化粧水の正しい付け方解説!これであなたも美肌になれる!

化粧水は、毎日欠かせれないスキンケアアイテムです。 化粧水の付け方やタイミングについて、詳しく解説します。 化粧水の正しい付け方で、コットンに化粧水を含ませて、パッティングすると肌への浸透が良かったりします。 化粧水の付け方を、詳しくお伝えします

化粧水の正しい付け方解説!これであなたも美肌になれる!	のイメージ

目次

  1. 化粧水の正しい付け方10選! 化粧水で肌が蘇る
  2. 化粧水の正しい付け方① 手で化粧水をつける場合
  3. 化粧水の正しい付け方② 化粧水をコットンで付ける場合
  4. 化粧水の正しい付け方③ 洗顔後すぐにつける!
  5. 化粧水の正しい付け方④ 化粧水を付けた後は、ハンドプレス!
  6. 化粧水の正しい付け方⑤ 肌を温めてから化粧水を使う
  7. 化粧水の正しい付け方⑥ メイクを長持ちさせるポイント
  8. 化粧水の正しい付け方⑦ パッティングで引き締まった肌に!
  9. 化粧水の正しい付け方⑧ 朝と夜の肌の温度差
  10. 化粧水の正しい付け方⑨ 化粧水の後も肌を整える
  11. 化粧水の正しい付け方⑩ 肌を労わる
  12. 化粧水を付けるタイミングが重要な理由!
  13. 乾燥肌を防ぐ、ミスト化粧水
  14. 化粧水の選び方
  15. 化粧水の正しい付け方は、詳しくわかりましたか?

化粧水の正しい付け方10選! 化粧水で肌が蘇る

化粧水の付け方は、手で付けるやコットンで付ける化粧水の使い方が一般的ですね。
化粧水の正しい付け方をすると、肌への浸透良くなります。
また、洗顔した後は、肌が乾燥しているので化粧水をつける必要があります。
化粧水を付けると、乾燥を防いで美肌になります。
寒い冬場などでは、乾燥しがちなので化粧水を手放せないはずです。

化粧水の正しい付け方に、肌につける適量の化粧水が大切なポイントになります。
化粧水を手に取ってつける場合は、2,3滴の化粧水を3、4回に分けてつける使い方がベストです。
化粧水の量が多すぎても、効果はありません。
化粧水がない場合は、洗顔後や乾燥した時に乳液や美容クリームだけを使うと、肌が保湿されます。
化粧水があれば、美肌になれることは間違いありません。

スキンケア化粧品について

スキンケア化粧品は、お肌にハリと潤いを与えるための基礎化粧品です。
スキン化粧品には、多くのアイテムがあります。
スキン化粧品とは、メイク落としや洗顔料、保湿化粧水、保湿クリーム、美容液、などです。
また、スキンケア化粧品で、美白化粧水も人気がありますね。
スキンケア化粧品のアイテムをすべて使うと、完璧なスキンケアができますが、すべて揃えてスキンケアを続けることは大変です。
スキンケア化粧品の化粧水と美容液、保湿クリームをを使うだけでも、十分な保湿効果はあります。
スキンケア化粧品は、40代や50代の女性に人気があります。

化粧水の正しい付け方① 手で化粧水をつける場合

化粧水を手で付ける使い方は、顔より手に化粧水が浸透してしまいがちです。
手で化粧水を付ける使い方は、量を多めに手に取ることが必要になります。
まず、化粧水を手に取り、額、頬、顎、鼻など顔全体に化粧水を浸透させます。
化粧水が顔全体になじんだと感じたら、もう一度化粧水を手に取ります。
顔の目の下、鼻の下、眉間などをに指先で押さえるように、まんべんなく化粧水を浸透させる付け方がポイントです。
化粧水を付けた顔を、鏡でよく見て乾いているかチェックします。
手の甲や手の平が頬にピタっとする感じなら、化粧水が完全に肌に浸透しています。

化粧水を手で付ける使い方は、コットンを使う付け方よりも、肌へのダメージが少ないです。
ですが、化粧水が顔全体にいきわたっているかわかりづらいですね。
化粧水を顔になじませるために、手で優しく肌を覆ってください。
化粧水を手で付ける使い方は、慣れると簡単そうですね。

化粧水の正しい付け方② 化粧水をコットンで付ける場合

化粧水をコットンで付ける使い方は、丁寧に肌に化粧水をなじませることができます。
化粧水をコットンに、タップリ含ませます。
コットンを利き手に持って、人差し指と薬指か人差し指と小指に挟みます。
コットンを顔の内側から外側へと、軽く肌の上を滑らす様にして化粧水を肌に浸透させる付け方を習慣にしましょう。
化粧水を含ませたコットンで、顔全体に化粧水をなじませたら首へ移動させて、首元にも化粧水を付けて潤いを与えます。
化粧水が足りないと感じたら、再び適量の化粧水をコットンに取り、繰り返します。

化粧水を付けてから、パッティングする使い方がありますが、肌にダメージを与えるので、ほどほどにするべきです。
コットンを使える人は、肌が健康で敏感肌でない人だけです。
肌が弱くて、コットンの繊維が肌に合わない人は、コットンで化粧水を付ける使い方はしないでください。
肌が弱い人が、コットンでパッティングすると顔が赤く腫れてしまいます。
コットンは高品質のものを選ぶと、肌に優しいです。

化粧水は、どれくらいが適量か?

スキンケア化粧品や普通の化粧水は、手のひらに直径1~2cmの円の大きさくらい出すか、コットンに3、4滴たらすと適量でいいです。
スキンケア化粧品は、タップリ使わなくても適量だけで、十分な効果があります。
適量以上使っても、効果がアップするわけではないのです。
肌に浸透できる適量のスキンケア化粧品の化粧水を使うと、他のスキンケア化粧品の保湿クリームや美容液の効果があります。
化粧水の適量を、把握しておくことが大事です。

化粧水の正しい付け方③ 洗顔後すぐにつける!

化粧水は、肌の乾燥を防いで、肌に潤いを与えます。
肌が乾燥しすぎると、化粧水は肌に浸透しにくくなってしまいます。
化粧水を付けるタイミングは、とっても大事なのです。
化粧水は、洗顔してすぐに付けるタイミングだと効果が抜群です。
洗顔後にタイミングを逃して、何もしないでいると、お肌がかさつく原因になります。

洗顔後に化粧水をすぐに付ける時は、顔の水分を綺麗に拭き取っておくべきです。
顔に水分が残っていると、せっかく化粧水を付けても成分が薄くなってしまいます。
化粧水の効果をアップする付け方は、顔に水分を残したまま化粧水を付けないことです。
化粧水の正しい付け方は、洗顔後すぐに付けるタイミングが大切です。

化粧水が肌に浸透すると、次は乳液や美容液を付けると美肌になります。
化粧水の後のスキンケアも大事です。
化粧水が乾いた後に、乳液を付けます。
化粧水が乾く前に乳液を付けると成分が混ざってしまい、せっかくの効果が半減します。

化粧水は乾き過ぎていると、肌は乾燥しすぎているのでシワや肌荒れになります。
化粧水を付けた後は、乳液や美容液で十分に、保湿してくださいね。

■参考記事:化粧水と乳液はどっちが先?コチラも参照!

化粧水と乳液の順番はどっちが先?【スキンケアの基本】

化粧水の正しい付け方④ 化粧水を付けた後は、ハンドプレス!

化粧水を手やコットンで付けた後は、顔を両手で覆って10秒から15秒ほどハンドプレスします。
ハンドプレスをすることで、化粧水の効果がアップします。
ハンドプレスは、肌の乾燥を防いで化粧水の浸透を良くします。
乾燥しがちな目元などを、丁寧にハンドプレスしましょう。
ハンドプレスするタイミングは、顔に化粧水が浸透した直後です。

化粧水を付けた後のタイミングに、マスクやパックをすると美容に良いですね。
ただし、パックやマスクを長時間したままにすると逆効果になります。
マスクやパックは、指定された時間を守って外します。
マスクやパックが乾ききるまで長時間放置すると、肌が乾燥して肌に悪い影響を与えます。
パックやマスクをするときは、時間を守り美容成分を肌になじませましょう。

朝は忙しい!ふきとり化粧水がおすすめ

朝、化粧水を適量使う前に、必ず洗顔をして肌を清潔にする必要があります。
ですが、朝が忙しくて洗顔料で顔を洗うことができない人には、ふきとり化粧水がおすすめです。
ふきとり化粧水には、化粧水が適量含まれています。
ふきとり化粧水は、朝に使うだけで顔の汚れやホコリを拭き取れます。
ふきとり化粧水は、朝の顔の汚れを拭き取りながらヒアルロン酸やコラーゲンなど必要な保湿成分を肌に、適量を浸透させます。
とっても便利で、朝に活躍する、使いやすい化粧水です。
朝は時間がないという人に、ふきとり化粧水を使ってほしいですね。

化粧水の正しい付け方⑤ 肌を温めてから化粧水を使う

化粧水を使う手は、お湯で温めてから化粧水を付けてください。
肌が冷たいままでは、適量の化粧水が肌になじまなくなります。
肌にも冷たい刺激が与えられて、悪いです。
洗顔後の泡や水分も綺麗に拭き取っておくべきです。

化粧水を肌に浸透させるために、顔を蒸しタオルで温めておくと良いです。
顔を温めると、肌が柔らかくなって化粧水が浸透しやすくなります。
適量の化粧水を付けるだけで、肌は潤いや艶を取り戻します。
適量の化粧水の正しい付け方を知っていると、肌を優しくケアできますね。

化粧水の正しい付け方⑥ メイクを長持ちさせるポイント

朝、洗顔して化粧水を付けるときに口元や目の周りのOゾーンからつけることが、ポイントです。
口元や目の周りは、乾燥しやすくて肌が荒れやすいので、化粧水をたっぷり付けましょう。
次に、頬から顎にかけてのUゾーンに、化粧水を付けます。
頬から顎の皮脂の状態を良くするために、化粧水をまんべんなくつけます。

最後に、オイリーな肌の状態になりがちな額や鼻に化粧水を付けます。
額や鼻は皮脂が多い、Tゾーンです。
化粧水をきちんとつけた後は、O、U、Tゾーンの順に乳液や美容液を付けます。
肌をみずみずしく潤いのある状態を保つには、適量の化粧水を使ったスキンケアも必要です。

化粧水の正しい付け方⑦ パッティングで引き締まった肌に!

化粧水をコットンを使ってつける使い方で、大切なのはパッティングの回数や方法です。
おすすめな使い方は、手で顔に化粧水を付けてから、コットンでパッティングします。
朝、メイクのノリを良くするために、化粧水をタイミングよくパッティングで肌になじませると肌が引き締まります。
パッティングを軽く数回するだけで、良いのです。
パッティングのやりすぎは、肌によくありません。

化粧水を手で顔全体ににつけてから、耳の下からフェイスラインに沿って、少しづつ動かしながらパッティングします。
そして、顎の下から上に向かって、引き上げるようにパッティングすると良いです。
コットンは軽く指に挟み、力を入れないでパッティングします。
首から鎖骨にかけて、滑るようにパッティングすると終わりです。

化粧水の正しい付け方⑧ 朝と夜の肌の温度差

朝は、肌を引き締めるために顔を冷やして、シャキッとさせます。
朝は、化粧水も肌を冷やしておくと良いです。
化粧水を手に付けて顔に広げて、パッティングすると肌が冷めます。
一日の始まりの朝に、肌を冷やしてすっきりさせます。

夜は、一日の疲れをとってリラックスするために、肌を温めます。
化粧水をとる手を、お湯などで温めてから化粧水を付けます。
夜は、顔の神経が疲れているので、休めるように温かい手で顔に化粧水を付けます。
夜は、肌を冷やしてはいけないので、パッティングをしないでください。

化粧水の正しい付け方⑨ 化粧水の後も肌を整える

スキンケアは、化粧水を正しくつけるだけで終わらせてはいけません。
肌を良い状態にするためには、化粧水を手やコットンにつけてから乳液や美容液を付ける必要があります。
乳液や美容液は、化粧水を付けた後の乾燥を防いで、皮脂を保護する役割をします。
潤いのある肌を保つには、化粧水の効果を保持させるために、乳液のコンビネーションが必要です。

肌が疲れている時は、コットンでパッティングしないで、化粧水を手に取り顔につけてください。
パティンングは、肌を傷つけるかもしれないので、肌がダメージをうけている時は、避けるべきです。
肌の弱い人は、パッティングによって毛細血管を傷つけることがあるので注意してください。
化粧水は何回かに分けて、丁寧に顔につけると良いです。
コットンに化粧水を含ませて、顔に乗せてパックすることもおすすめです。

化粧水の正しい付け方⑩ 肌を労わる

顔の皮膚は敏感でとても薄いです。
ですから、化粧水を付けるときは肌に優しくつけましょう。
肌に刺激を与えると、肌が傷ついて老化の原因になります。
顔の肌に化粧水を付けるときは、皮膚に優しく丁寧にします。

肌が荒れている時は、コットンで化粧水を付けるよりも手で化粧水を付けてください。
肌が荒れている時は、パッティングをしてはいけません。
メイク落としのふきとりクレンジングやふきとり化粧水を使う時は、高品質のコットンを選ぶべきです。
コットンの繊維で肌がかぶれることがないように、十分気を配りましょう。

■参考記事:お肌を白くするには?コチラもチェック!

肌を白くする方法11選!【必見】

化粧水を付けるタイミングが重要な理由!

化粧水を付けるタイミングで、肌の潤いの良さや化粧のノリ、乳液や美容液の効果が決まります。
化粧水を付けるタイミングは、洗顔後すぐや入浴後すぐの5分以内です。
5分以上たってから、化粧水を付けても肌に浸透しません。
効果が違ってくるのです。
洗顔後は、肌の水分量が減少して、肌が乾燥しがちになっています。
洗顔後に化粧水を付けないで放置しておくと、肌が荒れるでしょう。

入浴後は、肌の水分が蒸発して、最も乾燥しやすい状態です。
洗顔後や入浴後の5分以内に化粧水を付けると、角質から化粧水が浸透しやすくなっています。
時間がたつにつけれて、角質から化粧水が浸透しにくくなり、保湿効果もなくなります。
化粧水の使い方で、タイミングは付け方と同じくらい大切なのです。

乾燥肌を防ぐ、ミスト化粧水

お肌が乾燥している時に、メイクの上からもスプレーできるミスト化粧水が注目されています。
ミスト化粧水スプレーは、普通の化粧水と同じ成分です。
ミスト化粧水スプレーは、手やコットンを使わないで簡単に顔に化粧水を付けられる使い方ができます。
顔めがけて、スプレーを噴射するだけです。

ミスト化粧水スプレーの良いポイントは、粒子が細かいために毛穴に浸透しやすいことです。
お肌に潤いを与えて、スプレーによって化粧水が肌にフィットします。
ミスト化粧水スプレーは、顔以外のボディや手足などにも使えます。
ミスト化粧水スプレーは、肌に浸透しやすくて、保湿効果が高いです。

ミスト化粧水スプレーのポイント

ミスト化粧水スプレーは、携帯もできるタイプがあり便利です。
アルコール成分のあるミストスプレーもあります。
肌が弱い人は、敏感肌にトラブルを招きますから、アルコールフリーのミストスプレーを選んでください。
ミストスプレーはガス入りのスプレータイプがあり、噴射力も強くて肌に化粧水が満遍なく浸透します。
また、ウォータータイプのミストスプレーもあり、詰め替えができて便利です。
ガス入りミストスプレーとウォータータイプのスプレーは、成分は同じなので使いやすい方を選んでくださいね。

■参考記事:透明感あるお肌に!スキンケア方法はコチラも参照

透明感のある肌になるには?美肌を保つスキンケアを解説!

化粧水の選び方

化粧水は、高保湿成分のものを選ぶべきです。
肌の乾燥を防ぐためには、高保湿成分のセラミド、レシチン、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸などが必要です。
セラミド成分は、高保湿効果があり肌に潤いを与えます。
化粧水の選び方次第で、お肌の状態に変化があるでしょう。

化粧水の刺激のある成分に注意することも大事です。
アルコール以外にビタミンC誘導体や香料などは、肌に対して強い刺激を与えます。
センシティブスキン専用やオーガニック化粧水を選ぶことを、おすすめします。
低刺激で高保湿成分の化粧水を選んで、スキンケアの効果をアップさせることがポイントです。

■参考記事:コンビニコスメにオススメはある?コチラもチェック!

コンビニコスメおすすめランキング11選!化粧下地からリップまで

化粧水の正しい付け方は、詳しくわかりましたか?

化粧水は洗顔後すぐに付けると、肌に浸透しやすくて、保湿効果があります。
化粧水は、乾燥肌に潤いを取り戻させる必要な成分が含まれています。
敏感肌の方の化粧水もあるので、自分にあった化粧水を見つけましょう。
ミストスプレータイプの化粧水も、いつでも簡単にスプレーするだけで、お肌の乾燥を防いでくれます。
化粧水は、お肌を若々しく保つための必須アイテムですね。

化粧水についてもっと情報を知りたいアナタに!

ハトムギ化粧水の使い方と効果完全解説!美白になれる?【必見】
無印化粧水は実際にいいの?口コミまとめ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ