不倫旅行におすすめのスポット!見抜かれないための注意点は?

雑でもTVでも「不倫」の2文字がない日はない昨今。不倫旅行が意味するところも昔に比べるとライトなものになって来ているのかも知れません。そこで今回は悪いと思いつつ「不倫旅行」に行く側には注意点、「不倫旅行」をされる側には見抜く点となるポイントをご紹介します!

不倫旅行におすすめのスポット!見抜かれないための注意点は?のイメージ

目次

  1. 人目を忍ぶ不倫旅行、って本当に皆行ってるの?
  2. 知らない間に「不倫旅行」をしていることになっていた?
  3. 【まさか不倫旅行?①】旅行の荷物構成が変
  4. 【まさか不倫旅行?②】写真を極力避ける
  5. 【まさか不倫旅行?③】SNSに載せることを嫌がる
  6. 【まさか不倫旅行?④】支払いを全て現金で済ませる
  7. 【まさか不倫旅行?⑤】お土産を買いたがらない
  8. 【まさか不倫旅行?⑥】公共交通機関では離れて座りたがる
  9. 不倫旅行に使われやすい隠れ人気スポットとは
  10. 「不倫旅行」と見抜かれた? 反面教師にしたいその特徴は
  11. 【不倫旅行をごまかす時の特徴①】いかに疲れる出張かをアピる
  12. 【不倫旅行をごまかす時の特徴②】お土産が東京駅が買えるモノ
  13. 【不倫旅行をごまかす時の特徴③】前後に妙にやさしくなる
  14. 【不倫旅行をごまかす時の特徴④】カードの明細を見せない
  15. 【不倫旅行をごまかす時の特徴⑤】会社へのお土産を見せる
  16. 【不倫旅行をごまかす時の特徴⑥】突然旧友との親交が深まる
  17. コレでバレた! 不倫旅行が発覚したときの原因は
  18. 【私はコレでバレました①】飛行機がトラブルで飛ばなかった
  19. 【私はコレでバレました②】人のSNSに写りこんだ
  20. 【私はコレでバレました③】思いがけない問い合わせがあった
  21. 【私はコレでバレました④】浮気相手がワザとバラした
  22. 不倫旅行、甘美な味は罪深き味。一寸先はまさに闇。

人目を忍ぶ不倫旅行、って本当に皆行ってるの?

芸能人や政治家などメディアでその動向が報じられる人たちの「不倫」が報じられるきっかけの1つによくありがちなのが「不倫旅行」の事実の暴露や、「不倫旅行」の際の写真や動画の流出があるのは誰しも知っていること。

こうした「不倫」の発覚につながる「不倫旅行」を巡るトラブルは実際、離婚や交際の破綻などとして私たち一般人でも周囲で耳にしやすく、また、自身もなんらかの形で巻き込まれやすいトラブル。

そこで今回は「とにもかくにも不倫旅行に行く」側として、その発覚を避けるための注意点やうまい言い訳、さらに「不倫」カップルに人気の旅行スポットを、また、パートナーが「不倫旅行に出かけているかも?」と疑う側としての「不倫旅行」を見抜く方法や、よくある言い訳集、さらにパートナーに疑いを持ったときの注意点などをまとめてご紹介します。

どちらを「教師」「反面教師」として生かすかはあなた次第、ですね。


◆複雑な恋愛の悩みは「ウィル」で相談!

中々人には相談しにくい...。そんな恋愛の相談は、電話占い「ウィル」に相談してみるのがおすすめです。

電話占いとは、辛い悩みを打ち明けて今後どうすればいいのかなど、電話ひとつでお手軽かつ本格的に占ってもらうことができるサービスです。

ひとりで悩まず、プロの占い師さんの力を借りてみましょう!



知らない間に「不倫旅行」をしていることになっていた?

会社の上司や同僚、あるいは学生時代からの付き合いのある相手など、「最初から相手が既婚、もしくはステディな関係のパートナー持ち」と分かっている確信犯はともかくも、最近ちらほら耳にするのが「相手が独身だとばかり思って付き合っていて、旅行にも一緒に出かけたが、実は相手は妻持ちで、自覚が無いまま不倫旅行に出かけていたことになっている!」というパターン。

SNSで知り合った相手など、「今イチ相手の私生活がよくわからない」という時に旅行に誘われたときは、まずこの6項目の注意点をチェックすることをおすすめします!

【まさか不倫旅行?①】旅行の荷物構成が変

独身であれば、楽しい旅行の荷造りをこそこそする必要はまったくありません!

それなのに、例えば「これから行く旅行スポットがリゾート地なのに、明らか仕事着のような格好で待ち合わせに現れる」、あるいは「キャリーバッグ以外にビジネスかばんを持っている」、「旅行ついでにどちらかの実家に立ち寄るワケでもないのにスーツを着てきた」などの点があった場合は、かなりアヤしいと思って間違いなし。

おすすめのチェック方法としては、ずばり「どうしてそんな格好なの?」と無邪気を装って訊ねること。その際、変に焦っていたり、意味のわからないでまかせを言ったりしていないかが不倫旅行か否かを見分ける注意点です。

【まさか不倫旅行?②】写真を極力避ける

積極的に普段からSNSを使っている、使っていないに関わらず、普通は多少ハイになっている旅行先での写真の何枚かは撮りたがるもの。

特に昔のようにあらたまったカメラを用意しなくてもスマホでいくらでも撮影できる今、お互いはおろか風景も何も撮ろうとしないのは「誰かに見つかったときの言い訳を考えたくない」からの可能性が大。

不倫旅行ではないにしても、何か隠し事があるかもしれないのでこの際、じっくり相手を観察する機会にするというのもおすすめです。実は妻帯者ではなく独身でも、自分以外に交際相手のいる二股、三股オトコかも知れません。


◆関連記事:不倫をするなら絶対バレないように…

不倫がバレない方法7つ!絶対にバレない不倫テクニックとは!

【まさか不倫旅行?③】SNSに載せることを嫌がる

「写真を全く撮らないなら撮らないで怪しまれる」程度に不倫旅行に対して悪知恵の働く相手の場合には、2ショットの写真ぐらい何枚か撮る程度のことは折り込み済みかもしれません。

それでも「何だかアヤしい」と思う場合は、相手の目の前でその写真をSNSに投稿するようにせがんでみましょう。あれこれつまらない言い訳をして写真をあげるのを嫌がるようであれば、妻帯者か婚約者といったバレては困る間柄の女性がいる証拠です。

または相手の前でこれ見よがしに自分のSNSへ2ショットをあげてみるのも不倫旅行かどうかを見抜く方法としてはおすすめ。「見られて困る」相手がいる場合は全力で阻止してきます。

特に共通の知人や友人がいる、あるいは特定の友人グループに属している場合にはこの方法はかなり有効。ただし注意点としてはあまりやりすぎると、相手が単なるカメラシャイだったりした場合にあきれられてしまうということも。

【まさか不倫旅行?④】支払いを全て現金で済ませる

カードの明細がペーパーレスになってきたこともあって、カード履歴から即浮気や不倫旅行の事実がバレるといったような心配はかなり減ったとはいえ、妻や本命の彼女の目を盗んで不倫旅行へ出かけよう、という男の場合は、そうした注意点のチェックも怠りありません。

小額ならともかく、ホテル代やレンタカー代、ちょっとリッチな食事代金など、ある程度まとまった支払い額になるにも関わらず、カード払いでなく現金支払いばかりを選択しているようなら要注意。

おすすめは「ココは私がオゴるから、あっちの支払いよろしくね」などといってカードしか受け付けていないような支払いをやんわり促してみる方法。やましい場合は言い訳の嵐になる可能性も。

【まさか不倫旅行?⑤】お土産を買いたがらない

国内・国外に関わらす、旅行に出かけた時にまったくお土産を買わないという人は流行のミニマリストでも無い限りほぼいないといっても良いのでは。

それを「荷物になるのが嫌だ」とか「ありきたりのものは買いたくない」といったような言い訳にもならないようなことを繰り返して避けるようであれば「不倫旅行」である証拠かも。

どっちつかずで判断できない、という場合にはわざとかさばるお土産を買って、「コレ私からのプレゼント」と言って渡す方法も相手の嘘を見抜く方法としておすすめ。さらに念を入れたいときは、後日プレゼントの中身についてカマをかけてみればOK。


◆関連記事:プラトニックな不倫ってありえるの?

プラトニックラブとは?本当の意味は?プラトニックな不倫ってどう?

【まさか不倫旅行?⑥】公共交通機関では離れて座りたがる

最近話題になった週刊誌ネタではありませんが、新幹線や特急、リムジンバスなど公共交通機関で隣席に座りたがらない相手の場合は「不倫旅行」を疑うに足る大きなポイント。

混んでいる飛行機の座席の場合などは、万が一知り合いに見られたとしても「たまたまその席しかあいてなくて(隣に女性がいたんだよ)」などと言い訳ができますが、空いている飛行機や、新幹線などの自由席の場合にはそうした言い訳も通りづらいので避けている場合がほとんど。

また、そうした悪知恵?が働くからには、以前にも「不倫」や「不倫旅行」をしたことがある前科者かも知れない点も注意点の1つです。

1回目の旅行の際に不倫旅行?と疑わせるようなそうした不審な行動をとられた、という場合には2回目の旅行の際は航空機や新幹線の予約を任せてもらい、多少強引にでも隣り合わせの席をとるのもおすすめ。

不倫旅行に使われやすい隠れ人気スポットとは

何度も繰り返している確信犯でも初めての場合でも、なぜか「不倫旅行」で人気のスポットという場所は存在します。

果たしてどういう場所が人気スポットなのか、どうしてそこが不倫カップルに人気があるのか、また、不倫旅行にそのスポットを使う理由は何なのかなど「そこが知りたい」ポイントを中心におすすめの場所をご紹介します。

不倫旅行におすすめスポット① ベタなネタに使われがちな場所

東京近郊であれば熱海や箱根など「不倫旅行」の代名詞のように使われるスポットというベタな場所も根強い人気がある場所。

誘う側にしてみればベタな場所なだけに「不倫旅行」ということを、ことさらに念を押さなくても言わずもがなで理解してくれるだろうというメリットや、「ワケありカップル」を扱い慣れしているスタッフのいるホテルや旅館が多いため、万が一バレて妻や彼女が乗り込んでくるようなことがあっても、うまくさばいてくれるだろう、というもくろみも。

不倫旅行におすすめスポット② 大型連休中の都心部 

子供がいる不倫相手の場合、妻が子連れで帰省する、いわゆる「鬼の居ぬ間」に不倫旅行を楽しむ、という人も。そうしたある意味不倫旅行上級者にひそかに人気スポットとなっているのが都心のラグジュアリーホテルです。

妻には「仕事がどうしても休めない」と言い訳しておいて、自分だけ東京に残る算段をしておいて、その実こっそり休暇をとって不倫相手との「お泊り付きプチ不倫旅行」を楽しむにはこうした都心のホテルが便利。

その理由としては東京を離れずに「非日常」気分を味わえる上、万が一目撃されても仕事を言い訳に使いやすいという点が。

不倫旅行におすすめスポット③ 会社の支社がある場所

少し遠出をして旅行気分も満喫したいが、うかつなことで不倫旅行が露見するようなリスクはとりたくない、という人に不倫旅行先スポットとして人気なのが「自分の仕事に関係のある場所近辺の観光スポットへの不倫旅行」という選択。

自分の会社の支店・支社や工場などのある場所や、主要取引先のある場所などの近くの観光スポットを不倫相手と廻る場合は、逆に写真をたくさん撮ったり、お土産を購入したりして、家庭だけでなく周囲をもあざむきやすいという見逃せないメリットが。

さらに、実際に仕事絡みで行ったことのある場所だと時間や予算などが立てやすく、言い訳も真に迫ったものにできるという特徴も、この手のスポットを不倫旅行先に選ぶ人が多いポイントです。

「不倫旅行」と見抜かれた? 反面教師にしたいその特徴は

ありとあらゆる細かな点にまで気を配ったつもりでも、女のカンの前にあえなく「不倫旅行」が見抜かれて修羅場となった経験がある、という人も。

実はそうした場合も、「不倫旅行」そのものが原因で浮気が発覚した、という人は少なく、その前後からの行動で妻にうすうす感づかれていた、というケースがほとんどです。

そこで、妻が夫が「浮気をしている」「不倫?」「不倫旅行に行こうとしているのかも?」と見抜く、夫がやりがちな言い訳や特徴的な行動をパターン別にご紹介します。


◆関連記事:婚外恋愛とは一体?

婚外恋愛とは?不倫とは何が違うの?【主婦がハマる】

【不倫旅行をごまかす時の特徴①】いかに疲れる出張かをアピる

「出張」とごまかしての「不倫旅行」はもっともよくあるケースですが、そうした時に妻の第六感が働く際の特徴として「やたらと疲労感をアピる」という点があります。

やましいことをした、という後ろめたさのなせる業とはいえ、余り「いかに大変な仕事だったか」と「仕事、仕事」を連呼されるとかえって「本当は仕事じゃないのでは?」と妻が見抜く結果に。

自然体に振舞う、というのが一番難しいのはわかりますが、「やりすぎてもやらなくても」バレるのが言い訳。特に普段はろくに会話もしていないプチ家庭内別居やスレ違い夫婦状態なのに、「出張」のときだけ、やたら聞かれてもいないことをぺらぺら話しているようでは、どんなにニブい妻でもピン!ときてしまいます。

【不倫旅行をごまかす時の特徴②】お土産が東京駅が買えるモノ

「出張」だろうが「会社の慰安旅行」だろうが嘘の旅行先を教えておいて、実は違うところに不倫旅行をしに出かけていた場合、妻への言い訳とアリバイ作りのために用意しなくてはいけないのが嘘の旅行先のお土産です。

特に有名な名産品などがある場合は、東京駅周辺などで買ったものでごまかそう、とする人もいるようですが、うっかりデパートの銘品コーナーなどで購入した場合、賞味期限シールのところに小さく販売店(この場合デパート)の名前が印字してある場合も。

事情が許す場合は、ネットなどであらかじめ日持ちするものをこっそり取り寄せておくか、各都道府県のアンテナショップなどで地元から直送されたものなどを購入すると言う方法がおすすめです。

【不倫旅行をごまかす時の特徴③】前後に妙にやさしくなる

不倫や浮気に限らず、子供の頃を考えてみても何か心にやましいことがある場合は、なんとなく母親の手伝いを率先してやってみたり、宿題を言われる前からこなしてみたりなどの「いつにない」態度をとった経験がある、という人も多いのでは。

不倫旅行の計画を立てたときから、心のどこかに「妻を裏切ってすまない」という気持ちがある場合、こうした「後ろめたさからくる行動」が顕著になるという特徴があります。

よくありがちな具体的な例としては、「記念日でもないのにプレゼントを買ってみる」や「やたらと料理を誉める」、「普段やらない家事の手伝いをしてくれる」などといった特徴が。

とってつけた不自然さは、それを自然に見せよう、見せようとすればするだけ妻が見抜く原因になりがちです。冷たく突き放す、などは論外ですが、無理に優しくしようとせず、「やましい」と思う心があるなら「バレないように(傷つけないように)」する方法を熟慮する方がお互いのためです。

【不倫旅行をごまかす時の特徴④】カードの明細を見せない

カード会社からの明細をペーパーレスにしている場合、スマホやPCでの明細チェックをしているという人が多いと思いますが、急にカード会社のマイページなどへのパスワードを変更したり、自動ログインを解除したりしていれぱ、「アヤしい」と思われるのが当たり前。

どうしても万が一に備えて変更したい、という場合は、黙って変更したりせず「長い間同じパスワードだったから変更するように(カード会社から)注意喚起のメールが来たよ」などともっともらしい言い訳をしてから堂々と変更する方法がベスト。

その際も、いったんは変えたパスワードを教えておいて、後から「ログインできないんだけど?」と問いただされた場合は、「実は教えたパスワード、会社のと同じって気付いたんであの後再度変えたんだよ」と言い訳するのがおすすめです。

【不倫旅行をごまかす時の特徴⑤】会社へのお土産を見せる

「出張」を装う余り、会社へのお土産、と称するものを買ってきて、自宅の食卓などにコレ見よがしにおいておくというのもよくやりがちな「バレる言い訳」の特徴です。

普段そんなことはしたことがない、という人がやればたちまち「アヤしい」と思われるのはもちろん、やたらたくさん買ってきたりするのも第三者視点からみればおかしな話とすぐ気付くはず。

会社の同僚たちとのBBQや飲み会などに妻が参加する機会があるような人が、そうしたわざとらしいアリバイ工作をした場合、その場は「ふーん、(会社の)みんなも喜ぶかもね」と言いながら、後日機会を見つけて「うちの人のお土産気が利かなくて職場で不評だったんじゃないの?」などとさぐりを入れられた、というツワモノの話もあるので要注意。

【不倫旅行をごまかす時の特徴⑥】突然旧友との親交が深まる

「出張」という言い訳がきかない職種や職場の場合、「友達」をアリバイ工作や言い訳の共犯にするのもよくある話ですが、これもよくよく考えて行わないと妻バレにつながる注意点がたくさん。

まず、妻と面識のない友達を急に会話に登場させるようにしたり、あるいは架空の「友達」をでっち上げたりするのは特におすすめできないまずい方法です。なぜなら、女性というのは概して「人の話の細かい部分まできっちり押さえている」ことが多いという男性にはない特徴があるから。

生半可な口からでまかせでごまかそうとしたり、中途半端な口裏あわせで友達を引きずりこんで言い訳やアリバイ工作をしようとしても、遅かれ早かれ話の矛盾点を突かれて妻に浮気を見抜くきっかけを与えることに。

コレでバレた! 不倫旅行が発覚したときの原因は

どんなに細かい注意点まで気を配ったとしても、言い訳やアリバイ工作に勤しんだとしても「バレる時はバレる」のが浮気であり、不倫旅行というもの。

それでは、どういった手抜かりや注意点を見逃した結果、「不倫旅行」が発覚したのか、その原因や妻が不倫旅行を見抜くきっかけ、さらに露見した方法や特徴などを実例を元にご紹介します。

【私はコレでバレました①】飛行機がトラブルで飛ばなかった

国内、国外を問わず短時間で移動できる便利さから不倫旅行に飛行機を使う人も少なくない昨今ですが、実は飛行機を使っての不倫旅行は大変リスクが高いという特徴があります。

まず、第一の特徴として挙げられるのが飛行機には匿名では搭乗できない、という点が挙げられます。その安全管理上致し方ないことですが、万が一、事故にあった際などは死後にまで周囲に迷惑や恥をかかせることにもなりかねません。

また、天候などのトラブルにも一番影響を受けやすいという特徴があり、他に交通の便がないような場所や飛行機を使わないと予定の日時までに帰宅することが出来ないようなところを不倫旅行先にするのには大変リスクが高いといわざるを得ません。

また、飛ばないまでも延着したり、ロストバゲージなどの思わぬトラブルに巻き込まれた場合、留守中に宅配で届いた荷物を妻が開けてしまい、「見られては言い訳できないモノ」を見つけられて万事休す、という実例も。

また、LCCなど自分で航空機のチケットの手配をした場合、通常予約確認のメールなどが届く場合がほとんどなので、その際に不倫相手のものまで一緒に購入していたり、あるいは妻に言っていたのと違う場所へのフライト便予約であったりした場合にメールを見られてしまうと、言い訳はできなくなります。

【私はコレでバレました②】人のSNSに写りこんだ

外国人旅行客が2017年上半期だけで1,500万人近くになる昨今、そうした訪日外国人の国内観光スポットで自撮り写真などにうっかり不倫相手と写りこんでしまい、嘘がバレた!という人も。

特に外国人に人気の京都・奈良や鎌倉、東京、札幌などの国内メジャー観光地においてはどこで撮られていてもまったく不思議はないほどです。

さらに特にアジア圏の旅行客のFBやインスタ、ツイッターなどの利用率は高く、即時にあげている人も少なくありません。また、日本人の観光客であれば、自分たちの写真に全くの他人が写りこんだ場合は、プライバシーを尊重して、顔などにモザイクやスタンプを貼るなどの画像加工をしてからSNSにあげる、という人もいますが、外国人観光客にはそうした配慮はあまり期待できません。

特に、人気のレストランなどで食事をしたりした場合、自撮りの後ろにしっかり不倫旅行中である自分と彼女がラブラブモード全開の差し向かいで食事していたのが写っていた、という笑えない話も。

対策としては、自撮りしている観光客には絶対に近づかないことや人気スポットや人気の時間帯は避ける、といったい対処方法しかないのが現実。有効な対策としてはそうした観光スポットへは出かけない、のがおすすめです。

【私はコレでバレました③】思いがけない問い合わせがあった

不倫旅行に自分の車で行く場合やレンタカーを借りる場合にも注意点がいくつかあります。まず、自分の車の場合はもちろんレンタカー利用であってもオービスなどで速度違反をとられた場合の通知ハガキを妻に見られて不倫旅行が発覚した! というケース。

レンタカーのドアポケットやシートの隙間など目に付きにくい場所に忘れ物をしたまま車を返却してしまい、後日その品物が郵送されてきたことで妻が、不倫旅行だったという真実を見抜くケースなどがよくある実例として挙げられます。

レンタカーと同じく不倫旅行の滞在先のホテルなどでの忘れ物などが後から届いたケースなども。

さらに宿泊予約サイトなどを利用して不倫旅行の滞在先を決める場合の注意点としてマイページなどに数ヶ月は予約・利用した実績が残るので後日閲覧した妻が嘘を見抜くきっかけになった、ということや、「宿泊した後のレビュー評価のお願い」メールなどを見られて同じく妻が見抜く原因になったと言う実例も。

手軽で便利な予約方法としてサイト利用はよくあることですが、不倫旅行にセコさは禁物。ちょっとしたポイント加算分を惜しんで不倫旅行が露見してしまい、修羅場突入という事態を避けたいのなら、履歴が残るような方法は極力避けるのがおすすめです。

【私はコレでバレました④】浮気相手がワザとバラした

不倫旅行が発覚しないように考えられる限りの最善の方法をとり、ありとあらゆる注意点を踏まえて行動し、妻や本命の彼女にバレないように、見抜く隙を与えないようにどんなにがんばっても防げない唯一の原因が、「浮気相手の自爆」です。

特に妻や本命の彼女などがわざと不倫旅行だと見抜くように仕向けた小細工などをされた場合はまさに絶体絶命。どんな言い訳も通用しません。

ベタな「妻が不倫旅行と見抜く」ように仕向ける方法としては、洗濯物などの間にアクセをしのばせる、口紅などの跡をつける、といった方法などがありますが、こういった方法はこちらも予想が立てやすく、よくよく気をつけておけば防げる自爆行為です。

その点、最近多いのが下着などを手洗いする際に、持参の香りの強い柔軟剤などを使って仕上げるという方法。「一緒に洗っておいたから」と言われれば、下手に汚れなどがなくて助かる、と思ってしまうのがオトコの浅はかさというもの。女性は自分の好みや使っている柔軟剤の香りに敏感な人が多いので、明らかに「違う」匂いをぷんぷんさせた下着を持ち帰ったりしていれば一発で「不倫旅行」を見抜くきっかけになってしまいます。

不倫旅行、甘美な味は罪深き味。一寸先はまさに闇。

どんなに惚れ合って一緒になった妻や、相思相愛のカノジョがいたとしても、毎日の生活の中では次第にときめく心も鈍りがち。そんな時に浮気相手と出かける「不倫旅行」は非日常感に満ちた色鮮やかなオアシスかもしれません。

しかしオアシスの外は一歩出れば砂漠、と相場が決まっているもの。実は危ない綱渡りをしているだけかもしれない「不倫旅行」。高いツケを支払うことにならないようによくよく注意点を肝に銘じてくださいね。

もっと不倫に対する知識を深めたい方はこちら

既婚女性と独身男性の不倫!危険な恋愛を続ける方法とは!
不倫が辛い7つの理由とは?辛い気持ちを軽くする5つの方法を紹介!
既婚者男性が不倫・恋愛をしたいと思う女性の条件11選!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ