ガーターベルトの正しい付け方・使い方とは?どんな効果がある?

ガーターベルトの正しい付け方・使い方とは?どんな効果がある?

ガーターベルト、名前は知っているけれど付けたことはない!という方が多いのではないでしょうか?なんだか付け方も難しそうで、大人な雰囲気…そんなことはないんです。実は付けてみると良いことずくめ。今回はそんなガーターベルトのメリットと正しい付け方をご紹介致します♪

記事の目次

  1. 1.実は良いことづくめ!?ガーターベルトのメリットと付け方!
  2. 2.そもそも、ガーターベルトってなんであるの?
  3. 3.ガーターベルトのメリットをご紹介♪
  4. 4.(1)お尻やお腹が蒸れないので夏は涼しくて快適♪
  5. 5.(2)お腹周りの布地がなくてお腹もトイレも楽ちん!
  6. 6.(3)コスパ◎!伝線しても、片方を変えれば大丈夫♪
  7. 7.(4)種類が豊富!下着でもおしゃれを楽しみたい人におすすめ
  8. 8.(5)姿勢がよくなる?ガーター効果で歩き方にも変化が♪
  9. 9.初心者必見!正しいガーターベルトの付け方と付け方のコツ
  10. 10.(1)ストッキングを履いて、ガーターの留め具を解除!
  11. 11.(2)ガーターベルトを腰に装着する
  12. 12.(3)ストッキングをガーターベルトの留め具で固定する
  13. 13.普段使いOK!ガーターベルトのコーデとその付け方をご紹介
  14. 14.コーデ(1)シンプル大人なコーデに黒ガーターでアクセント
  15. 15.(2)デザインと一体型!履くだけ可愛いガーターストッキング
  16. 16.(3)ガーターベルトがファッション!ベルト風に巻いて♪
  17. 17.選ぶのも楽しい!おすすめガーターベルトとその付け方
  18. 18.おすすめガーターベルトとその付け方(1)ベルト型タイプ
  19. 19.おすすめガーターベルトとその付け方(2)コルセット型
  20. 20.おすすめガーターベルトとその付け方(3)矯正下着型
  21. 21.おすすめガーターベルトとその付け方(4)ストッキング型
  22. 22.おすすめガーターベルトとその付け方(5)ベビードール型
  23. 23.実は便利なガーターベルトとその付け方・まとめ

実は良いことづくめ!?ガーターベルトのメリットと付け方!

ガーターベルトって、名前は知っているけれどなんだかセクシーで大人な雰囲気で、私には必要ないかな・・・

そう考えている方必見!
実はガーターベルトは、女性にとってメリットしかない超便利アイテム。
下着屋さんのすみっこに少しだけ置いてありますが、ちゃんと意味があるんです。実際付けてみるととっても便利!
様々な良い効果があって、普段使いでコーディネートもより楽しくなっちゃいます♪
調べてみると種類もとっても豊富で、シンプルなものから可愛いものまでたくさん!
自分のお気に入りのガーターベルトのデザインを見つけられちゃいます。

今回はそんな普段使いできるガーターベルトのコーディネートや、効果をより実感できる正しい付け方までご紹介致します♪

こーんな感じで、下着屋さんに下着とセットで売っていたりしますよね。
全部セットで揃えれば、怖いもの無しです♪

そもそも、ガーターベルトってなんであるの?

ガーターベルト、日常よく目にするものではあるけれど、あれってどういう意味で付けてるの?

そう思う方も多いかもしれません。
もともとガーターベルトとは、ストッキングや靴下が歩いているうちにずれて下がってしまわないように留めておくもの。
靴下がずれないように靴下と脚の間に塗る、靴下のり・・・いわゆる「ソックタッチ」や、お尻の部分まであるパンティストッキングが主流になってきて、靴下がずれてしまわないようにするグッズが増えたのも、「ガーターベルト離れ」が起きている理由の一つかもしれません。

やっぱり、ガーターベルトってセクシーなイメージ。
最近ではコスプレなどで着用する方も多いようですね。
それでも、ガーターベルトが必要なコスプレはセクシーな女の子のキャラクターが多いイメージ。
やっぱり、セクシーなイメージに持っていかれがちですね。

あとは、ウエディングドレスを着るときにガーターベルトを使ったという方も多いようです。

ウエディング用のランジェリーも下着屋さんに売っていますよね。
ドレス用のコルセットや真っ白なレースの下着と一緒にガーターベルトが付いているものも多いです。
ウエディングドレスでなくとも、下着屋さんのドレス用コルセットには一緒にガーターベルトが付いているものが多く、ストッキングを留めるのに必要になってくる場合が多いです。

ガーターベルトのメリットをご紹介♪

さて、ガーターベルトは靴下やストッキングを留めるのに効果がある、というところまではわかりました。
でも、それだけならソックタッチやパンティストッキングで良いから意味ないよね?

実は、それだけじゃないんです。
ガーターベルトには、女性をより綺麗に見せる良い効果がいっぱい!
そんなソックスがずれないだけじゃないガーターベルトのメリットや着ける意味をご紹介致します♪

(1)お尻やお腹が蒸れないので夏は涼しくて快適♪

良いことづくめ!ガーターベルトのメリット(1)

パンティストッキングはお尻やお腹まですっぽりとストッキングを密着させてしまうので、夏場はとにかく蒸れてかゆかったり、暑いと感じる方は多いのではないでしょうか?
特にオフィスではスカートを履く方はストッキングは必須アイテム。
真夏は涼しいオフィス内ならまだしも、通勤や外出時には暑いと感じる方も多いかと思います。

でも、ガーターストッキングならお尻やお腹に密着するストッキングの布が存在しません!
なので、蒸れてかゆいと感じることもないので、夏の暑い日やストッキングが蒸れて辛いとお悩みの方は、その効果試してみては?

こういったシンプルなものなら、チャレンジしやすいですよね♪
目立たないベージュのガーターベルトもありますので、夏らしい白やパステルカラーのスカートを履いてもうっかりベルトが透けたり浮いて見えちゃうこともないので、こっそりガーターベルトを付けたい方にもお勧めです。
よっぽどのミニスカートを履かない限りガーター部分が見えないのがポイントです。
それでもストッキングのマチ部分やベルトがレース柄になってると、付けてるだけで気分が上がっちゃいます♪

次のページ

(2)お腹周りの布地がなくてお腹もトイレも楽ちん!

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely