コットンパック・化粧水パックの効果的なやり方と注意点!これで美肌をゲット!

乾燥の季節になりました。肌のケアは足りていますか?化粧水や美容液だけでは補えないダメージもありますよ。そんなとき、おすすめしたいのが化粧水パックです。化粧水とパックを合わせれば乾燥に別れを告げて美肌を取り戻せます!化粧水パックのやり方や注意点を紹介します。

コットンパック・化粧水パックの効果的なやり方と注意点!これで美肌をゲット!のイメージ

目次

  1. コットンパック・化粧水パックを試したことはありますか?
  2. コットンパック・化粧水パックは優秀!その効果とは?
  3. 【コットンパック・化粧水パック】肌を傷めないための4つの注意点!
  4. 【コットンパック・化粧水パック】パックを行う前に大切なこと!
  5. 【コットンパック・化粧水パック】コットン・パックシートの選び方
  6. 【コットンパック・化粧水パック】水(精製水)の選び方
  7. 【コットンパック・化粧水パック】化粧水の選び方
  8. 【化粧水パック】美肌ゲット!効果的なやり方はこれ!
  9. 【コットンパック・化粧水パック】パックが終わったあとの保湿が重要です!
  10. 【コットンパック・化粧水パック】パックする時間は?
  11. 【コットンパック・化粧水パック】パックをする頻度は週に何回?
  12. 【化粧水パック】パックを行うタイミングは?
  13. 【コットンパック・化粧水パック】おすすめ化粧水TOP3
  14. 【コットンパック・化粧水パック】おすすめパックシートTOP3
  15. 【まとめ】化粧水パックは手軽に低コストで美肌になれる!

コットンパック・化粧水パックを試したことはありますか?

冷たい風が吹き出す季節は乾燥する季節です。乾燥する季節のスキンケアは化粧水と乳液、美容液だけではどうしても美肌と呼べるモチモチ肌になれません。

そんな乾燥に効果的で、しかも簡単に自宅でできるスキンケア方法としてパックを重宝している人も多いのではないでしょうか。

シートマスクとしてすでに化粧水や美容液を含ませた状態で販売されているものを試したことがある方は多いと思います。シートマスクの種類は豊富で、日本製の商品だけでなく海外製の商品まで幅広く人気を集めていますよね。

でも、つけた時は気持ち良いですが、時間が経過するとシートマスクの化粧水に含まれる美容成分が肌にピリピリ刺激を感じることがあります。海外製のシートマスクは特に、刺激が強くて肌に痛みを感じることが多いです。

そんな方にもおすすめなのが普段使用している化粧水を利用した「化粧水パック」。

化粧水パックではコットンやパックシートとして売られる生地に、お好みの化粧水を浸して一定時間パックするやり方のスキンケアです。

低コストで時間をかけずにスキンケアを行えるのでおすすめですよ。

コットンパック・化粧水パックは優秀!その効果とは?

化粧水パックはコットンやパックシートをつかって簡単なやり方で手軽に行えるスキンケアです。

シートマスクのように化粧水がすでについていないので、自分の肌に合った化粧水でパックを行えることがおすすめポイントです。

順番・やり方を間違えなければ、普段のスキンケアでは浸透し難い肌の角質層まで美容成分が浸透して保湿効果を高めることができます。

化粧水の美容成分が十分に浸透することで肌の水分を保つ保湿効果が高まるので、カサカサしていたお肌の柔軟性が回復します。

すると、通常のスキンケアでも化粧水や乳液、美容液の浸透がしやすくなって美肌をゲットすることができますよ。

ただし、化粧水を選ぶ時には注意する点もあります。

コットンやシートパックを使って化粧水パックを行っても、化粧水に含まれる美容成分の保湿力が弱かったりエイジング効果が少なかったりする場合は美肌効果を高めることができません。

【コットンパック・化粧水パック】肌を傷めないための4つの注意点!

化粧水パックは簡単なやり方で乾燥肌の改善に高い効果をもたらします。肌の保湿力が高まることで、その後の皮膚の再生を活性化させるからです。

すると肌のキメが細かくなり透明感のある肌を保つことができます。

しかし、それ以外に肌に悩みがあるときに化粧水パックを行うとトラブルを悪化させる原因となる可能性があります。

化粧水パックを行う時は、自分の肌に合ったものを使って、正しい順番・やり方で行うようにして下さいね。

(1)肌トラブル中はダメ!

肌荒れやニキビ、吹き出物対策として、化粧水パックを行うと肌荒れやニキビを悪化させる可能性が高いです。

特に、保湿力の高い化粧水を使うとニキビを悪化させやすいです。

肌にトラブルが起きている間の化粧水パックはおすすめできません。実施を控えるようにしましょう。

(2)長時間パックしてはダメ!

長くパックを付けれいれば効果があると思いがちですが、化粧水パックの間違ったやり方です。

長時間パックを行うと古い角質に必要ない水分が与えられ肌のターンオーバーを妨げてしまうことがあります。

また、長時間の化粧水パックは肌の水分を吸い取ってしまう可能性もありおすすめできません。

シートマスクを使う時の説明を読むと記載がある場合が多いのですが、正しいやり方を守らず乾くまでパックを長時間つけていると、浸透圧が逆転してパックに水分を吸い取られてしまうのです。

(3)アルコールを含む化粧水はダメ!

アルコールが配合される化粧水はおすすめできません。

化粧水に含まれるアルコールとは、化粧水の成分表でエタノールと明記されているものです。

揮発性が高いので乾燥肌を悪化させる原因になる可能性があります、必ずアルコールフリーの化粧水を選ぶようにして下さい。

(4)敏感肌の人はダメ!

敏感肌の人は肌を保護する機能が低下していることが多いです。

そのため、化粧水パックをすることで肌に刺激を加えてしまって肌荒れを引き起こす可能性がありおすすめできません。

肌トラブル中の化粧水パックを避けた方がよいのと同様に、敏感肌の方も化粧水パックを避けるようにして下さい。

【コットンパック・化粧水パック】パックを行う前に大切なこと!

化粧水パックを行う前に必ず洗顔を行いましょう。

普段のスキンケアのやり方と同様に、顔が汚れている状態で化粧水、乳液、美容液と順番につけて効果が出ないことはわかっていますよね。

肌にしっかり化粧水の美容成分を浸透させるためには洗顔でしっかり汚れを落とす必要があります。

洗顔のやり方のポイントは「皮脂を落とすこと」と「過度な刺激で肌を傷つけないこと」です。

優しく洗顔をしたら洗顔後は普段通りに化粧水をつけておきましょう。

【コットンパック・化粧水パック】コットン・パックシートの選び方

肌のためにはオーガニックコットンがおすすめです。しかし、多少金額はかかります。

無理をしない範囲で、肌触りができるだけ良いものを選びましょう。普段使っているコットンやパックシートがあって、肌が荒れたことが無いものであればそれで構いません。

厚手のものは必要以上に化粧水を吸い込んでしまうので、できるだけ薄手の物を使うようにして下さい。

【コットンパック・化粧水パック】水(精製水)の選び方

水道水ではダメという訳ではありませんが、塩素など消毒成分が含まれているので避けた方が無難です。

精製水はドラッグストアで安く売っていて、精製水は蒸留やろ過することで純度の高い水です。

弱酸性なので化粧水と同様に肌に優しい成分ですよ。

【コットンパック・化粧水パック】化粧水の選び方

素材が重要な化粧水パックで、もっともポイントとなる素材が化粧水です。

化粧水に含まれる美容成分の分子が大きいと肌に浸透せず効果が期待できません。

使用する化粧水は低分子で、うるおいを与えるコラーゲンやヒアルロン酸が配合されているものをおすすめします。

また、PGやDPG、合成香料、合成着色料、エイジングケアに効果的なビタミンC誘導体が含まれる化粧水は刺激が強いので避けるようにしましょう。

上記の条件を満たすものであれば、手ごろな価格帯の化粧水で十分です。

【化粧水パック】美肌ゲット!効果的なやり方はこれ!

化粧水パックのやり方は簡単で、効果的なやり方は順番を守って4つの手順を行うことです。

自分の肌に合った化粧水を使って、正しい順番・やり方を守って美肌をゲットしましょう。

順番1. コットン・パックシートを水(精製水)に浸す

まずは水(精製水)に浸して湿らせます。

コットン・パックシートに直接化粧水を浸すのであればこの手順は必要ありません。

先にコットン・パックシートを湿らせておくと化粧水を浸した後に化粧水が早く揮発することを防いでパックが乾燥しにくくなるので、化粧水だけでパックをするより時間をかけてじっくり肌に美容成分を浸透させることができます。

浸した後は一度手のひらで押さえて、軽く水分を絞っておきましょう。

順番2. コットン・パックシートを化粧水に浸す

全体にしっかりと化粧水をしみ込ませるようにして下さい。目安としては、コットンであれば化粧水を6滴ぐらいです。

水に浸さず直接化粧水に浸しているのであれば化粧水を10滴以上使ってしっかりと化粧水の美容成分をしみ込ませてる必要があります。

順番3. 顔にパックする

コットンの場合は均等な厚さに裂いてからおでこ、目の周り、ほほ、鼻、口周り、あごに広げます。

パックシートはしわができないように優しく広げながら貼りつけて下さい。

パックした上からラップをすると化粧水の蒸発を抑えてより時間をかけて効果的に化粧水の美容液を肌に浸透させることができます。

順番4. 3分程度したら顔のパックをはがす

目安は3分程度です。

必要以上に化粧水の水分を肌に与えるとターンオーバーを妨げる原因になります。また、パックの化粧水が乾いてしまうと、パックに肌の水分を吸収されてしまう恐れがあります。

必ず化粧水が乾く前の濡れているうちにパックをはがすようにして下さい。

【コットンパック・化粧水パック】パックが終わったあとの保湿が重要です!

正しい順番・やり方で化粧水パックを行った後は十分な保湿を行うことが重要です。

化粧水パックを行っただけでは普段のスキンケアで使う乳液や保湿クリームのような化粧水を肌に引きとめるバリアを行えていません。

肌が吸収した化粧水の蒸発を防ぐために化粧水パックの後に乳液、保湿クリームを使ってスキンケアを行いましょう。

化粧水パックの効果で普段のスキンケアでは難しい肌の角質層まで化粧水の美容成分を浸透させること、保湿力を高めることができています。

ここでしっかり肌に吸収した化粧水の美容成分を蒸発しないようにバリアすることで、一層キメの細かい美肌を手に入れることができます。

【コットンパック・化粧水パック】パックする時間は?

注意点としてあげたように、長時間の化粧水パックは肌に必要以上の化粧水を肌に与えて肌のターンオーバーを妨げたり、パックが肌の水分を吸い取って乾燥させてしまったりする可能性があります。

化粧水パックの目安の時間は3分と思ってください。長くても5分以上は行わないようにしましょう。

化粧水パックを長時間やったからといって効果が高まるということは決してありません。

室温や湿度によって左右されますが、コットンやシートパックの化粧水が乾ききる前に必ず外すようにしましょう。

◆関連記事:手作り化粧水でパックしてみませんか?

化粧水は手作りで!簡単なレシピ・作り方9選!

【コットンパック・化粧水パック】パックをする頻度は週に何回?

「一日一回すると良い」などと言われていることがありますが、毎日しなくても大丈夫です。

毎日行う通常のスキンケアにプラスして週に1~2回スペシャルケアをして行って頂くだけでも十分効果は期待できますよ。

ただし、肌にトラブルが起きている時などは化粧水パックが習慣だからといって無理に行わないようにして下さい。

無理にパックを行うと余計に肌荒れを悪化させる要因となってしまうので十分に調子が整ってから再開するようにしましょう。

また、気温や湿度で肌のコンディションは変わってゆきます。乾燥が気になる季節や、朝の化粧乗りが悪い時は頻度を増やしましょう。

自分の肌の調子に合わせてコントロールするとトータル的な肌の調子がよくなりますよ。


◆関連記事:おすすめ化粧水はこちら

美白化粧水プチプラおすすめランキングTOP15!市販で効果抜群!

【化粧水パック】パックを行うタイミングは?

化粧水パックを行うタイミングは「入浴後」が最もおすすめです。

肌の血行が良くなっている時の方が化粧水パックをした時の効果を最大限に引き出すことができます。

血行が良くなっていると角質層までしっかりと美容成分を浸透させることができやすいからです。

入浴後は時間が無いという方は、蒸しタオルを使って顔を温めて肌の血行を良くしてから行うことで代用できます。

電子レンジで濡らした清潔なタオルを1分温めて下さい。広げたタオルを顔の上に当てて、ゆっくりと呼吸を整えて1分程度タオルがぬるくなるまで待ちます。

血行が良い肌に化粧水パックを行うと吸いつくような肌に仕上がるので、効果がすぐに感じられますよ。

【コットンパック・化粧水パック】おすすめ化粧水TOP3

化粧水パックを行う時の化粧水をおすすめの順番に3つご紹介します。

基本的には、肌への刺激が少なくうるおい成分がしっかりと配合されているものを使うことが大切であると考えて下さい。

最も重要なことは、自分の肌に合う化粧水を使うことです。もしも肌に合わないなと感じた時は決して肌に無理をさせず中断するようにして下さい。

おすすめ化粧水①FANCL / モイストリファイン 化粧液 しっとり


モイストリファイン 化粧液 II しっとり 1本 【ファンケル 公式】 [化粧水 ローション 保湿 混合肌 普通肌 乾燥肌 FANCL 基礎化粧品 スキンケア 無添加 化粧品・コスメ・ビューティー ]

FANCLの無添加商品で公式オンラインストアでもベストセラーを誇ります。

テカリや乾燥などあらゆる肌トラブルの原因となるインナードライを解消しうるおいに満ちた肌へ度導きます。

美しい角質を生む独自成分の「アクティブセラミド」と肌サイクルを改善させて「モイストチャージコラーゲン」が潤いを逃さないよう外からガードします。

防腐剤、香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤などの刺激物は一切使われていません。

無添加で高保湿の化粧水なのでパックをした後はしっとりモチモチの肌になりますよ。

おすすめ化粧水②アヤナスローションコンセントレート


DECENCIA ディセンシア ayanasuアヤナスアヤナス ローション コンセントレート 125ml

アヤナスはポーラ・オルビスグループが生んだ敏感肌、乾燥肌の女性向けの専門ブランドです。

通常のセラミドの1/20サイズの「セラミドナノフィア」が含まれているので、角質層の奥深くまで美容成分を浸透させることができます。

また、血行促進や皮膚温度上昇の効果が期待できるので化粧水パックを行うことでより効果的に美容成分を吸収することができます。

エイジングケアをとりいれてハリや弾力の170%UPが期待できる30代から40代の女性にはうれしい化粧水です。

おすすめ化粧水③アクアフォースローション


オルビス アクアフォースローション L(さっぱり) 本体 180mL 化粧水 アットコスメ

ORBISの乾燥・インナードライ対策スキンケアシリーズの化粧水です。

角質がうるおいで満たされた状態を目指し、肌本来のうるおい成分に近い保湿成分である3種のアミノ酸を独自ブレンドした「ピュアアクアエッセンス」を配合しているので、角質全体を肌に近い成分で満たしてキメの整った健康的な肌に仕上げます。

ナノ化したうるおい成分「うるおいマグネットAQ(=糖脂質)」が角質の隙間を埋めるように保湿して、潤いと肌をくっつけてつなぎとめるので角質の水分量を維持してモチモチした肌の状態が長く続きます。

Tゾーン果てかるけど頬が乾燥する、化粧乗りが悪い、化粧水の浸透が悪くなった、などの悩みを解決する肌に優しい基礎化粧品です。

【コットンパック・化粧水パック】おすすめパックシートTOP3

コットンはオーガニックを使うことがベストです。コットンはドラッグストアなどどこでも購入が可能です。

一方でパックシートはすでに美容液が浸透しているシートマスクがほとんどでなかなか見つけることが難しいかもしれません。

そこで、使いやすいパックシートをおすすめの順番に3つご紹介します。

パックシートを使って化粧水パックを行えば、シートマスクよりも安く、自分に合った化粧水でパックを行えるので満足できますよ。

おすすめシートマスク①無印良品 ローションシート


無印良品 ローションシート(全体用) 圧縮タイプ・20個入

圧縮タイプのパックシートです。コイン状の形をしていて、化粧水に浸すと顔型マスクに広がります。

少し広げにくいという難点もありますが、シート自体は顔にしっかりフィットするので肌との密着度が高く美容成分がしっかりと肌にしみ込みます。

20個入り350円(税込)です。

おすすめシートマスク②SHISEIDOお手入れマスク


【資生堂】資生堂お手入れマスクN

圧縮タイプのパックシートです。シルクタッチの線維を100%使用した不織布マスクです。

なめらかなマスク生地なので、顔に触れてもチクチクした感じはありません。また薄手なのに破けにくく化粧水をしっかり吸い込み肌にピッタリフィットするので化粧水の効果が持続します。

目鼻の部分の切れ込みが大きいので隙間ができやすく、鼻周りはキュッとマスクをつまんでパックすると上手くできますよ。

15個入り440円(税込)です。

おすすめシートマスク③加美屋 こっとん紙 フェイスパック用


加美屋 こっとん紙 フェイスパック用 - いちはら

紙製のフェイスパック専用パックシートです。

使用面の裏側に蒸発を防ぐクリアコートを施してあります。この裏面のクリアコートのおかげで化粧水の蒸発をしっかり防いでくれるこっとん紙なのです。

また、紙製なのでコットンやパックシートに比べ毛羽立ちがありません。

私はゴワゴワするシートマスクの線維で湿疹が出たことがありましたが、紙製のフェイスパックであれば敏感肌の方でも毛羽立ちでチクチクと肌に刺激を感じてしまうことがありませんよ。

かわいらしいパッケージも魅力的な、50枚で362円(税別)です。

【まとめ】化粧水パックは手軽に低コストで美肌になれる!

化粧水パックを通常のスキンケアと共に取り入れることで手軽に、低コストで美肌になることができます。

しかし、間違ったやり方を繰り返すと肌のくすみやキメの粗さが目立つようになって、毛穴が開いてしまうという結果を招いてしまいます。

また、過剰な水分を肌に与えると乾燥を招いてしまいます。

化粧水パックが合う人、合わない人がいるのも確かです。

スキンケアの正しいやり方の順番を守って、化粧水パックの正しい順番・やり方で肌トラブルが悪化していないかコンディションを確認しながら実施するようにしましょう。

もっとスキンケアについて知りたいあなたはこちらをチェック

透明感のある肌になるには?美肌を保つスキンケアを解説!
化粧水と乳液の順番はどっちが先?【スキンケアの基本】
すっぴん美人になる方法!スキンケアが大事!NGなことは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ