ガーターベルトの正しい付け方・使い方とは?どんな効果がある?

ガーターベルト、名前は知っているけれど付けたことはない!という方が多いのではないでしょうか?なんだか付け方も難しそうで、大人な雰囲気…そんなことはないんです。実は付けてみると良いことずくめ。今回はそんなガーターベルトのメリットと正しい付け方をご紹介致します♪

ガーターベルトの正しい付け方・使い方とは?どんな効果がある?のイメージ

目次

  1. 実は良いことづくめ!?ガーターベルトのメリットと付け方!
  2. そもそも、ガーターベルトってなんであるの?
  3. ガーターベルトのメリットをご紹介♪
  4. (1)お尻やお腹が蒸れないので夏は涼しくて快適♪
  5. (2)お腹周りの布地がなくてお腹もトイレも楽ちん!
  6. (3)コスパ◎!伝線しても、片方を変えれば大丈夫♪
  7. (4)種類が豊富!下着でもおしゃれを楽しみたい人におすすめ
  8. (5)姿勢がよくなる?ガーター効果で歩き方にも変化が♪
  9. 初心者必見!正しいガーターベルトの付け方と付け方のコツ
  10. (1)ストッキングを履いて、ガーターの留め具を解除!
  11. (2)ガーターベルトを腰に装着する
  12. (3)ストッキングをガーターベルトの留め具で固定する
  13. 普段使いOK!ガーターベルトのコーデとその付け方をご紹介
  14. コーデ(1)シンプル大人なコーデに黒ガーターでアクセント
  15. (2)デザインと一体型!履くだけ可愛いガーターストッキング
  16. (3)ガーターベルトがファッション!ベルト風に巻いて♪
  17. 選ぶのも楽しい!おすすめガーターベルトとその付け方
  18. おすすめガーターベルトとその付け方(1)ベルト型タイプ
  19. おすすめガーターベルトとその付け方(2)コルセット型
  20. おすすめガーターベルトとその付け方(3)矯正下着型
  21. おすすめガーターベルトとその付け方(4)ストッキング型
  22. おすすめガーターベルトとその付け方(5)ベビードール型
  23. 実は便利なガーターベルトとその付け方・まとめ

実は良いことづくめ!?ガーターベルトのメリットと付け方!

ガーターベルトって、名前は知っているけれどなんだかセクシーで大人な雰囲気で、私には必要ないかな・・・

そう考えている方必見!
実はガーターベルトは、女性にとってメリットしかない超便利アイテム。
下着屋さんのすみっこに少しだけ置いてありますが、ちゃんと意味があるんです。実際付けてみるととっても便利!
様々な良い効果があって、普段使いでコーディネートもより楽しくなっちゃいます♪
調べてみると種類もとっても豊富で、シンプルなものから可愛いものまでたくさん!
自分のお気に入りのガーターベルトのデザインを見つけられちゃいます。

今回はそんな普段使いできるガーターベルトのコーディネートや、効果をより実感できる正しい付け方までご紹介致します♪

こーんな感じで、下着屋さんに下着とセットで売っていたりしますよね。
全部セットで揃えれば、怖いもの無しです♪

そもそも、ガーターベルトってなんであるの?

ガーターベルト、日常よく目にするものではあるけれど、あれってどういう意味で付けてるの?

そう思う方も多いかもしれません。
もともとガーターベルトとは、ストッキングや靴下が歩いているうちにずれて下がってしまわないように留めておくもの。
靴下がずれないように靴下と脚の間に塗る、靴下のり・・・いわゆる「ソックタッチ」や、お尻の部分まであるパンティストッキングが主流になってきて、靴下がずれてしまわないようにするグッズが増えたのも、「ガーターベルト離れ」が起きている理由の一つかもしれません。

やっぱり、ガーターベルトってセクシーなイメージ。
最近ではコスプレなどで着用する方も多いようですね。
それでも、ガーターベルトが必要なコスプレはセクシーな女の子のキャラクターが多いイメージ。
やっぱり、セクシーなイメージに持っていかれがちですね。

あとは、ウエディングドレスを着るときにガーターベルトを使ったという方も多いようです。

ウエディング用のランジェリーも下着屋さんに売っていますよね。
ドレス用のコルセットや真っ白なレースの下着と一緒にガーターベルトが付いているものも多いです。
ウエディングドレスでなくとも、下着屋さんのドレス用コルセットには一緒にガーターベルトが付いているものが多く、ストッキングを留めるのに必要になってくる場合が多いです。

ガーターベルトのメリットをご紹介♪

さて、ガーターベルトは靴下やストッキングを留めるのに効果がある、というところまではわかりました。
でも、それだけならソックタッチやパンティストッキングで良いから意味ないよね?

実は、それだけじゃないんです。
ガーターベルトには、女性をより綺麗に見せる良い効果がいっぱい!
そんなソックスがずれないだけじゃないガーターベルトのメリットや着ける意味をご紹介致します♪

(1)お尻やお腹が蒸れないので夏は涼しくて快適♪

良いことづくめ!ガーターベルトのメリット(1)

パンティストッキングはお尻やお腹まですっぽりとストッキングを密着させてしまうので、夏場はとにかく蒸れてかゆかったり、暑いと感じる方は多いのではないでしょうか?
特にオフィスではスカートを履く方はストッキングは必須アイテム。
真夏は涼しいオフィス内ならまだしも、通勤や外出時には暑いと感じる方も多いかと思います。

でも、ガーターストッキングならお尻やお腹に密着するストッキングの布が存在しません!
なので、蒸れてかゆいと感じることもないので、夏の暑い日やストッキングが蒸れて辛いとお悩みの方は、その効果試してみては?

こういったシンプルなものなら、チャレンジしやすいですよね♪
目立たないベージュのガーターベルトもありますので、夏らしい白やパステルカラーのスカートを履いてもうっかりベルトが透けたり浮いて見えちゃうこともないので、こっそりガーターベルトを付けたい方にもお勧めです。
よっぽどのミニスカートを履かない限りガーター部分が見えないのがポイントです。
それでもストッキングのマチ部分やベルトがレース柄になってると、付けてるだけで気分が上がっちゃいます♪

(2)お腹周りの布地がなくてお腹もトイレも楽ちん!

良いことづくめ!ガーターベルトのメリット(2)

前述通り、ガーターベルトはお腹やお尻部分にストッキングの布地がありません。
なので、お腹まわりの締め付けもなくて、ちょっと最近お腹が苦しい・・・という方にも良い効果が。
また、応用してお腹が苦しくなることが想定される食べ放題やビュッフェなどに行くときにそういう意味でストッキングやタイツでなくガーターベルトを選ぶ、というのも戦略のひとつかもしれません(笑)

また、お尻部分の布がないということはトイレに行ったときも楽ですよね。
パンティストッキングはお腹まですっぽり覆うので、特にスカートを履いているとスカートのウエスト部分でパンティストッキングがはさまれていて、トイレでおろすのがかなり面倒になってしまいます。
そんなときにもガーターベルトなら、留め具部分を外すだけですのでとっても楽ちん。
こんなところでも効果を発見できちゃいます。ガーターベルト、ちゃんと意味ありました。

太ももで固定するタイプのガーターベルトなら、さらに楽ちん。
トイレでいちいち外す必要もありません(笑)
レース地ではないものだとあまりセクシーに見られないので初心者さんにもおすすめです♪

(3)コスパ◎!伝線しても、片方を変えれば大丈夫♪

良いことづくめ!ガーターベルトのメリット(3)

もしタイツやストッキングが伝線してしまったり破けてしまったりしたら、もう履けませんよね。
特にお気に入りのものだと気分が下がります。
高かったのに・・・お気に入りだったのに・・・

でも、ガーターベルトを使うストッキングなら、左右が分離されているので、万が一伝染したり破けてしまったりしても、同じストッキングを何本か買っておけば破けた片方を取り替えるだけでOK♪
丸ごと捨てないといけないパンティストッキングより、コスパが良くて長持ちするので、お気に入りブランドのストッキングがある方にもガーターベルトはおすすめです♪

仕事などで日常的にストッキングを履く方に特におすすめ。
お気に入りのストッキングは履いているだけで気分が上がりますしね。
シンプルな肌色のストッキングでも、履いている自分にとってはお気に入りのものはまた違いますよね♪

ブラジャーとショーツとセットになっているガーターベルトなら、好きなストッキングやタイツを合わせて自分好みにカスタマイズできちゃうので、こちらもおすすめです♪
ブラジャーやショーツと合わせたガーターストッキングなら、下着屋さんにもたくさん種類がありますよね!

(4)種類が豊富!下着でもおしゃれを楽しみたい人におすすめ

良いことづくめ!ガーターベルトのメリット(4)

ガーターベルトは、単純にファッションとしても可愛いですよね。
大人っぽくてセクシーなものから、レースやフリルいっぱいの可愛いものまで種類も様々。
見えない部分のおしゃれとして自分で楽しむだけでも、毎日のコーデが楽しくなっちゃいます。
機能としての効果や意味をなさなくても、おしゃれな女の子にとってはちゃんと意味はあるんです♪

何種類かお気に入りのガーターベルトを揃えて、毎日どれが良いか悩むのも朝の楽しみになっちゃいそうですね♪
形も様々なので、その日のコーデや自分の一番使いやすい形のガーターベルトを見つけられれば、おしゃれな上毎日とても楽ちんに過ごせちゃいそうです。

こんなにカジュアルでキュートなデザインのガーターベルトも♪
特に制服などが決まっていておしゃれを楽しめないOLさんにおすすめです。
効果や意味がなくても見えないところのおしゃれを楽しんじゃいましょう♪
ウエスト部分のデザインもとっても可愛いです。
ウエスト部分の装飾なら、スカートのウエスト部分で隠れるので多少デザインが可愛くてもばれません!

こっそり楽しむおしゃれで、女子力が上がっちゃいます♪
もちろん、彼とのデートの日に着けていっても良いですよね。
あえてシンプルで清楚なコーディネートにしつつ、下着はセクシーで可愛いもので、男性に効果抜群です♪

■参考記事:彼女の下着に対する彼氏の本音って?

彼女の下着に対する男の本音って?

(5)姿勢がよくなる?ガーター効果で歩き方にも変化が♪

良いことづくめ!ガーターベルトのメリット(5)

え?本当に?と思う方も多いかもしれません。
ですが、実際ガーターベルトを着けてみるとあら不思議。
すっと背筋が伸びて、綺麗な姿勢になっちゃう効果もあるんです。

その意味は腰部分のベルト。
ガーターベルトではなくても、例えばハイウエストスカートを履いたときなどに腰にベルトを巻くと、すっと背筋が伸びる感覚はありませんか?
ガーターベルトは腰の高い部分にベルトを巻く形になりますので、そのベルトですっと背筋が伸びて、歩く姿勢も座っている姿勢も自然と綺麗に見える効果もあるんです。

その姿勢は歩き方にも出ます♪
腰の部分のベルトの感覚で自然と腹筋を使う体の使い方をするので、まるでモデルさんのような女性らしく綺麗な歩き方を心がけることができちゃうんです。

筋肉を使う歩き方ができるということは、お腹や足など、下半身のシェイプアップにも繋がるという意味。履いているだけで綺麗な足もゲットできる効果があって一石二鳥ですね!

こんなハイヒールの似合う美脚になれるかもしれないガーターベルト、下半身痩せを考えている方はぜひチャレンジしてみては?

初心者必見!正しいガーターベルトの付け方と付け方のコツ

ガーターベルト、興味が出てきたかも・・・!

そんな方に、ガーターベルトの正しい付け方をレクチャーいたします♪
ただ着けるだけじゃないの・・・?
実は、付け方だけでよりずれにくくなったり、効果や意味をより実感できちゃいます。
簡単なコツやその意味も合わせてご紹介するので、正しいガーターベルトの付け方をマスターして、より快適にガーターベルトを楽しんじゃいましょう♪

(1)ストッキングを履いて、ガーターの留め具を解除!

正しいガーターベルトの付け方(1)

まずは留めるストッキングを履きましょう。
ストキングを爪で破かないように慎重に・・・
そして、ストッキングを好みの高さまで履いたところで、いよいよガーターベルトの出番です。
ガーターベルトを腰に着ける前に、まずストッキングを留める留め具部分を外しておきましょう。
その意味は、ベルトにもよりますが、ガーターベルトの留め具は大方が前後左右の合計4箇所。
先にガーターベルトを着けてしまうと留め具を外すのが大変ですよね。

ガーターベルトの留め具は大きく分けて2種類。
一つはこの画像のようなボタン式。
付け方、外し方はサロペットの肩ひも部分を想像してもらえるとわかりやすいかと思います。
こちらの方がストッキングがずれにくく、また留め具も目立たないためこっそりとガーターベルトを楽しみたい方におすすめです♪
留め具が見えないようにベルト部分に余りを作っているものもあります。余りのリボンはその意味だったんですね。

そしてもう一つがクリップ式。
文字通りストッキングのマチをクリップで挟むだけで固定できちゃうので、簡単に着けられるのが良いところです♪
サスペンダーのクリップをイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います。
こちらはこっそりとガーターベルトを楽しむより、ガーターベルトを見せるファッションに多いのも特徴です。
太ももで固定するファッション性の高いタイプのガーターベルトにも多いですね♪

(2)ガーターベルトを腰に装着する

正しいガーターベルトの付け方(2)

留め具を解除したガーターベルトを腰に巻きます。
着け方は商品によって異なりますが、大抵がブラジャーやコルセットのようなホックで固定するタイプですので、ブラジャーのように巻いてホックを留めるだけ♪
ホックはほとんどが後ろで留めるもので、後ろでホックを留めても良いですが、巻くだけなので前でホックを留めて腰部分で回転させるだけでもOKなので、付け方はとっても簡単です!

(3)ストッキングをガーターベルトの留め具で固定する

正しいガーターベルトの付け方(3)

そして最後に、ストッキングをガーターベルトの留め具で固定します。
クリップなら留める時は挟むだけでOK♪
ボタン式なら、ボタンと留め具の間にストッキングの布を噛ませて固定します。留め具がほとんど見えなくなるのでとても綺麗でシンプルに見えますね♪
後ろ部分は最初は少し慣れませんが、何度か装着していくうちに後ろも簡単に付けられるようになります♪

そして、ここで出てくるのが
ショーツをガーターベルトの上に履くのか、下に履くのか問題。
もちろんどちらを上に履いても良いですが、個人的にお勧めなのがこのようにベルトの上にショーツを履く方。

その意味は、ガーターベルトの留め具のデザインによって異なりますが、ガーターベルトをショーツの上に履くと、例えば座ったりしゃがんだりした時に足からベルトが浮いてしまってストッキングがずれやすくなるときに効果が。
ですがショーツに挟んでしまえば体のラインに沿ってベルトが密着してくれるので、ずっとずれにくくなります♪

普段使いOK!ガーターベルトのコーデとその付け方をご紹介

ガーターベルトの良いところ、付け方はおわかりいただけましたか?

それでは、ここで普段使いOKなガーターベルトを使ったおしゃれなコーディネートをご紹介致します!
ガーターベルトはファッションとしても大活躍。そう思えるちょっとセクシーでかわいいコーディネート、参考にしてみてはいかがでしょうか?

コーデ(1)シンプル大人なコーデに黒ガーターでアクセント

ガーターベルトを使ったコーデとその付け方(1)

黒のシンプルなストッキングに細めのガーターベルトをミニスカートからチラ見せファッション♪
ただの黒のストッキングではなく、太もも部分にアクセントができるのでミニスカートのコーディネートにお勧めです♪
ガーターベルトはハイヒールやパンプスとの相性も抜群ですね!
冬場はロングコートで見えなくて、コートを脱いだ瞬間見えるガーターベルトに彼もドキッとしちゃうこと間違いなしです。
普段使いできるガーターベルトもとっても可愛くてファッション性が高いです。

シンプルで大人っぽいファッションやコーディネートなら、シンプルな黒がおすすめ。
ベルトは細めでシンプルなものでさりげないセクシーさを見せちゃいましょう♪
薄手のストッキングならガーターベルトで引っ張られることも少ないので、普段使いOKなおしゃれさが出せちゃいます♪
デニール低めの少し透けるようなストッキングがおすすめです!

(2)デザインと一体型!履くだけ可愛いガーターストッキング

ガーターベルトを使ったコーデとその付け方(2)

ストッキングとガーターベルトが一体型になっているものなら、コーディネートに普段使いしやすいはず♪
黒のストライプの延長にガーターベルトがあるので、セクシーになりすぎずファッションの一部としてカジュアルなコーディネートにも合いますね!
これならショートパンツやタイトめなミニスカートを合わせて大人カジュアルな雰囲気で普段使いOK♪
メンズライクなカジュアルコーデにあえてミニ丈ボトムとガーターストッキングを合わせて、女性らしさをアピールしちゃいましょう♪

シンプルながらファッション性のあるガーターストッキング、実は探してみるととても種類が多くて、見てるだけでもとても楽しいんです。普段使いできるものから、ここぞというときのものまで!
自分の好きなデザインのガーターストッキングを合わせて、普段のコーディネートにちょっとしたスパイスを加えてみちゃいましょう♪
普段使いして真っ黒になりがちな冬の足元が華やかになりますね!

■参考記事:しまむらの下着がプチプラだけど可愛い♪

しまむらのブラジャー・下着特集!プチプラでも可愛い!

(3)ガーターベルトがファッション!ベルト風に巻いて♪

ガーターベルトを使ったコーデとその付け方(3)

最近では、トップスやベルトにガーターベルトの留め具のような紐が付いていて、ガーターベルトそのものがファッションアイテムとしてコーデの一部に取り入れられています♪
こちらも黒のトップスの裾部分にガーターベルト風の紐が出ていて、キュートなコーデにちょっぴりアクセントができますね♪
甘すぎないキュートコーデの一部としてガーターベルトを普段使いできちゃいます。

こちらはガーターベルト風の(?)ベルト!
本来の用途として着けるのではなくて、ワンピースの上にコーディネートの一部として巻いちゃいます♪
普通のベルトにはないフリルやレースがあって、普段使いのワンピースもガーリーにウエストマークを着けることができちゃいます♪
ペプラム風のファッションでとってもガーリーなコーデになりますね!

選ぶのも楽しい!おすすめガーターベルトとその付け方

ガーターベルトにはたくさん種類があります。
実は、ファッションだけではなく形から大きく違うものもあり、普段使いできるものからドレス用まで付け方も様々。
ここではそんなガーターベルトの種類とその付け方のポイントをご紹介致します♪

おすすめガーターベルトとその付け方(1)ベルト型タイプ

こちらは先ほども紹介したベルトタイプ。
前述通りランジェリーとセットで売っていることも多く、ランジェリーと一緒に着ければとてもおしゃれで機能性も抜群。シンプルなものから華やかなものまでありますよね。
見えないおしゃれを楽しみたい方にもおすすめです♪
シンプルにガーターベルトの普段使いとしても一番多い形ですね!

大手ランジェリーメーカーからも多くのガーターベルトのセットが出されていて、シーズンごとの新作も出ているので、種類もとても豊富です。
お近くのランジェリーショップなどでも普通にセットとして売られているので、比較的簡単に手に入れることができるのも大きな魅力ですよね♪

おすすめガーターベルトとその付け方(2)コルセット型

ウエディングドレスなど、コルセットを身につける必要があるときに便利なのがこれ。
ウエディング下着にも多くこのコルセットとセットになっているのものがあるので、選びやすいのも特徴ですね♪
こちらもベルト型同様コルセットを付けてからガーターベルトの留め具を装着する形です。
シンプルな白のものが多く、カップ付きのものだとオフショルダーなど肩がしっかり出るドレスも綺麗に着られておすすめです!

先ほどご紹介した、コーディネートの一部としてのガーターベルト。
サッシュベルトなど、太めのシルエットのベルトがトレンドの今、コルセット型のガーターベルトもコーデの仲間入り♪
コルセットとのセット型だと一気に女性らしい、レトロな雰囲気のコーディネートになりますね!
シンプルなコーディネートが一気におしゃれになっちゃいます。

おすすめガーターベルトとその付け方(3)矯正下着型

お腹周りが気になるから矯正下着をいつも付けている、という方におすすめなのが、この矯正下着とセットのもの。
実は、シンプルなものが多い矯正下着の中でもコルセットと一体型のものはおしゃれで可愛いものが多いんです。
それでも矯正下着としての役割はしっかりと果たしてくれるので、お腹周りもスッキリ、そして胸はふっくらと見えちゃいます♪
かわいい矯正下着を探している方にもおすすめです♪

先ほどのウエディングドレス用のランジェリーを探している方にもおすすめ♪
スタイル良く見えちゃう矯正下着とセットのものは、ウエディングドレスも綺麗に着ることができちゃいます。
ガーターベルトが必要なウエディングドレスが多いので、ドレスにはこのタイプもとっても便利ですね!
肩が出ないシンプルなタイプのウエディングドレスを着る方におすすめです。

おすすめガーターベルトとその付け方(4)ストッキング型

ガーターベルト初心者の方でも、簡単にガーターベルトをファッションとして楽しんでいただけるのがこのストッキングと一体型のもの。
シンプルにニーハイソックスのように履くだけで、価格も安いものが多いんです♪
1足1,000円以下で買えるものもたくさんありますので、ちょっとチャレンジしてみたい、という方におすすめです。
シンプルな黒無地なら普段使いしてファッションにも取り入れやすいですよね♪

種類もこんなにたくさん。シンプルで普段使いできるものがたくさんあるのも特徴です。
選ぶのも楽しいですね♪

おすすめガーターベルトとその付け方(5)ベビードール型

ザ・勝負下着!なベビードールタイプは彼とのデートに着てもおすすめ♪
ふんわり可愛い雰囲気にガーターベルトの組み合わせは男性受け抜群です。
ガーリーなものやシンプルなデザインも多いので、セクシーになりすぎないのも特徴ですね!

パステルカラーから、こんなビビッドなものまで!
ストッキングで足が細く見えちゃうのも良いところですよね。

実は便利なガーターベルトとその付け方・まとめ

いかがでしたか?

今回はガーターベルトのメリットとその正しい付け方をご紹介致しました。
ファッションとしても下着としてもとてもかわいいガーターベルト。
シンプルで普段使いできるものから華やかでおしゃれなものまで、種類も様々。
ガーターベルトを着けることによる意外な良い効果、ぜひ試してみたい方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ファッションアイテムについてもっと情報を知りたいアナタに!

丸メガネのコーデまとめ!【レディース編】お洒落女子必見!
オフィスカジュアル特集女性編!パンツスタイルがおすすめ?
さらしの胸への巻き方!大きい胸を小さく見せたい女性必見!
バンダナの巻き方特集!首・頭・腕・カバン・手首に巻こう!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ