた話です。

阿部サダヲさんは、一角獣の龍二を演じています。

木更津キャッツアイ 日本シリーズ(2003年)

余命宣告をされた主人公が亡くなってしまう話ですが、とっくに死んでいたはずのおじーが出てきて大騒ぎするストーリーです。

阿部サダヲさんは、猫田カヲルという韓国パブの店主を演じていました。

新刑事まつり一発逆転 リハビリ刑事(2003年)

刑事まつりの第3弾となった映画です。ショートムービーでコメディ要素たっぷりの面白い映画だと言われています。

日本の裸族(2003年)

【中古】 日本の裸族 /奥秀太郎(監督),松尾スズキ,阿部サダヲ,荒川良々 【中古】afb
【中古】 日本の裸族 /奥秀太郎(監督),松尾スズキ,阿部サダヲ,荒川良々 【中古】afb

ヤクザ事務所「三郷興業」が舞台になり、海外からお尻の穴に色んなものを詰めて帰ってくるヤクザや当たり屋、シャブをする人などが出てきます。韓国エステの経営を立て直そうとするもうまくいかないときにまたヤクザが出てきたりと刺激的な映画です。

阿部サダヲさんは、ストローというヤクザのボクサー役を演じていました。

日雇い刑事(2002年)

この映画は、不況が続いていたために刑事もパートタイム制になってしまいます。事件があるときだけ呼び出される日雇いの刑事の話ですが、阿部サダヲさんは東大出身のヤスというヤクザを演じています。

血を吸う宇宙(2001年)

誘拐されたと思った娘のことを警察に話したところ、娘はこの家にいないと言われてしまいます。その後、女霊媒師についてくと様々な奇妙な事が起きるというストーリーです。

阿部サダヲさんは、清彦という役を演じています。

ざわざわ下北沢(2000年)

シネマ下北沢の創設者が劇場を作りたいという思いからできた映画です。阿部サダヲさんは、高藤の友人という役で出演しています。

うずまき(2000年)

うずまきと関係のある怪奇現象が起きる話です。呪われた土地での呪いを収束させるストーリーでもあります。阿部サダヲさんは、山口満という役で出演しました。

グループ魂のでんきまむし(1999年)

お笑いトリオグループ魂のことを描いた映画です。売れない日々を過ごした3人のもとにテレビのレギュラーの話がきますが、誰かがセクハラの人質にならなければなりません。3人の中の1人がいけにえになったのですが、トリオは分裂しコンビになります。

しかし、分裂後様々なことを乗り越えてまたトリオになるという話です。阿部サダヲさんは、破壊という役を演じています。

ワンダフルライフ(1999年)

この映画は、亡くなってからの1週間の話です。一番大事な思い出を聞かれるのですが、見ると自分の一番大事な思い出は何か?と考えさせられるものでもあります。

阿部サダヲさんは、渡辺一朗という役を演じていました。

ショムニ(1998年)

ショムニは、会社の雑用係として奮闘する女性たちのことを描いたストーリーです。阿部サダヲさんが出演していたことを知らない人もいるのではないでしょうか。

政夫さんという役で出演していましたよ!

蜘蛛の瞳(1998年)

殺された娘の復讐を終えて、生きる目的を失っていたところ殺しのビジネスを持ちかけられるというストーリーです。

阿部サダヲさんは、星という役で出演していました。

F(1998年)

この作品は、「F落第生」という小説を元にしている映画です。とても切ないラブストーリーだと言われています。阿部サダヲさんは、和田という役を演じています。

ピエタ(1997年)

3億円強奪事件がモチーフとなった映画です。海外旅行からの帰りに、3億円強盗事件の犯人という人に絡まれて色んな出来事に巻き込まれていく話です。

阿部サダヲさんは、野村という役を演じました。

極道ソクラテス(1996年)

極道の道を行く人物の話しですが、人助けをするという人間味溢れる映画です。

ラブホテルの夜2 (V)(1996年)

テレクラの女の子、ホテトル譲の子、不良に捕まってラブホテルにいると嘘をつく子などが出てくる映画です。一話、二話などのようにストーリーがそれぞれにあるものです。

トキワ荘の青春(1996年)

人気漫画家たちが若い頃に住んでいたという「トキワ荘」を舞台にした映画です。売れていく漫画家、なかなか売れない漫画家たちのそれぞれの人生を見ることができるでしょう。

阿部サダヲさんは、藤本弘の役を演じていましたね!

女虐/NAKED BLOOD (V)(1995年)

カルトムービーとしても知られている映画ですが、薬を開発した男がいるのですが、その男が開発した薬で女性が死んでしまうなど、残酷なストーリーです。

阿部サダヲさんは薬を開発する男である呉永児を演じています。

パチスロ物語 すられてたまるか (V)(1995年)

一家が破綻する寸前まできているなか、パチスロで大穴をゲットして家族再生を試みるストーリーです。

愛の新世界(1994年)

SMクラブでバイトをする女性の恋愛や友情を見ることができる映画です。R18指定なのですが、阿部サダヲさんも意外とこういう映画に出演していたのです。

男性劇団員のおさむという役で出演していました。

阿部サダヲの華麗なる受賞歴!

演技力抜群の阿部サダヲさんは、俳優としてプロから見てもとても素晴らしいようですね。色んな賞を受賞していますよ!

日本アカデミー賞

日本アカデミー賞優秀主演男優賞に選ばれたことがありますね。作品は、舞妓Haaaan!!!でした。確かにあの演技は、阿部サダヲさんにしかできないと思わせるほど魅力的でしたよね!

その他の映画賞

ほかにも、2007年にゴールデンアロー賞の演劇賞を受賞し、2017年にはブルーリボン賞の主演男優賞を「彼女がその名を知らない鳥たち」で受賞しています。

阿部サダヲの演技から目を離せない!

阿部サダヲさんは、年齢を増すごとにどんどん深みのある演技をしていますよね。個性派俳優としても知られていますが、今では演技派俳優と言うこともできるのではないでしょうか。

そんな阿部サダヲさんなので、これからも色んな作品で見たいですよね。活躍が楽しみです!

他の芸能人の出演作品についても知りたいあなたへ!

織田裕二出演ドラマ一覧|主演作品や過去名作まで一挙ご紹介!
三浦翔平の出演ドラマ一覧|おすすめ・人気作品ランキングもご紹介!
堺雅人の出演ドラマ一覧|おすすめ・人気作品ランキングもご紹介!
向井理の出演ドラマ一覧|おすすめ・人気作品ランキングもご紹介!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ