独身貴族の人の特徴は?

独身貴族と聞けば、独身生活を謳歌して、素敵な生活を送っている独身の男女。そんな印象ではありませんか?では、実際の独身貴族の人たちはどのような生活をしているのでしょうか?本当に彼らは自由で素敵な生活をしているの?それとも...?

独身貴族の人の特徴は?のイメージ

目次

  1. 【独身貴族】独身貴族とは?
  2. 【独身貴族】独身貴族の意味
  3. 【独身貴族】独身貴族の特徴①拘束されない時間
  4. 【独身貴族】独身貴族の特徴②趣味にハマる
  5. 【独身貴族】独身貴族の特徴③気兼ねなく飲みに行ける
  6. 【独身貴族】独身貴族の特徴④身に着けるものが高価
  7. 【独身貴族】独身貴族の特徴⑤寝休日
  8. 【独身貴族】独身貴族の特徴⑥ゲーム三昧
  9. 【独身貴族】独身貴族の特徴⑦車にこだわり
  10. 【独身貴族】独身貴族は幸か不幸か?
  11. 【独身貴族】独身貴族の不幸①病気
  12. 【独身貴族】独身貴族の不幸②孤独死
  13. 【独身貴族】独身貴族の不幸③社会的信用
  14. 【独身貴族】独身貴族の不幸④貯金がない!
  15. 【独身貴族】独身貴族の不幸⑤老後の資金
  16. 【独身貴族】独身貴族の不幸⑥まだ結婚しないの?
  17. 【独身貴族】結婚しないのかできないのか?
  18. 【独身貴族】結婚しない理由①決め手がない
  19. 【独身貴族】結婚しない理由②いいイメージがない
  20. 【独身貴族】独身貴族とは...

【独身貴族】独身貴族とは?

独身貴族と聞いて、どのような人を思い浮かべますか?
独身貴族とは、結婚できない人?
それとも独身貴族とは結婚できるけど、あえて結婚をしない人?

そういえば最近あまり「独身貴族」という言葉自体を聞かなくなったと思いませんか?
もはや死語に近くなってきた「独身貴族」という言葉。
貴族という言葉が入っているのだから、なにやら華やかな?生活を送っている印象を受けますが、一体独身貴族とはどのような人の事を指すのでしょう。

独身貴族とは?

■関連記事:独身に関する記事はこちらもチェック!

一生独身の人の特徴!男性も女性も不安な人必見!割合はどのくらい?
結婚できない男の特徴11選!独身男性に共通しているのはなに?

【独身貴族】独身貴族の意味

独身貴族とはどのような意味?
独身貴族とはただ結婚適齢期を過ぎても独身のままの男女の事を言うのでしょうか?

ここで押さえておきたいポイントは独身の男女が皆、独身貴族ではないという事です。
独身貴族とは結婚しようと思えば結婚できるのに、あえて結婚せず、独身生活を謳歌している人の事を指します。

独身貴族とは結婚したいのに結婚できないままの男女のことではありません。
結婚したいのに結婚できない男女の場合は独身貴族ではなく「結婚難民」になってしまいます。

そう。
ここがまさにポイントです。

独身貴族とは結婚する気になればいつでも結婚できるけれど、あえて独身を選んでいる男女の事。
なぜ独身貴族を選択しているのか?
彼らは本当に結婚したくないのでしょうか?

独身貴族の特徴を見ていきましょう。

【独身貴族】独身貴族の特徴①拘束されない時間

独身貴族の一番の特徴は「拘束されない時間」にあるといってよいでしょう。
配偶者がいない分、家に誰が待っていてくれるわけでもない。

誰も家で待っていないと言ってしまうとなんだか寂しい気持ちがする人もいるかもしれません。
でも誰もいないという事は、裏を返せば

「何時に帰っても、数日家を空けても」

全く誰にも気を使うことがないという事です。

今日、友達と飲みに行きたいけど、文句言われるかな...
そろそろ帰らないとさすがに怒られる...
友達と何泊か釣りに行きたいな...
韓国にショッピングに行こうって女友達から誘われたけど...

こんなこともあんなことも、独身貴族なら気にすることなく行けますよね。
独身貴族を通すという事は時間を好きなだけ、好きなようにワガママに使えるという事を意味します。
これは既婚者にはなかなか味わえない特権ですね。

【独身貴族】独身貴族の特徴②趣味にハマる

独身貴族には趣味にはまっている人が多いのが特徴です。
趣味にはまっているから、結婚しないのか。
結婚していないから、趣味にはまっているのか。
それは分かりませんが、独身貴族なら趣味に没頭できる時間と年収があります。

趣味といっても、軽くこなす程度の趣味ならお金も少しくらいしかかからない、もしくはお金のかからない趣味だってあります。
でも、独身貴族なら趣味に没頭できるお金と時間がある!

土日の家族サービスもない、仕事が終わってからだって夜は好きなだけ趣味の時間。
こんなに贅沢なことはありません。

趣味をする時間に加えて、自由になるお金も既婚者よりも当然多いので、どんどん突き詰めていきがち。
既婚者なら、お金もないし、ここまでくらいしかこだわれない...という品もとことんまで追求できてしまいます。

例えばバイク。
グレードアップにお金をかけたら新車一台くらい買えそうな額になってしまいます。
例えば旅行。
既婚者なら旅行が趣味でも、がんばって貯めたお金で1年に1回...後は頭の中で計画したりパンフレットを見て想像して楽しむところ。
独身貴族なら少し頑張れば、年に1回とは言わず楽しむことができます。

独身貴族は趣味にはまれる環境が整っているのです。

【独身貴族】独身貴族の特徴③気兼ねなく飲みに行ける

「こないだ飲みに行って遅くなったから、さすがに今日も飲みに行くと怒られるよ」
そんな言い訳、独身貴族にしてみれば意味不明。
こないだ飲みに行って楽しかったんだから、今日も行く!
誰にも気を使う事のない独身貴族はいつでも好きな時に飲みに行けます。

飲みにいくお金ももちろん既婚者よりは持っているし、既婚者のお小遣い制なんて意味が分かりません。
自分で稼いだお金なのになんで人に管理されるのか?
全く意味が分からないのです。

しかも若い女の子と飲みに行こうが、キャバクラに行こうが...
男の子の友達と遊びに行こうが、ホストクラブに行こうが...

誰のヒンシュクを買うわけでもなく、心おきなく遊べますね。

独身貴族の特徴はいつでも、どこでも、誰とでも。
気兼ねなく飲みに行けるところではないでしょうか?

【独身貴族】独身貴族の特徴④身に着けるものが高価

独身貴族の特徴は、身に着けるものにこだわりを持つことができます。
若い頃ならいざ知らず、ある程度の年になると年収も増え、経済的には余裕が出てきます。
しかも、配偶者もいない、教育費のかかる子供もいない...
そうなれば、貯金していてもかなり自分にお金をかける事ができることを意味しますよね。

経済的に余裕があるならちょっとお金をかけたくなるのが、身に着けるもの。

男性なら靴や時計。
女性ならバッグや靴。

ブランド物のちょっと高価なものを身に着けることができるのも独身貴族の特徴です。
結婚できるのに、あえて結婚しないという意味の独身貴族。
モテる男子が経済的に余裕をもってさらにカッコよくモテる男子になる。
そんなモテる男子伝説だってアリアリです。

【独身貴族】独身貴族の特徴⑤寝休日

もう、お父さんそこどいて!
いつまで寝てるの! 掃除の邪魔、邪魔!

そう言って休日に奥さんから叱られる...
そんな世の男性、多いと思います。

また、女性なら「お母さん、お腹すいたー! 朝ごはんは!?」
と言って起こされるのは当たり前。
男性女性とも、休日に誰からも文句を言われず一日ベッドでゴロゴロ...なんて結婚していればできないものです。

独身貴族の特権は「寝休日」
24時間寝ていようが、48時間ベッドにいようが、誰も何も文句を言いません。
平日仕事で忙しくても、休日ずっとゴロゴロできる特権は既婚者に

「独身貴族っていいよなぁ」

と一番うらやましがられる特徴だと言えるでしょう。

【独身貴族】独身貴族の特徴⑥ゲーム三昧

ゲームが好きなゲーマーさん。
朝起きてゲームの電源を入れる。
ゲームに没頭して気が付けばもう陽が傾いている...そんな事もよくある話。
でも、結婚と同時に、何時間もゲームに没頭してきた時間とはおさらば...
そんな事は珍しい事ではありません。
結婚して、配偶者がいて子供もできれば会社での義務に加えて「家」での義務も生じます。
いくら休日と言っても、一日中何もせずにゲームをしていたら...

そんな事は言わなくても分かりますよね?
当然夫婦喧嘩を意味します。

「しっかり年収稼いで貯金にも貢献しているんだから休日くらい好きにさせてよ」

こんな本音も垣間見えますが、それでも結婚と言う共同生活においてゲームを好きなだけできる時間はないに等しい。
ゲームが大好きな人もある程度妥協して、独身の時のような時間の使い方は卒業しないといけません。

独身貴族なら一生ゲームを卒業する必要はありません。
そんな意味のない縛りとは無縁なのです。

【独身貴族】独身貴族の特徴⑦車にこだわり

車にこだわりを持てるのも独身貴族ならではの特徴です。
車にこだわれるのは、既婚者ならかなり年収をもらっている人でないと難しいので、車はぜいたく品という意味を持っていると考えてよいでしょう。

貯金も年収も既婚者と変わらなくても、自由に使えるお金を考えれば天と地の差。
独身貴族=「自分だけに使えるお金」を意味します。
だからこそ、車にもこだわりを持っています。

高級車に手を出すのもよし。
グレードを上げたり、インテリアやエクステリアにこだわるのもよし。
車のホイールや、内装のカラー、サウンドクオリティ...
走りはもちろん、そんな細部にまでこだわることができるのが独身貴族の特徴です。

年齢を重ねて、いいものを身に着け、いい車に乗る。
まさにモテる男子のテッパンネタのような条件ですが、ここをなんなくこなせるのも独身貴族ならではです。

【独身貴族】独身貴族は幸か不幸か?

ここまで独身貴族の特徴を挙げていきましたが、夢のような独身貴族の生活っぷり。
おひとりさまだから貯金もある程度できて、年収もそこそこ。
自分にかけられる金額はもちろん、既婚者よりも多いことを意味します。

それに加えて好きなだけ自分に使える自由な時間。
誰に文句を言われることもなく、自堕落な生活を送ろうと、趣味に没頭しようと自分の勝手。
女性だったらエステやメイクにお金をかけて、素敵な30代、40代の女性に。
男性なら身に着けるものや趣味にこだわってモテる男子に。
そんな素敵な独身貴族。

でもそれならなぜ「結婚したい!」と嘆く独身男性・女性が多いのでしょうか?

独身貴族は果たして本当に幸せなのでしょうか?
次は独身貴族の不幸を取り上げてみます。
こんなにいいとこだらけの独身貴族にも、不幸な事はあるのです。

【独身貴族】独身貴族の不幸①病気

独身貴族の不幸その一。

「病気」

日頃健康な人でも、いざ病気になると心細いもの。
いつもは寂しいなんて思ったことがなくても、病気になれば急に人恋しくなるものです。
恋人がいれば看病してくれるかもしれませんが、それでも恋人だって四六時中いてくれるとは限りません。
風邪ならだんだんと具合が悪くなるので、少しは対処法もありますが、怖いのは食中毒。

朝起きたら七転八倒、会社に休みの連絡もできないぐらい苦しむことだってあり得ます。
嘔吐と下痢で立ち上がる気力も体力もない。
そんな時、伴侶がいれば会社への連絡、病院への付き添い、汚れものの処理まで。
でもそれよりも一番の支えは自分が弱っている時にそばにいてくれることでしょう。

病気の時にそばにいてくれる人がいる。

これは既婚者の自慢です。
いくら年収があっても、貯金が増えても病気にはかないません。
独身を決めている人に「結婚」という選択が頭をよぎるのも、体調が悪い時のようです。

【独身貴族】独身貴族の不幸②孤独死

病気についで怖いのは孤独死。
もちろん若い時にはそんな事みじんも感じないはずです。
でも、結婚適齢期をすぎても独身を貫いている人はだんだんと老後、そして死ぬことも考え始めます。
そして少しずつ現実味を帯びて感じられてくるのが「孤独死」

独身の人は、独身貴族だろうが、結婚難民だろうが、おひとり様なら必ず「孤独死」という恐怖が頭をよぎるもの。
何も会社を定年退職してから考えるものではありません。
独身なら30代後半になるとだんだん孤独死というものに意識がいってしまうようです。

いくらモテる男子でも、モテる女性でも結婚していない限り孤独死のリスクは付きまといます。
日頃友達と遊んでいても、モテる男子でもモテる女性でも...
老後のための貯金が増えていっても、年収が上がっていっても...
孤独死してしまっては惨めすぎます。

人は誰でも死ぬときは一人

そう独身の人は強がって言い切りますが、それでも看取ってくれる家族がいる・いないでは意味が全く違ってきます。

【独身貴族】独身貴族の不幸③社会的信用

独身貴族の特徴でも挙げましたが、ある程度年齢を重ねると年収があがり、貯金が増える印象の独身貴族。
年収が高く、貯金もあるなら社会的信用があって当然!
と思う人がいますが、残念ながらそれとこれとは意味が違います。

なぜか?

結婚をして、家族が増えると人として一定の責任感を負う事になります。
その責任感が社会的信用につながるのです。
例えば、結婚をしたら将来できる家族のためにしっかりと仕事をする責任とやる気につながります。
子供ができれば子供の教育資金のためにさらに一生懸命働くでしょう。

また、伴侶がいることで、家で精神的なサポートが得られ、その心の安定が更なる仕事パフォーマンスの向上につながることもあり得ます。

つまり、結婚をし、家族を作ることで仕事のパフォーマンスの向上、責任感が生まれ、
「この人は責任の重い仕事を任せても大丈夫だ」 → 「昇進」
「この人なら簡単に仕事をやめたり転職する事もないだろう」 → 住宅ローンの審査等
となるのです。

残念ながら独身を貫いている人は、意外とこの社会的信用はされません。
年収が高く、貯金もあるならローンは得られるでしょうが、社会の見方としては同じ年収の既婚者にはかなわないという面があることを知っておきましょう。

【独身貴族】独身貴族の不幸④貯金がない!

独身貴族とは年収が高くて貯金がある人の事だ!

は実は間違い。
もちろん、年を重ねればだんだんと役職もつき、年収もあがります。
でも貯金があるか?

実は独身貴族って年収のわりに貯金が少ないことが分かっています。
年収が高くて、養う家族もいない独身貴族。
ここに落とし穴が生まれます。

自分でもある程度年収が高いと、ゆとりが生まれます。
すると、貯金に回すというより、趣味や持ち物にお金を使う傾向になります。
同じ年収の既婚者も、養うべき家族がいれば当然そんなに貯金はできません。
でもだからこそ、学資保険や医療保険、個人年金などに入って用意をするのです。
でも、独身貴族は養うべき家族がいないし、貯金するより今楽しい方がいいとつい使ってしまう...

男性も女性も、身に着けるものや趣味にお金をつぎ込んで、独身貴族なりの生活レベルをキープするために、貯金はほとんどナシ。
見た目は華やかに見えて、男性ならモテる男子といえるでしょう。
そして女性なら独身を謳歌しているカッコいい自立した女性。
でも、貯金がない生活はちょっと不安ですね。

【独身貴族】独身貴族の不幸⑤老後の資金

貯金がないところから派生して、老後の資金がないことにも不安があります。
独身貴族はうっかりすると老後の資金に困ってしまう。

実は既婚者よりも独身の人の方が老後の資金が2倍も必要というデータまであります。
これはもちろんある程度の生活レベルをキープしたうえでという話にはなりますが、単純に数字をみるとぞっとしてしまいます。

どういうことかと言うと。
独身貴族とは、お金を自由に使える分貯金があまりないのです。

でも、貯金がそんなになくても一人ならどうにかなるさ

と思っている人が少なくない。
でもこれが間違い。
一度あげた生活レベルは落とそうと思ってもなかなか落とせるものではありません。

そして定年退職後に思ったほどお金がないことに気づきます。
退職金を考えても、年金では当然生活レベルを保つことは難しくなります。

そして配偶者がいなければ、体が思うように動かなくなると介護サービスや老人ホームに入ることになり、ある程度よいサービスを...と思うとかなりの金額がかかります。
老後も良い暮らしがしたいのであれば独身だからこそ貯金をするべきなのですが、つい毎月余裕のある収入のせいで気が緩み、なかなか貯金が難しいという現実があるようです。

【独身貴族】独身貴族の不幸⑥まだ結婚しないの?

まだ結婚しないの?

こんな周りからのプレッシャー感じたことはありませんか?
独身貴族とはもちろん自分で結婚できるけど結婚しないことを選択した人を意味します。
結婚難民とは違うのです。

でも、周りから見れば独身貴族も結婚難民も同じこと。
いくらモテる男子でカッコいい車を乗り回していても、「結婚しないの?」と聞かれるし。
いくらモテる男子から言い寄られている女性でも「結婚しないの?」と聞かれます。

結婚したくないだけだからほっといて!

そう思う気持ちは分かりますが、周囲から見れば
「どうして結婚しないのか?」
「きっとちょっと変わっている人なのよ」
なんて変な目で見られてしまいます。

【独身貴族】結婚しないのかできないのか?

独身貴族とは結婚しないことをあえて選んでいる人。
では本当に結婚しないのか?
実は結婚できないのでは?

なぜモテる男子が、素敵な女性が独身を貫くのか、独身貴族が結婚に踏み切れない理由についてみていきましょう。

【独身貴族】結婚しない理由①決め手がない

結婚の決め手がない。

モテる男子に多い理由です。
モテる男子なので、お相手には事欠きません。
でも、結婚となると...「今のままで楽しいのに結婚に踏み切るきっかけも理由もない」
そんな風に考えてしまうモテる男子くん。

いろんな女性に言い寄られて、彼女はいるけど結婚したら今のように遊べない。
そんな風に考えてしまうモテる男子くんもいるようです。
彼女も素敵な女性だけど、もしかしたらもっと素敵な女性に出会えるかもしれないよ?
そんな不毛な考えからついつい結婚を引き延ばし、適当に遊んで、楽しんで。
なかなか一歩踏み切れないのがモテる男子くんのようです。

【独身貴族】結婚しない理由②いいイメージがない

結婚にいいイメージがない男性や女性がいます。

親の影響や友達から聞く結婚の話。
もはや結婚には恐怖のイメージしかない!
そんな話もよく聞きます。

例えば友達と久しぶりにご飯に行くと
「うちの嫁がうるさくて...休みの日なのに文句ばっかでさ...休まんないよ」
「旦那なんかほんっとずっと出張してればいいのに。家にいると面倒くさい事ばっかり!」
「またお小遣い減らされちゃったよー。どうすんの俺」
「はぁ。たまにはエステに行って癒されたいよ。毎日旦那ママがうるさくてストレスばっか」

こんな会話をずっと聞いていると結婚の夢も希望もなくなってしまいますね。

また親が離婚している、親が家庭内別居で全く口をきかない。
そんな親をみてきて、自分も結婚したらこうなるんじゃないかと結婚恐怖症になっている人もいるようです。

【独身貴族】独身貴族とは...

独身貴族はモテる。

お金も時間もあるから、趣味に持ち物にこだわりを持って生活することができる独身貴族。
独身貴族とはなんて素敵な人種なんだろう。
自分にお金が仕えて誰にも文句を言われないなんて羨ましすぎる!

そんな風に思われることもある独身貴族ですが、それでも結婚していないために老後の心配や病気の心配。
独身だからこそ味わってしまう悩みだってあるのです。

既婚者だからよい!
独身だからよい!

というのは他人から見た価値観。
自分が幸せだと思うのなら独身だろうが既婚だろうが関係ありません。
ただ独身貴族とは、お金も時間もあるけれど、他の人に頼ることができない寂しい一面もあるという事を覚えておいてください。

既婚と独身どちらが幸せ?気になるあなたへ!

結婚のメリットとデメリット!女性は独身の方が得なの?それとも損?
結婚は地獄だと感じる瞬間11選!結婚生活はしんどい!
結婚に失敗したと思う瞬間まとめ!失敗した理由・原因は?
好きじゃない人と結婚するのは良い?悪い?その後どうなる?

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ